芸能 関連記事

  • 広瀬アリス、2019年カレンダー発売イベントに登場

    広瀬アリス、2018年に満足「過去最高に早い1年でした」

    エンタメ

     女優の広瀬アリスが、8日に都内で開催された『広瀬アリス 2019年カレンダー』の発売記念イベントに登場した。広瀬は今年を「過去最高に早い1年でした」と振り返り、芸能界入りして10年が経ったことについて「こんなに長くいると思っていなかった」と語った。@@cutter 梅雨時の6月に撮影を行ったという本作は、カラフルなスカートや、浴衣、ハットなどを見につけた広瀬の姿を収めている。お気に入りのカットに、自然体な表情を収めた1~2月のページを選んだ広瀬は「ボケーっとしているところを撮ってもらった感じなので、逆にポージングをしていないところが良かったなと。無ですね(笑)」と回想。  今年がどんな1年だったか聞かれると「過去最高に早い1年でした。忙しかったですね(笑)。でも、ありがたいなと思いながら、日々過ごしていました」と満足げ。「長期の休みは、今年はなかったですね」と言い、休みがもらえたらどう過ごしたかったか問われると「ずっと家にいたいです(笑)。ほんと。目覚ましかけないで寝たりとか。1日中ソファから動かないとか。そんな生活をしばらく送りたいなって」と白い歯を見せた。  その後、10日に最終回を迎える出演中のドラマ『ハラスメントゲーム』(テレビ東京系/毎週月曜22時)の撮影で、なかなかOKが出なかったエピソードにも言及。「初めて本番中に足がガクガク震えながらやったりとか。この年齢で、そういうことってなかなかないので。言われなくなりはじめる年なので、すごくありがたいなって思いました」と明かしていた。 芸能界入りしてから10年が経ったことにも触れ「まさか自分がこの世界に、こんなに長くいると思っていなかったですし、当時の自分が見たら、たぶんすごくびっくりすると思うんです」としみじみ。当時の自分にどんな言葉をかけてあげたいか聞かれると「ちゃんと仕事してるよって言いたいです(笑)。勉強も特にできなかったので。たぶん、兄妹の中で一番親に心配されていたので」と発言。どんな部分で心配されていたのかについては「自由すぎて。この子は大丈夫なのか? って、たぶん親に思われていたと思います」と話していた。  『広瀬アリス 2019年カレンダー』は発売中。

  • (左から)「Yahoo!検索大賞2018」発表会に登場した中村倫也、今田美桜

    中村倫也&今田美桜、2018年急上昇の2人が好みのタイプを明かす

    エンタメ

     俳優の中村倫也と女優の今田美桜が、5日に都内で開催された「Yahoo!検索大賞2018」発表会に出席した。「パーソンカテゴリー」の俳優部門賞を獲得した中村は、今年の活動を振り返ったほか、好みの女性のタイプについて語った。@@cutter 授賞式でトロフィーを受け取ると「ついさっきまでピンときてなかった」と照れ笑いを見せた中村。MCを務めた今田耕司に、朝井正人役で出演したNHK連続テレビ小説『半分、青い。』に関して「すずめ(永野芽郁)をあんな振り方したらだめやわぁ」といじられると「現場でも芽郁ちゃんと、ずっと『付き合っちゃえばいいのにね』って(笑)」と裏話を明かした。  そんな中村は、幅広い役柄で高い評価を受けているものの、以前に比べて役柄は狭まったそう。「昔は外国の貴婦人とか(笑)。シェイクスピアの女形ですとか、あと、ハリネズミ人間みたいなのもやったことあります」と明かし「人間の男性になっただけ、(役柄は)だいぶ狭まりました」と発言。その後、今田耕司に好みの女性のタイプを問われると「わからなくなってきました」としたうえで「もう、僕のことを好きでいてくれたらいいやと思うようになりました」と答えていた。  一方「パーソンカテゴリー」の女優部門賞を手に入れた今田美桜は、受賞の感想を問われると「こんな賞をいただくなんて思っていなかったので、ちょっとびっくりしています」とニッコリ。今年の活動に話が及ぶと「ドラマとか雑誌とかもいろいろさせていただいて、本当にいろいろな経験をさせていただいたので、幸せでした」と満足げな表情を見せた。そして、自分と結婚したら名字を変えなくていいとジョークを飛ばした今田耕司に、好みの男性のタイプを聞かれると「少年みたいな人」を挙げていた。  この日は、「パーソンカテゴリー」作家部門賞の矢部太郎、声優部門賞の小林由美子、お笑い芸人部門賞のひょっこりはんらも出席。「カルチャーカテゴリー」のドラマ部門賞はNHK連続テレビ小説『半分、青い。』が獲得し、脚本を手掛けた北川悦吏子らが登壇した。また、King & Princeが大賞とアイドル部門賞に輝いた(発表会は欠席)。

