海外ドラマ 関連記事

  • 『エレメンタリー シーズン6』7月3日(水)よりDVDリリース

    『エレメンタリー シーズン6』DVDリリース! 主演のJ・L・ミラーが遂に監督にも挑戦

    海外ドラマ

     シャーロック・ホームズが女性のワトソンと、現代のニューヨークを舞台に難事件に挑む『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY シーズン6』のDVDが7月3日からリリースされる。今シーズンは、主演のジョニー・リー・ミラーが初の監督業に挑戦しており、これまで以上に注目のシーズンとなっている。@@cutter 本作は、誰もが知っている名探偵シャーロック・ホームズと相棒である女性ワトソンが、現代のニューヨークで謎解きを展開する斬新な犯罪推理ミステリー。英BBC『SHERLOCK/シャーロック』主演のベネディクト・カンバーバッチも称賛するなど、世界中で大人気の作品となっており、辛口の米批評サイト「Rotten Tomatoes」では100%の支持を獲得。当初13話構成でスタートしたシーズン6もその人気の高さから、途中で8話追加の全21話に変更された。  そんな大ヒットドラマのシーズン6のDVDがいよいよ、7月3日よりリリースされる。探偵業に影響を及ぼすある重大な病気を患っていることが発覚したホームズ。それを知ったワトソンは、相棒として、元医師として、ホームズに寄り添っていこうとするが…。果たしてホームズは回復するのか、そして、新たなシリアルキラーや過去の宿敵に打ち勝てるのか、最終シーズンとなるシーズン7に繋がる、重要なシーズンとなっている。  また、今シーズンは主演のジョニーが初の監督業に挑戦していることも大きな注目ポイントとなっている。第6話「この指とまれ」、16 話「不気味の谷の目撃者」を手掛けており、クリエイターとしての才能もいかんなく発揮。これまで本作で幾度もメガホンを取ってきたワトソン役のルーシー・リューが監督を兼任した第10話「知りすぎていた女」、18話「ホロウィッツの大予言」とともに注目のエピソードとなっている。  『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY シーズン6』のDVD‐BOX Part1と、レンタルDVD vol.1~6は、7月3日(水)リリース。DVD‐BOX Part2と、レンタルDVD vol.7~11は、8月7日(水)リリース。シーズン5<トク選 BOX>は、7月3日(水)同時リリース。

  • 『ダ・ヴィンチ・コード』のロバート・ラングドン教授の若き日の活躍を描くドラマ企画が進行中(※映画『ダ・ヴィンチ・コード』場面写真)

    『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ、若きラングドン教授を描く前日譚ドラマ制作

    海外ドラマ

     2006年の映画『ダ・ヴィンチ・コード』を含む3作で俳優のトム・ハンクスが演じるロバート・ラングドン教授が、テレビドラマで活躍することになりそうだ。米NBC局が若きラングドン教授を主人公にしたドラマ企画を進めているという。@@cutter 米作家ダン・ブラウンのベストセラー小説に登場するラングドン教授。これまでに『天使と悪魔』、『ダ・ヴィンチ・コード』、『インフェルノ』が映画化された。いずれも宗教象徴学を専門にするハーバード大学の教授ロバート・ラングドンが、世界で起きる事件に潜む謎に迫る姿を描く。  Deadlineによると、NBC局のドラマ企画のタイトルは教授の姓となる『Langdon(原題)』。ダン・ブラウンの小説シリーズの3作目となる『ロスト・シンボル』に基づくドラマになるという。海外ドラマ『ブラックリスト』や『メンタリスト』のダニエル・セローンが、脚本を執筆すると共に製作総指揮を務めるという。映画シリーズでメガホンを取るロン・ハワード監督や、ブラウン氏が製作に名を連ねる。  テレビドラマ版は若き日のラングドン教授の冒険を描くという。恩師が誘拐される事件が起き、ラングドン教授が一連の危険な謎に引き込まれていくとのこと。半ば強制的にCIAとチームを組むことになり、恐ろしい陰謀を突き止めていく姿を描くという。  キャストやバイロット版の撮影時期などは不明。続報を楽しみにしたい。

  • 女性だけの結社ベネ・ゲセリットを中心に描く『デューン/砂の惑星』ドラマが制作(※映画『砂の惑星』場面写真)

    『デューン』、『ブレードランナー 2049』監督で女性版のTVシリーズ制作へ

    海外ドラマ

     映画『君の名前で僕を呼んで』の俳優ティモシー・シャラメ主演で映画リブート版が進められている、フランク・ハーバート原作の『デューン/砂の惑星』。米ワーナーメディアの動画配信サービス向けに、女性にフォーカスしたテレビドラマシリーズ『Dune:The Sisterhood(原題)』が制作されるという。@@cutter The Hollywood Reporterによると、米レジェンダリー・テレビジョンが製作し、映画リブート版の監督を務める映画『ブレードランナー 2049』のドゥニ・ヴィルヌーヴが、パイロット版でメガホンを取るという。リブート版で脚本を執筆したジョン・スペイツが、脚本を執筆するとのことだ。両者は原作者の息子ブライアン・ハーバートと共に、製作総指揮にも名を連ねる。  6作品で構成される原作の『デューン』シリーズは、「デューン」の通称を持つ砂漠の惑星アラキスで巻き起こる覇権争いや革命、混沌などを描く。ドラマシリーズは同じ世界観を共有し、女性だけで構成される結社ベネ・ゲセリットの女性たちの視点で描かれるとのことだ。キャストなどの詳細は不明。  レジェンダリーは『デューン』シリーズのユニバースの拡大を計画中だ。今年の4月にCEOのジョシュア・グロード氏が映画やテレビのほか、ビデオゲームやコミックなどの多方面で展開する予定をThe Hollywood Reporterに語っている。

  • 『SUITS/スーツ』最終シーズンに降板したマイク役(右)のパトリック・J・アダムスがゲスト出演

    『SUITS/スーツ』最終シーズン、降板したパトリック・J・アダムスがゲスト出演

    海外ドラマ

     シーズン9で終幕を迎える米USA Network局の海外ドラマ『SUITS/スーツ』。シーズン1からシーズン7までレギュラー出演したマイク・ロス役のパトリック・J・アダムスが、最終シーズンにゲスト出演することが明らかになった。@@cutter ニューヨークを舞台に、野心家の弁護士たちの活躍や友情、葛藤、恋愛などを描く『SUITS/スーツ』。ガブリエル・マクト演じる敏腕弁護士ハーヴィー・スペクターの右腕、弁護士免許を持たなかった天才マイクを演じるパトリックは、英ヘンリー王子との結婚を機に、女優を辞めたレイチェル役のメーガン・マークルと共にシーズン7で番組を降板した。  メーガンの復活は実現しそうにないが、最終シーズンにパトリックが再登場するのはドラマのファンにとっては喜ばしい話だ。  パトリックはゲスト出演に関し、自身のインスタグラムに「『SUITS/スーツ』ファイナルシーズンにマイク・ロスが戻ってくる」という文字が入ったマイクのポスタービジュアルを投稿。「出番だ。最後にもう一度、騒動に舞い戻ることに興奮している。炎を燃やし続けてくれているファンと、僕を再び暖かく迎え入れてくれるアーロン・コーシュ(製作総指揮)に感謝する」とコメントしている。  シーズン7の最後にレイチェルと共に新天地へ移ったマイクは、Peopleによると、ある訴訟をめぐり、ハーヴィーとサマンサ・ウィーラー(キャサリン・ハイグル)と対立することになるという。シーズン中盤に登場するとのことだ。

