イベント 関連記事

  • 『ゴジラ対エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4‐D』

    USJ、5.31から「ゴジラ」と「エヴァンゲリオン」の“究極コラボ”実現!

    エンタメ

     ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで、2019年1月18日(金)より開催中の『ユニバーサル・クールジャパン 2019』。この度、5月31日(金)から開始するサマー・タームで新たに登場する『ゴジラ対エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4‐D』に関する詳細情報が発表された。@@cutter<b>■『ユニバーサル・クールジャパン 2019』は“史上最多”の6大作品・8アトラクション</b>  5周年となる今年の『ユニバーサル・クールジャパン 2019』は、初登場となる「ルパン三世」に加え、「名探偵コナン」「進撃の巨人」「ゴジラ」「エヴァンゲリオン」「美少女戦士セーラームーン」の“6大作品”が、“8つのアトラクション”として登場。  5月31日(金)から新たに登場する『ゴジラ対エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4‐D』では、究極のコラボレーションにより、2大作品の世界観が見事に融和し、「ゴジラ」と「エヴァンゲリオン」が共存するという、ありえない新次元の世界が映像として初めて誕生。本アトラクションの為だけに、特別に構想されたオリジナル・ストーリーには、舞台となる“第3新大阪市”の名にふさわしく大阪の名所も多数登場することに加え、ファン心をくすぐるさまざまなディテールが散りばめられている。 <b>■限定グッズ&フードも登場</b>  イベント開催を記念したファン必見のパークオリジナル限定グッズやフードなども続々登場。アトラクションだけでなく、グッズやフードなどでも、究極のコラボレーションを思う存分楽しむことができる。 @@insert1 <b>■『ゴジラ対エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4‐D』概要</b>  夢にまで見た究極のコラボレーション「ゴジラ対エヴァンゲリオン」を史上初、映像化した4‐Dアトラクション。要塞と化した “第3新大阪市”に突如出現した『ゴジラ』から街を守るため、『エヴァンゲリオン』たちが立ち向かう。リアルに目の前で繰り広げられる最強同士の世紀の戦いに、ゲストは、震えるほどのスリルと興奮が押し寄せる。 【開催施設】シネマ 4‐D シアター 【開催期間】2019年5月31日(金)~ 8月25日(日)

  • 「eSPORTS国際チャレンジカップ ~日本代表vsアジア選抜~」の様子

    「JAEPO×闘会議×JeSU 2019」来場者8万人超え! e‐Sportに観客熱狂

    アニメ・コミック

     ゲームイベントの合同展「JAEPO×闘会議×JeSU 2019」が1月26日・27日に千葉・幕張メッセで開催され、2日間でのべ84,214人が来場。国内でも注目を集めているゲーム競技e‐Sportをはじめ、ゲストを招いてのトークショーや体験コーナー、さらにコスプレイヤーたちも人気キャラクターに扮して参加し、会場を華やかに彩った。@@cutter 同イベントは、最新アーケードゲームの展示会「ジャパン アミューズメント エキスポ2019」、ゲームファンとゲーム大会の祭典「闘会議 2019」、e‐Sports大会「eSPORTS国際チャレンジカップ~日本選抜 VS アジア選抜~」の合同開催。e-Sport観戦や体験ゲーム、アナログゲームなど、ゲームを主体としたバラエティ豊かな内容で展開された  「eSPORTS国際チャレンジカップ ~日本代表vsアジア選抜~」は、ゲームをスポーツ競技として捉える「e‐Sport」の国際大会。日本選抜チームとアジア選抜チームが「オーバーウォッチ」、「鉄拳7」、「ウイニングイレブン 2019」、「ストリートファイターV」の4種目で勝負を行い、観客はプロゲーマーたちの真剣勝負を固唾を飲みながら見守っていた。 @@insert1  PlayStationブースではFPSゲーム「コール オブ デューティ ブラックオプス4」の大会が行われ、通路に溢れんばかりの立ち見客が。ほかにも、セガ・インタラクティブやコナミのブースでは最新ゲームも体験できるとあり多くの来場客が足を止め、「ゲーム実況ステージ」では安田大サーカスのクロちゃんとタレントの朝日奈央を招いたトークショーも湧きたった。 @@insert2 @@insert3  一方、アナログゲームエリアでは懐かしのカードゲームやボードゲームが設置され、親子で楽しむ姿も。企画ブースの「踊ってみたエリア」では参加者が一体となって踊っていたほか、コスプレエリアではコスプレイヤーたちがそれぞれ自慢の衣装で好きなキャラクターに扮して参加。ファンも長い列を作って撮影するなど、各々のスタイルでゲームやその世界観との触れ合いを楽しんでいた。

  • 平祐奈

    平祐奈、20歳解禁の炭酸で喉ガラガラ お酒挑戦は「だいぶ先」  

    エンタメ

     女優でタレントの平祐奈が12日、都内で自身の新作カレンダー「平祐奈 CALENDAR 2019.04-2020.03」の発売記念握手会に出席し、振り袖姿を披露した。20歳になってからは、初解禁した炭酸飲料に苦戦して「まだコップに入った1杯を飲みきったことがない」と明かし、お酒にチャレンジするのは「だいぶ先だと思う」と話した。@@cutter 今回のカレンダーは、20歳の誕生日(11月20日)に発売した写真集『Comme le Soleil』の秘蔵カットを掲載。ベトナムでの撮影は「(写真集も含めて)素の、10代のはしゃいでいる普段の私がありつつ、20歳の記念なので大人っぽい表情もある。カレンダーは『10代から20歳だよ』っていうイメージで、未成年から成人へという意味合いを込めて(各カットを)選びました」と自ら解説した。  お気に入りは、色あざやかなワンピースを着たカット。「カラフルなお衣装を着て、ラフなリラックスした状態をカメラマンさんがパシャッと撮ってくれた。普段の感じが写っているなと思って」と笑顔を見せた。  今回披露した振り袖について尋ねられると「『私もこの日が来たんだなぁ』という身が引き締まる思い」と述べ、「(自身の現状などが)私が想像していた20歳よりも子どもでした。けれど今日着物をまとってみると『大人っていう自覚をもたなきゃ』とあらためて思わされました」とコメント。両親からは「『まだ赤ちゃんだね』と言われた。末っ子なので、一番子どもだと思われていて。それに学生なので、変わらない扱いを受けてます」と明かした。姉・愛梨に着物姿の写真を送ると「スゴい美しいね。ゆうちゃんにピッタシだね」と返事があったとのこと。  20歳になってから炭酸飲料を解禁したという平。炭酸を飲んでから「ずっと咳が止まらなかった。最初は風邪だと思っていたけど、どうやら炭酸の影響で喉をダメにしてしまい」と話し、「炭酸がお酒みたいな感じ。まだコップに入った1杯を飲みきったことがない」と告白した。お酒は「飲めないです」とキッパリ。「挑戦するのはだいぶ先だと思う」と話した。  今年は「1日1日を大切にしていきたい。書き初めでは、『極』と書きました。今やっていることや学問、趣味、日本文化を極めていきたいです」と意気込んだ。また、今年5月から新元号に変わることに関して「スゴい不思議な感覚。寂しいような、でもワクワクしている気持ちもある。どんな元号になるのか楽しみ」と白い歯をこぼした。  『平祐奈 CALENDAR 2019.04-2020.03』は、発売中。

