渡部篤郎 関連記事

  • ドラマ『大誘拐2018』に出演する(左から)富司純子、岡田将生、渡部篤郎

    岡田将生、SPドラマ『大誘拐』 犯人役で主演 富司純子&渡部篤郎ら共演

    エンタメ

     俳優の岡田将生が、東海テレビ開局60周年記念スペシャルドラマ『大誘拐2018』で主演を飾ることが分かった。元極道の誘拐犯に扮する岡田は、「誘拐というタブーな題材を、ハートフルコメディに小気味良いテンポと早い展開で飽きさせず、気持ち良く観てもらえる作品にしたいと思っています」とコメントしている。@@cutter 本作は、天藤真の同名原作をもとに、舞台を和歌山県から東海地方の愛知県へ移したミステリードラマ。刑務所を出たばかりの元ヤクザ・戸並健一(岡田)は、人生の一発逆転を狙って、三宅平太(中尾明慶)、秋葉正義(森田甘路)と、マザーの名を持つ大富豪・柳川とし子(富司純子)を誘拐する。3人は身代金100億円を要求するが、捜査の陣頭指揮をとる刑事・井狩大五郎(渡部篤郎)は、その要求は法外だと拒否。そして空前絶後の駆け引きが始まってゆく。  岡田は、「マザーという絶対的存在と僕演じる健一を含むクスッと笑えるバカな3人、それぞれ特徴あるキャラクターのどちらが、誰が誘拐しているか分からなくなるような読めない展開、明かされる真実。そして最後には誘拐というタイトル自体何なのか、少し考えさせられる、家族で楽しく観られるドラマになる様に頑張りたいと思います」とコメントを寄せている。  ほかに、県警本部長・刀禰勝之として杉本哲太、柳川家の長女・田野可奈子として国生さゆり、柳川家の次男・柳川国二郎として長谷川朝晴、かつてとし子に世話になっ た有機栽培農家の中村くらとして榊原郁恵などが出演する。  スペシャルドラマ『大誘拐2018』は、フジテレビ系にて12月14日19時57分放送。

  • 『マスカレード・ホテル』メインビジュアル

    木村拓哉×長澤まさみ『マスカレード・ホテル』予告&メインビジュアル公開

    映 画

     木村拓哉が主演を務め、長澤まさみが共演する、東野圭吾原作の映画『マスカレード・ホテル』から予告編が到着。公開された映像には、木村演じる刑事がホテルマンとして潜入捜査を展開する様子や、超豪華な追加キャスト陣の姿が収められている。@@cutter 『マスカレード・ホテル』は、シリーズ累計310万部を突破した東野作品の中でも屈指の人気を誇る「マスカレード」シリーズの第1作。舞台となるのは都内の高級ホテル・コルテシア東京。次々と現れる素性の知れない宿泊客の“仮面(=マスカレード)”をはがそうとする木村演じる警視庁捜査一課の刑事と、その“仮面”を守ろうとする長澤演じるホテルマン。相反する2人の異色バディが難事件に挑む。  このたび解禁された予告編は、容疑者もターゲットも不明の不可解な連続殺人事件の、次の犯行現場に予告されたホテルに、刑事の新田浩介(木村)がフロントクロークとして潜入。宿泊客を“容疑者”として疑う新田と、宿泊客を信じるホテルマン・山岸尚美(長澤)が捜査の中でぶつかり合う姿や、ホテルマンに扮した新田を怒鳴りつける宿泊客たちの様子が収められている。  予告編の公開に併せて、超豪華ミステリーの名にふさわしいキャスト20名も一挙に解禁。新田と同じ刑事に小日向文世、梶原善、泉澤祐希、篠井英介、渡部篤郎。そして、山岸と同じホテルマンに石川恋、東根作寿英、鶴見辰吾、石橋凌。そしてホテルを訪れる素性の知れない宿泊客たちを演じるのは、濱田岳、前田敦子、笹野高史、高嶋政宏、菜々緒、宇梶剛士、橋本マナミ、田口浩正、勝地涼、生瀬勝久、松たか子といった面々。  さらにメインビジュアルも公開されており、木村と長澤の姿を中央に、豪華キャスト陣が勢ぞろいしたスケール感たっぷりのデザインに仕上がっている。  映画『マスカレード・ホテル』は、2019年1月18日より全国公開。

  • 綾野剛

    『ハゲタカ』オリジナルの第3部 20年の歳月を演じ分ける綾野剛が話題

    エンタメ

     俳優の綾野剛が主演するドラマ『ハゲタカ』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第7話が30日に放送され、原作者の真山仁が原案を出したオリジナルエピソードとなる第3部がスタート。ネットでは「どんな結末になるのか予想できないからワクワクできる」「第3部のために第1部第2部があったんだなと納得のいく熱さ、面白さ、クオリティの高さ、演技の完成度」と絶賛の声が相次いだ。@@cutter 第3部の舞台は2018年、平成最後の夏。日本を代表する名門重工業メーカー「帝都重工」でデータ改ざん事件が発覚し、社会を揺るがす大きな問題となっていた。「日本ルネッサンス機構」の飯島(小林薫)は、柴野(渡部篤郎)にこの一件の処理を依頼。さらに、「サムライファンド」の鷲津(綾野)に救済を求めるよう指示を出す。  一方の鷲津は、講演を頼まれた経済セミナーで出会った若きベンチャー企業の代表・天宮光一(森崎ウィン)から投資の依頼を受けていた。天宮は「帝都重工」の子会社である「スペース・フロンティア・ジャパン」の代表として宇宙開発に関する事業に携わり、「帝都重工」からの独立を模索していた。「スペース・フロンティア・ジャパン」を視察した鷲津は、その申し出を「夢にお金は投資しない」と斬り捨てる。鷲津に反発を覚える天宮だったが…。  第1話では1997年を舞台にしていたことから、実に20年もの年月の流れを、高い演技力で体現して見せた綾野。SNSでは「年齢を重ねてるのが分かる演技が出来てる綾野剛すごい」「第1部の若々しい鷲津さまが1番好きと思ってたけど、第3部の鷲津さまの美しさが尋常じゃなくてもう第3部でシリーズ化お願いします!」「やっぱりどの世代も全然雰囲気やオーラが違う! 1人の人がこれだけの年代を生きるとは…やっぱり綾野剛は凄い」と称賛を集めた。  また、次週、最終回を迎えることから、「あと一話で終わるとは思えない。もっと見たい」「もう2話くらいあってもよいのに!」「もっと鷲津さん観たい…」など、早くも“鷲津ロス”に陥る視聴者も多かった。

