瀬戸利樹 関連記事

  • 『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第5話場面写真

    今夜『リーガルV』、“ポチ”林遣都が逆転勝訴に向けて立ち上がる

    エンタメ

     女優の米倉涼子が主演を務める木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第5話が今夜放送される。今回は、翔子(米倉)に励まされた“ポチ”こと青島圭太(林遣都)が以前から抱えていた案件を逆転勝訴に導くために立ち上がるほか、伊藤理恵(安達祐実)が謎に包まれていた翔子の過去に迫る。@@cutter 本作は、弁護士資格を剥奪された小鳥遊翔子(米倉)が、ペーパー弁護士の大学教授に法律事務所を開かせ、スカウトしたワケあり弁護士やパラリーガルをこき使いつつ、さまざまな訴訟に身を投じる姿を描いている。  「勝つまで戦うの」――。翔子の言葉に背中を押された圭太は、以前から抱えていた案件を逆転勝訴に導くために立ち上がる。その案件は、人気学生ベンチャー企業で代表を務める大学生・町村誠(瀬戸利樹)が暴行を受けて重傷を負った事件だった。凶器から指紋が検出され、町村の幼なじみで同級生の武藤正洋(戸塚純貴)が傷害容疑で起訴され、青島が弁護することになったのだ。  ところが、事件前に町村が企業の解散を提案していたことから、検察側は「異を唱える武藤が暴力行為をエスカレートさせた」と主張。町村自身が「武藤から暴行を受けた」と証言したため、武藤は一審で実刑判決を受けることになる。その後、ネットの誹謗中傷に耐えながら息子の無実を証明しようと奔走していた母・武藤望(片岡礼子)の自殺を招き、青島は胸を痛めていたのだ。  立ち上がった青島は控訴審に向けて、翔子率いる「京極法律事務所」のメンバーにも協力を仰ぎ、有利となる証拠を集めようと奔走する。しかし、武藤の父・紘一(志垣太郎)は「お前らなんかに息子は救えない」と一刀両断。あれほど無実を主張していた武藤自身も、すっかり自暴自棄に陥り、青島に背を向ける。そんな苦しい状況下でも、翔子は青島を鼓舞する。一方、「京極法律事務所」のパラリーガル・伊藤理恵は、謎に包まれていた翔子の過去を突き止め…!?  木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第5話は、テレビ朝日系にて今夜11月15日21時放送。

  • (左から)瀬戸利樹、清原翔

    瀬戸利樹&清原翔、新ドラマ『深夜のダメ恋図鑑』で“ダメ彼氏”に

    エンタメ

     俳優の瀬戸利樹と清原翔が、10月スタートの新ドラマ『深夜のダメ恋図鑑』(ABCテレビ・テレビ朝日系)にて“ダメ彼氏”役を務めることが分かった。瀬戸は自身の役どころについて「登場する男の中で一番ダメな男なんじゃないかなと思いました」とコメントしている。@@cutter 原作は、恋愛に振り回される3人の女子がダメ男たちを的確かつ辛辣に切り捨てるキレキレの決め台詞が話題を呼んだ尾崎衣良による同名コミック。3人は夜な夜な女子会を開き、「浮気なんて男の本能みたいなもんだろ」「ウチの母親に料理教えてもらえよ」 「キミの中にかけ込み乗車だ☆」など、「こんな男いるいる」と思わずにはいられないダメ男話を持ち寄り、痛快なまでにブッタ切る。実写ドラマでは馬場ふみか、佐野ひなこ、久松郁実がヒロインの3人組を演じる。  今回美女にぶった斬られるダメ男に選ばれたのは、『仮面ライダーエグゼイド』で鏡飛彩/仮面ライダーブレイブを演じた瀬戸利樹と、「MEN’S NON‐NO」モデルで、俳優としての活躍も目覚ましい清原翔。  瀬戸は、クールで頭もキレる才色兼備な美女・佐和子(佐野)の彼氏で、根はピュアで素直だが、何かと残念な男・国分諒役を務める。諒というキャラクターについて瀬戸は「登場する男の中で一番ダメな男なんじゃないかなと思いました。共通点はあったらマズイですよね(笑)。共通点はないと思いたいです!!」とバッサリ。「皆さんにこんな男いる、ムカつく、ありえないと思って頂けるように頑張ります」と意気込んだ。  一方、少女漫画脳で理想が高すぎる千代(久松)の理想の“王子様”になるべく、空回りしながら奮闘する八代智司には、清原が扮する。体育会系で熱くまっすぐなイケメンながら、社会人デビューのため言動も私服もダサい男という智司役について「男性特有の悩みを持った良い男だと思います(笑)。共通点は何個もあると思います」と語っており、「女性の方はもちろん、男性の方にもたくさん共感できる部分があると思うので、しっかりそれを表現できるように、楽しんで撮影に挑めたらと思っています」と作品をアピールした。  ドラマ『深夜のダメ恋図鑑』は、ABCテレビ・テレビ朝日系にて10月より放送。

