週刊少年マガジン 関連記事

  • アニメ『炎炎ノ消防隊』キービジュアル

    『炎炎ノ消防隊』×『ソウルイーター』がコラボ! イラストポスター公開

    アニメ・コミック

     大久保篤によるバトルファンタジー漫画を原作に、7月5日から放送が開始するTVアニメ『炎炎ノ消防隊』。このたび、大久保の描いた前作『ソウルイーター』とのコラボイラストが公開された。『炎炎ノ消防隊』の主人公・森羅日下部と、『ソウルイーター』の主人公・マカ=アルバーンが描かれた1枚となっている。@@cutter 『炎炎ノ消防隊』では、何の変哲もない人が突如燃え出し、炎の怪物“焔ビト”となって、破壊の限りを尽くす“人体発火現象”に全人類は怯え、その脅威に立ち向かう特殊消防隊たちを描く。  アニメーション制作は、『ジョジョの奇妙な冒険』『はたらく細胞』などさまざまな人気作品を手掛けるdavid production。キャストには梶原岳人、小林裕介、中井和哉、鈴村健一、上條沙恵子、M・A・O、楠大典、興津和幸、日野聡、関智一、悠木碧、小西克幸、Lynn、河西健吾、宮野真守、前野智昭、津田健次郎、阪口大助らが名を連ねている。  今回公開された大久保原作の『炎炎ノ消防隊』と『ソウルイーター』のコラボイラストは、森羅日下部とマカ=アルバーンが防火服を着て、仲良く手をつないだ1枚。本イラストを使用したポスターは、一部書店にて掲出される。  TVアニメ『炎炎ノ消防隊』は、MBS・TBS系全国28局ネット“スーパーアニメイズム”枠にて7月5日から25時25分より放送開始。

  • 週刊少年ジャンプ・週刊少年マガジン 共同プロジェクト記者発表会にて

    「ジャンプ」&「マガジン」が初タッグ! 無料マンガサイトをオープン

    アニメ・コミック

     集英社と講談社が8日、「少年週刊ジャンプ」「少年週刊マガジン」などの連載作品150以上のタイトルを無料で読めるウェブサイト『少年ジャンマガ学園』を新設。同日、都内で行われた記者会見で発表された。「ジャンプ」と「マガジン」、ライバル誌となる2大少年誌がタッグを組むのは今回が初。4月8日から6月10日までの期間限定の運用となる。@@cutter これまでマンガに触れてこなかった若い世代にもっとマンガを読んでほしいという思いから誕生した「少年ジャンマガ学園」。そのため利用者を22歳以下とし、サイトに初めてアクセスした際に生まれた年を入力する必要がある。全作品の第1話は無料で読むことが可能だが、無料で読める話数は各タイトルによって異なるという。無料公開の範囲は、今後拡大する予定。  マンガが無料で読めるほか、ツイッターに投稿する「読書感想文コンクール」や両誌の編集長が審査する「イラストコンテスト」といった企画も実施。また、4月22日にはさらなる大きな企画の発表も控えているという。  「週刊少年マガジン」栗田宏俊編集長は、「お互い50年以上の歴史があるがこのような協業は初めて。個人的に非常に楽しみだ」といい、「週刊少年ジャンプ」中野博之編集長も「タッグを組めてうれしい。エンターテイメントが多様化する中で一緒に盛り上げる仲間。子どもたちを楽しませるという想いで雑誌を作っている。この企画はまさに理想」と述べた。  発表会には幼い頃からマンガに影響されて育ったというお笑い芸人のケンドーコバヤシが、学ラン姿で登場。「ジャンプ」と「マガジン」のコラボに「すごいこと。ちょっと前まで考えられなかった」と驚きつつ、大喜び。人生で初めて読んだマンガは『ドラえもん』で、最も影響された作品が『キン肉マン』と『1・2の三四郎』というケンコバ。後輩芸人から相談を受けた際は「マンガのセリフからパクってアドバイスしている」といい、笑わせていた。

  • アニメ『炎炎ノ消防隊』ティザービジュアル

    『炎炎ノ消防隊』アニメ化 制作はdavid production

    アニメ・コミック

     「週刊少年マガジン」(講談社)に連載中の『炎炎ノ消防隊』がTVアニメ化決定。アニメーション制作は『ジョジョの奇妙な冒険』『はたらく細胞』など、さまざまな人気作品を手掛けるdavid productionが担当することが発表された。@@cutter 『炎炎ノ消防隊』は、『ソウルイーター』の大久保篤が「週刊少年マガジン」に連載中のバトルファンタジー。人が突如燃え出し、炎の怪物“焔ビト”となって、破壊の限りを尽くす“人体発火現象”。その脅威に立ち向かう特殊消防隊の姿が描かれる。  アニメ化決定にあわせ、ティザービジュアルも解禁。“人体発火現象”の謎を解明し、人類を救うことが使命の特殊消防隊。とある理由から“悪魔”と呼ばれる、新入隊員の少年・森羅日下部が消防服に身を包み、炎に立ち向かっていく姿が描かれている。また公式サイト・公式ツイッターもオープンし、今後も最新情報が発信されていくとのことだ。