  • 「CELEBRATE 18FW COLLECTION of FLORALE by Triumph」に出席したジュリアン・ムーア

    ジュリアン・ムーア、思い出深い作品は『エデンより彼方に』 理由語る

    エンタメ

     女優のジュリアン・ムーアが、27日に都内で開催されたトリンプのイベント「CELEBRATE 18FW COLLECTION of FLORALE by Triumph」に出席した。ジュリアンはキャリアにおいて特に印象的な作品を問われると、トッド・ヘインズ監督の映画『エデンより彼方に』と『SAFE』だと語った。@@cutter 同イベントは、大人の女性向けのランジェリー「FLORALE by Triumph」のグローバルイメージキャラクターを務めるジュリアンの来日を記念したもの。ジュリアンは、女性として輝くために行っていることを問われると「女友達からアドバイスをもらって実行することです」とコメント。具体的には「私が楽しんでいるのは運動やヨガ、そのほかにもいろいろなことをしていますが、やはりヨガが特に好きですね。ヨガをするとフィーリングが良くなるだけでなく、一緒にする仲間がいますし、コミュニティもありますから」と白い歯を見せた。  ジュリアンは、これまでの女優業において最も印象的な作品を問われると「私はこれまで幸運なことに、さまざまなコラボレーションをすることができました。素晴らしい監督や脚本家、共演者たちと一緒に仕事することができたのです。なので、1本を選ぶのは難しいです(笑)」としたうえで「監督が私のために特別に脚本を書いてくれたことがありました。そういった作品には、深い思い出がありますね」と述べた。  その思い出深い作品について聞かれると、ジュリアンは「1本目は『エデンより彼方に』です。この作品では、トッド・ヘインズ監督が私のために脚本を書いてくれたので、私にとっては大事な作品なのです。そして同じくトッド・ヘインズ監督の『SAFE』もですね。トッドに『君のために映画を書いたんだ』と言われました」と笑顔で明かしていた。  なお、イベントには女優の大地真央、トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社代表取締役会長のオリバー・シュピースホーファー氏、同社代表取締役社長のヴァンサン・ネリアス氏も登壇した。

  • 「スタジオマリオ 新CMキャラクター就任イベント」に登壇した前田敦子

    前田敦子、妊娠発表後初の公の場で“親バカ宣言”「いっぱい写真撮る」

    エンタメ

     7月30日に俳優・勝地涼と結婚した女優の前田敦子が18日、都内で行われた写真館スタジオマリオの新CMイベントに出席。今月15日に第1子妊娠を公表してから初の公の場で、「いっぱい写真を撮るだろうなって思う」と早くも“親バカ”宣言も飛び出した。@@cutter 今回、新CMキャラクターに就任した前田は、ふんわりとしたワンピースにヒールのないフラットシューズ姿で登場。新CMは、映画監督の吉田大八が演出を担当している。7歳の子役の顔に、前田の顔の表情だけを重ねるという独特なCMで、会場でお披露目されると笑いが起こった。前田は「笑いが起こってうれしい」と出来ばえにご満悦だったが、同席した吉田監督は「大丈夫? 怒ってないですか?」と前田の反応を気にかけていた。  この日は「記念写真」についてトークを展開。アイドルや女優など人前に出る仕事に就いた前田だが、幼少期は「恥ずかしがり屋でカメラが見られなかった。ピースしても真顔に近い。撮られるのは得意じゃなかったです」と告白。イベントで2歳の誕生日、七五三のときの写真が公開されると、懐かしそうに目を細めながらも「恥ずかしかった記憶が残っていますね」と話した。  写真は苦手でも「あとで写真を見るのは好きだった。家族写真はいい思い出になりますね」と前田。今後は家族が3人に増えるが「産まれる前も産まれた後も撮りたい。親バカでいっぱい写真を撮るだろうなって思う」と“親バカ”宣言も。また、伴侶となった勝地と共に「2人とも写真を撮るのが好き。大切なタイミングでは写真を撮ってもらいたいねと話している」と明かした。  イベントにはカラフルなドレスや袴姿の子どもがステージにあがり、前田と共演する場面も。中には緊張でなかなかカメラの前に出られない子がいたが、前田は「大丈夫だよ」と優しく声をかけながら寄り添った。その後も子どもの目線まで背を低くするなどの気遣いをみせ、“ママの予行練習”をする姿も披露。  前田は去り際に報道陣から「おめでとうございます」と祝福され、笑顔で会釈し、幸せオーラをふりまいていた。

  • 『a-books gravure 2018』刊行記念囲み取材に登場した(左から)大原優乃、浅川梨奈

    浅川梨奈「下着つけてない」浴衣姿で、大原優乃と登場「いろいろ不安」

    エンタメ

     SUPER☆GiRLSの浅川梨奈が9日、都内でグラビアブック『a-books gravure 2018』(発売中)の刊行記念囲み取材に、大原優乃らと共に浴衣姿で登場。目標部数を問われて「白石麻衣さんを超えていけたら」と意気込んだ。また、浴衣の下には「下着つけてないんですよ。押さえているだけ」と大胆発言をした。@@cutter 同作は、エイベックスが自社で制作・監修したグラビアブック。2年連続カバーガール受賞の浅川などを筆頭に、10人の所属タレントが出演する。今回の囲み取材には浅川と大原のほか、出口亜梨沙、倉田瑠夏、中崎絵梨奈、荒井レイラ、莉音、真島なおみ、浅川と同じSUPER☆GiRLSの渡邉幸愛と石橋蛍が出席した。  本作にて、大原との2ショットの水着グラビアを披露した浅川は「事務所全体でグラビアが盛り上がってきていると感じます」と現在の心境をコメント。撮影時を振り返って「優乃ちゃんって、キャキャキャキャ! って楽しそうに笑う。同じ歳だけど、小学生が現場にいるかと思った(笑)。『カワイイ〜!』ってひたすら愛でまわしていた」と話した。  本作の目標部数を問われると「白石麻衣さんを超えていけたら。乃木坂さんたちがスゴく強くて、何万部、何十万部というのが当たり前の世界になっている。10人集まっているので立ち向かっていきたい。負けても折れずにめげずに行きたい。打倒『パスポート』(白石の写真集タイトル)で!」と言って八重歯をこぼした。  浅川と並んで、多くの雑誌で表紙を飾る大原は「グラビアを初めて1年。ありがたいことに浅川梨奈ちゃんと表紙を飾らせてもらった」と笑顔で挨拶。「エイベックスでこんなにグラビア(の存在)が大きくなったのは、梨奈ちゃんの努力や活躍があったからこそ。そういう面で撮影のときもポージングとか勉強になった。頭もたくさんナデナデしてもらって楽しかった」とニコリ。すると浅川から「優乃ちゃんにカバーガール大賞を獲ってもらいたい」とエールを受け、目を丸くして「ハ〜!」と歓喜の声を上げていた。  また、今回の浴衣着用に関して浅川が「下着つけてないんですよ。押さえているだけ。いろいろと不安」と手を自身の浴衣に。さらしなどを巻くために出演者全員が下着をつけてないと判明し、浅川が盛り上がる横で、大原は真っ赤になった顔を両手で覆っていた。

