グラミー賞 関連記事

  • 第61回グラミー賞で3部門を制したレディー・ガガ

    グラミー賞、チャイルディッシュ・ガンビーノ&K・マスグレイヴスが最多4部門受賞

    セレブ&ゴシップ

     現地時間10日にロサンゼルスで第61回グラミー賞が発表になり、チャイルディッシュ・ガンビーノとケイシー・マスグレイヴスが、それぞれ最多4部門を受賞した。女優としてアカデミー賞主演女優賞にもノミネートされているレディー・ガガは、ブランディ・カーライルと共に3部門の受賞となった。@@cutter チャイルディッシュ・ガンビーノはアメリカが抱える人種差別問題などをテーマにした楽曲『ディス・イズ・アメリカ』で、主要部門の年間最優秀レコード賞と年間最優秀楽曲賞、そして最優秀ミュージック・ビデオ賞と最優秀ラップ/サング・パフォーマンス賞に輝いた。ミュージック・ビデオはチャイルディッシュ・ガンビーノが本名のドナルド・グローヴァーで出演・製作する海外ドラマ『アトランタ』でタッグを組む、日本人監督のヒロ・ムライがメガホンを取った。  ケイシーはアルバム『ゴールデン・アワー』で主要部門の年間最優秀アルバム賞と最優秀カントリー・アルバム賞、楽曲『バタフライズ』で最優秀カントリー・パフォーマンス(ソロ)賞、楽曲『スペース・カウボーイ』で最優秀カントリー・ソング賞に輝いている。  ステージではパフォーマンスも披露したレディー・ガガは、楽曲『ジョアン』で最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)賞、映画『アリー/スター誕生』の楽曲『シャロウ ~「アリー/スター誕生」愛のうた』で最優秀映像作品楽曲賞と最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)の3部門を制した。  パフォーマンスする楽曲をめぐりプロデューサーともめて、授賞式の直前に出席を取り止めて話題になったアリアナ・グランデは、アルバム『スウィートナー』で最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞を受賞している。  第61回グラミー賞の主な受賞者は下記の通り(一部抜粋)。 <年間最優秀レコード賞> 『ディス・イズ・アメリカ』チャイルディッシュ・ガンビーノ <年間最優秀アルバム賞> 『ゴールデン・アワー』ケイシー・マスグレイヴス <年間最優秀楽曲賞> 『ディス・イズ・アメリカ』チャイルディッシュ・ガンビーノ <最優秀新人賞> デュア・リパ <最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)賞> 『ジョアン(ホエア・ドゥ・ユー・シンク・ユア・ゴーイン?)』レディー・ガガ <最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)賞> 『シャロウ ~「アリー/スター誕生」愛のうた』レディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー <最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞> 『スウィートナー』アリアナ・グランデ <最優秀ラップ/サング・パフォーマンス賞> 『ディス・イズ・アメリカ』チャイルディッシュ・ガンビーノ <最優秀ラップ楽曲賞> 『ゴッズ・プラン』ドレイク <最優秀ラップ・アルバム賞> 『インベージョン・オブ・プライバシー』カーディ・B <最優秀ロック・パフォーマンス賞> 『When Bad Does Good(原題)』クリス・コーネル <最優秀ロック楽曲賞> 『Masseduction(原題)』セイント・ヴィンセント <最優秀ロック・アルバム賞> 『フロム・ザ・ファイアーズ』グレタ・ヴァン・フリート <最優秀R&Bパフォーマンス賞> 『H.E.R.』H.E.R. <最優秀R&B楽曲賞> 『ブード・アップ』 エラ・メイ <最優秀R&Bアルバム賞> 『H.E.R.』H.E.R. <最優秀ミュージック・ビデオ賞> 『ディス・イズ・アメリカ』チャイルディッシュ・ガンビーノ

