尾上菊之助 関連記事

  • 『下町ロケット』主演の阿部寛

    『下町ロケット』尾上菊之助の“闇落ち”で、今夜からの第2章に期待

    エンタメ

     11日放送の第5話で、物語の第1章「ゴースト編」がフィナーレを迎えた阿部寛主演のドラマ『下町ロケット』(TBS系/毎週日曜21時)。物語は第2章へ向けて、一旦の大団円を迎えると思いきや、尾上菊之助演じるキャラクターがラスト5分でまさかの“闇落ち”。多くの視聴者を驚かせる事態となった。@@cutter 第5話。伊丹(尾上)と島津(イモトアヤコ)が共同経営するギアゴーストは、ケーマシナリーとの特許侵害訴訟・第1回口頭弁論の日を迎える。伊丹、島津、そして佃(阿部)らが見守る中、弁護士の神谷修一(恵俊彰)が新たな証拠を提出し、ケーマシナリーの顧問弁護士の中川京一(池畑慎之介)を攻め立てたる…。  佃、神谷、伊丹、島津は見事なチームワークで裁判に勝訴。そのまま第1章は大団円を迎えるかと思いきや、島津の口から佃たちに対して、ギアゴーストが、佃製作所のライバル企業のダイダロスと資本提携を結んだことと、島津自身がギアゴーストを退職したという衝撃の事実が告げられる。伊丹は不遇だった帝国重工時代の因縁からダイダロスの代表取締役・重田(古舘伊知郎)とつながり、共同経営者の島津の断りもなく、資本提携を結んだのだった。  これまで、佃と共闘してきた伊丹は、控えめながらも、端正な顔立ちと落ち着いた雰囲気で、エモーショナルな物語にアクセントを加えてきたキャラクター。そんな伊丹が第5話のラストでは不敵な笑みを浮かべ、帝国重工への復しゅうに着手。過去の因縁によりこれまでのキャラクターから180度ひょう変してしまった。  そんな彼を演じる尾上は、さすが歌舞伎界の大スターだけあって、表情や身体からみなぎる殺気まで、まるで別人のような佇まい。その変身っぷりは、思わずテレビに向かって「音羽屋!(彼の屋号)」と叫びたくなったほどだ。第1章のラストでまさかの“キャラ変”を遂げた尾上が、第2章でどんな大立ち回りを見せてくれるのか、目が離せない!(文:スズキヒロシ)

  • 『下町ロケット』第6話場面写真

    今夜『下町ロケット』新章スタート 日本の農業を救うプロジェクト始動へ

    エンタメ

     俳優の阿部寛が主演を務めるドラマ『下町ロケット』(TBS系/毎週日曜21時)の第6話が今夜放送される。新章「ヤタガラス編」のスタートとなる今回は、佃製作所が帝国重工の財前(吉川晃司)から、日本の農業を深刻な労働力不足から救うための新規事業として無人農業ロボットの開発計画を持ちかけられる場面などが描かれる。@@cutter 本作は、2015年10月期に放送されて人気を博した『下町ロケット』の新シリーズ。主人公で町工場「佃製作所」を経営する佃航平(阿部)と仲間たちが、新たな挑戦に乗り出す様を描いている。  島津(イモトアヤコ)から、ギアゴーストがダイダロスと資本提携をしたと聞いた佃たち。急いで伊丹(尾上菊之助)のもとを訪れるが、的場(神田正輝)への報復に燃える伊丹は、佃製作所からの恩義を忘れ、「あなたたちとでは生き残ることはできない」と非情な宣告をする。それを聞いた佃は激高するが、伊丹は取り合わない。  そんな折、財前が佃を訪ねてくる。財前は新規事業として、無人農業ロボットの開発を目指していると告白。それは、高齢化が進み、深刻な労働力不足にあえいでいる日本の農業を救いたいという思いからだった。財前はそのために、新しく帝国重工が開発する農機具のエンジンとトランスミッションを佃製作所に供給してもらいたいと申し出る。  さらに財前は、ほかの協力者として、北海道農業大学教授で無人農業ロボット研究の第一人者である野木(森崎博之)の名前を挙げる。野木は佃の大学時代の同期で、互いを高めあった親友。そんな野木を新規事業に協力するよう説得してくれと頼まれる佃だったが…。  ドラマ『下町ロケット』第6話は、TBS系にて今夜11月18日21時放送。