  • アニバーサリーブックを発売することが決まった菅田将暉

    菅田将暉、俳優生活10周年記念 小栗旬ら参加のアニバーサリーブック発売

    エンタメ

     菅田将暉の俳優生活10周年を記念するアニバーサリーブック『誰かと作った何かをきっかけに創ったモノを見ていた者が繕(つくろ)った何かはいつの日か愛するものが造った何かのようだった。』が、来年2月に発売されることが分かった。@@cutter 本書のタイトルは菅田自身の命名によるもので、ワニブックスの俳優本史上最長の55文字となっている。全160ページの内容には、菅田のロングインタビューのほか、太賀の撮影による「菅田将暉 in ハワイ」や、二階堂ふみと制服を着ての「“アフタースクール” as 高校生」、仲間たちとの衣裳作り&シューティング、山田孝之と描いた即興スプレーアート、「BAR小栗」マスターとなった小栗旬による菅田へのインタビューと、菅田を良く知る俳優仲間たちによる5つのスペシャル企画を掲載。さらに各パートのメイキング風景や菅田のインタビュー映像を収録した約75分のDVDも付属する。  通常版に加え、限定版も同時発売。限定版には特典として菅田と山田が描いたスプレーアート作品の特製ジグソーパズル(108ピース)、「BAR小栗」と菅田描き下ろしによる「BAR菅田」の特製コースター(各2種、計4枚)が付属し、これらの特典を一緒に収納したブックケース仕様となる。  菅田は「経過した10年を一言に纏めることはできず、振り返ればこのような長くくどいタイトルになってしまいました。中身も同様に、この10年で出会った人との過去や未来について語り、写し、これまたくどい内容になっております。全て読み倒し、散らばった想いを拾い集める猛者は現れるのでしょうか。ある種の挑戦状のような本が完成しました」とコメントしている。  発売を記念し、発売日の2019年2月21日には記念イベントが東京都内で開かれ、菅田の所属事務所トップコートのオンラインショップおよびワニブックススペシャルエディションにて限定版を予約した人の中から抽選で計700名を招待する。  菅田将暉 アニバーサリーブック『誰かと作った何かをきっかけに創ったモノを見ていた者が繕った何かはいつの日か愛するものが造った何かのようだった。』は、2019年2月21日発売。【限定版】の価格は5000円(税込)。【通常版】の価格は3024円(税込)。

  • 『伊藤あさひカレンダー 2019.04‐2020.03』

    ルパンレッド・伊藤あさひ、19歳の誕生日に初カレンダー発売

    エンタメ

     現在放送中の『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』(テレビ朝日系/毎週日曜9時30分)のルパンレッドとして知られる伊藤あさひが、初カレンダーを発売することが分かった。伊藤は「自分の振り幅を最大限に出したカレンダーになりました」と自信をのぞかせている。@@cutter 2000年1月19日生まれの伊藤は、今年2月からルパンレッド/夜野魁利を演じている。同スーパー戦隊シリーズでは、初の2000年代生まれの“レッド”役俳優として話題になった。  『伊藤あさひカレンダー 2019.04‐2020.03』は、19歳を迎える来年の誕生日に発売される伊藤初のカレンダー。かわいらしい表情を捉えた白ニットのカットや、スタイリッシュで色気あふれるモノクロカットなどを撮り下ろしで収録。ほかに、今年8月発売のファースト写真集『ASAHI』の未収録フォトも収められ、伊藤のさまざまな表情を堪能できる。  伊藤は、「ファースト写真集に引き続き、今の『伊藤あさひ』が沢山詰まった作品を作る事が出来て、嬉しいです。写真集と同じスタッフの皆様との、信頼できる雰囲気の中で、自分の振り幅を最大限に出したカレンダーになりました」とコメント。「表情はもちろん、服装、髪型、シチュエーション、様々な面で、新しく、見た事のない自分を出すことができました。ぜひ皆様に見て頂きたいです」とアピールしている。  『伊藤あさひカレンダー 2019.04‐2020.03』は、東京ニュース通信社より2019年1月19日発売。価格は2500円(税抜)。

  • 上白石萌音

    上白石萌音、イメージ一新! ロックなピンクヘアに「新鮮!」の声

    エンタメ

     女優の上白石萌音が11月29日、自身のインスタグラムに、髪をピンクに染め、ロックテイストの洋服に身を包んだ写真を投稿。ファンからは「新鮮!」「ロックガール似合ってる」などのコメントが寄せられた。@@cutter 2019年に公開される映画『スタートアップ・ガールズ』で、女優の山崎紘菜とダブル主演を務めることになった上白石。本作で彼女は、大学生にしてIT×医療で起業を目指す“ひらめきの自由人”小松光を演じることに。このヒロイン役を演じるにともない、彼女は髪の毛をピンクに染めている。  インスタグラムに投稿された写真は、ピンクヘアでロックテイストの衣装に身を包んだ彼女を捉えたもの。これまでの彼女のイメージを一新するようなハードなイメージに生まれ変わっている。  この髪の毛は地毛とのことで、上白石は「キューティクルは彼方に消え去りました」とコメント。現在はすでに黒髪に戻っているとのことだが、上白石は、「新たな挑戦。背中をグッと押せる映画です」と自信を見せている。  この写真にファンからは「不良になっちまったのか」「新境地開拓?」「可愛すぎます」「ロックガール似合ってる」などのコメントが殺到。さらに主演映画について「めちゃくちゃ楽しみです」「早くみたいです!」「東宝シンデレラの同期生コンビ共演ですね!」などの声も寄せられた。 引用:https://www.instagram.com/mone_kamishiraishi/

  • ファースト写真集『あなたがみる僕は――』発売記念イベントに登場した磯村勇斗

    磯村勇斗、「来年は羽ばたく年に」充実の2018年を経て意気込み

    エンタメ

     俳優の磯村勇斗が1日、都内にてファースト写真集『あなたがみる僕は――』の発売記念イベントを開催、1300人のファンを集めた。イベント前の記者会見では写真集について語るとともに、2019年への意気込みとして「来年は羽ばたく年になるんじゃないかなと思います。今後露出も増えていくと思うので楽しみにしていただければ」と微笑んだ。@@cutter 『仮面ライダーゴースト』(テレビ朝日)、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』で注目され、現在は月9ドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系/毎週月曜21時)と『今日から俺は!!』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)、さらに映画『ういらぶ。』『春待つ僕ら』(12月公開)に出演するなど大活躍の磯村。  そのファースト写真集は磯村自身が“いまの自分”をテーマにセルフプロデュース。沖縄でのエモーショナルな姿と、都会でのスタイリッシュなイメージの両面を表現している。  撮影期間は約1年に及んだという。「東京で仕事に追われいろんなことを考えながら生きている姿と、逆に沖縄でリフレッシュして開放している姿の、オンとオフを見せられたかなと思います」と語る。  1年前の写真と現在を比べると、「垢抜けた感はあるのかなと思います。いろんな現場でいろんな人と出会って……」と磯村。その言葉通り、2018年はさまざまなドラマ、映画への出演が相次いだが、「今年は振り幅のある役に挑戦させていただき、俳優としていい見せ方ができた1年になったと思います。舞台もやれたし、挑戦もできて、充実した大事な1年になりました」と満足げな表情を見せる。  今年はギリギリまで仕事があるようで、「クリスマスは1日撮影なので、クリスマスはないものと考えています。そのほうが幸せなので」と苦笑いしていた。  磯村勇斗ファースト写真集『あなたがみる僕は――』は、KADOKAWAより発売中。

