宮沢氷魚 関連記事

  • (左から)土曜ナイトドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』に出演する宮沢氷魚、佐藤寛太

    宮沢氷魚&佐藤寛太、『僕の初恋をキミに捧ぐ』でイケメン兄弟に

    エンタメ

     俳優の野村周平が主演を務め、女優の桜井日奈子がヒロインを演じる、2019年1月スタートのドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)に、俳優の宮沢氷魚と佐藤寛太の出演が発表された。二人は原作ファンの間でも人気のイケメン兄弟を演じる。@@cutter 本作は、『僕は妹に恋をする』『カノジョは嘘を愛しすぎてる』で知られる人気マンガ家・青木琴美による累計発行部数800万部を超える同名コミックを実写ドラマ化したヒューマン・ラブストーリー。心臓病を患う高校生の少年と、彼の主治医の娘を主人公に、二人の純愛をつづっていく。  宮沢が演じるのは、野村演じる主人公・逞とは繭(桜井)をめぐり恋のライバルとなる鈴谷昂。昂は、名門校の生徒会長とは思えないほど派手で“オレ様”気質の高校生。校内の女子生徒から「昂サマ」と呼ばれるほどのカリスマ的人気を誇っている。昂を演じる宮沢は、自身の役柄について「普段の自分とはかなり違う性格ですが、ずっとカリスマ的な役を演じたかったので楽しみで仕方がありません」と語ると、「恋の対決についても、今回は思いっきり奪いにいきたいと思います!」と意気込んでいる。  一方の佐藤が演じるのは、そんな昂とは正反対の性格の弟・律。ナンパな態度の兄に対して冷ややかな目を向けることもある律は、入学式で逞と知り合い意気投合。ギクシャクする逞と繭の関係にヤキモキしながらも、二人を温かく見守り応援するキャラクターだ。佐藤は本作について「人が人を思いやる暖かさ、信じた事を突き進む強さ、10代ならではの不器用さや儚さなど、本当に色んな要素が詰まっていて、原作、台本を読む手が止まりませんでした」とコメント。さらに「この作品に花を添えられるよう、多くのキャラクターと関わり合える律の色んな表情を丁寧に表現していきたいと思います」と語った。  また、逞の父親・垣野内寛貴役をアンジャッシュ・児嶋一哉、繭の父親・種田穣役を生瀬勝久が演じることも発表された。  ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』は、テレビ朝日系にて2019年1月19日より毎週土曜23時15分放送。

  • (左から)馬場ふみか、成田凌

    成田凌、『コード・ブルー』仲間の馬場ふみかと“ヒゲ談義”

    エンタメ

     俳優でモデルの成田凌が12日都内で、「メンズノンノモデル 公開オーディション2018」に登場。ステージ上では、『コード・ブルー』シリーズで共演した馬場ふみかと“ヒゲトーク”を展開するなど和気あいあいとした様子を見せた。@@cutter 成田はこの日、同誌の専属モデルとして複数のファッションを披露。会場のファンを魅了した。  仲間のモデルらから「料理が上手い」と称賛されると「オムライスとか作る。後輩たちが(家に)来たら振る舞ったりする」と告白。また多忙の現在は「めちゃくちゃいいベッドを買った。帰ったら速攻寝てる。あとは風呂にバブを入れるくらい」と笑っていた。  イベント後半、ゲストモデルとして出席した馬場ふみかは、慣れた足取りでランウェイを闊歩。それを見た成田は「カッコよかった! 初めて会場が湧いた!」と褒め称えた。  馬場は、“男性の美容”について「髪型とかお肌に気を遣う男性は、清潔感があっていい」と持論も展開。中でも、ヒゲには苦手意識があるようで「(成田は)朝、現場に来る時とか生やしっぱ(生やしっぱなしの意)で来るじゃん。ちゃんとキレイなヒゲならいい」と清潔感を強調した。  すると成田が「『コード・ブルー』のメンバーでご飯食べる時は、『ヒゲ無理だよね』っていう会話を新木優子ちゃんとしている。僕、毎回そういう時(ヒゲが)生えてるんですよ」とぼやき、馬場と仲の良い様子を見せた。  会場では、ファイナリスト11名が公開オーディションに出席。グランプリとラボシリーズ賞には広瀬すずがスカウトしたイケメン・鈴鹿央士が、メンズノンノビューティ賞には岸本セシルの弟・岸本ルークが選ばれた。鈴鹿は、広瀬に向けて「こうやって今、メンズノンノの専属モデルになれました。頑張ります」とコメントを送っている。