  • グレイス・ケリー妃の孫娘で女優のジャズミン・グレース・グリマルディ

    面影あり? グレース・ケリー孫娘、エミー賞5冠ドラマに出演か

    海外ドラマ

     モナコ公国の大公アルベール2世の娘で故グレイス・ケリーの孫になるジャズミン・グレース・グリマルディが、女優として本格始動するかもしれない。昨年の第70回エミー賞で5冠に輝いた海外ドラマ『マーベラス・ミセス・メイゼル』のシーズン3に出演するという。Page Sixが報じた。@@cutter ジャズミンはアルベール公とアメリカ人女性タマラ・ロトロさんの子どもで、1992年生まれの27歳。タマラさんが1991年、モナコ旅行中にウェイトレスの仕事をしていた時に、当時独身だったアルベール2世と会い、関係を持ったという。Page Sixによると、ジャズミンがアルベール2世に初めて会ったのは11歳の時だそう。アルベール2世は2006年にジャズミンを認知している。  ジャズミンは自身のインスタグラムに、『マーベラス・ミセス・メイゼル』のセットで衣装を身に付けた姿を収めた写真を投稿。「今はこれで…クランクアップ。マーベラスな初めての経験をありがとう!」とキャプションにつづっていたとのこと。現在、その写真は削除されている。  Page Sixがジャズミンに接触したところ、役などの詳細は明かせないが、撮影で「最高の時間」を過ごしたとコメントしたという。  『マーベラス・ミセス・メイゼル』は1950年代のニューヨークが舞台。普通の専業主婦だったミリアム・“ミッジ”・メイゼルが夫の浮気をきっかけに、コメディエンヌとなって奮闘するさまを描く。

  • 『ライトスタッフ』ドラマ版に出演するというパトリック・J・アダムス

    『ライトスタッフ』ドラマ化、『スーツ』パトリック・J・アダムスが出演

    海外ドラマ

     2017年に俳優のレオナルド・ディカプリオが製作総指揮を努めると報じられた実話ベースの『ライトスタッフ』ドラマ化。企画に進展があり、海外ドラマ『SUITS/スーツ』のマイク役で知られる俳優のパトリック・J・アダムスが、宇宙飛行士のジョン・グレンを演じることに決まったという。@@cutter 米作家トム・ウルフのノンフィクションをベースにする同ドラマは、米ナショナル・ジオグラフィック局のドラマとして制作される。Deadlineによると、1958年から1963年に実施されたアメリカの有人宇宙飛行計画、通称マーキュリー計画に挑むパイロットや家族の舞台裏を描くとのことだ。  ジョン・グレン役は1983年の映画版では俳優のエド・ハリスが演じている。海軍の元戦闘機パイロットで、マーキュリー計画ではアラン・シェパードとアメリカ初の宇宙飛行士になる座を争う。  シーズン1は冷戦時代が背景。宇宙開発でソ連よりも有利に立つため、アメリカ政府とNASAが進める宇宙有人飛行を実現させるべく集まった7人のパイロットとその家族が、計画の実現前にセレブのように有名になっていくさまや、パイロット同士の対立といった人間ドラマを浮き彫りにするという。  2020年の初放送に向けて今秋より米フロリダ州ココア・ビーチで撮影が始まる予定とのことだ。他のキャストは不明。同シリーズの後のシーズンでは、アポロ計画を描く予定があるという。

  • 『S.W.A.T. シーズン2』ジャパンプレミアに登壇した(左から)相葉裕樹、丸山桂里奈、アレックス・ラッセル、ジェイ・ハリントン、松本薫、加藤和樹

    ジェイ・ハリントン&アレックス・ラッセルが来日!ファンの歓声に大興奮

    海外ドラマ

     『S.W.A.T. シーズン2』ジャパンプレミアが4日、都内で開催され、デヴィッド・“ディーコン”・ケイ役のジェイ・ハリントンと、ジム・ストリート役のアレックス・ラッセルが来日。熱狂的なファン450人が見守るなか、レッドカーペットを歩きファンと交流した。@@cutter 本作は、2017年秋にアメリカCBSで放送がスタートして以来、迫力あるアクション・シーンが話題となり、世界中で注目されているアクション・ドラマ。シーズン2では、映画並みのアクション・シーンのほか、ホンドー率いるS.W.A.T.チームメンバーのディーコンやチームを解雇になったストリートの人間ドラマも見どころとなっている。  初来日となったジェイは「みなさんの愛情を感じちょっと緊張しています」と笑顔を見せると、アレックスも会場の熱気に「なんと言ってたらいいのかわからないぐらい圧倒されています。こんなに歓迎していただいて嬉しい」と満面の笑みを浮かべていた。  世界中で熱狂的なファンが多い本作についてアレックスは「ほかでは見られない野心的なアクションンや、キャラクター造形が深い」と語ると、ジェイもアクションに関して「実際のS.W.A.T.メンバーと毎日トレーニングをしていますし、撮影も監修してくれています」と“本物”であることを強調していた。  また、イベントには、日本語吹替え声優を務める加藤和樹、相葉裕樹も出席。ディーコンの吹替えを担当する加藤と、ジムの声を演じる相葉がそれぞれ吹替え相手と熱い抱擁を交わすと、加藤は「あー“ディーコン”だ! 本物だ! って思いました」と発言し会場の笑いを誘う。相葉も「アフレコのとき、何度も何度もアレックスさんの演技を見ているので、お会いできて嬉しいです」と語っていた。  さらに、強靭な肉体を駆使するS.W.A.T.の活躍を描く作品ということで、日本を代表する女性アスリートとして柔道女子金メダリストの松本薫と、元なでしこジャパンの丸山桂里奈が花束を持って登壇。二人とも作品の大ファンだというと、丸山は「隊員の筋肉がすごい」と目を輝かせる。松本も「大迫力のアクションシーンと、深い人間ドラマが魅力です」と見どころをアピールしていた。  『S.W.A.T. シーズン2』は、6月28日(金)22時より「スーパー!ドラマTV」にて放送開始。

  • 『S.W.A.T. シーズン2』海外ドラマ専門チャンネル「スーパー!ドラマTV」にて、6月28日(金)22時より独占日本初放送

    加藤和樹&相葉裕樹、「S.W.A.T. 」ジャパンプレミアに登壇! Twitterで生配信も決定

    海外ドラマ

     ジェイ・ハリントンとアレックス・ラッセルの来日が発表されている海外ドラマ『S.W.A.T. シーズン2』のジャパンプレミアに日本語吹替声優を務める加藤和樹と相葉裕樹の登壇が決定。さらに、ジャパンプレミアの模様は公式Twitterで生配信されることもあわせて発表された。@@cutter 本作は、ロサンゼルスを舞台に、ロサンゼルス市警察所属の特殊武装戦術部隊S.W.A.T.が凶悪犯罪に立ち向かう姿を描くアクション大作。緊迫感ある銃撃戦や臨場感あふれるカーチェイス、凶暴な犯罪者との素手での直接対決など、映画並みの迫力あるアクション・シーンが視聴者の注目を集め、世界中で話題を呼んでいる。  本作の最新シーズンの日本初放送開始を記念して、6月4日に東京で開催されるジャパンプレミアにデヴィッド・“ディーコン”・ケイ(ジェイ・ハリントン)の声を担当する加藤和樹と、ジム・ストリート(アレックス・ラッセル)の声を担当する相葉裕樹の登壇が決定。ジェイとアレックスの登壇も既に発表されており、それぞれが吹替えを担当するキャストと念願の初対面を果たす。  さらに、そのイベントの模様を「スーパー!ドラマTV」の公式TwitterアカウントでPeriscope生配信することも決定している。  『S.W.A.T. シーズン2』は、海外ドラマ専門チャンネル「スーパー!ドラマTV」にて、6月28日(金)22時より、独占日本初放送。 <b>■『S.W.A.T. シーズン2』ジャパンプレミア概要</b> 実施日時: 6月4日(火)開演:19時(予定) 終了:20時(予定) 視聴方法: 「スーパー!ドラマTV」のオフィシャルTwitterアカウント(@SuperdramaTV)でのPeriscope生配信

