小林薫 関連記事

  • 『僕らは奇跡でできている』に主演する高橋一生

    今夜『僕らは奇跡でできている』最終回、高橋一生が見どころを語る

    エンタメ

     高橋一生が主演を務めるドラマ『僕らは奇跡でできている』(カンテレ・フジエレビ系/毎週火曜21時)の最終回が今夜放送される。最終回について高橋は「人間の本来の美しさのようなものが、10話でしっかりとピリオドとして描かれていると思うので、そういうところを少しでも感じてもらえるとうれしいです」と語っている。@@cutter 本作は、大学で動物行動学を教える相河一輝(高橋)が、常識や固定観念にとらわれないものの見方で、周囲を翻弄しながらも、緩やかな変化をもたらしていくコミカル・ハートフルドラマ。  樫野木(要潤)から「迷惑なんだよ。消えてほしい」と強烈な言葉を浴びせられた一輝。彼は、大学を休み森へと出かける。帰宅した一輝のもとに沼袋(児嶋一哉)からのメモが届く。次の日一輝は、鮫島(小林薫)に辞職を願い出る。それを知った新庄(西畑大吾)、琴音(矢作穂香)、桜(北香那)、須田(広田亮平)らは、一輝を引き留めようと、育実(榮倉奈々)に説得を頼む。一輝の辞職を知らなかった育実は驚き、治療に訪れた一輝にその理由を尋ねるのだが…。  その後、休講にした分の講義の振り替えのため、一輝は学生たちを連れてフィールドワークへ。森で学生たちから辞職する理由を尋ねられた一輝は、ついに自らの決断を語り、学生たちを驚かせる。  最終回の見どころについて主演の高橋は「見どころは、今まで通りです(笑)」と語ると、続けて「僕は、このドラマについて、一輝の周りの人たちが一輝に変えられていくのではなく、それぞれがはじめから持っているものに気づいていく話だと思っています」とコメント。さらに「それってとても尊いことで。人は変わっていくことなんてきっとできなくて、元々あるものを掘り出して、自分の中でハッキリ自覚していく」と話し、最終回への思いを明かした。  ドラマ『僕らは奇跡でできている』最終回は、カンテレ・フジテレビ系にて今夜12月11日21時放送。

  • 映画『ねことじいちゃん』本ビジュアル

    美味しそうな料理にも注目『ねことじいちゃん』予告&桜満開のポスター解禁

    映 画

     落語家の立川志の輔が主演を務め、女優の柴咲コウがヒロインを演じる映画『ねことじいちゃん』から、本予告編とポスタービジュアルが解禁された。予告編は、美しい島を舞台に猫や人々が幸せに暮らす姿が、美味しそうな料理と共につづられる本作の世界観を垣間見られるものとなっている。@@cutter Webサイト「コミックエッセイ劇場」で連載中の同名人気コミックを実写化した本作は、NHK BSプレミアムで放送中の『岩合光昭の世界ネコ歩き』で人気の動物写真家・岩合光昭が映画監督に初挑戦した作品。岩合監督が劇中で登場するネコを表情豊かに描き出しているほか、フードコーディネーターとして数々の映画作品を担当してきた飯島奈美による、豆ごはんやカルパッチョ、卵焼きなど「とにかく美味しそうに」見えることにこだわった料理が、物語をさらに鮮やかに彩る。  2年前に妻に先立たれ、飼い猫のタマと暮らす大吉(立川)、70歳。毎朝の日課はタマとの散歩、趣味は亡き妻の残した料理レシピノートを完成させること。島にカフェを開いた若い女性に料理を教わったり、幼なじみや気心知れた友人たちとのんびり毎日を過ごしていた。寒さが厳しくなったある日、大吉は倒れてしまい、息子から「東京で一緒に暮らそう。タマも」と同居を提案される。島を離れるか残るか悩み始める大吉だが、その矢先にタマが姿を消してしまう。  予告編は、「ここは、じいちゃんと、ばあちゃんと、猫の島」というナレーションと共に、美しい島の風景が映し出される場面から始まる。次いで大吉がタマとのんびり散歩をしたり、料理を楽しんだりと生活を営む姿が、豆ごはんや卵焼きなど、数々のおいしそうな料理の映像と共につづられていく。また、ヒロイン役の柴咲コウが鮮やかな手つきで魚をさばき、カルパッチョを作る姿も収められている。  映像の後半では、息子に東京に行くことを提案されて悩む大吉の前からタマが姿を消してしまい、タマを探す大吉と、さまようタマの姿が映し出される。最後は夕日をバックに、海辺でタマとたわむれる大吉の姿で締めくくられる。  併せて公開されたポスタービジュアルは、満開の桜の下、タマを抱いて優しくほほえむ大吉の姿が捉えられており、その右横には笑顔を見せるキャスト陣の姿が収められている。  なお、本作の公開に合わせて、写真展「ねことじいちゃん」が、2019年1月から富山市民プラザ、日本橋三越本店を皮切りに全国巡回展示が決定しており、本作の写真集も12月に刊行予定となっている。  映画『ねことじいちゃん』は2019年2月22日より全国公開。

  • 映画『夜明け』完成披露試写会 舞台挨拶にて

    柳楽優弥、30代で是枝監督と再タッグの計画あり

    映 画

     俳優の柳楽優弥、小林薫、YOUNG DAIS、鈴木常吉、堀内敬子、広瀬奈々子監督が、5日に都内で開催された映画『夜明け』完成披露試写会・舞台挨拶に出席した。柳楽は、自身が俳優デビューを果たした『誰も知らない』を手掛けた是枝裕和監督の愛弟子である、広瀬監督のデビュー作に出演したことについて、「一生懸命挑んでよかった」と語った。@@cutter 広瀬監督のオリジナル脚本で、ある秘密を抱えて逃れてきた青年(柳楽)と、見ず知らずの彼を偶然助けた初老の男・哲郎(小林)らが織りなす人間模様を描く本作。柳楽は現場で広瀬監督の笑顔を真似していたそうで「毎回真似していたら、最近『笑顔いいじゃん』って言われるようになってきた」とニッコリ。  一方の広瀬監督は、自分と柳楽の関係を、是枝監督という「同じ父」を持つ者同士と捉えていたそう。「こういう因縁が、うまく作品の中に作用するといいんじゃないか、それを面白がれるといいなあと思ってやらせていただきました」と振り返り「本当に、柳楽さん以外に考えられないキャラクターになっていると思います」と手ごたえをのぞかせた。  当日は、フランスのパリで新作の撮影を行っている是枝監督からのメッセージも到着。是枝監督は愛弟子の処女作を「人間をきちんと描こう。そういう覚悟というか、視線の定まった作品になったなという風に評価しています…偉そうだなあ、なんか(笑)」とコメント。柳楽に関しては「僕にとっては非常に特別な役者さん」と言い「30代でまたタッグを組んで、何か映画をというような話が、ちらほら出てきたりもしている」と、現在28歳の柳楽と再びタッグを組むことを考えている模様。  恩師からの思わぬサプライズを受けた柳楽は「是枝監督のもとでやられている広瀬監督の今作で、しっかりと、一生懸命挑んでよかったなと思いました」としみじみ。広瀬監督は「いま一番忙しい時期だと思うんですけども、こうして温かいメッセージをいただけてとてもうれしいですし、是枝さんの勢いに負けないように頑張っていきたい」と決意を新たにしていた。  映画『夜明け』は、2019年1月18日公開。

