関連記事

  • 映画『アリー/スター誕生』ジャパンプレミアに登場したブラッドリー・クーパー

    ブラッドリー・クーパー、薄着のローラを気遣いコートを脱いで着せる

    映 画

     俳優のブラッドリー・クーパーが監督・主演作『アリー/スター誕生』を携えて来日し、11日に都内で開催されたジャパンプレミアに出席した。厳しい寒さに加え、雨も降る中、ファンサービスを行ない、映画のスペシャルサポーターのローラと共にステージに登壇したブラッドリーは、薄いドレスで登場したローラを気遣い、自身のコートを脱いでローラに羽織らせるジェントルマンぶりを見せ、1000人の観客を魅了した。@@cutter レディー・ガガとのダブル主演で、歌手になる夢を諦めたヒロインが、世界的ミュージシャンとの出会いをきっかけにスターへの階段を駆け上がっていくさまを描いた本作。ゴールデングローブ賞の主要部門にも複数ノミネートされており、オスカーにも期待がかかる。  大歓声に迎えられ「こんにちは! ありがとうございます」と日本語で挨拶したブラッドリー。映画について「夢を追いかけること、自分の声を見つけることがどういうことなのか? この映画を見ることでみなさんが夢を見つけ、叶えるきっかけになればと思います」と呼びかけた。  ローラは通常運転の“タメ口”モードで映画を絶賛。現在、LAに在住し、ハリウッド映画にも出演するなどスターへの道を進む自身と劇中のアリーが重なるのでは? という問いに「うれしい! そう思う?」と満面の笑み。映画を見て「“ローラ泣き”したの! 泣く予感がして、(ハンカチを忘れて)トイレットペーパーを持って行ったの。ボロボロ泣いちゃった」と明かす。  ブラッドリーは、劇中の歌唱シーンは全て自ら歌唱しているが「いままで、歌ったこともピアノやギターを弾いたこともなかったけど、時間をかけて努力して作っていきました」と語り、ローラはブラッドリーの言葉に驚いたようで「すごく心に響いてきた」と称賛。コートを掛けてくれたブラッドリーに「優しい! ジェントルマン!」とメロメロだった。  また今回、残念ながら来日できなかったガガからはビデオメッセージが到着。ガガは「この映画は、私の人生を変えました」と語り、さらにサプライズで日本のファンを抽選でラスベガスで開催される彼女の公演のリハーサルに招待すると発表し、会場は大歓声に包まれた。  映画『アリー/スター誕生』は、12月21日公開。

  • マツコ・デラックスがレディー・ガガ主演『アリー/ スター誕生』を語る特別映像公開

    マツコ・デラックス、『アリー/ スター誕生』レディー・ガガは“必然” マツコ節全開映像公開

    映 画

     米アカデミー賞前哨戦と言われる映画界の祭典、ゴールデン・グローブ賞のノミネートが日本時間6日夜に発表され、主要5部門にノミネートされたレディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー主演映画『アリー/ スター誕生』。先日、本作のテレビCM出演が決定したマツコ・デラックスの、“マツコ節”全開映像が公開となった。@@cutter 『アリー/ スター誕生』は、全編名曲で彩る感動エンターテイメント。歌手の夢をあきらめていたアリー(ガガ)が、ウェイトレスからスターへと駆け上がっていくシンデレラストーリーを描く。 @@insert1  今回テレビCMに出演が決まったマツコは、本作鑑賞後に感想を本音で3時間以上も語り、特別映像にはその思いのたけの一部がおさめられいる。「道を切り開いていくのは自分!みんな自分の生きたいように生きるしかないじゃない!!」と冒頭からマツコ節を炸裂。ガガのアリー役については「今この時代で誰がやるかっていったら、そりゃレディー・ガガだったのは必然だと思うよ」と続け、最後には、本作を夢を見させてくれるエンターテイメントだとしながら、「ベタを観に行け!堂々と!!」と締めくくっている。  また、マツコが“必然”と話すアリー役を演じたガガは、6日に発表されたゴールデン・グローブ賞ノミネーションで映画初主演にして主演女優賞(ドラマ部門)にノミネートされ、その他、同作では作品賞(ドラマ部門)、主演男優賞(ドラマ部門)、監督賞、主題歌賞の計5部門にノミネートされている。  映画『アリー/ スター誕生』は、12月21日全国公開。マツコが出演するテレビCMは、12月8日より放送予定。