  • 来日した『シカゴ P.D.』マリーナ・スコーシアーティ

    『シカゴ P.D』の美人刑事マリーナ・スコーシアーティ、日本の朝ごはんに驚き

    海外ドラマ

     海外ドラマ『シカゴ P.D. シーズン4』のDVDが6月5日にリリースされることを記念し、刑事キム・バージェスを演じるマリーナ・スコーシアーティが来日。シーズン4の見どころや、初めての日本の印象などを語った。@@cutter 本作は、全米第3の大都市シカゴを舞台に、凶悪犯罪に立ち向かうシカゴ警察21分署特捜班の活躍を描くハードボイルド刑事アクション。常識から外れた捜査方法を用いる精鋭チームと、それを率いる刑事ハンク・ボイト(ジェイソン・ベギー)の強烈なキャラクターが魅力となっている。  特捜班の美人刑事キム・バージェス役を演じるマリーナ。無敵のボイトが息子を失った苦しみに打ちのめされているところからスタートするシーズン4については、「ボイト1人の葛藤ではなく、ボイトの葛藤がみんなにどう影響していくかが見どころ」とコメント。そして、「シーズンが深まれば、結果を出すために違法なことに手を染める彼をもっと理解できるはず」と自信を見せた。  また、『シカゴ』シリーズ(本作と『シカゴ・ファイア』『シカゴ・メッド』)といえば、“クロスオーバー・エピソード”も人気だが、「現場が変わると、雰囲気がガラッと変わるのは、誰か他人の家に遊びに行くみたいな感覚。『シカゴ P.D.』が『シカゴ・ファイア』のクロスオーバーに参加する時は、厳粛な雰囲気があるので、みんな緊張します」と本音も明かした。  今回が初来日となったマリーナは、京都や強羅温泉を訪れたそうで、「日本のみなさんは、朝からあんなに食べているんですか?」と日本の朝ごはんの量に驚きを隠せない様子。「残すことは失礼だと思い、競技のように次から次へとガンガン食べました」と話す。  最後に、日本のファンに向けて「日本でとても素晴らしい時間を過ごしました。みなさんが、新しいシーズンを観て、素晴らしい時間を過ごしてくれることを願います。みなさんと日本が大好き」と、アピールしていた。  『シカゴ P.D. シーズン4』のDVDは、6月5日(水)よりDVDリリース。AXNにてシーズン5放送中。

  • 1986年のシルヴェスター・スタローン主演作『コブラ』のドラマ構想が浮上

    『コブラ』、シルヴェスター・スタローンがドラマシリーズ化を企画

    海外ドラマ

     ハリウッドの大御所俳優シルヴェスター・スタローンが、現地時間25日に閉幕した第72回カンヌ国際映画祭に出席。スタローンをゲストに招いた特別イベント「Rendezvous with Stallone」で、1986年の主演映画『コブラ』のドラマ構想を明かしたという。@@cutter Q&Aで観客からさまざまな質問を受けたというスタローン。Deadlineによると、『コブラ』について振り返るリクエストを受け、「ブルース・スプリングスティーンが銃を持ったら? を描いたような作品だ。ロックンロールとドラマが融合した作品だった。あのキャラクターはすごくクールだったから、シリーズ化されてもおかしくなかった」とコメントしたという。  「でも俺がヘマをした。私生活が妨げになってしまったんだ」と、シリーズ化が実現しなかった理由を説明した。だが、野望はまだあるようだ。「ストリーミング用のテレビシリーズ化で復活させようと頑張ってるよ」とスタローン。「ゾンビ班を登場させる。俺はもうとっくにいないが、すばらしいアイデアだと思う」と続けている。  ドラマ企画について、それ以上の詳細は不明。『コブラ』は殺人鬼の集団と、事件を目撃した女性の警護にあたる刑事コブラの攻防を描くが、ゾンビ班とはコブラことコブレッティ刑事が属するロス市警の特捜班の名称だ。コブラを登場させる予定はないようだが、ゾンビ班の活躍を描くことになりそうなドラマ版が実現するか、今後の続報に注目だ。

  • アナ・ケンドリックがポール・フェイグ監督とタッグで新ドラマに出演

    アナ・ケンドリック、ロマコメ・ドラマで主演&製作

    海外ドラマ

     映画『ピッチ・パーフェクト』シリーズや『コンサルタント』などの女優アナ・ケンドリックが、リブート映画『ゴーストバスターズ』のポール・フェイグ監督が製作するロマンチックコメディドラマ『Love Life(原題)』に主演するという。@@cutter Deadlineによると、『Love Life(原題)』は米ワーナーメディアのストリーミングサービスで配信される予定とのこと。ライオンズゲートTVとフェイグ監督の製作会社フェイグコ・エンターテインメントが製作。30分のアンソロジーシリーズで、10話構成になるという。  『Love Life(原題)』は初恋から最後の恋までに至る旅路を描き、人生を共にする人と出会った時の自分がいかに、それまでに関わってきた人の影響を受けているかを浮き彫りにする。  アナはシーズン1に出演し、製作総指揮も兼ねるとのこと。女優のエマ・ロバーツが主演する映画『In a Relationship(原題)』のサム・ボイドが脚本を執筆し、パイロット版を監督するという。他のキャストなどの詳細は、続報が待たれるところだ。  アナはフェイグ監督メガホンの2018年作『シンプル・フェイバー』に、女優のブレイク・ライヴリーと共に共演した。

  • 『Lの世界』続編シリーズのタイトルは『The L Word:Generation Q(原題)』(※写真はオリジナルシリーズ『Lの世界』より)

    『Lの世界』続編ドラマ、正式タイトルが決定

    海外ドラマ

     米Showtime局で進められている海外ドラマ『Lの世界』続編ドラマ。新旧キャストで女性たちの新しい恋や生活が描かれる新シリーズのタイトルが、『The L Word:Generation Q(原題)』に決まったと同局から発表があったという。@@cutter Showtime局は同時に、新シリーズのポスターと、オリジナルシリーズの印象的な場面を集めたミニ動画を公開。新たな物語の始まりを盛り上げている。  “Generation Q”は“X世代”ならぬ“Q世代”。Q世代がどんな女性たちなのかは、観てのお楽しみだ。ジェニファー・ビールス演じるベットやキャサリン・メーニッヒ演じるシェーン、レイシャ・ヘイリー演じるアリスたちに交じり、多種多様で冷静な新世代のLGBTQIAの女性たちが、ロサンゼルスで恋愛や失恋、セックス、人生の成功と挫折を経験するさまを描くという。  Comingsoonによると、8話構成の新シリーズは今夏、ロサンゼルスで制作が始まる予定。パイロット版は女性監督のステフ・グリーンがメガホンを取る。ジェニファー、キャサリン、レイシャは、オリジナルシリーズの企画・製作総指揮を務めたアイリーン・チェイケンと共に、製作総指揮に名を連ねる。

