ダンガンロンパ 関連記事

  • 横浜流星&鈴木拡樹、舞台『ダンガンロンパ2』オフショット披露 ※「横浜流星」インスタグラム

    横浜流星&鈴木拡樹、舞台『ダンガンロンパ2』のオフショットに「カッコよすぎる」

    エンタメ

     俳優の横浜流星が24日、自身のインスタグラムを更新。現在、上演中の舞台『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE ~さよなら絶望学園~ 2017』で共演する鈴木拡樹との、舞台裏でのツーショット写真を公開した。@@cutter 同作は、人気ゲーム『ダンガンロンパ』シリーズの第2弾となる『スーパーダンガンロンパ』を舞台化したシリーズ。2015年の『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE』として上演された作品をさらにパワーアップして再演。横浜は主人公・日向創として、鈴木は狛枝凪斗として出演している。  24日の投稿では「東京公演も、残すところあと3日」と伝えた横浜。舞台裏の通路で撮影した鈴木との衣装姿でのツーショット写真をアップし、大阪公演を目前にして、「1公演1公演大切に噛み締めて楽しみます」と、残された東京公演への意気込みをメッセージに込めた。  この投稿に対して、コメント欄では「2人の組み合わせが大好きです」「本当に格好いい」「カッコよすぎる」といった感想のほか、公演を見たファンからのコメントも多数寄せられていた。 引用:https://www.instagram.com/ryuseiyokohama_official/

  • 横浜流星「ご期待下さい!」 再演『スーパーダンガンロンパ2』開幕 ※「横浜流星」インスタグラム

    横浜流星「ご期待下さい!」 再演『スーパーダンガンロンパ2』が開幕

    エンタメ

     俳優の横浜流星が16日に自身のインスタグラムアカウントを更新。自身が初主演する舞台『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE~さよなら絶望学園~2017』の初日開幕を、集合写真とともに報告している。@@cutter 本作は、人気ゲーム『ダンガンロンパ』シリーズの第二弾、『スーパーダンガンロンパ』を舞台化したシリーズ。今回は2015年に『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE』として上演された作品をさらにパワーアップして再演。横浜は前回に引き続き主役の日向創役を務める。  公開された写真に添えられたコメントで横浜は、初日開幕の御礼とともに「再演ですが、皆で1つになってまた新しい作品を作りましたので、ご期待下さい!」とこれからの舞台に向けての意気込みを綴る。また写真では、横浜のほかに田中眼蛇夢役の井上正大、九頭龍冬彦役の植田圭輔、左右田和一役のいしだ壱成、十神白夜役の西洋亮、狛枝凪斗役の鈴木拡樹らの集合ショットが披露されている。  この写真には「初日おつかれさま!最後まで体に気をつけてがんばってね」「2公演が続くハードスケジュールですが頑張って下さいね!」「原作も好きなので観に行くのが本当に楽しみです。大変だと思いますが応援しています~」「最後のカーテンコールの時テンパっててとても可愛かったです。千秋楽まで緊張すると思いますが、流星くんらしいお芝居で頑張って下さい!」と横浜への励ましの声が多く寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/ryuseiyokohama_official/

  • 『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE~さよなら絶望学園~2017』囲みにて

    横浜流星、初主演舞台の再演に気負いなく「新しい作品を創ることが目標」

    アニメ・コミック

     横浜流星と鈴木拡樹、フェアリーズの伊藤萌々香らが15日に東京・Zeppブルーシアター六本木で行われた、舞台『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE~さよなら絶望学園~2017』の囲み取材・公開ゲネプロに出席。16日より開幕する本作への思いを語った。@@cutter 本作は、人気ゲーム『スーパーダンガンロンパ』を舞台化したシリーズ。今回、2015年に『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE』として上演された作品をさらにパワーアップして再演する。  初演に続き主人公・日向を務める横浜は、「前回の公演では、初めての単独主演ということで気負っていた部分があって、(他のキャストと)あまりコミュニケーションをとれませんでした。今回は、20歳になって少し余裕も出てきて、稽古が終わった後もコミュニケーションをとって楽しくやっています」と笑顔。「再演ですが、新しい作品を作ることを目標に力を合わせて稽古してきました。原作ファンの方に楽しんでもらうのはもちろん、原作を知らない方にも楽しんでもらい、キャラクターを愛して欲しい」と力強くアピールした。  また、同じく、前作に続き狛枝凪斗役を演じる鈴木は「前回やり残したことをやろうということをテーマに頑張ってきました。ゲームでは味わえない舞台の生の迫力が売りなので、そういうところも楽しんでもらえたら」と意欲を見せる。  一方、本作が初舞台となる伊藤は、「初めての演技なので、緊張も不安もたくさんありますが、私らしく演じられれば」と意気込む。そして、「台本を持つことも初めてで、そこに書いてあるものを丸暗記するのに、苦労しました」と苦笑い。とはいえ、「今は自然に(セリフが)出てくるようになったので、あの時の不安はなくなった」そうで、「(舞台は)いい経験。みんな優しくて面白くて、いい現場だと体感しながら稽古をしてきました」と稽古を振り返った。  なお、この日の囲み取材には植田圭輔、伊波杏樹、いしだ壱成、演出・脚本の山本タク、振付のAKIHITO(ENcounter ENgravers)も出席した。  『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE~さよなら絶望学園~2017』は3月16日~26日に東京・Zeppブルーシアター六本木、3月30日~4月2日に大阪・森ノ宮ピロティホールで上演。