  • 「ベビースターラーメン60年目 新CM&スペシャルアンバサダー発表会」に出席した(左から)出川哲朗、ロン・モンロウ

    出川哲朗、栗子ことロン・モンロウに共演オファー「鼻ザリガニやる?」

    エンタメ

     中国人モデルの“栗子”ことロン・モンロウ(龍夢柔)が6日、都内で「ベビースターラーメン60年目 新CM&スペシャルアンバサダー発表会」に出川哲朗と共に登場。出川から「鼻ザリガニを一緒にやる?」と提案されると「大丈夫!」と即答するなど、二人の掛け合いで会場を終始笑わせた。@@cutter ベビースターラーメン発売60年目を記念してスペシャルアンバサダーに就任した栗子はキュートなエプロン姿で登場。「超超超超超嬉しかったです!」と同アンバサダー就任の気持ちをコメントした。  同じくアンバサダーに選ばれた出川は、ベビースターのキャラクター「ホシオくん」の出で立ちで登壇し、栗子がたどたどしい日本語を使う様を見て「日本語は僕を同じくらい」と会場を笑わせながらフォロー。ベビースターシリーズに関して「僕らの世代は、1回もベビースターを食べたことない子どもはいないと思う。それくらい当たり前のように毎日食べていた。そんなお菓子のCMを50年後にやるのは、うれしいけど不思議な感じ」と感無量の様子を見せた。  CMの撮影について問われると、出川は「ぶっちゃけ言うと、安っぽいドッキリだったし、栗子ちゃん『出川さん、あなたのこと大好き! あなた、日本で一番カッコいい』とか絶対誰かに言わされてる感じだった」とあけすけに振り返った。  会場では、新CMで展開した“ヤベイビークッキング”を実演。栗子が食品サンプルのツナ缶やマヨネーズに模した糸をぶっかけるドッキリを再現するも、出川は「(同発表会のドッキリは)一度リハーサルしました」と暴露。「ドッキリに台本を見せちゃダメ! 絶対ダメ!」とスタッフにダメ出しし、「栗子ちゃん、覚えてね! ドッキリにリハーサルはいりません」と芸能界の掟をレクチャーするひと幕も。  また栗子は、今後日本では「モデルと歌手」を中心に活動したいと述べ、憧れの人物を聞かれると「テレサ・テンと満島ひかりが好き」と回答。さらに出川との再共演を熱望した。  出川が「じゃあ今度、鼻ザリガニを一緒にやる?」と提案すると、栗子は「全然大丈夫!」と即答。出川が「あ、やる? 血もたまに出ちゃうよ? 熱湯風呂も大丈夫?」と提案をエスカレートされるも、栗子は「大丈夫!」と再び首を縦に。感心した出川は「仕事拡がるよ〜!」と褒め称え、会場を再度笑わせた。  ベビースターラーメン新CM「ヤバイビークッキング」篇は、8月10日より全国で順次オンエア開始。

  • 「Coca-Cola SUMMER SPECIAL『熱闘甲子園』the LIVE 体感STAGE 2018」に出席した嵐・相葉雅紀

    嵐・相葉雅紀、甲子園への思いを熱弁「全部の県を応援したい」

    エンタメ

     嵐の相葉雅紀が2日、都内で行われたイベント「Coca-Cola SUMMER SPECIAL『熱闘甲子園』the LIVE 体感STAGE 2018」に出席した。“熱闘!高校野球 100回スペシャルナビゲーター”を務める相葉は「本当に光栄」と述べ、「球場の雰囲気とか流れとか、あまり目を凝らさないと見えないようなところに注目して、いろいろなことを皆さんにお伝えしていけたら」と抱負を語った。@@cutter 嵐としてテーマソング『夏疾風』を歌っている相葉は「そもそも僕は高校野球が大好きで、毎年夏・春と、1回ずつくらいは甲子園に高校野球を見に行かせてもらっていたので、こうやって伝えられる立場をやらせていただいて、本当に光栄に思っております」と語った。  特に応援しているチームに関しては、「基本的には球児が好きなので、全部の県を応援したいんです」としながらも、地元・千葉から出場する木更津総合高校と中央学院高校に言及し「上位に行ってくれたらいいなと、心の中では思っています」と期待を込めた。  4日に放送される特別番組『熱闘甲子園直前スペシャル! 号泣甲子園』(ABCテレビ・テレビ朝日系/8月4日、15時放送)内で対談した元プロ野球選手で星稜高校出身の松井秀喜氏については「明徳義塾と戦った(ときの)5連続敬遠の話とかも聞かせてもらいました。“今振り返るとこう思う”ということもおっしゃってくださって」とニッコリ。また、嵐として甲子園球場に足を踏み入れたことにも触れ「特別でしたね。その日は野球がなくて、僕らが『どうぞ』と言われたので、ちょっと不思議な感じでした」としみじみ語った。  最後に、改めて意気込みを聞かれると「球児たちが一球一球、魂を込めて命を懸けてやるように、僕も精いっぱい応援して、伝えられることは伝えていきたいなと。自分のできることを精一杯やらせていただきます」と話していた。  イベントにはヒロド歩美(ABCテレビアナウンサー)、元プロ野球選手の古田敦也氏も出席した。  「熱闘甲子園2018」はABCテレビ、テレビ朝日系にて、8月5日より月~金、日曜23時10分から(土曜のみ23時15分から)放送開始。

  • RIZAPグループ「MARUKO」新CM発表会に出席した三浦翔平

    三浦翔平、妻・桐谷美玲への質問殺到で思わず前田敦子の結婚に言及

    エンタメ

     俳優の三浦翔平が、1日に都内で開催されたRIZAPグループ「MARUKO」新CM発表会に、モデルの石黒エレナと共に出席した。先月26日に結婚した女優で妻の桐谷美玲について三浦は「尽くしてくれています」と語ったほか、前日の31日に明らかになった前田敦子と勝地涼の結婚にも言及した。@@cutter 「MARUKO」は体型を補正するための下着。新CMでは、三浦が「MARUKO」を使ったボディメイクに石黒を導く様子のほか、二人のダンスシーンなども描かれる。三浦はまず最初に桐谷との結婚に関して祝福を受けると「先日入籍いたしました。まだあまり僕の中では、そんなに実感がないんですけども、たくさんの方からお祝いの言葉を頂きまして」とニッコリ。  体型維持で意識していることを聞かれると「趣味で格闘技とサーフィンとゴルフとかをやっているんですけど、基本的に体を動かすのは好きなので、そんなに気をつけてっていうのはないです」とコメント。「MARUKO」が女性向けの商品ということで、自分が女性だったらどんな女性を目指すかという質問を受けると、「家庭的な女性になりたいなと。尽くすタイプの女性になると思います」と答え、自分が女性だとしてどんな男性に惹かれるかを聞かれると「男らしい男性に尽くしたいなと思います(笑)」と明かした。  発表会後にはステージ脇にレポーターが殺到。「幸せですか?」と問われ、三浦は「はい、楽しいです」と笑顔に。桐谷が“尽くすタイプ”の女性かを問われると「そうですね。尽くしてくれると思います。尽くしてくれています」と言い、「本当にまだ何も変わっていなくて、これから幸せな家庭を築いていけたらなとは思っているんです」とも。  また「昨日あっちゃん(前田敦子)が結婚したので、皆さんそっちに行ってください(笑)」と、前日に俳優・勝地涼との結婚を発表した前田に言及し、会場を沸かせた。前田と三浦は過去にドラマ『花ざかりの君たちへ ~イケメン☆パラダイス~2011』(フジテレビ系)で共演している。  三浦が出演するRIZAPグループ「MARUKO」新CMは、8月2日から随時放送開始。