  • ドラマ『僕らは奇跡でできている』制作発表にて

    高橋一生、亡き愛犬との秘話を明かし「飼い主は犬に似る」と笑顔

    エンタメ

     俳優の高橋一生が、1日に都内で開催された新ドラマ『僕らは奇跡でできている』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の制作発表に出席した。高橋は自分を動物に例えると「犬」だと答え、亡き愛犬との秘話を明かした。@@cutter 生き物の“フシギ”に夢中な大学講師・相河一輝(高橋)と、彼に翻弄されながら影響を受ける人々の姿を描く本作。制作発表には榮倉奈々、要潤、児嶋一哉、西畑大吾(ジャニーズJr.)、戸田恵子、小林薫も出席した。  民放のGP帯連続ドラマで初主演を務める高橋は「とても楽しい現場になっているので、きっとこの世界観の面白さみたいなものを、皆さんに共有していただけるかなと思っています」と手ごたえを感じている様子だ。  一輝がマイペースで変わり者であることに絡め、自分だけかもしれないと思う癖があるか聞かれると「入り口に入るときは左足から、出るときは右足から」と回答。「験担ぎなのか分からないですけど、所作として、とても必要なことらしい」と明かした。同じ質問を受けた榮倉は「私、あんまりないんですよね~」と困り顔を見せつつも「ちょっと左足からの、やってみようかなと思います」と白い歯を見せていた。  また、動物をテーマとした作品にちなみ、自身を動物に例えると何だと思うか問われた高橋は「犬だと思います。つい最近まで、犬を飼っていました。ちょっと前に亡くなっちゃったんですけど」とコメント。家に遊びに来た友人から、愛犬と自分が似ていると言われたことを振り返り「『犬は飼い主に似る』なんですけど、『飼い主は犬に似るね』っていうことを言われたことがあって」とにこやかに明かしていた。  『僕らは奇跡でできている』は10月9日より、カンテレ・フジテレビ系にて毎週火曜21時より放送。

  • ドラマ『僕らは奇跡でできている』出演キャスト

    榮倉奈々『僕らは奇跡でできている』出演決定 高橋一生とは初共演

    エンタメ

     俳優の高橋一生が主演する10月スタートのカンテレ・フジテレビ系新ドラマ『僕らは奇跡でできている』に、女優の榮倉奈々の出演が決定。今作で7年ぶりにフジテレビ系連続ドラマにレギュラー出演する榮倉は「皆さまとの共演を今から楽しみにしています」と語っている。@@cutter 本作は、動物の行動を研究する“動物行動学”を教える大学講師・一輝(高橋)を主人公に、偏見や先入観にとらわれることのない彼の“毎日を心豊か”に過ごす自由な生き方が、周囲の人々に影響を与えていく姿を描いていく。  榮倉が演じるのは、高橋演じる主人公が通う歯科クリニックの院長・水本育実。若くして院長を務める一方で、真面目で頑張りすぎてしまう性格から周囲との摩擦も生んでしまう。話を聞かなかったり、時間を守らなかったりする一輝に腹を立てながらも、彼の何気ない一言に心を動かされていく。  榮倉は自身の演じる役柄について「人からうらやましがられるようなエリートではありますが、人との関係を築くことに不器用に見えました」と分析。さらに「働く女性が多い現代で、共感してもらえる部分をたくさん持っているようにも思えました。凝り固まった心が高橋一生さん演じる相河一輝によって解かれていく姿を見たいと思いました」と語っている。  さらに追加キャストとして、一輝と同じ大学の研究室で働く准教授の樫野木聡役に要潤、一輝の同僚講師でアリを研究する沼袋順平役に「アンジャッシュ」の児嶋一哉をキャスティング。また一輝の祖父で陶芸家の相河義高役に田中泯、一輝の家に住み込みで働く家政婦の山田妙子役に戸田恵子、一輝が勤める大学の学部長・鮫島瞬役を小林薫が演じるなど、実力派俳優が顔をそろえている。  ドラマ『僕らは奇跡でできている』は、カンテレ・フジテレビ系にて10月より毎週火曜21時放送。

  • 『ハゲタカ』第1話場面写真

    今夜『ハゲタカ』、ダークヒーロー・綾野剛が日本経済に宣戦布告

    エンタメ

     俳優の綾野剛が主演を務めるドラマ『ハゲタカ』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)が今夜スタート。第1話では、綾野演じる外資系投資ファンドの代表・鷲津政彦と銀行のバルクセールでの緊迫したやり取りが描かれる。@@cutter 原作は2004年に真山仁が発表した同名小説。バブル崩壊後、危機に陥った日本の金融業界と、外資系投資ファンドを率いる伝説の“企業買収者”鷲津政彦の物語。企業買収者である彼が“ハゲタカ”と激しいバッシングを受けながらも、不良債権を抱えた大銀行や、経営不振の名門企業へ次々と買収劇を仕掛け、鮮やかに勝利していく姿を鮮烈に、そして痛快に描く。  時は1997年。バブル崩壊後、末期的な危機に陥った日本の金融業界、銀行もまた膨大な不良債権を抱え、生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされていた。そんな中、大手銀行のひとつである三葉銀行は、回収困難な不良債権を投資会社に一括でまとめ売りする“バルクセール”を実施する。  日本初となるこの試みを担うこととなった三葉銀行・資産流動化開発室の室長・芝野健夫(渡部篤郎)は、その席で外資系投資ファンド『ホライズンジャパン・パートナーズ』の代表・鷲津政彦と対面。簿価総額は723億6458万円。芝野は「最低でも300億円で買い取ってほしい」と申し出るも、鷲津は「誠心誠意、丁寧な査定をさせていただきます」と返すに留め、その態度に芝野は一抹の不安を抱くのであった。  芝野を除く三葉銀行の面々は、査定に向け想定以上の手応えを感じている様子。しかし4週間後に迎えた回答期日、芝野たちは鷲津から衝撃の評価額を提示されてしまう。外資の“ハゲタカ”に丸め込まれたことに憤慨した三葉銀行常務取締役の飯島亮介(小林薫)は、第2回目のバルクセールを自らが仕切ると名乗り出る。「三葉のためだけに働け」と強いる飯島に、芝野は一体どう出るのか。  一方鷲津は、バルクセールで手中に収めた債務者から怒号を浴びせられていた。たまたまその場に居合わせた、『東京クラウンセンチュリーホテル』のフロントマネージャー・松平貴子(沢尻エリカ)は、その様子を目にし…。  ドラマ『ハゲタカ』は、テレビ朝日系にて7月19日より毎週木曜21時放送(初回15分拡大)。

