ロード・オブ・ザ・リング 関連記事

  • 『ロード・オブ・ザ・リング』テレビ版は第二紀が舞台(※映画『ロード・オブ・ザ・リング』場面写真)

    『ロード・オブ・ザ・リング』ドラマ版、第二紀が舞台

    海外ドラマ

     英作家J・R・R・トールキンのファンタジー小説『指輪物語』を映画化して大ヒットシリーズになった『ロード・オブ・ザ・リング』。米Amazonがドラマ版の制作を進めているが、第二紀が舞台になることが明らかになった。@@cutter 今年の2月から、公式ツイッターで中つ国の地図が公開されてきた。最初は漠然とした内容だったが、徐々に国名などが示されていき、最新ツイートでは「第二紀へ、ようこそ」と、ドラマ版の時代が映画シリーズでほとんど描かれていない第二紀になることが判明した。映画版は第三紀の出来事が描かれている。当初、ドラマ版は俳優のヴィゴ・モーテンセンが演じたアルゴルンの若かりし頃を描くのではないかと憶測されていたが、アルゴルンは第三紀に生まれている。  3441年間続いた第二紀は“ヌーメノールの時代”とも言われ、最新の地図にはヌーメノール島も描かれている。フロドたちの時代の前に消滅した島で、第二紀に中つ国の神ヴァラールが褒美として海から持ち上げて民に与えたとされる。第二紀には、映画版にも登場した冥王サウロンが悪の指輪を鍛造しており、この時代にエルフと人間、ドワーフが力を合わせ、サウロンと戦っている。  少しずつ詳細が明らかになっていく『ロード・オブ・ザ・リング』テレビ版。キャストはまだ明かされていない。以前はガンダルフ役の俳優イアン・マッケランが出演に意欲的な発言をしていたが、どんなキャラクターが登場し、誰が演じるのか。さらなる続報に期待したい。 引用:https://twitter.com/LOTRonPrime

  • TVドラマ版『ロード・オブ・ザ・リング』、イアン・マッケランがガンダルフ役続投希望!? (※『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』場面写真より)

    『ロード・オブ・ザ・リング』TVドラマ版、イアン・マッケランがガンダルフ役に意欲

    海外ドラマ

     『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズとして映画化されたJ・R・R・トールキンのファンタジー巨編『指輪物語』が、米Amazonでドラマ化されることになり、映画版でガンダルフを演じた大御所俳優イアン・マッケランが、ガンダルフ役の続投に意欲を見せている。@@cutter 2001年から2003年にかけて公開された『ロード・オブ・ザ・リング』三部作に加えて、2012年から2014年に公開された前日譚三部作『ホビット』シリーズでもガンダルフを演じたイアン。現地時間16日に英人気ラジオ番組『Graham Norton's Radio 2(原題)』に出演し、テレビシリーズで別のガンダルフが誕生することについて「しゃくに障りませんか?」と尋ねられると、「どういう意味かね。別のガンダルフって?」と聞き返した。  そこでホストのグラハム・ノートンに、テレビシリーズへの出演の可能性を尋ねられたイアン。「オファーが来ていないから、まだ“イエス”と言っていないが、別の誰かが演じるというのかね?」と返し、「ガンダルフは7000歳を超えている。つまり私は(まだ)歳を取り過ぎていないわけだ」とユーモアを交えてコメントし笑いを誘った。  その後、芝居じみた低い声で「私はいろんな声を出せるからね」と続けたイアン。ガンダルフ役を他の俳優に譲る気がないことを冗談半分に示していた。  米Amazonは去る11月、映画化権を管理するJ・R・R・トールキン財団と合意に至ったと発表、製作に着手することを明かした。新たなテレビシリーズは、映画版『ロード・オブ・ザ・リング』の前日譚にあたるストーリーを描く。

