神酒クリニックで乾杯を 関連記事

  • 松本まりか

    松本まりかを安藤政信がゲキシャ! 妖艶な表情が「色っぽい」と話題

    エンタメ

     女優の松本まりかが8日、自身のインスタグラムで、ドラマ『神酒クリニックで乾杯を』(BSテレ東/毎週土曜21時)で共演中の安藤政信に撮影されたショットを投稿。ファンからは安藤による写真のクオリティの高さや、被写体・松本の色っぽい表情への感想が集まっている。@@cutter 同作は、医療事故で患者を死なせてしまったことで働き場所を失い、VIP専門の「神酒クリニック」で働くことになった若き医師・九十九(三浦貴大)と神酒院長(安藤)を中心に、さまざまな事件や無理難題に挑む医師、看護師たちの姿を描き出す。松本は女医の夕月ゆかりを演じている。  「Photo by 安藤政信」と添えられている今回のショット。安藤が撮影した松本がさまざまな表情を浮かべている。ハッシュタグで「#神酒クリニック撮影中の合間に一瞬で撮るオフショットだけれどオフショットではないクオリティ」とあり、安藤の撮影技術に、松本は賛辞を送っている。  さらにハッシュタグでは「#安藤くんが撮る少し後ろから三浦貴大くんがカメラを構えてる #なんてシュールな光景」と、写真だけでは分からない現場の状況を説明。「神酒クリニックには毎日愛すべきカメラマンが2人もいます」と続けており、出演者らの仲がよいことが伝わってくる投稿となっている。  ファンからは安藤による写真に対する「すごいクオリティだね」「プロのカメラマンが撮ったかのようなクオリティですね」「オフショットとは思えないクオリティです」といった称賛の声が殺到。また、被写体の松本にも「色っぽい」「妖艶」「艶っぽい瞳と唇」「綺麗でセクシーで棘がある感じがすごく好き」「綺麗でエロティック」といった感想があがり、ファンをとりこにしているようだ。 引用:https://www.instagram.com/marika_matsumoto/

  • (左から)土曜ドラマ9『神酒クリニックで乾杯を』記者会見&1話試写会に登場した三浦貴大、安藤政信

    安藤政信「台本をあまり読まないので」 過去出演作のセリフをアドリブで引用

    エンタメ

     俳優の三浦貴大と安藤政信が10日、ダブル主演を務めるテレビ東京の新ドラマ『神酒クリニックで乾杯を』の記者会見に出席。安藤は過去の出演作品のセリフをアドリブに引用していることを明かした。@@cutter 医療事故で患者を死なせてしまったことで働き場所を失い、VIP専門の「神酒クリニック」で働くことになった若き医師・九十九(三浦)と神酒院長(安藤)を中心に、さまざまな事件や無理難題に挑む医師、看護師たちの姿を描き出す。  主題歌をASIAN KUNG‐FU GENERATIONが担当し、第1話ゲストの国交大臣役で小林幸子が出演するなど、豪華な顔ぶれが目を引くが、三浦は「アジカンさんは僕も昔から聴いていたので嬉しいです。ゲストの方も毎回豪華で、普段、なかなか芝居でお会いしないような方とお仕事ができるのが刺激になっています。どんな風に映像で映っているのか僕も楽しみです」と語る。  安藤は、一流の外科医という設定だが「医療に関してはちょうど(医師役を)『コード・ブルー』でやってたので」といきなり他局の出演ドラマの名前を出し、さらに、女医役の松本との共演についても、前クールで他局のドラマ『ブラックスキャンダル』で共演したことに触れ「(前作では役柄で)彼女にとんでもない酷いことをしてしまったので…(苦笑)、今回はちゃんと最後まで思いやっていきたい」とマイペースに語り笑いを誘っていた。  松本は安藤とのやりとりを「セッションのよう」と語り「アドリブをたくさん飛ばしてくるし、何をしてくるかわからない」と明かすが、安藤は「台本をあまり読まないので…(笑)」と告白。「いままでの(出演作品の)覚えているセンテンスを組み合わせて言ってたりしてて、『キッズ・リターン』のセリフも言ったりしてる」と1996年公開のデビュー映画のタイトルなどを挙げ、現場について「この中では一番年上ですが、10歳、20歳も離れてる人たちと芝居するのが楽しい」と笑顔を見せていた。  この日の会見には、山下美月(乃木坂46)、栁俊太郎、松本まりか、板垣李光人、原作者で現役内科医でもある知念実希人が出席した。  土曜ドラマ9『神酒クリニックで乾杯を』は、BSテレ東にて1月12日より毎週土曜21時放送。