  • 「カープライス」アンバサダー就任発表会に出席した森且行

    森且行「木村拓哉とドライブに」慣れない囲み取材でSMAP全員に言及

    エンタメ

     オートレーサーの森且行が、中古車買取サービス「カープライズ」のアンバサダーに就任し、レーシングスーツ姿で31日、都内で行われた就任発表会に出席。車の思い出などを話していくうちに、SMAPメンバー全員の名前とエピソードが飛び出すこととなった。@@cutter 森は初めての愛車を聞かれ「20歳の誕生日にフェラーリを買いました。初めて言ったのかな。真っ白はフェラーリが欲しくて」と初告白。稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾とは、昨年AbemaTVの特別番組で21年ぶりに共演しているが、そのフェラーリでのドライブの思い出はというと、「3人とはドライブに行った記憶はないです。オートバイの後ろに乗っけたりはしてましたけど」と語り、「よくフェラーリで、河口湖に釣りには行ってました、二人で」と明かし、後の囲み取材でそれが誰かを尋ねられると「木村(拓哉)くん」と笑顔で答えた。  その囲み取材に臨む際は、マイクに囲まれ「怖いなぁ」とつぶやいていた森。取材は「中居(正広)くんが一緒に出てくれた辞めるとき以来」で、緊張と気恥ずかしさを見せていたが、SMAPとして共に青春時代を過ごした仲間についての質問にもフラットに答え、気付けばほかのメンバー5人の名前が次々飛び出すことに。  香取については「慎吾ちゃんはよくバイクの後ろに乗っけて走ってましたね。よく僕の自宅に遊びに来ていたので」と回想。草なぎは最近バイクに乗っている姿を番組でも見せているが、森は「一緒にツーリング行こうよって話もしたんですけど、僕は中型免許しか持っていないので大型免許を取りに行こうと思って。でもまだ行けていません」と語っていた。  新しい地図の3人との最近の交流については「連絡先は(稲垣)吾郎ちゃんしか知らないので。詳しくはAbemaTVを見てください(笑)」とメンバーだった当時と変わらぬ関係性をうかがわせ、5人の仲間について「刺激を受けます。みんなが頑張ってくれてるから僕も頑張れる」と、その存在の大きさを明かした。  なお、芸能活動の再開については「ないです!」と断言。「オートレーサーは定年がない。日本一になるまでは頑張っていこうかな」と、SMAP脱退時の仲間との約束を噛みしめていた。  森が出演するカープライズ新CMは東海地方にて8月3日から、関東ではラジオCMが8月1日から放送。

  • 「サントリードリームマッチ2018」始球式に登場した石原さとみ

    石原さとみが始球式に登場! リーゼントなびかせ決めた今年の投法は…

    エンタメ

     女優の石原さとみが30日、都内で行われた「サントリードリームマッチ2018」始球式に登場。この日先発の“ハマの番長”こと元横浜DeNAベイスターズの三浦大輔氏を彷彿とさせるリーゼントヘアでマウンドに立った石原は、二段モーションを披露して会場を沸かせた。@@cutter 同イベントは、プロ野球界を盛り上げた往年の名選手たちが「ドリーム・ヒーローズ」と「ザ・プレミアム・モルツ球団」の2チームに分かれて熱戦を繰り広げる夢の球宴。1995年から開催され、今年で23回目を迎える。  オープニングセレモニーに特別ゲストとして迎えられた石原は、過去にサブマリン投法やトルネード投法、マサカリ投法などさまざまな投法にチャレンジしてきたことに触れて「さすがに自分で考えられなくなりまして、今回はアンケートにさせて頂きました」とニコリ。毎年この始球式が到来すると「夏が来たなって本当に実感します。緊張もありますけど、投球練習はとっても楽しかったです。始球式、(試合の)いいスタートが切れるように頑張ります!」と意気込んだ。  いざ始球式が始まると、震災支援を目的として、右打席に立った福島県出身の中畑清氏、左打席に立った熊本県出身の前田智徳氏と同時に対峙。石原は、往年の三浦氏を思わせる二段モーションを披露するも、空を舞ったボールは、惜しくもキャッチャーミットの手前でワンバウンドした。  投球後、三浦氏とガッチリ握手を交わしてマウンドを降りると、解説席の徳光和夫アナから「それはリーゼント?」と問いかけられ、笑みをこぼしながらリーゼントだと手のジェスチャーでアピールした。

  • GYAO!新CM「KING OF 無料動画『ギヤ王』」発表会に出席した木村拓哉

    木村拓哉、ネットで新番組「もっと身近に感じていただけたらうれしい」

    エンタメ

     俳優の木村拓哉が、25日に都内で開催された、GYAO!新CM「KING OF 無料動画『ギヤ王』」発表会に出席。GYAO!にて、木村が出演する新番組などが配信されることが発表になり、視聴者に対して「(自身を)もっと身近に感じていただけたら」と笑顔を見せた。@@cutter 新CMは、中世ヨーロッパのような重厚な世界観の中で、CMキャラクターを務める木村が無料動画をこよなく愛する「ギヤ王」に扮し、スタイリッシュかつチャーミングな一面も覗かせながら、無料動画視聴の楽しさを訴求するといった内容。  撮影のエピソードを聞かれた木村は、「『これCMですよね?』と疑いたくなるような、映画の撮影に近いクオリティーで撮影させていただきました」とそのセットの豪華さに驚いた様子。また、黒田秀樹監督など長年付き合いのあるスタッフが大勢いたらしく、「和やかで和気あいあいの撮影になりました」と振り返った。  発表会では木村に、GYAO!からギヤ王の肖像画のプレゼントも。木村はあまりの大きさに戸惑い、「ありがとうございます」と感謝しつつも「撮影クルーの美術さんにお渡しして…。この肖像画、次の『ギヤ王』に登場すると思います」とやんわり持ち帰りを拒否。司会者から「ぜひ木村さん宅の大広間や玄関に飾っていただきたい」と勧められるも、「家にこれを飾れる大広間はないです! 玄関にこれがあったら怖いでしょ? 魔除けじゃないんだから」と笑みを浮かべながら断り、会場の笑いを誘った。  また、27日23時30分からGYAO!の期間限定独占配信番組も放送される。同日最終回のラジオ番組『木村拓哉のWhat’s UP SMAP!』(TOKYO FM/毎週金曜23時)の直後から、新しくスタートする『木村拓哉 FLOW』ができるまでのバックヤードの模様を楽しめる内容に。さらに、新しい動画コンテンツも8月5日から始まるという。木村は「(動画を通じて)もっと身近に感じていただけたらうれしい。スタート地点に立ったばかりなので、どういうことになるか分かりませんが、楽しんでいけたら」と期待を寄せた。  GYAO!新CM「KING OF 無料動画『ギヤ王』」の「登場」篇、「今いいとこ」篇は東京、大阪、名古屋、福岡、札幌で27日より放映。