  • 「ミスマガジン2018」ベスト16初披露イベントにて

    「ミスマガジン2018」ベスト16メンバー、水着姿を披露

    エンタメ

     倉科カナ、新川優愛、乃木坂46・衛藤美彩らを輩出した「ミスマガジン2018」ベスト16の囲み取材およびフォトセッションが、1日に都内で開催され、最終審査に残ったメンバーが水着姿で登場した。@@cutter 2011年以来、7年ぶりの復活を遂げた「ミスマガジン」は、1982年にスタートし、今年度で35周年となる雑誌業界でも最も歴史のあるミスコンテスト。今回はそれぞれの事務所に所属している14人のほか、一般応募から2名がベスト16に勝ち残った。  現役高校3年生の黒木ひかりは「将来の夢は女優さんになること」と語り、特技の“眉毛をたくさん動かすこと”を披露。名古屋発のアイドルユニット「dela」から参戦した沢口愛華は「今アイドルをやっているのですが、将来的には女優さんやMCなど、たくさんのことに挑戦していきたい」と笑顔を見せた。東京都出身で小野妹子の子孫という、えのきさりなは「ご先祖様にいい報告ができるにように頑張りたいと思います」とコメントして会場を沸かせた。  一方、ラストアイドルのセカンドユニット「Good Tears」のリーダーとして活動中の池松愛理は、芸能活動10年目にして今回が初の水着。「プライベートでもあまり水着にならないので、すごく恥ずかしいんですけども(笑)、グランプリを取れるように頑張りたい」と意気込みを明かした。  また、一般応募から参加の岡田佑里乃は「すごく緊張しているんですけど、グランプリ目指して頑張りたいと思います」と気合十分。同じく一般応募の満原史絵里は「存在感のある女優さんを目指しています。一般応募からで、まだまだ経験もなくて、ぎこちない部分も多いと思うんですけど、よろしくお願いします」と話していた。  今後の予定として、16人は5月7日に発売の「ヤングマガジン23号」にて、表紙・巻頭・巻中・巻末グラビアをジャック。投票などを経て6月下旬にグランプリと各賞が決定し、7月中旬にグランプリ発表イベントが開催される。なお、グランプリは「ヤングマガジン」でのソロ表紙と写真集が確定する。  この日は岡本桃花、緒方もも、川津明日香、後藤さり、佐藤あいり、松本美穂、鈴木ゆうは、寺本莉緒、農海姫夏が出席し、新木さくらが欠席した。

  • 『あしたのジョー』連載50周年、新アニメ『メガロボクス』2018年春放送

    『あしたのジョー』連載50周年、新アニメ『メガロボクス』2018年春放送決定!

    アニメ・コミック

     「週刊少年マガジン」で1968年1月より連載開始され、単行本の累計発行部数2000万部を突破する、高森朝雄(梶原一騎)、ちばてつや原作の『あしたのジョー』が2018年で誕生から50周年を迎え、『あしたのジョー』を原案とした新たなオリジナルアニメーション『メガロボクス』が放送開始されることが発表した。@@cutter 『あしたのジョー』は、身寄りのない風来坊だった矢吹丈がボクシングと出会い、やがて運命のライバル・力石徹とともに、プロボクシングで己の生命を燃焼させていく物語。当時の日本人に大きな共感を巻き起こし、寺山修司、三島由紀夫、横尾忠則ら時代を牽引した知識人たちをも熱狂させた。  今回新たに放送される『メガロボクス』は、八百長試合に身を沈めるボクサーが、運命に抗うために、自分の全てを駆けてリングで闘う姿を描く熱いオリジナルストーリー。放送に向けて解禁されたティザービジュアルには、舞台となる地下のリングに佇む主人公の姿が描かれている。  監督・コンセプトデザインを務めるのはテレビアニメ『進撃の巨人』でビジュアルコンセプトを手掛けた森山洋。シリーズ構成・脚本には映画『続・深夜食堂』の共同脚本、真辺克彦、小嶋健作を起用。音楽は、国内外で活躍するアーティスト・mabanuaが担当。そして、アニメ『あしたのジョー2』で原作の世界観を魅力的に描いたトムス・エンタテインメントがアニメーション制作を手掛ける。  高森の長男・高森城からは、「ちば先生と父梶原一騎が、文字通り手を握ったことで生まれた矢吹丈が、ドヤ街に現れ、丹下段平と出会ってから50年という時間が経過しました。『メガロボクス』では二人が作り上げた精神の部分を、どんな形で再現するのか、あるいはどのようにアレンジするのか、楽しみにしております」とコメントが寄せられた。ちばは、「まだ若くて元気だった梶原さんとボクは、ジョーや力石達、登場人物に負けないくらい毎回真剣勝負で、夢中になって作品に向き合ってきました」と明かし、新作アニメ『メガロボクス』は、今の時代にふさわしい、全く新しい切り口の、でもどこかに普遍の核がある、骨の太い作品になるんじゃないかな、と、今から楽しみにしているんです」と語っている。  テレビアニメ『メガロボクス』は、2018年春テレビ放送開始。