  • 『下町ロケット』第4話場面写真

    今夜『下町ロケット』ギアゴーストの開発情報が漏れている疑いが…

    エンタメ

     俳優の阿部寛が主演を務めるドラマ『下町ロケット』(TBS系/毎週日曜21時)の第4話が今夜放送される。今回は、ギアゴーストの開発情報を外部に漏らす内通者の存在が明らかになるほか、殿村(立川談春)が重大な決心をする。@@cutter 本作は、2015年の10月期に放送された『下町ロケット』の新シリーズ。主人公・佃航平(阿部)が経営する町工場「佃製作所」が、新たな挑戦に乗り出す様を描いている。  佃と経理部長・殿村の機転で、帝国重工による信用調査をなんとかクリアした佃製作所。ギアゴースト買収へと本格的に動きはじめた矢先、神谷弁護士(恵俊彰)から、「ギアゴーストの開発情報が外部に漏れている可能性がある」と告げられる。  佃製作所の社員たちは、特許侵害訴訟の勝訴に向けて、ギアゴーストに協力して解決の糸口を探すものの苦戦。そんな中、伊丹(尾上菊之助)と島津(イモトアヤコ)は思わぬ形で内通者の存在を知ることになり、驚きを隠せないのだった。一方、仕事の傍ら実家の農作業を手伝っていた殿村は、ある重大な決心をする。  日曜劇場『下町ロケット』第4話は、TBS系にて今夜11月4日21時放送。

  • 『下町ロケット』完成披露特別試写会&舞台挨拶にて

    阿部寛、竹内涼真のブレイク理由はヤスケン!? 秘話を暴露

    エンタメ

     俳優の阿部寛が7日、都内で開催された日曜劇場『下町ロケット』完成披露特別試写会&舞台挨拶に共演の竹内涼真、安田顕らと出席した。3年ぶりの復活となった本作に手ごたえを感じたという阿部は、安田と竹内の意外な秘話を明かした。@@cutter 本作は、2015年の10月期に放送された『下町ロケット』の新シリーズ。主人公・佃航平(阿部)が経営する町工場「佃製作所」が、主力商品となっているロケットエンジン用バルブシステムの納入先である帝国重工の業績悪化や、主要取引先からの非情な通告などのピンチに陥る中、新たな挑戦に乗り出す様を描く。  主演の阿部は3年ぶりの復活について「(撮影)初日から皆さん3年前と同じように、全然迷いもなくできるのはすごく幸せなことだと思いますし、僕が出ていないシーンも拝見させていただいたんですけども、台本以上のものになっていて、パワーというか、より人が生きていく難しさとか強さが滲み出ていたので、今日見て、本当にほっとしているんです」と安堵の様子。  一方、佃の部下である若手技術者・立花洋介を演じる竹内は「3年前より阿部さんと多分会話が増えている」とはにかみ、佃の部下で技術開発部部長・山崎光彦に扮する安田については「(最初に会った時は)何を考えているか分からなかったんですけど、最近少しずつ分かってきて。すごく距離も縮まってきています」とコメント。  阿部は竹内のブレイクについて「目の奥に光るものが違ったんですね。当時から」としつつ、「先見の明があるのは、やっぱり安田君で。当時から彼の股間を揉んでたんですよ。彼が股間を揉む若手は必ず売れる」と暴露。これを受けた安田は「3年前より随分面白いことを仰る(笑)」と言いながら「これから自分が伸びたいな、行きたい!っていう方は、私のとこにいらして。股間を触りますので」と語って会場を沸かせていた。  この日のイベントには尾上菊之助、真矢ミキ、古舘伊知郎、立川談春も出席した。  日曜劇場『下町ロケット』は、TBS系にて10月14日より毎週日曜21時放送(初回25分拡大スペシャル)。