  • 瀬戸利樹インタビュー、2017年を振り返る

    瀬戸利樹、大きな収穫は“芝居への考え方”の変化「改めて学ばせてもらえた年」

    エンタメ

     2014年に俳優デビューを果たし、昨年10月から今年8月まで放送された『仮面ライダーエグゼイド』で仮面ライダーブレイブを演じた瀬戸利樹。仮面ライダーのことはもちろん、初の写真集も発売し、転機の年となった2017年を振り返る。@@cutter ゲームが大好きだという瀬戸は、寝ている間に見る夢でも「ゲームの中のキャラクターになって戦っていた」ほど。そんな瀬戸が仮面ライダーブレイブを演じることになった『仮面ライダーエグゼイド』は、ゲームをモチーフとしたライダーだった。「オーディションのときにもゲームは得意ですとお話しはしていました。確かにモチーフはゲームのライダーですね!」と笑顔を見せる。  発表されるたびに奇抜なアイデアが話題となる平成仮面ライダーだが、特に「仮面ライダーエグゼイド」は姿形からして、これまでのライダーとは一線を画すものだった。「ビックリしました。まず目がついているというのを見たことがなかったですから。これに変身してもらいますと資料をいただいたときに、『お、おお。おお??』となりました(笑)。新しい!っと思いましたね」。  街中でヒーローだと実感する瞬間もある。「子どもにすぐ気づいてもらえます。先日も電車に乗っていたとき、お母さんと子どもが隣同士で座っていて、僕はマスクをしてたんですけど、子どもはすぐに分かるんです。『あ、ブレイブ』って。そうか、僕は子どもたちのヒーローなんだなと肌で感じました」。  1年間を通じて放送される仮面ライダーは、演技を始めて数年の若い俳優たちにとって、ほかにない貴重な現場だ。「お芝居に対しての考え方が変わりました。それまでは脚本を読んだときに、頭の中で自分の芝居を決めてしまう傾向があって。それが、相手の言い方や感情によって、自分の芝居を返せるようになりました。設定やセリフだけを頭に入れて、あとは実際の場の感情に任せる。それを学べたのがとても大きいです」。@@separator 今年はファースト写真集『SETOGRAPH』も出版した。「写真撮影はあまり得意ではなかったんです。動画だったらスタートしたら気にならないけれど、写真は周りの人を意識してしまったりして。でも今回のカメラマンの濱田英明さんがすごく優しい方で、カメラを意識せずに自然に撮ってもらえました」。  出版後の反響も大きかった。「有難いですね。特にレモン風呂の写真の感想が多かったかな。お尻を出したんですけど、すごくキュートなお尻だと言っていただけました(笑)」。  「もっと僕を知ってもらうために、来年以降も、少しでも皆さんの前に多く出られるように頑張りたい」と力強く語る瀬戸。憧れの俳優は高橋一生だと明かす。  「作品を見るたびに全然違って。カメレオン俳優というか。でも、自然な演技でクセのあることはしてないんですよね。それが凄いなって。あと、単純にかっこいいです(笑)。僕は自分とは違う系統の顔の人を好きになる傾向があるんですが、そのなかで高橋さんはダントツにドストライクなお顔です。さらに演技もめちゃめちゃ好きなので、いま1番好きです」。  そして最後は、1年を振り返りつつ、これからを見据えた思いを明かしてくれた。「ドラマ、映画、舞台と、どれも初めての経験というわけではなかったのですが、でも改めて学ばせてもらえた年でした。そして芝居への考え方を変えられたのが大きな収穫でした。これから大事な1年、1年になってくると思うので、結果にもこだわりつつ、しっかりとひとつひとつのお仕事に向き合っていきたいです」。(取材・文・写真:望月ふみ)