  • 『ドクター・ストレンジ』全米初登場1位&「週刊少年マガジン」で連載決定

    『ドクター・ストレンジ』全米初登場1位! 「マガジン」に“日本だけの”前日譚も掲載

    映画

     『アベンジャーズ』や『アイアンマン』シリーズで知られるマーベル・スタジオの最新作『ドクター・ストレンジ』が11月4日より全米公開され、全米初登場1位を獲得。公開3日間で興行収入約88億4千万円の大ヒットを記録したことがわかった。さらに、本作の前日譚となる『ドクター・ストレンジ エピソード0』が11月22日発売の「週刊少年マガジン」に掲載されることが決定した。@@cutter 本作は、マーベル史上最もミステリアスなヒーローによる、異次元ファンタジック・アクション。不慮の事故で両手の機能を奪われた天才外科医のスティーブン・ストレンジは、最後の望みをかけて人智の力を超えた“魔術”の力にたどり着く。敵ですら傷つけられないという苦悩に葛藤するストレンジは、新しいパワーを身につけて外科医に戻るのか、それとも最強の魔術師として世界を守るのか。究極の選択を迫られる。  11月4日に全米公開された本作は、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品としては14作連続の第1位を記録。早くも全米からは絶賛の声が続々と届いており、「今年一番スペクタクルで魅力的な作品」「パーフェクトなキャスティング」など、主演を務めるベネディクト・カンバーバッチの演技にも称賛が集まっている。アメリカのレビューサイトRotten Tomatoesでも90%の高評価を得ており、来年の日本公開が待ち望まれる。  また、映画公開を記念して掲載されることになった前日譚『ドクター・ストレンジ エピソード0』は、マーベル公認の作品で、世界で唯一日本でしか読むことができない。ドクター・ストレンジが魔術を手に入れる少し前、天才外科医の彼が傲慢な態度で同僚たちを困らせながらも、その“神の手”で数々の患者を治療していく姿が描かれる。ペンを取ったのは、第70回ちばてつや賞(ヤング部門)で準優秀新人賞を受賞した春壱。さらに、人気連載マンガが無料で読めるアプリ「マンガボックス」では、連載『ドクター・ストレンジ』が11月30日から配信開始されることも決定しており、本誌と併せて楽しむことができる。  映画『ドクター・ストレンジ』は2017年1月27日公開。

  • 『FAIRY TAIL』取材会に登場した宮崎秋人

    『FAIRY TAIL』舞台衣装姿が初お披露目 宮崎秋人、露出度の高さに「裸同然だな」

    アニメ・コミック

     人気コミックを舞台化したライブ・ファンタジー『FAIRY TAIL』の取材会が11日都内にて行われ、主人公ナツ・ドラグニル役の宮崎秋人、グレイ・フルバスター役の白又敦、ジェラール・フェルナンデス役の荒木宏文が登場。初お披露目となった衣装姿について、宮崎は「露出がすごいな。裸同然だな」と照れながらも、「“FAIRY TAIL”の紋章が身体にあるので気持ちが引き締まります」と意気込みを語った。@@cutter 原作は真島ヒロによる同名コミック。2006年より「週刊少年マガジン」(講談社)で連載を開始し、2009年のTVアニメ放送以来、劇場版アニメやゲームなどさまざまなメディアミックス化がなされてきたが、舞台化は今回が初。脚本・演出は、「宝塚歌劇団」で活躍してきた児玉明子が務める。  お披露目された衣装について、宮崎は「アクションが多い役なんですけど、動くのが大変そう」と率直な感想。白又は「僕の衣装は一番私服感が強くて、これで街を歩いていても違和感ないだろうな」と笑いつつ、「今衣装を着ている状態がレア。グレイは舞台ではすぐに服を脱いじゃうんです。着ている感触を覚えておきたい」と語る。着衣状態の時間は2割~3割程度と語る。荒木は「着るたびに衣装の修正が加えられてどんどん綺麗になっていく。キャラクターの色が壊れない、細部にまでこだわって作ってくれている衣装」と絶賛した。  “裸同然”という宮崎だが、この日はその引き締まった肉体も披露。稽古中も「暇さえあれば鍛えています」とのことで、筋トレに詳しい白又に「プロテインのこととか教わりながら」二人でトレーニングに励んでいるそうだ。一方の荒木は「今腰を痛めているので(笑)」とコメント。トレーニングには参加していないようだ。  また、宮崎は「自分も好きな原作で、これを舞台にできる、好きな役柄を演じられる、そして真ん中に立たせてもらえることをありがたく思います」と感謝を言葉にし、「それぞれのキャラクター、それぞれの役者が生きる演出になっているので、その中で自分が引っ張っていけるように頑張りたい。自分が足りない部分はみんなに甘えていきたい」と意気込む。そして宮崎は、会見の最後、舞台での特殊技術によるパフォーマンスの一部も披露した。  ライブ・ファンタジー『FAIRY TAIL』は、東京・サンシャイン劇場にて4月30日から5月9日まで上演。