  • 日曜劇場『下町ロケット』に出演する神田正輝

    神田正輝&尾上菊之助、『下町ロケット』出演 新シリーズの鍵を握る

    エンタメ

     俳優の神田正輝が、10月からスタートするドラマ『下町ロケット』(TBS系/毎週日曜21時)に出演することが発表された。神田は、主人公・佃航平(阿部寛)が経営する佃製作所の取引先、帝国重工の次期社長候補・的場俊一を演じる。@@cutter 本作は、池井戸潤の同名小説を原作とし、2015年10月にテレビドラマ化したシリーズの最新作。今回は、今年7月に発売された小説『下町ロケット ゴースト』をベースにした物語が展開され、元宇宙科学開発機構の研究員だった佃が、亡き父の残した佃製作所を引き継ぎ、社員たちと奮闘する姿を描く。  神田演じる的場は、帝国重工社長・藤間(杉良太郎)と宇宙航空開発部部長・財前(吉川晃司)が、帝国重工を宇宙航空分野で世界のリーディング・カンパニーにすることを目標に立ち進めてきた、純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」に対して懐疑的なスタンスを取るキャラクター。ロケット開発計画に反対する“反藤間派”として不穏な動きを見せる。次期社長候補の筆頭で、藤間と財前を追い込んでいく役どころだ。  TBSの連続ドラマには15年ぶりの出演となる神田は、「3年前に大きな話題となった『下町ロケット』に新たに参加できること、また、このような重厚な共演者の皆様方とご一緒させて頂くこと、大変うれしく思います」と喜びを見せ、「佃製作所や帝国重工に関わる全ての人物が、信念を持って仕事に取り組んでいます。そんなそれぞれの思いのぶつかり合いによってできる壮大なドラマを視聴者の皆様にお届けし、明日への活力にしてもらえるよう、日々撮影に臨んでおります」とアピールしている。  また、新シリーズの鍵を握るベンチャー企業の社長・伊丹大役で、歌舞伎俳優の尾上菊之助の出演も決定。さらに坪倉由幸(我が家)、馬場徹、六角精児、内場勝則、山本學、中村梅雀の新シリーズ出演も明らかになった。  日曜劇場『下町ロケット』は、TBS系にて10月より毎週日曜21時放送。

  • 月照(尾上菊之助)と入水した西郷吉之助(鈴木亮平)

    『西郷どん』、鈴木亮平&尾上菊之助が抱き合い海へ「綺麗すぎ」と反響

    エンタメ

     NHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合/毎週日曜20時)の第17話「西郷入水」が6日に放送され、鈴木亮平演じる吉之助が、尾上菊之助演じる月照と共に抱き合いながら、海の中に身投げする幻想的なラストショットが話題となった。@@cutter 意のままに権勢を振るう井伊直弼(佐野史郎)の追っ手から逃れ、親友の僧侶・月照とともに薩摩に身を隠す吉之助。だが、薩摩藩では、斉彬(渡辺謙)の父・斉興(鹿賀丈史)が再び実権を掌握し、国防に予算を掛ける斉彬の方針を全否定していた。斉彬の異母弟・久光(青木祟高)に対しても「お前に斉彬の代わりが務まるち思っちょっとか!」と激高し、久光は無念のまま従うことに。  一方、大久保正助(瑛太)は、月照とともに追放処分となった吉之助を救うため、斉興に直訴。吉之助に「おはんが死んだら、薩摩も日本国も死んでしまうど」と訴え、驚くべき“救命策”を伝えたのだった。  そしてラストシーン。月照が、「ありがとう。これで長い旅路も安心できます」と吉之助を見つめ、抱き合うと、そのまま一緒に身投げ。かすかに光が差し込む青い海に、2人だけがゆっくり漂い、落ちていく幻想的なラストショットに、SNSでは「あまりにも綺麗過ぎる」「見入ってしまった 」と感動の声すらあがり、悲壮なシーンながらBL(ボーイズラブ)風味の展開で盛り上がった。  また久光が、父・斉興とその側室である実母・由羅(小柳ルミ子)と久々に対面した際、由羅が発した「お久しぶりね」というセリフにネット上はザワザワ。これが小柳が1983年にリリースしたヒットした曲のタイトルだと知る人々から「狙ってるよねこれ絶対」「脚本?アドリブ?」「遊んでるなあ」などの反響が続出した。「お由羅さまが今さらジローというまで監視する」と、彼女の別のヒット曲にちなんだセリフを待ち望む視聴者まで見られた。

