クレヨンしんちゃん 関連記事

  • 『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』ティザービジュアル

    『映画クレヨンしんちゃん』新作、三つどもえの“ひろし争奪戦”予告到着

    アニメ・コミック

     『映画クレヨンしんちゃん』シリーズの最新作『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』から予告編映像が解禁。公開された映像には、伝説の秘境を舞台にした“ひろし争奪戦”が描かれている。@@cutter 本作は、シリーズ最高興収22.9億円を記録した『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 ~サボテン大襲撃~』を手がけた橋本昌和監督がメガホンをとる劇場版27作目。新婚旅行に行ってなかったひろし&みさえが、家族で参加OKの激安新婚旅行ツアーに参加するも、ひろしが謎の仮面族にさらわれてしまう。旅行はやがて、野原一家vs謎の仮面族vs世界中から集まったトレジャーハンター達によるし烈な“ひろし争奪戦”へと発展していく…。  このたび解禁された予告編映像は、オーストラリアのキレイなビーチで水遊びをしたり、可愛いコアラを抱っこしたりと、野原一家の新婚旅行の様子からスタート。しかし幸せなムードが一転、突如謎の仮面族にとらわれ、猛スピードで走るコアラ列車の上に縛られているひろしの姿が映し出される。  さらに映像の中には、お宝を求めて世界中から集結したトレジャーハンターたちと、ひろしを取り返そうと奮闘するしんのすけたちの姿も収められており、伝説の秘境を舞台に、野原一家が遭遇する危機の数々が描かれている。  『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』は2019年4月19日より全国公開。

  • 『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』ティザービジュアル

    『映画クレヨンしんちゃん』最新作、ティザービジュアル公開

    アニメ・コミック

     映画『クレヨンしんちゃん』シリーズの最新作『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』からディザーポスタービジュアルが解禁。公開された画像には、トレジャーハンターの衣装を身にまとったしんのすけの姿が描かれている。@@cutter 本作は、シリーズの最高興収22.9億円を記録した『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 ~サボテン大襲撃~』を手がけた橋本昌和監督メガホンをとる劇場版27作目。新婚旅行に行ってなかったひろし&みさえが、家族で参加OKの激安新婚旅行ツアーに参加するも、ひろしが謎の仮面族にさらわれてしまう。旅行はやがて、野原一家vs謎の仮面族vs世界中から集まったトレジャーハンター達によるし烈な“ひろし争奪戦”へと発展していく…。  このたび公開されたティザーポスタービジュアルには、オーストラリアの広大な大地の上に一人困惑した表情でたたずむしんのすけの姿が描かれており、その隣には、「こんなの聞いてなかったゾ。」とのセリフが。さらに、トレジャーハンターの衣装を身にまとったしんのすけの姿はなぜかボロボロ。幸せいっぱいの新婚旅行のはずが、大騒動に巻き込まれる野原一家の大冒険を予感させるデザインに仕上がっている。  また併せて本作の前売券特典情報も解禁。前売券特典の「もふもふ抱っコアラしんちゃん」は、野原家が新婚旅行で訪れるオーストラリアにちなみ、コアラに扮したしんのすけがフィギュアになったもの。ボールチェーン付きで鉛筆にもくっつくことができる。  『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』は2019年4月19日より全国公開。

  • 『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』アイコン

    『映画クレヨンしんちゃん』第27弾公開決定 野原一家がハネムーンへ

    アニメ・コミック

     映画『クレヨンしんちゃん』シリーズ最新作『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』が、2019年4月19日に公開されることが分かった。今回はオーストラリアを舞台に、さらわれてしまったひろし奪還のため、しんのすけとみさえ達による大冒険が繰り広げられる。@@cutter 映画『クレヨンしんちゃん』シリーズ27作目となる本作は、シリーズ3作品で監督を務めた橋本昌和がメガホンを取る。シリーズの最高興収22.9億円を記録した『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 ~サボテン大襲撃~』を手がけた橋本監督が、新たに笑いと感動を届ける。  映画のサブタイトルは、某アドベンチャー名作映画へのオマージュも込めて<失われたひろし>。新婚旅行に行ってなかったひろし&みさえが、家族で参加OKの激安新婚旅行ツアーに一家で参加。しかし、旅先で待っていたのはモーレツデンジャラスな大冒険だった…!? 本作では野原家の大黒柱・ひろしが物語のカギとなり、野原一家vs謎の仮面族vs世界中から集まったトレジャーハンター達による熾烈な“ひろし争奪戦”が繰り広げられる。  また映画のタイトルロゴとアイコンも公開。某映画へのオマージュが盛り込まれ、ハットをかぶり、冒険家に扮したしんちゃんが大きな岩に追われて走る姿のアイコンは本作ならではの仕上がりとなっている。  『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』は、2019年4月19日公開。

  • 野原しんのすけの声を担当してきた矢島晶子

    矢島晶子のラストしんちゃん 最後のセリフは「オラ、毎日楽しい」

    アニメ・コミック

     声優の矢島晶子が主人公の野原しんのすけ役を担当する最後の『クレヨンしんちゃん』(テレビ朝日系/毎週金曜19時30分)が29日に放送され、ファンからは「涙出た」「マジで泣いたわ」といった感動の声が上がった。@@cutter 本作は、漫画家の臼井儀人の同名タイトルの原作のアニメ化で、1992年より放送。矢島は放送開始から「しんちゃん」の愛称で親しまれている主人公しんのすけの声を担当してきたが、今月、「キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現が出来にくくなってしまった為」として降板することを発表。後任には、『デュエル・マスターズ!』の切札ジョー役などを担当してきた小林由美子が決まっている。  サブタイトルで「いつものオラだゾ」と題された、矢島が担当する最後の回。しんちゃんが大好きなアクション仮面を観ながら高笑いを真似してみせたり、代名詞の「ケツだけ星人」を繰り出したり、サブタイトルどおりいつものしんちゃんを演じきってみせた。矢島の最後のセリフは「ああ、オラ、毎日楽しい」だった。  ファンからは、「お疲れ様でした!!」といった労いの声や「ありがとう」といった感謝の声が集まった。特に最後のセリフには感動を覚えたファンも多かったようで「涙出た」「いつものオラだゾはマジで泣いたわ」といった声が集まった。

  • 『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』公開記念舞台挨拶に登壇した百田夏菜子、野原しんのすけ、関根勤

