名探偵コナン 関連記事

  • 怪盗キッド

    『名探偵コナン 紺青の拳』怪盗キッドVS京極真がシンガポールで激突! 特報公開

    アニメ・コミック

     劇場版「名探偵コナン」シリーズ最新作となる第23弾『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』から特報映像が到着。公開された特報映像では怪盗キッドと京極真の激しい戦いが描かれている。@@cutter 原作コミックスの全世界累計発行部数が2億3000万部を突破した大ヒット作の劇場版第23弾。劇場版史上初となる海外・シンガポールを舞台に、19世紀末に海底に沈んだとされる世界最大の宝石「ブルーサファイア」“紺青の拳”を巡り、コナンと、彼の宿命のライバル・怪盗キッド、さらに劇場版初登場となる400戦無敗の“最強の空手家”京極真が三つ巴のバトルを繰り広げる。  解禁された特報映像は、シンガポールの象徴・マーライオンから真紅に染まった水が噴出される衝撃的な映像からスタート。夕日をバックに傷だらけの怪盗キッドが映し出され「今回ばかりは完全にハメられたぜ…」と意味深に一言。すると満月をバックに、キッドの因縁の相手であり400戦無敗を誇る最強の空手家・京極真がガラスを蹴破って登場。“月下の奇術師”の異名を持つ怪盗キッドと、“蹴撃の貴公子”の異名を持つ京極真の激しいバトルアクションが描かれる。  さらに特報の中には、シンガポールの夜景をバックに、頬を染めあいながらマリーナベイ・サンズのプールで寄り添う新一と蘭の姿も。そして、シンガポールで行動するために怪盗キッドにより強制的に変装させられたコナンは、蘭に対してとっさに「アーサー・ヒライ」と名乗るシーンも収められている。  劇場版『名探偵コナン 紺青の拳』は、2019年4月12日より全国公開。

  • 2週連続1時間スペシャル『名探偵コナン 紅の修学旅行~鮮紅編・恋紅編~』に本人役でゲスト出演する倉木麻衣

    倉木麻衣、初の『名探偵コナン』アフレコに「夢は叶うんだな」

    アニメ・コミック

     歌手の倉木麻衣が、6日都内で行われたアニメ『名探偵コナン 紅の修学旅行~鮮紅編・恋紅編~』(読売テレビ・日本テレビ系/2019年1月5日、12日17時30分)のアフレコ囲み取材に登場。今回、本人役で初めてアフレコに挑戦した倉木は「工藤新一と喋るなんて、夢は叶うんだなと思いました」と感無量の様子を見せた。@@cutter 2週連続1時間スペシャルとして放送される『紅の修学旅行~鮮紅編・恋紅編~』。工藤新一・毛利蘭たちの修学旅行を描いた1時間スペシャルで、倉木は今回主題歌とオープニングテーマの2曲を書き下ろし、かつ劇中にも「倉木麻衣」役として登場する。  今回のオファーに「今回こういった機会をいただいて、『ついにきたーっ!』という思い。とてもうれしかったです」と喜びを語る倉木。初めてのアフレコ体験を終えた感想は、「以前何度か“倉木麻衣役”で出させてはいただいたんですけど、アフレコは今回が初めて。高校生の時に演劇部だったことを思い出しながら、演じさせていただきました。ずっとアニメを楽しんでいたので、セリフとかも自分の感覚にしみついていて。なので『このシチュエーションだったらこうかな』と想像しながら演じました」とコメント。  また、自身としても関わりの深い作品だけに「まず台本をいただいたときに『工藤新一』と書いてあって、『あの工藤新一が私と喋ってる!』と感動しっぱなし。夢ってずっと思い続けると叶うんだな、と思いました。今回はコナン君とはあまりご一緒できなかったんですね。なのでまた倉木麻衣として、今度はコナン君と違ったシチュエーションでアフレコに挑戦したいです!」と、喜びとともにこの先の抱負を語る場面も。  また、アニメ化された自身については「想像以上に倉木麻衣の特徴を掴んでくださって、素敵に書いてくださったのでうれしかったです。宝物ですね。今日はアニメに登場する服装なので、アニメから飛び出てきた形でお話してます(笑)」と、予想以上の出来栄えであることをうれしそうに語った。  『名探偵コナン 紅の修学旅行~鮮紅編・恋紅編~』は、読売テレビ・日本テレビ系にて2019年1月5日、12日17時30分放送。倉木が歌う今作の主題歌「きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない」と、オープニングテーマ「薔薇色の人生」は、2019年3月20日リリース。

  • 特別上映会「怪盗キッドの宝石の夜(Jewel Night)」

    “怪盗キッド”の活躍を厳選! 特別上映会「宝石の夜(Jewel Night)」開催

    アニメ・コミック

     2019年4月に公開される劇場版第23弾『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』に先駆けて来年2月、4夜にわたってテレビアニメ『名探偵コナン』(日本テレビ系/毎週土曜18時)での“怪盗キッド”登場回をセレクトした特別上映会「怪盗キッドの宝石の夜(Jewel Night)」が開催される。池袋HUMAXシネマズでは、怪盗キッドを演じる山口勝平の登壇イベントも行われることも分かった。@@cutter 本イベントでは、変装の達人で、世界中を騒がしている神出鬼没の怪盗“怪盗キッド”がキーパーソンとなるシリーズ最新作『名探偵コナン 紺青の拳』の公開を記念して開催。900回を突破した膨大なテレビ放送エピソードの中から、“怪盗キッド”が活躍するエピソードを集めた特別上映会となる。  イベントは池袋HUMAXシネマズなど全国15都市の劇場で開催。開催日は9日、14日、21日、28日で、4夜とも上映内容は異なり、上映するエピソードは当日までのお楽しみとのことだ。  また9日の初日には、上映前に池袋HUMAXシネマズで工藤新一・怪盗キッドを演じる山口の登壇イベントも決定。イベントに向けて山口は「『名探偵コナン』は長い歴史がありますが、今回のような“怪盗キッド”メインの上映イベントというのは初めて!コナンファンの皆さんに楽しんでもらえるイベントになったら嬉しいです!!」とコメント。  また上映劇場では、会場限定の入場特典ほか、“怪盗キッド”描き下ろしグッズの先行販売も予定されている。さらに、本イベントで上映されるエピソードを予想するツイッターキャンペーンも決定。特設サイトおよびトムス・エンタテインメント公式ツイッターからの応募で、正解者の中から抽選で『名探偵コナン』グッズをはじめとした豪華賞品がプレゼントされる。  特別上映会「怪盗キッドの宝石の夜(Jewel Night)」は、2019年2月9日、14日、21日、28日、池袋HUMAXシネマズほか全国15都市の劇場で開催。