  • 個性豊かなドレスでセレブたちが魅了! 第61回グラミー賞レッドカーペット

  • 今年のグラミー賞から手を引いたアリアナ・グランデ

    アリアナ・グランデ、グラミー賞のパフォーマンスを降板 プロデューサーに激怒

    セレブ&ゴシップ

     歌手のアリアナ・グランデが現地時間10日に予定されている第61回グラミー賞でのパフォーマンスと出席を取り止めたという。楽曲をめぐり、プロデューサーと対立したと、VarietyやUs Weeklyなどの海外メディアが報じた。@@cutter アルバム『スウィートナー』で最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞、楽曲『ゴッド・イズ・ア・ウーマン』で最優秀ソロ・ポップ・パフォーマンス賞にノミネートされているアリアナ。情報筋の話では、最新アルバム『thank u,next』に収録された最新シングル『7 rings』のパフォーマンスを望んだアリアナに対し、プロデューサーがOKを出さなかったという。アリアナは「侮辱された」と感じたと、この情報筋は話している。  その後、プロデューサーのケン・アーリック氏がAssociated Pressとのインタビューで、アリアナの降板理由は「うまくやり通すには遅すぎたため」と説明し、アリアナが激怒。「今まで黙っていたけど、あなたは私のことでウソを言っている」とツイートし、「私が一晩でパフォーマンスをうまくやり通す準備ができることは分かってるでしょ、ケン」と反論した。アーリック氏がアリアナのクリエイティビティや自己表現力を封じ込めようとしたため、欠席することにしたと明かしている。  アリアナは3曲提案したそうだが、協力やサポートがあるとは感じられなかったそうだ。グラミー賞は欠席するが、「それでも今年、(ノミネートという形で)認めてもらえたことに感謝する」と締めくくっている。

  • 第61回グラミー賞で最多8ノミネートを獲得したケンドリック・ラマー

    第61回グラミー賞、ケンドリック・ラマーが最多8ノミネート

    セレブ&ゴシップ

     現地時間2019年2月10日にロサンゼルスで開催される第61回グラミー賞。ノミネーションが発表になり、ケンドリック・ラマーが最優秀レコード賞、最優秀アルバム賞、最優秀楽曲賞など主要3部門を含む最多8部門にノミネートされた。@@cutter 主要4部門の候補がこれまでの5枠から8枠に引き上げられたグラミー賞。ケンドリックに続く7部門にノミネートされたのはドレイク。同じく最優秀レコード賞、最優秀アルバム賞、最優秀楽曲賞の主要3部門の他、最優秀ラップ賞などでケンドリックと栄冠を争うことになる。  また今回、9月に急死したマック・ミラーが、最優秀ラップ・アルバム賞に初ノミネートされた。初主演映画『アリー/スター誕生』でゴールデン・グローブ賞の主演女優賞にノミネートされているレディー・ガガは、同作からの楽曲や自身のアルバム『ジョアン』で最優秀レコード賞や最優秀楽曲賞などを含む5ノミネートを獲得した。  第61回グラミー賞主要4部門のノミネートアーティストは以下の通り。 <年間最優秀レコード賞> 『I Like It』カーディ・B、バッド・バニー&J・バルヴィン 『The Joke(原題)』ブランディ・カーライル 『ディス・イズ・アメリカ』チャイルディッシュ・ガンビーノ 『ゴッズ・プラン』ドレイク 『シャロウ ~『アリー/スター誕生』愛のうた』レディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー 『オール・ザ・スターズ』ケンドリック・ラマー&シザ 『ロック・スター』ポスト・マローン feat.21サヴェージ 『ザ・ミドル』ゼッド、マレン・モリス&グレイ <年間最優秀アルバム賞> 『インヴェイジョン・オブ・プライバシー』カーディ・B 『By The Way,I Forgive You(原題)』ブランディ・カーライル 『スコーピオン』ドレイク 『H.E.R./ハー』H.E.R. 『ビアボングズ&ベントレーズ』ポスト・マローン 『ダーティー・コンピューター』ジャネール・モネイ 『ゴールデン・アワー』ケイシー・マスグレイヴス 『ブラックパンサー』ヴァリアス・アーティスト(ケンドリック・ラマー他) <年間最優秀楽曲賞> 『オール・ザ・スターズ』ケンドリック・ラマー&シザ 『ブード・アップ』エラ・メイ 『ゴッズ・プラン』ドレイク 『イン・マイ・ブラッド』ショーン・メンデス 『The Joke(原題)』ブランディ・カーライル 『ザ・ミドル』ゼッド、マレン・モリス&グレイ 『シャロウ ~『アリー/スター誕生』愛のうた』レディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー 『ディス・イズ・アメリカ』チャイルディッシュ・ガンビーノ <最優秀新人賞> クロエ&ハリー ルーク・コームス グレタ・ヴァン・フリート H.E.R. デュア・リパ マーゴ・プライス ビービー・レクサ ジョルジャ・スミス

  • ノミネートされた7部門全てで受賞したブルーノ・マーズ

    第60回グラミー賞、ブルーノ・マーズとケンドリック・ラマーが席巻!