    関根勤、娘・麻里にケツケツダンス伝授「しんちゃんのように育てた」

    アニメ・コミック

     関根勤とももいろクローバーZ(百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、高城れに)が14日都内で、ゲスト声優・主題歌・挿入歌を担当した『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』の公開記念舞台挨拶に登場。関根は、娘でタレントの関根麻里の幼少時にケツケツダンスを伝授したと語り、「しんちゃんのように育てると成功するんですよ」と笑った。@@cutter 同作は、アニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場版シリーズ第26作目。春日部の中華街「アイヤータウン」で流行する「ブラックパンダラーメン」を食べた人々が凶暴化してパニックに。春日部のピンチにしんのすけたちが立ち向かう。  高城は「みさえさんと私のお母さんは骨格が似てる。声も似てるし、喋り方のトーンもそっくり」と言い、得意だというしんちゃんの声マネでみさえと野原一家を再現。会場を盛り上げた。  関根はそんな二人のやり取りを見て、娘の麻里の幼少時は「ひろしとしんちゃん(のような関係)だった」と述懐。「(麻里は)お尻出してケツケツダンスをやっていた。しんちゃんのように育てると成功するんですよ」と笑い、現在は孫にもケツケツダンスを伝授していると明かした。  また、本作のやみつきになる「ブラックパンダラーメン」にちなんで、キャストそれぞれが“やみつきになっているもの”をイラストで紹介。高城は「リップ集めにハマっている。普段から10本くらい持ち歩いている。リップを塗ることがやみつきでやめられない。今日も赤リップを爆盛りしている」と話した。  イヤリングにハマっていると回答した百田は、イラストが「もうちょっと中に入っていたらホクロに見える」と関根にツッコまれると「ほくろフェチなんですよ」と告白。「人のホクロも好きだし、自分でも新しいホクロとかできると…」と語っていると、しんちゃんから「オラにホクロがないかちょっと…!」と服をめくって迫られ、照れ笑いを浮かべていた。  今回の舞台挨拶にはももいろクローバーZや関根、高橋渉監督のほか、矢島晶子、ならはしみき、森川智之が出席した。  『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』は、全国公開中。

  • 水島裕、置鮎龍太郎ら『映画クレヨンしんちゃん』出演決定

    水島裕、置鮎龍太郎ら『映画クレヨンしんちゃん』出演決定

    アニメ・コミック

     シリーズ26作目の最新作『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』に水島裕、置鮎龍太郎、真殿光昭、勝杏里、廣田行生ら人気声優の出演が決定した。@@cutter 『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』は、映画クレヨンしんちゃんの最新作。監督は、シリーズ22作目『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』で初監督を務め、興行収入18.3億円を記録し、24作目『映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』では21.1億円を記録した高橋渉がメガホンをとる。  今回の舞台は、春日部にある中華街“アイヤータウン”。そこで突如ラーメンパニックが巻き起こる。一度食べるとヤミツキになる謎のラーメン“ブラックパンダラーメン”が大流行するが、実はそのラーメンは、食べた人を凶暴化させてしまう危険なものだった。ピンチを救うべく、“兄弟子”マサオとともに伝説のカンフー、ぷにぷに拳を習うしんのすけたちカスカベ防衛隊が、アイヤ―タウンを救うため立ち上がる。  本作は、ストーリーにカンフーが絡んでくることもあり、アニメファン・カンフー映画ファンから熱い支持を受ける実力派声優陣が集結。伝説のカンフー“ぷにぷに拳”の最終奥義の鍵をにぎる精霊“ぷにぷにの精”役には、ブルース・リーやジャッキー・チェンといった名優との共演を果たしてきたサモ・ハン・キンポーを始め、数々のカンフーアクション映画で欠かすことのできない俳優の吹き替えを数十年に渡り務めてきた水島裕が演じる。  また、悪の組織・ブラックパンダラーメンの刺客“ヌン”役を置鮎龍太郎が、同組織の刺客“チャック”役を真殿光昭が務め、悪役コンビを演じる。加えて、“地上げ屋”役には勝杏里。悪の組織・ブラックパンダラーメンの大ボス、“ドン・パンパン”役には声優界の重鎮、廣田行生とアニメファン歓喜の声優陣が出演することが発表された。  『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』は、4月13日より公開。

  • 関根勤、「孫に2日会えないとおかしくなる」禁断症状明かす

    関根勤、「孫に2日会えないとおかしくなる」禁断症状明かす

    アニメ・コミック

     関根勤、ANZEN漫才(みやぞん、あらぽん)、野原しんのすけが、21日に都内で開催された『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』の公開アフレコに出席した。関根は物語に絡めて禁断症状を聞かれると「孫に2日会えないとおかしくなる」と告白し、みやぞんやあらぽんを笑わせた。@@cutter シリーズ26作目となる本作は、しんのすけらカスカベ防衛隊が、中華街・アイヤータウンを舞台に、伝説のカンフー“ぷにぷに拳”の修行に励むとともに、食べた人を凶暴化させてしまう“ブラックパンダラーメン”の謎に迫る姿を描く。  劇中でしんのすけたちに“ぷにぷに拳”を教える師匠役を務めた関根は、『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』以来、17年ぶりのシリーズ参加。「嬉しいですね~。以前は娘の麻里と見に行きまして、ちょっとしか出てなかった」と振り返り、「今回は結構出てるんでね、孫も2歳なんですけど、見たいって言ってね。親子で、皆で行こうと思ってる」と笑顔を見せた。  劇中であらぽん扮する男が、ラーメンが食べられなくなった結果、禁断症状を起こすことに絡め、自身の禁断症状に話が及ぶと、「孫に2日会えないとおかしくなる」と自嘲。また「昨日も夜2時間だけ会いに行きました。一緒にお風呂に入った。2歳4ヵ月ですね。もうかわいいですね。孫と一緒にいる時間は、この人生の中で辛かったこと、嫌だったこと、すべてが消え去ります」と溺愛ぶりをのぞかせた。  一方、自身そっくりなミヤ・ゾンに声を当てたみやぞんは、「そのままでいいですって言われて、そのままでやったらOKだったっていう感じ」と回想し「嬉しかったです。大好きなしんちゃんの声優ができて」と満足気だ。事務所の大先輩で、幼いころから活躍を見てきたという関根との共演に関しては「夢のまた夢、の夢のまたその夢の…」と感動している様子。関根は「一緒に仕事もしたし、安心感があった。ここに青年座の人がいたら、俺、緊張するもん(笑)」と話していた。  『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』は4月13日公開。