  • ドラマ『ハゲタカ』制作発表記者会見にて

    沢尻エリカ、四つ葉のクローバーを探す綾野剛に「ギャップがすごい」

    エンタメ

     俳優の綾野剛が7月9日、都内で行われた7月期ドラマ『ハゲタカ』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の記者会見に出席。共演の沢尻エリカ、杉本哲太、光石研らに撮影中の裏話を暴露されて盛り上がるひと幕があった。@@cutter 外資ファンド代表・鷲津政彦(綾野)が“ハゲタカ”とバッシングされながらも、不良債権を抱える銀行や経営不振に陥った企業を次々と買収していく物語。今作では原作者の真山仁が描き下ろした「2018年現在の物語」も語られるのが注目ポイントとなっている。  「鷲津は一見優しく見えるかもしれないけど、叩き壊すのが前提。最後までパワーを失わずこの役を生ききりたい」と語った綾野。「このドラマにおける最大の命題は『希望』。再生とは何か、この国で生きていくというのはどういうことなのか」と熱く意気込むが、撮影現場はそれと裏腹にかなり和やかな様子。  綾野と3度目の共演となる沢尻は「綾野くんと初日、草原で撮影していたんですけど、めちゃくちゃ出で立ちがカッコよかったんですよ。なのに遠くから満面の笑みで『四つ葉のクローバー見つけたよー!』と。ギャップがすごかったです(笑)」と明かし、綾野に「ドラマの(成功の)ために」必死に探していたと打ち明けられていた。  一方、鷲津の片腕を演じる光石研と杉本哲太も、本番前には鷲津と違う裏声でセリフをしゃべって楽しむ綾野の素顔を暴露。綾野は「でもお二人も目の奥でふざけてるじゃないですか!」と反論するも、沢尻に「いつもこんな感じです。真面目なシーンだから集中させてと思うときもあります(笑)」とそのじゃれ合いをまとめられていた。  ドラマ『ハゲタカ』は、テレビ朝日系にて7月19日より毎週木曜21時放送。

  • 映画『泣き虫しょったんの奇跡』完成披露舞台挨拶にて

    野田洋次郎、松田龍平とサッカー日本戦観戦するも「失敗だった」と嘆き

    映 画

     俳優の松田龍平が、人気ロックバンド「RADWIMPS」の野田洋次郎らと3日、都内にて開催された映画『泣き虫しょったんの奇跡』の完成披露舞台挨拶に出席。松田とプライベートでも親交のある野田は、一緒にサッカーワールドカップを観戦した際のエピソードを明かした。@@cutter 将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士・瀬川晶司五段の自伝的同名小説を、豊田利晃監督により映画化。一度は将棋の夢破れた“しょったん”こと晶司(松田)が周囲に支えられながら、再び夢を実現させるためにアマからプロへひたむきに挑戦していく前人未踏の“奇跡”を描く。当日の舞台挨拶はほかに、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、松たか子、小林薫、國村隼、豊田監督、瀬川五段が登壇した。  晶司の親友でありライバルの鈴木悠野役を演じる野田は、現場でのエピソードを聞かれ、「撮影の時期は本当に仲良くさせてもらって。龍平は僕の家のキッチンに僕よりもいて、ずっとたばこを吸ってた」と明かし、「(仲が良すぎるので)セリフが言えるか心配があって。最初のシーンから10回以上撮り直しをさせてしまい、一瞬後悔しましたが、貴重な経験でした」とニッコリ。また、そんな野田を松田がじっとみつめて、野田が苦笑いする一幕もあり、仲の良さを垣間見せた。  撮影の合間は、出演者同士で将棋を打っていたそう。数十年前に松田と将棋を打ったことがあったという新井は、松田の将棋の腕について「昔は香車が歩を飛び越えるなど、コマがありえない動きしてたんですよ。でも今回、本当に強くなっていて。現場でも勝てなかった」としみじみ。また最近一緒に飲んでいた時に、松田が「伸び悩んでる……将棋が強くならない」と嘆いていたことも暴露。説明を求められた松田は「壁にぶちあたったんです」と吐露し、「どこを目指してるのか、分からないんです」と突っ込みを入れていた。  野田も松田と将棋を打ったといい、「龍平の性格を知ってるんで、勝てるかなと思ったけど、全然決着つかなかった」というエピソードを告白。松田は、「絶対負けたくないって感じだったんですけど、ライバル役だったので、これでいいんだと思いました」と納得していたという。  またそんな2人は、サッカーワールドカップのポーランド戦を野田の家で一緒に観戦したらしく、野田は「試合が始まって龍平が全然来なくて。17、8分くらい経った時に『うぃ~』って言いながら来て、さすがだなと思いました(笑)」と松田のマイペースぶりを明かす。そんな野田に対して、松田は「(野田が)テンション高くて、追いつけなかった」と反撃するも、野田は「こんな温度を違う人を呼んで失敗だった」と嘆いていた。  映画『泣き虫しょったんの奇跡』は9月7日より全国公開。

  • 新たに発表された映画『ねことじいちゃん』出演キャスト

    映画『ねことじいちゃん』追加キャストに小林薫、田中裕子、柄本佑ら

    映 画

     落語家の立川志の輔が主演を務め、女優の柴咲コウがヒロインを演じる映画『ねことじいちゃん』に、小林薫、田中裕子、柄本佑ら実力派俳優の出演が発表された。3人の他にも銀粉蝶、山中崇、葉山奨之がキャスティングされている。@@cutter 本作は、Webサイト「コミックエッセイ劇場」で連載中の同名人気コミックを実写化。NHK BSプレミアムで放送中の『岩合光昭の世界ネコ歩き』も人気の動物写真家・岩合光昭が映画監督に初挑戦する。  とある小さな島で暮らす70歳の大吉(志の輔)は、2年前に妻よしえ(田中)を亡くし、猫のタマとふたり暮らし。生まれ育ったこの島には、幼なじみの巌(小林)をはじめ、たくさんの友人と猫がいて、日々は穏やかに過ぎていく。東京に住む息子・剛(山中)はひとり暮らしの父を心配するが、大吉とタマは自由気ままな日々に不安や不満もない様子。しかし、親しい友人の死や、大吉自身の体の不調など、彼らの日常に変化が訪れる…。  志の輔演じる主人公・大吉の親友を演じた小林は「猫がメインの話なので、動物と人間が絡む映画って大変」と漏らしつつも「その分出来上がったら面白そうだなと思って参加しました。どんな作品に仕上がっているのか、出来上がりが楽しみです」とコメント。  大吉の妻を演じた田中は「岩合さんが撮られる映像の中で、猫と一緒に。志の輔さんと一緒に。映してもらえるなんて、幸せでした」と喜びを語っている。  島唯一の病院で働く若い医師・健太郎を演じた柄本は「島で長い時間をかけて撮影するのが久しぶりで、すごく映画作りの醍醐味を味わいながらできましたね」と手応えを語ると、続けて「猫好きなので、猫かわいいなって癒やされました」と撮影中の心境を明かした。  映画『ねことじいちゃん』は、2019年2月全国公開。