  • 2018 PARCO PRODUCE “三島×MISHIMA”三島由紀夫原作『豊饒の海』出演キャスト

    東出昌大、三島由紀夫絶筆の書『豊饒の海』で3年ぶりに舞台挑戦

    エンタメ

     俳優の東出昌大が、11月に上演される三島由紀夫原作の舞台『豊饒の海』で主演を務めることが発表された。東出は、三島由紀夫の「美」の象徴とも言うべき松枝清顕として3年ぶりの舞台出演を果たす。@@cutter 本作は、日本文学の金字塔・三島由紀夫をグローバルな視点で取り上げる、2018 PARCO PRODUCE “三島×MISHIMA”シリーズとして、三島由紀夫の絶筆の書である『豊饒の海』を舞台化。第一部『春の雪』、第二部『奔馬』、第三部『暁の寺』、第四部『天人五衰』の全四作から成る長編小説を、一つの舞台作品として創作する。  20歳で生命を落とした男・松枝清顕。彼の影に取り憑かれた男・本多繁邦。本多の人生に松枝清顕の生まれ変わりとして登場する三つの黒子の人々…。清顕という美に憧れ続け、取り残されてしまった人間、本多繁邦を軸に、夢と転生を描く壮大な物語となる。  主演を務めるのは、映画・テレビで様々なキャラクターを演じ注目を集める東出。2015年の舞台『夜想曲集』以来、3年ぶり2度目の舞台出演となる東出は、本多が生涯執着することになる松枝清顕という「美」を象徴する大役に挑む。  東出は「思春期より三島由紀夫の虜になり、その作品の多くを読んできた私は、『豊饒の海』の舞台化を聞き震えました。役者になって最大の試練になると思います。持てる全てを注ぎ込みます。三島世界の再現を、楽しみに待っていて下さい」と、舞台に対する期待と意気込みを語っている。  共演キャストには、宮沢氷魚、上杉柊平、大鶴佐助、神野三鈴、初音映莉子、首藤康之、笈田ヨシが顔をそろえる。翻案・脚本は長田育恵、演出はマックス・ウェブスターが担当する。  2018 PARCO PRODUCE “三島×MISHIMA”『豊饒の海』は11月3日~12月2日まで東京・紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAにて、12月8日~9日まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演。

  • 新田真剣佑、佐野勇斗、宮沢氷魚の3ショットにドメキスファン感動 ※「新田真剣佑」インスタグラム

    新田真剣佑&佐野勇斗&宮沢氷魚の“イケメン盛り”3ショットに反響

    エンタメ

     俳優の新田真剣佑が7日、自身のインスタグラムで佐野勇斗、宮沢氷魚との3ショットを披露。ドラマ『トドメの接吻』で共演した3人だけに、ファンからは「ドメキスかよ大好き」といったコメントが相次いだ。@@cutter 現在、舞台『地球ゴージャス公演vol.15 ZEROTOPIA』に出演中の新田。同日は佐野、宮沢が観劇に訪れたようで「佐野勇斗&宮沢氷魚くん 長谷部&布袋 みにきてくれました。 う。れ。し。か。っ。た。 ありがとう!」と『トドメの接吻』での役名付きで紹介。「また一緒に現場にたちたいです」と、再共演を熱望した。    この3ショットには「ドメキスの感動再び。素敵なお仲間」「3人揃って、ステキ!また、共演してほしいです!」「今まででさいっっっこうのスリーショット」といったコメントが殺到した。『トドメの接吻』ファンにも感慨深い一枚となったようだ。 引用:https://www.instagram.com/mackenyu.1116/

  • 新ドラマ『トドメの接吻』に出演する、宮沢氷魚、堀田茜、唐田えりか、山本亜依

    宮沢氷魚&堀田茜&唐田えりか、山崎賢人主演ドラマ『トドメの接吻』に出演決定

    エンタメ

     山崎賢人が主演する2018年1月スタートの新ドラマ『トドメの接吻』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)に、宮沢氷魚、堀田茜、唐田えりか、山本亜依ら若手注目株が出演することが分かった。宮沢は、「大活躍中の若手役者のみなさんとご一緒できることを本当に光栄に思っています」と出演の喜びを語っている。@@cutter 本作は、カネと権力だけを追い求める主人公・堂島旺太郎(山崎)が、“ある女”(門脇麦)のキスにより死亡、しかし次の瞬間、目覚めると7日前に戻っており、そこから死のタイムリープをくり返す異色のラブストーリー。旺太郎の人生のライバルとなる御曹司・並樹尊氏(新田真剣佑)や、その妹の美尊(新木優子)、美尊へ恋心を寄せる幼なじみ・長谷部寛之(佐野勇斗)など、多彩な登場人物たちの思いが交錯する。  新たに発表された若手キャスト陣は、尊氏や寛之が所属する並樹乗馬倶楽部の部員で、宮沢が布袋道成役、堀田が森菜緒役、唐田が青田真凛役、山本が小柳奈々子役として出演する。宮沢は「同年代の役者が勢揃いしているので、お互いを刺激しあっていきたいと思います」と意気込みを見せた。  併せて、光石研、奥貫薫、岡田義徳、弓削智久、山田明郷、高橋ひとみ、小市慢太郎の出演も発表。劇中のホストクラブで旺太郎に懐く“可愛い後輩ホスト”である小山内和馬役は14日、旺太郎にアドバイスを贈る“謎のストリートミュージシャン”春海一徳役は21日に発表される。  日曜ドラマ『トドメの接吻』は、日本テレビ系にて2018年1月7日より毎週日曜22時30分放送(初回は22時から拡大放送)。