  • 『映画クレヨンしんちゃん』、ももクロ主題歌使用の予告解禁! ナレはおなじみ立木文彦

    『映画クレヨンしんちゃん』、ももクロ主題歌入り予告解禁! ナレはおなじみ立木文彦

    アニメ・コミック

     『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』の最新予告編とポスタービジュアルが解禁された。予告編では、主題歌を手掛けるももいろクローバーZの楽曲流れ、またももクロファンにはおなじみの声優・立木文彦のナレーションが入るという“モモノフ”にはたまらない映像となっている。@@cutter 『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』は、映画クレヨンしんちゃんの最新作。監督は、シリーズ22作目『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』で初監督を務め、興行収入18.3億円を記録し、24作目『映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』では21.1億円を記録した高橋渉がメガホンをとる。  今回のクレヨンしんちゃんは、春日部にある中華街“アイヤータウン”が舞台。そこで突如巻き起こるラーメンパニック。謎のラーメン“ブラックパンダラーメン”という一度食べるとヤミツキになるラーメンが大流行。でもそのラーメンは、食べた人を凶暴化させてしまう危険なラーメンだった。ピンチを救うのは、カスカベ防衛隊の足をいつもひっぱりがちな小心者のマサオ!? 兄弟子であるマサオとともに伝説のカンフー、ぷにぷに拳を習うしんのすけたちカスカベ防衛隊が、アイヤ―タウンを救うため立ち上がる。  公開された最新予告編では、ももクロの楽曲のほか、ゲスト声優の関根勤&ANZEN漫才も登場。 加えて、関根演じる師匠が“ぷにぷに拳”の極意ともとれる「ぷにぷにが平和の秘訣なのじゃあ~」と飄々とのたまう本予告のナレーションを、立木が担当。立木はももいろクローバーZの楽曲「Z伝説~終わりなき革命~」やライブ演出などでも度々登場する、知る人ぞ知るナレーター。ももクロの楽曲「笑一笑 ~シャオイーシャオ! ~」が背景に流れ、立木のナレーションが入るという、ももクロのファン、通称“モノノフ”にはたまらない予告映像となっている。  『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』は、4月13日より公開。

  • 関根勤、しんちゃんの“カンフー師匠”に! ANZEN漫才と映画『クレしん』ゲスト出演

    関根勤、しんちゃんの“カンフー師匠”に! ANZEN漫才と映画『クレしん』ゲスト出演

    アニメ・コミック

     関根勤が、『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』に、しんちゃんの“カンフー師匠”役でゲスト声優に決定。さらに、ANZEN漫才のみやぞん・あらぽんの出演も決まった。ANZEN漫才の2人はアニメ声優初挑戦となる。@@cutter 『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』は、映画クレヨンしんちゃんの最新作。監督は、シリーズ22作目『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』で初監督を務め、興行収入18.3億円を記録し、24作目『映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』では21.1億円を記録した高橋渉。しんのすけたちカスカベ防衛隊が春日部はもちろん、カンフー大国中国でも大暴れをする。  今回ゲスト声優に発表された関根が演じるのは、しんちゃんたちカスカベ防衛隊に伝説のカンフー“ぷにぷに拳”を教える師匠、という映画のキーマンとなる役。関根は『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』以来、17年ぶり2度目の出演。芸能界きっての“しんちゃんファン”の関根は「師匠の役は年齢が高めなので、大滝秀治さん、あるいは拳法ですから、千葉真一さん、藤岡弘、さんもどうか、でも“ぷにぷに拳”なので飄々とした柔らかい感じで、『酔拳』の時のジャッキーの師匠をイメージしたりと、色々役作りのイメージをしました」と、関根がモノマネを得意とする国内外の俳優を役作りにイメージしたようだ。  さらに、初アニメ声優に挑戦するANZEN漫才の二人からコメントが到着。みやぞんは「しんちゃんと共演するって!実感わかないですけども。実感わかないながらに言わせてもらうと、ホントの意味で実感わかないです」と喜びのあまりパニックの様子。また、相方のあらぽんは「芸歴ではしんちゃんの方が上なので、僕はもう『クレヨンさん』と呼びたいです」と芸能界の大先輩との共演に気合十分のようだ。  『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』は、4月13日より公開。

  • 新体制ももクロ、初仕事はしんちゃんと! 映画『クレしん』主題歌&ゲスト声優出演

    新体制ももクロ、初仕事はしんちゃんと! 映画『クレしん』主題歌&ゲスト声優出演

    アニメ・コミック

     今年結成10周年を迎え、4人体制となった新生ももいろクローバーZ(以下、ももクロ)が、映画『クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』の主題歌を務めることが決定。新体制での初仕事に、ももいろクローバーZは「今回こうしてしんちゃんのお仕事をやらせていただくことになりました。あのしんちゃんとのコラボレーションということで、ドキドキとワクワクが止まりません。皆さん是非楽しみにしていてください!」とアピールした。@@cutter ももクロは、2018年5月17日に結成10周年を迎える、百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、高城れにの4人によるガールズユニット。2012年には結成当時からの目標であったNHK紅白歌合戦に初出場を果たし、2014年女性グループ初&史上最速結成6年で国立競技場でのワンマンライブを開催。そして、今月21日「ももいろクローバーZ 2018 OPENING ~新しい青空へ~」のステージを最後に、有安杏果がももいろクローバーZを卒業し、4人体制となった。  本作の主題歌を務めることに対し、ももクロは「私たち自身、笑顔というのを一番大事にしていて、ももいろクローバーZというグループの名前の由来も『笑顔を届けるために』というものなので、“笑顔代表”として皆にこの歌を届けたいと思いました」と語り、「あのしんちゃんとのコラボレーションということで、ドキドキとワクワクが止まりません」と喜びのコメントを寄せている。    また、今回は主題歌だけでなく劇中歌、そしてメンバー全員でアイドルグループ“くろぐろクローバーZ”としてゲスト声優出演も果たす。「声優としてしんちゃんと作品の中で共演するのは本当に嬉しいです」と話すももクロは、「しんちゃんは5歳だけど芸歴は大先輩なので、ちゃんと今回はしんちゃんを見習って頑張りたいと思います」と、“大先輩”しんちゃんの背中に学ばせてもらうようだ。  ももクロが主題歌と劇中歌、声優出演もする『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』は、春日部にある中華街“アイヤ―タウン”が舞台。伝説のカンフー、ぷにぷに拳を習うことになったしんのすけたちカスカベ防衛隊は、カンフー娘(ガール)・ランと共に修行に励む。一方アイヤ―タウンでは、謎のラーメンが大流行。その名も…“ブラックパンダラーメン”。1度食べるとヤミツキになり、凶暴化してしまうというおそろしいラーメンだった。突然襲ってきたラーメンパニックからアイヤ―タウンを救うため、カスカベ防衛隊が立ち上がる。  『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』は2018年4月13日より公開。