    セレブ&ゴシップ

     現地時間28日、ニューヨークのマディソンスクエアガーデンにて「第60回グラミー賞」の授賞式が行われた。最多受賞となったブルーノ・マーズは、ノミネートされていた7部門全てで受賞。次いで、ケンドリック・ラマーが5部門で受賞を果たした。ジェイ・Zは最多8部門でノミネートされていたものの、受賞を逃す結果に。VARIETYなどの海外メディアが伝えた。@@cutter ブルーノ・マーズは『24K Magic』で「年間最優秀アルバム賞」「年間最優秀レコード賞」「最優秀R&Bアルバム賞」を受賞。楽曲『That’s What I Like』では「年間最優秀楽曲賞」「最優秀R&B楽曲賞」「最優秀R&Bパフォーマンス賞」を受賞し、「最優秀新人賞」を除く主要3部門を独占した。『24K Magic』はエンジニアに贈られる「最優秀アルバム技術賞(クラシック以外)」にも選ばれ、合計7部門での受賞を果たした。  ケンドリック・ラマーは楽曲『HUMBLE.』で「最優秀ミュージック・ビデオ賞」「最優秀ラップ楽曲賞」「最優秀ラップ・パフォーマンス賞」を受賞。同楽曲を収録した『ダム』は「最優秀アルバム賞」を、またリアーナをフィーチャリングした楽曲『ロイヤルティ』では「最優秀ラップ/ソング・パフォーマンス賞」に輝いた。  「リアーナが僕の曲で僕を酔わせてくれた。この楽曲は彼女のものだ」とラマーがコメントすると、リアーナは「光栄に思う。おめでとう、あなたにふさわしい」とラマーの受賞を讃えた。ラマーは他のヒップホップ・アーティストへ向けて「アーティストであることの本当の定義を教えてくれた。賞賛を浴びることでも、良い車や服でもない。それは次の世代へと伝えることだ。ジェイ・Z、ナズ、パフ、彼らはリリックを通じて、近くからも遠くからもそのあり方を見せてくれた」と敬意を語った。  最優秀新人賞に輝いたアレッシア・カーラは、幼少期からグラミー賞授賞式の練習をしてきたという。「こんなことがあるとは思っていなかった。現実ではないみたい。今後7年間は(事態を)処理できないと思う」と喜びをコメント。カーラは3時間半にわたる放送の中で受賞した唯一の女性アーティストだった。  複数部門のノミネートが予想されたエド・シーランは2部門にとどまり、その両部門で受賞。楽曲『Shape Of You』で「最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)」、『÷(ディバイド)』で「最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム」を受賞した。  「第60回グラミー賞」の主な受賞者は下記の通り(一部抜粋)。 ■年間最優秀アルバム賞 『24K Magic』ブルーノ・マーズ ■年間最優秀レコード賞 『24K Magic』ブルーノ・マーズ ■年間最優秀楽曲賞 『That’s What I Like』 ブルーノ・マーズ ■最優秀新人賞 アレッシア・カーラ ■最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)賞 『Shape Of You』エド・シーラン ■最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)賞 『Feel It Still』ポルトガル・ザ・マン ■最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞 『÷(ディバイド)』エド・シーラン ■最優秀ラップ・パフォーマンス賞 『HUMBLE.』ケンドリック・ラマー ■最優秀ラップ楽曲賞 『HUMBLE.』ケンドリック・ラマー ■最優秀ラップ・アルバム賞 『ダム』ケンドリック・ラマー ■最優秀ロック・パフォーマンス賞 『You Want It Darker』レナード・コーエン ■最優秀ロック楽曲賞 『ラン』フー・ファイターズ ■最優秀ロック・アルバム賞 『A Deeper Understanding』ザ・ウォー・オン・ドラッグス ■最優秀R&Bパフォーマンス賞 『That’s What I Like』 ブルーノ・マーズ ■最優秀R&B楽曲賞 『That’s What I Like』 ブルーノ・マーズ ■最優秀R&Bアルバム賞 『24K Magic』ブルーノ・マーズ ■最優秀ミュージック・ビデオ賞 『HUMBLE.』ケンドリック・ラマー

