実写化(ゲーム) 関連記事

  • 『ミンスターハンター』ハリウッド実写版のミラ・ジョヴォヴィッチ&ポール・W・S・アンダーソン監督

    ミラ・ジョヴォヴィッチ『モンスターハンター』実写版、2020年9月に全米公開決定

    映画

     カプコンのゲーム『バイオハザード』のハリウッド実写化を成功させたポール・W・S・アンダーソン監督と、女優のミラ・ジョヴォヴィッチ主演で進められているカプコンの人気ゲーム『モンスターハンター』の実写映画版。米ソニー・ピクチャーズが2020年9月4日(現地時間)の全米公開になると発表したという。comingsoon.netが報じた。@@cutter 2004年に初リリースされたゲーム版『モンスターハンター』。プレイヤーがそれぞれヒーローをカスタマイズして、片手剣やハンマーなどを武器にモンスター退治に乗り出すが、アンダーソン監督が書き上げた映画版のストーリーでは、数々のモンスターが生息する別世界に迷い込んだ国際連合軍の隊長アルテミス(ミラ)が主人公。アルテミスはその地で会ったハンター(トニー・ジャー)とタッグを組み、地球をモンスターたちの攻撃から守るために戦うことになる。  『モンスターハンター』実写版には、女優の山崎紘菜も出演。同作でハリウッドデビューを果たす。キャストは他に、俳優のロン・パールマンやディエゴ・ボネータ、女優のミーガン・グッドなどが名を連ねる。  撮影は10月より南アフリカのケープタウンで始まる予定。

  • 人気ボードゲーム「モノポリー」の実写映画版に出演するというケヴィン・ハート

    ボードゲーム「モノポリー」映画化、オスカー司会降板のケヴィン・ハートが主演か

    映画

     過去のツイートが問題視され、2月開催予定の第91回アカデミー賞の司会を降板した俳優のケヴィン・ハートが、人気ボードゲーム「モノポリー」の実写映画版で主演を務める可能性が高くなってきた。@@cutter The Wrapによると、ケヴィンが現在、最終交渉に入っているという。ケヴィンとアイス・キューブが共演する人気コメディ『ライド・アロング』シリーズで監督を務めるティム・ストーリーがメガホンを取るべく、やはり最終交渉に入っているという。ケヴィンとストーリー監督は、製作にも名を連ねるとのことだ。  日本でも発売されている「モノポリー」はアメリカ発のボードゲーム。土地や事業の売買、建物建設などで不動産の資産を増やしていき、他のプレイヤーを破産させて最後まで残った人が勝つというゲームだ。実写映画版には、ゲームの製造元である玩具メーカーのハズブロ系オールスパーク・ピクチャーズが、共同製作で参加する。  あらすじや他のキャストは不明。ボードゲームをベースにした映画では、ケヴィンも出演する映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』が2018年に大ヒットしたのが記憶に新しい。ケヴィンは2019年に全米公開予定の同作の続編にも出演予定。

  • 『アンチャーテッド』実写映画版で主演を務めるトム・ホランド

    ゲーム『アンチャーテッド』映画化、『10 クローバーフィールド・レーン』監督がメガホン

    映画

     2014年に映画化が伝えられて以来、なかなか制作にこぎ着けない人気ゲーム『アンチャーテッド』の実写映画版。2016年のSFミステリー『10 クローバーフィールド・レーン』のダン・トラクテンバーグ監督が、メガホンを取るとVarietyが報じた。@@cutter 米ソニー・ピクチャーズが進めているアクション・アドベンチャー・ゲーム『アンチャーテッド』の実写映画化。映画『ナイト ミュージアム』シリーズのショーン・レヴィ監督に決まっていたが、スケジュール調整が困難となり昨年12月に降板した。  主人公のトレジャーハンター、ネイサン・ドレイク(通称ネイト)役は、映画『スパイダーマン』シリーズの俳優トム・ホランドに決まっている。海外ドラマ『ブレイキング・バッド』の俳優ブライアン・クランストンが、重要な役どころで出演するとウワサされていたが、出演が決まっているかは不明。  映画版『アンチャーテッド』はゲームの世界よりも前の年月が背景となり、若き日のネイトが、彼の師となるビクター・サリバンと出会い、初めての冒険に出るさまを描くと伝えられている。  撮影時期は未定とのこと。トムが今年7月全米公開予定のスパイダーマン次回作『Spider Man:Far From Home(原題)』のプレスツアーを終えるのを待ち、遅くとも年内に本格始動したいというのが製作側の意向とのことだ。