  • 劇場版『名探偵コナン 紺青の拳』ティザービジュアル

    『名探偵コナン 紺青の拳』来年4月公開 “最強の空手家”が劇場版に初登場

    アニメ・コミック

     劇場版「名探偵コナン」シリーズ最新作となる第23弾『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』が来年4月に公開されると決定。原作者・青山剛昌による直筆のティザーポスタービジュアルも解禁となった。@@cutter 原作コミックスの全世界累計発行部数が2億3000万部を突破した本作。4月に公開された劇場版第22弾『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』は、シリーズ最高興行収入91.3億円(11月末時点)を突破している。最新作『名探偵コナン 紺青の拳』では、劇場版史上初となる海外・シンガポールが舞台だ。19世紀末に海底に沈んだとされる世界最大の宝石「ブルーサファイア」“紺青の拳”を巡り、コナンと、その宿命のライバル怪盗キッド、さらに劇場版初登場となる400戦無敗の“最強の空手家”京極真が三つ巴のバトルを繰り広げる。  シンガポール近海に沈んだとされる紺青の拳。現地の富豪が回収を目論み、表舞台にその姿を現したとき、シンガポールの代名詞のホテル「マリーナベイ・サンズ」で殺人事件が発生。現場には、怪盗キッドの血塗られた予告状が。一方、空手トーナメント観戦のため、蘭と園子は同国を訪問。パスポートがないため海外渡航できないコナンは留守番するはずが、怪盗キッドの奇術的な方法で強制的にシンガポールへ連れてこられてしまう。キッドに従わなければ日本に帰ることができないコナンは、眼鏡、腕時計、服などすべて奪われ変装することに。正体に気付いていない蘭に名前を聞かれ、とっさにアーサー・ヒライと名乗る…。   公開された青山による直筆のビジュアルには「マリーナベイ・サンズ」をバックに、不敵な笑みを浮かべる怪盗キッドと見つめあう蘭。新一と恋人関係になったばかりなのに頬を染める彼女に対し、焦るコナンの様子が波乱の恋模様も予感させる1枚となっている。さらに京極と、恋人の園子にも展開が…?  劇場版『名探偵コナン 紺青の拳』は、2019年4月12日より全国公開。

  • 劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』4DXアトラクション執行上映は、10月19日(金)より3週間限定で公開

    劇場版『名探偵コナン』4DX、爆破シーンの衝撃はスリル感満載 安室との一体感も堪能

    アニメ・コミック

     今年4月に封切られるやいなや、6作連続で劇場版シリーズとして興行収入最高記録を達成し、まさに伝説を更新し続けている人気シリーズ「名探偵コナン」。これまで「応援執行上映」は行っていたが、コナンファンからの熱いリクエストに応える形で、最新作『名探偵コナン ゼロの執行人』では3週間限定で4DXアトラクション上映が実現した。果たして、アクション映画ではない、推理アニメ映画としてコナンの世界がどのように「4DXアトラクション版」として“料理”されたのか。@@cutter 「名探偵コナン」の劇場版第22弾『名探偵コナン ゼロの執行人』は、真実を暴く者と正義を貫く者の魂が、真っ向からぶつかり合う極秘任務ミステリー。ある日、東京サミットの開催の地となる「エッジ・オブ・オーシャン」で大規模爆破事件が発生し、そこには全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透の姿があった。安室の行動に違和感を覚えるコナンだが、そんな折、現場に残された指紋から毛利小五郎が容疑者として逮捕されてしまう…。  今回、3週間限定で上映となる劇場版『名探偵コナン』4DXアトラクション。激しいアクション映画とは異なる推理アニメ映画での体験した4DX上映では、事件のスリル感、登場人物との一体感を味わうことができる。  本作の前半では、今作のカギとなる「エッジ・オブ・オーシャン」の大規模爆破事件が発生する。スクリーンに映る爆発映像と共に発せられる激しい音、思わず座席の肘掛けを握ってしまうほどの振動、スモークなどで、さながら事件現場に居合わせた形となり、事件の規模の大きさを身をもって体感できるシーンの1つだ。 @@insert1  中盤、事件解決に向け推理が進む中の緊張感が走るシーンでは、座席が一段上がったり、下がったり、斜めになったりという動きを見せ、当事者の視点に合わせるような見方となる。また、コナンがターボエンジン付きスケボーに乗るシーンでは、コナンが受ける振動も座席を通じて体感。アクション映画とはまた一味違う動きで、推理のスリルを味わえるところは、『名探偵コナン』ならではの楽しみ方かもしれない。  また、4DXアトラクション版の公開に向けての予告編では、安室のカーチェイスシーンや車が飛ぶシーンと共に「安室と揺れろ!濡れろ!飛べ!」との文字が並ぶ。原作者の青山剛昌先生は「4Dで安室の車の助手席に!?…遠慮します(笑)」というコメントを寄せている通り、4DXでまさに一番の揺れどころ、濡れどころ、飛びどころ(?)は、安室とのシーンであり共に体感することができる。 @@insert2  中でも、助手席から安室を眺めるような視点で観ることができ、衝撃も一緒に味わうことができる“特等席”は、安室との一体感も同時に堪能できる。多方面による楽しみ方ができることこそ、『名探偵コナン ゼロの執行人』4DXの魅力かもしれない。(取材・文:赤山恭子)  劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』は、全国公開中。4DXアトラクション執行上映は、10月19日(金)より3週間限定で公開。

  • 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』× 『名探偵コナン ゼロの執行人』コラボポスター

    アムロ×安室がついに共演『ガンダム』&『コナン』コラボポスター完成

    アニメ・コミック

     映画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』と『名探偵コナン ゼロの執行人』両作品の大ヒットを記念して制作された“大ヒット御礼!コラボポスター”が公開。アムロ・レイと安室透、古谷徹が演じる両キャラのコラボがついに実現した。@@cutter 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』は、ファーストガンダムの本編では詳細に語られていなかった、“一年戦争”開戦時の苛烈な戦い、巻き込まれた人々の葛藤、そして残酷な戦渦とその傷跡といった、一年戦争の始まりが描かれる作品。最新作「誕生 赤い彗星」は上映2日間の興行収入が9476万4100円を記録。35館の上映劇場数ながら、観客動員も同日初日作品第2位にランクインするなど、大ヒットを記録している。  今回のコラボは、『名探偵コナン』原作者の青山剛昌がガンダム・ファンであること、両作品に古谷が関わっていることから、それぞれの作品の制作会社がキャラクターを描き下ろすことで『機動戦士ガンダム』がつないだ絆として、エール交換をすることが実現。ポスターには、アムロと安室を始め、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』の主人公シャア・アズナブルや『名探偵コナン ゼロの執行人』の主人公江戸川コナンが描かれ、伝説のキャラクターたちが一枚に収まる貴重なポスターとなっている。  青山は「まさかコナンがシャアとアムロと同じ画面に入る日が来るなんて!(笑)大感動です!!」と歓喜のコメント。『THE ORIGIN』総監督&キャラクターデザインの安彦良和は「コナンとコラボ!? いいなぁー、あやかりたいなぁ! 大ヒット!! 興収○○億!!!」とメッセージを寄せている。また、両作品でメインキャラクターを演じる古谷は「素晴らしいコラボイラストが公開されて、こんなに嬉しいことはない!」とガンダムファンには嬉しいコメントを届けている。  『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』と『名探偵コナン ゼロの執行人』は、それぞれ現在公開中。