  • ドラマ『ハゲタカ』に出演する(上段左から時計回りに)小林薫、渡部篤郎、光石研、杉本哲太、池内博之

    渡部篤郎&小林薫『ハゲタカ』出演 綾野剛と対決する銀行マンに

    エンタメ

     渡部篤郎、小林薫、杉本哲太、光石研、池内博之が、7月クールの木曜ドラマ『ハゲタカ』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)に出演することが分かった。渡部は主演を務める綾野剛について「とても高みにいこうとしている方で、一緒にお芝居をしていてもとても勉強になります」とコメントを寄せている。@@cutter 真山仁の人気小説を基にする本作は、伝説の“企業買収者”鷲津(綾野)が、次々と日本企業を買収し、“ハゲタカ”の異名を持つようになる姿を描き、鷲津の活動を通して、日本経済や社会の問題点をあぶり出す。  三葉銀行のエリートバンカーとして不良債権処理に携わり、日本初のバルクセール実施に際して鷲津と対峙する芝野健夫に扮する渡部は、「綾野さんはとても高みにいこうとしている方で、一緒にお芝居をしていてもとても勉強になります。そんな彼の思い描く通りの鷲津、そして『ハゲタカ』という作品に少しでも近づけるよう、共演者として精一杯やっていきたいと思っています」とコメント。  一方、芝野の上司で、三葉銀行の常務取締役・飯島亮介を演じる小林は、役柄を「わかりやすいくらいに狭い世界で生きてきた企業のトップ。その中だけで通用していたことが、広い世界に出たときに通用しなくなったという、栄光と悲劇性を併せ持った人だと思います」と分析している。  鷲津が代表を務める『ホライズンジャパン・パートナーズ』のメンバーを演じるキャストも決定した。日本政財界の裏と表に精通し、数多くの情報源を持つ佐伯宗徳役に杉本哲太。不動産取引のエキスパートでもある中延五朗役に光石研。そして、アメリカ育ちの日系アメリカ人で、鷲津の右腕でもあるアラン・フジタ役を池内博之が務める。ほかにも、芝野の妻・亜希子役に堀内敬子、娘のあずさ役に是永瞳、沢尻エリカが演じる松平貴子の妹・珠香役で木南晴夏がキャスティングされた。  ドラマ『ハゲタカ』はテレビ朝日系にて、7月より毎週木曜21時放送。

  • 『おんな城主 直虎』第38話「井伊を共に去りぬ」

    『おんな城主 直虎』、“成長した虎松”菅田将暉登場! 堺へ向かった直虎と龍雲丸は…

    エンタメ

     NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』にて先週放送の第37話「武田が来たりて火を放つ」。 還俗し一農婦として生きていく道を選んだ直虎(柴咲コウ)は、龍雲丸(柳楽優弥)と新しい生活を送っていた。堺で新たな商売を始めた中村屋(本田博太郎)から誘われた龍雲丸は直虎に一緒に来てほしいと告げるが、武田の大軍が遠江へ侵攻し井伊谷は危機に。そんななか、徳川は三方ヶ原で武田の猛攻に大敗。近藤康用(橋本じゅん)は劣勢にも関わらず、徳川方として戦うことを選択。直虎は武者に化けて近藤に対面。戦をせず武田に帰順するよう促すが…。@@cutter 今週放送の第38話「井伊を共に去りぬ」では、武田軍相手にあくまで戦う姿勢を崩さない近藤に対し、直虎は兵力となる百姓たちを皆逃がし無力化することで、武田への帰順を迫る。しかし近藤は城に火を放ってこれに抵抗。怒った武田軍も里の家々に火をかけ、井伊谷は焦土と化してしまう。  武田の陣に単身乗り込んだ南渓(小林薫)は、武田信玄(松平健)と対面し、井伊の家名を復することと本領安堵を願い出る。単身乗り込んできた南渓に老練さを見て取った信玄は、酒を酌み交わしながらくだけた様子を見せ、駆け引きを楽しむ。  一方、堺に行くことを決めた直虎と龍雲丸だが、井伊谷に危機が迫ったことで井伊の民とともに一時避難。何よりも井伊谷を守ることを優先してきた直虎の心情を思う龍雲丸の決断だった。焦土と化した井伊谷で龍雲丸は…。  第38話で注目は、虎松が大人へと成長、演じる菅田将暉が初登場する。  NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』第38話「井伊を共に去りぬ」はNHK BSプレミアムにて9月24日18時、総合テレビにて20時放送。

  • 『おんな城主 直虎』第37話「武田が来たりて火を放つ」

    『おんな城主 直虎』、龍雲丸から一緒に堺に来てほしいと告げられる直虎だが…

    エンタメ

     NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』にて先週放送の第36話『井伊家最後の日』。直虎(柴咲コウ)は井伊家の再興に向けて動き出すべきか悩む。家を再興することが家臣たちを再び戦に駆り出し、新たな悲劇を生んでしまうと考えたのだ。そんな折、松下常慶(和田正人)から、虎松(寺田心)を松下家の養子として迎えたいとの申し出が。直虎は南渓(小林薫)の助言を受け、井伊家再興を断念し、虎松を松下に送り出す。城主としての務めを終えた直虎は還俗。「おら、あんたのそばにいてぇ」と思いを明かした龍雲丸(柳楽優弥)と共に歩み始める。@@cutter 17日放送の第37話『武田が来たりて火を放つ』では、元亀3年(1572年)秋、井伊谷は近藤康用(橋本じゅん)の治世のもと、平穏な日々を取り戻していた。還俗し一農婦として生きていく道を選んだ直虎は、龍雲丸と共に新しい生活を送っていた。方久(ムロツヨシ)はあやめ(光浦靖子)の刺繍の腕にほれこみ、ある提案をする。  そんな折、堺で新たな商売を始めた中村屋(本田博太郎)から龍雲丸に誘いの便りが届く。龍雲丸は直虎に一緒に堺に行ってほしいと告げる。  一方、武田信玄(松平健)は、ひそかに今川と和睦し遠江を手にした家康(阿部サダヲ)に怒り心頭。しかし刻々と情勢は変化し、今度は北条氏康(鶴田忍)の死後、北条と武田が和睦。そして信玄は、突如織田領と徳川領に侵入し、一気呵成に西への進撃を。井伊谷も危機にさらされる。  先週放送分のラストで、何か波乱の訪れを予感させる様子だった高瀬(髙橋ひかる)にも注目。井伊家の姫であることを隠し、弥吉の孫として近藤家に仕えることとなった高瀬。井伊家なき後も井伊谷で穏やかな日々を送っていた彼女のもとに、思いがけない人物がやってくる。果たしてその人物がやってきた目的とは? 直親(三浦春馬)の隠し子を名乗り登場した高瀬。その真実がついに明かされるか…。  NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』第37話『武田が来たりて火を放つ』はNHK BSプレミアムにて9月17日18時、総合テレビにて20時放送。