  • ドラマ『重要参考人探偵』第7話に瀬戸利樹がゲスト出演

    瀬戸利樹、“仮面ライダー”から“カメラマン”へ 『重要参考人探偵』第7話に出演

    エンタメ

     『仮面ライダーエグゼイド』で鏡飛彩/仮面ライダーブレイブを演じた瀬戸利樹が、現在放送中のドラマ『重要参考人探偵』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)に出演することが分かった。12月1日放送の第7話では、『仮面ライダーエグゼイド』以来、初となるドラマ出演でカメラマン役を演じる瀬戸は、「久しぶりのミステリー作品でもあったので、一つ一つがまた新鮮な気持ちでした」と撮影を振り返っている。@@cutter 『重要参考人探偵』は、なぜかいつも死体の第一発見者になってしまい殺人事件の犯人として疑われてしまう男・弥木圭(玉森裕太)が仲間である周防斎(小山慶一郎)やシモン藤馬(古川雄輝)らと共に、事件を解決していく姿を描くコメディータッチの推理ドラマ。  第7話で瀬戸が演じるのは、カメラマンアシスタントの清見悠。新人賞なども獲得し、将来を嘱望されている優秀な若手カメラマンであるが、圭たちとともに温泉旅館のホームページの撮影にやってきたところ、先輩カメラマンの高江克海(斉藤陽一郎)が何者かに毒殺されてしまうという事件へと遭遇してしまう。  本作への出演について『仮面ライダーエグゼイド』と同じく、テレビ朝日へのドラマへ参加することに「本当に光栄です」と思いを述べる瀬戸。仮面ライダーでは、変身前の外科医・鏡飛彩の時に白衣を着ていた瀬戸は「白衣を着ていない自分の姿をみてとても不思議な気持ちになりました」と思いを寄せている。  また今回は、第7話で登場する温泉旅館での撮影シーンから、古川の入浴写真を公開。極上の“目の保養”&“心の癒やし”シーンになること間違いなしだ。  ドラマ『重要参考人探偵』は、テレビ朝日系にて毎週金曜23時15分から放送中。

  • 瀬戸利樹、ファースト写真集『SETOGRAPH』10月6日発売決定

    『仮面ライダーエグゼイド』瀬戸利樹、ファースト写真集発売! ビーチショットも解禁

    エンタメ

     特撮ヒーロー番組『仮面ライダーエグゼイド』にて鏡飛彩(かがみ・ひいろ)/仮面ライダーブレイブ役で出演している瀬戸利樹のファースト写真集『SETOGRAPH』が、10月6日に発売されることが決定し写真集の表紙及び未公開カットが解禁となった。@@cutter 瀬戸は、ドラマ『弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』(日本テレビ系)で俳優デビュー後、映画『ストレイヤーズ・クロニクル』にて映画初出演を果たす。2017年には映画『PとJK』に出演し、12月9日より劇場公開予定の映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL』にも出演。現在はで放送中の『仮面ライダーエグゼイド』(テレビ朝日系)で人気を集めている。  今回発売される瀬戸のファースト写真集の舞台は、名前の「瀬戸」の由来でもある瀬戸内海の小豆島と豊島。撮影初日の海では嵐の中、ずぶ濡れ状態でロケを敢行、クールな表情を収めた。翌日のプライベートビーチ撮影ではアクションで鍛えた肉体も披露、さらに古民家アートホテルでは、寝起きの素顔やレモン風呂でのセクシーショットと、今現在の瀬戸利樹のすべてを収録している。  撮影には、国内外から注目を集めているフォトグラファーの濱田英明を起用。全編が中判フィルムカメラで撮影され、フィルムならではの質感や色を活かした美しい写真にこだわっている。解禁となった写真は、既にイメージカットとして公開されている正面のアップ写真を含め4枚。既発表のものは、今回改めて表紙として使用されることが明かされている。  写真集を出すことを1つの目標としていた瀬戸は、「とても嬉しいです」と発売に対して喜びをコメントする一方で「フェリーでの船旅や、海に囲まれた島の風景は、すごく新鮮でワクワクしました」と語り、瀬戸内海の小島での撮影を満喫したようだ。また10月7日には瀬戸の22歳の誕生日を迎え、翌8日に発売記念イベントが決定し「皆さんと一緒に22歳のスタートを切れたら嬉しいです」と写真集とともに、これからの自身の動向をアピールしている。  瀬戸利樹ファースト写真集『SETOGRAPH』は、10月6日発売。