  • 『名探偵コナン ゼロの執行人』公開記念舞台挨拶に登壇した博多大吉、江戸川コナン、上戸彩

    博多大吉、福山雅治の歌催促を拒否! 音痴仲間コナンにつっかかる

    アニメ・コミック

     お笑い芸人の博多大吉が14日都内で、映画『名探偵コナン ゼロの執行人』の公開記念舞台挨拶に女優の上戸彩と共に登壇。本作の主題歌『零‐ZERO‐』を担当する福山雅治から、ビデオメッセージで同曲の歌唱を催促されるも「あんなバトン受け止めるわけないじゃないですか」と笑いながら拒否し、同じ音痴のコナンにつっかかった。@@cutter 同作は、劇場版『名探偵コナン』シリーズの第22作目。東京サミットの開催地となる新施設「エッジ・オブ・オーシャン」で、大規模な爆破事件が発生。事件をめぐって、コナンが警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透らとぶつかる様を描く。  今回のイベントには上戸や大吉のほか、高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、古谷徹が出席した。  弁護士・橘境子を演じた上戸は、本シリーズの出演が約12年ぶり。「私もコナンを見て育ってきた年代」と挨拶し、「こうして同じステージに、豪華な皆さんと立てることを嬉しく思います」と笑顔を見せた。  司法修習生・羽場二三一役の大吉は、本作における声優としての巷の評判を聞いた時を回想。「『予想通り“下手くそだった”というのと“そこまで下手じゃなかった”の2つに分かれてます!』と言われた。よく考えたら下手だということじゃないか」と自虐的に話した。  会場では、本作のカギを握る安室、羽場、毛利を演じた各キャストが、劇中のセリフをもとに、上戸に公開告白を決行。安室になりきって告白をカッコよく決め、上戸から1番に選ばれた古谷は「後でスマホの番号教えてください」とお辞儀。コナン役の高山から「コラコラコラ~! 先輩コラ~!」と叱られていた。  イベント終盤には、主題歌を担当する福山のビデオメッセージを展開。福山は、3月20日に実施された本作の公開アフレコイベントで、音痴ながら同主題歌を披露した大吉に「今日も歌声が聞けるんでしょうか? 『福山の歌を歌った』と記事になった時から大分時間も経っている。相当練習も積まれて、舞台挨拶に臨まれていると思う。期待しています」とムチャぶりした。  大吉は「あんなバトン受け止めるわけないじゃないですか」と笑いながら歌唱を拒否。作中で音痴と知られるコナンに「コナン君も人のこと言えないからね」とつっかかった。するとコナンは「僕は歌を歌えませんって皆知ってる。だからそういう(福山のような)ムチャぶりは誰もしてこない」と断言して会場の笑いを誘った。  映画『名探偵コナン ゼロの執行人』は、全国公開中。

  • 『名探偵コナン ゼロの執行人』完成披露舞台挨拶に登壇した上戸彩

    上戸彩、博多大吉の秘密を暴露「歯がずっと抜けてた」 青山剛昌も登場

    アニメ・コミック

     上戸彩、博多大吉、高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、古谷徹、青山剛昌、そして江戸川コナンが、3日に都内で開催された映画『名探偵コナン ゼロの執行人』の完成披露舞台挨拶に出席。 かつてアニメ放送10周年の応援スペシャルサポーターとして本人役を務めた経験がある上戸は、取材時の大吉について「インプラントの治療をされていて、歯がずっと抜けてた」と暴露した。@@cutter 劇場版22本目となる本作は、東京サミットの会場を狙った大規模爆破事件を発端に、コナンと公安警察が真っ向から衝突する姿を描く。12年ぶりの『コナン』シリーズ声優として、弁護士の橘境子を演じる上戸は、「このお話を頂いたときに、ある一人の男の子に自慢したくて。友達の子供なんですけど、その子供が今日見に来てくれているので、今日という日に来てもらえたこと、見てもらえること、すごくうれしく思います」と誇らしげ。  一方、司法修習生・羽場二三一に扮する大吉は、主題歌を担当している福山雅治に触れ「皆様の『ここにいるのが大吉じゃなくて、福山さんだったら完璧だったのに』という、そういった声が聞こえ、熱く届いております」と自嘲。そして自身が4月からの新MCを務める『あさイチ』(NHK)にも言及し、「一回目のオープニングでも言いましたけども、僕もくれぐれも悪気があってここにいるわけではございません」と続けて上戸を笑わせた。  上戸は大吉との取材について「インプラントの治療をされていて、歯がずっと抜けてたんです。奥歯が」と暴露。続けて「それでも大きな口を開けて、『コナン見てね!』ってやってる大吉さんが、すごく隣で見ていて清々しいなって」と称賛した。これを受けた大吉は「上戸さんが言わなかったら、僕は一生お墓まで持っていこうと…」と明かし、「今回の映画、僕、奥歯2本無いです」と告白して会場を沸かせた。当日は、原作の連載を再開することが発表された青山剛昌もサプライズで登場し、ファンに向かって「見ての通り、元気です」と呼びかけていた。  映画『名探偵コナン ゼロの執行人』は4月13日より公開。