  • ブラッドリー・クーバー&レディー・ガガ主演『アリー/スター誕生』は5ノミネート

    ゴールデン・グローブ賞<映画の部>『バイス』が最多ノミネート 日本からも2作品

    映 画

     現地時間6日、第76回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションが発表され、映画の部では来年4月日本公開予定の俳優クリスチャン・ベイル主演ディック・チェイニー映画『バイス』が、作品賞、男優賞、助演女優賞、助演男優賞、監督賞、脚本賞の最多6ノミネートを獲得した。日本からは是枝裕和監督の『万引き家族』が外国語映画賞に、細田守監督の『未来のミライ』がアニメ作品賞にノミネートされている。@@cutter 続く5ノミネートを獲得したのは、アン王女と2人の女性の複雑な人間関係や憎愛を描く『女王陛下のお気に入り』、実話ベースのヴィゴ・モーテンセン主演『グリーンブック』、そして2人のシンガーの栄光と挫折と愛を描く『アリー/スター誕生』。同作ではレディー・ガガがドラマ部門で女優賞と主題歌賞にノミネート。結果が注目される。  第76回ゴールデン・グローブ賞は現地時間1月6日に授賞式が開催される予定。女優のサンドラ・オーとコメディ俳優のアンディ・サムバーグが、共同ホストを務める。  <映画の部>候補者・候補作品は以下の通り。 ●作品賞(ドラマ) 『ブラックパンサー』 『ブラック・クランズマン』 『ボヘミアン・ラプソディ』 『ビール・ストリートの恋人たち』 『アリー/スター誕生』 ●女優賞(ドラマ) グレン・クローズ『天才作家の妻 -40年目の真実-』 レディー・ガガ『アリー/スター誕生』 ニコール・キッドマン『Destroyer(原題)』 メリッサ・マッカーシー『Can You Ever Forgive Me?(原題)』 ロザムンド・パイク『A Private War(原題)』 ●男優賞(ドラマ) ブラッドリー・クーパー『アリー/スター誕生』 ウィレム・デフォー『永遠の門 ゴッホの見た未来』 ルーカス・ヘッジズ『Boy Erased(原題)』 ラミ・マレック『ボヘミアン・ラプソディ』 ジョン・デヴィッド・ワシントン『ブラック・クランズマン』 ●作品賞(コメディー/ミュージカル) 『クレイジー・リッチ!』 『女王陛下のお気に入り』 『グリーンブック』 『メリー・ポピンズ リターンズ』 『バイス』 ●女優賞(コメディー/ミュージカル) エミリー・ブラント『メリー・ポピンズ リターンズ』 オリヴィア・コールマン『女王陛下のお気に入り』 エルシー・フィッシャー『Eighth Grade(原題)』 シャーリーズ・セロン『タリーと私の秘密の時間』 コンスタンス・ウー『クレイジー・リッチ!』 ●男優賞(コメディー/ミュージカル) クリスチャン・ベイル『バイス』 リン=マヌエル・ミランダ『メリー・ポピンズ リターンズ』 ヴィゴ・モーテンセン『グリーンブック』 ロバート・レッドフォード『The Old Man&The Gun(原題)』 ジョン・C・ライリー『Stan&Ollie(原題)』 ●アニメ作品賞 『インクレディブル・ファミリー』 『犬ヶ島』 『未来のミライ』 『シュガー・ラッシュ:オンライン』 『スパイダーマン:スパイダーバース』 ●外国語映画賞 『Capernaum(原題)』(レバノン) 『Girl(原題)』(ベルギー) 『Never Look Away(英題)』(ドイツ) 『ROMA/ローマ』(メキシコ) 『万引き家族』(日本) ●助演女優賞 エイミー・アダムス『バイス』 クレア・フォイ『ファースト・マン』 レジーナ・キング『ビール・ストリートの恋人たち』 エマ・ストーン『女王陛下のお気に入り』 レイチェル・ワイズ『女王陛下のお気に入り』 ●助演男優賞 マハーシャラ・アリ『グリーンブック』 ティモシー・シャラメ『Beautiful Boy(原題)』 アダム・ドライバー『ブラック・クランズマン』 リチャード・E・グラント『Can You Ever Forgive Me?(原題)』 サム・ロックウェル『バイス』 ●監督賞 ブラッドリー・クーパー『アリー/スター誕生』 アルフォンソ・キュアロン『ROMA/ローマ』 ピーター・ファレリー『グリーンブック』 スパイク・リー『ブラック・クランズマン』 アダム・マッケイ『バイス』 ●脚本賞 アルフォンソ・キュアロン『ROMA/ローマ』 デボラ・デイヴィス&トニー・マクナマラ『女王陛下のお気に入り』 バリー・ジェンキンズ『ビール・ストリートの恋人たち』 アダム・マッケイ『バイス』 ニック・ヴァレロンガ&ブライアン・クリー&ピーター・ファレリー『グリーンブック』 ●作曲賞 マルコ・ベルトラミ『クワイエット・プレイス』 アレクサンドル・デスプラ『犬ヶ島』 ルートヴィッヒ・ヨーランソン『ブラックパンサー』 ジャスティン・ハーウィッツ 『ファースト・マン』 マーク・シェイマン『メリー・ポピンズ リターンズ』 ■主題歌賞 “オール・ザ・スターズ”『ブラックパンサー』 “Girl in the Movies”『Dumplin’ (原題)』 “Requiem For A Private War”『A Private War(原題)』 “Revelation”『Boy Erased(原題)』 “シャロウ ~『アリー/スター誕生』 愛のうた”『アリー/スター誕生』