  • 「知って、肝炎プロジェクトミーティング2018」に出席したAKB48の(左から)岡田奈々と向井地美音

    AKB48・向井地美音、乃木坂46の肝炎プロジェクト初参加を歓迎

    エンタメ

     AKB48の向井地美音が24日、「知って、肝炎プロジェクトミーティング2018」に出席。同プロジェクト初参加の乃木坂46に対して「AKB48としても乃木坂さんとしても、一緒に協力しながら若い世代に伝えていければ」と歓迎した。@@cutter 同プロジェクトは、肝炎に関する知識や肝炎ウイルス検査の必要性を伝えることを目的としたプロジェクト。7月28日の日本肝炎デー(世界肝炎デー)に先がけて実施された今回のイベントでは、肝炎医療コーディネーターを支援する「知って、肝炎プロモーター」制度の概要を発表した。  同イベントには今回、向井地と同じAKB48から岡田奈々、乃木坂46(生田絵梨花、若月佑美)、w‐inds.(緒方龍一、橘慶太、千葉涼平)、伍代夏子、岩本輝雄、小橋建太、コロッケ、島谷ひとみ、瀬川瑛子、SOLIDEMO(シュネル、中山優貴)、仁志敏久、平松政次が出席した。  今年7月より新しくスペシャルサポーターに任命された乃木坂46。代表して出席した生田は「肝炎というものを、今までは身近に感じていなかったんだなと気づいた。私たちの両親にもこういう話をしたい。メンバーやファンの皆さんや、あまりこの病気と関わっていなかった方たちとも話したりして(肝炎の知識などを)深めていきたい」とアピールした。  若月は、「見つけないかぎり何も起こせない。身近な病としてそれぞれ自覚して、まず健診を」と呼びかけた。今後の活動に関して「(乃木坂46は)握手会をやっていて、ファンと直接話せます。そこで少しでも肝炎のお話もできたらないいなと思っています」と語った。  2012年からスペシャルサポーターを務めるAKB48の向井地は「このプロジェクトに関わって今年で6年目。最近は、大学の学園祭に訪問して啓発活動などを行なったりしてきました。これからもメンバーの一人ひとりが肝炎について関心や知識を深め、たくさんの方に知ってもらえるように活動を続けていきたい」と意気込みを語った。  また初参加の乃木坂46に関しては「同じアイドルグループ。若い世代に伝えられる者として、肝炎について知らなかった世代の方にもどんどん伝えていきたい。私たちは人数が多いので、一人ひとりが発信すれば大きな力に変わるのでは。AKB48としても乃木坂さんとしても、一緒に協力しながら若い世代に伝えていければ」と協力したい気持ちを明かしていた。

  • 「ウブロ 乾貴士×大迫勇也 チャリティーイベント」に出席した大迫勇也

    大迫勇也、“半端ないって!”のフィーバーは「想像していなかった」

    エンタメ

     サッカー日本代表の大迫勇也が22日、都内で乾貴士と共に「ウブロ 乾貴士×大迫勇也 チャリティーイベント」に出席。ロシアW杯での活躍がきっかけに“大迫、半端ないって!”のワードが注目されたことについて「想像していなかった」とし、流行語大賞へノミネートするのではないかと言われて「スゴくいいこと」だと述べた。@@cutter 同イベントは、7月に発生した豪雨で被害を受けた中国地方の子どもたちへの寄付を目的としたチャリティーイベント。乾と大迫は2チームに分かれて、参加した子どもたちとミニゲームやキックターゲットチャレンジを楽しんだ。  W杯を終えて、現在は休養中の二人。乾は「練習しながらゆっくりしている」とリラックスムードで、ベルギー戦のゴールについては「スゴく貴重な2点目だった。素直にうれしかったし、強いボールを蹴ろうと思ったら無回転になった。いいゴールを決められた」と語った。大迫は「(乾の無回転シュートは)練習では全くなかったけど、試合で出せたからスゴい」と褒め称えていた。  “W杯で対戦してスゴかった選手”を問われて乾は「ベルギーのアザール選手。止めようがなかった。ドリブルもパスもシュートも世界トップレベル。日本の子どもたちにはぜひ見習ってほしい」とコメント。新天地のレアル・ベティスに関しては「チームのサッカーがエイバルとガラッと変わる。戦術は監督の要求するところを覚えないといけない。エイバルではいじられ役だったのでそれを継続していきたい」と笑みをこぼした。  また、報道陣からは“大迫、半端ないって!”についても質問があった。大迫の高校時代の対戦相手が発し、今回の活躍で話題となったこの言葉。大迫は流行語大賞にノミネートされるのではないかと聞かされ、「(同ワードの反響の大きさなどは)想像していなかった」と率直な思いを述べ、「スゴくいいこと。(この言葉を通じて)サッカーに興味を持ってもらえれば」と話した。

  • 「第26回橋田賞授賞式」に出席した有村架純

    有村架純、『ひよっこ』への深い愛情を吐露「ずっと忘れることはない」

    エンタメ

     女優の有村架純が18日、第26回橋田賞授賞式に出席。主演を飾ったNHK連続テレビ小説『ひよっこ』を振り返り、「私の役者人生の中でも財産となる作品。これからもずっと忘れることはないと思います」と深い愛情を吐露した。@@cutter 同賞は、各テレビ局やモニター、同賞選考委員による推薦ドラマおよび人を表彰するもの。今回は橋田賞に松たか子、阿川佐和子、桂文珍(欠席)、新人賞に有村架純、竹内涼真の『ひよっこ』コンビ、特別賞に石坂浩二、故・大杉漣さんが選ばれた。  『カルテット』(TBS系)の演技を高く評価された松は、自身が演じた巻(早乙女)真紀を振り返って「あまりやったことのないタイプの役だった。テレビでこれだけチャレンジを詰め込んだ作品にはなかなか巡り合っていなかったように思う。私自身も、スタッフも台本を受け取って夢中になって読んでいる光景は楽しかったし、幸せだった」と述懐した。  『ひよっこ』で主人公・みね子を演じて視聴者を魅了した有村は「私の役者人生の中でも財産となる作品。これからもずっと忘れることはないと思う。一年間という長い作品ではあったけど、何よりみね子を演じる毎日がものスゴく楽しかった。今でも鮮明に日々を思い出す。(キャストやスタッフら)皆様と出会えたことが、本当にかけがえのない宝物になりました」と胸中を語った。  『陸王』(TBS系)や『ひよっこ』での演技で受賞した竹内は「この仕事を始めて5年。この芸能界の世界に入って良かったです。ドラマや映画は嘘をやっているけど、お客さんが『明日がんばろうと思った』『感動した』『元気になった』という声をいただける仕事というのは素晴らしいと思います」と述べ、「テレビの前で待っている視聴者の方々のために、寝る間を惜しんで頑張り続けるスタッフや監督の皆さんに感動します。命をかけて役作りをして演じなきゃいけないと思う。新しいエンタテインメントを楽しんでいただけるように日々努力し続けたいです」と熱弁。脚本家にして、同賞を展開する橋田文化財団の理事長である橋田壽賀子から「ステキな坊や」と評価を受けた。

