田中圭 関連記事

  • AbemaTVにて放送される『田中圭24時間テレビ』

    今夜『田中圭24時間テレビ』 橋本環奈、和田アキ子ら豪華キャスト出演

    エンタメ

     俳優の田中圭が生出演し、24時間で30名以上のキャストに迎えて1本のドラマをつくるAbemaTVの特別番組『田中圭24時間テレビ』がいよいよ今夜放送される。@@cutter  テレビ界初の冒険企画に田中は、「本当にビビっています。楽しみで震えているのもありますが、これは、ビビっているが勝ってます」とコメントしながらも、「ただそんな震えすら楽しもうとできるスタッフ、キャストの皆さまがいるので。やってやりましょう」と意気込んでいる。  24時間テレビ内で制作されるドラマのタイトルは『くちびる WANTED』。「田中圭とキスした女性には1億円」という情報がネットで拡散されたため、田中の唇がさまざまな女性から狙われる姿が描かれる。放送前日までに豪華キャストは第4弾まで総勢27名発表されており、ドラマ『おっさんずラブ』で共演をした吉田鋼太郎、眞島秀和らや、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気コーナー「グルメチキンレース・ゴチになります!」で共演する橋本環奈も参加。  また和田アキ子の出演に、田中は「ご一緒することはないと思っていたので、本当に光栄です」と驚きを隠せない様子。それぞれのキャストたちが「何役」で「どのシーン」に登場するのかは、田中本人はそのシーンまで知らないという。さらに、まだ明かされていない数名のキャストはどんなサプライズで登場するのか注目される。  監督は『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』の本広克行、『カメラを止めるな!』の上田慎一郎。ドラマ部分では、番組の企画・演出を担当している鈴木おさむと、漫画家の東村アキコが、共同脚本を手がける。制作されたドラマは16日19時台に放送予定で、ラストシーンは一発生放送される。  『田中圭24時間テレビ』は、AbemaTVにて12月15日21時から配信。 <発表されているキャスト一覧> 第一弾発表:今田耕司/川栄李奈/山田裕貴/吉田鋼太郎/吉田羊 第二弾発表:飯尾和樹(ずん)/池田鉄洋/伊藤修子/尾上寛之/小手伸也/篠原篤/野間口徹/橋本マナミ/六角精児 第三弾発表:田中直樹/どんぐり/名取裕子/橋本環奈/眞島秀和/松本まりか/水野美紀/満島真之介 第四弾発表:鈴之助/武田真治/武田梨奈/豊ノ島/和田アキ子 ※各発表ごと50音順

  • (左から)新垣結衣、松田龍平

    新垣結衣、松田龍平、田中圭『獣になれない私たち』クランクアップショット!

    エンタメ

     最終回を迎えたドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の公式ツイッター、インスタグラムがクランクアップショットを続々と公開。新垣結衣、松田龍平、田中圭らメインキャストの写真や、脇を固めたキャストの集合写真が数多く披露された。@@cutter 本作は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子が、新垣と再びタッグを組んで贈る物語。誰からも好かれ愛されている30歳の深海晶(新垣)と、エリート会計士・根元恒星(松田龍平)が、仕事終わりのバーで偶然出会い、ぶつかり合いながらも、自分らしく人生を踏み出す姿を描いた。  12日の放送で最終回を迎えた本作。公式ツイッターに公開されたのは、自由な獣の様に生きる橘呉羽役の菊地凛子、京谷(田中圭)の母・花井千春役の田中美佐子、そして京谷の元カノである長門朱里を演じた黒木華や、晶の“元彼”となった京谷を演じた田中圭のクランクアップショット。それぞれお祝いの花束を持ち、にこやかにほほ笑む姿が印象的な一枚だ。  そして最後に投稿されたのが、今作でダブル主演を務めた新垣と松田の2人。  コメント欄には、最終回が寂しいと嘆くファンはもちろん、「田中さんのお母さん役良かったです。今度はガッキーと親子役で共演してみてほしいです」「呉羽姐さんは私にとってずっと宇宙人でした」「呉羽さんのキャラ好きです」「朱里さんがあの部屋を出て自分で行き先を決められるようになることをずっと期待してみてました」など、登場人物一人一人に視聴者が感じたそれぞれの想いが多数届けられている。 引用:https://twitter.com/kemonare_ntv

