白い巨塔 関連記事

  • 松山ケンイチ

    岡田准一&松山ケンイチの“友情”に反響「ただただ泣ける」 『白い巨塔』最終話

    エンタメ

     V6の岡田准一が主演を務め、テレビ朝日開局60周年記念として5夜連続で放送されたドラマ『白い巨塔』(テレビ朝日系)の最終話が26日に放送され、岡田演じる外科医・財前五郎と松山ケンイチ扮する内科医・里見脩二が治療方針を巡って議論するシーンに、視聴者から「いいシーン」「ただただ泣ける」などのツイートが寄せられた。@@cutter 医療裁判の一審で勝訴した財前は、控訴審を控えているにも関わらず、世界外科連盟の理事に立候補することを決意。裁判で財前と大学に不利な証言をした里見は、関西がんセンターで研究を続ける道を選ぶ。開廷した控訴審で、財前の裏切りを目の当たりにした柳原雅博(満島真之介)は一審の証言を覆し法廷で真実を口にする。そして迎えた結審の日。敗訴を言い渡された財前は記者に囲まれる中、突然倒れてしまう。  財前は、おぼつかない足取りで関西がんセンターへ足を運び、袂(たもと)を分かった里見に「俺を診察してくれ。浪速大は信用できない」と頼む。里見は財前を検査し、ステージ4の膵臓ガンであることを伝える。診断結果を見ながら治療方針について議論する2人。早期の手術をゆずらない財前に対して里見が「誰に切ってもらうんだ?」と質問すると、財前が「お前なら誰に切ってもらう?」と質問で返す。これに里見が「僕だったらお前に切ってもらう」と応えると、笑顔と涙がこみ上げてきた財前は「自分で自分を切るわけにはいかないな…」とつぶやく。このシーンにネット上には「やばい、これはいいシーン」「信頼しあってるし、尊敬しあってるのが伝わった」「2人とも涙目になりながら話しているの泣いちゃう」などの声が寄せられた。  野心家で傲慢(ごうまん)だった財前が衰弱していくさまを体現した岡田の演技に、SNS上には「泣けるなぁ。岡田くん、最高」「岡田くんの優しい笑顔が悲しい」「これは泣ける。本当に岡田の演技上手すぎ」などのコメントが殺到。一方、医師としての良心を貫く里見に扮した松山の熱演に、視聴者からは「里見先生が素敵すぎてただただ泣ける」「松山ケンイチはやっぱいい演技する」「里見先生ってなにものなのよ。天使じゃん」などのツイートも多数寄せられた。

  • ドラマスペシャル『白い巨塔』第二夜場面写真

    今夜『白い巨塔』第二夜、岡田准一は恩師・寺尾聰と決別を迎える

    エンタメ

     岡田准一が主演を務めるテレビ朝日開局60周年記念 5夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子『白い巨塔』(テレビ朝日系/5月22日~26日21時)の第二夜が今夜放送。次期教授選での熾烈な駆け引きが繰り広げられる。@@cutter 本作は1965年に刊行され、シリーズ累計600万部を超える山崎豊子の同名小説を映像化した医療ドラマ。時代設定を2019年に置き換え、大阪の大学病院を舞台に、野心家で傲慢とも言える性格から反感を抱く者も少なくない医学部准教授・財前五郎(岡田)が“第一外科・教授”の座に向かい邁進する姿を描いていく。  第一夜では、浪速大学のスター准教授である財前五郎が、浪速大学医学部第一外科教授になるために、野心剥き出しに、さまざまな手段を使い教授選に突き進むシーンが展開された。  今夜放送の第二夜では、財前が師である東貞蔵教授(寺尾聰)に依頼した手術が開始される。だが、長時間の手術のため、焦りと疲労が蓄積した東は、誤って患者の動脈を傷つけてしまう。財前は、術前CTの見落としを指摘し、まるで待っていたかのように手術を続行。これにより、教授選で対立しつつあった、財前と東教授の決別が決定的なものとなる。同期の内科医・里見脩二(松山ケンイチ)は、この光景を目の当たりにし、教授の座に固執するあまり良心を失っていく財前に複雑な思いを感じる。  一方、教授選に向けての裏工作が激化。財前を教授にしたい義父・財前又一(小林薫)は、医学部長・鵜飼裕次(松重豊)を取り込むため、財力にものを言わせて暗躍。また、財前と決別した東は、東都大学の船尾徹(椎名桔平)とともに、金沢国際大学の教授・菊川昇(筒井道隆)を教授選候補に擁立するため奔走する。  そして迎えた教授選の投票日。突然、東が棄権を表明。さらに得票数が過半数に満たず、後日改めて財前と菊川の決戦投票が行われることになる。  欲望が渦巻く教授選はさらに混沌を極め、裏工作も激化の一途をたどることになるが、決選投票を前に、財前の足元をすくう事態がぼっ発し…。  テレビ朝日開局60周年記念 5夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子『白い巨塔』第二夜は、テレビ朝日系にて今夜5月23日21時放送。