  • 『西郷どん』第17回「西郷入水」

    『西郷どん』第17話、幕府の追っ手から逃れ薩摩に身を隠す吉之助 だが追放処分が

    エンタメ

     NHK大河ドラマ『西郷どん』、今週第17話「西郷入水」が放送される。井伊直弼(佐野史郎) の主導による「安政の大獄」で幕府から追われる身となった吉之助(鈴木亮平)と月照(尾上菊之助)。追っ手から逃れ、薩摩に入り身を隠したが…。@@cutter 薩摩では斉彬(渡辺謙)亡き後、斉彬の父・斉興(鹿賀丈史)が再び権力を握っていた。斉興は、吉之助と月照に対し、幕府に刃向かうなど言語道断として、日向に追放する処分を下す。それは、実質的に処刑を意味していた。 そんな時、大久保正助(瑛太)は吉之助の命を救うために斉興に直訴し、ある取引を申し入れる…。  主演の鈴木は第17話について、「死の影を必死に振りほどき、月照さんの命を背負って、とにかく薩摩へ。そんな吉之助に待ち受けるのは一体、何なのか⁉︎」と紹介している。  先週放送の第16話「斉彬の遺言」では、斉彬が病で世を去ったことを京で知った吉之助が悲しみを押し殺し、月照とともに斉彬の志を引き継ごうと奮闘。水戸藩に兵を出してもらうべく働きかけ、勅書を携え吉之助は江戸へ走るものの水戸藩から門前払いに。そこで慶喜(松田翔太)に「立ってくれ」と頼むも固辞され、そのあと慶喜は3年にわたり謹慎となる。  その動きを知った井伊直弼は、幕府に刃向かう者たちを一気に粛清しようと、吉之助や月照、橋本左内(風間俊介)に追っ手を放つ。月照は勅書の責を一身に背負おうとしたが、吉之助は月照を薩摩に連れて逃げる。佐内が捕まり、吉之助たちにも幕府の追っ手が迫る。吉之助はここまでかと自害を試みようとするが、殿を思い出し「生きて、殿の思いを果たそうと思います」と誓う、という内容だった。  NHK大河ドラマ『西郷どん』第17話「西郷入水」はNHK BSプレミアムにて5月6日18時、総合テレビにて20時放送。

  • 幽霊になって登場した斉彬を演じる渡辺謙

    『西郷どん』渡辺謙の“幽霊出演” にネット驚き「ゴースト斉彬…」

    エンタメ

     NHK大河ドラマ『西郷どん』第16話が29日に放送され、先週突然の死を遂げたはずの島津斉彬(渡辺謙)が幽霊として再び現れたことにネット上は騒然となった。@@cutter 薩摩藩の挙兵に備えて京で奔走する吉之助(鈴木亮平)。そんな彼のもとに斉彬の死を告げる書状が届く。師の悲報に吉之助は、雨の中、一人号泣する。  失意の中、吉之助は水戸藩の力を借りるべく徳川斉昭(伊武雅刀)に働きかける。だが、その動きを先に察知した大老・井伊直弼(佐野史郎)によって、斉昭はすでに謹慎に追い込まれていた。さらに一橋慶喜(松田翔太)からも拒絶されてしまう吉之助。打つ手のなくなった彼は自死しようとするが、僧侶・月照(尾上菊之助)からいさめられ、思いとどまる。  折しも世は「安政の大獄」。幕府に歯向かう者が次々と粛清される中、月照もその中に入っていた。吉之助は、その影響が及ばないであろう薩摩に月照を連れていく。  だが月照との逃避行のさなか、自分まで追われている身であることを知り絶望した吉之助は、斉彬から譲り受けた短刀で自害を図ろうとする。その時、背後から聞き覚えのある声が。それは斉彬。黒マントを羽織った彼は、吉之助に「何を学んできたのだ」と叱責。吉之助は幻覚を前に、再び彼の遺志を継いで生きる決意をする。  先週「斉彬ロス」の悲しみに暮れた視聴者は、彼のまさかの再登場に「ゴースト斉彬…」「斉彬さまの亡霊キター!」とびっくり。さらに「たびたび、現れて欲しい!」「これからもちょくちょく出てきそうだね」と、幽霊出演を引き続き希望する意見も多かった。  薩摩藩の定宿「鍵屋」の女中・お虎を演じるのはハリセンボン・近藤春菜。「不気味なくらい違和感がない」「めっちゃかわいい」など好意的な意見が占めた。  来週のサブタイトルは「西郷入水」。月照の最期が描かれる回になると予感したネツトユーザーからは、「斉彬さまに続いて、来週がツラすぎる…」「あーーーー月照さまぁ」と名残惜しむ声が寄せられていた。