  • 上戸彩、博多大吉、劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』公開アフレコに登場

    上戸彩、博多大吉のコナン主題歌“生”披露に爆笑

    アニメ・コミック

     女優の上戸彩が20日、都内にて行われた、ゲスト声優を務めるアニメ映画『名探偵コナン ゼロの執行人』の公開アフレコイベントに、同じく声優として出演する博多大吉とともに登場した。この日は、4月からNHK『あさイチ』の司会が決まっている大吉が「少しでも司会の勉強ができれば」と自ら希望したMCを務め、上戸と軽妙なトークを繰り広げた。@@cutter 劇場版22作目となる本作は、東京サミット開催の地を狙った大規模爆破事件を巡り、コナン(CV:高山みなみ)と公安警察が真っ向から衝突する物語。現場の証拠物に毛利小五郎(CV:小山力也)の指紋が残されていたという“陰謀”の陰には、警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属し、私立探偵、黒ずくめの組織の一員、公安警察の“トリプルフェイス”を使いこなす安室透(CV:古谷徹)の存在があった…。  毛利を担当する弁護士・橘境子の声を演じる上戸は、12年前にもテレビアニメで『コナン』に本人役で出演した経験があるが、二度目の登場ということで「嬉しかったです。同じ作品に携われることは奇跡」と喜びを表した。その後出演シーンのアフレコを披露。長ゼリフや専門用語も多いセリフの台本だったが見事に演じ切った。  上戸は、「アフレコのお仕事は何度かやらせていただきましたが、『恥ずかしがっちゃダメ』と心掛けました。恥ずかしがると、喉が開いて来た頃に声が枯れてしまうという失敗をしてきたので、テストから全力投球で臨みました。あっという間で、終わった頃には声がつぶれていました」と振り返った。  また羽場ニ三一役を演じる大吉も、上戸やスタッフに促されアフレコを披露。さらに、この作品のキーワード・トリプルフェイスにちなんで、大吉が、MC、声優に続くこの日三番目の顔としてなんと歌手に挑戦。本作の主題歌で福山雅治が歌う『零 ‐ZERO‐』を歌うことに。「日本で一番歌が下手な芸人」と自虐する大吉は、期待通り(?)、音を外しつつも熱唱。上戸を爆笑させていた。  最後に上戸は「今回の映画はこれまでの『コナン』でスケールが“過去イチ”!特に後半はスピード感があって、観てスッキリする終わり方になっています」とアピールした。  映画『名探偵コナン ゼロの執行人』は、2018年4月13日より全国公開。

  • コナン×福山雅治、初タッグ実現 主題歌オファーを受け「身の引き締まる思い」

    コナン×福山雅治、初タッグ実現 主題歌オファーを受け「身の引き締まる思い」

    アニメ・コミック

     福山雅治が、劇場版第22弾『名探偵コナン ゼロの執行人』の主題歌を担当することが決定。福山は主題歌オファーを受け「身の引き締まる思い」と、コナンとの初タッグに向けたコメントを寄せている。@@cutter 1994年より「週刊少年サンデー」(小学館)にて連載をスタートした『名探偵コナン』は、原作コミックス発行部数が全世界累計2億冊を突破(2017年4月時点)。劇場版21作目『名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)』がシリーズ最高興収68.9億円という2017年邦画No.1を記録し、5作品連続で興行収入最高記録を更新するという驚異の成績を樹立した不動の人気作。  4月13日から公開される劇場版22作目は『名探偵コナン ゼロの執行人』は、東京サミットの会場を狙った大規模爆破事件を発端に、探偵であるコナンと公安警察が真っ向衝突するストーリー。20作目『純黒の悪夢(ナイトメア)』に続き、私立探偵・黒ずくめの組織・公安警察のトリプルフェイスを使いこなす謎の男・安室透がメインキャラクターとして登場することが発表され話題を呼んでいる。  そしてこのたび、本作の主題歌を福山が担当することに決定。『名探偵コナン』と福山は今回が初タッグとなり、福山自身が脚本を読み込み、今作の世界観を追求して楽曲を書き下ろした。タイトルは『零 ‐ZERO‐』に決定。「真実を追求するものと己の正義を貫く者、それぞれの信念が激突する今作を主題歌で表現できればと思っています」と語るなど、“コナンと安室のバトル”という今作のテーマに寄り添い、映画の世界観が色濃く反映された楽曲となっている。  楽曲を書き下ろした福山は「身の引き締まる思いです。それぞれのキャラクターが持つ深い背景、世界が直面しているリアルタイムの危機、謎解きの伏線と回収、その秀逸さにいつも感動しております。真実を追求する者と己の正義を貫く者、それぞれの信念が激突する今作を主題歌で表現出来ればと思っています」と、歴史あるコナンの世界に音楽で参加することへの思いを語っている。  劇場版22作目『名探偵コナン ゼロの執行人』は4月13日より全国東宝系にてロードショー。

  • 上戸彩、映画『名探偵コナン』ゲスト声優に決定! 12年ぶりにコナンに帰還

    上戸彩、映画『名探偵コナン』ゲスト声優に決定! 12年ぶりにコナンに帰還

    アニメ・コミック

     上戸彩が、劇場版第22弾『名探偵コナン ゼロの執行人』のゲスト声優として出演することが決定。上戸は、以前レギュラーアニメ10周年のときに“本人役”でアニメ出演したことがあり、同シリーズには12年ぶりの帰還となる。また、上戸のほか博多大吉もゲスト声優として出演する。@@cutter 1994年より「週刊少年サンデー」(小学館)にて連載をスタートした『名探偵コナン』は、コミックス販売部数は累計2億万冊を突破(既刊94巻)。国内のみならず海外でも高い人気を誇る、推理コミックの決定版。劇場版21作目『名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)』では、シリーズ最高興収68.9億円という2017年邦画No.1を記録し、不動の地位を築き上げた大人気映画シリーズとなる。  そして4月13日から公開される劇場版22作目『名探偵コナン ゼロの執行人』では、東京サミットの会場を狙った大規模爆破事件を発端に、探偵であるコナンと公安警察が真っ向衝突するストーリー。20作目『純黒の悪夢(ナイトメア)』に続き、私立探偵・黒ずくめの組織・公安警察のトリプルフェイスを使いこなす謎の男・安室透がメインキャラクターとして登場することが発表されるなど、話題を呼んでいる。  本作で上戸は、容疑者となってしまった毛利小五郎を担当する弁護士・橘境子役を演じる。「蘭ちゃんのお父さん(小五郎)の弁護人を務めさせていただきます。一見頼りなさそうに見えるかもしれませんが、真実はいつも一つです!私にお任せください!」とやる気十分。また、同じくゲスト声優として出演する博多は、司法修習生・羽場二三一役ではあるものの、羽場はある事件ですでに命を落としているという人物。「以前、(別作品で)妖怪役をやらせていただいたことがあったんですけど、やっと人間に出世したと思ったらまさか既に死んでいるとは…。驚きましたが頑張りたいと思います」と、“この世にはいない男性”とはいえ上戸と同じく全力で役に取り組むことを誓った。  劇場版22作目『名探偵コナン ゼロの執行人』は4月13日より全国東宝系にてロードショー。