  • 横浜流星、将来は「カメレオン俳優になりたい」 本格アクションへの準備も万端

    横浜流星、目指すは“カメレオン俳優” 本格アクションへの「準備はできている」

    エンタメ

     「正直、ビックリしすぎて一周回って、逆にもうビックリしないみたいな感じになってましたね(笑)」と、グリーンボーイズ名義でのCDデビューを振り返る横浜流星。きっかけとなった、GReeeeNの代表曲「キセキ」誕生秘話を描いた松坂桃李、菅田将暉主演による映画『キセキ-あの日のソビト-』での好演は記憶に新しい。今年に入り、『VS嵐』や『行列のできる法律相談所』といったバラエティ番組への出演でも話題になるなど、注目を増す横浜に、グリーンボーイズのこと、目前に控えた主演舞台、そして役者業への思いを聞いた。@@cutter 『キセキ~』ではグリーンボーイズのナビ役を演じた横浜。「菅田さんが作品の打ち上げで『Mステ(ミュージックステーション)に出ます!』と冗談で言っていたのが現実になって、GReeeeNさんのライブで1万6000人の観客の前に立って!なんで、僕たちが……って感じでした(笑)。僕、GReeeeNさんのことはもともと大好きで、最初に買ったCDもGReeeeNさんだったんです。本当に幸せでした」と興奮気味に語る。現在も『キセキ~』は大ヒット上映中。小芝風花主演の人間ドラマ『天使のいる図書館』にも出演しており、実に映画2本が公開中だ。  活躍を受けて出演したバラエティ番組では、空手でのバット割りを披露するなどして大きな反響を呼んだ。涼しげな瞳とシャープな体つきからは想像がつかないが、横浜は中学時代に極真空手の世界大会で優勝した経歴を持つ。「テレビの反響はありますね。普段、連絡を取らない人からも連絡がきたり、『Yahoo!の検索ワードに載ってるよ』とメールをいただいたりして。わぁ、こんなにたくさんの人が僕のことを検索してくださっているんだと、すごく嬉しかったです」。  将来は「この人、こんな顔も持ってるんだ、この人ならやってくれるだろう、と思ってもらえるようなカメレオン俳優になりたい」と語るが、当然、横浜にとってアクションは俳優としての武器になる。「以前はどうしても当てる動きになっていましたが、舞台での経験を積んだりして、見せるアクションを学んできました。映像では、『烈車戦隊トッキュウジャー』への出演はありましたけど、本格的なアクションはまだやっていないので、観に来てくださった方を圧倒できるアクションをしたいです。いつでも応えられるように筋トレはしていますし、準備はできています!」と力強く言い切った。@@separator 早くそんな作品に出会って欲しいが、まずは舞台。今月の頭に『BIOHAZARD THE Experience』を終え、息つく暇もなく『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE ~さよなら絶望学園~2017」と主演舞台が続く。「『BIOHAZARD』では28歳の医者役だったので、専門用語を理解したり、落ち着いて見えるように意識しました。『スーパーダンガンロンパ2』は再演になりますが、初演のときとは台本が変わっていて、初めての人には入りやすく、前回観てくれた人はもっと感情移入できる内容になっています。僕が演じる日向の葛藤もより強く深く描かれているので、ぜひ観に来てほしいですね」。  ちなみに私生活のほうは、少し時間があったらぼーっとするか稽古の動画を観ているそうで、やはり今は仕事一色のよう。「高杉真宙と、『潜入捜査アイドル・刑事ダンス』と『天使のいる図書館』でも一緒だった森永悠希と仲がいいので、3人でご飯に行こうといいながら、まだお互い忙しくて実現してないんです。落ち着いたら集まりたいですね」。ささやかな希望ながら、3人一緒は少し先かもしれない。(取材・文・写真:望月ふみ)  『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE ~さよなら絶望学園~2017』は3月16日~26日までZeppブルーシアター六本木、3月30日~4月2日まで森ノ宮ピロティホールにて公演。

  • 神田沙也加、モノクマ人形抱え「あのお方の声を録ってきました」 ※「神田沙也加」インスタグラム

    神田沙也加、モノクマ人形抱え「あのお方の声を録ってきました」

    アニメ・コミック

     女優の神田沙也加が6日、自身のインスタグラムを更新。人気ゲームソフト『ダンガンロンパ』のオリジナルキャラクターであるモノクマのぬいぐるみを抱えた写真を掲載し、タイトル名こそ明かしていないもののアフレコ収録を行ったことを報告している。@@cutter 神田は公開した写真のキャプションに「なんと、あのお方の声を録ってきました。またblog書きます」というメッセージにあわせ、『ダンガンロンパ』のハッシュタグを付けている。  『ダンガンロンパ』シリーズと神田の関係は、まず舞台版でストーリーの重要なキャラクターである江ノ島盾子役にて出演。また、ギタリストのBillyとともに結成したボーカルユニットTRUSTRICK(現在活動休止中)では、舞台版、アニメーションいずれにも楽曲を提供、さらには1月に発売されたゲーム版の最新作『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』では主人公・赤松楓役を担当しており、神田にとっては非常に思い入れのある作品となっている。  この写真には「絶望的に可愛い。楽しみにしてる」「ブログ楽しみにしてます」「きゃー!絶望的に楽しみです」「あのお方?ブログ楽しみにしてますね。モノクマ×沙也加ちゃん可愛」と、ブログ更新を心待ちにするファンの声が寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/sayakakanda/

  • 神田沙也加&コロコロチキチキペッパーズ、『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』記者発表会に出席

    神田沙也加「楽観的になる」 2017年の抱負を“美文字”で発表

    アニメ・コミック

     人気ゲーム「ダンガンロンパ」シリーズ最新作『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』の記者発表会が11日、都内で開催され、神田沙也加とお笑いコンビ・コロコロチキチキペッパーズ(ナダル、西野創人)が出席。書き初めを披露した神田の達筆ぶりに、ナダルは「うわー!すっげぇきれい!」と驚愕していた。@@cutter 「ダンガンロンパ」シリーズは、“超高校級”と呼ばれる様々な才能を持った生徒たちが、閉鎖空間の中で次々と起こる殺人事件の犯人を、“学級裁判”によって暴いていく推理アクションゲーム。「本シリーズのファン」と公言する神田が、“超高校級のピアニスト”の称号を持つ主人公・赤松楓の声を担当している。  2017年の抱負を披露することになったこの日。神田がしたためてきた書き初めを披露すると、あまりの達筆ぶりにナダルは「きれいやな!すごいな。いいなー!」と興奮しきり。「めちゃめちゃうらやましい!」と止まらぬ絶賛の声に神田が照れ笑い見せる中、西野も「マジできれい。びっくりした」と驚き、会場からもどよめきが上がっていた。  抱負として書かれていたのは、「楽観的になる」との目標。「考えすぎる癖がある。石橋を叩いて、渡る前に壊してしまうんじゃないかというくらいに考えすぎてしまう」そうで、「“まあ、なんとかなるでしょう”くらいに、切り替えていけるようになりたい」と意気込みを明かしていた。  今回演じた楓について、神田は「ビジュアルもかわいくて、こんなキャラクターの声を担当させていただけるなんてうれしい」と感激の面持ち。同シリーズの舞台版では江ノ島盾子役を演じていたが、「ゲームをプレイされる方に、新たな印象を与えられるようにしたかった」と江ノ島盾子との差別化を意識したそう。発売にあたって「すごくドキドキしている」と頬を紅潮させ、「役に決まった時の飛び上がるほどうれしい気持ちを昨日のことのように覚えている。たくさんの皆さんに楽しんでほしい」と感激の思いとともに、熱くアピールしていた。  『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』は1月12日より発売。