  • 住友生命「Vitality」メディア発表会に出席した(左から)瑛太、浅田真央、浅田舞

    瑛太、子どもの友達の誕生日会に参加 パパ友との交流を語る

    エンタメ

     俳優の瑛太が、17日に開催された住友生命「Vitality」メディア発表会に出席した。イベント前夜に子どもの友達の誕生日会があったことを明かした瑛太は、同席したパパ友たちに感心したことを語った。@@cutter “住友生命「Vitality」”は、加入後の健康診断や日々の運動など、継続的な健康増進活動が評価されることで保険料が変動する保険。新CMに出演する瑛太は、健康面で心掛けていることを聞かれると「汗をかくこと」と答えた。「休みの日だったり、撮影の前だったり。マラソン、サウナ、日焼け、テニス、バスケなど、汗をとにかく(かく)。自分の心の中に溜まったもの、毒素のようなものがどんどん出ていく感じがあって。日々、汗をかくことは続けていますね」と語った。イベントには瑛太のほか、浅田真央、浅田舞、松井秀喜、畠山愛理、福西崇史が出席した。  同じ質問に浅田真央は「ボクササイズ」と明かし、「アイスショーも開催しているので、そういった意味を込めて、体をしっかり作っていかないといけない」とコメント。一方の姉の浅田舞は「身体が喜ぶものを食べる」といい、「真央と一緒にアイスショーに出演しているので、運動した後にはお肉とか。逆に炭水化物、お米をたくさん摂ったりですとか。やはり今、とても暑いじゃないですか。食べないでダイエットっていうのは危ないので、しっかり食べて、しっかり動くようにしています」と語った。  瑛太はイベント前夜に食べたものを聞かれると、「野菜と肉」と答え、「子どもの友達の誕生日会があったんですよ。いろいろなパパ友がいて、いろいろな職業の方がいらっしゃるんですけど、皆さん本当に健康に気遣っていらっしゃって」としみじみ。夜は炭水化物を食べないことを基本にしている人が多かったと言い「俳優だと絶対にストイックみたいな感じに見られるんですけど、そんなことなくて。今はどんなジャンルの方でも、どんなパパでも、皆ちゃんとした食生活を送っていらっしゃる」と感心していた。  瑛太が出演している新CM「Vitality ついに、上陸」篇は同日より放映中。

  • 内山理名

    内山理名、大人の色気。ノースリーブワンピで料理へのこだわり語る

    エンタメ

     女優の内山理名が11日、「ハナマルキッチン2018」記者発表会に、爽やかなノースリーブワンピースの衣装で登場し、大人の色気を見せた。内山は料理の腕前を披露し、人に振る舞うときは「絶対おいしいものしか出したくない」というこだわりを語った。@@cutter ハナマルキ株式会社はABC Cooking Studioと共同し、発酵調味料「液体塩こうじ」を使用した料理を学ぶことができるクッキングレッスン「ハナマルキッチン 2018」を、8月以降全国のスタジオなどで開講する。  インスタグラムで披露する料理が話題の内山は、爽やかなワンピース姿でイベント会場に登場。「液体塩こうじ」とマイ包丁を用い、慣れた手つきでラタトゥイユと鶏むね肉のオーブン焼き(レモンバルサミコ)の調理を実演した。  「ほぼ毎日何かしら作っている」という内山。「料理は大好き。(女優業などの)仕事を始めたのが早かったので、親が好きだったのもあったんですけど、16(歳)くらいから作っていました」と明かし、「女性の方は、健康も栄養もそうですけど、見た目がかわいいと気分も上がる。色の効果もあるので大切にしています」と笑みをこぼした。  プライベートでは最近、納豆パスタやワカメを使った海藻パンなどを手作りしたと話し、「季節の野菜を必ず取り入れること。そうすると調味料を多く入れなくても栄養価が高くて味が濃い。あとは自分の食べたいものを作るようにしています」と自身の料理の心がけを紹介。人へ振る舞うときは「絶対おいしいものしか出したくない」とこだわりを見せていた。  クッキングレッスン「ハナマルキッチン 2018」は、8月より全国各地で順次開講予定。

  • 「乃木坂46×カップスター・和ラー 日本中を、もりあげろ!キャンペーン」記者発表会に出席した乃木坂46の(左から)齋藤飛鳥、白石麻衣、西野七瀬、松村沙友理

    乃木坂46・西野七瀬、好物の塩ラーメンにニコニコも“塩対応”は否定

    エンタメ

     乃木坂46の西野七瀬が10日、齋藤飛鳥、白石麻衣、松村沙友理と共に「乃木坂46×カップスター・和ラー日本中を、もりあげろ!キャンペーン」の記者発表会に出席。塩ラーメン好きだと笑顔でアピールする一方、“塩対応”は否定して会場を笑わせた。@@cutter 今回のキャンペーンでは「乃木坂 46×カップスター・和ラー日本中を、もりあげろ!」と題して、同グループのライブチケットが当たる「和ラーキャンペーン」と、齋藤が主演を務める映画『あの頃、君を追いかけた』(10月5日公開)の試写会の鑑賞券などが当たる「カップスターキャンペーン」を展開する。  白石は、カップスターについて「塩味がサッパリしていてお気に入り」だといい、醤油(しょうゆ)味のイメージのメンバーを問われて「松村沙友理ちゃん。醤油は誰もが好きな味で、松村も誰からも愛されるキャラクターなのでピッタリなのでは」と回答。感激した松村は「白石さんこそ誰からも愛される。醤油味は王道の感じ。白石さんも王道のかわいさ。まいやんのほうがピッタリ~!」と悶えていた。  同じく塩味が好きだと答えた西野は「さっき控室で1つ食べてきた。スゴいおいしくて、うれしくて、幸せな気持ちのまま(ステージへ)来ました」とニコニコ。白石からも「塩のラーメンを食べてるのを楽屋でよく見る。塩ピッタリ」と評され、さらに報道陣から塩対応なのかとツッコまれると、慌てて手を左右に振って否定。「失礼です!」と声を上げ、会場を笑わせた。  西野はまた、ラーメンを食べるときのメンバーのかわいいしぐさを問われて「髪を耳にかけて食べるしぐさは女の子特有。まいやんとか長いので『いいな』と思う」と話した。  齋藤は、主演映画の撮影を振り返って「初めてで分からないことだらけ。“自分がこんなにできないんだな”と落ち込むこともあったけど、スゴく楽しく終えることができた」とニコリ。松村は6~8日に神宮球場・秩父宮ラグビー場で同時開催されたグループのアニバーサリーライブを思い出し、カップ麺を「神宮で作って、秩父宮に着いて椅子に座って食べた」と舞台裏を明かした。  「乃木坂46×カップスター・和ラー 日本中を、もりあげろ!キャンペーン」は、7月19日より順次展開予定。