  • 『ソニック・ザ・ムービー』オンラインティザーポスタービジュアル

    『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』ハリウッド実写映画化、 ティザーポスター解禁

    映画

     日本発の人気ゲームキャラクター、ソニック・ザ・ヘッジホッグがハリウッドで実写映画化され(原題:Sonic The Hedgehog)、日本でも『ソニック・ザ・ムービー』の邦題で公開されることが決まった。同時にオンラインティザーポスタービジュアルが解禁された。@@cutter 本作は、1991年に1作目が発売されて以来、世界的な人気となっているセガ・エンタープライゼス(現:セガゲームス)の人気ゲームシリーズ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の実写化。宇宙最速で走るパワーを授かった青いハリネズミのソニックが、警官のトムとバディを組み、宿敵マッドサイエンティスト、ドクター・エッグマンの恐るべき陰謀に立ち向かうべく、世界を股に繰り広げるアクション満載の冒険エンターテイメントとなっている。  ソニックとバディを組むことになる警官役には、『X‐MEN』シリーズのサイクロプス役で一躍有名スター入りを果たしたジェームズ・マースデン。そしてドクター・エッグマン役には、『マスク』などのエキセントリックなキャラクター演技が映画ファンの記憶に残るジム・キャリーが決定している。監督は2004年に『Gopher Broke(原題)』がアカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされたジェフ・フォウラーで、長編および実写作品でメガホンを取るのは初めてとなる。  解禁されたポスターは、「掟破りのスピード・ヒーロー」という言葉の通りに、暗闇の中から、今にも動き出しそうなソニックのシルエットが青く浮かび上がる図柄となっている。  映画『ソニック・ザ・ムービー』の日本公開時期は近日発表予定。米国では2019年11月公開予定。

  • 映画『名探偵ピカチュウ』製作報告会見にて。左からロブ・レターマン監督、竹内涼真、ジャスティス・スミス、キャスリン・ニュートン

    竹内涼真、実写映画『名探偵ピカチュウ』で声優に初挑戦「久々にドキドキ」

    アニメ・コミック

     俳優の竹内涼真が29日、都内で行われた映画『名探偵ピカチュウ』製作報告会見に出席。同映画で日本語吹き替えに初挑戦する竹内は「心からうれしいです。久々にドキドキしています」と笑顔を浮かべた。@@cutter 見た目はキュートだが中身は“おっさん”のピカチュウの声を演じたのは、『デッドプール』シリーズのライアン・レイノルズ。ピカチュウに父親探しを依頼するティムをジャスティス・スミス、父親探しに協力するルーシーをキャスリン・ニュートンが演じる。ティムの日本語吹き替えを担当する竹内のほか、ジャスティスとキャスリン、そしてロブ・レターマン監督が会見に臨んだ。  ポケモン世代という竹内は「まさか実写化するとは思っていなかった」と言い、「いつかピカチュウと一緒の世界で会えたらいいと思っていたのでオファーがあってすごくうれしい。予告を観てすごい映画になると思った。心からうれしいです。久々にドキドキしていますね」と大喜び。解禁された映像を観て「最高ですよ。街中にポケモンがいるんですよ。そんなうれしいことない。どうやって撮影しているんだろう」と興奮気味に語った。  子どもがポケモン好きということもあり「オファーを快諾するのは簡単な決断だったよ」というレターマン監督。映画は今年1月から5月にロンドンで撮影され、現在は編集中。レターマン監督は滞在先のホテルでも作業を進めている。作品について聞かれたレターマン監督は「それぞれのポケモンらしさを抜き取ってCGを作ることに時間を掛けている。これまで手がけた中で1番難しい作品だ」と苦労を吐露しつつ、「映画はアメージングで素晴らしい作品になる。僕自身も楽しみながら作っているので皆さんも楽しんでほしい」とファンに呼びかけた。  竹内がジャスティスに「映画は幅広い人が観ると思う。吹き替えするのは責任重大。だからこそ、ティムを演じる上でアドバイスがあれば教えて」と質問するひと幕も。ジャスティスは「注意しなくてはいけないのは、いいところは全部ピカチュウに持っていかれるってことだよ」と笑わせながら、「ティムは過去にいろいろあったシニカルなキャラ。ドライな性格なのでピカチュウとの対比があればあるほど面白い」と助言した。  竹内は「吹き替えをやるのは不安があるので今の言葉をもらって支えになる。より頑張ろうと思った」と言い、ジャスティスから映画の台本を受け取った。  映画『名探偵ピカチュウ』は2019年5月全国公開。

  • (上)最新作『ロックマン11 運命の歯車!!』ビジュアル、(下)『モンスターハンター』ロゴ

    カプコン『ロックマン』『モンハン』のハリウッド実写映画化を発表

    アニメ・コミック

     ゲームメーカーの株式会社カプコンは、世界的人気のゲーム『ロックマン』と『モンスターハンター』をハリウッドで実写映画化することを発表した。@@cutter 『ロックマン』シリーズは、ファミリーコンピュータ向けアクションゲームとして1987年に第1作目の発売以来、累計販売本数3200万本を誇る人気シリーズ。ポップなキャラクター造形と、硬派なゲーム性が支持され、発売から30年以上を経てもなお、幅広い層から根強い人気を獲得している。北米などでは『Mega Man』のタイトルで親しまれている。  このたびハリウッドで実写映画化が決定した『MEGA MAN(仮称)』は、20世紀フォックスから配給される予定で、海外ドラマ『HEROES』などで知られる俳優のマシ・オカがプロデューサーを務める。制作は映画『猿の惑星』シリーズを手がけたチャーニン・エンターテイメント社が担当し、監督と脚本にはアリエル・シュルマンとヘンリー・ジューストが決定している。  『ロックマン』に続いてハリウッドでの映画化が発表された『モンスターハンター』シリーズは、雄大な自然の中で巨大モンスターに立ち向かうハンティングアクションゲーム。2004年に第1作が発売されてから、14年を経た今もファン数を拡大中で、シリーズ累計販売本数5000万本を突破している。最新作『モンスターハンター:ワールド』は、世界中のユーザーから高い評価を受けて大ヒット。ソフトはカプコンにおける単一タイトルとして史上最高の出荷本数となる1000万本を記録している。  製作が決定した映画は、『モンスターハンター』の世界観を舞台に、異なる世界出身の2人の主人公が協力してモンスターと対峙する姿を描くストーリー。制作をコンスタンティン・フィルムが手がけ、映画『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソンが監督・脚本を務める。日本での配給は東宝が担当する。