  •  潘めぐみもヒロインで出演! 劇場版『『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』ポスタービジュアル解禁

    『映画クレヨンしんちゃん』予告&ビジュアル解禁! 潘めぐみがヒロイン・蘭役で出演

    アニメ・コミック

     国民的人気アニメ『クレヨンしんちゃん』のシリーズ26作目となる劇場版最新作『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』の予告映像とティザーポスタービジュアルが解禁された。また、本作のキーパーソンであるヒロイン役として、アニメ『HUNTER×HUNTER」のゴン=フリークス役などで知られる潘めぐみの出演が発表された。@@cutter 本作は、春日部にある中華街・アイヤ―タウンを中心に、しんのすけ(CV:矢島晶子)たち“カスカベ防衛隊”のメンバーが活躍するアクション作。マサオくん(CV:一龍斎貞友)の誘いでカンフー“ぷにぷに拳”を習うことになったカスカベ防衛隊。カンフー娘・玉蘭(CV:潘)と共に修行へ励んでいた面々であったが、ある日、アイヤータウンで人を凶暴化させるという“ブラックパンダラーメン”のパニックに巻き込まれることに…。  解禁された予告映像では、ぷにぷに拳の修行へ打ち込むカスカベ防衛隊の姿や、突如として“凶暴化”してしまった園長先生(CV:森田順平)やまつざか先生(CV:富沢美智恵)らおなじみの大人たちが街中を歩き回る光景、そして、“ノースタント”でパニックへと立ち向かうしんのすけたちの姿が映し出されている。  また、ポスタービジュアルは夕日をバックに、何かへと立ち向かおうとするカスカベ防衛隊の面々が登場。しんのすけは手にナルトのぬんちゃくを、風間くん(CV:真柴摩利)は手にれんげを持っていたりと、中華街を舞台にした本作の世界観が伝わるような仕上がりとなっている。  また、自身にとって『クレヨンしんちゃん』は「幼い頃から、私の元気の源、心の栄養でした」と語る潘は、幼少期には「気がつけば、おしりで歩く練習をしていた」と告白。「いつもそばで笑顔をくれた、感動をくれた、しんちゃんたちと一緒に、こうして共演させて頂けるなんて、夢のようです」と思いを寄せ、自身の役柄をふまえ「名前の響きからして、気になる彼女ですが、とても可愛らしく、正義感の強い女の子です。心技体すべてをかけて、全力で挑ませて頂きます」とアフレコへの意欲を示す。  劇場版『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』は、2018年4月13日より全国公開。

  • しんのすけ、カンフーに挑戦!?『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』

    しんのすけ、カンフーに挑戦!?『映画クレヨンしんちゃん』新作決定!特別映像解禁

    アニメ・コミック

     『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』の製作が決定し、特別映像が解禁された。映像にはカンフー着に身をつつみ、真剣に型を披露するしんのすけの姿が描かれている。@@cutter 本作は、国民的人気アニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場版シリーズ第26弾。今作でしんちゃんが挑むのはカンフー。春日部の中華街“アイヤータウン”を舞台に、しんのすけとカスカベ防衛隊が大活躍する。監督を務めるのはWebアニメ『クレヨンしんちゃん外伝 お・お・お・のしんのすけ』(17)でシリーズ構成を手掛ける髙橋渉。  果たして今回はどんな騒動が繰り広げられるのか。全編ノースタントで挑む、しんのすけのカンフーアクションに注目だ。  『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』は、2018年GW全国公開。

  • 『クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ』公開アフレコイベントに出席した、志田未来

    志田未来、しんちゃんからのラブコールも理想のタイプは「しんちゃんのお父さん」 

    アニメ・コミック

     『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』の公開アフレコが22日、都内で行われ、謎の宇宙人シリリの父親役の宮迫博之、シリリと野原一家に近づく謎のエージェント・モルダダを演じた蛍原徹、本人役で登場した志田未来が出席した。志田はしんちゃんからの熱烈ラブコールを受けたものの、理想のタイプはしんちゃんの父・ひろしだと告白し、しんちゃんを失望させていた。 @@cutter 本作は、国民的人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版シリーズ第25弾。突然現れた宇宙人シリリによって、家族全員が子どもになってしまった野原家が、元通りになるためにシリリの父親を探す旅に出る姿を描く。  宮迫と蛍原にとっては『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』以来15年ぶりとなる『クレヨンしんちゃん』のアフレコ参加。宮迫は「前回のアフレコの時に子どもが生まれたのですが、いま15歳ですよ」としみじみと語っていたが、当時を含め、本作での蛍原とのセリフの量に触れ「蛍原さんとは倍以上セリフの量が違うけど、ギャラってどうなってんの?」と発言し、会場を盛り上げていた。  一方の蛍原は「僕の子どもは5歳になったのですが、『クレヨンしんちゃん』の映画に出ることだけで自慢になる。セリフの量ではなく質ですよ」と人気作品への出演に胸を張ったが「子どもからは、ピコ太郎は出ているのっていわれたんですけれどね」とこちらもオチをつけて会場を笑わせていた。  アフレコ開始からしんちゃんの熱いラブコールを受けていた志田は「本当にしんちゃんが大好きなので、映画に出演できるなんて幻のような気分です」と喜びを爆発させると、本人役での出演に「しんちゃんに私自身を認識してもらえるなんて」と感無量な表情を浮かべていた。そんな志田のコメントに気を良くしたしんちゃんは、志田を壁際に追い詰めると「壁ドン」を披露すると、嬉しいような困ったような志田が苦笑いを浮かべる場面もあった。  映画『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』は、4月15日より全国公開。