  • 『ビバリーヒルズ高校白書』のオリジナルキャスト

    『ビバリーヒルズ高校/青春白書』リバイバル、オリジナルキャスト集結の予告編が公開

    海外ドラマ

     ビバリーヒルズの高級住宅街に住む若者グループの成長や葛藤、恋愛や絆を描いた『ビバリーヒルズ高校/青春白書』。2000年に最終シーズンが全米放送されてから19年の時を経て、オリジナルキャストで復活するシリーズのティーザー予告が解禁になった。@@cutter リバイバルドラマのタイトルは『BH90210(原題)』。登場人物たちのその後を描くのではなく、彼らを演じたキャスト陣が最終シーズンから19年後、ドラマのリブート版を実現するために集結するところから始まるというドキュメンタリー風のドラマになると伝えられている。  当初、出演しないと報じられていたブレンダ役の女優シャナン・ドハティの参加も決まり、ブランドン役の俳優ジェイソン・プリーストリー、ケリー役の女優ジェニー・ガース、スティーブ役の俳優アイアン・ジーリング、アンドレア役の女優ガブリエル・カーテリス、デビッド役の俳優ブライアン・オースティン・グリーン、ドナ役の女優トーリ・スペリングと、総勢7名のオリジナルキャストがそろう。ディラン役の俳優ルーク・ペリーは2019年3月に死去した。  ティーザー予告では、各人の朝の様子が映し出される。ベッド脇のアラームが鳴って目覚めるジェイソン。庭で瞑想しているシャナン。コーヒーメーカーでコーヒーを作り始めるトーリ。ドライヤーで髪の毛を乾かすジェニー。ウォークインクローゼットでネクタイを選んでいるブライアン。自宅を出るガブリエル。愛車に乗り込むアイアン。それぞれがドラマの主題歌の一部のメロディとかぶる生活音を耳にして、何か思い当たる節があるかのように笑顔を浮かべるという、ファンにはうれしいティーザー予告になっている。  『BH90210(原題)』は現地時間8月7日、米Fox局にて初放送を迎える予定。日本でも人気のあったシリーズゆえ、リリースされることに期待したい。

  • 魔界出身のローズ伯爵、『LUCIFER/ルシファー』シーズン1を鑑賞!