  • 『連続ドラマW パンドラIV AI戦争』キャスト。上段左から黒木瞳、向井理、渡部篤郎、下段左から三浦貴大、原田泰造、美村里江、山本耕史

    向井理『パンドラ』シリーズ最新作に主演 医療用AIを開発する医学者に

    エンタメ

     俳優の向井理が、11月スタートの『連続ドラマW パンドラIV AI戦争』(WOWOWプライム/毎週日曜22時)で主演を務めることが決定。医療用AI開発を手がけた医学者を演じる向井は「光と影が混在する全く新しいドラマになると確信しています」と語っている。@@cutter 本作は、脚本家の井上由美子が手掛け、2008年に連続ドラマWの1作目として放送された社会派ドラマ『パンドラ』シリーズの最新作。これまで “がんの特効薬”や“遺伝子組み換え食品”“自殺防止治療法”“クローン人間”など、挑戦的な題材に挑んできた本シリーズ。最新作では“AI”をテーマに、人工知能という“パンドラの箱”が、社会に何をもたらすのかをリアルに描き出していく。  IT企業が経営する医療センターでは、医学者の鈴木哲郎(向井)が開発したAIによる診察が行なわれていた。IT企業代表の蒲生俊平 (渡部篤郎)は、医療のAI化を進めていくべきだと主張。しかし、医師会会長の有薗直子(黒木瞳)は「時期尚早」と難色を示し、外科医の上野智津夫(原田泰造)も不快に思っていた。そんな中、AI診断に基づいて上野が手術した患者が、術後に亡くなってしまい…。一方、記者の太刀川春夫(山本耕史)はAIで診断した患者が死亡したという情報をつかみ、独自の調査を始める。  本作の脚本について向井は「僕自身、台本を読んでAIと共存していくことを考えないといけないと思いました。リアリティのある、未来を予測しているような話だと感じています」と話すと、続けて「今回のシリーズではAIについてのメリットとデメリットが描かれていて、それは僕たちがAIとどう向き合っていくべきかの問いかけでもあります」とコメント。  さらに自身が演じる役柄について「ただ信念を持った情熱的な人ということだけではなく、何か“危うさ”みたいなものを表現して、AIについて問題意識を抱いていただけるような作品にできればと思います」と語った。  ドラマ『連続ドラマW パンドラIV AI戦争』は、WOWOWプライムにて11月11日より毎週日曜22時放送。

  • 渡部篤郎に視聴者痺れた

    渡部篤郎の啖呵(たんか)に視聴者「痺れる」と熱狂 『ハゲタカ』第5話

    エンタメ

     俳優の綾野剛が主演するドラマ『ハゲタカ』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第5話が16日に放送された。渡部篤郎演じる芝野が、総合電機メーカー「あけぼの」を守るために汚れ役を買って出たり、会長に誰も言えなかった言葉を真正面からぶつけたりと、男の意地を見せて活躍。ネットでは「芝野の啖呵の切り方に痺れたね」「今日は芝野さん大活躍!見ててイライラモヤモヤしてた部分をビシッと斬ってくれた!」と称賛を集めた。@@cutter 「あけぼの」の買収を狙う「ファインTD」社長の滝本誠一郎(高嶋政伸)の策力と、部下・アラン(池内博之)の裏切りにより、ホライズンを解雇された鷲津(綾野)は、新たに「サムライファンド」を立ち上げ、「あけぼの」を守るために、滝本と再び対峙する準備を始める。  一方、「あけぼの」の再生担当執行役員の芝野は、「ファインTD」の買収から会社を守るために、レーダー開発部の売却を検討し始める。それを知った鷲津と滝本は、それぞれ水面下で動き始め…。  その頃、ホライズンジャパン・パートナーズの新社長に就任したアランは、貴子(沢尻エリカ)が社長を務める「日光みやびホテル」を始めとした、鷲津が手がけた企業の株式を次々と売却していた。突然の売却に抗議に向かう貴子だったが、アランから2週間のうちに51億円を用意するように告げられた上、鷲津がホライズンを解雇されたことを知り、途方に暮れるのだった…。  芝野の男気が光った今話だが、鷲津の名言も健在。物語のラストでは「戦です! あけぼの存続の意義をかけて、現経営陣とファインひいてはプラザへの宣戦布告です!」と言い放ち、視聴者の胸を熱くさせた。放送終了後、ネットでは「綾野剛がダーティーヒーローぶりを熱演して、最高にカッコイイ!」「ドスの利いた啖呵が迫力あり、一度聞いたらクセになる」「痺れる鷲津にこっちまで力が入っている」というコメントが集まった。

  • 次々と企業買収を仕掛ける投資ファンド代表を演じる綾野剛

    綾野剛がカッコいい『ハゲタカ』初回 NHK版との違いにも注目集まる

    エンタメ

     俳優の綾野剛が主演するドラマ『ハゲタカ』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)第1話が19日に放送された。次々と大手企業に買収を仕掛けるダークヒーローを演じる綾野に、SNSでは「マジかっこいい!!!綾野さん凄い!!!」「やっぱ綾野剛かっこええわー」「オーバー気味な演技が良い」といった声が集まった。@@cutter 本作は、2004年に真山仁が発表した同名小説を原作としたドラマ化。1997年、バブル崩壊後、膨大な不良債権を抱え、生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされていた三葉銀行は、回収困難な不良債権を投資会社に一括でまとめ売りする“バルクセール”を実施することに。同行・資産流動化開発室の室長・芝野健夫(渡部篤郎)は、日本初となるこの試みを担い、外資系投資ファンド「ホライズンジャパン・パートナーズ」代表の鷲津政彦(綾野)と対面する。芝野は「最低でも300億円で買い取って欲しい」と頼み込むも、鷲津は「誠心誠意、丁寧な査定をさせていただきます」と返すにとどめ、芝野は一抹の不安を抱くのだった。そして4週間後の回答期日、芝野たちは鷲津から衝撃の評価額を提示され…。  この原作は2007年に、大森南朋主演、柴田恭兵、栗山千明出演でNHKがドラマ化している。同作の鷲津役は大森の当たり役でもあり、当時、ドラマと共に高い評価を得ていた。それだけに、SNS上ではNHK版と比較する視聴者も多かった。キャスティングについては「テレ朝版は原作のイメージ通りのキャスティングと原作準拠の脚本と原作リスペクトの演出なんだけど、原作の逆を狙いまくったNHK版とのギャップで、かえって新鮮味がある不思議」といった指摘があった。  また、鷲津を演じる綾野については「NHK土曜ドラマでの大森南朋とはまた異なる綾野剛が演じる鷲津がこれまた楽しい。シビアさをウリにしたNHKドラマとは異なり、テレ朝ドラマ路線ならではの大衆エンタメとしてのわかりやすい演出がよい」との声も。「NHK版からのハゲタカファンだけど、テレビ朝日版も思ったより違和感なく見れた。物語は始まったばかり。楽しみだ」と、今回のドラマ化に対する期待の声も多数寄せられた。