  • 『獣になれない私たち』第10話場面写真

    今夜『獣になれない私たち』最終回、新垣結衣と松田龍平は一夜を共にするが…

    エンタメ

     女優の新垣結衣、俳優の松田龍平がダブル主演するドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の最終回が今夜放送される。最終回では、一夜を共にした晶(新垣)と恒星(松田)が自分たちの関係について向き合う姿が描かれる。@@cutter 本作は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子が、新垣と再びタッグを組んで贈る物語。誰からも好かれ愛されている30歳の深海晶(新垣)と、エリート会計士・根元恒星(松田)が、仕事終わりのバーで偶然出会い、ぶつかり合いながらも、自分らしく人生を踏み出す姿を描いていく。  九十九(山内圭哉)の、社員を大切にしない仕事のやり方に抗議をしたところ、逆に「お前がいなくても会社はどうにでもなる。辞めればいい」と言われてしまいショックをうけた晶。家族を救うために始めた粉飾決算への加担を「もうやめさせてくれ」と頭を下げて頼むも、抜け出せなかった恒星。傷ついた心のまま一夜を共にした2人は、あの夜のお互いの気持ちが分からずモヤモヤしていた。  5tapでちゃんと向き合って話そうとした晶と恒星だったが、会社を休んだ晶を心配した松任谷(伊藤沙莉)と上野(犬飼貴丈)がやって来たり、京谷(田中圭)が訪ねて来たりと大混乱。落ち着いてようやく本音で話そうとした2人に今度は呉羽(菊地凛子)からの着信が。収束しない過去の男性関係でのバッシング記事やネットでの悪評によって、これ以上夫のカイジに迷惑をかけないために呉羽はある大きな決断をする。彼女の決断を見届けた晶と恒星も、ようやくお互いについて向き合うことに…。  ドラマ『獣になれない私たち』最終回は、日本テレビ系にて今夜12月12日22時放送。

  • 『おっさんずラブ』祝!映画化を喜ぶ田中圭

    『劇場版 おっさんずラブ』公開決定! 田中圭らメンバー全員続投

    映 画

     俳優の田中圭が主演を務めたドラマ『おっさんずラブ』の劇場版が2019年夏に全国公開されることが決定。主人公を演じた田中は映画化について「お会いする人お会いする人に、続編の話を振られては、ずっと『ないです!』と答えていたのですが、すみません。『ありました!!』(笑)」と語っている。@@cutter 本作は、2018年4月期にテレビ朝日系で放送され、ツイッター「世界トレンド1位」や「新語・流行語大賞2018」にノミネートされるなど社会現象的大ヒットを巻き起こしたテレビドラマを『劇場版 おっさんずラブ(仮)』として映画化。  ドラマでは、結婚願望はあるが女性からモテない33歳のサラリーマン・春田創一(田中)を主人公に、彼に恋をする上司の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と後輩・牧凌太(林遣都)の三角関係が描かれたが、劇場版では、春田と牧が結ばれた“その後”のストーリーが展開。映画にはドラマ版のキャストに加え、超豪華ゲスト俳優の出演も予定されている。  本作について田中は「ドラマと同じキャスト、スタッフでもう一度『おっさんずラブ』の世界を作れるというのは楽しみですし、みんなで最高のゴールを狙えるのではと思っています」と喜びをあらわに。また劇場版への“注文”として「みんなでアクションをしたり、牧が凄い戦闘のプロだったりと『アクションラブ』にしたいなと思います! …多分却下されて、そういう話ではないと思いますが(笑)」と語ると、続けて「ドラマの最後は、春田が上海に行くという設定だったので、海外ロケもしたいです!!」と提案。しかし「スタッフからちょっと予算が、、、と既に難色を示されているので、こちらも却下されてしまうかもしれません(笑)」とコメント。  さらに田中は「連続ドラマの時も『7話で完結』と思ってやってきたので、今回の映画も『これが完結編だ』という気合で臨んで、いい作品にしたいと思います!!」と意気込んだ。  映画『劇場版 おっさんずラブ(仮)』は2019年夏全国公開。