  • 『西郷どん』第16回「斉彬の遺言」

    『西郷どん』第16話、殿の志を継ぐ吉之助 だが安政の大獄が始まり…

    エンタメ

     NHK大河ドラマ『西郷どん』、今週第16話「斉彬の遺言」が放送される。斉彬(渡辺謙)が病で世を去ったことを京で知った吉之助(鈴木亮平)。悲しみを押し殺し、月照(尾上菊之助)とともに、なんとか斉彬の志を引き継ごうとするが…。@@cutter 吉之助は近衛家を通じ朝廷に働きかけ水戸藩を動かそうとする。だが、その動きを知った井伊直弼(佐野史郎)は、幕府に刃向かう者たちを一気に粛清しようと、吉之助や月照、そして橋本左内(風間俊介)に追っ手を放つ。世に言う安政の大獄の始まりである…。  鈴木は、16話の吉之助について「一生懸命、殿がこの世にいないという事実や悲しみから目を背けて、ただぐっと耐えて走っている。『殿ならどうするのか?』『次は何をしなければいけないのか?』…実力は足りていないけれど、殿の覚悟を一身に背負っています」と説明する。  だが「そういう状態でうまくはいかないですよね。その思いがはじけた時に、吉之助は何を受け入れるのか? どうか、見守っていてください」とアピールしている。  先週放送の第15話「殿の死」では、京で慶喜将軍擁立のため奔走する吉之助だったが、将軍・家定(又吉直樹)が突然病に倒れ、それに乗じ井伊直弼が大老職に就き、次期将軍は紀州の慶福と決まる。吉之助は急ぎ薩摩に戻り斉彬に報告するが、斉彬は万策尽きたことを告げ吉之助を役目から解く。だが吉之助の勧めにより、斉彬は薩摩軍を率いて京を目指す上洛計画を始動。斉彬は吉之助に「今からお前はわしになれ!」と発破をかける。そして先行した吉之助を追っていよいよ上洛しようとした矢先、斉彬は志半ばで病のため急死する、という内容だった。  NHK大河ドラマ『西郷どん』第16話「斉彬の遺言」はNHK BSプレミアムにて4月29日18時、総合テレビにて20時放送。

  • 大久保正助を演じる瑛太

    『西郷どん』鈴木亮平と瑛太のアツい友情が話題 改名した美村も初登場

    エンタメ

     8日に放送されたNHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合/毎週日曜20時)第13話。吉之助(鈴木亮平)が正助(瑛太)に発した終盤のセリフに、SNS上では「友情、最高」「グッとくる」と感動の嵐が巻き起こった。ミムラから改名した美村里江、18年ぶり2度目の大河となる尾上菊之助の登場も話題となっている。@@cutter 吉之助が3年半ぶりに帰郷した。家族や正助は再会に喜び、吉之助を質問攻め。だが、斉彬(渡辺謙)の密命を担う彼は「軽々しく口にできない」と激高し、正助はそんな彼に距離を感じるのだった。  そんな折、正助が満寿(美村)という妻をめとることに。その祝言の日、吉之助は斉彬から呼び出され、老中・阿部正弘(藤木直人)が急死したと告げられる。江戸に戻ることになった吉之助は、正助も帯同できるよう斉彬に直訴。許可を得たと正助に告げると、正助は「誰がそんなこと頼んだ!?」とケンカになり、2人の溝はさらに広がってしまう。  だが吉之助の出発の日、満寿は正助の心を読み取ったかのように旅支度を整え、「吉之助さーも、正助さまのことを待っちょりもす」と背中を押した。正助が山道を駆け上がる中、先に行ったはずの吉之助が反対側から降りて来て、忘れ物をしてしまったと言う。何を忘れてきたのか聞くと、「おはんじゃ。大久保正助を忘れて来た」。  放送終了後、吉之助が言ったそのセリフにSNSが感動。「素晴らしい友情じゃあ」「忘れ物の下りBL漫画かと思った」「こんな友達ほしかったな」という意見や、「これが訣別になってしまうのけ」と、今後の悲運を悲しむ声も。    満寿を演じる美村は、3月27日付けで改名を発表して以来初のドラマ出演。これを「再デビュー」と表現する声や、その献身的な妻ぶりに「素敵」「こんな嫁ほしい」という声が寄せられた。    また、吉之助の人生に深く関わる僧侶・月照(尾上)も初登場。尾上は2000年の『葵 徳川三代』豊臣秀頼役以来の大河ドラマ出演。「どこか影がある感じ」「これからの展開が楽しみ」といった意見が見られた。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access