  • マギー、 グラミー賞のエド・シーランと2ショット「わたし顔が緊張してる」 ※「マギー」インスタグラム

    マギー、 グラミー賞のエド・シーランと2ショット「わたし顔が緊張してる」

    エンタメ

     モデル、タレントとして活躍するマギーが、1日に自身のインスタグラムを更新。昨年の第58回グラミー賞で、楽曲「Thinking Out Loud」によりソング・オブ・ザ・イヤーを獲得したエド・シーラントのツーショット写真を公開した。@@cutter この日の投稿で、エド・シーランとのインタビューへ挑んだことを報告したマギー。「とても優雅な方で、素敵な時間をありがとう!」という英文と共に、「とてもチャーミングで優しい方でした」と感想を吐露。続けて、「わたし顔が緊張してる 笑」と綴りながら、エド・シーランとのツーショット写真を公開した。  この投稿に対して、コメント欄では「え、ずるい 笑」「やばーい! うらやましー!」「さすが、ミュージシャンに会えるなんて」と大物との対面を果たしたマギーへの声が寄せられたほか、「マギーちゃん、いつもより口角上がってない。そりゃあ緊張しますよね」とする感想もみられた。 引用:https://www.instagram.com/maggymoon/

  • グラミー賞のアフターパーティーで一悶着?

    ポール・マッカートニー、グラミー賞アフターパーティーで門前払い?

    セレブ&ゴシップ

     日本時間16日に開催された音楽の祭典グラミー賞授賞式の後、多くのスターがアフターパーティーに出かけたが、ミュージック界の重鎮ポール・マッカートニーはラッパーのタイガが主催したパーティーで門前払いにあったとTMZが伝えた。@@cutter 場所はハリウッドの有名ナイトクラブ「アーガイル」。ポールはミュージシャンのベックと、フー・ファイターズのドラマーであるテイラー・ホーキンスと共にやって来た。クラブのセキュリティと何か話していたがドアを閉められてしまい、「どれだけのVIPでなければいけないのか」とベックらに言っている姿がTMZに掲載された動画に映っている。  「もう1曲ヒット出さないとな」と冗談めいて言うポールに、「来年だ。来年」と冗談で返すベック。ドアが再び開いたが結局3人は中に入れず、TMZによるとレコードレーベルのリパブリック・レコードが主催するパーティー会場「ハイド」に行ったそうだ。  その後、「アーガイル」の広報は今回の報道が誤報で、ポールは門前払いを受けていないとコメントしたという。ポールが勘違いしていたとのことで、「アーガイル」がリパブリック・レコードのパーティー会場だと思っていたという。ポール達が去ったのは場所が違うと判明したからで、彼らがタイガのパーティーに来ていたのなら中に入れていたそうだ。ちなみに3人は正面のドアではなく、裏口に来たらしい。

  • 登坂広臣、グラミー賞を満喫

    三代目JSB・登坂広臣、グラミー賞に招待参加 「素敵な夜でした」会場で記念撮影

    エンタメ

     「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の登坂広臣が16日、自身のインスタグラムにて、「第58回グラミー賞」授賞式を訪れた様子を公開。ツイッターでも「GRAMMY AWARDS!ご招待ありがとうございました!素敵な夜でした」とコメントしている。@@cutter 「グラミー賞」は、アメリカ・ロサンゼルスで現地時間15日に開催された世界最高峰の音楽の祭典。第58回目となる今年は、小澤征爾が指揮した歌劇『こどもと魔法』を収めたアルバム『Ravel:L’Enfant Et Les Sortileges;Sheherazade』が最優秀オペラ録音賞を受賞したほか、スタジオゲストに招かれたギタリストの松本孝弘(B’z)とジョニー・デップ、ジョー・ペリー(エアロスミス)との3ショットなどが実現した。  そんな一大イベントに参加した登坂に対し、ネット上では「招待すごいですね!」「生で聴くのはまた全然違うのでしょうね!臣くんが素敵な時間が過ごせたようでなによりです」「かっこよすぎやろおい」「LAでリフレッシュして元気に帰ってきてね」「いつか三代目もグラミー賞取れると良いよね!」等のコメントが届いている。

  • グラミー授賞式の会場でペットの飼い主へ禁煙を呼びかけ!