  • 『DanceDanceRevolution』※イメージ画像

    日本のゲーム『ダンスダンスレボリューション』、ハリウッドで映画化か

    映画

     コナミの音楽シミュレーションゲーム『DanceDanceRevolution(ダンスダンスレボリューション)』。1998年に誕生して20年、日本のみならず海外でも人気を博すこのダンスゲームに、ハリウッドで映画化の動きがあるという。@@cutter Varietyによると、米ワーナー・ブラザースの元社長で、2012年の映画『ニュー・ガイ』などの製作総指揮として知られるグレッグ・シルヴァーマン氏が立ち上げた新会社スタンピード(Stampede)が、映画版の企画・開発を進めているとのことだ。  ゲームセンターに置かれている『DanceDanceRevolution』は、音楽に合わせて繰り出される矢印の指示通りに足元のパネルを踏み、最後まで踊るとクリアできるというもの。後に家庭用ゲームとしても人気を博したが、特にストーリー性はない。  映画版は破壊の危機にある世界を舞台に、その危機を脱するための“唯一の希望”として、人類が共通言語のダンスを通じて一致団結する姿を描くとのこと。スタンピードはコナミ、映画『ピラニア3D』のJ・トッド・ハリスやマーク・マーカスと共に映画化を進めるという。  監督やキャスト、あらすじ、撮影時期、あるいはアニメか実写であるかなど、その他の詳細は不明。続報に要注目だ。

  • 『明治東亰恋伽』メインビジュアル

    伊原六花主演、実写版『明治東亰恋伽』にボイメン・小林豊ら出演

    映画

     大阪府立登美丘高等学校ダンス部出身の伊原六花が主演を務めるゲーム『明治東亰恋伽』、通称“めいこい”の実写ドラマと映画版の追加キャストとして、アイドルグループ・BOYS AND MENの小林豊らが出演することが発表された。@@cutter ゲーム『明治東亰恋伽』は、明治の偉人たちとの出会いと恋を描くタイムスリップ恋愛ファンタジーゲーム。2011年に携帯アプリ配信版からスタートし、累計プレイヤー30万人以上を誇る。これまでも劇場アニメ化、舞台化など、幅広くメディアミックスを展開。実写版のロケは、先日まで『明治東亰恋伽』とコラボをしていた愛知県犬山市の「博物館明治村」で行われる。  主人公・綾月芽衣役の伊原は、登美丘高校ダンス部時代、楽曲『ダンシング・ヒーロー』を使用した“バブリーダンス”で話題を集め、2017年には、郷ひろみのバックダンサーとして『第68回NHK紅白歌合戦』に出演。高校卒業後に芸能界デビューし、TBS系ドラマ『チア☆ダン』で女優デビューを果たした。  伊原は「今回初の主演として、『明治東亰恋伽』のドラマ、映画に出演させていただける素敵な機会をいただけたことをとても嬉しく思います。原作のファンの方にも、初めて知って下さる方にも愛していただけるよう原作のイメージを大切にし、観て下さった方が芽衣ちゃんの立場で一緒に物語が動き出すよう寄り添えたらなと思います」とコメント。  さらに追加キャストとして、「明治好男子」の出演者が発表。チャ―リー役に小林、森鴎外役に宮崎秋人、小泉八雲役で岩永徹也が出演するほか、高橋真佳把(BOYS AND MEN研究生関西)、山崎大輝、とまん、久保田悠来、松島庄汰といった、多才な若手キャストが出演する。  ドラマ『明治東亰恋伽』は、テレビ神奈川、北海道テレビ、テレビ埼玉、千葉テレビ、メ~テレ、KBS京都、サンテレビ、九州朝日放送にて2019年放送。映画版は同年、ドラマ放送後に公開。

  • ハリウッド版『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』、ソニック役の声優が決定

    『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』映画化、『SW』BB-8声優がソニックの声

    映画

     セガと米パラマウント・ピクチャーズが進めている、セガの人気ゲーム『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の映画化。映画『スター・ウォーズ:フォースの覚醒』で、ビル・ヘイダーと共にBB-8の声を務めた俳優のベン・シュワルツが、主人公ソニックのボイスキャストに決まったという。Varietyが報じた。@@cutter 2014年ごろから動きのあった『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』映画化。実写とCGのハイブリッド作品となり、陽気でやんちゃなだけでなく、超音速スピードで駆け抜け仲間を敵から守る青いハリネズミ、ソニックの活躍を描く。  ベンはソニック役が決まると、「90年代、ブルー、アイコニックなキャラクターが大好きだ。この作品については、もう興奮しているなんてものではない。ランニングや指振り、片足をせわしなくトントンさせる訓練を積んでいる」とツイートして、キャスティングを喜んだ。  同作には先に、ジム・キャリーが悪役のマッドサイエンティスト、Dr.エッグマンことロボトニック博士役を務めると報じられた。当初、ソニック役と伝えられた俳優のジェームズ・マースデンは、トム・ウォシャウスキーという名前の警官を演じるとのことだ。  監督は同作が長編映画監督デビュー作となるジェフ・ファウラー。映画『デッドプール』の監督ティム・ミラーが製作総指揮に名を連ねる。現地時間2019年11月15日より全米公開予定。