  • 舞台『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE~さよなら絶望学園~2017』制作発表会見に出席した、横浜流星

    横浜流星、『ダンガンロンパ2』再演の決意新たに「確実にパワーアップしたものを」

    アニメ・コミック

     俳優の横浜流星が30日、都内にて行われた主演舞台『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE~さよなら絶望学園~2017』の制作発表会見に登壇した。横浜は「初演よりも確実に一回りも二回りもパワーアップしたものを、みなさまにお届けできるように全力で頑張っていきたいと思います」と意気込みを語った。@@cutter 『ダンガンロンパ』はシリーズ累計出荷80万本以上の売上を誇るハイスピード推理アクションゲーム。その舞台化第2弾として2015年に上演された『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE~さよなら絶望学園~』から、主演・横浜流星、鈴木拡樹、神田沙也加(特別映像出演)らが初演に引き続いて出演する形で、2017年春に東京と大阪での再演が決定した。  主人公・日向創役を演じる横浜は、「始まる前は謎が多い主人公かなと思っていたんですけど、稽古やゲームをしていく中で、明るくてコミュニケーション力もありますし、みんなに支えられて前に進んでいくキャラクターだなと思いました」と語った。そして今回の再演では「少しでもみなさんを引っ張っていければいいなと思います」と意気込んだ。  会見の終わりには、本作のビジュアル解禁第一弾として、伊藤萌々香(フェアリーズ)演じる“超高校級のゲーマー”七海千秋のビジュアルがスクリーンに映し出された。本作から参加する伊藤は、もともとこの作品のゲームもアニメも大好きだったそうで、「このビジュアルの撮影をした時に、この格好をできたことが嬉しすぎてひたすら自撮りしていました!」と感激を表した。  このビジュアルを見た横浜は「すごく可愛いです。これからどんな七海ができるのか楽しみです」、そして狛枝凪斗役の鈴木拡樹は「七海はキーパーソンなので、その七海が新たに命を吹き込まれたんだなと改めて思いました。稽古でどういう絡み方ができるのか楽しみです」と語った。  会見には、井上正大、植田圭輔、伊波杏樹、高橋ユウ、おにぎり(ニューロマンス)、倉持由香、高野祐衣、中田クルミ、西洋亮、水越朝弓、濱頭優、蜂谷晏海、山口真季、いしだ壱成、神田沙也加が登壇した。  舞台『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE~さよなら絶望学園~2017』は2017年3月16日~26日に東京・Zeppブルーシアター六本木、3月30日~4月2日に大阪・森ノ宮ピロティにて上演。

  • 舞台『ダンガンロンパ』への思いを明かした神田沙也加

    神田沙也加『ダンガンロンパ 』への熱い思い「女優史上いちばん複雑で変な役(笑)」

    エンタメ

     女優・歌手の神田沙也加が17日、自身のブログにて出演した舞台『ダンガンロンパ THE STAGE 2016』が無事終了したことを報告するとともに、稽古や出演に苦労した今回の舞台に対する熱い思いを綴っている。@@cutter 『ダンガンロンパ』は、2010年より発売されている人気アドベンチャーゲーム。舞台で神田は人気キャラクターの一人、江ノ島盾子を演じる。原作のゲーム版のファンだったという神田は、今だから書ける話として「ダンガンロンパ舞台化のお話を頂いた当初は、実は違う役での出演オファーでした」と告白。しかし、当初から江ノ島役を務めたかったという熱意をアピールした結果、江ノ島盾子役をゲットしたという。  「江ノ島盾子役に決まったときは、本当に嬉しかった。でもそれからは、彼女に'なり切る'ための大変な日々が待っていたわけですが」と、喜びとともに大きな試練の日を迎えていたことを明かす。  その時のことを神田は「誰にも渡したくないけど2度とやりたくない、でも絶対誰にも負けない、という私の女優史上いちばん複雑で変な役でした(笑)」と苦労しながらも、舞台を全うした経験が成長への糧になった様子を綴る。  そして「今はぽっかり穴が空いたみたい」と現在の心境を語りながら「でももしまた勇気と英気を蓄えられたら、私様が与える絶望力が必要な時が来たら、もしその時私の力が足りたら…」と意欲の程を見せつつ、来場者への感謝の言葉を記している。

  • 神田沙也加と豊口めぐみ

    神田沙也加&豊口めぐみ、『ダンガンロンパ』“W江ノ島盾子”を披露! ファン感激

    アニメ・コミック

     舞台『ダンガンロンパTHESTAGE~希望の学園と絶望の高校生~2016』に出演中の神田沙也加が、TVアニメ・ゲーム版の『ダンガンロンパ』で江ノ島盾子のキャラクターボイスを担当する声優・豊口めぐみとのツーショットを公開した。@@cutter 神田は「先日、江ノ島盾子CVの豊口めぐみさんがダンステ観劇してくださって、ごはんご一緒しました」とコメントを寄せ、豊口とピースサインで微笑む2人の写真を紹介。「とても幸せだったので残りの公演も頑張る!」と意気込みを語った。  ファンからは「ダンロンファンとしてはたまらない2ショットですね」「先日、ダンステ見に行きました。初めて生で見たサヤジュンに感動しました」「千秋楽まで応援してます」「素敵なツーショット!良かったですね」「今回もお逢いできたんだね 素敵な時間を過ごせて良かったね~」など、シリーズファンにはたまらない感激のコメントが多く寄せられた。