  • 『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』ビジュアル

    野原一家、全員子ども!? 映画『クレヨンしんちゃん』ビジュアル&予告編解禁

    アニメ・コミック

     映画シリーズ25周年を迎える『クレヨンしんちゃん』の最新作『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』の予告映像とビジュアルが解禁となった。映像では、ゲスト声優の雨上がり決死隊(宮迫博之、蛍原徹)2名が演じる新キャラクター・シリリの父とモルダダも登場。ビジュアルでは、しんのすけがシリリを背負い、疾走する様を描いている。@@cutter 本作は、映画『クレヨンしんちゃん』の25周年記念作品。壮大なストーリーに笑いと感動を詰め込み、宇宙規模のおバカしんのすけと謎の宇宙人シリリが大暴れする。    物語は、ある日、野原家にやってきた宇宙人“シリリ”の謎のビームを浴び、ひろしとみさえが25歳若返り子どもの姿になってしまうところから始まる。大人に戻るため、シリリと野原家は日本のどこかにいるシリリの父親を捜しに日本縦断の大冒険へ出発する。しかしその裏ではシリリの父親が企む“巨大な陰謀”が進行。果たして野原一家は、地球のピンチをすくうことができるのか…。  今回、解禁された予告編では、本作の主題歌を手掛ける高橋優が書き下ろした「ロードムービー」が収録されているほか、ひろしの「見た目はこどもでも、俺はこいつらの父親だ!」という力強いセリフなどもあり、心を打つ印象的な映像となっている。  『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』は、4月15日より全国ロードショー。

  • 『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』雨上がり決死隊が15年ぶり登場

    雨上がり決死隊、15年ぶり2度めの『映画クレヨンしんちゃん』ゲスト声優決定!

    アニメ・コミック

     今年映画25周年を迎えるアニメ映画『映画クレヨンしんちゃん』シリーズの最新作『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』(4月15日より全国公開)にてお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之と蛍原徹がゲスト声優に決定した。2人のゲスト声優出演は、2度目・15年ぶりとなる。@@cutter 本作はある日突然、野原家にやってきた宇宙人シリリの謎のビームで、野原一家が全員子供になってしまうことで巻き起こる騒動を描いた奇想天外ムービー。監督・脚本は、シリーズ最高興行収入を記録した『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~』を手掛けた橋本昌和が担当。さらに、主題歌は高橋優の「ロードムービー」。  宮迫が演じるのは、シリリの父。シリリの謎のビームで子供になってしまったしんちゃんの父・ひろしと母・みさえを元に戻せる唯一の存在だが、裏では地球の人類を脅かす巨大な陰謀を企てている本作屈指の超重要キャラクター。さらに相方・蛍原が演じるのは、シリリと野原一家を追う謎のエージェント・モルダダ。シリリと野原一家を陰からじっと監視し追いかけまわす謎の男で、全てがベールに包まれている。  雨上がり決死隊の2人の出演は2002年の『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』以来。今回の出演に対して宮迫は「15年前は、嫁から『今日何の仕事?』と聞かれて、「クレヨンしんちゃん」って答えたら、そんな光栄な仕事があると思われなかったからか、『「クレヨンしんちゃん」の仕事ってなに?』って言われたまま、無言で家を出てきたのを覚えています。」と面白エピソードを交えながら振り返り、今回の再オファーに喜びの声を上げている。  また蛍原も、前回の出演であまり多く出番がなかったことを回想しながら「あれから、結婚して、今ちょうどしんちゃんと同い年の5才の娘がいます。このタイミングでのオファーには運命を感じますね。丁度、娘がしんちゃんをリアルタイムで見ているので、今回は子供にも自慢できます」と今回の出演に対しての喜びを語っている。  『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』は4月15日より東宝系にて全国公開。

  • 16年ぶりにぶりぶりざえもんが復活!新声優には神谷浩史

    “ぶりぶりざえもん” 神谷浩史の声で復活 塩沢兼人さんの後輩として「心から幸せ」

    アニメ・コミック

     昨年、マンガ連載開始から25周年を迎え、今年の4月にはテレビアニメ25年目に突入した『クレヨンしんちゃん』。記念すべきアニバーサリーイヤーにふさわしく、伝説のキャラクター・ぶりぶりざえもんが16年ぶりに復活することが決定。新声優を神谷浩史が担当する。@@cutter ぶりぶりざえもんは、『クレヨンしんちゃん』の主人公・野原しんのすけのお絵描きから生まれた“救いのヒーロー”。しかし、ヒーローでありながらたった3時間しか稼働できないばかりか、高額なおたすけ料を請求。しかも「私は常に強い者の味方だ」と言ってあっけなく敵に寝返ってしまう、清々しいほどの卑怯者でもある。  1994年9月から“クレヨンしんちゃん外伝”ともいえる『ぶりぶりざえもんのぼうけん』シリーズがスタート。だが2000年、当時声優を担当していた塩沢兼人さんが不慮の事故により他界。以降、ぶりぶりざえもんがアニメに登場することはあってもセリフなしの出演となっていた。  今回、新担当となった声優の神谷は「塩沢兼人さんと同じ事務所の後輩として心から幸せを感じています!本当に声優を続けていて良かった。偉大なる先代を知っている方もそうでない方も、温かく見守っていただければ幸いです!」と大先輩の遺志を継ぐ決意を語った。  そんな神谷について、ムトウユージ監督は「16年の時を経て、今の時代にぶりぶりざえもんが出来るのはこの男しかいない。ニヒルな面と卑怯者の面、そのギャップをうまく表現してくれている」と絶賛している。  『クレヨンしんちゃん ぶりぶりざえもんの冒険』はテレビ朝日系にて、5月13日と20日19時30分~19時54分に2週連続放送。