  • 『ハゲタカ』第1話場面写真

    今夜『ハゲタカ』、ダークヒーロー・綾野剛が日本経済に宣戦布告

    エンタメ

     俳優の綾野剛が主演を務めるドラマ『ハゲタカ』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)が今夜スタート。第1話では、綾野演じる外資系投資ファンドの代表・鷲津政彦と銀行のバルクセールでの緊迫したやり取りが描かれる。@@cutter 原作は2004年に真山仁が発表した同名小説。バブル崩壊後、危機に陥った日本の金融業界と、外資系投資ファンドを率いる伝説の“企業買収者”鷲津政彦の物語。企業買収者である彼が“ハゲタカ”と激しいバッシングを受けながらも、不良債権を抱えた大銀行や、経営不振の名門企業へ次々と買収劇を仕掛け、鮮やかに勝利していく姿を鮮烈に、そして痛快に描く。  時は1997年。バブル崩壊後、末期的な危機に陥った日本の金融業界、銀行もまた膨大な不良債権を抱え、生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされていた。そんな中、大手銀行のひとつである三葉銀行は、回収困難な不良債権を投資会社に一括でまとめ売りする“バルクセール”を実施する。  日本初となるこの試みを担うこととなった三葉銀行・資産流動化開発室の室長・芝野健夫(渡部篤郎)は、その席で外資系投資ファンド『ホライズンジャパン・パートナーズ』の代表・鷲津政彦と対面。簿価総額は723億6458万円。芝野は「最低でも300億円で買い取ってほしい」と申し出るも、鷲津は「誠心誠意、丁寧な査定をさせていただきます」と返すに留め、その態度に芝野は一抹の不安を抱くのであった。  芝野を除く三葉銀行の面々は、査定に向け想定以上の手応えを感じている様子。しかし4週間後に迎えた回答期日、芝野たちは鷲津から衝撃の評価額を提示されてしまう。外資の“ハゲタカ”に丸め込まれたことに憤慨した三葉銀行常務取締役の飯島亮介(小林薫)は、第2回目のバルクセールを自らが仕切ると名乗り出る。「三葉のためだけに働け」と強いる飯島に、芝野は一体どう出るのか。  一方鷲津は、バルクセールで手中に収めた債務者から怒号を浴びせられていた。たまたまその場に居合わせた、『東京クラウンセンチュリーホテル』のフロントマネージャー・松平貴子(沢尻エリカ)は、その様子を目にし…。  ドラマ『ハゲタカ』は、テレビ朝日系にて7月19日より毎週木曜21時放送(初回15分拡大)。

  • ドラマ『ハゲタカ』制作発表記者会見にて

    沢尻エリカ、四つ葉のクローバーを探す綾野剛に「ギャップがすごい」

    エンタメ

     俳優の綾野剛が7月9日、都内で行われた7月期ドラマ『ハゲタカ』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の記者会見に出席。共演の沢尻エリカ、杉本哲太、光石研らに撮影中の裏話を暴露されて盛り上がるひと幕があった。@@cutter 外資ファンド代表・鷲津政彦(綾野)が“ハゲタカ”とバッシングされながらも、不良債権を抱える銀行や経営不振に陥った企業を次々と買収していく物語。今作では原作者の真山仁が描き下ろした「2018年現在の物語」も語られるのが注目ポイントとなっている。  「鷲津は一見優しく見えるかもしれないけど、叩き壊すのが前提。最後までパワーを失わずこの役を生ききりたい」と語った綾野。「このドラマにおける最大の命題は『希望』。再生とは何か、この国で生きていくというのはどういうことなのか」と熱く意気込むが、撮影現場はそれと裏腹にかなり和やかな様子。  綾野と3度目の共演となる沢尻は「綾野くんと初日、草原で撮影していたんですけど、めちゃくちゃ出で立ちがカッコよかったんですよ。なのに遠くから満面の笑みで『四つ葉のクローバー見つけたよー!』と。ギャップがすごかったです(笑)」と明かし、綾野に「ドラマの(成功の)ために」必死に探していたと打ち明けられていた。  一方、鷲津の片腕を演じる光石研と杉本哲太も、本番前には鷲津と違う裏声でセリフをしゃべって楽しむ綾野の素顔を暴露。綾野は「でもお二人も目の奥でふざけてるじゃないですか!」と反論するも、沢尻に「いつもこんな感じです。真面目なシーンだから集中させてと思うときもあります(笑)」とそのじゃれ合いをまとめられていた。  ドラマ『ハゲタカ』は、テレビ朝日系にて7月19日より毎週木曜21時放送。

  • ドラマ『ハゲタカ』に出演する(上段左から時計回りに)小林薫、渡部篤郎、光石研、杉本哲太、池内博之

    渡部篤郎&小林薫『ハゲタカ』出演 綾野剛と対決する銀行マンに

    エンタメ

     渡部篤郎、小林薫、杉本哲太、光石研、池内博之が、7月クールの木曜ドラマ『ハゲタカ』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)に出演することが分かった。渡部は主演を務める綾野剛について「とても高みにいこうとしている方で、一緒にお芝居をしていてもとても勉強になります」とコメントを寄せている。@@cutter 真山仁の人気小説を基にする本作は、伝説の“企業買収者”鷲津(綾野)が、次々と日本企業を買収し、“ハゲタカ”の異名を持つようになる姿を描き、鷲津の活動を通して、日本経済や社会の問題点をあぶり出す。  三葉銀行のエリートバンカーとして不良債権処理に携わり、日本初のバルクセール実施に際して鷲津と対峙する芝野健夫に扮する渡部は、「綾野さんはとても高みにいこうとしている方で、一緒にお芝居をしていてもとても勉強になります。そんな彼の思い描く通りの鷲津、そして『ハゲタカ』という作品に少しでも近づけるよう、共演者として精一杯やっていきたいと思っています」とコメント。  一方、芝野の上司で、三葉銀行の常務取締役・飯島亮介を演じる小林は、役柄を「わかりやすいくらいに狭い世界で生きてきた企業のトップ。その中だけで通用していたことが、広い世界に出たときに通用しなくなったという、栄光と悲劇性を併せ持った人だと思います」と分析している。  鷲津が代表を務める『ホライズンジャパン・パートナーズ』のメンバーを演じるキャストも決定した。日本政財界の裏と表に精通し、数多くの情報源を持つ佐伯宗徳役に杉本哲太。不動産取引のエキスパートでもある中延五朗役に光石研。そして、アメリカ育ちの日系アメリカ人で、鷲津の右腕でもあるアラン・フジタ役を池内博之が務める。ほかにも、芝野の妻・亜希子役に堀内敬子、娘のあずさ役に是永瞳、沢尻エリカが演じる松平貴子の妹・珠香役で木南晴夏がキャスティングされた。  ドラマ『ハゲタカ』はテレビ朝日系にて、7月より毎週木曜21時放送。

