倍賞美津子 関連記事

  • 映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』ポスタービジュアル

    安田顕『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』本予告解禁

    映 画

     俳優の安田顕が主演を務める映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』から本予告映像が到着。公開された映像には安田演じる主人公の漫画家とガンを患った母親の愛おしい日々が描かれている。@@cutter 本作は、WEBマガジン『くらげバンチ』で連載された宮川サトシの同名エッセイ漫画を原作にしたヒューマンドラマ。母のために全力で看病する主人公・サトシを安田が演じるほか、息子思いでパワフルなサトシの母・明子役に倍賞美津子、サトシを支える恋人・真里役には松下奈緒をキャスティング。さらにサトシの兄・祐一役を村上淳が演じ、石橋蓮司がサトシの父・利明に扮する。  公開された予告編は、お調子者の息子・サトシとパワフルな母・明子のコミカルで微笑ましい日常のやりとりからスタート。別れる日が来るなんて予想だにしていなかったある日、突如訪れる母へのガン宣告だったが、サトシは「がーん」と独り言のようにつぶやき現実感がない様子。さらに予告編には幼少期のサトシが明子と共に田舎道を歩くノスタルジックな映像や、恋人の真里から「今度は愛する番だよ」と叱咤されたサトシが「医者が何と言おうとさ、俺がいるから大丈夫だよ!」と母を励ますシーンなどが確認できる。  また予告編では、BEGINが本作のために書き下ろした主題歌「君の歌はワルツ」の一部を聞くことができる。  さらに予告編と併せてポスタービジュアルも解禁。ポスターには宮川一家それぞれのポートレート写真と、映画のタイトルへのアンサーとして「それくらい、愛してる」という、息子サトシの感情を代弁したキャッチコピーが配されており、感動的な本作の雰囲気を伝えるデザインに仕上がっている。  映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』は2019年2月22日より全国順次公開。

  • 映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』出演者。上段左から倍賞美津子、安田顕、松下奈緒、下段左から村上淳、石橋蓮司

    安田顕、映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』で主演

    映 画

     俳優の安田顕が、大森立嗣監督がメガホンを取る2019年2月公開の映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』で主演を務めることが発表された。安田は「ゆるやかな人間賛歌の映画を生みだされた大森立嗣監督に、心より感謝申し上げます」と語っている。@@cutter 本作は、WEBマガジン『くらげバンチ』で連載された宮川サトシの同名エッセイ漫画を原作にしたヒューマンドラマ。母のために全力で看病する主人公・サトシを安田が演じるほか、息子思いでパワフルなサトシの母・明子役に倍賞美津子、サトシを支える恋人・真里役には松下奈緒をキャスティング。さらにサトシの兄・祐一役を村上淳が演じ、石橋蓮司がサトシの父・利明に扮する。  サトシは突然癌を告知された最愛の母のために、お百度参りをしたり、修行僧のような滝行をしたり、国産野菜のジュースを作ったりと、恋人に支えられながらがむしゃらな日々を送っていた。そんな母と涙の別れから1年後。生きる気力をなくしていた父と兄も新たな人生へのスタートをきったころ、サトシの元に突然、母から“スペシャルな贈り物”が届く…。  安田は「原作を拝読し、淡々としながらも、その独自の目線にユーモアも感じつつ、嘘のない想いに涙しました」と語り、松下は「初めて映画のタイトルを聞いた時とても衝撃的でした。大切な人がいなくなった時、人は何を思い、何を考えるのだろうか。いなくなってしまった事が悲しい、寂しい…けれども、それだけじゃない。そんな思いを優しく包み込んでくれるような温かい作品です」とコメント。倍賞は「監督を中心に皆が必死になっている姿を見て私自身作品作りの楽しさを思い出させていただきました」と撮影を振り返っている。  映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』は2019年2月より全国公開。