  • 『名探偵コナン ゼロの執行人』メインビジュアル

    コナンVS安室透、『名探偵コナン ゼロの執行人』互いの“信念”が正面衝突

    アニメ・コミック

     劇場版『名探偵コナン』の最新作『名探偵コナン ゼロの執行人』のメインビジュアルが解禁となった。公開されたビジュアルには、いつにも増して鋭い表情のコナンと不敵にほほ笑む安室透が大きく描かれており、コナンvs安室という図式がそのデザインからも見て取ることができる。@@cutter 『名探偵コナン』は、原作コミックが発行部数が全世界累計2億冊を突破し、現在も「週刊少年サンデー」(小学館)で連載中の人気漫画。その劇場版シリーズは、5作品連続で興行収入最高記録を更新しており、昨年公開の第21作目『名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのらぶれたー)』は、シリーズ最高となる興収68.9億円という2017年邦画No.1を記録した。    劇場版最新作『ゼロの執行人』は、東京サミットの会場を狙った大規模爆破事件を発端に、探偵であるコナンと公安警察が真っ向衝突するストーリーとなっており、 20作目『純黒の悪夢(ないとめあ)』に続き、私立探偵・黒ずくめの組織・公安警察のトリプルフェイスを使いこなす謎の男・安室透がメインキャラクターとして登場することが発表されるや否や、大きな話題を呼んでいた。    今回、解禁されたビジュアルは、いつにも増して鋭い表情のコナンに対し、不敵にほほ笑む安室。さらに、本作では容疑者となってしまう小五郎、寄り添う英理、不安げな表情を浮かべる蘭と毛利家がそろい踏み。そして黒ずくめの組織との関わりが疑われている警視庁捜査一課の管理官・黒田兵衛、安室の忠実な部下の公安警察官・風見がメインビジュアルに初登場となった。  加えて、宇宙空間から見た地球や不穏に漂う人工衛星が意味深に描かれるなど、劇場版『名探偵コナン』史上、最も壮大な物語を予感させるデザインとなっている。「真実を暴く者vs正義を貫く者 魂がぶつかり合う極秘任務(シークレットミッション)ミステリー」と綴られたコピーのとおり、それぞれの信念が正面衝突する熱いストーリーに注目だ。    『名探偵コナン ゼロの執行人』は4月13日より公開。

  • 22作目の劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』に公安・安室透も登場

    映画『名探偵コナン』、最新タイトル決定!“謎の男”安室透がメインキャラで登場

    アニメ・コミック

     2018年4月に公開される人気アニメ『名探偵コナン』の劇場版タイトルが『名探偵コナン ゼロの執行人』に決まった。また、劇場版22作目となる本作のティザービジュアルも解禁され、ファンからの人気が高い “謎の男”安室透がメインキャラクターとして登場することも発表された。@@cutter 本作で描かれるのは、東京サミット開催の地「エッジ・オブ・オーシャン」を狙った大規模爆破事件を巡り、コナン(CV:高山みなみ)と公安警察が真っ向から衝突する物語。現場の証拠物に毛利小五郎(CV:小山力也)の指紋が残されていたという“陰謀”の影には、警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透(CV:古谷徹)の影があった……。  本作のキーマンとなる安室透は、あるときは毛利小五郎に弟子入りした私立探偵の「安室透」として、またあるときは黒ずくめの組織のメンバー「バーボン」として登場するも、その正体は公安警察の降谷雫という“トリプルフェイス”を駆使する謎めいた人物。正義の味方であるはずの彼が、果たして敵なのか味方なのか、その行く末もストーリーをさらに盛り上げる。  さらに、解禁された原作者・青山剛昌直筆のティザービジュアルには、黒ずくめの組織のナンバー2「RUM」ではないかとささやかれる警視庁管理官・黒田兵衛(CV:岸野幸正)も登場。アニメ『いぬやしき』の演出などで知られる立川譲が劇場版『名探偵コナン』での初監督を務めることも発表され、どのような物語が描かれるかも注目される。  映画『名探偵コナン ゼロの執行人』は、2018年4月13日より全国公開。

  • 「名探偵コナン 犯人 変身コスチューム」

    『名探偵コナン』、“犯人”変身コスチューム発売!

    アニメ・コミック

     アイアップが、人気アニメ『名探偵コナン』に登場し、「ククク…」と笑うあのブキミ過ぎる黒い犯人になり切れる「変身コスチューム」を発売することが決定した。@@cutter ストーリーの中では、事件の数だけ登場し、老若男女問わず、正体が明らかになるまで黒い何かに身を包んでいる犯人。トリッククリアファイルやカレー、学習帳など、数多くの関連グッズが発売され、人気を博している中、今回は満を持して「変身コスチューム」の商品化が実現した。  インスタグラム映えにもってこいのこのコスチューム。使い方はアナタ次第だが、何をしても怪しい人に見えてしまうかも?逆に、こんな姿で「お花の水遣り」「部屋掃除」など、とびっきり善い行いをするのもギャップがあって面白いかもしれない。    「名探偵コナン 犯人 変身コスチューム」は、オンラインショップ「ラナタウン」にて予約受付中。価格は4000円(税抜)。2017年9月上旬より順次発送予定。