    【インタビュー】魔界出身のローズ伯爵、悪魔が主人公の『ルシファー』を絶賛!「悪と正義のさじ加減が最高」

    海外ドラマ

    <meta charset="utf-8" /> <meta content="width=device-width, initial-scale=1, minimum-scale=1, maximum-scale=1, user-scalable=yes" name="viewport" /> <title></title> <meta content="index,follow" name="robots" /> <meta content="インタビュー特集" name="description" /> <meta content="クランクイン,映画,海外ドラマ,ゲーム,アニメ,セレブゴシップ,インタビュー" name="keywords" /> <meta content="2018 crankin All rights reserved." name="copyright" /> <meta content="hollywood channel" name="author" /> <link charset="utf-8" href="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2019_lucifer/css/interview_2.css" media="all" rel="stylesheet" type="text/css" /> <link charset="utf-8" href="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2019_lucifer/css/interview_smp_2.css" media="all" rel="stylesheet" type="text/css" /> <style type="text/css"> .article_interview{ margin: 0; width: 670px; } .movies { margin: 0 auto; position: relative; width: 100%; padding-top: 56.25%; } .movies iframe { position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100% !important; height: 100% !important; } #interview p span.intName_C { color:#ff0000; font-weight:bold; } .intMain_boxB { width: 670px; margin: 0px 0 30px; padding: 0; background: #fff; } @media screen and ( max-width:479px ) { .intMain_boxB { width:100%; margin: 0 0 20px; padding:0 ; } .intMain_boxB img { width:100%; height:auto; padding:0 ; } } iframe { border: 0; max-width: 100%; } .arrow { display: inline-block; color:#FFF; text-decoration: none; background: #7e0005; padding: 10px 10px; border-radius: 5px; font-size: 20px; font-weight:bold; line-height: 30px; width:95%; text-align:left; } .arrow::before { content: ''; width: 0; height: 0; padding:0px 0px 0px 5px; border-style: solid; border-width: 5px 0 7px 7px; border-color: transparent transparent transparent #FFF; display: inline-block; vertical-align: middle; position: relative; top: -2px; margin-right: 2px; /*left: 160px;*/ } </style> <div class="content" id="interview"> <div class="intMain_boxB"> <p style="font-size:12px; text-align:right; padding-right:8px; color:#999;"> 提供:ブロードキャスト・サテライト・ディズニー</p> <div class="photo"> <div style="width:100%;"> <img alt="『LUCIFER/ルシファー』シーズン1" border="0" src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2019_lucifer/images/001.jpg" width="670" /></div> </div> </div> <!-- / #intMain_box --><!--/.gallLink --> <div class="article"> <div style="background-color:#570000; padding:5px; margin:0px 0px 20px 0px"> <p style="font-size:16px; line-height:1.9em; color:#FFF; ">  目の肥えた全米海ドラファンを虜にし、日本でも多くのファンがいる『LUCIFER/ルシファー』のシーズン1が、全国無料のBSテレビ局Dlifeにて放送スタート! この無料初放送を記念し、魔界出身のアーティストであり、ヴァンパイアカフェの店長も務める“VAMPIRE ROSE”こと、ローズ伯爵に同作を鑑賞してもらった。「映画はよく見に行くが、海外ドラマはほとんど見ないな」というローズ伯爵が、「見始めたら、面白くて一気に見たよ」と大絶賛! 同じ魔界出身として、色々と通じるところもあった『LUCIFER/ルシファー』の魅力を語ってくれた。</p> <p style="font-size:12px; line-height:1.9em; color:#FFFFFF; text-align:right;">(取材・文:安保有希子/写真:高橋ゆり)</p> </div> <p class="lead">  地獄の王座を放棄し、現在は天使の街“ロサンゼルス”で高級ナイトクラブ“ルクス”のオーナーをしている悪魔、ルシファー・モーニングスター。イケメンかつチャーミングで、カリスマ性にあふれた彼は、大好きなワインや美女、音楽などに囲まれた地上での隠居生活を楽しんでいた。そんなある日、“ルクス”の前で友人のポップスターが殺害され、ルシファーはロサンゼルス市警の女性刑事クロエと出会う。最初こそ息の合わない2人だったが、互いに興味を持ち、コンビを組んで様々な事件に挑んでいく! </p> <div class="photo"> <div style="width:100%;"><img alt="『LUCIFER/ルシファー』シーズン1" border="0" src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2019_lucifer/images/002.jpg" width="670" /></div> </div> <div style="background-image: linear-gradient(90deg, #050000, #99070a, #500304); margin:20px 0px 10px 0px; padding:5px 0px 5px 0px;"> <p style="font-size:20px; line-height:1.3em; color:#FFF; margin: 2px auto; padding:5px 0px 0px 10px; font-weight: bold;">久しぶりに海外ドラマにハマった!</p> </div> <p class="lead" style="font-weight:bold; color:#e10000;">――ローズ伯爵は、普段、あまり海外ドラマをご覧にならないそうですが、そんな中でも、これまでご覧になり、面白かった作品はありますか?</p> <p class="lead"> <span style="font-weight:bold; color:#a18337;">ローズ:</span>人気のある海外ドラマは何シーズンも続いているだろう? だから、見ようかなと思っても、時間がかかるから観ないんだ。ただ、我輩の友が面白いからと貸してくれた『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ』は、映画版の『ターミネーター』シリーズが好きだったから、ハマったよ。それ以外、タイトルは知っていても、見てないな。ただ、映像作品は好きだから、洋画・邦画を問わず、映画はよく観に行くぞ。 </p> <div class="photo"> <div style="width:100%;"><img alt="『LUCIFER/ルシファー』シーズン1" border="0" src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2019_lucifer/images/003.jpg" width="670" /></div> </div> <p class="lead" style="font-weight:bold; color:#e10000;">――では、ローズ伯爵にとって、久しぶりの海外ドラマとなる、『LUCIFER/ルシファー』シーズン1はいかがでしたか?</p> <p class="lead"> <span style="font-weight:bold; color:#a18337;">ローズ:</span>面白かったよ! 一気に見たぞ。単純に、“ルシファー”というワードが好きだからな。我輩は、前にヴィジュアル系のバンドを組んでいたのだが、そのバンド名の候補にルシファー(堕天使)という名前があがっていたんだ。そういった縁もあって、ルシファーというキャラクターに自然と興味が湧いたな。あと、ルシファーは怒ると目が赤くなり、本気で怒った相手には悪魔の素顔を見せたりするよな。そういうところが面白いポイントの1つだったぞ。同じ魔界出身として、できれば、もっと素顔を見せてほしかったがな(笑)。</p> <p class="lead" style="font-weight:bold; color:#e10000;">――1つということは、他にも面白いポイントが?</p> <p class="lead"> <span style="font-weight:bold; color:#a18337;">ローズ:</span>もちろんあるぞ! 最初は、普通に刑事ドラマなんだよ、軽いノリのタイプの。それが、徐々に魔界のネタが入ってくる。そんなちょっと中二病をくすぐる感じが個人的に好きだな(笑)。でも、魔界のトラブルはレベルが違うな。特に、第1話から登場しているルシファーの兄弟天使、アメナディエルが面白かったぞ! 強面なのに天使というギャップも最高だが、ルシファーとは正反対の性格で、自分にも他人にも厳しい。そんな彼の動きに注目してほしいな。</p> <div class="photo"> <div style="width:100%;"><img alt="『LUCIFER/ルシファー』シーズン1" border="0" src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2019_lucifer/images/004.jpg" width="670" /></div> </div> <div style="background-image: linear-gradient(90deg, #050000, #99070a, #500304); margin:20px 0px 10px 0px; padding:5px 0px 5px 0px;"> <p style="font-size:20px; line-height:1.3em; color:#FFF; margin: 2px auto; padding:5px 0px 0px 10px; font-weight: bold;">ルシファーが○○ならもっと最高だった!?</p> </div> <p class="lead" style="font-weight:bold; color:#e10000;">――主人公・ルシファーはいかがでしたか?</p> <p class="lead"> <span style="font-weight:bold; color:#a18337;">ローズ:</span>そもそも、我輩とルシファーは似てるな。魔界出身でしかも、我輩はヴァンパイアカフェの店長で、彼はバーのオーナー。設定の共通点が多いから、自然とルシファーの魅力にぐいぐい引き込まれていったぞ。最初に登場した時のルシファーを見て、完全に悪魔だな! と思っていたら、物語が進むとちょいちょい天使の片鱗が出てくる。その悪と正義のさじ加減が最高だな。</p> <div class="photo"> <div style="width:100%; padding-bottom:12px;"><img alt="『LUCIFER/ルシファー』シーズン1" border="0" src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2019_lucifer/images/005.jpg" width="670" /></div> </div> <p class="lead" style="font-weight:bold; color:#e10000;">――設定だけじゃなくて、ルシファーもローズ伯爵も筋肉がムキムキなところも似ていますね。</p> <p class="lead"> <span style="font-weight:bold; color:#a18337;">ローズ:</span>よく見ているな。だが、ビジュアルでいうと、ルシファーが長髪だったらよかったなぁ。登場する男性キャラクターのほとんどが短髪だから、長髪は目立つし、我輩みたいに長髪の方がより悪魔らしいだろう(笑)。</p> <div class="photo"> <div style="width:100%; padding-bottom:12px;"><img alt="『LUCIFER/ルシファー』シーズン1" border="0" src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2019_lucifer/images/006.jpg" width="670" /></div> </div> <p class="lead" style="font-weight:bold; color:#e10000;">――そんなルシファーには、相手の“心の奥に隠してある秘密や、欲望を話させる”という特技があります。ローズ伯爵がルシファーの前に立ったら、何を話してしまうと思いますか?</p> <p class="lead"> <span style="font-weight:bold; color:#a18337;">ローズ:</span>ドラマの人間たちは、事件解決のヒントとなる欲望や、アメリカ大統領になりたいなど、大きな欲望を告白するだろう? でも、我輩だったら? と考えると、そんな欲望がないな…。せいぜい、1ヵ月後に控えているワンマンのライブを成功させたいとか、お金がほしいとか……なかなか小さいだろ(笑)。</p> <p class="lead" style="font-weight:bold; color:#e10000;">――ヴァンパイアカフェの店長としての欲望もないですか?</p> <p class="lead"> <span style="font-weight:bold; color:#a18337;">ローズ:</span>GW後でお客様がいつもより少ないから、しもべ達にたくさん来てほしいな……これも小さいか(笑)。</p> <div class="photo"> <div style="width:100%; padding-bottom:12px;"><img alt="『LUCIFER/ルシファー』シーズン1" border="0" src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2019_lucifer/images/007.jpg" width="670" /></div> </div> <div style="background-image: linear-gradient(90deg, #050000, #99070a, #500304); margin:10px 0px 10px 0px; padding:5px 0px 5px 0px;"> <p style="font-size:20px; line-height:1.3em; color:#FFF; margin: 2px auto; padding:5px 0px 0px 10px; font-weight: bold;">しもべ達も好きそうな世界観になっていく</p> </div> <p class="lead" style="font-weight:bold; color:#e10000;">――ルシファーには、クロエという美人な女性刑事の相棒がいます。</p> <p class="lead"> <span style="font-weight:bold; color:#a18337;">ローズ:</span>悪魔には美女が必要だからな! 画面に出てくると、ぱーっと華やぐ。刑事の前は女優だったという設定もいいと思うぞ。</p> <div class="photo"> <div style="width:100%; padding-bottom:12px;"><img alt="『LUCIFER/ルシファー』シーズン1" border="0" src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2019_lucifer/images/008.jpg" width="670" /></div> </div> <p class="lead" style="font-weight:bold; color:#e10000;">――そんな彼女と出会ったことで、ルシファーの人生は大きく変わります。ローズ伯爵にも、クロエのような“バディ”といえる存在の人はいますか?</p> <p class="lead"> <span style="font-weight:bold; color:#a18337;">ローズ:</span>制作物に関してはコイツ、現場に行く時はコイツ、といった感じで、それぞれの分野でバディは違う。でも、みんな、付き合いが長くて、信頼できる者たちばかりだ。あと、信頼してるバディといえば、ヴァンパイアカフェの料理長だな! 我輩と料理長の社員2人でお店をやっているんだが、全然意見が合わないんだよ(笑)。でも、最終的には、2人で意見を戦わせ、協力して1つの物を作り上げていく。ちょっとルシファーとクロエのコンビに似てないか? ルシファーは無茶をするだろう。空気は読まないし、勝手に動くし、自由に発言するし、かなりフリーダム(笑)。そんなルシファーを見て、クロエはちょっと怒ることはあっても、厳しく問い詰めたりしないよな。“まぁ、いっか”という感じ。我輩たちもそんな関係性なんだよ。そういう関係性が、仕事をしていくバディとしはいいのかなと、今、話していて気がついたぞ(笑)。</p> <div class="photo"> <div style="width:100%; padding-bottom:12px;"><img alt="『LUCIFER/ルシファー』シーズン1" border="0" src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2019_lucifer/images/009.jpg" width="670" /></div> </div> <p class="lead" style="font-weight:bold; color:#e10000;">――最後に、これからDlifeで放送が始まる本作の魅力を一言でお願いします。</p> <p class="lead"> <span style="font-weight:bold; color:#a18337;">ローズ:</span>単なる刑事ドラマではない! だな。序盤は、刑事ドラマの要素が強いが、6話以降は物語がかなり展開していく。我輩のしもべ達も好きそうな世界観になっていくから、まずは6話までは絶対に見続けるんだ。しもべ達よ今宵は、『LUCIFER/ルシファー』を楽しめ!</p> <div class="photo"> <div style="width:100%; padding-bottom:12px;"><img alt="『LUCIFER/ルシファー』シーズン1" border="0" src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2019_lucifer/images/010.jpg" width="670" /></div> </div> <p style="font-weight:bold; font-size:19px; padding:10px 0px 5px 0px; line-height:20px;">『LUCIFER/ルシファー』シーズン1は、5月20日(月)21時から全国無料のBSテレビ局・Dlife(ディーライフ)にて無料初放送。</p> <p style="font-size:12px; margin:10px 0px 10px 0px;">(C)Warner Bros. Entertainment Inc.</p> <div style="margin:20px 0px 20px 0px; text-align:center;"> <a class="arrow" href="https://dlife.disney.co.jp/program/drama/lucifer_s1.html" target="_blank">『LUCIFER/ルシファー』シーズン1 Dlife番組公式サイト</a></div> <div style="margin:0px 0px 20px 0px; text-align:center;"> <a class="arrow" href="https://twitter.com/fromVampireRose" target="_blank">ローズ伯爵(VAMPIRE ROSE)ツイッター</a></div> </div><!--▲--><!--article--><br /> </div><!--end-->