  • 日曜劇場『下町ロケット』追加キャスト

    『下町ロケット』新シリーズ、土屋太鳳&竹内涼真らの続投決定

    エンタメ

     俳優の阿部寛が主演を務め、10月より放送されるドラマ『下町ロケット』(TBS系/毎週日曜21時)の追加キャストが発表され、前作に出演した土屋太鳳、竹内涼真らの続投が明らかになった。@@cutter 本作は、2015年に放送され人気を博したドラマの新シリーズ。主人公の佃航平(阿部)が社長を務める町工場「佃製作所」が、主力商品となっているロケットエンジン用バルブシステムの納入先である帝国重工の業績悪化、主要取引先からの非情な通告など、次々と絶体絶命のピンチに陥る中、新たな挑戦を始める姿を描く。主演の阿部に加え、立川談春、安田顕らが前作に続き出演することが伝えられていたが、今回、新たな続投キャストの顔ぶれが発表された。  佃の娘で両親に憧れ現在は帝国重工でロケット開発をしている利菜を、現在放送中の金曜ドラマ『チア☆ダン』(TBS系)で主演を務める土屋太鳳、佃製作所技術開発部の若手エースとして活躍する立花洋介を、TBSドラマ『陸王』『ブラックペアン』に出演した竹内涼真が務める。さらに、佃製作所で数少ない女性エンジニアとして活躍する加納アキを朝倉あき、佃の元妻でかつて佃が在籍していた宇宙科学開発機構の研究員・和泉沙耶を真矢ミキ、帝国重工の宇宙航空部本部長・水原重治を木下ほうかが引き続き演じる。  そのほか、佃製作所の命運を一身に背負って闘う敏腕弁護士・神谷修一役の恵俊彰、ライバル企業のイヤミな顧問弁護士・中川京一役の池畑慎之介も続投が決定。経営者だった夫を長年支え続け、今は息子の佃と孫娘・利菜の3人で暮らしている佃和枝役の倍賞美津子も引き続き出演し、新シリーズを盛り上げる。  土屋は、「あたたかな佃家で育ち、反抗し、悩み、決断した利菜が、今回はどこで何を思い、何に挑戦していくのか、ワクワクさせていただく機会にもう一度出会えていることが本当にうれしく、光栄です」とコメント。竹内は「3年ぶりにまたこのチームに呼んでいただけたことを大変うれしく、そして誇りに思います。3年前の撮影現場は日々緊張の連続でした。ですが、今回は堂々とカメラの前に立ち、役柄同様成長した姿をお見せしたいと思っています」と意気込みを見せている。  また、今作で大きな鍵を握る、殿村の実家である米農家の撮影は、新潟県燕市で大規模ロケを行うことが決定している。  日曜劇場『下町ロケット』は、TBS系にて10月より毎週日曜21時放送。

  • 竹内涼真演じる研修医、世良の成長した姿も描かれる『ブラックペアン』第6話

    二宮和也演じる渡海と母の親子愛に感動の声 『ブラックペアン』第6話

    エンタメ

     嵐の二宮和也が主演するドラマ『ブラックペアン』(TBS系/毎週日曜21時)の第6話が27日に放送され、渡海(二宮)の母・春江(倍賞美津子)の緊急手術で揺れる東城大が描かれた。渡海と母のエピソードに、視聴者からは「渡海先生のお母様優し過ぎかよ 親子愛やばかった」「感動した!」と大きな反響が集まった。@@cutter ある日、東城大に渡海の母・春江が搬送されてくる。渡海は別の手術に執刀していたため、黒崎(橋本さとし)が緊急手術を行い危機を脱するが、術後の検査で腫瘍がまだ残っていたことが発覚する。それを知った渡海は、医療過誤だと責め立て、佐伯教授(内野聖陽)が再度執刀するという申し出を断る。  一方、スナイプ、そして最先端の手術支援ロボット、ダーウィンと、さまざまな医療器機を使った論文で、激しい攻防を繰り広げてきた佐伯教授と帝華大の西崎教授(市川猿之助)。日本外科学会理事長選の行方は、“国産ダーウィン”カエサルの治験とその論文へと戦いの場を移した。西崎教授からカエサルの治験を急ぐよう急かされている高階(小泉孝太郎)は、治験第1号となる患者として春江に目をつける。  親族の執刀はできないという大学のルールのため、渡海は春江の執刀を他の外科医に任さなければならない。しかし、相談もなくカエサルの治験になることを決めた春江にいら立ちを隠せない。そんな渡海に春江が思っていたことが、劇中の後半で明らかになると、視聴者からは「渡海先生とお母さんの感じよかったな。反抗期の息子みたいな目してた。んで誰よりも一枚上手なお母さん」「渡海先生のお母さんが素晴らしかったです。何だかんだ、渡海先生のことを気にかけていると分かって良かったです」と、二人の関係に感動する声が続出した。  また、第1話や第2話では術後の縫合に苦戦し、自己嫌悪に陥っていた世良(竹内涼真)が、渡海の指示で研修医ながら見事な縫合を見せるシーンが描かれた。視聴者からは「世良先生が成長してる!!渡海先生に鍛えられたね。すごくいい目をしていて頼もしいなぁ」「世良先生の成長がすごくて、渡海先生も信頼し始めたよね」というコメントも多数寄せられた。