  • 人気ゲーム『Halo』が米Showtime局で実写ドラマ化

    『HALO』ドラマ化決定! 人気ゲームが実写へ

    海外ドラマ

     2013年にスティーヴン・スピルバーグの製作会社アンブリン・エンターテインメントが手がけると伝えられたXbox用人気シューティングゲーム『Halo』の実写ドラマ化が、ついに始動することが明らかになった。Comingsoon.netによると、米Showtime局がシーズン1の制作を正式発表したという。@@cutter 海外ドラマ『マインド・ゲーム』のカイル・キレンが、製作総指揮兼ショーランナーを務め、脚本を執筆する。映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』のルパート・ワイアット監督が、複数のエピソードでメガホンを取りつつ、製作総指揮を務めるとのことだ。また、海外ドラマ『アンダー・ザ・ドーム』シリーズのジャスティン・ファルヴェイや、ダリル・フランクなどが製作総指揮に名を連ねる。  ドラマ版は2001年に初めて発売されたゲーム『HALO』シリーズの世界観を受け継ぎ、人類とコヴナントと呼ばれるエイリアンの壮大な戦いを描くという。アクションや冒険が満載で、想像力豊かな未来像を形にするとともに、深く引きずり込まれるような人間模様を描くとのことだ。  Showtime局のデヴィッド・ネヴィンズCEOは、「Haloは当局史上、最も野心的なシリーズになります。何年もドラマ化を待ち望んできた視聴者の期待に十分添えるシリーズになるでしょう」と語っている。  Showtime局、マイクロソフト社の343インダストリーズ、アンブリン・テレビジョンの共同製作で、シーズン1は10話構成。キャストなどの詳細は不明だが、2019年上旬より撮影が始まるという。

  • 『ソニック・ ザ・ヘッジホッグ』実写&CG映画版に出演する可能性が出てきたジム・キャリー

    J・キャリー、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』映画化でエッグマン役か

    映画

     セガの人気ゲーム『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』を題材にした実写&CG映画の製作が進む中、映画『マスク』や『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』などの俳優ジム・キャリーが、悪役のDr.エッグマンことロボトニック博士役で出演交渉に入ったという。Deadlineが報じた。@@cutter セガと米パラマウント・ピクチャーズの共同製作となる『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』映画版。先に海外ドラマ『ウエストワールド』の俳優ジェームズ・マースデンや、女優チカ・サンプターが出演すると報じられていた。  物語は、高速で駆け抜けるキャラクター、ハリネズミのソニックが主人公。Dr.エッグマンは世界征服を企むマッドサイエンティストというキャラクターだ。あらすじなどは明らかになっていないが、Dr.エッグマンの計画の前にソニックが立ちはだかるという展開になるようだ。  ジェームズが主演になると報じられているが、ジムともども、声の出演になるのか、実写での出演になるのか、詳細は不明だ。監督に抜擢されたのは、同作が長編映画監督デビュー作となるジェフ・ファウラー。IMDbによると、アニメーターでもあり、スパイク・ジョーンズ監督作『かいじゅうたちのいるところ』の視覚効果に携わった経歴がある。  『ソニック・ ザ・ヘッジホッグ』実写&CG映画版は、現地時間2019年11月15日より全米公開予定。

  • ミラ・ジョヴォヴィッチ&ポール・W・S・アンダーソン監督、モンハン実写映画化

    ミラ・ジョヴォヴィッチ&『バイオハザード』監督、モンハン実写映画化

    映画

     カプコンの人気ゲーム『バイオハザード』シリーズをヒット映画シリーズに作り上げたポール・W・S・アンダーソン監督。同じカプコンの人気ゲーム『モンスターハンター』の実写映画化でメガホンを取り、妻で女優のミラ・ジョヴォヴィッチが主演を務めるという。Varietyが報じた。@@cutter アンダーソン監督が数年前から温めていたという『モンスターハンター』実写映画化。製作費はおよそ6000万ドル(約65億4000万円)という大スケールの作品になる予定。9月から南アフリカで撮影が始まるとのことだ。  脚本はアンダーソン監督が執筆したが、詳細は不明。映画版『バイオハザード』を製作したコンスタンティン・フィルムとの再タッグになり、日本と中国の“大手”が製作に加わるとのことだ。  ゲーム版『モンスターハンター』は2004年に初リリース。大きなプロットはなく、プレイヤーはそれぞれヒーローをカスタマイズして、片手剣やハンマーなどを武器に、モンスター退治に乗り出す。  comingsoon.netによると、アンダーソン監督は以前、『モンスターハンター』実写映画版の構想について語っていたという。自分が古代の英雄の末裔であることを知った普通の男が、謎めいた世界に旅をしてモンスターハンターの修行を受け、人間を滅ぼそうとする伝説上の生物たちと戦うといったあらすじだったとのことだ。  今回、ミラの起用により主人公が男性から女性になったようだが、ほかの登場人物や背景、キャストなどの続報が待たれるところだ。