  • テレビシリーズ企画が浮上している『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ

    『ロード・オブ・ザ・リング』テレビシリーズ企画が浮上

    海外ドラマ

     J・R・R・トールキンの原作『指輪物語』をベースに、2001年から2003年にピーター・ジャクソン監督が映画化した『ロード・オブ・ザ・リング』三部作。空前の大ヒットとなったが、現在テレビシリーズ化の動きがあるという。@@cutter Deadlineによると、J・R・R・トールキン財団が現在、原作シリーズのテレビドラマ化に向けて動いており、AmazonやNetflix、HBO局などがアプローチを受けたという。テレビドラマ化の権利だけで2億~2億5000万ドル(約228億5000万~285億6250万円)になる見込みとのこと。テレビシリーズの企画といっても、クリエイティブ面での構想やコンセプトはない状態という。  さらに『ロード・オブ・ザ・リング』のような壮大な規模のファンタジードラマとなると、製作費は1シーズンにつき1億~1億5000万ドル(約114億2500万~171億3750万円)を要すると想定されるとのことだ。同じように壮大な規模のファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』を制作するHBO局はすでに同企画をパス。AmazonとNetflixは検討中とのことだ。  『ロード・オブ・ザ・リング』は世界を滅ぼすだけの魔力がある闇の指輪を葬るために、ホビット族のフロドを含む中つ国の勇者たちが繰り広げる過酷な冒険と戦いを描く。

  • リリー・コリンズが『ロード・オブ・ザ・リング』原作者トールキン伝記映画に出演

    リリー・コリンズ、『ロード・オブ・ザ・リング』原作者トールキン伝記映画に出演

    映画

     映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズや『ホビット』シリーズの原作者J.R.R.トールキンの伝記映画『Tolkien(原題)』に、映画『白雪姫と鏡の女王』(12)の女優リリー・コリンズが出演するという。@@cutter Varietyによると、リリーが演じるのはトールキンが恋に落ちる女性で、のちの妻になるエディス・ブラット。エディスは『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの原作『指輪物語』に登場する11人の王女キャラクターのインスピレーションの源だったそう。  トールキン役には、映画『X‐MEN』シリーズの俳優ニコラス・ホルトに、出演交渉が入ったと伝えられている。メガホンを取るのは、2012年のトーキョー・ノーザンライツ・フェスティバルで上演された映画『ラップランド・オデッセイ』のフィンランド出身のドメ・カルコスキ監督が予定されている。  本作は、フォックス・サーチライトとチェルニン・エンターテインメントが2013年頃から温めていた作品で、脚本は映画『パレードへようこそ』(15)のスティーヴン・ベレスフォードと、映画『Cowboys & Angels(原題)』(未)のデヴィッド・グレッソンが執筆。トールキンの学生時代から、1914年に勃発した第一次世界大戦への従軍、やがて作家の道を歩む姿を描く展開になりそうだ。