  • 『ブラックペアン』に出演する二宮和也、竹内涼真、葵わかな、倍賞美津子、小泉孝太郎、内野聖陽

    竹内涼真&葵わかな、二宮和也主演ドラマ『ブラックペアン』で新人医師&看護師に

    エンタメ

     竹内涼真と葵わかなが、4月にスタートする二宮和也の主演ドラマ『ブラックペアン』(TBS系/毎週日曜21時)で、それぞれ新人医師と手術室看護師に扮することが発表された。研修医一年目の世良雅志に扮する竹内は「まだ青いけど一所懸命で真っ直ぐな世良と同様に僕も精一杯頑張りたいと思います」と意気込みを明かしている。@@cutter 海堂尊の小説『新装版 ブラックペアン1988』(講談社文庫)を基にする本作は、手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医で、その傲慢な性格と言動から“オペ室の悪魔”と呼ばれる渡海征司郎(二宮)が、嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に立ち向かい、新技術導入を巡るさまざまな不正や隠された過去を暴く姿を描く、痛快な医療エンターテインメントドラマ。劇中では「ブラックペアン」と呼ばれる真っ黒なペアン(止血用鉗子)に隠された真実をめぐる駆け引きと、渡海自身が抱える因縁も明らかになっていく。  竹内が演じるのは、東城大学医学部付属病院の研修医一年目の世良雅志。世良は常識外れな渡海の言動に翻弄され、反発する一方で、自分の非力さを痛感し、医師として成長していくという役どころだ。葵は手術での器械出しを担当しはじめたばかりの新人で、渡海の手術での手技に圧倒されながらも、とっつきにくい渡海を徐々に理解していく手術室看護師・花房美和に扮する。  また、原作には描かれないオリジナルキャラクターとして、渡海の母・渡海春江を倍賞美津子が演じる。さらに、渡海と対立する新任エリート講師・高階権太役で小泉孝太郎が、日本屈指の腕を持つ心臓外科医・佐伯清剛教授役で内野聖陽がキャストに名を連ねる。   竹内は「医療ドラマに出演したい!と心の中で密かに思っていたのでその願いが叶いとても嬉しく思います」と喜びのコメント。そして「僕が演じる世良雅志は研修医です。そのため右も左もわからないところから始まります。まだ青いけど一所懸命で真っ直ぐな世良と同様に僕も精一杯頑張りたいと思います」と心境を語る。一方、NHK連続テレビ小説『わろてんか』にも出演中の葵は「今の自分からは分からないことも多いですが、オペナースを志した花房美和というキャラクターと一緒に、知識も心も成長しながら、彼女にしかない熱を乗せて行けるよう頑張りたいです」と思いを明かしている。  日曜劇場『ブラックペアン』は、TBS系にて4月より毎週日曜21時放送。