  • 『コウノドリ』宮沢氷魚インタビュー

    宮沢氷魚、自身を支える父・宮沢和史からの言葉「堂々と、謙虚に」 デビュー秘話告白

    エンタメ

     現在放送中の金曜ドラマ『コウノドリ』(TBS系)に研修医役で出演し、際立つ透明感でにわかに注目を浴びている人物こそが宮沢氷魚だ。連続ドラマに初出演どころか、演技自体が初挑戦となった初めて尽くしの撮影現場は、「毎日、すごく吸収するものが多くて、家に帰る頃にはいつも頭がパンパン」と、充実感で薄茶色の美しい瞳を光らせる。この世界に入るきっかけを作った父・宮沢和史の教え「堂々と、謙虚に」を地でいく若きホープに、デビュー秘話からドラマのことまで、インタビューした。@@cutter 『コウノドリ』は、ペルソナ総合医療センターの産科に勤める医療スタッフたちの苦悩や、妊婦家族との関わり、生の“奇跡”を伝える心温まる人間ドラマ。シーズン1の好評を経て、綾野剛を筆頭にオリジナルメンバーが続投したシーズン2。その中で、新登場となったのが宮沢演じる赤西吾郎だ。宮沢は「できあがっているチームを崩してはいけないし、入れてもらえるのかなという不安もありました。けど、いざ撮影が始まると、皆さんが『ようこそ!』と迎え入れてくれて…、本当に感謝しています」と初日の頃を思い出していた。  インタビューを行ったのは、すでに第2話の放送が終わった頃。初回放送は、父親が仕事で不在だったため、母親と弟と自宅で一緒に鑑賞したそう。宮沢は、「放送されるまで、楽しみ半分、怖い気持ち半分でした。家族には出演シーンが『カットされているんじゃないの?』と茶化されまくりで(笑)。けど『よかったね』と言ってくれて!」と、これまで感じたことのない喜びを爆発させる。放送終了後には膨大な数のメールやSNSでのリアクションが、宮沢の元に寄せられ「温かいコメントが、今後自分の自信になっていくと思います。僕が成長していくごとに、赤西も成長していくので、同時に(自身も)成長している姿を届けられたらと思うんです」と胸の内を明かす。  もともと近しい存在であった芸能の世界を、本格的に意識し出したのは学生時代。「父のライブを久しぶりに見に行ったんです。『数時間で何千人もの人を感動させることができる仕事をしているんだ!』と目の当たりにして、『僕もいつか…』と思いました」。その後、アメリカに留学すると、思いはさらに強くなった。「向こうで生活をしているときに、『今後、自分はどうしていくのか?』と考える時間がたくさんありました。やっぱり芸能界に挑戦したいと思って、自分で調べて、今の事務所にアメリカから履歴書を送りました」と、宮沢は気合いのデビュー経緯を話す。面接を何回か重ね、合格するまで親のことは決して話さずに、自らの手でつかみ取った。@@separator 両親に相談しなかったことについて、宮沢は「今でも正解だったと思う」と、しっかりと前を見据える。「紹介してもらおうとは、全く思わなかった。両親は芸能の世界がつらいことを知っているので、むしろ反対されるだろうと思っていました。だから『入ったもん勝ちだ!』と思って(笑)」と朗らかに決意を明かした。気のせいだろうか、その姿は、大学のときからストリートで歌っていたという、宮沢和史の一本気で尊い姿とダブってみえる。  父とは、ときに男同士の話もする。「今まで、『強くて優しい人になりなさい』とは何百回も言われてきました。ついこの間は『堂々と、謙虚に』と。『この仕事をやる限り、自信を持って堂々と仕事をしなさい。同時に、謙虚な気持ちを忘れた瞬間、ダメになるから』と言われたので、肝に銘じています」と、宮沢は大事な言葉を伝える。ドラマでは11月3日放送の第4話にて、赤西の姿勢が大きく変わる一幕が描かれている。ドラマと共に成長するのであれば、宮沢自身も「堂々と、謙虚に」、信じた道をそのまま羽ばたいてほしい。(取材・文・写真:赤山恭子)  金曜ドラマ『コウノドリ』は、TBS系にて毎週金曜22時放送中。