  • 映画を見るには絶好の時期! 諦めていた長編大作シリーズにチャレンジ

    秋の夜長は映画三昧! 諦めていた長編大作シリーズにチャレンジ

    映画

     陽が沈むのが早くなり、過ごしやすくなってきたこの時期だからこそ、シリーズもので時間がかかるし…、気にはなっていたけど長いから…等々の理由で、ずっと諦めていた長編大作シリーズに挑戦してみるのはいかがだろうか。もちろん、かなりの時間は必要となるが、人気やヒットを受けてのロングシリーズだけあって、見応え抜群の作品が揃っている。@@cutter まずは、興収115億円という大ヒットが記憶に新しい『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』以前の物語を描いた、『スター・ウォーズ』シリーズはいかがだろうか。アナキン、ルークなど、スカイウォーカー家の歴史を壮大なスケールでつづる『スター・ウォーズ』は、SFというジャンルに分類されるが、科学や物理の知識は必要なく、パラレルワールドや時空の歪み等、頭を悩ませることもない。映画の公開順どおりエピソード4から見ても、SW史になぞらえてエピソード1から順番に見ても、どちらでも楽しめるので、ここは好みでどうぞ。また、新たなキャラクターで新たな世界を描く独立した作品であるものの、深いところでエピソード4にも繋がっていく超大作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の公開を12月16日に控えているので、その前に『スター・ウォーズ』シリーズを制覇しておくと、冬の一大イベント作を熱く体感できるだろう。    同じく、シリーズ初のスピンオフ映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(11月23日公開)と、9年ぶりの新作小説『ハリー・ポッターと呪いの子』発売を控える『ハリー・ポッター』シリーズは、全8作と長めだが一気見の面白さ。ハリー役のダニエル・ラドクリフを筆頭に、物語とともに成長していく子どもたちの姿も興味深い。    ほかにも、20世紀最高の文学として知られ、これまで映像化不可能と言われていたJ.R.R.トールキン原作の『指輪物語』3部作を、製作費340億円、15ヵ月に及ぶ撮影で完成させたファンタジー巨編『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ、爆破させたら右に出る者はいない、“爆破王”マイケル・ベイ監督の名前に相応しく、ド派手アクションの連続でストーリーが進んでいく『トランスフォーマー』シリーズ、演じる役者によって物語の雰囲気がガラリと変わり、毎回、登場するボンドガールも話題となる『007』シリーズ、2015年度外国映画興収1位の『ジュラシック・ワールド』と続けて見れば、より楽しめる『ジュラシック・パーク』シリーズ等、さすがの作品が並ぶ。骨太大作で、ぜひ秋の夜長を満喫してもらいたい。

  • 『ロード・オブ・ザ・リング』でフロドになり損なったジェイク・ギレンホール

    J・ギレンホール、『ロード・オブ・ザ・リング』の散々だったオーディションを告白

    映画

     アン・リー監督の映画『ブロークバック・マウンテン』(06)でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた俳優ジェイク・ギレンホールが、人気トリロジー『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのオーディションでピーター・ジャクソン監督に「これまでに見た中で最悪の俳優だ」と真顔で言われたことを回想した。@@cutter 深夜の人気トーク番組『The Tonight Show Starring Jimmy Fallon(原題)』に出演したジェイク。ホストのジミー・ファロンに失敗したオーディションについて尋ねられると「沢山あるよ」と笑い、『ロード・オブ・ザ・リング』の 主人公フロド・バギンズ役のオーディションで惨敗したことを語った。  たくさんの興奮したエージェントから同作のオーディションがあることを聞かされたジェイク。彼らには「ホビットを捜しているって聞いて“ジェイクしかいない!”と思った」と、興奮気味に言われたという。オーディション会場で箱の中にあった指輪を見つけるシーンを演じることになったというジェイクは、立ち居振る舞いの指示を受けたが、セリフがなく「セリフがない理由が分からなくて、ただ箱に向かって歩いて蓋を開けて(指輪を)取り出す振りをして、“これでいい?”って聞いたんだ」と回顧。するとジャクソン監督はジェイクに呆れたように手で顔を覆ったという。  その後、セリフのあるシーンを演じたそうだが、イギリス英語のアクセントがあるという説明をエージェントから聞かされていなかったというジェイク。アクセントなしでセリフを言うと、監督はジェイクを見つめ「これまでに見た中で最悪の俳優だな。アクセントがあるって誰からも聞いてない?」と尋ねたらしい。「聞いてません」と答えたジェイクに対して監督は「エージェントをクビにした方がいい」とアドバイスしたそうだ。

  • 「何回も観られる映画25」ランキング:1位『スター・ウォーズ』(78)

