クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

“水の精”の神話を現代に置き換えて映画化 クリスティアン・ペッツォルト監督最新作公開

映画

 ベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞)を受賞した『東ベルリンから来た女』などで知られるドイツの名匠クリスティアン・ペッツォルト監督の最新作『Undine(原題)』が、邦題を『水を抱く女』として、2021年3月26日より全国順次公開されることが決まった。

映画『水を抱く女』場面写真

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access