  • 『コウノドリ』坂口健太郎&宮沢氷魚、新旧研修医ショット公開 ※『コウノドリ』インスタグラム

    『コウノドリ』坂口健太郎&宮沢氷魚、新旧研修医ショットに“メンノン”ファン歓喜

    エンタメ

     現在放送中の連続ドラマ『コウノドリ』(TBS系/毎週金曜22時)のインスタグラムが19日に更新され、同作の共演者であり、それぞれ雑誌『MEN’S NON‐NO』の先輩と後輩でもある坂口健太郎と宮沢氷魚のツーショットが公開された。赤ん坊を囲む2人の姿に「素敵すぎる写真!」「お父さんになっても大丈夫」「まさかのメンノンコンビ!」など、反響が相次いでいる。@@cutter 本作は、産婦人科の現場をリアルに描き出した医療ドラマの続編。新シリーズでは、産婦人科医としてベテランの域に入った鴻鳥サクラ(綾野剛)を中心に、生まれてくる赤ちゃんやその家族、さらに、医療従事者たちの「未来」を見据えたエピソードを描き、坂口は新生児科医・白川領、宮沢は1年目の研修医・赤西吾郎を演じている。  前シリーズでは、坂口が研修医を演じていたことから、今回投稿された写真には「新旧研修医」とコメントが付けられ、あどけない表情をみせる赤ちゃんを抱っこしながら微笑む坂口と、その横で笑みを浮かべる宮沢というツーショットとなっている。ハッシュタグでは、「さすがに」「抱っこが上手」と、坂口の慣れた仕草に太鼓判が押されていた。  この写真に対して、コメント欄では「2人ともかっこよすぎな」「最高のツーショットです!」「雰囲気似てますね」「メンノンファンにとっての幸せ」「大事そうに抱っこしてるぎこちなさが可愛い」「もういつでもパパになれます」など、絶賛の声が多く寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/kounodori_tbs

  • ドラマ『コウノドリ』に出演する宮沢氷魚

    宮沢和史の息子・宮沢氷魚、『コウノドリ』で研修医に! 古畑星夏は初の看護師役

    エンタメ

     綾野剛主演の新ドラマ『コウノドリ』(TBS系/毎週金曜22時)に、元THE BOOMのアーティスト・宮沢和史を父に持つ宮沢氷魚(ひお)と、「ViVi」専属モデルなどで活躍する古畑星夏がレギュラー出演することがわかった。俳優デビューとなる宮沢は、「とても光栄で、大きなチャンスをいただいたことを日々痛感しています」と思いを明かしている。@@cutter 鈴ノ木ユウによる「モーニング」(講談社)連載中の同名人気コミックを基にした本作は、2015年10月期にもドラマ化された医療ヒューマンドラマ。産科医療の現場をリアルに描いて好評を博し、新シリーズでは、産婦人科医としてベテランの域に入ったサクラ(綾野)を中心に、生まれてくる赤ちゃんとその家族の出産後の未来、それに取り組む医療者たちの未来を見据えたエピソードが展開される。  宮沢が演じるのは、舞台となるペルソナ総合医療センターの産科をスーパーローテート中の前期研修医・赤西吾郎。実家が産婦人科医院を経営するゆとり世代の研修医で、先輩産婦人科医の四宮(星野源)から事あるごとに愛ある鞭を受ける役どころだ。偉大な父を持つ“ジュニア”という、自身と共通点のある役どころに「共感できる」と語る宮沢は、ドラマ初挑戦にあたり父・和史にもアドバイスをもらったという。    3人兄弟の長男で、幼少期より弟たちの面倒を見てきた経験から “命の重大さ”を自分なりに感じてきたそうで、「23歳になった今、出産という奇跡を描いた作品に参加させて頂くことによって、新たに考えさせられることがたくさんありました」と吐露。出演にあたり、「このドラマを通して僕が演じる赤西吾郎だけでなく、自分自身も成長していけたらなと思います」と決意を語った。  また古畑は、ペルソナ総合医療センターのNICU(新生児集中治療室)で働く4年目の看護師・麻生理佐子を演じる。「役作りの参考に帝王切開のドキュメンタリーDVDを頂いて見たのですが、赤ちゃんが生まれる瞬間を初めて自分の目で見て、なんて神秘的なんだろう、お母さん、赤ちゃんって強いなと物凄く感動しました」と明かし、「お母さんよりも多い時間をその子と過ごすことになるので、その責任を感じながら、演じていて嘘のないようにしたいです」と撮影に向けての意気込みを示した。  金曜ドラマ『コウノドリ』はTBS系にて、10月13日より毎週金曜22時から放送(初回は15分拡大スペシャル)。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access