  • 舞台『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~ 2016』本郷奏多インタビュー

    本郷奏多は“超高校級のオールラウンダー” 人気作『ダンガンロンパ』再演への決意

    アニメ・コミック

     2014年に人気を博した舞台『ダンガンロンパ』。そんな同作の再演が決定し、名称を新たに『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~ 2016』とし、6月の東京公演を皮切りに名古屋、大阪、神奈川4都市で上演される。今回は主人公・苗木誠役の本郷奏多が再演にかける思いを語ってくれた。@@cutter 私立 希望ヶ峰学園に集った超高校級のエリートたちが殺し合いを繰り広げる本作は今年、舞台のみならず、ゲームやアニメでも新作がメディアミックスで展開される。   本郷は、「前回、始まる前は“どうなるかな?”という不安でいっぱいでした。でもいざ演じてみたらすごく楽しくて、いい物ができたと感じていました」と述懐。再演について「舞台にもまだくわしくなかったので、再演というものがあると知らなかったです。お話が来た時2つ返事で“ぜひ”と受けさせて頂きました」という。  再演ということで、ファンからはさらなるバージョンアップに期待を寄せるところ。本郷自身は「演出の田尾下(哲)さんも“新しくチャレンジしたい”とおっしゃっていましたので楽しみです。あとはキャストが3分の2くらい変わります。それがどういう風になるのか」と未知数な再演にイメージを膨らませている様子。  映画『進撃の巨人』シリーズやBSスカパー!のオリジナル連続ドラマ『アカギ』など、漫画原作の作品に多数出演する本郷。しかし“ナマモノ”とも評される舞台はまた一味違うという。「役者さんによっては“全部一緒だ”と言う方もいらっしゃると思いますが、僕にとっては別物で、使う技術が全然違うと思っています。それでも公演ごとにパフォーマンスの差があってはいけません。毎回、100なら100で、それ以下にならないように意識しています」。@@separator 『ダンガンロンパ』で演じる場合はさらに特別。「ゲームの原作が作り込まれた世界観を、ビジュアル含めて再現します。役者もオーバーに楽しんでやっていいものであって、むしろそこにリアルな人間としての芝居を盛り込むと逆に冷めてしまうかなと考えています。こういう機会はあまりないので、ゲームのキャラクターになった気持ちで存分に演じたいです」と意気込みを語ってくれた。  自身が演じる“超高校級の幸運”の持ち主・苗木誠については「最初はどんな人なのか分かりませんでした。彼は、まわりの皆才能があふれるなか、ただ抽選で選ばれたキャラクターです。パッと聞くと何の個性もないように思われがちですが、実は内面の気持ちが強く、芝居に一番熱が入っていい、すごくやりがいのあるキャラクターだと思っています」と分析する。  もしも自分が希望ヶ峰学園に入るなら。本郷自身は超高校級に何者になるか聞いてみると「う~ん、残念ながら俳優ではないですよね…。ガンプラも、好きですけどモデラーは上には上がいますし…」と謙遜しつつ、「超高校級のオールラウンダー、ですかね。全部できるけど全部80点。自分はそういう人間だと思います」と自己分析して、恥ずかしそうにくしゃっと笑顔をみせた。(取材・文・写真:サクライコウジ)  本郷奏多が主演をつとめる舞台『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~ 2016』は、6月16日より7月16日まで東京、名古屋、大阪、神奈川で順次公演。

  • 『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~ 2016』囲み取材の様子

    本郷奏多、『ダンガンロンパ』再演に自信!「絶対良くなっています」と断言

    アニメ・コミック

     俳優の本郷奏多が、『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~ 2016』の公開ゲネプロと囲み取材に出席。主人公・苗木誠を再び演じる本郷は「演出がかなり変わって、前回見て頂いた方にも楽しんで頂けると思う。(前作よりも)絶対より良くなっています」と自信をのぞかせた。さらに、「最後大きく変わっているところが1箇所ある。ダンガンロンパが好きな人だったら『おぉ』と唸ってしまう変更点になっている」とも明かした。@@cutter 本作は、シリーズ累計80万本以上を販売する人気ゲームの初舞台化作品『ダンガンロンパ THE STAGE~希望の学園と絶望の高校生~』(14)の再演。囲み取材には、本郷のほか、神田沙也加、岡本玲、中村優一、七木奏音、松風雅也、山崎静代(南海キャンディーズ)が出席した。  江ノ島盾子役の神田は「自分史上、最難・最強の役。どんなにお稽古しても時間が足りない。本当にもう初日になってしまうのかという気持ちがある」と現在の心境を吐露。本シリーズとの関わりについて問われると、「ファンですね」と回答。「ゲームからやり込んで新作を心待ちにして、アニメシリーズに興奮して、グッズをいっぱい買って、ガチャガチャして。江ノ島盾子というキャラクターがファンとして好きで、舞台化されるときに自分がその大好きな存在になれることは、非常に特別なこと。私にとってシンデレラストーリーを頂いた気持ち。だからこそ責任をもって、ファンとして最後までやり遂げたい」と“ダンガンロンパ愛”をにじませた。  大神さくらに扮するしずちゃんは今回、セーラー服で格闘シーンにチャレンジする。「この格好でやるのでパンティーが見える。それが何回見えるのかが見どころ」と話して会場を沸かせ、全身筋肉の特別衣装を着た上からスカートをめくって報道陣にサービスする一幕も。そして「今まで舞台の上で山ちゃんを殴ってきたことをどんどん活かしていきたい」と語った。  舞台『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~2016』は東京・Zeppブルーシアター六本木にて6月16日~26日、名古屋・東海市芸術劇場(ユウナル東海)にて7月1日~2日、大阪・サンケイホールブリーゼにて7月7日~10日、神奈川・関内ホール 大ホールにて7月14日~16日上演。

  • 『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~ 2016』公開ゲネプロの様子

    舞台『ダンガンロンパ THE STAGE 2016』公開ゲネプロ<フォト特集>

    アニメ・コミック

    2016年6月16日より上演予定の、舞台『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~2016』公開ゲネプロの様子を写真でお届けします。