  • 『神酒クリニックで乾杯を』に出演する松本まりか

    松本まりか、むせかえる色気の美人女医に『神酒クリニックで乾杯を』出演

    エンタメ

     女優の松本まりかが、三浦貴大と安藤政信がダブル主演を務める2019年1月期放送のドラマ『神酒クリニックで乾杯を』(BSテレ東/毎週土曜21時)に出演することが発表された。美人女医役を務める松本は「見た目も言動も突っ込みどころ満載かと思いますが、まずは見えるところからわかりやすく頑張っていこうと思います(笑)」と語っている。@@cutter 知念実希人の人気シリーズ小説を基にする本作は、医療事故で患者を死なせてしまったことで働き場所を失い、VIP専門の医院「神酒クリニック」で勤務することになる生真面目な若手外科医・九十九勝己(三浦)と、同院の院長・神酒章一郎(安藤)らが織りなすドラマを描くメディカルエンタメミステリー。現役医師作家である知念の初の映像化作品となる。  今回、松本が演じるのは、圧倒的な色気を醸し出す、赤い口紅が似合う美人女医の夕月ゆかり。医師としての腕はピカイチで毒舌、特技の声帯模写で神酒クリニックの“裏の仕事”を請け負うというキャラクターだ。  松本は自身の役柄について「全面に色気を漂わせ、“存在自体フェロモン”という、今までにない癖の強さ」とコメント。さらに「プロデューサーさんからの『ゆかりは何してもいいですよ』という光栄ですがプレッシャーでしかない爆弾発言に戦々恐々としながらも、一緒に笑いながらアイディアを出し合い作っていける神酒クリニックは、去年とは一味違った刺激的で過酷な冬になりそうです」と明かしている。  さらに本作には、内科医・黒宮智人役に柳俊太郎、精神科医・天久翼役に板垣李光人、四葉大学病院教授・三森大樹役に竹中直人、四葉大学病院医師・新庄雪子役に臼田あさ美がキャスティングされている。  また、主題歌はASIAN KUNG‐FU GENERATIONが手掛けた「ホームタウン」に決定した。  土曜ドラマ9『神酒クリニックで乾杯を』は、BSテレ東にて2019年1月より毎週土曜21時放送。

  • 『神酒クリニックで乾杯を」に出演する乃木坂46・山下美月

    乃木坂46・山下美月、新ドラマ『神酒クリニックで乾杯を』で初ヒロイン

    エンタメ

     乃木坂46の山下美月が、俳優の三浦貴大と安藤政信がダブル主演を務める2019年1月期放送のドラマ『神酒クリニックで乾杯を』(BSテレ東/毎週土曜21時)に出演が決定。ヒロインの一ノ瀬真美を演じる山下は「神酒クリニックのメンバーを愛して頂けるように、一ノ瀬真美ちゃんをたくさんの方に愛して頂けるように頑張ります」と語っている。@@cutter 知念実希人の人気シリーズ小説を基にする本作は、医療事故で患者を死なせてしまったことで働き場所を失い、VIP専門の医院「神酒クリニック」で勤務することになる生真面目な若手外科医・九十九勝己(三浦)と、同院の院長・神酒章一郎(安藤)らが織りなすドラマを描くメディカルエンタメミステリー。現役医師作家である知念の初の映像化作品となる。  今回、山下が演じる一ノ瀬真美は、超VIPな患者に高度な医療を提供する神酒クリニックの看護師。凄腕で個性的な神酒クリニックのメンバーから愛される、おっとり清純派でマイペースなキャラクターだ。  今作で、初のヒロイン役を演じることになった山下は「凄いびっくりしたし、嬉しかったです!」と語ると「本作のキャストの皆さんは色んな作品で活躍されている俳優陣の方々ばかりなので、そんな皆さんとご一緒させて頂けるというのは、本当に感謝の気持ちでいっぱいです」と意気込みを吐露。  自身が演じる真美という役柄については「普段おっとりしていて、ちょっと抜けているところがあるドジな女の子だけど急に突然エンジンがかかっちゃう一面を持っているところに凄く惹かれました」とコメント。  普段はグループで活動している彼女は「一人でお仕事をさせて頂くというのは不安でいっぱいです」と語りつつも「でも西野(七瀬)さんや高山(一実)さんとか、ほかのメンバーからも“楽しみにしてる”“頑張ってね”“おめでとう”などの言葉を頂きましたので、精一杯頑張ります!」と決意を新たにした。  土曜ドラマ9『神酒クリニックで乾杯を』は、BSテレ東にて2019年1月より毎週土曜21時放送。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access