  • ドラマ『モンタージュ』で恋人同士を演じる門脇麦と野村周平

    野村周平、ドラマ『モンタージュ』福士蒼汰の父親役 恋人役に門脇麦

    エンタメ

     25日・26日の2夜連続で放送される、大型スペシャルドラマ『モンタージュ 三億円事件奇譚(きたん)』。今回新たに「三億円事件」が起こった1968年当時の物語を演じるキャストが決定、俳優・野村周平が、福士蒼汰演じる主人公の父親の若き日を演じることが発表された。@@cutter 本作は2009年の長崎、高校3年生だった鳴海大和(福士)が、幼なじみの小田切未来(芳根京子)と共に、通学路の途中で、何者かに刺され、瀕死の老人・東海林明(香川照之)を発見したことにより、昭和最大の未解決事件「三億円事件」を巡るトラブルに巻き込まれていく様を描いたサスペンス。  この物語の主舞台となる「現代パート」では、メインキャスト陣として、福士、芳根、香川とともに、大和の父親である鉄也役を唐沢寿明が務めるほか、西田敏行、劇団ひとり、遠藤憲一、夏木マリら、華キャストの出演が既に決定している。一方、今回新たに発表されたのは「1968年パート」。このパートの主人公とも言える川崎雄大(若き日の鉄也)を野村、雄大の恋人・井上和子を門脇麦が務めるほか、三浦貴大、渋谷謙人、ホラン千秋、瀬戸利樹と、注目の若手実力派俳優陣が集結している。  今回のドラマでは共演シーンはなかったものの、彼らが同じドラマに出演するのは月9ドラマ『恋仲』以来、およそ1年ぶり。父親役となる野村に対して、福士は「野村くんとは同級生なので、本当に不思議な感覚です(笑)」とコメント、野村も「現場で“僕のことを、お父さんって呼んでよ”と言ったんですが、“やだ”と言われてしまいました(笑)」と和気あいあいとした雰囲気で撮影に取り組んだ様子を見せている。  また野村は作品に対して「これまで僕が出演させていただいた作品とは、全くテイストの違う作品になっていると思います。“三億円事件”を題材にした映画やドラマは、過去にもたくさんありましたが、今回の作品はそれらとは別の切り口で描かれていますので、新しい視点から楽しんでいただけたらうれしいです」と今回の出演への興味とともに、作品の魅力をアピールしている。  『モンタージュ 三億円事件奇譚』(フジテレビ系)は前編・6月25日21時~、後編・6月26日21時放送。

  • 「MEN ON STYLE SUPER LIVE 2015」開催決定

    福士蒼汰、竜星涼、永瀬匡…研音若手俳優そろい踏み 「MEN ON STYLE」今年も開催

    エンタメ

     研音所属の若手俳優によるイベント「MEN ON STYLE」が2015年も開催決定。4年目となる今年は福士蒼汰、竜星涼、永瀬匡、市川知宏、山本涼介、入江甚儀の6人のほか、新たに上杉柊平、瀬戸利樹、蒼山真人ら3人の俳優が加わり、“SUPER LIVE”として更なる進化を見せる。@@cutter 「MEN ON STYLE」は、芸能事務所・研音の若手俳優が、ダンスや歌、芝居などのライヴパフォーマンスを披露するお祭りイベント。普段は見られない彼らの素の表情や、同世代としてのライバルであり、切磋琢磨してきた仲間でもある9人の絆で結ばれたチームワークが見どころだ。4年目となる今年は「MEN ON STYLE SUPER LIVE 2015」のタイトルで、より一層の盛り上がりが期待される。  開催決定に対し、福士は「今年はオールスタンディングと言うことで、イベント史上最大の“盛り上がり”になると思います。未だ見たことのないMEN ON STYLEを作っていきたいです」と意気込みを語り、「自分自身もまたなにか新しい物をおみせしたいと思います」と自信を覗かせるコメント。  竜星も「今年はSUPER LIVEという事で今まで以上に見せるエンターテイメントになりそうです。今年も目一杯、最後まで一緒に楽しく遊びましょう」とファンに向けてアピールし、永瀬は「燃えてます!僕らが今年1年でどれだけパワーアップしたのかを会場に来て確認してください!今年1年の締めくくりを、みんなで盛り上げましょう!」と、気合十分な様子をみせた。  「MEN ON STYLE SUPER LIVE 2015」は大阪公演(全3公演)は、堂島リバーフォーラムにて12月25日~26日、東京公演(全4公演)は、豊洲PITにて12月29日~30日開催。