  • 新火9ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』制作発表会見にて

    坂口健太郎、ドラマ『シグナル』初主演に「盛り上げてもらって感謝」

    エンタメ

     俳優の坂口健太郎が4日、都内で開催された4月10日スタートの新ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の制作発表会見に出席。「こんなに盛り上げてもらって感謝だな」と初主演の心境を語った。@@cutter 韓国のヒューマンサスペンスドラマ『シグナル』を基にする本作。過去の経験から警察を全く信用しない警察官・三枝健人(坂口)が、謎の無線機を通して過去の刑事とやりとりし、時空を超えて未解決事件に挑む姿を描く。会見には北村一輝、吉瀬美智子、木村祐一、池田鉄洋、甲本雅裕、渡部篤郎も出席した。  連続ドラマ初主演の坂口は、「何か特別なことをやっているかと言われると、初めて映画に出させていただいたときの居方とあんまり変わっていなくて。強いてあげると、差し入れをたくさん入れたり、宣伝が多いなと思ったり(笑)」とコメント。「まだクランクインして1ヵ月ちょっとなんですけど、こんなに盛り上げてもらって感謝だなと、何となく感じてきました」と心境を明かした。  渡部は「僕もいろいろな方たちと出会って、俳優としての居方を学べたような気がする」と坂口にアドバイスしつつ、「(坂口とは)まだ1回も絡みがない。一輝とかはきっと素敵な俳優なので、そういういい姿を見ていってくれれば」と“先輩俳優”の役割を北村に丸投げして笑いを誘った。  物語にちなんで、過去の自分へのアドバイスを求められた坂口は、「今を変えたくない精神の方が強くて。過去を変えちゃうのは怖いんです」と前置きした上で、「小さいころに少しやっていた音楽を先生が怖くてやめちゃったんですけど、今の年になって(仕事で)必要になると思っていなかったので、『そういう些細(ささい)なことを続けな』って伝えてあげたいですね」と語った。  新ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』はカンテレ・フジテレビ系にて、4月10日より毎週火曜21時放送(初回15分拡大)。

  • 石川恋、橋本環奈と『いきもの係』オールアップを報告 ※「石川恋」インタグラム

    石川恋、橋本環奈と『いきもの係』オールアップを報告!「大好きだよかんちゃん」

    エンタメ

     女優の石川恋が、7日に自身のインスタグラムを更新し、放送中のドラマ『警視庁いきもの係』(フジテレビ系/毎週日曜21時)のオールアップを報告するとともに、共演している橋本環奈との2ショット写真を公開。「大好きだよかんちゃん」と橋本への想いを綴っている。@@cutter 『警視庁いきもの係』は、警視庁総務部総務課・動植物管理係、通称“いきもの係”を舞台に、元捜査一課の鬼警部補・須藤友三(渡部篤郎)と、動物マニアの新米巡査・薄圭子(橋本)が、動物の生態をもとに事件解決に奔走する姿を描いている。キャストには三浦翔平、長谷川朝晴、横山だいすけ、寺島進、浅野温子も名を連ねており、石川は、変わり者である圭子の数少ない理解者で、警察博物館の受付を務める三笠弥生を演じている。  石川は「警視庁いきもの係、先ほどオールアップしました!先輩方から学ばせていただいたことが本当にたくさんあり、スタッフさん方にはいつも優しく支えていただき、、3ヶ月間こんなにも暖かく素敵な現場でこのドラマに参加させていただけたことを心から幸せに思います」とオールアップを報告。また、「そしてかんちゃん!いつも現場を明るく照らしてくれてありがとう 年の差関係なく自然に一緒に笑い合えて、そんなかんちゃんにいつもどれだけ元気をもらっていたことか、、大好きだよかんちゃん、これからもずっと」と橋本への感謝の想いを綴っている。  写真を見たファンからは、「恋ちゃん~お疲れさまでした」「1話からずっと観てたのであと少しで最終回寂しいです」「また連ドラ決まったら絶対に見ます」「最終回楽しみ!」「弥生ちゃんの役柄可愛かったです」「また宝物が増えましたね」などのコメントが寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/ren_ishikawa/

  • 橋本環奈、『警視庁いきもの係 』記者会見に登場

    橋本環奈、ヘビとの共演に向けて緊張を告白「ドキドキしちゃってます」

    エンタメ

     女優の橋本環奈が7日、都内で実施された新ドラマ『警視庁いきもの係』(フジテレビ系/毎週日曜21時)の記者会見に、渡部篤郎、三浦翔平、長谷川朝晴、横山だいすけ、寺島進、浅野温子、ネコのティティと共に出席。橋本は翌日にヘビとの共演シーンを控えていることを明かし、「ドキドキしちゃってます」と語った。@@cutter 『警視庁いきもの係』は、警視庁総務部総務課・動植物管理係、通称“いきもの係”を舞台に、元捜査一課の鬼警部補・須藤友三(渡部)と、動物マニアの新米巡査・薄圭子(橋本)が、動物の生態をもとに事件解決に奔走する姿を描く。  主演の渡部は「嫌な事件とかニュースがあるなか、少しでも心が温かくなるような作品をお届けしたいと、みんなで頑張っております」とコメント。連ドラで初のヒロイン役を務める橋本は「今はペットを飼っていないんですけど、この撮影を始めて、飼ってみたいなって思ってます」と明かし、飼ってみたい動物については「(現場に)五つ子の子猫ちゃんたちがいるんですけど、すごく可愛くて。写真を撮りまくってます」とニッコリ。  これを聞いた浅野から「木下(高男)監督が3匹飼うって」と教えられると、「先越されましたね~」と残念そうな表情を見せるも「ちょっと話し合わなきゃいけないですね!」と子猫を飼うことには前向きな様子。また、撮影時の印象的な出来事については、「この前、ヘビショップにも行ってきまして。動物は好きですけど、ヘビはやっぱり、ちょっと怖かったですね」と振り返り、「明日あるんです、ヘビとのシーンが。ドキドキしてます」と胸中を明かした。  一方、台本を読んだ感想を聞かれ「やっぱり高校を爆破して…」と同じく7月クールに出演するドラマ『僕たちがやりました』に絡めたジョークを飛ばして笑いを誘ったのは、須藤の元相棒である石松和夫役の三浦。三浦は飼いたい動物を問われると、「リスザル」と回答し、その理由を聞かれると「なんかいろいろ仕込ませて、リモコン持ってきてもらったり。明日のスケジュール、どこかな? みたいな」とマネージャー的な役割を担わせるつもりであることを明かして橋本たちを笑わせていた。  ドラマ『警視庁いきもの係』はフジテレビ系で7月9日より、毎週日曜21時に放送。