  • 『アリー/スター誕生』より、観衆の前で歌うジャクソン(ブラッドリー・クーパー)

    ブラッドリー・クーパー監督、『アリー/スター誕生』超リアルなライブシーン秘話を告白

    映 画

     歌手のレディー・ガガが映画初主演を務める『アリー/スター誕生』。音楽業界での成功を夢見るアリーがスターの階段を駆け上がっていく姿を描く本作で、監督・主演のブラッドリー・クーパーが、劇中の超リアルなライブシーンについて語ったコメントが到着。ブラッドリー監督は「(音楽フェスティバルの)グラストンベリーでライブの裏側をずいぶん学ばせてもらったんだよ」と語り、実際のロックフェスのシーンを取り入れたことを明かした。@@cutter 『アリー/スター誕生』では、世界的ミュージシャンのジャクソン(ブラッドリー・クーパー)に歌の才能を見いだされたアリー(レディー・ガガ)が、成功と挫折を経験しつつ、ショービジネスの世界を生き抜いていく。  ガガをはじめ、音楽界の重鎮たちによってこの映画のために書き下ろされた楽曲は、これらの“うた”と共にアリーのドラマを彩る。さらに、映画の中で映し出されるライブシーンは、ガガの歌声と楽曲の魅力も相まって見る者に強烈なインパクトを与える。思わず涙してしまうほどの圧倒的な“うた”に対して、“本物”にこだわったブラッドリー監督はライブシーンでの秘話を明かす。  「グラストンベリーには、過去6年行ってるんだけど、あそこは絶対にこの映画の中に取り入れると決めていたんだ! この映画の全てを推し進めてくれるものだと思っていたからね」と告白。  “グラストンベリー”といえば、イギリスで開催されている世界最大規模のロック・フェスティバル。このグラストンベリーでの撮影について、プロデューサーのビル・バーガーは「グラストンベリーの主催者側とブラッドリーが長年良好な関係を築いていたので、協力を得ることができた。映画の企画の早い段階から、ブラッドリーがコンサートのプロモーターたちと良好な関係を築いてくれたんだ」と明かした。  これに関してブラッドリーは「毎年行っていた経緯もあって、オーナー家族と親交を深めていたんだ。ミュージシャンにとって、グランストンベリーのピラミッドステージに立って何万人もの観衆の前で演奏をするのはもの凄いステータスだから。だから僕はジャクソンをあそこに立たせたかったんだ。だからオーナー家族のニールとエミーに相談したら、許可をくれたんだ」とその経緯を語った。  映画『アリー/スター誕生』は、12月21日より全国公開。