  • ダンガンロンパの神田沙也加

    神田沙也加、オランプから江ノ島盾子へ『ダンガンロンパ』にメイクアップ

    アニメ・コミック

     舞台『1789 バスティーユの恋人たち』にオランプ役として出演していた神田沙也加が、明日より公演が始まる『ダンガンロンパ THE STAGE~希望の学園と絶望の高校生~』の江ノ島盾子に変身した姿をインスタグラムにアップ。ファンからは「さやじゅんかわいい!壁紙にした!」などのコメントが寄せられた。@@cutter 「劇場入り鏡台前。まだオランプメークしそうなタイム感。あれ1789 終わったの ついこないだじゃ」と、5月15日まで公演を行っていた舞台『1789 バスティーユの恋人たち』を振り返る。『ダンガンロンパ』では、2014年の初演時も江ノ島盾子を演じ、“原作そっくり”と好評を得た神田は、本作でも前作に続きキュートさ全開の姿を披露している。  ファンからも「おーーっと、これは保存版ですよ」「そばかすがグレイト!」「夢に出てきてほしい」「さやじゅんキターー!」「ほんとかわいい。ほんとえのじゅん」など、大好評となっている。

  • 『ダンガンロンパ THE STAGE~希望の学園と絶望の高校生~2016』の全キャストによるメインビジュアル

    舞台『ダンガンロンパ』全キャストビジュアル初公開! 学園長・風間トオルの続投発表

    アニメ・コミック

     2014年に本郷奏多が主演した『ダンガンロンパ THE STAGE』の再演となる舞台『ダンガンロンパ THE STAGE~希望の学園と絶望の高校生~2016』の全キャストによるメインビジュアルが初公開となった。本公演でも主演・本郷奏多、ヒロイン役の岡本玲、松風雅也、宮下雄也、石田晴香(AKB48)、池端レイナが続投。初演に引き続き“超高校級のギャル”江ノ島盾子役には神田沙也加が担当する。@@cutter 『ダンガンロンパ』はテレビゲーム媒体作品を中心とした推理アクションシリーズ。“超高校級”と呼ばれる類まれな才能を持つ生徒たちが、“コロシアイ”と呼ばれる極限生活を強制され、生徒の誰かを殺してしまった真犯人の生徒を“学級裁判”と呼ばれる議論と投票で暴いていく。本公演については、2月26日に都内で行われた制作発表記者会見以降、毎週数名ずつ発表され、大きな反響を呼んでいた。  今回初出演となるのは、チョコレートプラネットの長田庄平と松尾駿、雨野宮将明、七木奏音、村田充、杉江大志、中村優一、南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代、佐藤すみれ(SKE48)、岩田華怜、泉貴(THE HOOPERS)、森山千菜美。そして、モノクマ新キャラクターボイスとしてTARAKOを迎える。ほか、初演に引き続き、本作のカギを握る「希望ヶ峰学園 学園長・???」役として、風間トオルの映像での出演も発表されている。  『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~2016』は東京・Zeppブルーシアター六本木にて6月16日から26日、名古屋・東海市芸術劇場(ユウナル東海)にて7月1日・2日、大阪・サンケイホールブリーゼにて7月7日から10日、神奈川・関内ホール 大ホールにて7月14日から16日上演。

  • 『ダンガンロンパ』シリーズの新モノクマ役がTARAKOに決定!

    『ダンガンロンパ』モノクマ、新ボイスがTARAKOに決定!初代・大山のぶ代が激励

    アニメ・コミック

     推理アクションゲーム『ダンガンロンパ』シリーズに登場する“モノクマ”の新たなボイスキャストが、TARAKOに決定した。モノクマは、これまで大山のぶ代が演じており、広く知られた人気キャラクター。新モノクマは、6月16日より上演される舞台『ダンガンロンパ THE STAGE~希望の学園と絶望の高校生~2016』で登場する。@@cutter 本作は、全国から集められた超一流の才能を持つ高校生たちが、閉鎖された空間の中で繰り広げたコロシアイを糾弾する学級裁判の中で、相手の矛盾を論破し、殺人事件の犯人を暴いていく大ヒットゲーム。2010年に第一弾が発売されると、2013年にはアニメ化、2014年には舞台化されて人気を博した。  これまで大山が務めていたモノクマは、舞台となる学校の学園長で、犯人を指摘できない生徒たちに「おしおき」として死をもたらすキャラクターとして描かれてきた。大山は、「TARAKOさん、どうぞよろしくお願いいたします。モノクマはとってもかわいい良い子だから、大切にしてあげてね」とTARAKOへ応援メッセージを贈った。  一方、TARAKOは、ボイスメッセージを公開し、「しゃべっていることは無邪気なのに毒があって、ということでどうやって演じていこうかと考えるととても楽しみです。私の中のブラックTARAKOを出したいと思います」と意気込んだ。  新モノクマは、7月放送予定のオリジナルアニメ『ダンガンロンパ3‐The End of 希望ヶ峰学園‐』、2016年発売予定のPlayStation4/PlauStation Vitaソフト『ニューダンガンロンパV3みんなのコロシアイ新学期』にも登場する。  舞台『ダンガンロンパ THE STAGE~希望の学園と絶望の高校生~2016』は、6月16日~26日にZeppブルーシアター六本木ほか、名古屋、大阪、神奈川で上演。

  • 本郷奏多、アニメ『ダンガンロンパ3』御手洗亮太役で声優出演!