  • 橋本環奈、小鳥のとのオフショット披露 ※「橋本環奈」ツイッター

    橋本環奈、小鳥のとのオフショットに「ヤバイ!!両方可愛すぎる」と反響

    エンタメ

     女優の橋本環奈が18日、自身のツイッターに出演する7月スタートの新ドラマ『警視庁いきもの係』(フジテレビ系/毎週日曜21時)のオフショットを公開。制服姿で小鳥との写真を披露し、ファンからは「ヤバイ!!両方可愛すぎる」などの反響が寄せられている。@@cutter 『警視庁いきもの係』は、警視庁総務部総務課・動植物管理係を舞台に、元捜査一課の鬼警部補・須藤友三(渡部篤郎)と、動物マニアの新米巡査・薄圭子(橋本)が、動物の生態をもとに事件解決に奔走する姿を描くコミカル・アニマル・ミステリー。共演は、三浦翔平、石川恋、清原翔、でんでん、寺島進、浅野温子など個性あふれるキャストが名を連ねている。  本作で新米巡査役に挑む橋本は、ツイッターに「ジュウシマツ沢山いたーー可愛い手乗り十姉妹です #警視庁いきもの係 今日からタグ付けしよ。笑」と言葉を添えて、指の上に愛らしい十姉妹を乗せた姿を収めた写真を投稿している。  この写真を見たファンからは、「どんだけかわいいねん」「鳥も環奈ちゃんもどっちも 可愛すぎだから~っ!!」「現場のほんわかむーど が伝わります」「手乗りジュウシマツちゃん可愛い」など可愛すぎる“ツーショット”に多くのコメントが寄せらている。 引用:https://twitter.com/h_kanna_0203

  • 『警視庁いきもの係』に出演する渡部篤郎と橋本環奈

    橋本環奈、異色“アニマル”ミステリーで連ドラ初ヒロイン! 渡部篤郎と31歳差コンビ

    エンタメ

     俳優・渡部篤郎が7月スタートの新ドラマ『警視庁いきもの係』(フジテレビ系)で橋本環奈と初共演することがわかった。橋本がテレビドラマでヒロインを務めるのは本作が初。ほかにも、三浦翔平、石川恋、清原翔、でんでん、寺島進、浅野温子など個性あふれるキャストが名を連ねている。@@cutter 本作は警視庁総務部総務課・動植物管理係の鬼警部補と新米巡査のコンビが、動物の生態をもとに事件解決に奔走する異色コメディーミステリー。とある事件で負傷し、前線の捜査から外された元捜査一課の鬼警部補・須藤友三(渡部)が配属されたのは、容疑者や行方不明者などのペットを保護する窓際部署の“警視庁総務部総務課・動植物管理係”(通称=警視庁いきもの係)。そこで須藤が出会ったのは、獣医学部卒の動物マニア女子・薄圭子(橋本)巡査だった。人間よりもむしろ動物をこよなく愛し、わが道を突き進む圭子だが、豊富な知識と鋭い観察力から驚くべき推理を展開し、結果、須藤と圭子のコンビは次々と事件を解決することになる。  初ヒロインとなる橋本は「最初に聞いた時には、本当にびっくりしました。1クールまるまる出演することもなかったですし、そんなに長期間撮影することもなかったので、今からワクワクしています」と心を弾ませる。そんな橋本について、渡部は「とにかく彼女のことを支えていきたいです。まだお若いので大変だと思います。プレッシャーも感じていらっしゃるでしょうから、キャリアのある人たちが、彼女のことを守っていかなくてはいけないと思っています」と意気込んでいる。実年齢31歳コンビが日曜21時に降臨する。  ドラマ『警視庁いきもの係』はフジテレビ系で7月スタート。毎週日曜21時より放送。また、橋本は本作で圭子を演じるにあたり髪を切るが、この模様を6月6日に「LINE LIVE」で生中継する予定となっている。

  • 波瑠主演『ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子』ブルーレイ&DVDボックス発売決定

    波瑠、民放連ドラ初主演作『ON 異常犯罪捜査官』BD&DVD発売 メイキング映像も収録

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『あさが来た』で一躍大ブレイクした波瑠が、民放連続ドラマ初主演を果たした『ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子』のブルーレイ&DVDボックスが2017年2月22日に発売されることがわかった。@@cutter 本作は、犯罪者に対して異常なまでに興味を持つ新人刑事・藤堂比奈子(波瑠)が、心に闇を抱えながら凶悪事件に挑んでいく猟奇犯罪ミステリー。第21回日本ホラー小説大賞・読者賞を受賞した内藤了による「ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」を原作に、ドラマオリジナルの要素を追加して構成、2016年7月期ドラマとして放送された。  主人公・比奈子を波瑠が演じるほか、比奈子が所属する警視庁捜査一課の刑事たちを、横山裕、要潤、高橋努、百瀬朔、渡部篤郎らが務める。また、鑑識課を斉藤慎二(ジャングルポケット)、佐藤玲、監察医を原田美枝子、犯罪心理に関するプロファイリングで捜査に協力する心療内科医を林遣都が演じる。  警視庁捜査一課に配属された、新人刑事の藤堂比奈子は、異常なまでに犯罪者に興味を持ち、どんな凄惨な現場にもまったく動じず平然と捜査を行っていた。比奈子は、次々に起こる猟奇殺人事件の犯人を所属する厚田班やプロファイラーの中島保、変人監察医石神妙子と協力し、追い詰めていくが、秘めた自分の心の闇が比奈子に迫ってくるのだった。  今回のブルーレイ&DVDボックスは、放送ではカットされたシーンを復活したディレクターズ・カット版で再編集。メイキング映像集や制作発表記者会見、クランクアップ集、ティザー&PR集などの特典映像も収録される。  『ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子』ディレクターズ・カット版 ブルーレイボックス(価格:2万3500円・税抜)、DVDボックス(価格:1万9000円・税抜)は2017年2月22日発売。DVDレンタル同時リリース。