  • 『おんな城主 直虎』第34話「隠し港の龍雲丸」

    『おんな城主 直虎』、政次を失い放心状態の直虎 そんな中戦の波は気賀にも…

    エンタメ

     NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』にて先週放送された第33話「嫌われ政次の一生」では、近藤康用(橋本じゅん)の罠により、徳川勢に弓を引いた罪に問われた政次(高橋一生)、その潔白を主張する直虎(柴咲コウ)は牢に閉じ込められる。政次はいったん隠し里に身を寄せるが、すべては自らが企んだことと名乗り出る。解放された直虎は龍雲丸(柳楽優弥)に政次の救出を頼むが、政次は拒否。徳川に仇なす者として、ついに政次に磔の刑が執行。愛するものをまもるため政次が選んだ道…その思いに応えるように、執行の直前に直虎は政次の前に出て、自ら手を下す。@@cutter 27日放送の第34話では、政次を失い放心状態の直虎は現実を受け入れることができずにいた。一人で碁を打ち続ける直虎を心配そうに見守る南渓(小林薫)。傑山(市原隼人)や昊天(小松和重)もただ見守るばかり。そんな直虎が現実を受け入れるきっかけとなる出来事、それはある人物によってもたらされる。  一方、徳川家康(阿部サダヲ)の軍勢は井伊谷を通り抜け遠江を攻め進み、今川氏真(尾上松也)のこもる掛川城へと迫りつつあった。これに対し、今川勢も粘りを見せ、徳川軍は苦戦を強いられることとなる。浜名湖畔では今川方の大沢元胤(嶋田久作)の軍勢が次々と徳川軍を襲い、ついに戦の波は気賀の方久(ムロツヨシ)や龍雲丸(柳楽優弥)たちの目前にも迫っていた。戦にはいっさい関わりたくないと言っていた龍雲丸は…。  NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』第34話「隠し港の龍雲丸」はNHK BSプレミアムにて8月27日18時、総合テレビにて20時放送。

  • 綾野剛、『武曲』と『フランケンシュタインの恋』二人の“研さん”対決に期待「ちょっと楽しみ」

    綾野剛、『武曲』と『フラ恋』二人の“研さん”対決に期待「ちょっと楽しみ」

    映 画

     映画『武曲 MUKOKU』の完成披露舞台挨拶が、15日に都内で実施され、綾野剛、村上虹郎、前田敦子、風吹ジュン、小林薫、柄本明、熊切和嘉監督が登壇。物語に絡めて自身のライバルについて聞かれた綾野は、本作と現在放送中の主演ドラマ『フランケンシュタインの恋』で演じている役に言及し、「天使のように優しい研さんが勝つか、地獄のような研さんが勝つか、ちょっと楽しみ」と語った。@@cutter 父親との決闘をきっかけに剣道に背を向けた男・矢田部研吾(綾野)と、ラップに夢中ながら類稀な剣の才能を持つ融(村上)が、剣道を通じて繰り広げる死闘を描く本作。当日は物語に絡めて、「自分のライバルは?」という質問が登壇者に投げかけられた。  「ライバルっているのかな~?」と悩んだ綾野は「別の作品で研さんという役をやっていまして(笑)、同じ研究の研で、光石研さんの研なんですけど、研さん対決かなって個人的には思ってまして。天使のように優しい研さんが勝つか、地獄のような研さんが勝つか、ちょっと楽しみだなと思ってますね…」と出演中のドラマ『フランケンシュタインの恋』に絡めて答え、会場を沸かせた。  一方、村上は悩みながらも「両親ですね」と回答。理由については、「両親がこの業界にいるってことも意義付けとしてはあるんですけど、そうじゃなくても、永遠のライバルかなって思います」と説明。これを聞いた綾野は「いや~ちょっともう俺、恥ずかしいな…」と自分の答えに悔いているようだった。  劇中で肉体美を披露していることについて聞かれた綾野は、アルコール抜きで肉体改造を行ったことを述懐。「アルコールを摂取してしまうと、すぐに筋肉の分解が始まってしまうので、アルコールを一切摂取せずにやっていたのですが、そのフラストレーションみたいなものが、『きっちりこの作品の中で皆さんに伝わるように』という思いで現場に臨めたことを、良く覚えています」とも明かし、会場を爆笑させていた。  映画『武曲 MUKOKU』は6月3日より全国公開。

  • 綾野剛×村上虹郎『武曲』予告解禁!

    綾野剛×村上虹郎『武曲』予告解禁! 破滅か、救いか、激しく燃えさかる魂の対決

    映 画

     6月に公開を迎える映画『武曲 MUKOKU』の予告編が解禁。綾野剛が演じる主人公と、村上虹郎が扮する高校生の天才剣士が繰り広げる激闘の模様が一部明らかになった。また予告編の解禁に併せて、“あらかじめ決められた恋人たちへ”による本作の主題歌「Fly feat. 吉野寿」が、4月5日の18時より、映画公式サイトにてフリーダウンロードできることも決定した。@@cutter 鎌倉を舞台とする本作は、剣道の達人だった父に厳しく育てられ一目置かれる存在になったものの、父にまつわるある事件から生きる気力を失い、どん底の日々を送っている矢田部研吾(綾野)と、ラップのリリック作りに夢中な一方で、恐るべき剣の才能を持つ高校生・羽田融(村上)の出会い、そして二人が繰り広げる死闘を描く。  映像の幕開けは、台風を目前にした豪風の中で融が研吾に投げかける「お父さん殺したんですか」という挑発的なセリフだ。続いて映し出されるのは、研吾を取り巻く登場人物たち。研吾の師である僧侶の雪峯(柄本明)や、行きつけの小料理屋の女将・三津子(風吹ジュン)のセリフからは、研吾と彼が対立する父親・将造(小林薫)との間に、重大な出来事があったことが伺える。映像のラストには、台風の中で泥に塗れながら、10分にも及んで剣を介して魂をぶつけ合う研吾と融の姿も収められている。  アクション指導を行ったスタントチーム・GOCOOの高槻祐士は、綾野について「初の合同練習の時、綾野君は入ってくるなり他の部員役のメンバーに丁寧な自己紹介後、軽いウォーミングアップを提案し、その後も気持ちの持ち方や技術的な事等も自分から積極的に話しかけ、心身ともに皆を盛り上げていました」と述懐。「乱闘シーンの最後の技を変えたかったんですが相手の力量も有り迷っていた時、全く同じ手を綾野君から満面の笑みで提案され、思わず採用してしまいました。(笑) 綾野君は本当に『天才的な努力家』で、及ばずながらも少しでも力を貸したいと思わせる素晴らしい俳優であり人間だと、再確認した作品でした」と称賛の言葉を送っている。  映画『武曲 MUKOKU』は2017年6月3日より全国ロードショー。