    本郷奏多、アニメ『ダンガンロンパ3』御手洗亮太役で声優出演「演じ甲斐あるキャラ」

    アニメ・コミック

     俳優・本郷奏多が、7月からスタートするオリジナルアニメ『ダンガンロンパ3 ‐The End of 希望ヶ峰学園‐』で、御手洗亮太役の声優を担当することがわかった。本郷は原作ゲームの大ファンであり、初舞台化『ダンガンロンパ THE STAGE~希望の学園と絶望の高校生~』で、初演から苗木誠役で主演を務めており、今年6月~7月に行われる同舞台の全国4都市再演ツアーにも参加する。@@cutter これまで大谷のぶよが声優を担当していた人気キャラクター・モノクマのキャストがTARAKOになったことをはじめ、アニメ「未来編」の放映決定と「絶望編」の制作決定、新作ゲームの発表、公開される新シリーズキャスト、夏の舞台全国ツアー…と、今年益々の盛り上がりを見せる「ダンガンロンパプロジェクト」。さらに今回、本郷が声優としての参加も発表となった。  本郷は、自身の演じる御手洗について「僕の口からどんな役柄かはあえて言わないことにしますが、非常に演じ甲斐のあるキャラクターです」と説明する。また「錚々たるキャスト陣の中で久々の声優業だったため緊張していたのですが、諸先輩方が皆優しくて、背中を見させていただきつつ楽しみながら収録に挑んでおります」とアフレコを振り返る。  再演となる舞台『ダンガンロンパ THE STAGE~希望の学園と絶望の高校生~2016』については、「前回に引き続き苗木誠を演じさせていただいているので、自分にとってこのタイトルはとても大切なものなのだと改めて感じました…!ダンガンロンパという作品に少しでも恩返しできるよう、どちらも精一杯演じ抜きたいと思いますので、是非楽しみにしていてください!」と意気込みを語った。  オリジナルアニメ『ダンガンロンパ3 ‐The End of 希望ヶ峰学園‐』は7月放送開始。舞台『ダンガンロンパ THE STAGE~希望の学園と絶望の高校生~2016』は6月16日~7月16日に全国4都市で公演。詳細は公式サイトまで。

  • 本郷奏多、舞台『ダンガンロンパ~希望の学園と絶望の高校生~2016』制作発表会見

    本郷奏多、南キャン・しずちゃんの“超高校級マッチョ姿”に「スゲー」感動

    アニメ・コミック

     本郷奏多が26日、舞台『ダンガンロンパ~希望の学園と絶望の高校生~2016』の制作発表会見に、総勢19名の共演者、演出家の田尾下哲とともに登場。発表会見で初披露された南海キャンディーズ・山崎静代扮する大神さくらのビジュアルが公開されると、その“超高校級のマッチョ姿”に「スゲー」と圧倒された様子を見せた@@cutter 本作は、2014年に好評を博した『ダンガンロンパ THE STAGE』の再演作。今回は全国4都市でツアーを実施することが決定しており、新キャストとして中村優一、南海キャンディーズ・山崎静代らが出演する。制作会見では、舞園さやか役に選ばれた元アイドリング!!!の後藤郁の出演が発表されている。  苗木誠を演じる本郷は「再演できて非常にうれしい」と喜びをコメント。「2016年は新しいアニメシリーズが始まって、“V3”という新作ゲームソフトも出ます。ダンガンロンパの年になると思います」と宣言する。    “超高校級のギャル”の江ノ島盾子役として再出演する神田沙也加は、「久々に生身として舞台に帰ってくることができました。不安な気持ちもあり、“またダンガンロンパ始まるぞ!”という気持ちもあります」と本音をのぞかせ、「彼女(江ノ島)が超高校級のギャルなので、強気に“腕が鳴る”くらいに言いたい。年代的にはもう、最後の制服姿になるかもしれませんね」と笑みをこぼした。  初出演の山崎は、“超高校級の格闘家”である大神さくらを演じる。「ボクシングをやっていたのでそれをちょっとでも活かせたら」と話し、「ムキムキでものすごく強いけど、心は優しくて乙女な部分を持っている。どこかで乙女感を出せれば」と抱負を述べた。  イベント最後に山崎の山神姿が披露されると、本郷は「スゲーなと思う。しずちゃんさんにピッタリだと思っていた。大きいし強いし、女性的なところもあって。非常に楽しみにしている」と期待を寄せた。  舞台『ダンガンロンパ~希望の学園と絶望の高校生~2016』は、6月16日のZeppブルーシアター六本木の東京公演を皮切りに、全国4都市で公演予定。

  • 『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~2016』に出演する山崎静代

    南キャン・しずちゃん、舞台『ダンガンロンパ』に出演! 最強女子高生・大神さくら役

    アニメ・コミック

     大ヒット人気ゲームの舞台化『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~2016』にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山崎静代が“超高校級の格闘家”大神さくら役を務めることが分かった。山崎は「改めて、大きく生まれて良かったな、格闘技をやってて良かったなと感じております」と喜びを明かしている。@@cutter 全公演ソールドアウトになるほどの大好評を博した舞台化第2弾『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE~さよなら絶望学園~』(主演:横浜流星)の千秋楽にて、同作を主演・本郷奏多の続投で全国4都市での再演決定を発表。このたび“超高校級の御曹司”十神白夜役にドラマ『仮面ライダー電王』『もやしもん』『薄桜鬼SSL』の中村優一、“超高校級の格闘家”大神さくら役に山崎が新たに発表された。  山崎は「決められた範囲の中でのサバイバルをするという、まさに私の好きな設定」とアマチュアボクシング選手だった自身と役どころをリンクさせ「しかもめっちゃムキムキで強いのに、とても心優しい女性という理想的な役をやらせていただけるのがありがたいです」と感激。  初演を見てキャストの熱に圧倒されたという中村は「今回出演出来る事がすごく嬉しい」とはずむ気持ちを語り、「中村優一版、十神白夜を楽しみにして頂けたらと思います。精一杯頑張ります」と力を込めた。  共演には岡本玲、七木奏音、松風雅也、長田庄平(チョコレートプラネット)、松尾駿(チョコレートプラネット)、雨野宮将明、池端レイナ、宮下雄也、村田充、杉江大志らが並ぶ。  『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~2016』は東京・Zeppブルーシアター六本木にて6月16日から26日、名古屋・東海市芸術劇場(ユウナル東海)にて7月1日・2日、大阪・サンケイホールブリーゼにて7月7日から10日、神奈川・関内ホール 大ホールにて7月14日から16日上演。