  • 映画『あやしい彼女』完成披露試写会に登壇した多部未華子

    多部未華子の歌声に共演陣が驚愕 「天性の歌声」「役を忘れてしまった」絶賛の嵐

    映 画

     映画『あやしい彼女』の完成披露試写会が2月22日、都内で行われ、出演する多部未華子、倍賞美津子、要潤、北村匠海、志賀廣太郎、小林聡美が登壇した。多部は役について語ろうと話し出した瞬間、あまりの声の小ささに隣に立っていた倍賞と要に「声が小さいよ(笑)」と揃って注意され、場内は笑いに包まれた。@@cutter 『あやしい彼女』は毒舌のおばあちゃんが20歳の姿に若返り巻き起こす騒動を描いた韓国の大ヒット映画『怪しい彼女』のリメイク作品。髪型や洋服、名前を変え失われた青春を取り返そうと、歌手になるという夢を叶え、そして淡い恋も経験する。  劇中、往年の名曲からオリジナル曲まで、見事に歌い上げて美声を披露した多部。その歌声について、要は「こういうのを天性の歌声だなって思わず膝から崩れ落ちそうになった」、志賀は「最初に歌声を聞いたとき、役を忘れて自分に戻って『なんていいんだろう』と思った」、北村も「ここまでストレートにくる歌を久々に聞きました」と、男性陣から絶賛の嵐。恐縮して「やめてください」と必死に抵抗していた多部は、耳のほうまで紅く染めあげていた。  壇上では2択のアンケートも行われ、付き合うなら頼れる年上の異性か、守ってあげたくなる年下の異性かと問われると、全員「頼れる年上の異性」と怪盗。多部も「男の人は頼れる、守れるが一番必要だと思います。要さん演じる小林はとても素敵な役で。要さんとは2回目の共演ですけど、こんなにイケメンだったっけってくらい、ものすごくイケメンに映ってビックリするくらい素敵な役でした」と、あくまでも“役”に関して終始褒めており、要も「役の話ですね…」と苦笑いしていた。  映画『あやしい彼女』は4月1日より全国ロードショー。

  • 多部未華子と倍賞美津子、映画『あやしい彼女』で同一人物を演じる

    多部未華子、73歳の毒舌おばあちゃんに! 韓国大ヒットコメディ、日本で映画化

    映 画

     韓国で865万人、中国で1160万人を動員したコメディ作品が、多部未華子主演で『あやしい彼女』として映画化されることが決定。73歳の毒舌おばあちゃんが、ある日突然20歳に若返る…という奇想天外なストーリーで、多部が20歳の役で、ベテラン女優・倍賞美津子が73歳の役を演じる。@@cutter オリジナル版となる韓国映画『怪しい彼女』は『サニー 永遠の仲間たち』『王になった男』のシム・ウンギョンが、「70歳の女の子」という難役を演じて、大ヒット。さらに中国でリメイクした『20歳よ、もう一度』は、中国のBoxOfficeで1位記録して、アジアで大ブームを巻き起こした。  日本版の主人公はトラブルばかり引き起こす頑固でおせっかいな73歳のおばあちゃん・カツ。ある日、とある写真館に吸い寄せられ、店主が「このカメラで、お姫様にしてあげますよ」という言葉と共にシャッターを切ると、そこには20歳に戻ったカツの姿が…。麗しい容姿を取り戻したカツは、名前や髪型を変え、歌手になる夢を叶えるため初めて思い通りの人生を歩み始める。   多部は“見た目20歳、中味は毒舌キャラの73歳”という強烈なキャラクターに扮して、本編中では60年代の数々のヒットナンバーを歌い上げ、新たな一面を披露する。そして73歳のカツ役として、倍賞が1本筋の通った痛快な啖呵が次々と切り、そのインパクトで観客を引き込む。メガホンをとるのは、『謝罪の王様』『舞妓Haaaan!!!』などで日本コメディ映画界のトップランナーとして走り続ける水田伸生監督。  “あやしい”彼女を演じるは多部は「おばあちゃん、バンド、ボーカル…初めてのことがたくさんありますが、コメディなのでとにかく楽しく、愉快に、面白く演じられればいいなと思います」と意気込みを見せており、多部と同じ役を演じる倍賞も「演技の中でふとした時のしぐさや動きの癖を合わせるだけでなく、私たちが演じる主人公の気持ちやバックグラウンドを共有できれば、同一人物だということが伝わると思います」と役作りへの思いを明かしている。  映画『あやしい彼女』は2016年4月1日公開。