  • 『映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃』安田顕×吉瀬美智子インタビュー

    吉瀬美智子、安田顕の語るTEAM NACSの絆に「うらやましい!」

    アニメ・コミック

     大人からも絶大な支持を集める映画『クレヨンしんちゃん』シリーズ。第24弾となる『映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃』では親から子への無償の愛と、仲間との友情をしんちゃんワールドならではの大きな笑いとともに伝えてくれる。ゲスト声優の安田顕と吉瀬美智子も「最高傑作になるのでは」と完成作を絶賛。父・母でもある二人に子供への愛や、仲間との絆について聞いた。@@cutter 夢の世界を舞台に、嵐を呼ぶ5歳児・しんのすけが大暴れする本作。安田が、物語の鍵を握る謎の転校生・サキの父親役を。吉瀬がサキの母親役を演じる。高橋渉監督とともに劇団ひとりが共同脚本を担い、親から子への愛情があふれ出すような内容となったが、脚本を読んだ安田は「親としても共感できる部分がたくさんあった」、吉瀬も「大人でも子供でも、誰が見ても笑えて泣ける作品だと思った」と大いに胸を打たれたそう。  実生活で小学生の娘を持つ安田は、本作への参加を愛娘がとても喜んでくれたとか。一方の吉瀬も2歳児の母親だ。吉瀬は「毎日が成長ですね。先日おにぎりを食べているときに、私の口に海苔がついていたみたいで。娘が『ママ、ついているよ』といって取ってくれようとしたんです。なかなか海苔が取れなかったんですが、そうしたらティッシュを持ってきて拭いてくれたりして。『こんなこともできるようになったの!?』と感激してしまいました」と娘の成長ぶりに目を細める。  すると安田は「その年頃のお子さんは1日1日、成長を見ることができますよね」としみじみ。「日々変わっていくからすごく楽しいし、感動しますよね。例えば、歯が抜けたことにしてもひとつひとつに感動する自分がいて。考えてみると、親子3人の写真をあまり撮ったことがないな。やっぱり撮っておくことも大事ですね」とこちらも子煩悩な一面をのぞかせる。@@separator 初共演で夫婦役を演じた2人。吉瀬は、真面目な顔で爆笑トークを炸裂させる安田に対して、「緊張を解きほぐしてくださいますし、本当に楽しい現場でした」と思わず笑みをこぼす。安田は「本当におきれいですよ」と吉瀬の美しさに見とれつつ、「でもお会いしてお話していると、すごくユーモアがあって気さくなんです。そういうギャップがまたステキだなと思って」と惚れ惚れ。会話のやりとりもとても心地よく、息ぴったり。ぜひ実写でも夫婦役を見てみたいものだが、「ふざけた夫婦になるかもしれませんね」と吉瀬。安田は「吉瀬さんと夫婦役をやれたとしたら、それだけで光栄なこと。妻の“ちょっと聞いてよ”という話をずっと“うんうん”と聞いている夫役を演じたいですね」と妄想を繰り広げる。  安田は、しんちゃんの幼稚園の友達で結成された「カスカベ防衛隊」の絆にも感動したそう。自身にとって、仲間の大切さを感じる瞬間はあるだろうか?すると「僕は“TEAM NACS”という演劇集団に所属していますから、一緒にお芝居をしていく中で“仲間っていいな”と思うことはありますね」と告白。「ちょっとだけみんな舌が長くなったり、顎が伸びればいいのに。そうすれば僕に仕事が来るのにと思ったりね。でもやっぱり仲間だからこそ、こうやって好き勝手なことが言えるんだと思います」。  吉瀬は「本当にうらやましい。一人でやっていると、一人で背負わなければいけないものもある。グループだと相談もできたり、グループだからこその楽しさもあると思う」と羨望の眼差し。女優として進む上では、「あまり貪欲に夢は見ない方なんです。日々、ひとつひとつクリアしているようなイメージ」とコツコツ型だとか。「周りのサポートがあってこそ。私は本当にラッキーなんです」とやはり仲間がいてこそ、やりたい仕事に向かうことができていると感謝の気持ちを語っていた。(取材・文・写真:成田おり枝)  『映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃』は4月16日より公開。

  • 『映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』公開アフレコイベントの様子

    安田顕、5歳児しんちゃんの前で下ネタ投下「浅野ゆう子さんが…」思春期のスケベな夢

    アニメ・コミック

     人気シリーズの劇場版第24弾『映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』の公開アフレコイベントが23日に都内で行われ、ゲスト声優を務める安田顕と吉瀬美智子が登壇。安田は5歳児の野原しんのすけ(以下:しんちゃん)の前で、思春期の頃に見た浅野ゆう子の刺激的な夢について明かし、爆笑をさらった。@@cutter 「夢の世界」を舞台に、しんちゃんが大暴れする本作。『ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』(14)の高橋渉監督がメガホンを取り、脚本は劇団ひとりと共に担当した。“夢”がテーマとなることから、今までに見た印象的な夢について聞かれた二人。安田は「小学校高学年から中学生の時期に、W浅野が非常に流行って」と口火を切り、「私も子どもながらに浅野温子さん、浅野ゆう子さんが大好きで。あるとき、浅野ゆう子さんがあられもない姿で夢の中に出てきた」と告白。    続けて「でも、子どもなので肝心なところを見たことがないので。そこだけ形になっていなかった」と、5歳児のしんちゃんの前でまさかの下ネタを投下。「でもこれ、しんちゃんですからね」と発言を後悔したものの、「そういう夢って、思春期の頃は見たりしますよね。強烈すぎて、他のが出てこない!浅野ゆう子さんに怒られそう」と苦笑いを見せ、会場の爆笑をさらっていた。    安田は、物語の鍵を握る謎の転校生・サキの父親であり夢の研究者役、吉瀬は、その妻であり、サキの母親役として本作に出演。公開アフレコではさすがの演技を見せ、これにはしんちゃんも「二人ともすごく上手」と絶賛する。    なんでもしんちゃんは吉瀬の大ファンとのことで、原作コミック50巻にも吉瀬が登場しているそう。しんちゃんは「ずっと昔から大好きよ。まだ5歳のはずだけど、大好き」と憧れの吉瀬を前にもじもじしながらコメント。吉瀬は「エロいね、しんちゃん」と言いながらも、「ありがとう。うれしい!」と大喜び。終始、吉瀬といちゃつこうとするしんちゃんを見て、安田は「本当に吉瀬さん、好きね!」とツッコミを入れていた。      『映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』は4月16日より公開。