  • 『アリー/スター誕生』場面写真より

    ガガ初主演『アリー/スター誕生』、ブラッドリー・クーパーの来日決定

    映 画

     歌手のレディー・ガガの初主演映画『アリー/スター誕生』で監督を務め、ガガの相手役を演じたブラッドリー・クーパーが、12月に2日間の来日を果たすことが決定。併せて本作のメイン曲“シャロウ~『アリー/スター誕生』愛のうた”を収めた最新映像が公開された。@@cutter 本作でブラッドリーが演じるジャクソンは、アリー(ガガ)の歌の才能を見抜き、彼女の音楽人生を全身全霊でサポートする世界的ミュージシャン。ブラッドリーは本作で初めて監督を務め、アカデミー賞有力候補にも名を連ねている。  ブラッドリーの来日は、2013年に公開された『世界にひとつのプレイブック』以来、5年ぶり3度目。12月11日と12日の2日間に渡って、本作のプロモーションを行う。11日にはジャパンプレミアに出席し、六本木ヒルズ・アリーナ広場でレッドカーペットイベントを行う予定だ。同イベントでは、LINE LIVEスターダムオーディションのグランプリを受賞した男女ペアが、まるで劇中のアリーとジャクソンが魂のデュエットで数万人を魅了した野外コンサートを再現するかのように、メイン曲“シャロウ~『アリー/スター誕生』愛のうた”をステージで披露する。  併せて公開となった最新映像では、自分の“うた”を信じ続けて生きてきたアリーとジャクソンの運命の出会い、そしてスターとしての階段を上り、自分の才能を開花させてゆくアリーの姿や、彼女がステージでジャクソンとともに“シャロウ~『アリー/スター誕生』愛のうた”を熱唱する様子が映し出される。  ガガは「私がアリー役を演じきることができたのは、ブラッドリーが私を信じてくれたからに他ならないの。それは、この映画が語るストーリーにも通じるわ。この映画は、誰かを信じることのパワフルさを語っている。それは、自分と相手にとってとてつもない影響を与えるのよ」と話し、撮影現場でのブラッドリーとの関係が、あたかも劇中のアリーとジャクソンのようであったことを明かし、物語のキーワードでもある“信じる”ことの大切さを説いている。  映画『アリー/スター誕生』は12月21日より全国公開。

  • 『アリー/スター誕生』本ポスター

    ガガ初主演『アリー/スター誕生』感動の本予告&本ポスター解禁

    映 画

     歌手のレディー・ガガが初主演を務める映画『アリー/スター誕生』から、本予告と本ポスターが公開された。本予告では主人公アリーを演じるガガの圧巻の歌唱が映し出される。@@cutter 本作は、音楽業界での成功を夢見るアリーがスターの階段を駆け上がっていく姿を描く。世界的ミュージシャンのジャクソン(ブラッドリー・クーパー)に歌の才能を見いだされ、彼女は成功と挫折を経験しつつ、ショービジネスの世界を生き抜いていく。  本予告には、自分の“うた”を信じ続け、人生を切り開いていこうとするアリーと、彼女の才能を見抜いて導こうとするジャクソンの姿が映し出される。「君の歌は奇跡だ」と、超満員のライブ会場でアリーに歌うようすすめるジャクソン。アリーは「無理よ!」と一瞬戸惑うが、優しく温かいほほ笑みを受け、勇気を振り絞ってマイクを握る。  注目は主人公アリーのリアルなドラマ。容姿に自信がなく、歌手を目指すも、なかなか芽の出ない彼女は、自分と自分のうたを信じることを諦めない。決して折れない前向きな心は、やがて大きな奇跡を呼ぶ。ガガは「私は、私の持つ全てを注ぎ込みたかったの。最後の一滴まで、この映画に捧げようと思ったのよ。私の持つ恐れ、羞恥心、愛、優しさ、それら全てをこの映画のために捧げたわ」と、素の自分をさらけ出したことを明かす。  さらに注目されるのは、予告の中でアリーが歌う主題歌“シャロウ~『アリー/スター誕生』愛のうた”だ。劇中で彼女が夢をつかむきっかけとなるこの曲をはじめ、本作に登場する19曲は、ガガをはじめ音楽界のスターたちが書き下ろしたもの。サウンドトラックは全米3週連続1位、世界83ヵ国のiTunesで1位を獲得している。ブラッドリーは「音楽は、この映画の重要なキャラクターなんだ。うたはいつも、歌っている人か、それを見ている人が感じていることを語っているんだよ」と語る。  ポスターには、決然とした表情のアリーと、うつむき加減で落ち着いた大人の色気を感じさせるジャクソンの姿が描かれ、「歌って、恋して、傷ついて――私は生まれ変わる」のコピーとともに、“うた”を通した2人の深いドラマを想像させるビジュアルとなっている。  映画『アリー/スター誕生』は、12月21日より全国公開。