  • 『すべては君に逢えたから』ジャパンプレミアに出席した玉木宏

    玉木宏の色気に高梨臨もうっとり!「玉木さんは絵に描いたような王子様」

    映 画

     映画『すべては君に逢えたから』のジャパンプレミアが13日、東京ドームシティホールで行われ、玉木宏、高梨臨、木村文乃、東出昌大、時任三郎、大塚寧々、山崎竜太郎、小林稔侍、倍賞千恵子、本木克英監督、そしてスペシャルゲストとして劇中歌を歌うJUJUが登壇した。@@cutter 1日に100万人以上が利用するメガステーション、東京駅を舞台に、6つの“愛”の物語が交錯して描かれる本作。出演は玉木宏のほか、木村文乃、東出昌大、高梨臨、本田翼などのフレッシュな顔ぶれから、市川実和子、時任三郎、大塚寧々、小林稔侍、倍賞千恵子などのベテランまでが勢揃いし、どの世代のカップルが観ても楽しめるクリスマスラブストーリーとなっている。  ウェブデザイン会社の社長である黒山和樹役の玉木は、運命的な出会いから始まるラブストーリーを演じたが「僕も運命を信じたいですね。運命というのは必然的な出会い。いつかそういう出会いがあることを僕は信じたいと思います」と“運命の恋”について語り、「僕もこの黒山和樹のように思いを伝えるために行動に出る方ですね。チャンスは逃したくないので、攻めます! (笑)」と自身の恋愛観を披露。その玉木演じる黒山と運命の出会いを果たす佐々木玲子役の高梨は「普段の玉木さんは完璧。白ワインを持つシーンも『なんじゃこりゃ! 』ってくらい画になるんです。玉木さんは絵に描いたような王子様です! 」と玉木の色気にうっとりした様子で撮影を振り返った。    東出演じる津村拓実と遠距離恋愛中の山口雪奈を演じた木村は「出来上がった映画を観て、私が実際に遠距離恋愛をしたらこんな風になるのかなって恥ずかしくなりました」と照れ笑いを浮かべると、東出は「僕自身は遠距離恋愛はしたくないですね。本当に大好きなら会いたいので多分無理です(笑)。でも、遠距離恋愛をしている人には『ああ、こんなことあるな』って思ってもらえると思います」と話し、最後には「この映画を観て、家に帰ったら、大事な人に自分の思いを伝えてほしい」と来場者に呼びかけ、玉木も「観終わったあとに、きっと大切な人に会いたくなる映画。ゆっくりと観てほしい」とメッセージを送った。  映画『すべては君に逢えたから』は11月22日より全国公開。