  • シーズン3で打ち切り(※『リーサル・ウェポン』シーズン3場面写真)

    『リーサル・ウェポン』、シーズン3で打ち切りへ

    海外ドラマ

     俳優のメル・ギブソンとダニー・グローヴァー共演の同名刑事アクションをドラマ化した『リーサル・ウェポン』。主演の1人、マーティン・リッグス役の俳優クレイン・クロフォードがシーズン2の終了と共にクビになるというトラブルが発生したが、米Fox局がシーズン3で打ち切ることを決めたという。@@cutter 映画版の設定と同じく、ロサンゼルス市警の刑事で、暗い過去のあるリッグスとベテラン刑事のマータフが凶悪犯罪に挑む海外ドラマ『リーサル・ウェポン』。リッグスを演じるクレインが撮影現場で問題行動を起こし、シーズン2で解雇されると、映画『アメリカン・パイ』シリーズの俳優ショーン・ウィリアム・スコットが起用となった。シーズン3では、ショーン演じる元CIAエージェントのウェスリー・コールが、マータフの新しい相棒として登場した。  Varietyによると、シーズン2の各エピソードの平均視聴者数が400万人強だったのに対し、シーズン3の平均視聴者数は300万人強と落ち込んだという。シーズン1の平均視聴者数は650万人だったとのことだ。  昨年の10月にはマータフ役の俳優デイモン・ウェイアンズが、Eurweb.comとのビデオインタビューでシーズン3での降板を示唆していたため、ドラマの存続が危惧されていた。結局、視聴率も低迷していたことから、局側は新しいキャラクターを立ててドラマを続けるよりも、打ち切る決断に至ったようだ。  シーズン3は15話構成となり、本国アメリカでは今年の2月に放送が終わっている。

  • 『ラスト・オブ・モヒカン』がドラマ化(※映画版『ラスト・オブ・モヒカン』場面写真)

    『ラスト・オブ・モヒカン』、ドラマ企画が進行中

    海外ドラマ

     1992年に俳優のダニエル・デイ=ルイス主演で映画化された米作家ジェイムズ・フェニモア・クーパー原作『ラスト・オブ・モヒカン』。海外ドラマ『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』や『エイリアニスト』の製作総指揮で監督も務めるキャリー・フクナガが、テレビドラマ化を進めているという。@@cutter Deadlineによると、フクナガはパラマウント・テレビジョンのもと、海外ドラマ『アメリカン・クライム』や『ザ・フォロイング』のニコール・カッセル監督とタッグを組んだとのこと。脚本はフクナガが映画『リメンバー・ミー』のニック・オズボーンと執筆し、カッセル監督がメガホンを取るという。  『ラスト・オブ・モヒカン』はフレンチ・インディアン戦争が背景となる18世紀半ばのアメリアが舞台。1992年の映画版は原作と設定などが異なっていたが、ドラマ版ではモヒカン族の青年ウンカスと、イングランド軍の隊長の娘コーラの愛を中心に描くとのことだ。  カッセル監督は「このすばらしいチームの一員となり、アメリカ史のこの作品の年代に新しい光と視点をもたらすことに興奮しています」と語り、「キャリーとニックの脚本は読み応えがあり、新鮮です」と作品の方向性に太鼓判を押している。

  • 『すばらしい新世界』ドラマ版で主演するというオールデン・エアエンライク

    『ハン・ソロ』オールデン・エアエンライク、『すばらしい新世界』ドラマ版に主演

    海外ドラマ

     新『スター・ウォーズ』シリーズの単独スピンオフ『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』でハン・ソロを演じる俳優のオールデン・エアエンライクが、英作家オルダス・ハクスリーのディストピア小説『すばらしい新世界』のドラマ版で主演するという。@@cutter 1932年に発表されたハクスリーの『すばらしい新世界』は、プライバシーや家族、歴史などを一掃することによって達成された平和と安定の上に成り立つ社会を描く。俳優のピーター・ギャラガーやレナード・ニモイなどが出演した1998年のテレビ映画版『ブレイブ・ニュー・ワールド/恐るべき理想郷』など、過去に数回映像化されている。  当初は米SyFy局で企画が進められていたが、米USAネットワーク局でシリーズ化されることが決まった。だがDeadlineによると、現在は米NBCユニバーサルのストリーミングサービスで、2020年の配信に向けて制作される可能性があるという。  『すばらしい新世界』新シリーズは、海外ドラマ『フィア・ザ・ウォーキング・デッド』のデヴィッド・ウィーナーや海外ドラマ『Happy!』のグラント・モリソンらが、脚本を執筆。オールデンが演じるのはジョン・サヴェジとのこと。ジョンは、新世界のニューロンドンの市民バーナードと恋人のレーニナが蛮人保存地区で出会う男性だ。  海外ドラマ『ブラック・ミラー』のオーウェン・ハリス監督が、第1話でメガホンを取るという。ハリス監督は製作総指揮を兼任する。オールデンがドラマで主要キャラクターを演じるのは、今回が初めてとなる。

  • 『BULL/ブル 心を操る天才』待望のシーズン2 DVDリリース!

    『NCIS』マイケル・ウェザリー主演『BULL/ブル』シーズン2 DVDリリース!