  • 『獣になれない私たち』第9話場面写真

    今夜『獣になれない私たち』、新垣結衣の業務改善が身を結び始める

    エンタメ

     女優の新垣結衣と俳優の松田龍平がダブル主演しているドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第9話が今夜放送される。今回は、晶(新垣結衣)による業務改善の結果が出始めるほか、恒星(松田龍平)と呉羽(菊地凛子)の写真が週刊誌に掲載されたことで5tapに記者が張り込むようになってしまう。@@cutter ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の脚本家・野木亜紀子が、新垣と再びタッグを組んだ本作。物語は、誰からも好かれ愛されている30歳の深海晶(新垣)と、エリート会計士・根元恒星(松田)が、ぶつかり合いながらも自分らしく人生を踏み出す姿を描いている。  第9話では、晶が業務改善を進めた結果が出始め、ツクモクリエイトジャパンの雰囲気が改善。松任谷(伊藤沙莉)と上野(犬飼貴丈)も仕事の結果を出すようになり、入社した朱里(黒木華)もSEチームとなじんでいる。  そんな中、社長の九十九(山内圭哉)は晶を『営業部の特別チーフクリエイター部長』に昇進させることを発表する。その代わりに、これまで晶が行っていた細々とした業務を、全て新人の朱里が「社長秘書」として担当することに。社員一同が驚くとともに、晶と朱里は戸惑ってしまう。  一方の恒星は、呉羽との5tap前でのハグ写真が週刊誌に掲載されていた。橘カイジの妻として話題の呉羽の過去の恋愛関係がどんどんほじくり返されるようになり、みんなのオアシスだった5tapの前にも、記者が張り込むようになってしまう。  夫の葬儀などがようやく落ち着いた千春(田中美佐子)が、京谷(田中圭)のマンションに突如遊びに来る。そこで鉢合わせたのは、とっくに別れたと聞いていた朱里だった。朱里はマンションを抜け出して晶の部屋に逃げ込むのだったが、そこにも千春が訪ねてきて…。  ドラマ『獣になれない私たち』第9話は、日本テレビ系にて12月5日22時放送。

  • AbemaTV『田中圭24時間テレビ』

    田中圭、生放送“24時間耐久ドラマ”で本広克行監督と初タッグ

    エンタメ

     俳優の田中圭が、24時間にわたって出演する特別番組『田中圭24時間テレビ』(AbemaTV/12月15日放送)で、本広克行監督と初タッグを組むことが決定、田中は「心強さと楽しみしかありません!」と期待を込めている。@@cutter 同番組は、本人役で田中が登場し、24時間の生放送の間にさまざまな方をゲストに迎えて、1本のドラマを作り上げていく。今回、その24時間耐久ドラマのメガホンを取ることになった本広監督は、映画『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』や『亜人』などで知られる実力派。さらに、番組の企画・演出は、放送作家の鈴木おさむ、ドラマ部分では、鈴木と漫画家の東村アキコが共同脚本を手がける。  初めて本広監督と組む田中は、「ビッグネームすぎて驚きが隠せませんでした」というものの、「監督の名前で一気に本格的になってきて、プレッシャーだし体力的にも不安は尽きませんが、めいっぱい楽しんで、めいっぱい面白いドラマを。おさむさん、監督、スタッフ、そしてゲストの方々と作れればなと。改めてやる気スイッチ押されました!! 皆さん、楽しみにしていてください!! というか、神様、何が起こるんでしょうか」とオチのついたコメントを寄せている。  一方、本広監督は、「自分もバラエティ出身のドラマディレクターなので、今回の画期的な企画にワクワクしてます! また、いつか本気で仕事をしてみたかった俳優・田中圭と御一緒できるという、本当に有り難い企画に誘っていただいた鈴木おさむさんにとても感謝しております!」と喜びを見せている。  『田中圭24時間テレビ』は、AbemaTVにて12月15日21時から配信。