  • 人気RPGゲーム『ディビジョン』実写映画版の監督に決まったというデヴィッド・リーチ監督

    人気ゲーム『ディビジョン』実写映画化、『デッドプール2』監督がメガホン

    映画

     映画『ナイトクローラー』の俳優ジェイク・ギレンホールと、映画『スノーホワイト/氷の王国』の女優ジェシカ・チャステインが出演する人気RPGゲーム『ディビジョン』の実写映画化。俳優ライアン・レイノルズ主演『デッドプール2』の監督デヴィッド・リーチが、メガホンを取ることに決まったという。comingsoon.netなどの海外メディアが報じた。@@cutter ゲームの発売元であるユービーアイソフトが、デヴィッドのメガホンを発表したとのこと。映画『パトリオット・ゲーム』などの原作者として知られる米作家トム・クランシー原案の『ディビジョン』。映画版は、ウイルスによるバイオテロで崩壊したニューヨークを舞台に、危機に対応すべく、訓練を受けた「ディビジョン」のエージェントたちが、テロ事件の真相解明と街の復興に乗り出すという。ジェイクとジェシカの演じるキャラクターの詳細は現時点で不明。二人はプロデューサーも務める。  2017年初めには、映画『ゴールド/金塊の行方』の監督スティーヴン・ギャガンが、メガホンを取るとともに脚本を執筆すると伝えられていた。ギャガン監督の降板により、脚本家の交代があるのか、続報が気になるところだ。  リーチ監督は今秋から、人気カーアクション映画『ワイルド・スピード』シリーズのスピンオフの撮影が始まる予定。『ディビジョン』映画版は早くても2019年に入ってから、取りかかることになりそうだ。

  • ハリウッド実写版ポケモン映画に出演すると伝えられた渡辺謙

    渡辺謙、ハリウッド版ポケモン映画に出演 ピカチュウ役ライアン・レイノルズと共演

    映画

     映画『ラスト・サムライ』や『インセプション』など、ハリウッドでも活躍する俳優の渡辺謙が、ハリウッド実写版ポケモン映画『Detective Pikachu(原題)』に出演するという。The Hollywood Reporterが伝えた。本作では映画『デッドプール』の俳優ライアン・レイノルズが、ピカチュウのボイスキャストを務める。@@cutter 『Detective Pikachu(原題)』はアニメのピカチュウと異なり、人間と話ができるピカチュウがティム・グッドマンという青年と様々な謎を紐解いていく任天堂のDSゲーム『名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~』をベースにしている。渡辺が演じるキャラクターは映画のために作り出された新キャラクターで、ヨシダという名前の刑事になるとのことだ。  主演のティム役は、7月に日本公開される映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』に出演する注目若手俳優ジャスティス・スミスに決まっている。海外ドラマ『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』の女優キャスリン・ニュートンが、ピカチュウとティムに手を貸すジャーナリスト役を演じるという。  ロブ・レターマン監督のもと、今月にロンドンで撮影が始まり、2019年5月10日(現地時間)より全米公開予定。

  • ピカチュウ役はライアン・レイノルズ! ハリウッド版実写ポケモン映画で

    ピカチュウ役はライアン・レイノルズ! ハリウッド実写版ポケモン映画で

    映画

     映画『デッドプール』の俳優ライアン・レイノルズが、ハリウッド実写版ポケモン映画『Detective Pikachu(原題)』にピカチュウ役で出演することが決まった。The Hollywood Reporterが伝えた。@@cutter 来年1月からロンドンでの撮影に向け、キャスティングニュースが続々と伝えられている『Detective Pikachu(原題)』。任天堂のDSゲーム『名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~』をベースにした実写映画で、ライアンが演じるピカチュウは、モーションキャプチャを使ってCG化される。ゲームでは渋い声で言葉を話し、美女とコーヒーが大好きという設定で、若者ティム・グッドマンと事件を解決していくピカチュウ。実写版も同様のキャラクター設定になることが予想される。  あらすじなどの詳細は製作のレジェンダリー・ピクチャーズより正式発表されていないが、俳優ジャスティス・スミス演じる10代の若者とピカチュウが、協力して誘拐された父親の行方を追うストーリーになるという。先日、海外ドラマ『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』の注目女優キャスリン・ニュートンが、2人に手を貸すジャーナリストの役を演じると伝えられていた。  監督は長編アニメ『シャーク・テイル』のロブ・レターマンが務める。脚本は映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のニコール・パールマンと、アニメシリーズ『怪奇ゾーン グラビティフォールズ』のアレックス・ハーシュ。日本では東宝、その他の国ではユニバーサル・ピクチャーズが配給するとのことだ。