    「何回も観られる映画」ランキング、1位は『スター・ウォーズ』

    映画

     名作は心に染みるが、何度観ても飽きない作品とは限らない。ということで米集計サイト「FiveThirtyEight」が映画ファンにアンケート調査を実施し、「何回も観られる映画25本」を算出。ジョージ・ルーカス監督が放ったSF映画の金字塔『スター・ウォーズ』が1位に輝いた。@@cutter 「FiveThirtyEight」では“何回も観られる映画”を5作品挙げてもらうアンケートを実施。1169人から回答を受け、4362本の作品名が挙がったとのこと。回答者の中には4位の『ロード・オブ・ザ・リング』や9位の『ハリー・ポッター』のようにシリーズを1まとめにしているものもあったとのことだが、それは1エントリーとしてカウントしているという。  選出された作品はSFやファンタジー、ロマンチックコメディなどジャンルも公開年も様々。全体的に壮大な物語のある作品が多く、アクションを売りにしている作品やスーパーヒーローものは『アベンジャーズ』が25位にランクインしたくらいだった。  同サイトでは男女別のランキングも発表しているが、男性版の1位『スター・ウォーズ』が女性版では4位、女性版の1位『オズの魔法使』が男性版では4位という興味深い結果が出ていた。  「FiveThirtyEight」発表「何回も観られる映画25本」、トップ10は以下の通り。 1位『スター・ウォーズ』 2位『オズの魔法使い』 3位『サウンド・オブ・ミュージック』 4位『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ 5位『風と共に去りぬ』 6位『ゴッドファーザー』 7位『プリンセス・ブライド・ストーリー』 8位『ショーシャンクの空に』 9位『ハリー・ポッター』シリーズ 10位『素晴らしき哉、人生!』

  • 「映画の中の親友ベスト10」1位 ジェイ&サイレント・ボブ『クラークス』(00)※画像は『クラークス2/バーガーショップ戦記』(未)

    「映画の中の親友ベスト10」スターウォーズ、ヒックとドラゴン…種族を超えた友情も

    映画

     映画のストーリーに欠かせない要素の1つである“友情”に注目し、カナダのエンタメサイトWatch Mojoが「映画の中の親友ベスト10」を選出。1位にケヴィン・スミスの長編監督デビュー作『クラークス』(00)のジェイとサイレント・ボブが選ばれた。@@cutter 今回のランキングでは、時の流れにも堪えうる関係をしっかり築いている2人組を選んだそうで、可愛い感じの“ブロマンス”や束の間の交流などは含まないという。  1位のジェイ&サイレント・ボブは1994年製作、日本では2000年に劇場公開されたコメディ『クラークス』のシュールな2人組。続編となる『クラークス2/バーガーショップ戦記』(未)にも登場し、サイレント・ボブをスミス監督が演じている。ひと言も言葉を交わさずにお互いのことが隅々まで理解できる以心伝心の2人というのが、1位に選ばれた決め手のようだ。  10組ランクインした中で女性同士の親友は2組。6位の『テルマ&ルイーズ』(91)は、ドライブ旅行に出かけた主婦のテルマとウェイトレスのルイーズが旅先で事件を起こし、逃亡生活を送ることになる展開。2人が最後に下す決断が衝撃的だが、2人の友情は永遠に続く忠誠の“スナップショット”を生み出したという。  ほか、『スター・ウォーズ』(78)のハン・ソロとチューバッカや、『ヒックとドラゴン2』(15・未)のヒック&トゥースなど、種の垣根を越えた友情も選ばれている。  Watch Mojo選出、「映画の中の親友ベスト10」は以下の通り。 1位 ジェイ&サイレント・ボブ『クラークス』(00) 2位 アニー&リリアン『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』(12) 3位 ジェレミー&ジョン『ウエディング・クラッシャーズ』(05・未) 4位 アダム&カイル『50/50 フィフティ・フィフティ』(11) 5位 ウッディ&バズ・ライトイヤー『トイ・ストーリー』(96) 6位 テルマ&ルイーズ『テルマ&ルイーズ』(91) 7位 フロド&サム『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ 8位 マイク&トレント『スウィンガーズ』(97) 9位 ハン・ソロ&チューバッカ『スター・ウォーズ』(78) 10位 ヒック&トゥース『ヒックとドラゴン2』(15・未)

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access