  • 『anan』No.2130(12月5日発売)表紙

    滝沢秀明、引退前の「anan」で大特集インタビュー 同志からのエールも

    エンタメ

     年内で芸能活動引退を表明している滝沢秀明が、12月5日発売の女性グラビア誌「anan」2130号の表紙に登場。「プレイヤーでいることへの未練はありません。僕はこれからが始まりなんだって思っています」と語る滝沢が、同誌で有終の美を飾る。@@cutter 1995年にジャニーズ事務所に入所し2002年に「タッキー&翼」としてCDデビューした滝沢。以来、ドラマや舞台などでめざましい活躍を続けてきたが、今年いっぱいで芸能活動を引退し、プロデュースなどの裏方に専念する。  滝沢は、同誌でラストとなる表紙&グラビアに、タキシード姿で登場。格調高い大人な表情や、シャツを着崩したいたずらな表情など、大人っぽさの中に少年っぽさも残した、滝沢らしさを垣間見せる。ロングコートを基調にしたスタイリングでは、躍動感あふれる姿も披露。ロングインタビューでは、事務所に入るきっかけから、今回の決意に至るまでの心境を語っている。  また、滝沢のライフワークともいえる舞台『滝沢演舞城』『滝沢歌舞伎』で共演した、ジャニーズ事務所の先輩・後輩・同期ら、苦楽を共にした同志たちが登場。KEN☆Tackeyでコンビを組んだV6の三宅健をはじめ、風間俊介、屋良朝幸、Hey! Say! JUMPの薮宏太、八乙女光、Kis‐My‐Ft2の北山宏光、藤ヶ谷太輔、A.B.C‐Zの戸塚祥太、河合郁人、Snow Manら総勢15名が、滝沢との思い出、今回の決断に関してのそれぞれの想い、今まで決して語られることのなかった貴重な話を公開している。  滝沢が表紙を飾る「anan」2130号は、マガジンハウスより12月5日発売。価格は600円(税込)。

  • 入籍を報告した白鳥久美子

    たんぽぽ白鳥久美子、芸人チェリー吉武と結婚 見守ってきたファン祝福

    エンタメ

     たんぽぽの白鳥久美子が、かねてより婚約していたお笑い芸人チェリー吉武との入籍をブログで発表。ファンから祝福の言葉が寄せられている。@@cutter バラエティー番組『笑神様は突然に…』(日本テレビ系)で白鳥が好意を伝えたことをきっかけに、2015年から交際していた2人。今年2018年の『24時間テレビ41 愛は地球を救う』(同)におけるチェリーの公開プロポーズを経て、今月28日に婚姻届を提出したという。  白鳥は29日、「私事で恐縮ですが、11月28日に婚約していたチェリー吉武さんと入籍致しました」という書き出しのブログで入籍を報告。「まだまだ未熟な二人ですが、仕事と家庭と両立できるように努力していきたいと思います。山あり谷あり涙あり笑いありを、全部笑って過ごしていきたいです」と決意をつづっている。  同日行われた会見についても「今日は記者会見をさせて頂きまして、ありがたい限りです」と報告。「チェリーさんはお尻でクルミも割らせて頂きました。クルミから出てきたのは、『思』の一文字。結婚は思いやり!!という意味だそうです。夜中に一人で作っていました」とネタバラシ。  さらに「エミコさんも来てくれて、エールを送ってくれました! 嬉しいですな!!」とチェリー、白鳥、相方の川村エミコの笑顔の3ショットを披露している。  これに対しファンは「ニュースでほっこり優しい気持ちになりました」「旦那様に告白をなさるところから拝見していたので、なんだか感慨深いです」「久美ちゃんの一途な気持ちすごく素敵です」と我が事のように祝福。白鳥が福島県出身ということもあり、東北地方からのエールも多数見られた。 引用:https://ameblo.jp/sienne07/

  • 中谷美紀

    中谷美紀、ドイツ人ビオラ奏者と結婚 ファン「歌手としてコラボ」を期待

    エンタメ

     女優の中谷美紀が27日、ドイツ出身のウィーンフィルハーモニー管弦楽団ビオラ奏者、ティロ・フェヒナー氏との結婚を自身の公式サイトで発表した。SNSでは数多くの祝福の声とともに、「中谷美紀さんの事は歌手としてもファンなのでビオラとコラボして歌って欲しい」といった新たな展開を期待する声や、多才で上質な人生に感嘆の声が数多く上がっている。@@cutter 中谷は「突然ですが、このたび結婚の運びとなりましたこと、ご報告させていただきます」との書き出しでお相手とその楽器について紹介。「日本とオーストリア、異なる国で暮らす私たちは、話せば長くなるような不思議な偶然が重なって、2016年の秋に出逢い、信頼関係を育んで参りました」とつづっている。  共に山歩きもするそうで「常にこちらのペース配分に配慮し、自らの楽しみや利益よりも、人の幸せを優先する彼の人柄に惹かれました」「様々な楽器の音に真摯に耳を傾け、自らの音を主張するのではなく、調和を大切にしてきたヴィオラ奏者だからこそ、私のような自由を愛する人間をも手なずけることができるのでしょう」と惚気けている。  今後はオーストリアを拠点に、「語るべき物語を携えた誰かを演じる日々と、何者でもない自分に戻る日の緩急をつけて」これまでどおり日本でも活動するという。  これに対し、SNSには「旦那様もめっちゃ素敵そうでなんか嬉しい」といった祝福の声と共に、各報道機関に寄せた直筆の文書に「達筆すぎる」と注目するコメントが多発。「語学ができてクラシックに造詣が深く達筆な美女…天が何物も与えてる」とあらためてその人生に驚く投稿や、出演映画『電車男』やドラマ『ケイゾク』『仁‐JIN‐』のエピソードを思い出すコメントも数多く見られた。 引用:http://www.mikinakatani.com/

  • VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2018 授賞式・記者会見に登場した中村アン

    中村アン、21歳のときインターン面接を受けた「VOGUE」に表彰され感無量

    エンタメ

     女優の中村アンが26日、都内で行われた「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2018」授賞式に出席。21歳のときに就職活動で「VOGUE」のインターン面接を受けた経験があるという中村は「素敵な賞がいただけてうれしいです」と感無量の様子だった。@@cutter さまざまな分野で圧倒的な活躍を見せ、スタイル、生き方、美において「VOGUE JAPAN」読者をインスパイアした ヴォーグな女性たちを選出する同賞。受賞者として中村のほか、松本穂香、梶芽衣子、モデルの森星、ドラマ『アンナチュラル』(TBS系)、現在放送中の『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)を担当する脚本家・野木亜紀子らが出席した。「VOGUE JAPAN」の渡辺三津子編集長は今年の受賞者の顔ぶれについて「大胆さと繊細さの両方を兼ね備えた女性だと感じました」と語った。  11クール連続で連続ドラマに出演し、4月の『ラブリラン』(日本テレビ系)では初主演。現在放送中の『SUITS/スーツ』(フジテレビ系/毎週月曜21時)にも出演中の中村は「実りある年になりました」と満面の笑み。実は21歳のとき、就職活動で「VOGUE」のインターンを希望し、面接を受けた経験があったそうで「31歳になって、10年経って素敵な賞がいただけてうれしいです」と喜びを口にした。  松本はドラマ『この世界の片隅に』(TBS系)主演などで話題を呼んだが「そんなに、学生時代とかキラキラしてた方じゃないので、こんなキラキラした場所に立ってていいのかという気持ちでいっぱいです」と緊張の面持ち。「平成最後にやりたいことは?」という質問に「(東京)ディズニーシーに遊びに行きたい」と語り、「今年一番楽しかったこと」を尋ねられると「友達と熱海旅行に行ったこと。ソフトクリームを食べたり…」など庶民派トークで笑いを誘っていた。  森はファースト写真集発売に加え、世界最大のファッション祭典「MET GALA2018」に参加するなど飛躍の1年となったが「2018年は、種まきとチャレンジングの年で、素晴らしい経験をさせていただく機会に恵まれました。自分の強さと弱さが知れた年でもあり、好きなこともたくさん見つけたので来年に向けて頑張りたいです」と力強く語った。  この日は俳優の城田優が司会を務めたが、城田が登壇陣に「クリスマスのご予定は?」と尋ねる一幕も! すかさず森から「週刊誌の記者に見えてきた(笑)」とツッコミが入り、城田も「僕もやりながら『これは俺の仕事なのか?』と…(笑)」と苦笑を浮かべていた。  なお受賞者の1人で、シンガーソングライターのあいみょんは、ツアー中のため欠席となった。

  • 安藤サクラ

    安藤サクラ、2人の“夫”と仲良しショット披露に「素敵な夫婦」の声

    エンタメ

     女優の安藤サクラが22日、自身のインスタグラムを更新。夫で俳優の柄本佑と、NHK連続テレビ小説『まんぷく』で夫婦を演じる長谷川博己、それぞれの“夫”との笑顔満開な2ショット写真を投稿した。2人との仲睦まじい写真にファンからは「素敵な夫婦!」「こっちの夫婦も大好きです」などの声が寄せられた。@@cutter 投稿された写真は、笑顔で映る柄本と、その右下のワイプ画面の中でとびきりの笑顔を見せる安藤の表情を捉えた変則的な2ショット写真。画像には“#1122 イーフーフの日ネ”と添えられており、11月22日の「いい夫婦の日」に合わせて投稿されていた。  柄本との2ショット写真が投稿されたおよそ1時間後には、安藤が主演を務める『まんぷく』で夫婦を演じている長谷川との2ショット写真を「こちらはこちらでイーフーフの日ネ」とのコメントを添えて投稿。砂浜と海を背景に、麦わら帽子をかぶった二人が、本当の夫婦さながらに穏やかな笑顔で写真に収まっている。  2人の“夫”との2ショット写真を投稿した安藤のインスタグラムには、ファンからのコメントが殺到。柄本との2ショット写真には「いい写真!」「素敵な夫婦!素敵な笑顔です!」「ほっこりします」などの投稿が。ほかにも「笑顔がくりそつ」「ご夫婦、顔似てます」との声も見られた。  一方の長谷川との2ショット写真にも「こっちの夫婦も大好きです」「こっちも捨てがたい」「公私ともに幸せそう」などの声が寄せられていた。 引用:https://www.instagram.com/sakuraando/

  • 志尊淳、セカンド写真集『23』発売記念イベントに登場

    志尊淳、希望のクリスマスプレゼントは「ちょっとした休み」

    エンタメ

     俳優の志尊淳が、24日に都内で開催された自身のセカンド写真集『23』(ワニブックス)の発売記念イベントに出席した。「ファースト写真集とは全く違うアプローチで、役者として携わることができた」という志尊は、クリスマスプレゼントの希望を聞かれると「ちょっとした休みが欲しいですね」と白い歯を見せた。@@cutter 志尊にとって4年ぶり、2冊目の写真集となる本作の舞台は、初めて訪れたハワイ。初挑戦のサーフィンや、大自然に囲まれてのリラックスした表情、これまでにない大人の色気をまとって夜のダウンタウンを闊歩する姿を収めたほか、ロングインタビューも収録されている。  志尊は「今回は『やりたいことをやらせてあげる』という風に言っていただいたので、半分セルフプロデュースという形で。衣装やロケーション、完成した写真のレイアウトなど、いろいろな構成の部分にも携わらせていただいた。そういう意味では、ファースト写真集とは全く違うアプローチで、役者として携わることができたなと思っています」と回想。  お気に入りのページには、海外旅行では必ず訪れるというダウンタウンでの写真を選び「お昼に行ったときに、夜の風景がどのように変わるのかな? ってことで、夜も行かせてもらったら、全く違う街並みになっていて。その街並みの空気に合わせて、スタイリングもしていただいて、対極にある写真を撮れたかな」と満足そうに語った。  朝ドラ出演などを含めた今年の活動に話が及ぶと「責任」という言葉を意識するようになったと発言。「映画で主演作を何本かやらせていただいたんですけど、主演だからこその佇まいであったり、そこに発生する責任とか、いろいろな人に支えてもらっているっていうのを感じると、責任という言葉が、自分の中で常に考えていた言葉だなと感じました」と振り返った。  幼いころはサンタを信じていたという志尊だが、小学6年生の時に「カミングアウトされました(笑)」とのこと。今年のクリスマスにプレゼントで何が欲しいか問われると、しばらく考えたうえで「ちょっとした休みが欲しいですね」と、人気俳優ならではの願望を明かしていた。

  • ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』に出演するムロツヨシ

    『大恋愛‐』ムロツヨシのラブラブ2ショット祭りにファン歓喜

    エンタメ

     戸田恵梨香が主演を務め、ムロツヨシが共演するドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系/毎週金曜22時)の公式インスタグラムとツイッターが、23日更新され、ムロとさまざまな組み合わせの2ショット写真をアップ。美女との2ショットに限らず、男同士でも幸せそうな満面の笑みを見せるムロに、写真を見たファンからは「こっちでもラブラブ」「これはこれでかわいい」などの声が寄せられている。@@cutter 23日の第7話の放送に合わせ、番組公式SNSはさまざまな2ショット写真を公開。第一弾としてインスタグラムに上げられたのは、ムロ演じる小説家・間宮真司を支える担当編集者・水野役の木南晴夏との写真。この2人といえば『勇者ヨシヒコ』シリーズでの共演も印象に強いせいか、ファンからは「メレブとムラサキ お二人のシーン見るとついにやにやしちゃいます笑」「安定感ある二人。スキ」といった「ヨシヒコ」に絡んだコメントが多く見られた。一方、「シンジの尚ちゃん以外の人との2ショット・・・違和感だなぁ」「この二人の関係が気になります」と今後の展開を心配する声も寄せられていた。  続いて番組ツイッターには、真司のアルバイト時代の先輩・木村に扮するサンドウィッチマン・富澤たけしと腕を組み、ニッコリ笑顔のムロの写真が。このツイートにも即座に多くの反応が寄せられ、「こちらも大恋愛中?」「こっちもラブラブですね!」など、仲の良さそうな2人に萌える声が届いた。  満を持して最後の投稿は、大本命・妻である尚役の戸田との劇中でも印象的な観覧車の夜景をバックにした写真。Vサインをしてムロと腕を組む戸田とその横でおどけたような表情を見せるムロに「ムロずるい」「ほんとの夫婦みたい」「夫婦揃って可愛いですね」など、役柄同様のお似合いぶりへの反響が多く見られた。  一方、ムロも自身のインスタグラムを23日更新。「昨日はいい夫婦の日、今日は大恋愛の日」とのコメントと共に、戸田と2人で結婚指輪を見せる写真をアップ。「この夫婦、本当に神です……」「なんか本当の夫婦みたいでいいですね」「いっそ最終回のあとリアルに結婚しちゃって 絶対お似合い」など、ファンからの声が寄せられた。 引用:https://www.instagram.com/dairenai_tbs/    https://twitter.com/dairenai_tbs    https://www.instagram.com/murotsuyoshi0123/

  • 『ニコルノホン』発売記念イベントに登場した藤田ニコル

    藤田ニコル、成長実感 3年前は「キュウリとピカチュウ!みたいなこと言ってた」

    エンタメ

     タレントの藤田ニコルが23日都内で、『ニコルノホン』(講談社)発売記念イベント前の囲み取材に出席。詰めかけた報道陣を前に落ち着いた様子を見せ、3年前に出したスタイルブック『にこるんです。』では「『キュウリとピカチュウ!』みたいな感じのことを言ってた。何を言っているのか、自分でも分からない」と笑いながら語った。@@cutter 同作はニコルにとって3年ぶりのスタイルブック。鍛えた美ボディと美尻ショットなどを披露する他、自身のメイクやコーディネートを多数紹介している。  本作についてニコルは「3年前は高校生だった。二十歳になって、この3年間あった出来事とか仕事の思いとか、私の丸々3年間が詰まっている」とアピールした。  お気に入りは、109をバックに撮ったカット。「私は、全部の始まりが渋谷。109のシリンダー(編注:109の円筒部分)が自分だったらいいなと思って合成してもらった」と笑った。  作中で重視したのは「リアルさ」だというニコル。「常にリアルさを発信しているのが好き。今の自分を大事した。もし3年後に今の本を見たら『何言ってるんだ(笑)』となると思う。前出した本を今見たらすっごい恥ずかしい」と話し、本作と前作を比較したと告白。  笑いながら「(前作は)『キュウリとピカチュウ!』みたいな感じのことを言ってた。何を言っているのか、自分でも分からない。前も渋谷で撮ったんですけど、アヒルの格好していた。(今作は)服を着ていて良かった。成長した」と話した。  夏に実施したという本作のインタビューでは、“今まで一番好きだった彼”について告白。発売日の11月22日までに彼氏ができるとも述べていたが「残念な形になった」とガックリ。「嘘でも『いる』って言ってみようかな。『いる』って言ってたら本当になるかもしれない」と言い、空想の彼氏「ケイジ」に思いを馳せていた。  今年も残り1ヵ月余り。2018年は「最高に最高に、順調な年だった。今年は挫折がなかった。今まで生きてきた中で一番いい年だった」とニコリ。「ブランドを立ち上げて、お店が109にできた。仕事は幸せ過ぎる。何も辛いことはない」と言い、店の評判について聞かれると「福袋は秒で無くなったらしい」と明かした。  また、今後叶えたいことは「21歳になって余裕を持てたら、ラジオをやりたい。自分の言葉でいろいろ伝えるお仕事をしたい。ゆる~いやつ」と言い、白い歯をこぼした。  藤田ニコルスタイルブック『ニコルノホン』は、講談社より発売中。