  • 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』週刊少年マガジンの人気コミックとの“シビル・ウォー”企画実現!豪華すぎるビジュアル解禁。

    「週刊少年マガジン」超人気連載で“禁断の戦い”!? 作者描きおろし超豪華ビジュアル

    映画

     マーベル・スタジオの待望の最新作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の公開を記念して、「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中の『FAIRY TAIL』、『ダイヤのA』、『七つの大罪』の3作品との“シビル・ウォー”企画が実現。作者がそれぞれの世界観で描きおろしたビジュアルが解禁された。@@cutter 本作は、“アベンジャーズ”の代表的なヒーローである、アイアンマンとキャプテン・アメリカが対立する姿を描いた作品。今回の企画は、「週刊少年マガジン」で、“仲間”や“友情”が熱く描かれている人気作が参加した。そして、本作のポスタービジュアルと同じ構図で、『FAIRY TAIL』の真島ヒロ、『ダイヤのA』の寺嶋裕二、『七つの大罪』の鈴木央によって、それぞれの作品の世界観での<“禁断の戦い”シビル・ウォー>が描かれている。  『FAIRY TAIL』のビジュアルでは、左に氷の魔法を使う主人公のライバルキャラクター、グレイ・フルバスター率いるチームが、右に火の魔法を使う主人公のナツ・ドラニグル率いるチームが描かれた。一方、『ダイヤのA』は、左に主人公の沢村栄純チーム、右に沢村の高校のキャプテンを務める御幸一也チームが並んでいる。そして、『七つの大罪』では、左に主人公で“七つの大罪”の団長・メリオダスのチーム、右にバンのチームだ。  これらのチーム分けは、3人の漫画家が自ら選んだもの。「なぜこのチーム分けで対立するのか?」と妄想が広がるビジュアルになっているといえよう。  また、このビジュアルは、4月13日発売の週刊少年マガジンに掲載されるほか、ポストカードとして全国70万セット限定で入場者先着プレゼントされる。  映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は、4月29日より全国ロードショー。

  • 真島ヒロ、『FAIRY TAIL』ハッピーのクリスマスイラストを公開

    『FAIRY TAIL』ハッピーがサンタに!原作者・真島ヒロ、クリスマスイラスト公開

    アニメ・コミック

     漫画家・真島ヒロが24日、自身のツイッターに「週刊少年マガジン」(講談社)で連載している『FAIRY TAIL』のキャラクター・ハッピーのクリスマスイラストを投稿。雪の降るなか、サンタクロースの格好に大きな袋を持つハッピーの姿に、多くの反響が寄せられている。@@cutter 『FAIRY TAIL』は、“火の滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)”のナツ、“星霊魔導士”のルーシィ、“氷の造形魔導士”のグレイ、“妖精女王”の異名を持つ魔導士エルザなど、個性豊かなメンバーが所属する魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」の冒険を描くバトルファンタジー作品。ハッピーは、猫だが翼(エーラ)という魔法で空を飛ぶことができる立派な魔道士であり、主人公・ナツの相棒というキャラクターだ。  このイラストに対し、真島のツイッターには「とても可愛いです!プレゼントはハッピーが欲しいですね笑」「袋の中身は...魚ですか?笑」「サンタのハッピーすっごく可愛い!大きな荷物を一生懸命背負って雪の中を歩いている姿がなんとも言えなく愛らしい!」「ハッピーサンタ来てほしい~」「ハッピーサンタで、ハッピークリスマス!」等のコメントが届いている。

  • 『FAIRY TAIL』主演ナツ役はD‐BOYS、宮崎秋人に!