  • 『名探偵ピカチュウ』ポケモン・ハリウッド実写版に出演するというキャスリン・ニュートン

    『名探偵ピカチュウ』ポケモン・ハリウッド実写版、ヒロインはキャスリン・ニュートン

    映画

     任天堂のDSゲーム『名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~』をベースにしたポケモン・ハリウッド実写映画『Detective Pikachu(原題)』。海外ドラマ『ゲットダウン』で注目される若手俳優ジャスティス・スミスが主演に決まったと伝えられたが、海外ドラマ『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』の注目女優キャスリン・ニュートンが相手役を務めるという。The Hollywood Reporterが伝えた。@@cutter 人間とポケモンが共存するライムシティで、ピカチュウと少年ティムが事件の解決に挑む『名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~』。実写版でキャスリンは威勢のいいジャーナリストのルーシーを演じるとのことだ。このルーシー役候補には、海外ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のナタリア・ダイアーや、映画『スプリット』のヘイリー・ルー・リチャードソン、海外ドラマ『13の理由』のキャサリン・ラングフォードがいたという。  キャスリンは海外ドラマ『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』で、女優リース・ウィザースプーン演じるマデリンの娘アビゲイルを演じた。出演作はほかに、ホラー映画『パラノーマル・アクティビティ4』や海外ドラマ『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』など。  ジャスティスは主演ということでティムに該当する役を演じると思われるが、現在、契約交渉中とThe Hollywood Reporterでは伝えている。CGとなるピカチュウのボイスキャストは不明。『名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~』のピカチュウは、アニメなどで見られるピカチュウとは異なる個性があり、誰が演じるのか気になるところだ。  監督は長編アニメ『シャーク・テイル』のロブ・レターマン。来年1月よりロンドンで撮影が始まる予定。

  • ポケモンゲーム『名探偵ピカチュウ』ハリウッド実写版の主演を務めるというジャスティス・スミス

    『名探偵ピカチュウ』ポケモン・ハリウッド実写版、ティム役はジャスティス・スミスか

    映画

     任天堂のDSゲーム『名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~』をベースにしたポケモン・ハリウッド実写映画『Detective Pikachu(原題)』。海外ドラマ『ゲットダウン』で注目される若手俳優ジャスティス・スミスが主演すると、VarietyやDeadlineなどの海外メディアが伝えた。@@cutter ゲーム版『名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~』は、国内外で爆発的な人気を誇る『ポケットモンスター』のピカチュウと少年ティムが、人間とポケモンが共存するライムシティで事件の解決に挑む。役名は伝えられていないが、ジャスティンはこのゲームの中でピカチュウの相棒となるティムに該当する役を演じることが見込まれる。  レジェンダリー・ピクチャーズのもと、ポケモン初の実写版となる『Detective Pikachu(原題)』を監督するのは、長編アニメ『シャーク・テイル』(05)のロブ・レターマン。映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(14)のニコール・パールマンと、アニメシリーズ『怪奇ゾーン グラビティフォールズ』のアレックス・ハーシュが、脚本を執筆する。  ゲームには探偵事務所の所長やアシスタントのアマンダ、テレビ局のエミリアといった登場人物がいるが、実写版のあらすじや登場人物の構成などは明かされていない。去る10月にはOmega Undergroundが、来年1月にイギリスで撮影が始まると伝えていた。ピカチュウのボイスキャストを含めて、キャストの正式発表を待ちたいところだ。

  • 米パラマウントピクチャーズが『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』をハリウッド映画化(※アメリカ版アニメ『THE ADVENTURES OF SONIC THE HEDGEHOG(原題)』より)

    ゲーム『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』ハリウッド映画化に進展か

    アニメ・コミック

     映画『デッドプール』の監督ティム・ミラーが米ソニー・ピクチャーズでセガの人気ゲーム『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の実写映画化を進めていることが伝えられていたが、米パラマウント・ピクチャーズで製作されることになったという。DeadlineやEntertainment Weeklyなどの海外メディアが伝えた。@@cutter ハリウッド映画版は超音速ハリネズミのソニックを題材に、実写とCGアニメが融合したハイブリッド映画になる予定。ミラーと映画『ワイルド・スピード』シリーズのニール・H・モリッツが製作総指揮を務め、視覚効果やアニメなどのバックグラウンドを持ち、アカデミー賞ノミネート経験を持つジェフ・フォーラーが長編監督デビューを果たす。  2016年に生誕25周年を迎えた『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』。セガゲームのマスコットキャラクターとして、1991年のゲーム発売以来、様々なストーリー展開を見せ、進化してきた。  今回、いよいよハリウッド進出を果たす大人気キャラクター。映画のあらすじや脚本家、キャストなどの続報に期待したい。