    海外ドラマ

     『NCIS ネイビー犯罪捜査班』屈指の人気キャラクター、トニー役で知られるマイケル・ウェザリーが主演と製作を務めるドラマ『BULL/ブル 心を操る天才』シーズン2のDVDが本日(5月9日)より発売、レンタル開始となった。シーズン2では、日本語吹替のゲスト声優に女優の吉田羊が参加しており、日本語吹替版も見逃せない。@@cutter 本作は、全米視聴者数2000万人超の大ヒットを記録した心理エンターテイメント。マイケルのほかにも、フレディ・ロドリゲス、ジェニーヴァ・カー、クリストファー・ジャクソン、ジェイミー・リー・カーシュナー、アナベル・アタナシオら実力派キャストが出演している。  さらに、製作総指揮にはスティーヴン・スピルバーグや、2度のアカデミー賞ノミネート歴を持つ脚本家ポール・アタナシオが参加するなど、ハリウッドのヒットメイカーたちが結集している。  マイケル演じる主人公のブルは、3つの博士号を持つ心理学者で、心を読み解くスペシャリスト。神業的な人心掌握能力を駆使して、あらゆる難事件に挑む。そんなブルを支えるのは、各分野のスペシャリストで結成された“最強”チーム。弁護士、元国土安全保障省職員、元FBI捜査官、凄腕ハッカー、そしてプロのスタイリストからなるチームが、正義のために闘い、クライアントを勝利へと導く。 @@insert1  本日(5月9日)、DVDがリリースされたシーズン2では、鉄壁のチームにも崩壊の危機が訪れる。冤罪の死刑裁判を取り扱うことになったブルたちは、死の淵立つクライアントを助け出すことができるのか…毎話見どころ満載のストーリーとなっている。  また、シーズン2では日本語吹替のゲスト声優に吉田羊が参加。主人公ブル役の東地宏樹、弁護士ベニー役の古谷徹、ブルの右腕マリッサ役の竹内順子もシーズン1に続き吹替えを担当しており、豪華声優陣が集結した日本語吹替版も見逃せない。  海外ドラマ『BULL/ブル 心を操る天才』シーズン2 DVD‐BOX PART1 発売中、レンタル中。DVD‐BOX PART2 6月5日(水)発売、同時レンタル開始。

  • 人気ドラマ「シカゴ」シリーズのイケメン俳優を紹介 ※写真は『シカゴP.D.』シーズン1

    30代“ダンディ”イケメンの宝庫! 人気ドラマ「シカゴ」シリーズの注目俳優を紹介

    海外ドラマ

     現在、アメリカで大成功を収めているのが、「LAW & ORDER」シリーズのディック・ウルフが手がける「シカゴ」シリーズだ。この「シカゴ」シリーズでは、シカゴの街を舞台に、消防士、警察、救急医療、それぞれの立場から、シカゴで暮らす人々を守るために、昼夜問わず戦う人々の姿を描いている。その脚本の面白さもさることながら、人気の大きな要因の1つが大人の色気を醸し出す30代のイケメン俳優の存在だ。しかも、全員がハードな現場が主戦場ゆえ、スタイルも抜群!どのようなイケメンがいるのか、早速、見ていこう!@@cutter その前に、まずは軽く「シカゴ」シリーズについて紹介しておきたい。2012年に全米4大ネットワークNBCで始まった、シカゴ消防署51分署が舞台の『シカゴ・ファイア』がヒットしたのを皮切りに、2014年にシカゴ警察21分署特捜班の活躍を描いた刑事ドラマ『シカゴP.D.』がスタートし、翌年の2015年には総合病院シカゴ総合医療センターの救急外来を舞台にした救命医療ドラマ『シカゴ・メッド』がスタート。これら3本を合わせて「シカゴ」シリーズの名で親しまれている。また、この3作品は頻繁にクロスオーバー・エピソードが制作され、イケメンの行き来も活発。なんともうれしい構成になっているのだ。  最初に紹介するイケメンは、先日、BSテレビ局・Dlifeで無料初放送されることが発表された『シカゴP.D.』よりジェシー・リー・ソファーとパトリック・ジョン・フリューガーの2人。ジェシーが演じる特捜班の刑事ジェイ・ハルステッドは、陸軍特殊部隊出身のため、腕っ節が強く、どちらかというとバイオレンス担当。また、その甘いマスクから、もちろん女性担当でもある。もう1人のパトリックは、警察学校から特捜班へと大抜擢されたため、すぐに調子に乗り、よく上司から怒られている。さらに、ジェイ同様、女性に弱い部分があり、かつ、こちらは八方美人も加わるので、女性関係は派手である。ただ、仕事となると、とにかくカッコよくなる2人なので、このギャップにまいってしまう女性も多い。また、そんなキャラクターを演じる2人だが、ジェシーはニューヨーク大学の秀才で、バトリックは俳優の他ミュージシャンの顔も持つ。単なる見た目だけでなく、知識や教養、生活スタイルの部分を切り取ってもまさに彼らは“大人の男性”。マルチな才能を持つ知的ダンディを代表するイケメンなのだ。 @@insert1 @@insert2  次が、『シカゴ・ファイア』のテイラー・キニー。本作でブレイクする前は“レディー・ガガの恋人”と紹介したほうが、ピンとくる人が多かった。それが、同僚の殉死がきっかけで隊の方針に逆らうようになったケリーを熱演するや、あのセクシーでタフな男性は誰だ!と人気が急上昇。できる限りスタントは自分でこなす、実際の消防士の仕事を体験する、ドラマの撮影のためにシカゴに暮らすなど、仕事に対する真摯な態度はさすがとしか言いようがない。一方で、自身のインスタグラムには愛してやまない仕事仲間や友人、趣味のバイクの写真が数多くアップされており、大人の男性のかっこよさを垣間見ることができる。また、鍛え抜かれた肉体を披露した大人セクシーなショットも公開。脂がのってきた30代後半のテイラー、仕事に趣味に、なんでも全力投球する姿に“キング・オブ・ダンディ”の称号を勝手に贈りたい。 @@insert3  最後の注目イケメンが、『シカゴ・メッド』のコリン・ドネルだ。彼が演じるコナーは、優秀な外科医だが、父親が大富豪のため常に尊大な態度ばかり。当然のごとく、周囲からは反感を買うことが多い。しかし、仕事では患者のことを第一に考え、時に対立しながらも、仲間と協力して命を救おうとする。普段がクールなぶん、これがグッとくるのだ。そして、演じるドネルはスポーツ少年だったが、骨折をきっかけに俳優の道に。元々素質があったからか、名門インディアナ大学を優秀生徒として卒業後、ニューヨークへ進出してからは、とんとん拍子に舞台への出演が決まり、テレビにも進出。このマスクゆえ、かなりモテたそうだが、2015年に女優のパティ・ミュリンと結婚し、幸せそうな2人の写真がインスタグラムに度々アップされている。他にも、『シカゴ・メッド』の裏側はもちろん、ジムで筋トレをしていたり、ボルタリングをしていたり、スーツでビシッとキメていたり、大人の色気を感じさせるダンディな写真も多数タップしている。ぜひ時間のある時に、ドネルのインスタをのぞいて見てほしい。  ここまでイケメンが集まっているドラマは、なかなかない。「シカゴ」シリーズ、色々な面から見て損はないどころか、見て得しかない作品だ。  海外ドラマ『シカゴP.D. シーズン1』は、5月8日(水)21:00から全国無料のBSテレビ局・Dlife(ディーライフ)にて放送開始。