  • 「JUNON」1月号(主婦と生活社)に登場した香取慎吾

    香取慎吾、三谷幸喜との秘話明かす 「JUNON」1月号巻頭はジェジュン

    エンタメ

     香取慎吾、ジェジュンらが22日発売の「JUNON」1月号(主婦と生活社)に登場。香取は12月から出演する舞台『日本の歴史』で作・演出を手掛ける三谷幸喜とのエピソードを、巻頭に登場するジェジュンは家族や仕事関係者、一般人の友達、ファンなど自身を取り巻く人々への思いを語っている。@@cutter 12月4日から上演されるミュージカル『日本の歴史』で、義経を演じる香取。「(作・演出の三谷は)何度か、“大河ドラマの歴史とは”っていう、2人きりの勉強会をしてくれました」と振り返った後「僕にノートとペンを買って渡して、三谷さんがホワイトボードに『こういう人が主人公をやってきて、これだけの視聴率があって…』って」と勉強会の具体的な内容を明かす。  「ジェジュンが大好きだ!」と題した巻頭に登場するジェジュンは、ジェジュンが愛する人とジェジュンを愛する人でつながる“愛の相関関係”を紐解く、というテーマでトークを展開。その中でファンについては「『ジェジュンなら何をしても好きだよ』って無条件で僕を愛してくれる存在ですね」とコメント。続けて「でも、その分、僕の周りとか仕事に対して一番冷静に見ているかもしれない。『こうしたらいい』とか『こうしたら成長できる』という話をしてくださるんですが、そういう意見を僕も参考にしています」と自身のキャリアの形成において頼りにしていることも明かした。  また、クリスマス特集では、「イチャ・わちゃ・クリパが欲しいだけ!」をテーマに、M!LK、MAG!C☆PRINCE、SUPER★DRAGONなどの人気グループが登場してクリスマスパーティを開催。M!LKのメンバーは、サンタクロースに向けて書いた手紙も公開している。  ほかに、裏表紙では、アイドル育成アプリゲーム『アイドリッシュセブン』内のアイドルグループ「Re:vale」が掲載されているほか、片寄涼太、吉野北人、竹内涼真、小関裕太、北村匠海、杉野遥亮、超特急、Da‐iCEらのグラビアが誌面を飾っている。 「JUNON」1月号は、主婦と生活社より11月22日発売。

  • 「WHITE KITTE」ライトアップセレモニーに登場した上戸彩

    上戸彩、印象的なXmasプレゼントは「ルーズソックス」

    エンタメ

     女優の上戸彩が、21日に都内で開催された「WHITE KITTE」ライトアップセレモニーに特別ゲストとして登場。屋内日本最大級の高さ約14.5mのホワイトツリーに点灯した上戸は「ちょっと浸っちゃいました」と語ったほか、自身が受け取った思い出深いクリスマスプレゼントを聞かれると「中学の頃にもらった『SMITH(スミス)』のルーズソックス」と振り返った。@@cutter 「WHITE KITTE」は、2013年の初開催以降、館内にいながら白銀の世界を体感できるとして毎年好評を博しているクリスマスイベント。レースがあしらわれた深紅のドレスで登場した上戸は、群馬県・嬬恋村産の本物のモミの木が使用されているツリーを見上げると「すごいですね。こんなに高いんですね」と感心しきり。  今年のクリスマスの予定を聞かれると「お仕事が入るのか…なかったら、普通に家族と過ごしたいです」と回答。「ツリー飾んなきゃなんですけどね~。ちょっとドラマが忙しくて、ツリーをまだ飾れていない」と明かし、家にあるのはどんなツリーなのか聞かれると「うーん、偽物(笑)。ふふ。本物のモミの木が欲しいです。本当に。群馬に行ってね、ちょっとサイズの小さいのとか、余ってないかなあ(笑)。やっぱり、本物はいいですよね」と白い歯を見せた。  その後、自身のクリスマスプレゼントの思い出に話が及ぶと「中学の頃にもらった『E.G.SMITH イージースミス』のルーズソックス」と回想。「それまで三足1000円とかの、ちょっと短めのルーズソックスしか持っていなくて」と振り返りつつ「そのときに初めて『(EG)SMITH』の、ロングのルーズソックスを買ってもらったのをすごく覚えていて。穴が開いては自分で縫っていました」と、大切に履いていたことを明かした。  クリスマスイベント「WHITE KITTE」は、11月21日~12月25日まで東京・丸の内の「KITTE」にて開催。

  • 「GQ MEN OF THE YEAR 2018」授賞式・記者発表会にて

    浅田真央、DA PUMPと『U.S.A.』ダンス「本物の方と一緒に踊れるなんて」

    エンタメ

     今年、圧倒的な活躍を見せた男たちを称える「GQ MEN OF THE YEAR 2018」授賞式・記者会見が21日、都内にて行われ、俳優の竹内涼真、田中圭、DA PUMP、千鳥ら“今年の顔”が登壇した。そんな中「GQ WOMEN OF THE YEAR」として、唯一女性で登壇したのがプロスケーターの浅田真央。ステージでは、今ハマっているという「『U.S.A.』ダンスのコツを教えて」とDA PUMPにリクエストし、ISSAのレクチャーで一緒にダンス。「すごかったです! 本物の方と一緒に踊れるなんて」と感激の表情を見せた。@@cutter 浅田の『U.S.A.』ダンスを見たISSAは「バランスもいいし、ダンスも上手」と絶賛。千鳥のほか、参加する予定ではなかった田中や竹内も嬉しそうにU.S.A.ダンスを踊っていた。  「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー賞」に選ばれた田中は「『おっさんずラブ』という作品がたくさんの方々をブレイクスルーさせたので、これからこの賞に恥じないような俳優になっていきたいと思います」と意気込みを語った。  また「アクター・オブ・ザ・イヤー賞」に選ばれた竹内は、来年やってみたいこととして「僕には親戚がたくさんいるんですけど、お仕事をたくさんさせてもらっていることもあり、『最近あまり来ない』とクレームが入っています。だから大家族を旅行に連れていきたいです」と爽やかに語った。  そんなイケメン2人に「コメディアン・オブ・ザ・イヤー賞の千鳥が「かっこ良くない意外な一面を教えて」とリクエスト。竹内が涼しい表情で「見つからないですね」と言うや否や、千鳥ノブが「やかましい! すごい自信やな」とツッコミ。笑いながら竹内が「物をよくなくすし、寝ながらよだれも垂れ流すし…」と意外な面を語ると、田中は「ものを勘違いして覚えてること。『必殺』シリーズの“中村主水(もんど)”を“ボンド”と覚えていました」と話し、場内の笑いを誘った。  なお授賞式には美輪明宏、リリー・フランキー、辻一弘も登壇した。また当日は欠席だったが、映画監督の是枝裕和、プロ車いすテニスプレーヤーの国枝慎吾も同賞に選ばれた。