  • 『おんな城主 直虎』第4話「女子(おなご)にこそあれ次郎法師」

    『おんな城主 直虎』出家し修行に臨むおとわだが、厳しさに耐えかね…

    エンタメ

     NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』。第3話『おとわ危機一髪』では、今川から鶴丸(小林颯)との婚約を命じられたおとわ(新井美羽)は、それを拒み出家しようとする。だが今川義元(春風亭昇太)の怒りを買い、忠義の証しとして、おとわを人質に差し出すよう直盛(杉本哲太)に命じる。井伊家存続のため苦渋の選択を強いられる直盛に南渓和尚(小林薫)は、今川の怒りをしずめ、おとわの出家を認めさせて人質を免れることを約束し、おとわとともに駿府へ向かう。今川家の軍師・雪斎(佐野史郎)のもとを訪れる南渓。一方、南渓とは別で今川館へ出向いたおとわは、そこで寿桂尼(浅丘ルリ子)と対面。義元の息子・龍王丸(中川翼)に蹴鞠(けまり)勝負を申し込み、龍王丸に勝利したことから「一女とわの出家をもって本領安堵とす…」という褒美をもらう。@@cutter おとわが今川に許され、無事井伊谷に帰ってきたことで、ほっと胸をなでおろす井伊谷の面々。本領安堵の条件としておとわは正式に出家することになり、「次郎法師」という名を与えられる。次郎とは井伊家の家督を継ぐ男子の名であった。翌日から兄弟子である昊天(小松和重)と傑山(市原隼人)による厳しい修行が始まる。  井伊家当主の姫として何不自由なく育ってきたおとわにとって、畑仕事やたく鉢などの作務はつらく、すぐに音をあげて逃げ帰ってしまう。一方、今川の目付となった小野政直(吹越満)は井伊家中における発言権をますます高めていた。そんなある日、政直の命を狙う北条の手の者が井伊谷にやってくる…。  南渓和尚から「たく鉢」を勧められたおとわが駆け回る、井伊谷の市の活気が今回の注目ポイント。岩手県に作られた井伊谷の広大なオープンセットは、周囲を森が囲み、川が流れる地形を生かして、自然と寄り添いながら生きる井伊谷の人々の営みが感じられるようになっているという。  NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』第4話『女子(おなご)にこそあれ次郎法師』はNHK BSプレミアムにて1月29日(日)18時、総合テレビにて20時放送。

  • ドラマ『下剋上受験』に出演する阿部サダヲ、深田恭子、山田美紅羽

    阿部サダヲ&深田恭子が夫婦役!TBSドラマ『下剋上受験』新春スタート

    エンタメ

     俳優の阿部サダヲと女優の深田恭子が、TBSの新ドラマ『下剋上受験』にて夫婦を演じることが分かった。原作は作家・桜井信一作による実話を基にした同名小説。中卒の父と偏差値41の娘が、最難関中学を目指す姿を、小5の夏から中学受験に挑むまでの約1年半にわたって描く。@@cutter 阿部が演じるのは、愛する娘には底辺人生を送らせたくないと一念発起し中学受験を決意する父・桜井信一。深田は娘を追いつめ家族の時間を奪う受験に疑問を投げかける家族思いの母・香夏子を演じる。その2人の娘・佳織役には、山田美紅羽(やまだみくう)がオーディションで250人の中から選ばれた。このほか、信一の同級生でシングルファザーの徳川直康役に要潤、信一の職場の後輩・楢崎哲也役に風間俊介、信一の父親で中卒叩き上げの大工・桜井一夫役に小林薫がキャスティングされた。  阿部は共演の深田に対し「お母さんという印象があまりないと思うんですが、リハーサルでの立ち居振る舞いを見て、どこかにいそうで楽しそうなお母さんっていうイメージが湧いてきました」と好印象。  また深田も「“俺塾”という言葉が出てくるのですが、私は“阿部塾”として、阿部サダヲさんのもとで一緒にお芝居できる空間を楽しみにしています」と期待を寄せる。  “親子”3人は学問の神様としても有名な湯島天満宮で番組のヒット祈願と全ての受験生の合格祈願を行ったようで、絵馬に願い事をそれぞれ書き込み奉納。山田が「下剋上」の「剋」の字を間違えてしまうハプニングもあったが、同行したスタッフたちからも笑みがこぼれ、父親役の阿部も「まるで台本があったかのような間違いだったね」と笑顔。山田は「早速間違えてしまいましたが、ここから始まって中学受験合格を目指したいと思います」と決意を新たにしていたという。  ドラマ『下剋上受験』(毎週金曜22時)は、2017年1月よりTBSにて放送開始。

  • 『続・深夜食堂』撮影現場

    『続・深夜食堂』、撮影現場に潜入! 新宿ゴールデン街を300坪の倉庫に再現

    映 画

     安倍夜郎の大ヒット漫画『深夜食堂』を原作に、深夜の放送ながらもアジア各地を巻き込むブームを呼び、第3部まで続いている人気ドラマを映画化した『深夜食堂』。ファン待望の続編が映画化されることになり、埼玉県・入間市で撮影中の同作の撮影現場を訪問。まさにドラマや映画で目にする風景がそこにあった。@@cutter 本作は、深夜だけ営業している食堂「めしや」が舞台。ちょっとワケありな客が現れては、マスターの作る懐かしい味に心の重荷を下ろし、胃袋を満たしては新しい明日への一歩を踏み出していく姿が描かれる…。  本作でメガホンを取るのは、映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』で日本アカデミー賞を受賞しこれまで、ドラマシリーズ第1弾から、独特の世界観を描いてきた松岡錠司監督。舞台は、賑やかな街の、とある路地裏にひっそり佇む「めしや」。店内だけでなく、店の外側まで、まるで新宿ゴールデン街を思わせるようなリアルすぎる街並みのセットを、なんと300坪の倉庫の中に再現した。  このセットは、新宿ゴールデン街が好きで、よく飲みに通っているという監督のこだわりで作られた。路地裏のさびれた感じ、何十年も営業している風情の食堂のくすんだ壁の色や室外機の油に汚れた換気扇、ポスターを貼っては剥がれ、少し傾いた電柱、自動販売機の脇の空き缶やボトルで溢れるゴミ箱、設置されたアルミ製の灰皿から溢れるタバコの吸殻などなど…。    現場にスタッフルームも設置されており、監督が頭に浮かんだアイデアをホワイトボードに書き出し、スタッフにも見せて意見を聞くというシステム。監督が原作からエピソードを拾い出し、肉付けして膨らませていく。監督の周りには、美術、照明、撮影、さらにはフードスタイリストに俳優部のスタッフも集まり、微調整を重ねる。    本作で季節感あふれる数々の料理を手掛けているのは、『かもめ食堂』、連続テレビ小説『ごちそうさん』でも活躍したフードスタイ リストの飯島奈美氏。思わず食べたくなる料理の数々は、映像からもにじみ出る温かさをだすために、「料理」は現場で調理している。    当日は「めしや」でのシーンが撮影されており、作務衣姿で、大人の雰囲気が魅力的な小林の姿があり、前作と同じく静かなたたずまいの中に確かな存在感を放っていた。小林は、監督のこだわりを知ってか、セリフを口にするタイミングを確認したりと、細かくチェックをして作り上げていく。  共演者には、ドラマ版でもおなじみの常連客に、不破万作、綾田俊樹、安藤玉恵、宇野祥平、松重豊、光石研、オダギリジョー、前作でゲスト出演し、本作では常連客として出演する多部未華子、余貴美子ら、個性派実力派俳優が集結。「めしや」を舞台に繰り広げられる様々な人情物語にいっそうの趣を添える。 劇場版続編に加え、世界中の『深夜食堂』ファンにこの世界観を楽しんで欲しいという想いから、『深夜食堂』のドラマ新シリーズが10月21日からNetflixにて配信することも決定した。(取材・文:福住佐知子)    映画『続・深夜食堂』は11月5日より全国公開。