    『FAIRY TAIL』2016年舞台化決定! 主人公ナツ役はD‐BOYS・宮崎秋人

    アニメ・コミック

     「週刊少年マガジン」(講談社)にて連載中の人気コミック『FAIRY TAIL』の舞台化が決定した。主人公ナツ・ドラグニル役は、俳優集団「D‐BOYS」の宮崎秋人が演じることが発表され、脚本・演出を務めるのは『ライブ・スペクタクル「NARUTO‐ナルト‐」』を手掛けた児玉明子が担当する。@@cutter 原作コミック『FAIRY TAIL』は、『RAVE』などで知られる人気漫画家・真島ヒロが描くバトルファンタジー作品。“炎の滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)”のナツ、“星霊魔導士”のルーシィ、“氷の造形魔導士”のグレイ、“妖精女王”の異名を持つ魔導士エルザなど、個性豊かなメンバーが所属する魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」の冒険を描く。  主演の宮崎は、自身の抜擢に「とても驚いています」と率直な感想を口にする。大役にプレッシャーを感じると話すものの「それ以上に新たな挑戦が出来ることが何より嬉しいです」と期待のほうが大きいようだ。また「“再現”ではなく“舞台にする”ことを一番に考えてナツ・ドラグニルを演じたいです」と意気込みを明かした。  舞台『FAIRY TAIL』は、2016年4月30日~5月9日に池袋・サンシャイン劇場にて上演。

  • 『聲の形』劇場版制作は京都アニメーションが担当

    劇場版アニメ『聲の形』、京アニ制作! 監督は『映画 けいおん!』の山田尚子

    アニメ・コミック

     「週刊少年マガジン」(講談社)にて2013~2014年に連載され、劇場用アニメーション化が発表されていた『聲の形』。本作の制作を、『響け!ユーフォニアム』『Free!』などで人気の京都アニメーションが担当し、メガホンを『映画 けいおん!』『たまこラブストーリー』の山田尚子監督が取ることが決定した。@@cutter 耳の聞こえる少年・石田将也は、耳の聞こえない転校生・西宮硝子と運命的な出会いをし、そして彼女をいじめた。だが、やがて教室の犠牲者は硝子から将也へと移っていく。幾年の時を経て、将也は、 もう一度、硝子に会わなければいけないと強く思うようになっていた…。  『聲の形』は、手塚治虫文化賞新生賞、「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位(宝島社刊)など数々の賞を受賞した話題作。2014年11月に劇場用アニメーション化が発表されていたが、この度遂に制作スタッフの情報が解禁となった。  原作者の大今良時は、「アニメでしか表現できない事が沢山あると思います。どうなるんだろう?今からわくわくしています」と期待に胸を膨らませる。「漫画では自分の家族や友人などの身近な人や、全く身近で無い人をお話にしましたが、アニメでは皆さんが自分のお話だと思えるような作品になると思います。より多くの方にとって、より身近な『聲の形』になりますように」と思いを語った。  また、大今は劇場版スタッフについて「想像出来るもっと外側の驚きを、山田監督なら表現してくれると思います。期待しています」と信頼のコメント。一方、山田監督は「他人について知りたいと思うこと、知ろうとすること。その思いの伝え方は人それぞれで、たくさんのかたちがあるように思います。あしたにつづく希望の兆しをこの作品で将也たちと一緒に探っていきたいと思っています」と意気込みを明かした。

  • 『ダイヤのA‐SECOND SEASON‐』玉木浩司役を演じる落合福嗣

    落合福嗣、アニメ『ダイヤのA』成孔学園選手で出演 「全力でプレーしていきます」

    アニメ・コミック

     元プロ野球選手・落合博満の息子としても知られる声優・落合福嗣が、現在放送中のテレビアニメ『ダイヤのA‐SECOND SEASON‐』に出演することが決定した。落合は、成孔学園の玉木浩司役を演じる。@@cutter 『ダイヤのA』は「週刊少年マガジン」(講談社)にて連載中の人気高校野球漫画。2013年10月に初のテレビアニメ化となり、2015年4月から新シリーズ『ダイヤのA‐SECOND SEASON‐』が放送されている。  玉木役として出演決定した落合は、アニメ公式サイトにて「『ダイヤのA』は漫画、アニメーション共にとても大好きでずっと読んできた、見てきた作品だったので作品を盛り上げる一員になれてとても嬉しいです」と喜びを噛みしめ、「成孔野球部の一人として全力でプレーしていきますので皆様よろしくおねがいします」と意気込みを語った。  『ダイヤのA‐SECOND SEASON‐』はテレビ東京ネット局にて、毎週月曜18時から放送中。