  • 沢尻エリカ

    岡田准一&沢尻エリカの濃厚キスシーンに反響 『白い巨塔』第1夜

    エンタメ

     V6の岡田准一が主演を務め、テレビ朝日開局60周年記念として5夜連続で放送されるドラマ『白い巨塔』(テレビ朝日系/5月22日~26日21時)の第1夜が22日に放送され、岡田演じる外科医・財前五郎と、沢尻エリカ扮する財前の愛人・花森ケイコのキスシーンに視聴者から反響が殺到した。@@cutter 本作は山崎豊子の同名小説を原作に、野心に溢れ自らの才能に絶対的な自信を持つ外科医の財前が第一外科・教授の座に向かい、なりふり構わずまい進していく姿を描く人間ドラマ。  腹腔鏡手術のスペシャリストとして名を馳せる浪速大学医学部第一外科・准教授の財前は、浪速大学のスター准教授として君臨していた。ある夜、パーティーの最中に近畿新聞会長・山田音市(本田博太郎)の容態が急変。膵がんを患う山田は執刀医に財前を指名する。本来、山田は第一外科・東貞蔵教授(寺尾聰)の患者。上司である東の患者への執刀にためらいを見せる財前だったが、心の中では期せずして舞い込んだチャンスにほくそ笑んでいた…。  山田の手術を成功させた財前は愛人・ケイ子のマンションへ。玄関で彼を出迎えたケイ子は小首を傾げて笑顔で「お帰りなさい」と挨拶。財前を部屋へ迎え入れると、彼が靴を脱ぐのもまたずに唇を重ねる。ケイ子役の沢尻エリカが登場し、いきなりキスシーンが描かれると「沢尻エリカ、綺麗!っていうよりエロい!」「沢尻エリカちゃんただただお美しいし悪女似合ってらっしゃる」などの反響がネット上に寄せられた。  ケイ子はソファで水割りを飲む財前に対して「次期教授にならないと、財前家におけるあなたの立場が悪くなる」と話すと、彼は一瞬怒った表情で彼女をにらみつける。これにケイ子が「怒った? 短気なところも私はかわいいけど」とつぶやきながら、ソファに腰掛ける財前に馬乗りになると、2人は再び唇を重ねる。唇が触れ合う音が聞こえるほどの深く濃厚なキスに視聴者からは「キスシーン。深いやつだったぞ!」「美しかった」などのツイートが殺到していた。

  • ドラマ『白い巨塔』で主演を務める岡田准一

    『白い巨塔』岡田准一、自身演じる財前五郎は「ダークヒーロー」

    エンタメ

     岡田准一が、テレビ朝日開局60周年記念 5夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子『白い巨塔』(5月22日~26日5夜連続)で主演を務め、“腹腔鏡のスペシャリスト”として医学界にその名を轟かせる外科医・財前五郎を演じる。放送を前に囲み取材に応じた岡田は、自身が演じる財前を「魔物がいる役」と表現するも「いい人の役よりは断然楽しかったです」と振り返った。@@cutter 同作は大阪の大学病院を舞台に、野心に溢れ、自らの才能には絶対的な自信を持つ外科医の財前(岡田)が、“第一外科・教授”の座に向かい、なりふり構わずまい進していく姿を描く。  原作は1965、69年に刊行された山崎豊子の長編小説『白い巨塔』(新潮社)。ドラマでは、パワフルな財前が描かれているが、岡田は「時代が違うので、表現は変わってくると思いますが、野心など人間の物語の面白さは現代でも描けると思います。長いストーリーの中で、(小説から)どこのエピソードをチョイスするかは、スタッフの方たちがすごく考えて作ってくれています」と胸を張る。  また、岡田は財前のことを“ダークヒーロー”と表現し、「後輩を追い込んだり、横暴だったりと、ひどいこともする。けど、今の時代にそぐわないくらいのエネルギッシュさが逆にまぶしく見えてくる。そういうのは今の時代でも求められている部分もあるのかなと思います」と分析。  これまで度々映像化されてきた本作。今の時代にこの作品をやる意味を問われると、「今の時代に合わせて、変化させるのは当たり前だし、相手を思いやっておもんぱかる時代に、財前という上昇志向の塊の男が、仲間や友や病院を敵にして闘ってでも権力を手に入れようとする姿を描くのが、大事なやる意味だと思います」と語り、「山ほどでてる“ドス黒い人たち”が社会の部分に切りこんでいく姿が、どういう風に受け入れられるのかが楽しみです」と明かした。  テレビ朝日開局60周年記念 5夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子『白い巨塔』は、テレビ朝日系にて5月22日~26日の5夜連続で各日21時より放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access