  • 『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』制作発表会見に登場した波瑠

    波瑠の“異常”な癖に関ジャニ・横山裕が驚き「何言うてんの?」

    エンタメ

     7月よりスタートする新ドラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』(フジテレビ系)の制作発表会見が24日に都内で行われ、波瑠、横山裕、要潤、林遣都、原田美枝子、渡部篤郎らキャスト陣が出席。役柄に絡めて変な癖があるかと質問された主演の波瑠は「飲み物を最後まで飲みきれない」と意外な癖を語った。@@cutter 本作は、作家・内藤了による小説『ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』シリーズ(角川ホラー文庫)を基に、驚異的な記憶力を買われて警視庁刑事部捜査第一課に配属された新人刑事・藤堂比奈子が見せる活躍と、彼女が心に秘める「心の闇」を描く作品。  主人公の比奈子を演じる波瑠は、「ドラマ版は、原作とは一味違った作品になっているかなと思います。原作をお読みになって好きだという方の思いにも応えられるよう、良い意味で裏切られるような作品にしていけたらなと思っています」と意気込みを語った。  劇中で比奈子は、何にでも七味をかけて食べるという設定だが、比奈子と同じように変な癖があるかと質問された波瑠は、「飲み物を最後まで飲みきれないんですよ。コップとか容器の2~3センチくらいを残す変な癖があって。いけないなと思いつつも、そこから先は飲むものではないみたいな」と告白。これにはすかさず横山から「何言うてんの?」と鋭いツッコミが入った。    なんと、要も波瑠と同じように飲み物を残す癖があるそうで、これに対して横山が「今度から、僕が残ったやつを寄せ集めて一本にしますんで、それで解決ですね!」とフォローするも、要は「それをまた残しますけど」と返し、笑いを誘った。  撮影中、七味をかけてみて意外と美味しかったものを訊かれた波瑠は、「塩大福。違和感なく、辛ウマでした」とニッコリ。連続テレビ小説『あさが来た』への出演以降、あまり休みが取れていないことに関して、まとまった休みが取れたら何をしたいか?と問われると、「体を動かしたいですね。時間があれば海に行きたいです」と話した。  ドラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』はカンテレ・フジテレビ系にて7月12日より毎週火曜22時放送。初回のみ21時から2時間スペシャル。

  • ドラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』で横山裕と共演する波瑠

    関ジャニ・横山裕、波瑠主演ドラマで先輩刑事役 アクションシーンに意欲

    エンタメ

     心にひとつの闇を抱えた新人刑事・藤堂比奈子が、個性豊かなメンバーと共に猟奇殺人事件の犯人と対峙していく猟奇犯罪ミステリードラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』(フジテレビ系)。波瑠の民放連続ドラマ初主演となる本作に、関ジャニ∞の横山裕をはじめ、渡部篤郎、林遣都、要潤、原田美枝子らの出演が新たに発表された。@@cutter 横山が演じるのは、比奈子と同じ警視庁捜査第一課に所属する先輩刑事、東海林泰久。かつてはエース刑事として将来を嘱望されていたがある事件をきっかけに人生が一転。殺人犯を異常なまでに憎悪するほどの正義感を持ち、単独捜査や非合法な情報収集も行う刑事として、犯人を追いつめていくという役どころ。  横山の連ドラ出演は2014年の『水球ヤンキース』以来。刑事役はこれまで『CONTROL~犯罪心理捜査~』(11)、『絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~』(11年、最終話ゲスト)で演じてきた。関ジャニ∞としての活躍のみならず、昨年公演の舞台『ブルームーン』での主演をはじめ、来年公開予定の映画『破門』では佐々木蔵之介とのW主演を務めるなど、役者として活動の幅を広げている。  ここ数年はボクシングジムで体を鍛えているという横山は、アクションシーンも予定されている今回の役柄については「色んなアクション作品を見ていて『自分もやりたいな』って思っていたので楽しみです」と意欲十分。共演の波瑠については「すごく堂々としていて、真ん中に立つ人なんやな!と思いました。役柄上は先輩と後輩なんですけど、僕は引っ張っていかずに、逆に引っ張ってもらおうと思っています」と良好な関係で撮影も進んでいるようだ。  また、比奈子と東海林が所属する警視庁捜査第一課・厚田班を取り仕切る泥臭いオッサン刑事役、厚田巌夫役を渡部篤郎、比奈子が捜査中に出会う心療内科医師・中島保役を林遣都、比奈子と東海林の先輩で厚田班の刑事・倉島敬一郎役を要潤、変死体に目がない変人で「死神」の異名を持つ監察医・石上妙子役を原田美枝子が務める。  ドラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』はカンテレ・フジテレビ系にて7月12日より毎週火曜22時放送。初回のみ21時から2時間スペシャル。

  • 遠藤憲一と渡部篤郎がタメ年の“親子”を演じる『お義父さんと呼ばせて』DVD-BOX発売決定!

    遠藤憲一VS渡部篤郎、W主演ドラマ『お義父さんと呼ばせて』DVD‐BOX発売決定

    エンタメ

     遠藤憲一と渡部篤郎がW主演を務めた関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『お義父さんと呼ばせて』のDVD‐BOXが、7月16日に発売決定。本編全9話に加えて特典映像の付いた、豪華5枚組仕様だ。@@cutter 本作は、28 歳差の恋に突き進む“イノシシ女子”が、彼氏と父親のオッサン2人を振り回すファミリー&ラブ・コメディー。自分の人生で縁のなかった“仲の良い一家団らん”に憧れ、年の離れた恋人・花澤美蘭(蓮佛美沙子)と結婚して自分も花澤家の一員になりたいと願う主人公・保(遠藤)。 しかし、娘が自分と同い年の彼氏を連れてきたことをきっかけに、父・紀一郎(渡部)から反対されてしまい…。  遠藤と渡部の熟年コンビが、“結婚したい男”VS“結婚させたくない男”に扮した本作。そんな相容れないオッサン2人がいつしか心を通わせ、壊れた家族を再生していく 過程で繰り広げる軽妙な会話劇は必見だ。果たして保が紀一郎を「お義父さん」と呼べる日は来るのか…  DVD‐BOXに付いてくる特典には、制作発表の模様からメイキング、PRスポット、俳優陣のクランクアップやバースデーシーンなど、とっておきの秘蔵映像が満載。遠藤、渡部、蓮佛はもとより、共演者の新川優愛、中村倫也、山崎育三郎、中村アンら俳優陣の舞台裏の表情がたっぷりと楽しめる。  ドラマ『お義父さんと呼ばせて』DVD‐BOXは7月6日発売。価格は1万9000円(税別)。