  • 『名探偵コナン から紅の恋歌』倉木麻衣インタビュー

    倉木麻衣、コナンと歩んだ17年 葛藤&ボランティア活動で得た、歌手としての決意

    アニメ・コミック

     国民的アニメの劇場版第21弾『名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)』の主題歌を、倉木麻衣が担当する。倉木とコナンとのコラボは、TVアニメのエンディング曲「Secret of my heart」に始まり、通算21曲目。倉木は「コナンは家族のような大切な存在」としみじみ。歌うことに悩み、歩みを止めたこと。そこから見えた光など、コナンと歩んだ17年について胸の内を明かしてもらった。@@cutter 江戸川コナンと服部平次という東西の名探偵が難事件に挑む姿を描く本作。21曲目というのはコナン史上最多のコラボとなるが、倉木は「とっても光栄」と感無量の面持ち。「単行本が出た頃から、コナンが大好きで。歌手になってコラボをさせていただいた時も大感激。そこからずっと一緒にコナンと音楽を作って、一緒に育ってきた家族のよう」と並々ならぬコナン愛をあふれさせる。  「渡月橋 ~君 想ふ~」には、「会いたいけれど会えない、それでも相手を想うという切ない恋模様を詞に込めました」と登場人物たちの恋する想いを詰め込んだ。「京都が主な舞台とあって、和楽器も取り入れています。コナンとご一緒することで、私もいつも新しいジャンルにトライすることができます」とコナンは、新たな世界へのきっかけをくれる存在でもある。  「Secret of my heart」がエンディング曲に抜擢となったのは、倉木が17歳の時。当時は「学生とお仕事を両立していたので、楽曲を作ってライブをしてと、いっぱいいっぱいでした」と必死だった。「卒業して音楽と向き合う時間が増えていく中で、新しい自分を発見してきました。中国にツアーに行くと、“コナンくんのお姉さん”と呼ばれたりするんです。コナンを通じて、たくさんの人と繋がれています」。@@separator コナンの存在も励みに世界で活躍する彼女だが、歩みを止めた時期もあったと告白する。「5年ほど前ですが、歌い方に悩んでしまった時期があって。考えすぎてしまったんです。色々な楽曲にチャレンジしたいと思いながら、それをどう表現していいのかわからなくなってしまいました。ライブで全力を出した後は、燃え尽き症候群のようになってしまって。同じ環境にいる中で、自分を見失ってしまった時期です」。  葛藤が渦巻く中、「歌うことを少しやめて、環境を変えよう」と決心。自分の足元を見つめ直した。「イギリスに短期留学をしたり、1年ほど外を見て気持ちを変えていく経験をして、やっぱり自分は音楽に支えられているんだと思うことができました。ファンの皆さんが一緒にいてくれることも感じて、皆さんも色々な思いを持ちながら頑張っているんだと改めて思った。音楽を通して、気持ちを取り戻すことができたんです」。  悩んだ時も「コナンの諦めない気持ちに勇気をもらう」とコナンが力になった。そして2006年に出会った「MOTTAINAI運動」で知られる環境保護活動家ワンガリ・マータイの言葉も、彼女の音楽への思いを支え続けるもの。「マータイさんと対談をさせていただく機会があって、“あなたは歌を通して大事なことを発信してください”と言っていただいて。小さな頃からボランティア活動には興味があったのですが、マータイさんの言葉もあり、微力ながらも自分にできることがあると思いました。音楽の楽しさを伝えるためにカスタネットを贈ったり、昨年はカンボジアに寺子屋を建てたんですよ。子供たちの“ありがとう”という笑顔を見て、本当によかったと思いました」。  今は「人生は一度きり。苦しいこと、葛藤することがあっても、最後はスマイルになれたらいいなと。そんな歌を届けていきたい」との思いで邁進している。インタビュー中も「コナンが困難」「倉木麻衣がてんてこまい」などダジャレトークが炸裂。「ステージに上がる時にマイクを忘れちゃうくらい天然なんですよ」とキュートな素顔を見せる彼女の周囲は、温かなスマイルに満ちていた。(取材・文・写真:成田おり枝)  『名探偵コナン から紅の恋歌』は4月15日より公開。

  • 『名探偵コナン』、コナン&平次“恋愛”ボーイズトーク公開! 胸キュンな仕掛けも

    『名探偵コナン』、コナン&平次“恋愛”ボーイズトーク公開! 胸キュンな仕掛けも

    アニメ・コミック

     『名探偵コナン から紅の恋歌』のスペシャルムービーが公開された。今回公開された映像は、現在公式サイト内で展開されている“コナンがあなたの大切な恋を応援する”プロジェクト、Conan Loves Project(通称:CLP)の企画の一つであり、2月14日のバレンタインデーにアップされた、蘭と和葉の“胸キュン”ガールズトーク、“恋歌ムービー~上の句~”を受けた形で、コナンと平次が“愛の告白”について語り合っているボーイズトークとなっている。@@cutter 『名探偵コナン から紅の恋歌』の舞台は大阪・京都。江戸川コナン(工藤新一)&服部平次という東西の高校生探偵が久々に劇場版でタッグを組むほか、平次の婚約者を名乗る新キャラクター・大岡紅葉が登場。さらには、新一と平次、それぞれの想い人である毛利蘭と遠山和葉を巻き込んだ“淡い恋のストーリー”が描かれる。    バレンタインデーにアップされた蘭と和葉の“胸キュン”ガールズトーク、今回ホワイトデーにアップされたコナンと平次のボーイズトーク、二つの恋愛ムービーには重大な仕掛けが隠されており、上の句、下の句を同時に流すと、コナンと蘭、平次と和葉のトークの一部が掛け合いとなっている。    想いあっているからこそ奇跡的にリンクする、離れた2ヵ所での甘酸っぱい恋愛トークで、胸キュン度は更にアップ。上の句・下の句を同時再生して、会話がリンクする瞬間を楽しんでみてはいかがだろう。    『名探偵コナン から紅の恋歌』は4月15日より全国公開。

  • 『名探偵コナン』新一、平次、キッドの描き起こしイラスト商品

    カッコ良すぎ!『名探偵コナン』新一、平次、キッドの描き起こしイラストグッズ発売

    アニメ・コミック

     映画『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』(4月15日より公開)の公開も予定しているTVアニメ『名探偵コナン』の人気キャラクター、工藤新一・服部平次・怪盗キッドの描き起こしイラストを使用した、メモ帳、クリアファイル、ひざ掛けが今月27日より販売される。@@cutter 劇場版第21弾となる映画『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』の公開が迫る現在、大きな盛り上がりを見せる『名探偵コナン』シリーズ。このたび発売する商品は、アニメーション制作をしているトムス・エンタテインメント独自のスペシャルイラストを使用した3Pメモ帳、クリアファイル3枚セット、ひざ掛け。レイアウトをTVシリーズ監督 山本泰一郎、作画監督を岩井伸之が手掛け、いつもとは一味違う大人っぽい、工藤新一、服部平次、怪盗キッドが描かれている。  なお、この商品は27日の発売に先駆け、3月25日、26日に東京ビッグサイトにて行われるイベント「AnimeJapan 2017」会場内のトムスエンタテイメントのブースで先行販売が行われる予定となっている。    「名探偵コナン 3Pミニメモ帳」は700円(税別)、「名探偵コナン クリアファイル3枚セット」は1000円(税別)、「名探偵コナン ひざ掛け」は5000円(税別)。

  • コナンと倉木麻衣のコラボイラスト

    倉木麻衣、『名探偵コナン』と21作目のコラボ決定! 最多主題歌担当でギネス申請

    アニメ・コミック

     劇場版『名探偵コナン』の最新作、『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』の主題歌を倉木麻衣が手掛けることが決定した。倉木とコナンのコラボは、史上最多となる21作目。また、同一アニメにおいて最多主題歌担当としてギネス申請することも発表された。@@cutter 『名探偵コナン から紅の恋歌』の舞台は、大阪・京都。江戸川コナン(工藤新一)&服部平次という東西の高校生探偵が久々に劇場版でタッグを組むことや、平次の婚約者を名乗る新キャラクター・大岡紅葉の登場、さらには、新一と平次、それぞれの想い人である毛利蘭と遠山和葉を巻き込んだ“淡い恋のストーリー”が描かれる。  倉木とコナンの21作目となるコラボ楽曲は「渡月橋 ~君 想ふ~」。同楽曲について倉木は「シナリオをいただいた時から、“から紅”の奥深い色合いがふわーと浮かび、サウンド的に和の雰囲気を取り入れたいと思いました」と、制作テーマを明かす。また、「映画の中の高校生の爽やかな恋模様、コナンくん作品ならではのドラマチックで美しいストーリーを彩る一曲になったら嬉しく思っています」と、映像と楽曲のコラボを楽しみにしているようだ。  同作を手掛けた企画・プロデューサーは倉木とコナンの関係について「もうコナンは倉木さんのアーティスト人生のサイドカーに乗せてもらってると言っても良いですか?」とユーモアたっぷりのコメントを寄せる。倉木が主題歌を手掛けた劇場版7作目『名探偵コナン 迷宮の十字路』の「Time after time~花舞う街で~」に続き、「また新たなレジェンドの誕生です」と自信をのぞかせた。  『名探偵コナン から紅の恋歌』は4月15日より全国ロードショー。

  • 宮川大輔&吉岡里帆、劇場版『名探偵コナン』最新作にゲスト出演決定!