  • 「ようこそ!! ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2018」制作発表に出席した三田友梨佳アナウンサー

    三田友梨佳アナに木下ほうかがラブコール 結婚指輪を「はめたろか?」

    エンタメ

     フジテレビの三田友梨佳アナウンサー、俳優の木下ほうからが25日、同局の社屋イベント「ようこそ!! ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2018」制作発表に出席。結婚願望を漏らす三田アナに木下が「(結婚して指輪を)はめたろか?」とラブコールを送った。@@cutter 同イベントは、フジテレビが夏に展開する総合エンタテインメントイベント。今回は「カラダとアタマを動かそう!」をテーマに、同社にちなんんだコンテンツを展開する他、2020年東京オリンピック・パラリンピック向けのスポーツエリア「お台場スポーツパーク」などを展開する。  スペシャルゲストとして登場した木下は、『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系/毎週月曜19時57分)で演じるイヤミ課長に扮して登場。普段お祭りなどに行くかと問われると「行きません。一人で行きますか?」と言い、浴衣姿の女子アナたちを見て「浴衣娘を一人、二人あてがってもらえれば…」とおねだりしてみせた。  この日は、新婚の山崎夕貴アナと竹内友佳アナがそろって結婚指輪をお披露目。三田アナが「薬指に(結婚)指輪があったらな」と願望を吐露すると、木下が「(結婚して指輪を)はめたろか?」とラブコールを送り、周囲を笑わせた。  3月に『ポンキッキーズ』が終了したガチャピンとムックは、お台場スポーツパークのナビゲーターに就任。ガチャピンは「これまでいろんなスポーツに挑戦してきた。体を動かすことが本当に大好き。ナビゲーターとしてクライミングウォールのお手本を見せたり、いろんな楽しみ方を紹介したい」と、やる気十分だった。  今回の制作発表には、木下やガチャピンらと共に、柳原可奈子や平井大、「お台場ワンガン娘’18」の久代萌美、宮澤智、内田嶺衣奈、小澤陽子、新美有加、宮司愛海、堤礼実、永尾亜子、海老原優香、久慈暁子、井上清華、杉原千尋(※三上真奈、永島優美、鈴木唯は欠席)、および「四代目オマツリ男アナ」の榎並大二郎、立本信吾、木下康太郎、谷岡慎一、酒主義久、内野泰輔、上中勇樹、藤井弘輝、黒瀬翔生、安宅晃樹、今湊敬樹、大川立樹(※生田竜聖、木村拓也、大村晟は欠席)が出席した。  「ようこそ!! ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2018」は、7月28日から9月2日まで開催予定。

  • 「ダ・フォース 上・下」発売記念「実録アンダーグラウンド座談会」に参加した(左から)田野重徳氏、高濱良次氏、津田哲也氏

    元警察関係者が“裏社会”の実情を語る「優秀な警察官ほど転落しやすい」

    エンタメ

     世界的ベストセラー作家ドン・ウィンズロウの最新作「ダ・フォース 上・下」の発売を記念し、元警察関係者やジャーナリストを招いた「実録アンダーグラウンド座談会」が都内で開催された。座談会には、元千葉県警で35年間勤務し、刑事部捜査第一課長も務めた田野重徳氏、元厚生労働省麻薬取締部の捜査第一課長などを歴任した高濱良次氏、ジャーナリストおよび銃器評論家である津田哲也氏が参加し、感想を交えながら、自身の経験談や警察内の汚職、麻薬捜査などの実情について語り合った。@@cutter 「ダ・フォース」は、リドリー・スコット製作総指揮で映画化が決定し、スティーヴン・キングも“ゴッドファーザーのような警察小説”と絶賛した話題作。主人公はニューヨーク市警で麻薬や銃による犯罪を取り締まるエリート特捜部、通称“ダ・フォース”に所属する刑事デニー・マローン。弱い存在を守り、この街を統べる刑事の王だったマローンが、ある麻薬組織の手入れの際にとった行動をきっかけに、転落の道をたどることになる。  最初に発売元であるハーパーコリンズ・ジャパンの代表取締役社長フランク・フォーリーが本書について「本当に面白い。NYの警察官からも、リアルなところが非常に評価されている」とアピールした後、座談会はスタート。  「ダ・フォース」では、マローンが警察への情報提供者とやりとりをするシーンが印象深かったという田野氏は「マローンさんの心境が如実に描かれている。マローンさんの気持ちが手に取るようにわかりました」とうなると、高濱氏も「我々がやっているのと変わりない。こういう捜査官がなかなかいない中、彼の活躍ぶりは印象深かった」と感心する。  津田氏によると「警察への情報提供者は“S”と言われています。ひと口5000円で領収書が出るんですが、一時期、それが裏金になっていたこともありました」とのこと。高濱氏は「“S”がいないと我々の捜査は成り立たない」とうなずくが、田野氏は「今は“S”の運用も組織化され、情報の内容については事前の署長決済が必要で、情報の質や重要度により金額も変わります。それはミイラ取りがミイラにならないためにやっています」と補足した。  また、警察官から悪の道へ転落していく人の共通点について、田野氏は「検挙実績が極めて高い人」と意外な発言をすると、高濱氏も「優秀な人ほど陥りやすい」と同意する。  その理由について田野氏は「実績のない人はそういう機会に恵まれません。平々凡々としていて、本来のやるべき仕事もしないから」と、高濱氏も「情報だけがすべてじゃないけど、情報収集が一番大事」と語った。津田氏もそれを受け「確かに組織犯罪において、できる警察官は人たらしです」と納得した表情を見せた。  「ダ・フォース 上・下」は、全国の書店、オンラインショップで発売中。各1050円(税込)。

  • パナソニック「レッツノート」新製品発表会に出席した比嘉愛未

    比嘉愛未、旧知の仲の浅利陽介とのCM共演で「どうしても素が出る」

    エンタメ

     女優の比嘉愛未が7日、都内で行われたパナソニックもモバイルPC「レッツノート」新製品発表会にCMメインキャラクターとして登場。長年『コード・ブルー』シリーズで切磋琢磨(せっさたくま)してきた浅利陽介とのCM共演を振り返り、「どうしても素が出てしまう」と仲の良さを語った。@@cutter 同商品は、比嘉が出演する『劇場版 コード・ブルー‐ドクターヘリ緊急救命‐』(7月27日全国公開)とタイアップした新CM2本を展開。同作に出演する比嘉や浅利、馬場ふみかが出演する。  比嘉はこの日、発表会の第2部から登場。同CMの撮影にあたって再び劇中衣装を身に着けたことに関して「映画のクランクアップが去年の12月だった。そのときに衣装さんと『もう、この衣装を着るのは最後だね』と話をしていた。まさかもう一回着るとは思っていなかった。うれしいのと恥ずかしいのと不思議な気持ち」と撮影当時の心境を明かした。  同CMで共演した浅利を含めて「ドラマでもプライベートでも(キャスト陣は)皆仲が良い」と明かし、「集まってご飯をしたりする。CM撮影中なんですけど、浅利くんがいると、どうしても素が出てしまう。そこの切り替えが難しかった。顔認証をするときも、私を変顔で笑わせようとしたりいろいろ仕掛けられた」と述懐した。  また比嘉は会場で、メガネを掛けて顔認証カメラによる高速サインインにチャレンジ。カバーを開いた瞬間に顔認証で同PCが起動し、「できたー!」と喜び、「認めてもらったような感覚」と笑顔をふりまいた。  比嘉が出演するモバイルPC「レッツノート」の新CMは6月29日より全国放送スタート。