  • 『ストレイヤーズ・クロニクル』ジャパンプレミアの様子

    岡田将生「初めてが染谷でよかった」壁ドンを超えた“壁ドカン”生披露

    映 画

     6月27日公開のアクション映画『ストレイヤーズ・クロニクル』ジャパンプレミアが18日に行われ、キャストの岡田将生、染谷将太、白石隼也、清水尋也、鈴木伸之、栁俊太郎、瀬戸利樹と、瀬々敬久監督が登壇。当日は、岡田が特殊能力で壁を壊す“壁ドカン”を生披露した。@@cutter 本作は、ベストセラー作家・本多孝好が手がけたアクション巨編小説の映画化。ある極秘機関によって生み出された特殊能力者たちの戦いを迫力のアクションとVFXを駆使して描く。  岡田をはじめとした白石、清水、瀬戸利樹らスバルのチームは明るい現場だったようで、清水は「僕らはわちゃわちゃしてた。最年長の岡田さんが焼肉連れて行ってくれました」と明かす。岡田は「誰か『魚の方がいい』って言ってたヤツがいて…」と不満げな顔をすると瀬戸は「ごめんなさい。それ僕です。でも、魚がいいです」とつぶやき、笑いを誘う。  対して染谷は「アゲハチームはストイックでしたね。あんまり会話がなかった。怒りをもったチームなのでピッタリだったと思う」と振り返り、「僕は車椅子に9.9割くらい乗っていて、アクションをしてないので、皆さんアクションできていいなと思ってました」と述懐した。  イベントでは岡田が染谷に壁ドンをすると、壁がドカンと爆発するというユニークなセットを用意。岡田は「初めてが染谷でよかった」と伝えると、染谷も「一生の思い出ですね」とコメント。最後に岡田は「本作は新しいアクション映画。ここには、青春や友情、絆がある。映画を見て少しでもなにかを感じていただければ」と語り、本作をアピールした。

  • 岡田将生、松岡茉優の迫力にタジタジ

    岡田将生、年下・松岡茉優から怒られる「どうなってんですか!」

    映 画

     次世代アクション映画『ストレイヤーズ・クロニクル』キックオフイベントが7日に行われ、出演者の岡田将生、松岡茉優、白石隼也らが登壇。観客として集まった女子高生たちから黄色い声援が送られたものの、本作の主演であり最年長の岡田が場をうまく盛り上げることができず、松岡に怒られる場面が見られた。@@cutter 岡田と初共演となる白石は第一声「5年位前、岡田君が店員さんと仲のいい店を手伝っていて、その店に偶然入ったことがあるんですね。そのとき、『あ、店員が岡田くんだ』って思って…。それを考えるとすごい感慨深いです」と思いを明かしたが、「岡田君からクランクアップの日に連絡するねと言われたが、連絡をもらってないんです」と告白。岡田は舞台上で「ごめん。今度、連絡する」と頭を下げた。  また、イベントでは、来場した女子高生より事前にもらった質問を出演者たちに投げかけた。岡田は「勝負飯はなんですか?」という質問には「アンパンと牛乳」、この春から始めたいことは「ゴルフ」、応援しているものは「広島の黒田さん」と回答したが、客席は無反応。そこで松岡が「ちょっと、一番ワーってなんなきゃいけない人がどうなってんですか!」と鋭く指摘。岡田は「松岡さん、厳しい」とつぶやき、反省しきりだった。  本作は本多孝好の同名ベストセラー小説の映画化。極秘機関によって生み出された2組の特殊能力者たちが宿命によって引き合わされ、希望を未来につなごうとする者たちと絶望的な未来を破壊しようとする者たちとの壮絶な戦いと、能力者ゆえの葛藤や仲間との絆といった人間ドラマを濃密に描く。  ほか、当日は成海璃子、高月彩良、清水尋也、鈴木伸之、栁俊太郎、瀬戸利樹、黒島結菜らが登壇した。映画『ストレイヤーズ・クロニクル』は6月27日より全国ロードショー。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access