    吉岡里帆、劇場版『名探偵コナン』で声優初挑戦「身に余る思いです」

    アニメ・コミック

     お笑いタレントの宮川大輔と女優の吉岡里帆が、『名探偵コナン』の劇場版21作『名探偵コナン から紅の恋歌』のゲスト声優として出演することが決定した。宮川は、アニメ声優初挑戦。一方、吉岡は声優自体が初挑戦ということで、今回のオファーについて「身に余る思いです」と吐露。「プレッシャーが大きいですが、コナンファンの皆さんにも納得していただけるよう頑張ります」と意気込んでいる。@@cutter 『名探偵コナン から紅の恋歌』の舞台は、大阪・京都。江戸川コナン(工藤新一)&服部平次という東西の高校生探偵が久々に劇場版でタッグを組むことや、平次の婚約者を名乗る新キャラクター・大岡紅葉の登場、さらには、新一と平次、それぞれの想い人である毛利蘭と遠山和葉を巻き込んだ“淡い恋のストーリー”が描かれるという。    今回、舞台が“関西”であることから白羽の矢が立ったという、京都部出身の宮川と吉岡。息子と小学生の甥っ子がコナン好きという宮川は当初「僕でいいのかな」という不安があったと明かす。だが、関西弁の役ということもあり「少し安心しています」とのこと。また、アニメ声優は初挑戦だが「意識し過ぎず、ちょっとでも良いなと思ってもらえるよう今から台本を読み込んでアフレコに臨みたいと思います」と、気を引き締める。宮川は本作で競技かるたの腕がトップクラスという関根康史役を演じる。  「小さい頃からコナン君が好きで、アニメも観ていたし、原作も読んでいました」と話すのは、宮川と同じく競技かるたの選手であり、平次と和葉が通う高校のかるた部の主将・枚本未来子演じる吉岡。「プレッシャーが大きい」と不安を覗かせるものの、「コナン君たちと一緒に事件にも巻き込まれるので、コナン君に助けてもらえるのを期待しています」と、小さい頃からコナンのファンということもあり、女性らしい可愛い期待も寄せているようだ。    『名探偵コナン から紅の恋歌』は4月15日より全国ロードショー。

  • 「ユニバーサル・クールジャパン2017」に登場する「名探偵コナン・ザ・エスケープ~追憶の導火線~」

    『名探偵コナン』、USJに初登場! 究極のリアル脱出ゲームの魅力とは

    アニメ・コミック

     大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン開園15周年記念イベント「ユニバーサル・クールジャパン2017」が13日より開幕となった。今年はクールジャパンをけん引する作品として、『名探偵コナン』が「名探偵コナン・ザ・エスケープ~追憶の導火線~」として新参戦。12日に行われたプレスツアーで、その内容が一部明らかになった。@@cutter 本アトラクションは、2017年4月15日に公開となる劇場最新作『名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのらぶれたー)』とコラボしたもの。ゲストは江戸川コナンや服部平次などおなじみのキャラクターとともに、凶悪犯罪組織が仕掛けた時限爆弾を解除するため、現場に残された様々な痕跡を推理し、窮地からの脱出を試みる。  コナンの危機を救い、協力し合いながら謎を解決するオリジナル・ストーリーを楽しめるほか、実際に目の前に現れる人気キャラクターや、大迫力のスタント演出など、アトラクションには本格的なライブパフォーマンスも盛りだくさんになっている。  アトラクションを体験した後には、サッカーボールがあしらわれた「コナンのまるごとパンスープ~トマトチキンチャウダー~」や、ドリンクカップに「蝶ネクタイ型変成機」が添えられた「コナン・ホット・チョコレート・ドリンク」など、手軽に楽しめるフードも楽しんでほしい。また、「ライト付ボールペン」や「腕時計型麻酔銃」など、アトラクション突破に役立つオリジナルグッズも手に入れたい。  日本のアニメやゲームなどのアトラクションを集めた「ユニバーサル・クールジャパン2017」は、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて1月13日から5月28日まで開催。

  • 映画『名探偵コナン』新作タイトルは“から紅の恋歌” 平次と和葉の関係に変化か!?

    映画『名探偵コナン』新作タイトルは“から紅の恋歌” 平次と和葉の関係に変化か!?

    アニメ・コミック

     劇場版21作目となる人気アニメシリーズ『名探偵コナン』の映画最新作タイトルが『名探偵コナン から紅の恋歌』に決定、さらに、2017年4月15日より全国公開されることも明らかとなった。@@cutter 今年4月に公開した記念すべき20作目『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』がシリーズ最高興収63.1億円を記録し、4作品連続で興行収入を更新するという驚異の成績を樹立。劇場版『名探偵コナン』シリーズ。  本作では、江戸川コナン(工藤新一)と服部平次という東西の高校生探偵が揃い踏みするというファン垂涎のストーリーに加え、今後の原作ストーリーにも大きく絡んでくる百人一首の高校生チャンピオン・大岡紅葉がスクリーンに初登場。  「平次は幼い頃にプロポーズされたことがある運命の人」というエピソードを明かし「平次の婚約者」を名乗る紅葉の登場は、平次と幼馴染の遠山和葉の関係にどんな影響をもたらすのか?さらには新一と蘭の関係にも変化が生まれるのか?胸がキュッとなる“淡い恋のストーリー”が描かれる。  12月10日からは、一部劇場を除く全国の劇場にて本ビジュアルを使用したティーザーポスターとティーザーチラシが配布開始。加えて、12月9日に日本テレビ系列「金曜ロードSHOW!」で放送されるTVスペシャル『名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵』の最後に特報動画が地上波初解禁となる。  映画『名探偵コナン から紅の恋歌』2017年4月15日より全国東宝系にて公開。