  • 「夏の台湾観光~SUMMER FORMOSA~」に出席した長澤まさみ

    長澤まさみ、台湾が教えてくれた「誰も知らなかった私」とは

    エンタメ

     女優の長澤まさみが7日、都内で行われたイベント「夏の台湾観光~SUMMER FORMOSA~」に出席。2年連続で台湾観光局イメージキャラクターに抜てきされ、「2年続けて務めた方は、ほかにいないと聞いたので、とても光栄。はりきって務めたいです」と笑顔で語った。@@cutter 長澤は最近では「台湾によく行ってるんでしょ?」と声を掛けられることが増えたそうで、「私がよく台湾に行ってるって知ってる人が増えたんだなと感じますし、仕事で訪れるたびに台湾の良さを実感することがあるので、ご縁があるのかなと思います」としみじみ。また、「台湾には台北だけじゃなく台南や高雄など、あまり知られていない良い所がたくさんあるので、それを伝えられたら」と意気込みを明かした。  新CM「Meet Colors! Taiwan」は、観光スポット、グルメなど、台湾観光の奥深さと魅力を“自分の色を見つける=Meet Colors!”というコンセプト。長澤は今回、真っ赤なドレスを身にまとい登場したが、「台湾をイメージして、明るい色を着てきました。真っ赤なルージュもポイントです」と衣装のポイントを語った。  また、撮影のエピソードを聞かれ、「いろんな色を身にまとって、いろいろな場所で撮影しました。ノスタルジックなイメージで、映画の1シーンのような見応えのあるCMができたと思います」と胸を張った。  さらに、台湾の人々の優しさに触れることも多かったそうで、「そこにはいつも感動させられますね。人に優しくできる余裕を持つことは、大切なことだなと思いました」と振り返った。  CMにかけて「台湾の色が教えてくれた誰も知らなかった私は?」と質問を投げかけられると、「台湾での時間は大切で、自分と向き合う時間をたくさんもらいました。その経験を活かして、いろんな色を身にまといたい」と回答。続けて「先のことだけを不安に思って生きるよりは、今を頑張ることが今の自分にとっては大切だということを気付かされましたね」と思いを明かした。  最後には、今月3日に誕生日を迎えた長澤を祝い、誕生日プレゼントを目指して、長澤が台湾クイズに挑戦する一幕も。見事3問全て正解し、周台湾観光局長から台湾の玄武岩ハンコと寿桃を受け取った。

  • 人気アニメ『黒執事』、富士急と期間限定コラボ! “黒執事”アトラクション登場

    人気アニメ『黒執事』、富士急と期間限定コラボ! “黒執事”アトラクション登場

    アニメ・コミック

     富士急ハイランドでは8月1日から10月1日の期間、人気アニメ『黒執事』とコラボレーションしたイベント『富士急ハイランド×黒執事 Book of the Atlantic ~その執事、絶叫~』が開催される。@@cutter このイベントは、劇場版アニメ『黒執事 Book of the Atlantic』のブルーレイ&DVD発売を記念して実施されるもので、期間中はアトラクション「絶凶・戦慄迷宮」横の一帯に黒執事エリアが登場。エリア内には黒執事初となる屋内アトラクションがオープンする他、劇中の象徴的なシーンを再現した部屋や、本イベントのために描き下ろされたオリジナルビジュアルの巨大フォトスポット、キャラクターと一緒に写真が撮れるARコンテンツに加え、オリジナルグッズも発売するなど、盛りだくさんの内容となっている。  『黒執事』は月刊漫画誌「月刊Gファンタジー」(スクウェア・エニックス刊)にて、2006年より連載されている漫画作品。テレビアニメ化や実写映画化のほか、2017年1月には劇場版アニメが公開され、2535万人以上を動員した。  19世紀末期のイギリス英国が舞台で、暗い過去を持つ名門貴族の少年幼い領主伯爵シエル・ファントムハイヴと、彼と契約した悪魔である完璧な執事セバスチャン・ミカエリスが、シエルの過去や因縁、事件などに翻弄されつつ、裏家業である「女王の番犬」として数々の難問事件を解い解決していくダークファンタジーミステリー。8月23日に劇場版アニメ『黒執事 Book of the Atlantic』ブルーレイ&DVDが発売される。

  • 久松郁実、 「CanCam×Tokyo Prince Hotel Night Pool」オープニングレセプションパーティーに登場

    久松郁実、水着ファッションで魅了! ナイトプールに「いつか恋人と行けたら」

    エンタメ

     モデルでグラビアアイドルの久松郁実が6日、「CanCam×Tokyo Prince Hotel Night Pool」のオープニングレセプションパーティーに、スピードワゴンの井戸田潤、小沢一敬、歌手のchay(モデル名:まい)と共に出席。最新の水着ファッションを披露した。@@cutter 同企画は、女性ファッション誌「CanCam」がプロデュースするナイトプールで、今年は春にリニューアルした東京プリンスホテルとタッグを組み、東京タワーを見上げられるロケーションで開催する。  CanCam専属モデルである久松はこの日、同誌オススメの最新水着で登場。「人前で着るのは1年半ぶり」と照れながらも、スピードワゴンの二人を従えて“ブルゾンちえみ with B”のポーズも決め、大量のフラッシュを浴びた。    すでにグラビア撮影で訪れたタイのナイトプールに入ったという久松。今年の夏は「これから8月にかけて(仕事等で)海外に行く予定があるので、おしゃれインスタを目指して、たくさんかわいい写真を撮ってきます」と話し、ナイトプールは「いつか恋人と行けたら。ロマンチックなデートをしたいです」と願望を吐露。すかさず小沢が「そのいつかってけっこう近かったりするかもね」と食いついた。  さらに小沢は、久松を相手に“あま~い”ナイトプールデートを実践。甘い言葉で迫られた久松が「実際にやられるといい」と褒め称えると、小沢は「プールより溺れさせる男」と自画自賛した。  イベント終盤には、水着姿の特別招待読者100名がプールにダイブ。井戸田は水着美女から水しぶきを盛大に受けて「色んなマスコミイベントあったけど今日が一番楽しい。これを待ってたんですよ!」とご満悦の様子だった。  「CanCam×Tokyo Prince Hotel Night Pool」は、7月8日から9月18日まで期間限定オープン。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access