  • 「莫逆家族 バクギャクファミーリア」完成披露祭

    共演者の絆は主役のダッチワイフ話!?徳井義実のシモネタで「莫逆家族」キャストが一致団結

    映 画

      熊切和嘉監督の最新作「莫逆家族 バクギャクファミーリア」の完成披露祭が開催され、出演者の徳井義実、林遣都、中村達也、新井浩文、井浦新、村上純、倍賞美津子、ちすんと熊切監督が参加した。@@cutter  17才で関東一の暴走族のトップに登りつめた生活から決別し、現在は息子(林)に馬鹿にされながらも家族のために土木作業員として働く火野鉄(徳井)が、かつての仲間(阿部)の娘(山下)が不良グループに暴行されたことにより、仲間たちと共に復讐のため立ち上がるというストーリー。映画初主演となるチュートリアルの徳井は、髪を金髪に染めて肉体改造にも挑戦、役者として全力投球で本作に臨んだ。   「普段はバラエティの仕事のシモネタでお金を稼いでいますが、今回は真剣に取り組ませていただきました。このメンバーなので、いじめられたらどうしようと不安でした」と真面目な表情で語る徳井だが、村上からは「僕は徳井くんと良く話しましたが、大抵シモネタ。その幅が広くて本当に感動しました。ダッチワイフの話とか」という発言が。新井からは、「僕もシモネタが大好きなので、徳井さんとはすごく話したかったのですが、車で一緒に帰った時聞いてみようと思ったら寝ていました。今度、ダッチワイフのことを教えてください」というお願いが飛び出した。井浦も、「僕も徳井さんとシモネタを話したかったのですが、絡むシーンがなかったので…」と残念そう。林も「徳井さんの生のシモネタを楽しみにしていたのですが、僕にはあまり話してくれなくて、1回盗み聞きしたら異次元の内容でした」と暴露した。   大御所の倍賞は、「1年半前の撮影だったので詳しいことは忘れてしまいましたが、久しぶりにステキな監督とスタッフに出逢いました。映画はまだ見ていませんが、多分面白いと思います。スミマセン(笑)!」と語り、シモネタ話で盛り上がる男性陣を雲に巻いた。   9月8日(土)新宿バルト9他全国ロードショー

  • 連続テレビ小説「梅ちゃん先生」の出演者達

    堀北真希主演のNHK朝ドラ「梅ちゃん先生」新キャストは小出恵介、松坂桃李ら

    エンタメ

      平成24年度前期、連続テレビ小説「梅ちゃん先生」の出演者発表会見が渋谷のNHKで行われ、ヒロイン・下村梅子役に決定した堀北真希と新たに出演が決まった8名(高橋克実 、南果歩、ミムラ、小出恵介、倍賞美津子、鶴見辰吾、片岡鶴太郎、松坂桃李)が出席した。当日は、制作統括の岩谷可奈子チーフ・プロデューサーも同席し、「朝、1日1回は笑っていただけるようにやって行きたい」と抱負を語った。 @@cutter   本作は、戦後復興期の昭和をテーマにしたヒューマンドラマ。終戦直後に焼け野原と化した東京の蒲田で、奇跡の復興と経済成長を支えていく名もなき街の人々と命を守る医者になっていく女性、梅子の成長を描く。   下村家の父、厳格な医師を演じることになった高橋は「今まで笑いの多い役が多かったので、今回の役はハードルが高くて、プレッシャーが大きい」と不安を見せたが、「堀北さんに置いていかれないように頑張りたい」と抱負を語った。おおらかな母親役を演じる南は「今出たいと思っていたドラマが朝ドラだったので、すごく嬉しい。3月の震災後に何度か被災地を訪ねていますが、皆さんからもドラマに出てね。ドラマが見たいといわれていたので…」と素直に喜びをあらわした。祖母役の倍賞は「撮影まだ先だけど、体力だけはつけておかなくっちゃいけないなと思っています」とベテラン女優らしい余裕と貫禄を見せていた。   下村家の隣で町工場を営む安岡を演じる片岡は、堀北の印象を「ザ・朝ドラ。まさに朝ドラのために生まれたきた感じ」と語った。それに答え、堀北は、恐縮しながらも「頑張ります!」と熱い意気込みを見せていた。   女性医師として地域医療に生きる“梅ちゃん先生”ことヒロイン梅子を演じる堀北は「今日、家族やお隣さんとお会いすることが出来て、嬉しい。早く皆さんと仲良くなりたいです。いよいよ…という感じです。役作りを頑張りたい」と前向きな姿勢で抱負を語った。   東日本大震災から1年を迎えることになる来春の朝ドラは、86作目となる。復興の時代に立ち戻り、庶民の底力をテーマに日本人の強さ、温かさを見つめ返す。脚本は「鬼嫁日記」「結婚できない男」「特命係長 只野仁」などを手がけた尾崎将也。   連続テレビ小説「梅ちゃん先生」はNHKにて2012年4月2日から放送開始。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access