  • コナン・怪盗キッド・安室・赤井の描き起こし ブランケットセット

    『名探偵コナン』、コナン・キッド・安室・赤井描きおろしブランケット発売

    アニメ・コミック

     テレビアニメ『名探偵コナン』の20周年を記念した、 コナン・怪盗キッド・安室・赤井を描き起こしたブランケットセットほか記念グッズの予約が、 トムス公式通販サイト「トムスショップ」限定で、10月11日より開始されることが決定した。@@cutter アニメ『名探偵コナン』は、謎の毒薬を飲まされた高校生探偵・工藤新一が、小学1年生の江戸川コナンとして、数々の事件を解決する姿を描く同名コミックのアニメ作品。今回発売となるのは、アニメーション制作を行っているトムスならではの、スペシャルイラストを使用したブランケットセット、手帳型携帯ケース、モバイルバッテリーだ。  今回の商品には、コナン、怪盗キッドの他にも、2016年4月公開の劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』で大活躍した赤井秀一と安室透も登場している。20周年記念に相応しいスペシャルなイラストは、レイアウトをTVシリーズ監督の山本泰一郎が、作画監督をキャラクターデザインの須藤昌朋が担当した。  予約期間は10月11日~10月23日で、商品は11月下旬から順次発送される予定。予約販売はトムスショップ限定だが、11月5日から11月6日にかけて開催される、女の子の大好きなものが一堂に会するイベント「アニメイトガールズフェスティバル2016」のトムスブースでも、本イラストを使用した、数量限定の特大ロングクッション・クリアファイルセットの販売が予定されている。    缶バッジがセットで付くブランケットセット(コナン・怪盗キッド・赤井・安室)は4860円(税込)。

  • 声優・宮村優子、離婚を発表

    『エヴァ』アスカ役声優・宮村優子、離婚を発表「子供のために決断」

    アニメ・コミック

     アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の惣流・アスカ・ラングレー役や『名探偵コナン』の遠山和葉役で知られる声優・宮村優子が19日、自身のツイッターで離婚を発表した。「子供のために決断したので、娘と息子と3人でがんばるよ!」とコメントしている。@@cutter 宮村は2004年に同じ事務所に所属するスタントマンの男性と再婚し、同年に娘を出産、2009年に海外へ移住し、その後第2子となる息子をもうけた。19日の早朝、宮村は「もうすぐ日本にいける~」と報告したのち、「そんであとは、離婚届だすよ。12年間おつかれさま私」と近日中に離婚届を提出することを明らかにした。  この発表に対し、『新世紀エヴァンゲリオン』で碇シンジ役を務めた声優・緒方恵美より「君が何を選んでも、応援してるよ。ずっと」とのメッセージが寄せられ、これに対し宮村は「緒方さん、お気遣いありがとうございます!日本で一緒にのみたいっ!」と返事。ファンからも「頑張って下さい」「これからの幸せを祈ってます」との声が届いている。

  • 『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』池田秀一×古谷徹インタビュー

    池田秀一×古谷徹「ついに来たか!」 『ガンダム』×『コナン』唯一無二の関係性

    アニメ・コミック

     『名探偵コナン』で人気を誇るキャラクターのFBI捜査官・赤井秀一と公安警察官・安室透。劇場版第20弾『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』では、2人の対決シーンが描かれる。演じる池田秀一と古谷徹も「ついに来たか!」と喜びを隠せない。『機動戦士ガンダム』と『名探偵コナン』の関係性。そして「こうして共演できて本当に幸せ」という唯一無二の絆について聞いた。@@cutter 『名探偵コナン』には『機動戦士ガンダム』へのオマージュがたっぷり。赤井は、“赤い彗星”シャアを、安室はアムロを想起させるキャラクターだ。それをシャア役の池田、アムロ役の古谷が演じてしまうのだから、ニヤリとせずにはいられない。テレビ版への登場は赤井が先だったが、池田はこう振り返る。「赤井秀一として15年くらい前から作品に出させてもらっていて。最初はね、どこかで聞いた名前だなと思ったんです。でも偶然なのかなと、深くは詮索しなかった。やっていくうちに薄々わかったんですが、安室くんまで出てくるとは思わなかったのでね。僕としては懐かしいというか、お友達ができたみたいな感じがしてうれしかったです」。  古谷は「赤井秀一が出ているのは知っていましたから、いつか来るだろうという思いはあって。いただいた役名が安室透ですからね!」と大きな笑顔。両作品の繋がりについては、「めちゃくちゃうれしいです」とコメント。「赤井と安室の名前にしたってそうですし、2人は確執があって対立している間柄。青山剛昌先生がガンダムファンだというのはわかっていたんですが、鳥取にある先生の記念館に行ったら、学生時代の先生がシャアのコスプレをしている写真が飾ってあって。ここまで好きだったのか!と。アムロじゃなくて、シャアなのでちょっと嫉妬しました(笑)」。  37年前から伝説的キャラとしてライバル関係を演じてきた2人。本作での赤井と安室の格闘シーンのアフレコでは、「ずっとライバル関係として対峙させてもらっていますから、もう気心もしれていて。どんなパンチも受けてくれると分かっているのでやりやすいですよ。赤井に右ストレートを出すときに思わず“シャアー!”って言っちゃいました」と古谷。一方の池田も「パンチが当たるとね、なんかイラっとしちゃうところがあって。昔のことを覚えているのか、こいつには当たらせたくない!みたいなのがちょっとあるんですよね」と茶目っ気たっぷりに語る。@@separator さらに池田は「ゲームやなんかのお仕事もありますが、今は別録りが多いので、実際に絵を見ながら一緒にアフレコをするというのは本当に久しぶりのこと。ぶつかり合って共同作業をするというのは、新鮮でいいものでしたよ」と古谷との共演はやはり特別な思いがある様子。古谷は「池田さんと一緒だと、終わった後に飲めるなって思う。でも僕は『ガンダム』の当時は全く飲めなかったんです。池田さんがブライト役の鈴置(洋孝)さんと歌舞伎町に消えていくのをいつも見送っていました」。  すると池田は「アムロとシャアの距離感を演じる上ではそれもちょうどよかったんです。それから15年、20年と経ってから一緒に飲むようになって色々な話もできるようになった。2人にとっても新たな時期を迎えているときだったので、今回の対決は“よし、やっちゃうぞ。このやろう!”ってね」と、まさに機が熟した時だったと話す。古谷は「『ガンダム』から派生して、こうしてまた共演できたことに感謝しています。『ガンダム』はまだ続いていて業界でも稀有な作品になっているし、声優界の中でも僕たちの関係が唯一のものになりつつある」と心を込める。  古谷が「僕たちは強運なんです」というと、池田は「“私はよくよく運のある男だと思います”という感じがします。切磋琢磨していきたいですよ」とシャアの名台詞をもじりつつ、同意。穏やかな微笑みが絶えない姿からも、築いてきた絆がひしひしと伝わるインタビューだった。(取材・文・写真:成田おり枝)  『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』は4月16日(土)より公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access