  • 海外ドラマ「BULL/ブル 心を操る天才」シーズン2

  • 吹き替えを務める内田夕夜と東地宏樹が明かす『エイリアニスト NY殺人ファイル』の魅力とは

    内田夕夜&東地宏樹が明かす、サイコスリラー『エイリアニスト』の魅力とは

    海外ドラマ

     ダニエル・ブリュール、ルーク・エヴァンス、ダコタ・ファニングの豪華映画スターが共演する、海外ドラマ『エイリアニスト NY殺人ファイル』。本作で吹き替えを務める声優の内田夕夜と東地宏樹が、作品の魅力と見どころについて明かしてくれた。@@cutter 『エイリアニスト NY殺人ファイル』は、全米ベストセラー小説を原作に、プロファイリングや科学捜査といった新たな手法で近代的犯罪捜査を行うチームの活躍と、グロテスクな犯罪描写が話題のサイコスリラー。  19世紀末のニューヨーク、ある日、橋の上で凄惨な死体が発見される。警察は早々に犯人を逮捕するが、精神科医クライズラー(ダニエル)はその逮捕に疑いを持つ。彼はニューヨーク・タイムズのイラストレーターで友人のムーア(ルーク)、その幼馴染みでニューヨーク市警初の女性職員サラ(ダコタ)らと共に特捜班を立ち上げる。プロファイリングや科学捜査を駆使して徐々に犯人像に迫っていくが、新たな惨殺死体が発見され、事態は混迷を極めていく。  本作で吹き替えを務めるのは、海外ドラマ『SUPERNATURAL』のサム&ディーンでお馴染みの内田と東地。クライズラー役の内田は、本作について「プロファイリングや科学捜査というのは今でこそ当たり前の捜査手法ですけど、この時代の人たちがなぜそれを認めていくのかがちゃんと描かれている」と絶賛すると、「第1話の冒頭で雪の中に赤い血がポタッと落ちるシーンのように、映像的に美しさがありながらも、怖さがあるという感じでした」と明かす。  一方、ムーア役の東地は作品の魅力について、「19世紀末を舞台にしていて、海外版・江戸川乱歩と感じました。ダークで耽美的なものが好きな人にはハマる作品だなという第一印象でしたね」と語り、併せて、ディテールがしっかりしていることも挙げている。  見どころについて内田は、「プロファイルの元祖はこういうことだったのではないかという設定とドラマ作りは間違いなく見どころなので、二転三転するストーリーとともにぜひ全10話を楽しんで頂きたいです」と目を輝かせる。    東地は、「謎解きの要素が多いんですけど、その謎解きと同時に人の心を解いていくというものがあります。いろいろなトラウマを抱えた人たちが登場して、そのトラウマの一歩先に踏み込んでいく話もあり、人間の再生の物語みたいな部分もすごく大きくあります」と様々な見どころを明かしている。  海外ドラマ『エイリアニスト NY殺人ファイル』DVDは、好評レンタル&発売中。

  • 海外ドラマ『ブラックリスト シーズン6』は、スーパー!ドラマTVにて4月30日22時より独占日本初放送

    今夜『ブラックリスト6』放送 主演ジェームズ・スペイダーが衝撃展開を語る

    海外ドラマ

     米TV業界の祭典エミー賞を3度受賞したジェームズ・スペイダーが主演を務めるサスペンスドラマ『ブラックリスト』の最新作となるシーズン6が、いよいよ今夜30日より放送される。放送を前に主演のジェームズが「全てが突如ひっくり返り、これまでとは異なったものになる」とその衝撃の展開について語った。@@cutter 本作は、“犯罪コンシェルジュ”として世界中の犯罪者たちと裏取引をしてきた最重要指名手配犯のレイモンド・“レッド”・レディントン(ジェームズ)が、自らFBIに出頭し、捜査官エリザベス・“リズ”・キーン(メーガン・ブーン)とともに多くの犯罪者を逮捕に導いていくアクション・サスペンス。  シーズン6では、前シーズンで最愛の夫トムを失い、ミスター・キャプランが残した人骨がレディントンのものであることを知ったエリザベスが、レディントンを名乗る男の正体を暴くべく、異母姉妹のジェニファーとともに真相究明に奔走する。偽レディントンとエリザベスが繰り広げる激しい心理戦をはじめ、婚約したアラムとナヴァービの関係や、FBIメンバーのそれぞれをめぐるドラマも展開。さらに、第1話と第2話にはフランスの名優クリストファー・ランバートが出演する。  主演のスペイダーは「シーズン6の前半では、あらゆる事に変化が訪れる。全てが突如ひっくり返り、これまでとは異なったものになるんだ」と断言。  続けて、「これまでレッドが生き延び、打ち勝とうとしてきた環境は全く新しいものになる。さらにキャラクター間の関係性も劇的に変化し、それぞれが置かれた新たな状況にどのように対処していくかも、これまでとは全く異なる新しいものとなる。最初のエピソードとなったパイロット版の最初の脚本を読んだ時、『この作品はどんなものにもなり得る』と感じたのを覚えているが、本当にそうなっているよ」と話している。  『ブラックリスト シーズン6』は、海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTVにて4月30日より毎週火曜22時ほか放送。

  • 米HBO局のリミテッドシリーズに主演予定のジェイク・ギレンホール

    ジェイク・ギレンホール、リミテッドシリーズでTVドラマ初主演か

    海外ドラマ

     女優のニコール・キッドマンやリース・ウィザースプーン、俳優のマイケル・ダグラスなど多くの映画俳優・女優がテレビドラマに出演する中、映画『ブロークバック・マウンテン』や『サウスポー』などの俳優ジェイク・ギレンホールが米HBO局の新リミテッドシリーズに出演するという。@@cutter Varietyによると、米作家ゲイリー・シュタインガードが2018年に発表した小説『Lake Success(原題)』のドラマ化になるという。ジェイクは主演を務めるほか、ジェイクの主演映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』のプロデューサーであるリーヴァ・マーカーと共に製作総指揮を兼任する。  『Lake Success(原題)』はナルシストで自己ぎまん的な金融マンのバリー・コーエンが主人公。バリーは自分の家族や過去、米証券取引委員会から逃げ、アメリカを横断するバスに乗って大学時代の彼女を捜そうとする。一方、バリーの妻シーマは自閉症の息子の子育てに悩みながら、バリーとは違う男性との悲喜劇的な恋愛を始めるという展開に。  ジェイク以外のキャストは不明。『Lake Success(原題)』のリミテッドシリーズ化に正式なゴーサインが出れば、ジェイクにとっては初の主演ドラマになる。

  • 『シカゴP.D.』をシーズン6で降板するアントニオ・ドーソン刑事役のジョン・セダ(※『シカゴP.D.』シーズン3場面写真)

    『シカゴ P.D.』&『シカゴ・メッド』、レギュラーキャスト3人が降板

    海外ドラマ

     米イリノイ州シカゴを舞台に、消防士、警官、医師の活躍を描く総称『シカゴ』シリーズ。スピンオフ『シカゴ P.D.』からはアントニオ・ドーソン刑事役の俳優ジョン・セダ、スピンオフ『シカゴ・メッド』からはコナー・ローズ医師役の俳優コリン・ドネルと、アヴァ・ベッカー医師役の女優ノーマ・クーリングが降板するという。Deadlineが報じた。@@cutter 情報筋の話では、3人が降板するのは、創作上の意見の相違が原因とのこと。演じるキャラクターの物語上の展開で、意見が合わなかったようだ。  ジョンは消防士たちの活躍を描く本家の海外ドラマ『シカゴ・ファイア』で、シカゴ市警の刑事アントニオ役で登場。警察が舞台となるスピンオフの『シカゴ P.D.』が制作されると、同番組でレギュラー昇格となった。その後、法曹界を描く別のスピンオフ『Chicago Justice(原題)』の制作が決まり、同じ役で同ドラマに活躍の場を移したが、シーズン1で打ち切りになると、古巣の『シカゴ P.D.』に戻ってきた。  『シカゴ・メッド』のコリンは外傷外科のフェロー、ローズ医師としてシーズン1からレギュラー出演。『シカゴ P.D.』や『シカゴ・ファイア』にもゲスト出演していた。ベッカー医師役のノーマはシーズン2の最終話に初登場し、シーズン3からレギュラーキャストに昇格していた。  米NBC局の人気ドラマ『シカゴ』シリーズ。本家の『シカゴ・ファイア』はシーズン8、『シカゴ P.D.』はシーズン7、『シカゴ・メッド』はシーズン5と、それぞれ次シーズンの更新が決まっている。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access