  • 本郷奏多主演『ダンガンロンパ THE STAGE~希望の学園と絶望の高校生~』再演決定

    本郷奏多、舞台『ダンガンロンパ』再演決定!4都市でツアー開催

    アニメ・コミック

     2014年に上演された舞台『ダンガンロンパ THE STAGE~希望の学園と絶望の高校生~』が2016年6月16日から、全国4都市で再演されることがわかった。主演は、2014年の初舞台に続き、本郷奏多が務める。@@cutter 本作は、 累計出荷80万部を誇る大ヒットゲーム『ダンガンロンパ』シリーズを舞台化した作品。12月3日~13日に上演された、続編舞台『スーパーダンガンロンパ THE STAGE~さよなら絶望学園~』の千秋楽で、今回の初演舞台『ダンガンロンパ THE STAGE』の再演ツアー決定が発表された。  物語の舞台は、超高校級のエリートのみが入学できる「希望ヶ峰学園」。本郷演じる、苗木誠は、「超高校級の幸運」という才能を持った平凡な青年だ。希望ヶ峰学園の入学式当日、苗木を始め、個性豊かなキャラクターたちが突如学園の中に閉じ込められ、生徒同士で殺し合いをすることを強要される。そこでは、生徒の信頼関係を打ち砕く事件の数々が起こり、卑劣な学級裁判が始まる。黒幕は果たして誰なのか…。  主演を続投することになった本郷は、「ダンガンロンパは僕の中でとても思い入れの強い大切な作品で、苗木誠というキャラクターも大好きなので、また演じられること常に嬉しいです」とコメント。 そして、「前回頂いた評価と期待を上回れるよう、更にパワーアップした公演を作り上げたいと思います。新しいチームになると思いますが、必ず良いものに仕上げることをお約束します」と意気込みを語った。  なお、本作では、「超高校級のアイドル」舞園さやか役を一般公募している。詳細は、公式サイトに掲載されるため、そちらも確認してもらいたい。  舞台『ダンガンロンパ THE STAGE~希望の学園と絶望の高校生~』は、2016年6月16日~6月26日に東京・Zeepブルーシアター六本木ほか、名古屋、大阪、神奈川で上演。

  • 『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE~さよなら絶望学園~』囲み取材に出席した横浜流星

    横浜流星、舞台『スーパーダンガンロンパ』に自信満々!「やることはやってきた」

    アニメ・コミック

     舞台『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE~さよなら絶望学園~』の囲み会見と公開ゲネプロが12月2日にZeppブルーシアター六本木で行われ、座長を務める横浜流星が「原作を大事に、キャラクターを愛して、キャスト・スタッフ一同、力を合わせて頑張ってきました」と熱くコメント。舞台の仕上がりに自信をのぞかせた。@@cutter 本舞台は、大ヒットアクションゲームを原作に、ハイスピードな推理劇が展開する学園ミステリー。この日の囲み会見には、横浜をはじめ、山田菜々、いしだ壱成、鈴木拡樹、主題歌を担当するTRUSTRICKのヴォーカル・神田沙也加、演出の松崎史也が出席。それぞれがキャラクターの衣装で登場した。  「『ダンガンロンパ』の5周年という記念すべき年に、舞台に関わらせていただいて幸せ」と喜びをかみしめた横浜は、「やることはやってきたと思うので、あとはどれだけ楽しんで、力を発揮できるか」と緊張の面持ち。「感動をお届けできるように頑張ります」と力を込めた。  山田は「すごく緊張しているんですが」とはにかみ、「『やればなんとかなる!』という千秋ちゃんの名言通り、頑張りたいと思います」とキャラクターのセリフを交えて宣言。主題歌と映像での参加となる神田は「バックステージでの皆さんの目の輝きや立ち居振る舞いを見ていても、安心して見られると思う」とキャスト陣の頼もしさに感心しきり。『ダンガンロンパ』シリーズの大ファンとのことで、「作品に寄り添いつつ、みんなの背中に寄り添いつつという気持ちで曲を書きました」と楽曲に込めた思いを明かした。  また、本舞台では、原作ゲームに引き続き、人気キャラクター・モノクマ役の声を大山のぶ代が務めている。認知症であることを公表している大山だが、声の収録に立ち会ったという松崎は「本当にお元気で、何よりキュートで」と様子を明かし、「あのお声でモノクマの声を当ててくださったことが、この舞台の最大の推進力になっています。そこも期待してください!」と晴れやかな笑顔を見せていた。  『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE~さよなら絶望学園~』は12月3日より12月13日までZEPPブルーシアター六本木にて公演。

  • ファッションまるかぶりの齊藤祐一郎プロデューサーと歌広場淳

    金爆・歌広場淳が2人? ファン歓喜の『ダンガンロンパ』イベントで新情報発表

    アニメ・コミック

     株式会社スパイク・チュンソフトが2日、六本木で『ダンガンロンパ プロジェクト発表会』を開催。舞台版に出演したAKB48・石田晴香、神田沙也加、声優の緒方恵美、内田彩、ゴールデンボンバーの歌広場淳らがゲストとして順次登壇するなか、「ダンガンロンパ」シリーズの新作ゲーム、新作アニメ、コミック新連載などが発表され、来場したファンから歓声や拍手が起きた。@@cutter 新作ゲームとして発表されたPS4およびPS Vita専用ソフト『ニューダンガンロンパV3‐みんなのコロシアイ新学期‐』は、完全新章を展開するシリーズの正当続編。テーマは従来よりも大人っぽさを加えた「サイコクール」。作中には「自分の嘘で論破する、という新しいチャレンジ」を盛り込むという。コミッククリアで『スーパーダンガンロンパ2 絶望的因果律の中の左右田和一』(星トマジロウ著)が2016年冬から連載することも発表された。  また、会場では完全新作となるTVアニメ『ダンガンロンパ3‐The End of 希望ヶ峰学園‐』の2016年放送も発表。ゲーム第2作後のストーリーを描き、「希望ヶ峰学園シリーズは本作で完結する」と明かされた。同アニメのPVが流れると、集まったファンからどよめきが起こった。2ではなく、3を制作する理由について岸誠二監督は、「同じこと(ストーリー)をやってもしょうがないと思った。1、2を大好きな人たち皆が楽しめるものにしたいと考えた」と説明している。  発表会終盤には、プロデューサー齊藤祐一郎がモノクマファッションで登場。その後、同じモノクマファッションで登場した歌広場淳は、髪型からメイク、ファッションまでほぼ全てネタ被りしたことに「ハッキリ言って迷惑ですよ、齊藤さん!」とお怒りモード。「思いのほか、似てる。さっき(舞台裏でスタッフに)間違えられた」と明かしつつ、進行の仕事を着々と遂行。  さらにイベントでは、ゲームやアニメ版などでモノクマ役を務め、現在は認知症を公表している声優・大山のぶ代の音声メッセージも流れた。