  • 『映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃』ゲスト声優3名が発表

    安田顕『映画クレヨンしんちゃん』ゲスト声優に決定!吉瀬美智子と夫婦役

    アニメ・コミック

     人気演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーで、ドラマ『下町ロケット』の好演で話題となった俳優・安田顕が、吉瀬美智子、芸人のとにかく明るい安村と共に『映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃』に、ゲスト声優として出演することが分かった。@@cutter 本作は、劇団ひとりが高橋渉監督と共に脚本を担当したことでも話題になっている「映画クレヨンしんちゃん」シリーズ24作目。 アニメーションの魅力を存分に発揮できる「夢」というファンタジーの世界を舞台に、しんちゃんが大暴れする。  安田が演じるのは春日部の街にやってきた謎の少女・サキの父親であり、「夢」の研究者である貫庭玉夢彦(ぬばたま・ゆめひこ)。今回の出演に「お話しをいただき、とても嬉しく、長きにわたって子供たちに笑顔を与えてくれる作品に携わることができ、本当に光栄です」と喜びの心境を明かし「私が(役を)いただいた夢彦は、娘を愛するあまりに良からぬ方向へ向かってしまう博士です。シナリオを拝見し、目頭が熱くなりました」と心を動かされたことを語る。  夢彦の妻でありサキの母親の貫庭玉サユリ役を演じる吉瀬は「お話をいただいた時は『まさかクレヨンしんちゃんに私が…どんな役なんだろう?私で良いのかな?』とビックリしました」と驚いた様子。「自分自身の母親としての経験も活かしながら演じられればいいなと思います。ファンの皆さまの期待を裏切らない様に頑張ります」と意気込んだ。  また、夢の世界に“本人役”で登場する安村は、「昔から観てるアニメなのでオファーをもらった時はとても嬉しかったです!おしりを出してるしんちゃんに勝手に親近感沸いていたので、共演が楽しみ」とハダカ芸人ならではのコメント。「ファンの皆さん、今までの映画に負けない素晴らしい作品になるように頑張ります!」と気合十分だ。  『映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃』は4月16日より全国ロードショー。

  • 「クレヨンしんちゃん展」 東武百貨店 池袋店にて3月24日~4月5日に開催

    25周年記念『クレヨンしんちゃん展』開催決定! ひろしの“臭い靴下”も展示

    アニメ・コミック

     『クレヨンしんちゃん』が、2016年4月で25周年を迎えることを記念して、初となる展覧会「クレヨンしんちゃん展」を開催する。原作者・臼井儀人の初公開の原画展示やアトリエ再現のほか、しんのすけやシロと一緒に写真撮影ができるフォトスポット、みさえの手抜きレシピ&ひろしの“臭い靴下”再現など、作品世界を存分に楽しめる企画だ。@@cutter 『クレヨンしんちゃん』は、埼玉県春日部市に住む5歳の幼稚園児・野原しんのすけとその家族“野原一家”、そして周囲の人間が繰り広げる騒動を描いたギャグ漫画。現在もテレビ朝日系でアニメが放送されており、劇団ひとりが脚本に参加した劇場版最新作『映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃』の公開が4月16日に控えている。  今回の「クレヨンしんちゃん展」では、臼井先生の貴重な原画を展示し、ネームから原稿が完成するまでを見れるコーナーをはじめ、歴代映画の名シーンやキャラクターの名言集を楽しめるコーナー、小道具・衣装を揃えたフォトスポットコーナー、ゲームコーナーなど“遊べる”エリアも充実。作品の魅力を25年分たっぷり体感できる内容となっており、子どもだけでなく、かつて『しんちゃん』を見て育った大人も楽しめること間違いなしだ。  「クレヨンしんちゃん展」は、東武百貨店 池袋店にて3月24日~4月5日に開催。詳細はイベント特設サイトまで。

  • 劇団ひとり、『映画クレヨンしんちゃん』最新作で脚本として参加

    劇団ひとり、『映画クレヨンしんちゃん』で脚本執筆 シリーズ最高の感動作目指す

    アニメ・コミック

     劇場版シリーズ最新作『映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃』に、劇団ひとりが脚本として参加することがわかった。今作は、“夢の世界”を舞台とした大冒険を描き、2016年4月16日より全国公開となる。@@cutter 『映画クレヨンしんちゃん』は、しんのすけの初めての引っ越しとメキシコでの友情を描いた前作『オラの引越し物語~サボテン大襲撃~』がシリーズ最高興行収入を記録し、その不動の人気を証明した。最新作では、夢の世界で仲間を必死に助けようとするしんのすけの姿など、シリーズのどの作品よりも涙を誘う感動作を目指すという。  高橋渉監督と共に脚本を担当する劇団ひとりは、本作に参加するにあたり「国民的アニメであり、ファンも多い作品ですから、プレッシャーも大きかった」と明かす。だが「その世界観を壊さないように、かといって今までと同じにならないよう、スタッフの方々と何度も打ち合わせを繰り返し、7、8ヵ月ほどかけて推敲を重ねました」と口にする。  アニメという環境において「普段はテレビで仕事をしており、常に“予算を気にする脳みそ”になっていたので、画を好きに動かすことのできるアニメの自由な発想に切り替えるのは苦労しました」と吐露。また脚本を手掛けるにあたり「僕自身、5歳の娘がおり、娘と一緒に映画を見ることも少なくないのですが、片方が楽しんでいるときは、片方は退屈なんてことが良くあったので、僕も娘も同じように劇場で楽しめる作品に出来たらいいなと思って書きました」と、親子で楽しめる内容を意識した作品になっているようだ。

  • 『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃』PV場面写真

    人気声優・浪川大輔、“しんちゃん”PV&CMで初監督 主演は子役・加藤憲史郎

    アニメ・コミック

     『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃』ブルーレイ&DVD発売にあたり、人気声優・浪川大輔がPVとTV‐CMの監督&脚本に初挑戦。人気子役・加藤憲史郎が主演を務め、「大人も涙する」と評判の劇場版『クレヨンしんちゃん』に引けを取らない感動作に仕上がっている。@@cutter 本作では、映画シリーズ史上初めて野原家が春日部からお引越し。春日部の仲間たちとの別れを乗り越え、慣れないメキシコの土地・文化、そして動くサボテンに立ち向かっていく野原一家を描き、22年ぶりにシリーズ歴代最高記録を更新した大ヒットパニック・エンターテインメントだ。  本作でマリアッチ役を演じた浪川だが、今回監督・脚本としてPV(2分)とTV‐CM(15秒×3話)で描いたのは“パパにもママにも甦る、あのドキワク”。家で『クレヨンしんちゃん』のブルーレイを鑑賞する3人の子供たち。グイグイと物語に入り込み、泣いて笑って大絶叫の大忙しだが、映画がエンディングを迎えたそのとき異変が起こり…。  浪川は監督としてのオファーを受けた際を振り返り、「『しんちゃん』らしく意表をついてくるなぁと(笑)、一発でOKさせて頂きました。以前に映画を一度監督したことがあるのですが、TV‐CMは初めてだったので、シリーズの伝統を汚さないように、真剣に脚本を書かせて頂きました」と回想。また、「主演の憲史郎くんをはじめ、出演してもらったキャストの皆さんにも助けられ、映画の感動をお伝えできるものに仕上がったと思います。トリックにも気づいて頂けたら嬉しいです」とコメントを寄せた。  『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃』ブルーレイ&DVDは11月6日発売。浪川が監督したPVとTV‐CMは、10月20日よりバンダイビジュアル公式情報サイト「V‐STORAGE online」で公開を皮切りに、TVアニメ『クレヨンしんちゃん』10月23日放送回よりオンエア。

  • 『クレヨンしんちゃん』に10年以上携わる吉田有希プロデューサーにインタビュー

    プロデューサーが明かす何でも“アリ”な『クレヨンしんちゃん』ジブリ鈴木Pが標的に!?

