関連記事

  • 映画『サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-』場面写真

    『サタデーナイト・チャーチ』予告解禁 性別に悩む主人公がたどり着いたのは…

    映 画

     ニューヨークのLGBTの若者たちの実話をミュージカルタッチで描く映画『サタデーナイト・チャーチ ‐夢を歌う場所‐』が2019年2月22日より公開されることが決まり、予告編と場面写真が解禁となった。@@cutter 本作は、初監督・初脚本となるデイモン・カーダシスが、ボランティアを務めていた教会での実体験と綿密なリサーチをもとに、LGBTの人々が直面する厳しい現実や社会問題に焦点をあてた作品。実在するLGBT支援プログラム“サタデー・チャーチ(土曜の教会)”を舞台に、若者たちの経験談が物語をつむいでいく。無名だった監督と主演にもかかわらず、海外の映画祭で数々の観客賞や優秀賞を受賞している。   ニューヨークのブロンクスに暮らす青年ユリシーズ(ルカ・カイン)は父親の死をきっかけに「美しくなりたい」という思いを抑えられずにいた。ある夜、街角で出会ったトランスジェンダーのグループに「土曜の教会」へと誘われる。そこは静かで厳格なふだんの教会とは異なり、ダンスや音楽を楽しみながら、同じ境遇の仲間と語らう場として開放されていた。学校でも家庭でも孤立していたユリシーズは、その自由な雰囲気に夢中になりながら、少しずつ自分を解放していく。ところが、家族にハイヒールを見つけられ、自分の存在そのものを否定されてしまう…。  予告編は、ユリシーズが学校で「女が来たぞ」といじめられ、家でも弟に女装しているところを見られて叔母にきつく叱られる場面から始まる。自分の心を隠して生きる孤独な日々から一転して、ある夜訪れた「土曜の教会」で、初めて自分の居場所を見つける様子が描かれる。しかし、母親にまで「母さんを悩ませないで」と言われ、家を飛び出して街をさまよう彼に、人生を変える数々の出来事が起こっていく。最後はユリシーズがミュージカル仕立ての中、「僕は前に進むよ」と歌い上げる姿で締めくくられる。  映画『サタデーナイト・チャーチ ‐夢を歌う場所‐』は2019年2月22日より全国公開。

あわせて読みたい

ビデオ人気ランキング

コミック人気ランキング

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access