    ねこCMがグラミー賞会場で注目の的に!「最優秀コマーシャル賞を」との声も

    気になる

     音楽業界のアカデミー賞とも言われるグラミー賞の授賞式が、日本時間16日に米ロサンゼルスのステイプルズセンターで開催。レディー・ガガ、テイラー・スウィフト、ジャスティン・ビーバーら豪華アーティストがパフォーマンスを披露し会場が沸く中、約40秒のとあるCMにねこ好きの来場者が騒然とした。@@cutter 「飼い主が喫煙する場合、猫がガンにかかる率は2倍になる」と、ペットの飼い主への禁煙を訴えるこのCM。アップテンポな音楽をBGMに猫のネット動画を面白おかしく繋ぎながらも“Smoking=No Cats=No Cat Videos”(喫煙=ノー・キャット=ノー・ネコ動画)と厳しいメッセージを打ち出している。  これに感動した来場者からは「今日一番おもしろい」「“最優秀コマーシャル賞”をあげたいね」「グラミーのどのパフォーマンスより素晴らしい」「禁煙を訴える最良の方法ね!」などと、ツイートがあがりネット上が賑わいを見せた。

  • 「第53回グラミー賞授賞式」ジョニー・デップ、松本孝弘(B’z)、ジョー・ペリー(エアロスミス)の3ショット

    B’z松本孝弘、ジョニデ&ジョー・ペリーと3ショット!  グラミー授賞式で実現

    エンタメ

     現地時間15日に開催された世界最高峰の音楽の祭典「第58回グラミー賞授賞式」にて、ジョニー・デップとジョー・ペリー(エアロスミス)、そして松本孝弘(B’z)の豪華な3ショットが実現した。@@cutter 松本は、2011年の「第53回グラミー賞授賞式」で“最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム”を受賞したグラミー・ウィナー。今回の授賞式では、現地ロサンゼルスの特設スタジオから生中継された授賞式にスタジオゲストとして出演した。  スタジオに現れた松本は「自分の中ではやはり音楽家として、グラミー賞は大きな目標の1つでした。燃え尽きるかと思っていたんですが、人間って欲深いもので、さらにさらに高みをと思いました」とグラミー賞への思いを語ると共に、今回“最優秀オペラ・レコーディング賞”を受賞した指揮者・小澤征爾に向け「おめでとうございます」と祝福のメッセージを贈った。  「第58回グラミー賞授賞式」はWOWOWにて2月16日22時放送。また、3月20日19時30分よりリピート放送も行われる。