    アニメ・コミック

     ゴールデンウィークの風物詩として1993年以来、年齢問わず多くの人に愛されてきた映画『クレヨンしんちゃん』シリーズ。23作目となる『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~』では、なんと野原家がホームタウン春日部からメキシコに引っ越してしまうという驚愕の展開!? が待っている。常に観る人々に笑いと感動を与えてくれる『クレヨンしんちゃん』の人気の秘密に迫る。@@cutter インタビューに登場していただいたのは、2005年の『映画クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ ブリブリ3分ポッキリ大進撃』で制作デスクとして参加以来、10年以上作品に携わっている吉田有希プロデューサー。「しんちゃん言葉」の監修ができるほどのツワモノだ。本作では、野原家が長年住んでいた春日部市からお引越しするというサプライズを仕掛けてきた。  「今回は、大きく設定を揺るがすようなことをやりたいという気持ちがありました。それが野原家の引っ越しというアイデアでした」と吉田氏。このニュースは、朝日新聞など全国紙で取り上げれらるほど話題になった。一方で「ただ、引っ越しといっても、どこで何をやるかが重要。そういえばパニックものはやってないなぁ…ということでメキシコに引っ越してサボテンに襲われるという話になりました」と笑いながら語る。  毎作、奇想天外なストーリーが魅力の『クレヨンしんちゃん』シリーズ。企画は「各社のプロデューサーや監督、ライターなどみんなが、大まかなものを出し合って、だんだんと絞っていく」という形式をとっており、原作者の臼井儀人さんが存命の時は、企画の前段階で、アイデアを出してもらったり、アドバイスをしてくれていたという。そんな臼井さんも今はいない。吉田氏は「臼井さんに感想をいただいたりするのが、作る側の人間にとっては励みになっていました」と寂しそうな表情を見せる。@@separator 本シリーズの魅力を「続きものですが、過去にとらわれず、何でもできちゃうところ」と語る吉田氏。これまでの作品を見ても、ひろしがロボットに改造されたり“ケツだけ星人”が出てきたりとやりたい放題。それでも「意図的に指示を出したことはありませんが『野原家ファイアー』的なものは、クライマックスに向かっていく中で、どの作品にも入っていますね」と“一致団結”が欠かせない要素であることを作り手は自然と意識しているようだ。  また吉田氏は「しんのすけが“何をやらかすんだろう”というのを皆さんは見たいんだと思う」と長年愛され続ける理由を語る。さらに、しんちゃん好きの子どもたちから「『妖怪ウォッチ』と『ドラえもん』と『しんちゃん』のコラボを見たいって言われたんです」というエピソードを披露すると「しんちゃんと絡むと、真面目な人はみんないじられちゃいますからね。それがどう出るか……」と「面白ければ何でもあり」と言いつつも、そのさじ加減の難しさを吐露した。  「しんちゃんにいじらせるなら……(スタジオジブリの)鈴木敏夫さんなんかキャラクターが立っているから面白そうですね(笑)。『何でいつも下駄履いてるの?』とか……」。「何でもアリ」な「クレヨンしんちゃん」だからこそ、実現しても決して不思議ではない話だ。そんな映画『クレヨンしんちゃん』シリーズ最新作について「本編の見どころは語るに及ばずですが、強いて言うなら風間君とシロのエピソード、特に風間君を抱きしめに映画館に来てください」とおすすめポイントをアピールしてくれた。(取材・文・写真:磯部正和)  『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~』は、4月18日より全国公開。

  • 『クレしん』映画最新作、主題歌はゆずの書き下ろし「OLA!!」に決定

    『クレしん』映画最新作、ゆずが主題歌担当! 劇中の描き下ろしキャラとしても登場

    アニメ・コミック

     シリーズ23作目となる『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~』(4月18日公開)の主題歌が、ゆずの「OLA!!」に決定。またゆずの2人は、描き下ろしのキャラクターとして本作に登場することも明らかとなった。@@cutter 前作『ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』は、歴代3位の興行収入を記録し、第18回文化庁メディア芸術祭のアニメーション部門優秀賞を獲得。『『映画クレヨンしんちゃん 』の魅力に改めて注目が集まる今、今作では原点に踏み込み、新しい生活の場で最強の5歳児しんのすけがどのように“世界中とご近所さん”になっていくかを描く。  春日部の仲間たちとの別れを乗り越え、慣れないメキシコの土地・文化、そして動くサボテンに立ち向かっていく野原一家を描いた本作で、主題歌を担当するゆず。楽曲のタイトル「OLA!!」は、本作の舞台となるスペインでの「こんにちは」を意味し、自身を「オラ」と呼ぶしんのすけとかけたタイトル。「老若男女に愛されるしんちゃんにふさわしい、みんなが元気に楽しく口ずさんだり踊ったりできる楽曲を目指した」というゆずが本作のために書き下ろした。  楽屋でも『クレヨンしんちゃん』を楽しんでいるというゆずは「国民的アニメといえる『クレヨンしんちゃん』の主題歌を務めさせていただくことになり、すごく嬉しく、光栄です」と喜びのコメント。また、「新しい挑戦として、『OLA!!』では世界中のいろんなアーティストと作品の中でコラボしています。ぜひ楽しみにしていてください」とアピールした。  さらに、自分たちが描き下ろしのアニメーションとして『クレヨンしんちゃん』の世界に登場することに「しんちゃんのアニメに自分たちが入れるなんて…めちゃくちゃうれしい!自慢したい!!」と大喜びのようだ。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access