  • 『どこでもいっしょ』×『ダンガンロンパ』コラボイラスト

    どこでもいっしょ、ダンガンロンパ&風来のシレンとコラボ 激カワなイラスト公開

    アニメ・コミック

     ソニー・コンピュータエンタテインメントの『どこでもいっしょ』シリーズと、スパイク・チュンソフトの『ダンガンロンパ』シリーズ、『風来のシレン』シリーズとのコラボが決定。各作品デザイナーによるイラストが公開となった。@@cutter スパイク・チュンソフトは、『ダンガンロンパ』シリーズと『風来のシレン』シリーズのデザイナーによる、『どこでもいっしょ』の人気キャラクター・トロとクロが両作品に迷い込んだかのようなイラストを制作。  一方のソニー・コンピュータエンタテインメント側は、『ダンガンロンパ』シリーズとのコラボではモノクマとモノミ風のトロとクロ、『風来のシレン』シリーズではシレンとアスカの衣装を着たトロとクロを描き下した。  これたのコラボイラストを使用したグッズが、9月9日より渋谷マルイにて開催される「希望ヶ峰学園購買部 拡大版~スパイク・チュンソフト 秋の大文化祭~」を皮切りに続々登場予定。詳細は各タイトル公式サイトにて随時発表されていく。

  • 『スーパーダンガンロンパ2~さよなら絶望学園~』制作発表会見の様子

    大山のぶ代、舞台『ダンガンロンパ』会見で肉声メッセージ 「また演じられて幸せ」

    アニメ・コミック

     舞台『スーパーダンガンロンパ2~さよなら絶望学園~』の制作発表会見が29日に都内で行われ、認知症であることを公表した声優・大山のぶ代からの音声コメントが到着。「先日、この舞台のためだけに新たなセリフを収録させていただきました。私は本当にモノクマが大好きなの。久しぶりにまたモノクマを演じることができてとても幸せです」と喜びの声が届けられた。@@cutter 本舞台は、大ヒットアクションゲームを原作に、ハイスピードな推理劇が展開する学園ミステリー。大山は原作ゲームに引き続き、人気キャラクター・モノクマ役を務め、既に舞台音声収録も終えている。会場には、大山から「うぷぷぷぷぷ、ワクワクのどきどきのステージの始まり始まり!お前らギロッポンで待ってるぞー!」とモノクマの雰囲気もたっぷりで元気な声が披露された。  収録に立ち会ったという演出家・松崎史也は、「本当にとてもお元気でした。とにかくキュートで、素晴らしかった。モノクマそのもので感動しました」と収録の様子を振り返り、感激しきり。「モノクマ役は大山さんしかいない」と力を込める。  また、この日は前作『ダンガンロンパTHE STAGE~希望の学園と絶望の高校生~』に出演し、江ノ島盾子役を熱演した神田沙也加も出席。今回は前作に引き続き、神田がボーカルを務める音楽ユニット・TRUSTRICKとして主題歌を担当するほか、舞台中でも映像出演を果たす。  「かかるたびに鳥肌の立つような音楽をつくれれば」とTRUSTRICKのBillyと目を合わせた神田。大山の声についても「ファンとしては非常にテンションがあがる」と期待いっぱいだ。主人公の日向創役を演じる横浜流星は、「前作とはまた違った、新しい作品をつくりたい」と意気込みを語っていた。  制作発表会見にはこの他、山田菜々、井上正大、須藤茉麻、高橋ユウ、椎名鯛造、水越朝弓、濱頭優、西洋亮、蜂谷晏海、千倉里菜、TEAM近藤、二梃木周平(ヒマワリ)、川島邦裕(野性爆弾)、いしだ壱成、鈴木拡樹らも登壇した。  『スーパーダンガンロンパ2~さよなら絶望学園~』は12月3日よりZEPPブルーシアター六本木にて公演。

  • 『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE ~さよなら絶望学園~』 モノクマ役に大山のぶ代

    大山のぶ代、病気発表後の初仕事は舞台『ダンガンロンパ』 モノクマの台詞も新録

    アニメ・コミック

     大山のぶ代が病気発表後の初仕事として、舞台『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE ~さよなら絶望学園~』のモノクマのボイスキャストを担当することが発表された。モノミ役も貴家堂子が担当し、原作も担当している2人が今回の舞台のためだけに台詞を新録したことも明らかとなった。さらに、前作の舞台に出演し、好評を博した神田沙也加の特別映像出演も決定した。@@cutter スパイク・チュンソフトの大ヒットゲームシリーズ2作目『スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園』を原作とした同舞台。超一流の才能を持つ高校生が集う「私立希望ヶ峰学園」の生徒たち16人が、修学旅行で訪れた南の島「ジャバウォック島」に閉じ込められ、脱出をかけてコロシアイ、犯人を探し出す学級裁判を強いられる様子を描く。  モノクマ役・大山とモノミ役・貴家は、原作でも同キャラクターの声を担当。本舞台は大山の病気発表後の初仕事となる。また、神田は前作『ダンガンロンパTHE STAGE~希望の学園と絶望の高校生~』で江ノ島盾子役を演じ好評を博し、今作では特別映像出演が決定。どのように登場するのか、注目が集まる。  横浜流星、井上正大、川島邦裕(野生爆弾)、いしだ壱成、伊波杏樹がメインキャストとして名を連ねる舞台『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE ~さよなら絶望学園~』はZEPPブルーシアター六本木にて12月3日~13日に公演。7月30日~8月9日の期間で、公式サイトにて抽選選考特別受付の実施も決定。詳細は公式サイトまで。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access