  • 本郷奏多、『ドラクエ』“奇跡”の実写ドラマで主演 27時間テレビ内360秒CMにて予告編を放映

    本郷奏多、『ドラクエ』“奇跡”の実写ドラマ主演!27時間テレビ内360秒CMで予告放映

    エンタメ

     俳優の本郷奏多が、人気RPG「ドラゴンクエスト」シリーズ初のオンライン専用ゲームである『ドラゴンクエストX オンライン』のサービス開始から5年間の“軌跡”のなかで生まれた、“奇跡”のようなエピソードを基に映像化するプロジェクト『冒険者たちのきせき』の第2弾となる実写ドラマで、主演を務めることが分かった。@@cutter 同プロジェクトは、2012年8月にサービス開始された『ドラゴンクエストX オンライン』で実際にプレイヤーが体験した3つの感動的なストーリーを選出し、そのエピソードを基に各業界のプロフェッショナルたちが、オリジナル作品として映像化。  現在、『ドラゴンクエストX 冒険者たちのきせき』特設サイトでは、第1弾エピソードとして、アニメ化された『EPISODE 1「名前の想い」』が配信され、プレイするゲームのキャラクター名“ゆきな”に対する、ある大切な想いが描かれている。  第2弾となる最新エピソードは実写ドラマ化され、『EPISODE 2「どの職業で戦うか迷う話」』として配信される。定職についていない主人公(本郷)が、『ドラゴンクエストX オンライン』のゲームを通じて、普段は看護師をしている女性プレイヤーと知り合い、その女性のある事実を知ったことで、自分の現実世界での人生を振り返り始める…。  また今回、『EPISODE 2』の予告編を今月9日からスタートするFNS27時間テレビ内で放送されることも決定。同番組内で、地上波史上最長となる(CM総合研究所調べ・2017年9月現在)『冒険者たちのきせき』の360秒CMが放映され、その一部で本実写ドラマの予告編を観ることができる。主演の本郷は「映像がとても綺麗な作品になっているので、きっと物語の中に入り込めることと思います。是非観ていただけたら嬉しいです」と作品にかけた思いを語っている。  実写ドラマ『EPISODE 2「どの職業で戦うか迷う話」』予告編は、9月9日18時30分からスタートするフジテレビ系「FNS27時間テレビ にほんのれきし」内にて同日24時台に放送される『冒険者たちのきせき』360秒CM内で放映。

  • 人気MMOゲームを実写ドラマ化するというジョニー・デップ

    ジョニー・デップ、MMOゲーム『ザ・シークレット・ワールド』をTVドラマ化

    海外ドラマ

     人気映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの俳優ジョニー・デップが、自身の製作会社インフィニタム・ニヒルを引っ提げ、2012年にリリースされた人気マルチプレイヤーオンラインゲーム『The Secret World(原題)』をドラマ化するという。@@cutter 2012年にFuncomがリリースした『The Secret World(原題)』は現代を舞台に秘密結社に属するチームが、世界をめぐりながらオカルト的な生物と戦い謎をひもといていくというもの。秘密組織は「イルミナティ」「ドラゴン」「テンプラー」があり、日本なども登場した。2017年には『Secret World Legends(原題)』として新バージョンがリリースされた。  どこまでゲームのストーリーラインにそってドラマ化する予定かは不明。脚本は映画『コンタクト』や『奇跡のシンフォニー』などのジェームズ・V・ハートとジェイク・ハートが執筆する。海外ドラマ『CSI:ニューヨーク』シリーズの製作総指揮パム・ヴィーシーが、ショーランナーを務める。プロデューサーにはジョニーのほか、ジョニーの姉クリスティ・デンブロウスキーやサム・サーカー、グードルン・ギディングスが名を連ねる。  『The Secret World(原題)』の権利はギディングスが2012年に獲得していたとのことで、ようやく実写ドラマ化に向けて歯車が動き出したようだ。パイロット版の製作やキャストなど続報を待ちたい。

  • 『アンチャーテッド』実写映画版の主役に抜擢されたというトム・ホランド

    人気ゲーム『アンチャーテット』実写映画化、『スパイダーマン』トム・ホランドが主演

    映画

     米ソニー・ピクチャーズがプレイステーション向け人気アクション・アドベンチャー・ゲーム『アンチャーテッド』のハリウッド実写映画化を進めているが、新生スパイダーマンを演じる俳優トム・ホランドが主人公のトレジャーハンター、ネイサン・ドレイクを演じるとDeadlineが伝えた。@@cutter 8月11日より日本公開予定の新スパイダーマン映画『スパイダーマン:ホームカミング』でヤング・スパイダーマン役を射止めたトム。シリーズ化もあり得る『アンチャーテット』実写映画版の主役に決まったとなれば、『スパイダーマン』以外の代表作を手に入れる可能性がある。  ゲーム『アンチャーテッド』シリーズは、トレジャーハンターのネイサン・ドレイク(通称ネイト)が世界中を冒険しながら、悪と戦う姿を描く。実写映画版については、ゲームシリーズの1作目『アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝』をベースにすると伝えられていたが、若いネイトを描く前章的なストーリーとなり、ネイトの師匠であり仲間ビクター・サリバンとの出会いが中心になるとのことだ。  Deadlineによると、ソニー・ピクチャーズのトム・ロットマン会長が『スパイダーマン:ホームカミング』の最新編集でトムの演技を見た結果、『アンチャーテッド』映画版をシフトチェンジさせることになったという。脚本が書き直されるとのことだが、監督は映画『ナイト ミュージアム』シリーズのショーン・レヴィ監督に変わりはない。  トム以外のキャストは明らかになっておらず、進捗を含めて続報を楽しみにしたい。