  • 鼻の整形はしないというレディー・ガガ

    レディー・ガガ、キャリア初期に鼻の整形を勧められ断固拒否

    セレブ&ゴシップ

     初の主演映画『アリー/スター誕生』で演技力を評価されている歌手のレディー・ガガ。音楽のキャリアを始めた頃に、鼻を整形するよう言われたが、「自分らしくいたかった」ため拒否したという。@@cutter 英ロンドンでのプレミアに出席したレディー・ガガ。レッドカーペットでSky Newsのインタビューに応じ、「駆け出しの頃、鼻の整形をするよう言われたけど、しなかった。自分らしくいたかったからよ」とコメントしたという。  「私は自分を信じて、音楽業界に飛び込んだわ」と話したレディー・ガガ。「様々な障害を叩きつぶすつもりだった。私にはそういう果敢なところがあった」と当時を振り返っている。  1937年の『スタア誕生』から4度目の映画化となる『アリー/スター誕生』。役を演じる上で自身の駆け出しの頃の実体験を生かしたという彼女だが、演じるアリーには自信がないと分析。自分のルックスに自信のないアリーの心の不安を演じたことは「貴重な経験だった」と、大役を務め上げたことで新たな自信を得たようだ。

  • 第31回東京国際映画祭オープニング作品:『アリー/スター誕生』

    レディー・ガガ主演『アリー/スター誕生』東京国際映画祭オープニング作品に

    映 画

     歌手のレディー・ガガが初主演を務める映画『アリー/スター誕生』が、10月25日からスタートする第31回東京国際映画祭のオープニング作品に決定した。@@cutter 本作は、音楽業界での成功を夢見る主人公・アリー(レディー・ガガ)がスターの階段を駆け上がっていく姿を描くドリーム・エンターテインメント。国民的ミュージシャンのジャクソン(ブラッドリー・クーパー)に歌の才能を見出され、アリーは成功と挫折を経験しつつ、華やかなショービジネスの世界を生き抜いていく。アリーと運命的な出会いを果たすミュージシャン、ジャクソンを演じるクーパーは、本作で初監督に挑んでいる。  そして映画祭のクロージング作品として、アニメーション映画『GODZILLA』三部作の最終章『GODZILLA 星を喰う者』が上映される。本作は、超科学が生み出した「メカゴジラシティ」をも焼き尽くし、地上の覇者となった究極の生命“ゴジラ・アース”と高次元怪獣“ギドラ”の激突を、3DCGアニメで鮮烈に描き出す。  また今年初の試みとなる「GALAスクリーニング」では、東野圭吾作家デビュー30周年を記念して書かれた同名ベストセラーを、篠原涼子主演、堤幸彦監督で映像化した『人魚の眠る家』を上映。本作は、愛するわが子の悲劇に直面し、究極の選択を迫られた夫婦の運命を、先の読めない怒涛の展開と想像を絶する衝撃のクライマックスで活写するヒューマンミステリーだ。  第31回東京国際映画祭は、10月25日~11月3日まで東京・六本木ヒルズ、東京ミッドタウン日比谷ほかにて開催。

  • 『アリー/スター誕生』ティザービジュアル

    ガガ初主演『アリー/スター誕生』日本版予告&ティザービジュアル公開

    映 画

     歌手のレディー・ガガが初主演を務める映画『アリー/スター誕生』から、日本版予告編とティザービジュアルが解禁された。公開された予告編ではガガ演じる歌手を夢見るヒロインと、世界的ロックスターの出会いが描かれている。@@cutter 本作は、音楽業界での成功を夢見る主人公・アリーがスターの階段を駆け上がっていく姿を描くドリーム・エンターテインメント。国民的ミュージシャンのジャクソンに歌の才能を見出され、アリーは成功と挫折を経験しつつ、華やかなショービジネスの世界を生き抜いていく。  このたび公開された予告編は、歌手を夢見るウェイトレスのアリー(ガガ)と、世界的ロックスターのジャクソン(ブラッドリー・クーパー)が運命的な出会いを果たすシーンからスタート。アリーは自分の才能に自信がなく、周りから容姿も否定されながらも、小さなバーのステージで細々と歌声を披露する日々。そんな彼女の歌声に魅了されたジャクソンはアリーに「君は美しい」と微笑みかける。ジャクソンと出会ったアリーは、等身大の自分のままでショービジネスの世界に身を投じていくことに…。  予告編と併せて公開されたティザービジュアルは、Tシャツ姿のアリーが力強い眼差しをこちらに向けている姿と、ブラッドリー演じるジャクソンがギターを演奏している姿の2種類。ステージ上のゴージャスな衣装とは異なるレディー・ガガの新たな一面が確認できる。  映画『アリー/スター誕生』は12月21日より全国公開。

あわせて読みたい

ビデオ人気ランキング

コミック人気ランキング

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access