フランツ・ロゴフスキ 関連記事

  • 『希望の灯り』メインビジュアル

    旧東ドイツ、巨大スーパーで働く人々の交流を映す『希望の灯り』予告

    映 画

     ベルリン国際映画祭に正式出品された映画『希望の灯り』から予告編が到着。公開された予告編には、旧東ドイツの巨大スーパーマーケットを舞台にした人間ドラマがつづられている。@@cutter 本作は、旧東ドイツ生まれの作家、クレメンス・マイヤーの短編小説『通路にて』を、同じく旧東ドイツ出身のトーマス・ステューバー監督のメガホンで映画化した人間ドラマ。主人公の青年クリスティアンを、ドイツの新鋭俳優フランツ・ロゴフスキが演じ、彼が一目惚れする年上の女性マリオン役をザンドラ・ヒュラーが務める。  腕や首にタトゥーを入れた無口な青年クリスティアンは、旧東ドイツ・ライプチィヒ近郊の巨大スーパーマーケットで在庫管理係として働き始める。そんな彼に仕事を教えるブルーノは、言葉少なにクリスティアンを見守る。年上の魅力的な女性マリオンへ一途な想いを寄せるクリスティアンは、恋の喜びと苦しみを学んでいく。淡々としながらも穏やかな日々を過ごしていた彼らの前に、ある悲しい出来事が起こってしまう…。  このたび公開された予告編は、新たな在庫管理係として巨大スーパーマーケットにやってくるクリスティアンの姿を捉えた場面からスタート。さらに閉店後、照明を落とした店内をフォークリフトがワルツを踊るように通路を行き交うさまや、小さな誕生日ケーキの愛らしさ、ほのかな光に照らされた広大な田園風景と空など、物語が展開する舞台を独特の映像美でつづっていく。  また予告編の公開と合わせてメインビジュアルも解禁。主人公を演じるロゴフスキの姿をはじめ、舞台となる旧東ドイツの街を詩的に捉えた写真が配された美しいビジュアルに仕上がっている。  映画『希望の灯り』は2019年4月5日より全国公開。

  • 『未来を乗り換えた男』ポスタービジュアル

    ナチスの史実×現代の難民問題を重ねて描く『未来を乗り換えた男』公開

    映 画

     映画『東ベルリンから来た女』『あの日のように抱きしめて』で知られるドイツの名匠クリスティアン・ペッツォルト監督の最新作『TRANSIT(原題)』が、邦題を『未来を乗り換えた男』として来年1月に劇場公開されることが決定した。@@cutter 本作は、作家のアンナ・ゼーガースが1942年に亡命先のマルセイユで執筆した小説『トランジット』を、舞台を現代に置き換えて映画化。過去作でも歴史に翻弄された人々の数奇な運命を描いて来たペッツォルト監督が、最新作ではユダヤ人がナチスによる迫害を受けた史実と、祖国を追われた難民をめぐる問題が深刻化する現代を重ね合わせるという大胆な試みで物語を紡いでいく。  ファシズム吹き荒れるドイツを逃れフランスにやって来たゲオルクは、パリから港町マルセイユにたどり着く。ひょんなことから、彼はホテルで自殺した作家ヴァイデルに成りすまし、船でメキシコへ渡ろうと思い立つ。そんなときに一心不乱に人を捜す黒いコート姿の女性マリーと出会い、彼女に心を奪われるゲオルグ。しかしマリーが探していた夫とは、ゲオルクが成りすましているヴァイデルだったのだ。  ゲオルク役のフランツ・ロゴフスキは、ドイツ映画賞6部門を制した映画『ヴィクトリア』やミヒャエル・ハネケ監督の『ハッピーエンド』といった話題作に出演。2018年にはベルリン国際映画祭にてシューティング・スター賞を受賞した。マリーには、フランソワ・オゾン監督作品『婚約者の友人』で、セザール賞やヨーロッパ映画賞にノミネートされたパウラ・べーアが扮する。  映画『未来を乗り換えた男』は2019年1月12日より全国順次公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access