  • 松坂桃李、緑色の髪に!

    松坂桃李、髪の毛がグリーンに! 映画『キセキ』ジンのバンド時代の姿解禁

    映 画

     GReeeeNの名曲「キセキ」誕生にまつわる軌跡と奇跡を、松坂桃李&菅田将暉のダブル主演で描く映画『キセキ ーあの日のソビトー』(2017年新春全国公開)で、松坂が演じるGReeeeNの楽曲プロデュースを手がけ、GReeeeNのリーダー、ヒデの兄でもあるジンの姿が解禁された。@@cutter 本作は、歯科医師とアーティストを両立し、顔出し一切無しの異色ボーカル・グループGReeeeNの名曲「キセキ」の誕生のバックボーンとなる、とある兄弟の物語。GReeeeNのプロデューサー・ジン(JIN)を演じる松坂と、JINの実の弟でGReeeeNのヒデ(HIDE)役の菅田が、家族との衝突を経ながら、仲間と共に自分のやりたいこと、進むべき道を見つけ出し、前へと進んでいく姿を描きだす。   ヒデの恋人役・理香に忽那汐里、父親・森田誠一役に小林薫、母・珠美に麻生祐未、そして誠一の患者、結衣役には平祐奈が決定。さらに森田家の長女・ふみ役に早織、ジンのバンド仲間に奥野瑛太と大村真司、レコード会社ディレクター・売野役に野間口徹、豪華実力派俳優陣が名を連ねる。GReeeeNメンバーの3名は後日発表される。  今回初披露された、松坂演じるジンは、グリーンの髪と口髭、ピアス、タトゥーをしたバンド時代の姿となっており、世の中への反発心さえ感じさせる、強い表情が印象的だ。髪の色は松坂自らの提案で染められており、劇中では、メタルバンド「ハイスピード」のボーカルとして、松坂自身が歌うシーンもあるという。  ミュージシャンとしての活動に苦闘する日々が続く中、弟のヒデの才能に気づき、プロデュースを手がけることになるジン。松坂は、映画化にあたり、実際にそのジンに会ったという。松坂はジンの魅力を「人を惹きつけ、運気を上げてくれそうな“パワースポット”のようなJINさん」と明かし「そんな魅力的で、かつ実態が明かされていない実在の人物を演じることに責任を感じます」と役柄を演じる上での意気込みを語っている。

  • 忽那汐里、GReeeeNの名曲「キセキ」映画化のヒロインに! 菅田将暉の恋人役

    忽那汐里、GReeeeNの名曲「キセキ」映画化のヒロインに! 菅田将暉の恋人役

    映 画

     松坂桃李と菅田将暉のW主演で贈る、映画『キセキ ―あの日のソビト―』に、菅田演じるヒデの恋人・理香役として忽那汐里の出演が決定した。また、追加キャスト発表と共にティザービジュアルと特報映像も公開された。@@cutter 本作は顔出し一切無しの異色ボーカル・グループGReeeeNの代表曲「キセキ」誕生秘話を映画化した青春ドラマ。GReeeeNのプロデュースを手掛けてきたジンと、その弟であるGReeeeNリーダー、ヒデの青春期のエピソードを基に、家族との衝突を経て仲間と共に自分のやりたいこと、進むべき道を見つけ出し、前へと進んでいく姿を描き出す。    ダブル主人公となるジン(JIN)とヒデ(HIDE)を松坂と菅田が演じるほか、『そして父になる』などで助監督を務めた兼重淳が監督を務め、脚本を『黄泉がえり』などの斉藤ひろしが手掛ける。  このたび、忽那ほか新キャストとして発表されたのは、医者でありヒデとジンの厳格な父・森田誠一役を小林薫、母・珠美役を麻生祐未、誠一が担当する患者・結衣役を平祐奈が演じるほか、森田家の長女・ふみ役を早織、ジンの親友・トシオ役に奥野瑛太、レコード会社ディレクターに野間口徹ら実力派の豪華俳優陣が名を連ねる。  特報と合わせて公開されたティザービジュアルでは、昼間でありながら流れ星や虹が見えるという「キセキ」の風景が。また、劇場で配布されるこのチラシには、1/2000という確率で「キセキのチラシ」と称された夜バージョンのビジュアルのチラシが挿入されているという。  映画『キセキ ―あの日のソビト―』は2017年新春公開。