  • 上川隆也、渡部篤郎、『連続ドラマW 沈まぬ太陽』完成披露試写会に出席

    上川隆也&渡部篤郎は無臭俳優?「変な臭いがしない」板尾創路が独特な言い回しで絶賛

    エンタメ

     WOWOW開局25周年記念『連続ドラマW 沈まぬ太陽』の完成披露試写会が20日、都内で行われ、主演を務める上川隆也をはじめ、渡部篤郎、夏川結衣 、檀れい、板尾創路、小泉孝太郎、草刈民代、若村麻由美、國村隼ら主要キャストが勢ぞろい。作家・山崎豊子の最高傑作と呼ばれる同名小説の初テレビドラマ化に、それぞれが熱い思いを語った。@@cutter 本作は、『大地の子』『白い巨塔』など社会派作品を発表し続けた作家・山崎豊子の累計700万部を越える大ベストセラーを、連続ドラマW過去最長となる全20話で映像化したヒューマンドラマ。組織に逆らい左遷された恩地元(上川)と、組織に従い出世の道を歩む行天四郎(渡部)の生き様を軸に、大型旅客機墜落事故という悲劇が引き起こした航空会社の劣悪な安全管理や労働環境にメスを入れる。  主人公・恩地を演じる上川は、『大地の子』(95)以来、20年ぶりに山崎作品の主演を務めることになるが、「恩地という男は、どこにでもいる等身大の人物。だからこそ演じる難しさや醍醐味を日々感じています」と真摯にコメント。一方、恩地のライバル・行天を演じる渡部は、「偉大な原作、素晴らしいキャストの中で、果たして私に務まるのかどうか不安」とやや弱気を見せながら、「でも務まらなきゃいけないですよね!」と自身を鼓舞していた。  また、出演者全員が熱く語る中、自分に逆らう恩地を追い詰め、自分に従う行天を利用する労務課長・八馬忠次を演じる板尾は、「上川さんと渡部さんは、皆さんのご想像通り、まったく臭いがしない、無臭の人。変な臭いがしないので、芝居に集中できました」と本気とも冗談ともつかないトーンで飄々とコメント。これを聞いて苦笑いする渡部に対し、上川は、じっと目を閉じながら、頭の中で必死にその意味を模索している様子を見せた。  なお、舞台あいさつ冒頭には、座長である上川から、「このたびの熊本地震で亡くなった方のご冥福を心からお祈り申し上げます。併せて、被災された全ての地域の1日も早い復興をお祈りしております」と神妙な面持ちで語り、深々と一礼していた。  『連続ドラマW 沈まぬ太陽』はWOWOWで5月8日より毎週日曜22時より放送。第1話無料放送。

  • 遠藤憲一、ドラマ『お義父さんと呼ばせて』制作発表にて

    遠藤憲一、“愛してる”のセリフは初めて 若い頃は「ぶっ殺してやるが大体」

    エンタメ

     おじさん2人の“仁義なき戦い”をコメディタッチで描くドラマ『お義父さんと呼ばせて』の制作発表が17日、都内で行われ、出演する遠藤憲一、渡部篤郎、蓮佛美沙子、新川優愛、中村倫也、中村アン、和久井映見が顔を揃えた。本作で連ドラ初主演となった遠藤は「『愛してる』という台詞をマジでいいました。三十数年役者をやってきて初めて。若い頃に言ってた台詞は大体『ぶっ殺してやる』『俺じゃねえよ』だったので」と報道陣を笑わせ、そのキャリアの豊かさをうかがわせた。@@cutter 『お義父さんと呼ばせて』は、51歳・独身の大道寺保(遠藤)が花澤美蘭(蓮佛)と出会い結婚を決意するも、同じ年齢の美蘭の父・紀一郎(渡部)が引き離そうとすることで、生まれるせめぎ合いを描くストーリー。  遠藤は本作で全力で走ったり、公開プロポーズをするなどかなり体を張っている。2話では裸踊りも出てくると話した遠藤は、「前貼りを貼っているんです。女性の衣装さんに『貼るのを手伝ってね』って冗談で笑ってたんだけど、本番になると本当に自分ではできなくて(笑)。手伝ってもらっていると、渡部さんが通りすがって『毛、剃らないの?』と言われたんです。普通、剃ってるって、ね?」と隣の渡部を見やると、渡部は恥ずかしそうに目をそらした。  長い付き合いになる遠藤と渡部。お互いのことについてどう思うかと聞かれ、遠藤は「渡部さんは男の色気があるんでね。俺にはまるでないものなんで、すっごいなってやっぱり思いますよね」と、しみじみ語るも、一方の渡部は「質問何でしたっけ?」とすっとぼけた後、遠藤に向き直り「最近お金貯めてますよね?」と急に話し出した。すると遠藤は「俺、お小遣い制だよ。何でお金の話すんだよ(笑)」と慌てふためき渡部を爆笑させ、その仲の良さを見せていた。  28歳差の恋愛模様を描いた作品なだけに、実際20歳以上の年齢の恋愛はありかと記者から質問が飛んだ。遠藤は「ありだと思いますけど」と即答。しかし、渡部は「ないないない。そういうのを自分の中で決めていないと範囲が広がるでしょう(笑)?このあたりが限度なんじゃないかなって考えるのが普通の大人だと思う」と正反対の考えを提示し、また遠藤を困惑させていた。  『お義父さんと呼ばせて』は関西テレビ・フジテレビ系で1月19日(火)22時よりスタート。初回15分拡大。

  • 『SMAP×SMAP』で香取慎吾との函館デートを敢行した神木隆之介

    香取慎吾、神木隆之介と「お酒を飲めるなんて…」ビール片手に感激

    エンタメ

     11日、バラエティ番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)が放送され、「SMAP×SMAPフィーリングデートSP豪華俳優の本気プランで日本全国へ!」コーナーでペアになった香取慎吾と神木隆之介が函館弾丸デートを実施。二人は神木が7歳のときにドラマで共演しており、香取はビールを飲みながら「まさか隆之介とお酒を飲めるときがくるなんて」と、感慨深そうに乾杯した。@@cutter 「フィーリングデート」は、俳優5人とSMAPの5人でカップルを作るという企画。俳優陣が本気で考えたデートプランを、ガチャガチャでカップルになったSMAPのメンバーと実行するというもので、個性的なデートが展開された。  ロケ当日はクリスマスイブ。神木は「北海道でマグロと夜景とパワースポット巡り」を提案したが、時期的なものもあり、SMAP全員が「え~」「今から?」「行きたくねえ…」と散々叩かれるも、意に介さず「自信があります」と胸を張る。さらには、神木は「気合いを入れてしおりを作ってきました!」と、お手製の“直筆しおり”まで準備。ガチャガチャでペアになった香取はうなだれ気味で、4時間かけてお台場から函館へ移動した。  最初に神木の大好物という寿司を目がけて移動するも、着いた先はなんと回転寿司屋。またまたテンションが下がっていく香取だったが、一口食べて「うまい」と目を輝かせ、あっという間に二人でなんと40皿を完食。スリムな神木だが大食いの香取に引けを取らず豪快な食べっぷりを見せ、マグロの赤身、中トロなど、ビール片手に舌鼓を打つ。  続いて金運・商売繁盛の神様としても有名な函館八幡宮でお祈りをし、ハイスピードで移動して函館山の夜景を見に行った二人。神木が「目をつぶってください。僕が案内します」と手をひき、神木のカウントダウンとともに目を開けた香取は、美しい夜景を前に「おお、すげえ」と漏らし、デートを満喫していた。  番組ではそのほか、中居正広と渡部篤郎による「銀座の寿司屋で、僕が握ったお寿司を食べる」デート、木村拓哉と吉川晃司による「木の魔術師に会いにいく」デートが放送された。