  • (左から)永野芽郁、田中圭

    永野芽郁と田中圭が1位! 今年ぐんぐん成長した“出世魚女優・俳優”

    エンタメ

     女優の永野芽郁と俳優の田中圭が「今年一番の出世魚女優・俳優」ランキングで1位に輝いた。2位には竹内涼真、新垣結衣らが名を連ねている。@@cutter 今回の結果は、マルハニチロ株式会社が2018年10月25日~10月27日の3日間で、全国の15歳~59歳の男女に対し、「今年の食生活に関する調査」をインターネットリサーチを実施。その中でも「魚」に紐づけ、「ぐんぐんと成長し、飛躍を遂げる『出世魚』のイメージに合う芸能人は誰か」という質問に対し1000名の回答を集計した結果に基づくもの。  回答者1000名に聞いたところ、「今年一番の出世魚女優」の1位は、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロイン鈴愛を演じ、一躍その名を轟かした永野となった。2位は新垣、3位は浜辺美波、4位は吉岡里穂、5位には波留がランクインしている。  また、「今年一番の出世魚俳優」の1位は『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)での熱演が話題となった田中だった。2位は竹内、3位は菅田将暉という結果に。また、4位に高橋一生、5位には吉沢亮と、ドラマ、映画ともに活躍を見せる俳優がランクインする結果となっている。

  • (左から)田中圭、新垣結衣、田中美佐子

    新垣結衣&田中圭&田中美佐子の3ショットに反響 『獣になれない私たち』

    エンタメ

     ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の公式インスタグラムが27日、ヒロインを演じる女優の新垣結衣、俳優の田中圭、田中美佐子の3ショットを投稿。ほほえましい1枚に、ファンからさまざまな反響が寄せられている。@@cutter 「相模湾から更に愛を込めて」というコメントとともに投稿されたのは、同作に出演する新垣、田中圭、田中美佐子が海をバックに寄り添いポーズをとるほほえましい3ショット。新垣が演じるヒロインの恋人・京谷を田中圭が、その母・千春を田中美佐子が演じており、インスタグラムでのこの3ショットは第1話放送前に投稿された1枚以来となる。  先週の21日に放送された第7話では、晶が相模にある京谷の実家を訪れ、千春と再会。夫の介護で苦悩する彼女に寄り添う、という感動的な場面が描かれた。  第7話ではさらに、京谷との交際についても1つの結論を下した晶。彼女にとっては激動となった前話について示唆するかのように、同アカウントはハッシュタグで「#この3人は再び会えるのか」と添えている。  コメント欄には、「田中美佐子さんの演技がうますぎて泣きました」「もう泣いています」「晶と千春さんの縁は切れないでほしいな」といったドラマ本編に対する反響が続々と寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/kemo_nare_ntv/