  • すみれ

    すみれ、スラリとした美脚でジジ・ハディッドとご対面

    エンタメ

     女優のすみれが16日、自身のインスタグラムに写真を投稿し、自身の美脚やスーパーモデルのジジ・ハディッドとの2ショット写真を投稿。ファンからは「美しい」「ジジとツーショット!!!すごい」などのコメントが殺到した。@@cutter すみれが投稿したのは、グローバルフィットネスブランド「Reebok(リーボック)」のイベントに参加した際の写真。すみれは新しいスニーカーを買ったことを報告し、ジジに会えた喜びも綴った。写真には新しいスニーカーを履いてポーズをとる姿や、同ブランドのトークイベントのために来日したジジとの2ショットなどが収められている。  投稿された写真に対して、ファンは「美しい」「ジジとツーショット!!!すごい」などのコメントが殺到。さらに「スタイル良すぎ」「美人で格好良いね!」などの声も投稿されていた。 引用:https://www.instagram.com/sumire808/

  • 『井本彩花2019年カレンダー』先行カット

    「国民的美少女」井本彩花、清楚な魅力満点の初カレンダー発売

    エンタメ

     2017年の「第15回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞した女優の井本彩花が、自身初となるカレンダーを12月8日に発売することが分かった。井本は「初めてのカレンダー撮影で緊張しましたが、月毎にいろいろな表情を見せれるように努力しました。すごく楽しかったです」と笑顔で明かしている。@@cutter 8月に東京都内で撮影した本作。えんじ色のベレー帽をかぶり、本に囲まれた知的で大人っぽい姿のほか、アップヘアでくつろぐ部屋着ショット、セーラー服ショットなど、中学生最後の井本のかわいらしい姿が満載だ。  井本は「私の一番のお気に入りは9月・10月のベレー帽をかぶったカットです! 初のカレンダーですので100点満点です!!」と出来栄えに自信を見せ、「自分のカレンダーが家に飾られるのはとても嬉しいですが、どんな感じなんでしょうね?私が部屋にいるって…。それが一番気になります。カレンダーを飾ってほしい場所はサイズ的にドアのところです!」と笑って話した。  現在放送中のドラマ『あなたには渡さない』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)で、木村佳乃演じる上島通子の娘・上島優美役に扮している井本。昨年ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)で女優デビューを果たしてからの1年を「早い! 本当にあっという間でした。毎日が充実していて学ぶことが多かった」と振り返り、「来年は4月から高校生になるので、もっと成長できるように頑張ります」と抱負を語っている。  『井本彩花2019年カレンダー』は、ハゴロモより12月8日発売。価格は2600円(税別)。

  • 石橋杏奈写真集『THE scene』より

    石橋杏奈、8パターンの水着姿を披露する最新写真集より表紙カット公開

    エンタメ

     女優の石橋杏奈の最新写真集『THE scene』(光文社)より、表紙カットが公開。石橋は沖縄でロケが行われた本作について「今年は猛暑で沖縄もとにかく暑くて撮影が終わると燃え尽きた感じがありました(笑)」と語っている。@@cutter 本作は、10月にスタートしたドラマ『ドロ刑 ‐警視庁捜査三課‐』(日本テレビ系/毎週土曜22時)にも出演中の石橋による5冊目の写真集。撮影は今年の夏に沖縄で行われ、好天のもと、8パターンの水着に加えて、さまざまな衣装にも挑戦。26歳の“今”を切り取った「過去最高傑作」の写真集となっている。  撮影を担当した写真家の中村和孝について石橋は「中村さんとは初めてご一緒させて頂いたのですが、ペースがとても早いのでその分たくさん撮って頂いて、ボリュームある作品になっていると思います」とコメント。「少しでも多くの方々に見て頂きたいです」とメッセージを寄せている。なお、11月30日には、東京・福家書店新宿サブナード店でお渡し会イベントも開催される。  石橋杏奈最新写真集『THE scene』は、光文社より11月27日発売。価格は3240円(税込)。

  • 『下町ロケット』で共演する土屋太鳳と竹内涼真

    土屋太鳳&竹内涼真『青空エール』コンビ、作業服姿での再会にファン歓喜

    エンタメ

     日曜劇場『下町ロケット』(TBS系/毎週日曜21時)の公式インスタグラムが、17日新たな投稿をアップ。番組に出演する女優の土屋太鳳と俳優の竹内涼真のツーショット動画を公開した。映画『青空エール』でも共演した2人の並びに、ファンからは「さいこーです!」「可愛すぎかっこよすぎです」と歓喜の声が寄せられた。@@cutter 『下町ロケット』は、18日放送の第6話から「ヤタガラス」編がスタート。その告知とあわせ、劇中で佃製作所の若手技術者・立花洋介役を務める竹内と、佃製作所社長・佃航平(阿部寛)の娘で、帝国重工で新型エンジンの開発に携わる利菜を演じる土屋がついに対面を果たすことが発表された。  投稿された動画は、帝国重工の赤い作業服に身を包んだ土屋と、佃製作所のベージュの作業服姿の竹内が笑顔で並ぶ様子からスタート。すぐに、身長185cmの竹内に並ぼうとしたのか、公称155cmの土屋が思いっきりジャンプをするキュートな様子が収められている。  この投稿にファンからは、即座に「青空エールですね」と2人が共演した2016年公開の映画『青空エール』を挙げるコメントが届いたほか、映画に関連したトランペットと野球のボールの絵文字でコンビ復活を喜ぶ声も寄せられた。ほかにも、「ついについに!!!」「楽しみです」「りなちゃん&立花くんが一緒のシーンにいるんだ」「可愛すぎかっこよすぎです」などの反応が寄せられた。 引用:https://www.instagram.com/rocket_tbs/