  • TVアニメ『山田くんと7人の魔女』 豪華特典満載でブルーレイ&DVDBOX発売決定

    『山田くんと7人の魔女』BD&DVDBOX発売 『ヤンメガ』コラボアニメ・マンガ収録

    アニメ・コミック

     現在放送中のTVアニメ『山田くんと7人の魔女』が、早くもブルーレイ&DVDでのリリースが決定。8月26日発売の上巻BOXでは、原作者・吉河美希の過去作『ヤンキー君とメガネちゃん』との夢の共演コラボアニメ・描き下ろしマンガを収録するほか、逢坂良太・早見沙織・増田俊樹・内田真礼ら豪華キャスト陣が出演予定のスペシャルイベント優先販売抽選申込券が封入される。@@cutter 『山田くんと7人の魔女』は、「週刊少年マガジン」(講談社)にて現在連載中の人気学園コメディ。同原作者の『ヤンキー君とメガネちゃん』と2作連続で実写ドラマ化され、コミックス累計は300万部を突破した。主人公は、私立の進学校になじめず問題ばかり起こしている山田竜。ひょんなことから、新たな仲間や魔女たちと出会い、一変した彼の学園生活を描く。  ブルーレイ&DVD上巻BOX<初回生産限定版>では、『ヤンキー君とメガネちゃん』とのコラボアニメ・描き下ろしマンガを収録。さらに、スペシャルイベント(11月15日開催)の優先販売抽選申込券を始め、「生原稿777枚プレゼント」の応募はがきや「エンドカードイラスト」ポストカードも封入されるという、驚きの特典が満載となっている。  TVアニメ『山田くんと7人の魔女』ブルーレイ&DVD上巻BOX<初回生産限定版>は第1話~第6話収録で、8月26日発売。ブルーレイは2万円(税別)、DVDは1万6000円(税別)。

  • 『ノラガミ』2期放送決定

    『ノラガミ』2期放送決定! 1期イッキ見上映会&特別展開催

    アニメ・コミック

     2014年1月から3月にかけ、MBS、TOKYO MXなどで放送された人気アニメ『ノラガミ』の第2期が放送が決定した。スタッフ&豪華声優陣はそのままに、原作の人気エピソードが登場する予定だという。@@cutter コミックス累計400万部を記録するあだちとか原作のアニメ『ノラガミ』は自称“神”の「夜ト(やと)」を中心に、死霊となった少年「雪音(ゆきね)」、“半妖”となった女子高生「壱岐(いき)ひより」らがお互いの絆を深め、成長していくダーク・アクション・ファンタジー。  今回発表となった2期の放送に合わせ、 東京・新宿ピカデリー、大阪・なんばパークスシネマの2つの劇場にて、「『ノラガミ』一挙上映イベント」と題したオールナイト上映を実施。4月18日開催の東京上映前には、くらは役・井上和彦、やまちゃん役・高橋未奈美、あみちゃん役・高山ゆうこ、タムラコータロー監督らが登壇するトークステージも用意。4月19日の大阪会場には井上、タムラ監督が登壇する。  さらに、BSフジでの第1期再放送に加え、これを記念した3日間限定の特別展「ノラガミ特別展inアニメイト池袋本店」が開催決定。アニメ原画、場面写真パネル、スタンディ展示などファン必見のイベントとなっている。

  • 講談社、謎のティザーサイトをオープン。「5・6・7」の意味とは…

    講談社、謎のカウントダウンサイトを開設 “マガジン”に何かが起こる

    アニメ・コミック

     「週刊少年マガジン」「月刊少年マガジン」「ヤングマガジン」などで知られる出版社・講談社が12月24日、謎のティザーサイトを突如開設。サイト上では大きく「5・6・7」という数字が描かれ、カウントダウンが始まっている。@@cutter サイト中央に大きく表示された「5・6・7」と、時を刻む数字には『七つの大罪』や『FAIRY TAIL』、『賭博黙示録カイジ』など、“マガジン”が誇る人気作品のキャラクターが描かれているが、このサイトが何を意味するのかは一切不明。  2014年12月24日現在では、カウントは「あと11日」と表示されており、カウンターが0になるのは2015年1月5日。その日に「講談社」で、“マガジン”で何が起こるのか…。発表まで要注目だ。

  • 2014年1番“面白いマンガ”決定!