  • 『トゥームレイダー』新生ララ・クロフト解禁! 2018年日本公開決定

    『トゥームレイダー』新生“ララ・クロフト”初ビジュアル解禁! 2018年日本公開決定

    映画

     オスカー女優アリシア・ヴィキャンデルが新生“ララ・クロフト”を演じる新作映画『トゥームレイダー』(原題)。本作の日本公開が2018年に決定し、アリシア演じるララ・クロフトがタンクトップ姿で、泥だらけで荒野にたたずみ、鋭い目つきで何かを眺めている初ビジュアルが解禁となった。@@cutter 『トゥームレイダー』は昨年、誕生から20周年を迎え、世界的人気を博すゲームシリーズの映画版。2001年、2003年には、アンジェリーナ・ジョリーが、強く美しい主人公ララ・クロフトを演じ、日本を含め世界的大ヒットを記録した。  今回は、まだ人生の目的も夢中になれるものも見つからず、バイク便のライダーとして働きながらギリギリの生活を送っている21歳の大学生の彼女が、10代になるかならないかの時に失踪してしまった、冒険家の父親の死の真相を解明しようとする。  父親の最後の目的地は、日本の沖のどこかにあるらしい神話上の島の伝説の墓。果たして彼女はその島にたどりつけるのか。彼女の武器はその鋭い頭脳、信じる気持ち、そして生来の頑固さ。この危険な冒険から生還するために自分の限界を、超えることができるのだろうか。  アリシアのほか、キャストにはドミニク・ウェスト(『300<スリーハンドレッド>』『マネーモンスター』)、ウォルトン・ゴギンズ(『ヘイトフル・エイト』)、ダニエル・ウー(『香港国際警察』)などが名を連ねる。監督はローアル・ユートハウグ(『THE WAVE/ザ・ウェイブ』)が務め、撮影は現在、南アフリカとイギリスで行われているという。  映画『トゥームレイダー』(原題)は、2018年全国公開予定。

  • 人気アクションゲーム『スリーピングドッグス 香港秘密警察』の実写映画版に出演すると伝えられたドニー・イェン

    人気ゲーム『スリーピングドッグス 香港秘密警察』実写映画化、ドニー・イェンが主演

    映画

     スクエアエニックスのオープンワールド型人気アクションゲーム『スリーピングドッグス 香港秘密警察』が実写映画化され、香港映画『イップ・マン』シリーズや世界的に人気の『スター・ウォーズ』シリーズ『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(16)の俳優ドニー・イェンが、主演を務めるとDeadlineが伝えた。@@cutter 原作となるゲーム『スリーピングドッグス 香港秘密警察』は香港を舞台に、潜入捜査官ウェイ・シェンが悪名高き世界屈指の犯罪組織トライアドに潜入し、同組織を壊滅させるべく活躍する姿を描くという。武術、車やボートでの追跡劇、銃撃戦などが満載になる予定で、原作ゲームの醍醐味をスクリーンに再現するとのことだ。  カーアクション映画『ワイルド・スピード』シリーズや海外ドラマ『プリズン・ブレイク』シリーズのニール・H・モリッツが自身の製作会社オリジナル・フィルムのもと、製作を務めるという。監督や脚本、キャストなど、その他の詳細は不明。続報を待ちたいところだ。

  • 『ねこあつめの家』に“猫界”の名バイプレイヤーが大集結!

    “ねこ界”の名バイプレイヤー集結!『ねこあつめの家』超売れっ子ねこ12匹写真解禁

    映画

     全世界でヒットした人気アプリ「ねこあつめ」の実写化で、ねこ好きによるねこ好きのための映画『ねこあつめの家』。この度、本作に“ねこ界”の名バイプレイヤーとも言える、超売れっ子ねこ12匹の追加出演が決定し、その愛らしい写真が公開された。@@cutter 主人公は、若くして新人賞を取り一躍人気作家になった小説家、佐久本勝。現在は大スランプ中で、暇に任せてエゴサーチしてはさらにドツボに陥る日々。ある日、途方に暮れて縁側で庭を眺めていると1匹の猫が。猫が気になる佐久本は、ペットショップの店主・洋子からアドバイスを受け、不思議な庭作りを始める。こうして若き小説家の「ねこあつめ」が始まる…。  “メインねこ”として原作アプリでも人気の高いキャラクター「ちゃはちさん」を演じるのは、CHOYA梅酒「うめほのり」など数々のCMや人気作で抜群の演技力を誇るシナモン。その他11匹も、有名映画やドラマでキャリアを積んだ個性豊かな名バイプレイヤーたちばかり。豪華ねこたちが満を持して集結した本作では、小説家・佐久本の家に集い、自由気ままに過ごすさまを生き生きと演じている。  主人公の売れない小説家・佐久本を演じるのは、『電車男』から『とと姉ちゃん』まで幅広い役柄をこなす演技派・伊藤淳史。ヒロインでもあり、佐久本を支える新人編集者・ミチル役には『THE OUTSIDER(原題)』にてハリウッドデビューを果たした実力派女優であり、大の猫好きの顔を持つ忽那汐里。また、田口トモロヲ、木村多江、大久保佳代子ら個性的な面々が名を連ねている。  映画『ねこあつめの家』は4月8日より新宿武蔵野館他にて全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access