  • 大河ドラマ『おんな城主 直虎』主な出演者発表会見の様子

    2017年大河、三浦春馬・高橋一生・柳楽優弥ら若き実力派が集結!柴咲コウと共演

    エンタメ

     2017年大河ドラマ『おんな城主 直虎』の主な出演者の発表会見が26日、都内で行われ、主演の柴咲コウのほか、新キャストの杉本哲太、財前直見、前田吟、小林薫、三浦春馬、高橋一生、柳楽優弥、貫地谷しほり、ムロツヨシの出演陣がずらり顔をそろえた。登壇はなかったが追加キャストとして、宇梶剛士、吹越満、苅谷俊介、でんでん、筧敏夫の出演、そして語りを中村梅雀が務めることも発表された。@@cutter 『おんな城主 直虎』は、戦国時代に男の名で家督を継いだ遠江井伊家の当主、井伊直虎の生涯を描いた物語。戦のたびに当主を殺され、ただひとり残された姫が「直虎」と勇ましい名を名乗り乱世に立ち向かう。幼いころに約束を交わした、いいなずけへの一途な愛を貫くところも注目ポイントだ。  豪華出演者を前に、井伊直虎を演じる柴咲は、「実は本日出演者の皆さまと初めて顔合わせをしたばかりで。今まで共演したことのある方もいますし、心強さをすでに感じております」と、すでにいい作品に仕上がる予感がすると目を輝かせる。  本作で直虎のいいなずけ・井伊直親を演じる三浦は、3度目の大河出演となった。三浦は「子役時代に『武蔵 MUSASHI』『功名が辻』と経験をしたのですが、成人をむかえてから大河ドラマにまたお世話になるということは、本当にすごくありがたいこと。子役時代にお世話になった分、26歳になった今、この作品に貢献したいです」と、気合い十分のコメント。そんな三浦、そして柴咲と幼馴染の小野政次役で出演する高橋は「19歳くらいから演じるのですが、僕はただの童顔の35歳なので(笑)。しわが目立ったりしないようにしたいなと。何も手段がないんですけど」と、役作りに向けての準備を冗談を交え語った。  本作が大河初出演となる柳楽が演じるのは盗賊団のかしら・龍雲丸。「初めての大河でキャストの一員となって参加させていただくのを光栄に思っています。オリジナルのキャラクターなんですけど、しっかり楽しみながら精一杯やります。よろしくお願いします」と気を引き締めていた。  また、直虎の家族で井伊家の父・杉本、母・財前、曽祖父・前田に柴咲の印象を聞くと、財前は「目の力強さが今回の直虎にぴったりだなと、じっと見とれていました」とほほ笑んだ。一方で杉本は「素敵な方ですね、すいません」と、大照れ。前田にいたっては、「うちの家内が柴咲さんの大ファンなんですよ。もちろん僕もファンなんですけど。(共演は)棚から牡丹餅みたいな感じで大変うれしいです」と、満面の笑みを見せ、柴咲の魅力でいぶし銀をうならせていた。  『おんな城主 直虎』は2017年1月より放送。

  • 『深夜食堂』映画続編&ドラマ新シリーズ決定!

    『深夜食堂』映画続編&ドラマ新シリーズ決定!佐藤浩市、新井浩文ら新キャスト発表

    映 画

     漫画家・安倍夜郎作の人気コミックが原作、2015年公開で大ヒットとなった映画『深夜食堂』の続編が、映画『続・深夜食堂』として11月5日に公開されることが決定した。また今回、劇場版続編に加え、ドラマ新シリーズが10月21日より全世界190ヵ国で同時配信される。@@cutter 本作は、路地裏にひっそり佇む「めしや」を舞台にしたヒューマンドラマ。今回もドラマシリーズ第1弾から監督を務める松岡錠司がメガホンをとる。撮影セットは300坪の倉庫を利用し、新宿ゴールデン街を思わせる街並みをリアルに再現。作り上げたのは『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』『舟を編む』『テルマエ・ロマエ』シリーズなどを担当した美術監督・原田満生だ。  映画、ドラマ共に物語の主人公・マスター役を演じるのは小林薫。松重豊、光石研、オダギリジョーはもちろん、前作の映画でゲスト出演の多部未華子、余貴美子も常連客に加わり出演。新たなゲストとして、映画版には佐藤浩市、河井青葉、池松壮亮、キムラ緑子、小島聖、ドラマ版ゲストには岡田義徳、コ・アソン、豊原功補、佐藤B作、新井浩文、風間トオルなど実力派俳優陣が本作の世界観を引き立てる。  また、ドラマの監督には松岡錠司のほか山下敦弘、小林聖太郎、大森立嗣、吉田康弘、野本史生らが名を連ねている。  主演の小林は「続編があるとは思ってなかったので、またみなさんと一緒にお仕事ができたという意味では、1回目の『深夜食堂』の映画の撮影が終わった時とは違う感じがあります」と今回の出演への思いを明かしながら「前回よりもさらに面白い映画に仕上がっていると思います」と新作をアピールしている。  映画『続・深夜食堂』は11月5日公開。新ドラマシリーズはNetflixで10月21日(金)より配信。

  • 『ストロボエッジ』の廣木隆一監督&有村架純が再タッグを組む『夏美のホタル』は6月11日公開。

    有村架純、『ストロボ・エッジ』監督と再タッグ! 特報映像初公開

    映 画

     映画『ストロボ・エッジ』で話題を呼んだ廣木隆一監督と有村架純が、再タッグを組んだ『夏美のホタル』が6月11日より公開されることがわかった。さらに、WEB初公開となる特報映像が解禁された。@@cutter 本作は、森沢明夫の同名小説を原作に、美しい自然の中で、人を想う姿を描いた人間ドラマ。将来の夢と進むべき道に思い悩む主人公・夏美を有村が演じるほか、同じように将来への不安を抱える恋人・慎吾役を工藤阿須加、小さな商店の店主・恵三を光石研、恵三の母親を吉行和子、恵三の友人で無愛想で偏屈な仏師・雲月を小林薫が務める。  有村は、「この物語は、とても静かな作品です。でもじっくりと親と子の絆や、人と人は必ず繋がって生きているということに改めて気づかせてくれる作品です。それに気づかせてくれるのはやっぱり人で、人を変えられるのは人でしかないのかもしれないと感じました」と本作の魅力を伝える。さらに「そんな愛情や思いやり、人の真心を持って観て下さる方の心をじんわり、じんわり、満たせたらいいなと思いながら撮影しました。廣木監督のとても繊細で優しい演出のもとで、心に寄り添ってくれる作品ができました」と自信を見せた。  今回、公開された特報映像では、圧倒的な自然の中で、人と出会い、穏やかな時間を過ごしていく夏美の姿が描かれる。そして、「俺の子どもに生まれてきてくれてありがとう」というせりふが流れ、疲れた夏美の心が解きほぐされていくと同時に、親子の強い絆が感じられる。本編でも温かな、癒しの時間が流れていることを期待させる映像になっている。  映画『夏美のホタル』は6月11日より全国ロードショー。

  • 『海賊とよばれた男』キャストビジュアル解禁!(綾瀬はるか:ユキ役)

    岡田准一主演『海賊とよばれた男』、綾瀬はるか他キャストビジュアル一挙公開

    映 画

     岡田准一、山崎貴監督ら『永遠の0』チームが再結集する映画『海賊とよばれた男』が、12月10日に公開されることが発表された。また同時に、映画のメインキャストのビジュアルも公開された。@@cutter 本作は小説家・百田尚樹作の同名ベストセラー小説の実写映画化。明治・大正・昭和の激動の時代を舞台に、名もなき一青年から身を興し、やがて戦後の日本に大きな勇気と希望を与える大事業を成し遂げていく主人公・国岡鐡造の姿を描いた、実話を元にした壮大な大河エンターテインメント  今回解禁されたキャストビジュアルは、岡田が演じる店主・国岡鐡造を取り巻く8人。国岡商店と鐡造を支え続けた店員の吉岡秀隆(東雲忠司役)、染谷将太(長谷部喜雄役)、野間口徹(柏井耕一役)、鈴木亮平(武知甲太郎役)、ピエール瀧(藤本壮平役)、小林薫(甲賀治作役)の6人と、綾瀬はるか演じる鐡造の妻・ユキ、堤真一演じる日承丸の船長・盛田辰郎らが劇中ビジュアルで公開となった。    『海賊とよばれた男』は12月10日より公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access