    「このマンガがすごい!2015」オトコ編1位『聲の形』 2014年“面白いマンガ”決定

    アニメ・コミック

     その年に発表されたマンガ作品から、もっとも注目すべき作品を選出するマンガランキング本「このマンガがすごい!2015」が10日に発売となった。“オトコ編 第1位”には、聴覚障がい・いじめなどをテーマとした異色作『聲の形』。“オンナ編 第1位”には、“ちょっと足りない”中学2年生のちーちゃんと彼女を取り巻く少女たちの日常を描いた『ちーちゃんはちょっと足りない』が輝いた。@@cutter 『聲の形』は、大今良時が「週刊少年マガジン」(講談社)にて連載していた作品。小学生時代、耳が聞こえない同級生・西宮硝子をいじめ、その後悔を抱きつつ高校生になった石田将也が、硝子に会いにいくところから始まる本作。読み切り掲載時から大きな衝撃を与え、連載が進むたびに多くのファンを獲得。1位予想キャンペーンでも、ダントツの1位予想であった。  『ちーちゃんはちょっと足りない』は、阿部共実が「もっと!」(秋田書店)にて連載していた作品。“ちょっと足りない”中学2年生ちーちゃんと、それをかまう団地仲間ナツの姿を映す。絵柄もあいまって、ほのぼのした日常ものかと思いきや、めまぐるしく変わる思春期の感情、世に対する不平不満や欺瞞など“ナマの感情”をまざまざと単巻のみで描き切った。  発売された本誌は、両作品作者のインタビューを始め、アイドル・ミュージシャン・俳優・評論家・ライター・書店員・噺家・小説家…各界のトップランナーによるマンガ語りや、人気漫画家たちがイチオシする注目作品、今年の“すごかった”マンガを振り返るトピックスなど、盛り沢山の内容を多数収録。マンガ好きには必携の一冊となっている。

  • 人気野球マンガ『ダイヤのA』が2015年に舞台化決定!

    『ダイヤのA』舞台化決定! 『コードギアス』『らき☆すた』の映劇が制作を担当

    アニメ・コミック

     2006年に「週刊少年マガジン」(講談社)にて連載開始以来、コミックスの累計売上が2000万部を突破し、TVアニメも絶賛放送中の高校野球マンガ『ダイヤのA』。マンガ・アニメ共に絶大な人気を誇る本作の、舞台化が決定した。@@cutter 「もう一度、あのミットに投げ込みたい…。」捕手・御幸一也との出会いが、沢村栄純の人生を一変させる。己の力を試すため、仲間に別れを告げ、野球名門校・青道の扉を叩く。そこには己のすべてをかけた誇り高き球児たちがいた…。  強豪校で主人公・栄純がA(エース)を目指して奮闘する姿が描かれる『ダイヤのA』。王道を踏襲しつつ、斬新さも織り交ぜ、感動と興奮を呼び起こす本作の舞台を手掛けるのは、『コードギアス 反逆のルルーシュ』や『らき☆すた』、『ハマトラ』など、数々のアニメ作品の舞台化を担当してきた「映劇」。  現時点ではキャスト等は未発表だが、続報を待ちたい。舞台『ダイヤのA』は新宿・紀伊國屋サザンシアターにて、2012年1月23日~31日に上演。(全12公演予定)

  • アニメ『七つの大罪』一部メインキャストが発表!梶裕貴、雨宮天、久野美咲ら旬な声優が顔を揃える

    『七つの大罪』梶裕貴、雨宮天、久野美咲がメインキャストに!さらにビジュアルも公開

    アニメ・コミック

     10月からのTVアニメ放送が待たれる、鈴木央による人気漫画『七つの大罪』のメインキャストが発表され、梶裕貴、雨宮天、久野美咲らの出演が決定した。また併せて、本作のメインビジュアルも公開された。@@cutter 『七つの大罪』は、「週刊少年マガジン」(講談社)にて連載中の人気王道ファンタジーのアニメ化。  本作の舞台は、絶大なる魔力を有し、人々から敬われ、時に恐れられる存在“聖騎士”に守られたリオネス王国。いまや聖騎士に牛耳られた王国を救うため、王女エリザベスは、国を裏切り全聖騎士を敵に回した罪人たちによる最強最悪の騎士団“七つの大罪”を探す旅に出るところから始まる。  その途中でたどり着いた一軒の酒場で、店主を名乗る少年・メリオダスに出会ったことが、彼女と“七つの大罪”たち、そして世界の命運を一変させる冒険の始まりであった…。  梶が演じるのは、王女エリザベスがたどり着いた移動酒場“豚の帽子亭”を営むメリオダス。見た目は少年だが、“憤怒の罪(ドラゴン・シン)”の罪を背負った“七つの大罪”のリーダーだ。  雨宮は、メリオダスと共に“七つの大罪”を探す王女エリザベスを演じる。泣き虫だけど強い信念と慈愛に満ちた心を持つ、キュートなお姫様という役どころ。  久野は、“豚の帽子亭”で給仕兼残飯処理係をしている豚のホーク。人間の言葉を話すことができ、弱いくせになぜか自分を最強の戦士だと思っているが、憎めないキャラクターだ。  なお、本作は『青の祓魔師』 『世界征服~謀略のズヴィズダー~』の岡村天斎がメガホンを取り、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『ソードアート・オンライン』のA‐1 Picturesが制作を務める。    アニメ『七つの大罪』は10月5日17時より、MBS/TBS系全国28局ネットにて放送開始。