  • 山本美月写真集『Mizuki』アザーカット

    山本美月、1st写真集からすっぴん&色気あふれるアザーカット一挙公開

    エンタメ

     女優の山本美月のファースト写真集『Mizuki』(宝島社)より、すっぴん姿や色気あふれる姿を捉えたアザーカットが一挙公開された。@@cutter 山本は、2009年から雑誌「CanCam」の専属モデルとして活動し、2011年にテレビドラマ『幸せになろうよ』で女優デビュー。翌2012年には映画『桐島、部活やめるってよ』でスクリーンデビューを果たし、以降、テレビドラマ『64(ロクヨン)』『モンテ・クリスト伯 ‐華麗なる復讐‐』、映画『貞子vs伽椰子』『ピーチガール』『去年の冬、きみと別れ』と出演作が相次いでいる。2019年には、大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』や映画『ザ・ファブル』などの公開が控えている。  本書は、トルコで今年の秋に撮影。カラフルなイスタンブールの旧市街や世界遺産のブルーモスク、カッパドキアの美しい景色の中で、すっぴんも初公開する。無邪気な子どものような姿から、27歳の大人の女性を感じさせるショットまで、現在の山本の幅広い魅力を収録。撮影された約1万4000枚の写真の中から、スタッフが悩みながら厳選した全144ページのファン待望の1冊となっている。  今回公開された、写真集には掲載されないアザーカットは、ベッドに寝転ぶ姿、濡れた髪で浴槽の縁に顔を寄せる姿、腰掛けてセクシーに髪をかき上げる姿、タンクトップ姿で髪をまとめる横顔、上にセーターだけを着て脚線美を披露する姿、へそ出しファッションでアイスクリームをほおばる姿、キャンディーを口に入れて笑顔を見せる姿、ソファーに座り笑顔を見せる姿。無邪気な笑顔からセクシーな表情まで、山本のバラエティーに富んだ姿を見ることができるものとなっている。  山本美月ファースト写真集『Mizuki』は、宝島社より12月15日発売。価格は2200円(税別)。

  • 連続テレビ小説『まんぷく』で主演を務める安藤サクラ

    安藤サクラ、ちょんまげ頭で「トゥラッタッタ」ダンス披露

    エンタメ

     女優の安藤サクラが17日、自身のインスタグラムを更新し、現在放送中のNHK連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)のオープニング映像に併せてダンスを披露している写真を投稿。ファンからは「可愛いすぎます」「娘も毎朝踊ってます」など、ドラマの人気ぶりが伝わるコメントが寄せられた。@@cutter 「いい運動になりますな」というコメントと共に安藤が投稿した画像は、自身が主演を務める『まんぷく』のオープニング映像に合わせて、体を動かしている姿を捉えた6枚の写真。『まんぷく』オープニングのタイトルバックではDREAMS COME TRUEの楽曲『あなたとトゥラッタッタ♪』にのって、安藤演じるヒロインの福子が、ユーモラスなダンスを披露するのがお決まりになっている。  この写真に、ファンからは「毎朝の楽しみです」「さくらちゃん可愛いすぎます」などのコメントが殺到。さらに「娘も毎朝踊ってます」「2歳の娘もオープニングが始まると福ちゃんの真似するんですよ!」「9ヶ月の娘がこのオープニングが流れるとテレビに釘付けになって、嬉しそうに見てます」など、タイトルバック映像が子どもに大人気であることがうかがえるコメントも多く見られた。 引用:https://www.instagram.com/sakuraando/

  • 『山田杏奈ファースト写真集(仮)』先行カット

    山田杏奈、ファースト写真集で初めての水着撮影にトライ

    エンタメ

     女優・山田杏奈のファースト写真集の発売が、彼女の18歳の誕生日である2019年1月8日に発売される。山田は「これまでの作品では見たことのないような表情が多く写っていると思います。母に何枚か見せたら、『よく見ている顔』と言っていましたが、それくらい普段の自分というか、構えていない自分をこの写真集では切り取っていただけたのかなと思います!」と語っている。@@cutter 山田は映画『ミスミソウ』やドラマ『幸色のワンルーム』で主演を務めた注目の若手女優。本作は、今年の夏にタイのバンコク、パタヤ、ラン島でロケが実施された。水上マーケットや夜市、鉄道などタイならではのロケーションで撮影された写真には、山田の特長である“眼力”はもちろん、現役高校生らしい等身大で爽やかな笑顔も収められている。  本作で初めての水着撮影に挑戦し、「現地では大丈夫でしたが、衣装合わせの時がすごく緊張しました」と語る山田は、「普段、海とかプールとか全然行かない人間なので、誰かに見られるのがとても恥ずかしかったです。でも、タイのきれいな海で、“夏!”って感じの開放感を味わえたのはとても新鮮でした!」とコメント。  また、「写真集を出させていただくことが決まった時は本当に私で大丈夫かなと思いましたが(笑)」としつつ、「大好きな信頼するスタッフの方々と作り上げたものがいよいよ世に出るということで、手元を離れてしまうことが寂しいような、でも早く見ていただきたいような、複雑な気持ちです(笑)」とアピールしている。  『山田杏奈ファースト写真集(仮)』は、2019年1月8日発売。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access