  • 『獣になれない私たち』第8話場面写真

    今夜『獣になれない私たち』、晶の会社の採用面接に朱里がやって来て…

    エンタメ

     女優の新垣結衣、俳優の松田龍平がダブル主演するドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第8話が今夜放送される。第8話では、晶(新垣)が勤める会社の面接に朱里(黒木華)がやってくる。@@cutter 本作は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子が、新垣と再びタッグを組んで贈る物語。誰からも好かれ愛されている30歳の深海晶(新垣)と、エリート会計士・根元恒星(松田)が、仕事終わりのバーで偶然出会い、ぶつかり合いながらも、自分らしく人生を踏み出す姿を描いていく。  恒星は、呉羽(菊地凛子)の夫でゲームクリエイター・橘カイジの会社の上場を手伝うことを決めるが、打ち合わせを何回も直前にキャンセルされていた。それを聞いた晶は「呉羽が乗り気なだけで、本当はカイジは恒星を意識していて会いたくないのではないか?」という仮説を立てる。  晶はついに、ツクモ・クリエイト・ジャパンの業務改善に向けて積極的に動き出す。社長の九十九(山内圭哉)にスタッフを増やすことを提案すると思いの外あっさりと採用を任されて張り切る晶。しかし、面談の日に現れた応募者は、京谷(田中圭)の元彼女・朱里だった。  一方、会計監査の仕事中の恒星に一本の電話が。それは、行方不明中の兄・陽太(安井順平)が酔っ払いの財布から金を盗もうとして警察に捕まったという連絡だった。処分が決まるまで自分の事務所に連れてきた恒星だったが、目を離した隙に陽太が事務所から逃走。恒星は晶に、自分がなぜ兄のことが大嫌いなのか、2人の間に起こった過去の出来事を話し始める…。  ドラマ『獣になれない私たち』第8話は、日本テレビ系にて11月28日22時放送。

  • 『獣になれない私たち』に出演する田中圭

    田中圭の“名言”に「やっぱりいい人」の声 『獣になれない私たち』第7話

    エンタメ

     女優の新垣結衣と俳優の松田龍平がダブル主演するドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第7話が21日に放送され、田中圭演じるヒロインの恋人・京谷が放った“名言”に視聴者から「やっぱり京谷いい人だなあ」「仕事ではかっこいい」などの声が寄せられた。@@cutter 録音機能付き監視カメラがついたツクモ・クリエイト・ジャパンでは、その息苦しさと緊張感に松任谷(伊藤沙莉)も上野(犬飼貴丈)もバテ気味。社長のやり方に、会社の空気が停滞していることを晶と佐久間(近藤公園)は心配する。  一方、寝たきり状態だった京谷(田中)の父の容態が悪くなり、病院に入院させるかどうかで千春(田中美佐子)と家族の間は揉めていた。  そんなあるとき、晶が夜遅くに帰宅すると、アパートのドアの前でなぜか眠り込んでいる朱里(黒木華)を見つける。  打ち合わせのため京谷と後輩・筧(吉村界人)が、晶の会社を訪問することに。上野(犬飼貴丈)は「15時から樫村地所さん来るんですよね?」と晶に確認すると「会議室準備します」と一言。つられて松任谷も「私も手伝う!」と慌てて準備へ。これまでの2人からは見違えるような働きぶりにネット上は「松任谷と上野の豹変」「やる気がっ!」などの声が。  急ぎ足で会議室に入った2人だったが、椅子に座ると「カメラがない…」「ホッとしますねぇ」とオフィスの監視カメラから逃れたことを吐露する。このシーンに「成長したわけじゃなかった笑」「カメラがない場所でサボるんかいw」などのツイートが寄せられた。  上野と松任谷の会話から、これまで人から期待された経験がないこと、ガッカリされたくないと言う理由から、2人が仕事に消極的であることを理解した晶は、打ち合わせのプレゼンを上野に任せ、松任谷に意見を求めようとする。戸惑う2人にしびれを切らし「時間の無駄です」と言い放つ筧をよそに、京谷は「上野さん、よろしくお願いします!」と一言。「途中で起こるミスは、御社と弊社の全員でカバーすればいい」とフォローすると「仕事は1人じゃできません。チームでするものです」とキッパリ。この言葉に「名言でたな!」「泣きそうになった」と視聴者からの共感が寄せられ、さらに「やっぱり京谷いい人だなあ」「仕事ではかっこいい」などの声も投稿されていた。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access