  • 世界でたった1枚の特別ポスターを母校に!「ダイヤのA“母校のエースに届け!キャンペーン」本日から開催

    『ダイヤのA』世界初の試みに挑戦! 母校の応援メッセージが世界で1枚のポスターに

    アニメ・コミック

     「週刊少年マガジン」(講談社)にて好評連載中であり、累計発行部数2000万部を超えを記録し“今最も売れている高校野球漫画”『ダイヤのA』。本作が、全国の球児を応援するため、ダイヤのA「母校のエースに届け!キャンペーン」を本日より開始した。本キャンペーンは、母校の野球部にエールを送ると、世界で1枚の特製ポスターになって母校に届くという世界初の試みだ。@@cutter キャンペーンサイトでは、母校の球児たちへの応援メッセージを投稿可能。世界初の試みとして、投稿されたメッセージは全国の4000校を超える高校ごとにポスターに印刷され、母校の球児のもとに届く。また、キャンペーン期間中、『ダイヤのA』の電子版コミックを4巻まで無料で読むことができ、さらに投稿後は7巻まで閲覧が可能に。  卒業生や野球ファンにとっては、無料で『ダイヤのA』を読めるだけでなく、自分の青春時代を懐かしみながら母校の球児に応援メッセージを届けられる。高校球児にとっては、自分の家族や友人以外にも応援してくれる人の存在を感じることができ、より一層野球に情熱を注ぎたくなる、そんな熱い想いをつなぐ企画となっている。  『ダイヤのA』が連載中の講談社「週刊少年マガジン」編集部は、本キャンペーンについて「何年も前の卒業生が現役の部活生を応援できる仕組みを作ることで、つながりが生む強さや素晴らしさを少しでも感じてもらいたい。それはダイヤのAの中でずっと描かれてきた大切なメッセージのひとつです」とコメントを寄せている。  ダイヤのA「母校のエースに届け!キャンペーン」は8月31日まで実施。詳細はキャンペーン公式サイトまで。

  • 『七つの大罪』TVアニメ放送決定!

    TVアニメ『七つの大罪』放送日決定!『ハガレン』『マギ』の人気枠“日5”に登場

    アニメ・コミック

     「週刊少年マガジン」(講談社)にて連載中の鈴木央原作『七つの大罪』が10月5日(日)よりTBS系列、全国28局ネットにて放送されることが決定。『ハイキュー!!』『マギ』『戦国BASARA』『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』など、数々の人気作を世に放つ“日5枠”での放送となる。@@cutter かつて最強最悪の騎士団として恐れられ、国を裏切り指名手配となった罪人集団「七つの大罪」をめぐる冒険ファンタジー 『七つの大罪』は、2013年数多くのマンガ賞にランクインした大ヒット漫画だ。2010年より連載が始まり、8月16日にはコミックス10巻の発売が決定している。  アニメ版の気になるスタッフやメインキャストは8月6日発売の 「週刊少年マガジン」36・37号にて発表される予定だ。  人ならざるものの世界が、分かれてはいなかった時代。絶大なる魔力を有す「聖騎士」によって支配されたリオネス王国。王国の王女・エリザベスは国を救うため、最恐最悪の騎士団として全聖騎士を敵に回した罪人たち「七つの大罪」を探すべく旅に出る。  TVアニメ『七つの大罪』は、TBS系列、全国28局ネットにて10月5日(日)17時より放送。

  • ウェンディが主人公のスピンオフコミック『FAIRY TAIL ブルー・ミストラル』連載決定!

    『FAIRY TAIL』ウェンディのスピンオフ始動 衝撃の恋愛エピソードも!?

    アニメ・コミック

     「週刊少年マガジン」で絶賛連載中の、真島ヒロによる『FAIRY TAIL』。そのスピンオフとして、“妖精の尻尾”に入ったばかりのウェンディを主人公とした『FAIRY TAIL ブルー・ミストラル』が、「なかよし」9月号から連載開始する。@@cutter 8月2日発売の「なかよし」9月号から連載開始となる本作は、ウェンディとシャルルが“妖精の尻尾”に入ったばかりの頃を舞台にしたスピンオフ作品。「村に起こっている怪現象を解決してほしい」という依頼を受け、ウェンディとシャルルがナナル村へ向い竜の谷の秘密を探るところから物語は始まる。  「ウェンディに恋!?」といった衝撃エピソードもあり、原作の『FAIRY TAIL』ファンも、新規読者も楽しめる物語になっている。なお、漫画を担当するのは期待の新人作家・渡辺留衣。単行本は今冬発売予定となる。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access