  • ドラマ『お義父さんと呼ばせて』に出演する和久井映見

    和久井映見、渡部篤郎と12年ぶり共演で夫婦役 ドラマ『お義父さんと呼ばせて』出演

    エンタメ

     遠藤憲一と渡部篤郎のW主演で話題を呼んでいる2016年1月スタートのドラマ『お義父さんと呼ばせて』に、渡部演じる花澤紀一郎の妻・静香役として女優の和久井映見が出演することが分かった。@@cutter 本作は中堅専門商社の部長・大道寺保(遠藤)が、一流総合商社の取締役・花澤紀一郎(渡部)の愛娘・美蘭(蓮佛美沙子)との結婚を決意。共に51歳の2人が、「結婚したい男」と「結婚させたくない男」として、大人げなく激しくぶつかり合う姿をコミカルに描く。  和久井が演じる静香は、出世街道をまい進する紀一郎を妻として支え、母親として3人の子どもを育て上げた、まさに良妻賢母。しかし、実は家族の誰にも明かしていない秘密を抱えており、長女・美蘭が保を結婚相手として家族に紹介したことをきっかけに、その秘密が徐々に明らかになっていく。お調子者の紀一郎と、それを優しくたしなめる静香が繰り広げる言葉の掛け合いも見どころだ。  約12年ぶりに渡部と共演するという和久井は「久々で緊張もしておりますが、シリアスな作品はもちろん、今回のようなお話の中でまたご一緒させていただけます事も、とっても嬉しく、ありがたく、頑張らねばと思います」と気を引き締め、「『火曜日のあのドラマ、楽しみなんだよねぇ』と思っていただけるような作品になりますように…そう願いながら皆様と取り組んでまいります。是非お楽しみください」と本作へかける思いを明かした。  関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『お義父さんと呼ばせて』は1月19日より毎週火曜22時放送。初回15分拡大。

  • 『お義父さんと呼ばせて』クランクインを迎えた遠藤憲一&渡部篤郎

    遠藤憲一VS渡部篤郎、コミカルな“オッサン”対決スタート! 初日から必死の土下座…

    エンタメ

     遠藤憲一と渡部篤郎がW主演をする、2016年1月期の連続ドラマ『お義父さんと呼ばせて』の撮影がスタートした。ロケ初日、現場となった千葉県のホテルに遠藤と渡部が揃い踏み、お互いにコミカルな“オッサン”っぷりを発揮した。@@cutter 同作は、遠藤演じる中堅専門商社の部長・大道寺保が、渡部演じる一流総合商社の取締役・花澤紀一郎の愛娘との結婚を決意したことにより、「結婚したい男」と「結婚させたくない男」として、大人げなく激しくぶつかり合う姿をコミカルに描く。  クランクイン当日、2人は同じロケ場所ながら別々のシーンでの撮影となったが、遠藤は渡部の、渡部は遠藤の演技をお互いにモニターで確認し合ったり、撮影の合間にリラックスムードで談笑したりする場面も見られた。シリアスもコメディーも演じ分ける実力派俳優2人が見せる、一生懸命でありながらもコミカルなオッサンの姿に、思わず笑いがこぼれる撮影初日となった。  最初にクランクインを迎えた大道寺役の遠藤は、「土下座の大道寺」の異名の通りに、いきなりの土下座シーンからスタート。熱血営業部長として、部下を従えて必死の形相で額を床に押し当てた。他にも、ホテルの廊下を全力疾走するシーンでは、様々な角度から撮影するためにリハーサルを含めると20回にも及ぶダッシュを苦にもせずに繰り返したという。  「最初はお父さん役かと思っていた」という遠藤は共演する渡部について「厳しい人なので、ちょっとでもNGを出すと怒られちゃう(笑)。今回演じる保はちょうど紀一郎に怒られる役なので、日常でも怒られながらやっていきたいですね」と語り、今後に控える共演を心待ちにしている様子を見せた。    関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『お義父さんと呼ばせて』は、2016年1月火曜日22時より放送スタート。

  • スペシャルドラマ『黒蜥蜴』に剛力彩芽の出演が決定

    剛力彩芽、『黒蜥蜴』で真矢ミキと初共演! 物語の鍵を握る令嬢役に

    エンタメ

     女優の剛力彩芽が、真矢ミキや渡部篤郎、里見浩太朗、竜星涼ら豪華キャストが出演するスペシャルドラマ『黒蜥蜴』で、事件のカギを握る令嬢・岩瀬早苗役として出演することがわかった。@@cutter 本作は、江戸川乱歩の不朽の名作を原作にしたミステリードラマ。世界を股にかける女怪盗の黒蜥蜴と、稀代の天才・明智小五郎の激しい頭脳戦を描く。  財宝から軍事機密まで、ありとあらゆる“美しいもの”を盗み出す謎の女怪盗・黒蜥蜴を真矢が、警視庁副総監の明智小五郎を渡部が演じる。剛力が演じる岩瀬早苗は、黒蜥蜴と明智の間で繰り広げられるバトルにも影響を与える重要な役どころだ。  剛力は、「親に反発しながらも、感謝の気持ちを忘れてはいけないというような微妙な表情の作り方だったり、礼儀はしつけられているだろうなとかいったことを意識しながら演じました」と役作りについて振り返る。  本作が初共演となる真矢については剛力は「クランクイン初日にお会いしたときに『年上ですが後輩です!』とおっしゃってくださって…なんて素敵な方なんだろうって思いました!一緒にアクションシーンをしたところで、『私たち気が会うみたいね』って、さらっとおっしゃっていただいて…それがすごく嬉しくて忘れられないです」とコメントを寄せている。  一方の真矢は、剛力について「本当に透明感のある可愛らしい方で、思っていた通りの方だったので嬉しかったです」と語り、「繊細なお芝居が、早苗という父親に溺愛されて大切に育てられ、でもそこが心の中では複雑に育ってしまったという部分までが本当にぴったり見える方で…なんというナイスキャスティングなんだと感激しました」と絶賛した。  江戸川乱歩生誕120周年没後50年記念ドラマ『黒蜥蜴』は、関西テレビ・フジテレビ系にて12月22日21時放送。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access