  • グラミー賞発表、最優秀MVにテイラー・スウィフト『Bad Blood』

    グラミー賞発表!最優秀MVにテイラー・スウィフト『Bad Blood』 小澤征爾は初受賞

    セレブ&ゴシップ

     日本時間16日に米ロサンゼルスのステイプルズセンターで第58回グラミー賞が開催され、最多11ノミネートを獲得したケンドリック・ラマーが最優秀ラップ・アルバム、最優秀ラップ・パフォーマンス、最優秀ラップ・コラボレーション、最優秀ラップ楽曲、最優秀ミュージック・ビデオの最多5部門で受賞。日本からは小澤征爾が指揮した歌劇『こどもと魔法』を収めたアルバム『Ravel:L’Enfant Et Les Sortileges;Sheherazade』が最優秀オペラ録音賞に輝いた。@@cutter 最優秀劇場ミュージカル・アルバム部門では俳優の渡辺謙が出演するブロードウェイミュージカル『王様と私』がノミネートされていたが惜しくも受賞を逃した。同賞はヒップホップミュージカルの『ハミルトン』に贈られた。  ケンドリックは最多5部門で受賞したものの主要部門では受賞を逃し、年間最優秀アルバム賞は『1989』テイラー・スウィフト、年間最優秀楽曲賞は今回が初受賞となる『Thinking Out Loud』のエド・シーランに贈られた。テイラーは『1989』で最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞、ケンドリックをフィーチャーした楽曲『Bad Blood』で最優秀ミュージック・ビデオも受賞。エドは最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)賞にも輝いている。  主要部門でも目玉となる年間最優秀レコード賞はマーク・ロンソンとブルーノ・マーズの『Uptown Funk』が受賞。同曲は最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)賞にも選ばれている。またジャスティン・ビーバーが初グラミーとなる最優秀ダンス録音賞に輝いた。最優秀新人賞はメーガン・トレイナー。  会場はデヴィッド・ボウイへの単独トリビュート・パフォーマンスを行ったレディー・ガガや、アデル、ケンドリックなどの圧巻のパフォーマンスで盛り上がったという。  第58回主要部門の受賞作品/受賞者は以下の通り。 ■年間最優秀レコード 『Uptown Funk』マーク・ロンソンft.ブルーノ・マーズ ■年間最優秀アルバム 『1989』テイラー・スウィフト ■年間最優秀楽曲 『Thinking Out Loud』エド・シーラン ■最優秀新人賞 メーガン・トレイナー ■最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ) 『Thinking Out Loud』エド・シーラン ■最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ) 『Uptown Funk』マーク・ロンソンft.ブルーノ・マーズ ■最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム 『1989』テイラー・スウィフト ■最優秀ラップ・アルバム 『To Pimp a Butterfly』ケンドリック・ラマー ■最優秀ロック・アルバム 『Drones』ミューズ ■最優秀ミュージック・ビデオ 『Bad Blood』テイラー・スウィフトft.ケンドリック・ラマー

  • グラミー賞でデヴィッド・ボウイへのトリビュート・パフォーマンスを行うレディー・ガガ

    レディー・ガガ、グラミー賞でデヴィッド・ボウイへのトリビュート・パフォーマンス

    セレブ&ゴシップ

     最近は海外ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』シーズン5で初主演を務めるなど、女優としての実力も認められているスーパー歌姫レディー・ガガ。現地時間7日に開催される50回目となるアメフトの祭典スーパーボウルでは、国家を斉唱する栄誉を授かったが、日本時間16日に開催される第58回グラミー賞では1月に他界した伝説の歌手デヴィッド・ボウイに捧げるトリビュート・パフォーマンスを行うことが明らかになった。Digital Spyが伝えた。@@cutter ボウイは現地時間1月10日にガンのため69歳で死去。グラミー賞でレディー・ガガがパフォーマンスすることは既に決まっていたが、ボウイの訃報が届くと「ほぼ一瞬にして方向性を変える必要があると認識した」とグラミー賞を製作総指揮するケン・アーリックは語った。「我々はすぐに話し合い、レディー・ガガにデヴィッドを称えてもらうことで意見が一致した。彼女がまさに適任だ」と、アーリックは説明したという。  グラミー賞当日、ボウイは特別功労賞を死後追贈される。“実験的なトリビュート”になるということ以外、どのような構成になるかは不明だが、自他共に認めるボウイのファンであるレディー・ガガのことだ、渾身のパフォーマンスを見せてくれるに違いない。

  • 『007 スペクター』主題歌はサム・スミス「Writing’s On The Wall」に決定

    『007 スペクター』主題歌、サム・スミスに決定 「最も輝かしい瞬間」と喜びの声

    映画

     人気シリーズ最新作『007 スペクター』の主題歌を、本年度「グラミー賞」最多4部門に輝いたサム・スミスが担当することが分かった。主題歌タイトルは、「Writing’s On The Wall」で、9月25日から購入・ストリーミングが可能となる。@@cutter 本作は、少年時代を過ごした「スカイフォール」で焼け残った写真を受け取ったジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、その写真に隠された謎に迫るべく、Mの制止を振り切り単独でメキシコ、ローマへと赴く。そこで悪名高い犯罪者の美しい未亡人ルチア・スキアラと出逢い、悪の組織スペクターの存在をつきとめるが…。  毎回、主題歌を誰が担当するのか大きな話題を呼ぶ『007』シリーズ。今回も複数のアーティストの名が挙がっていたが、9月8日、本作の主題歌を担当するサム・スミスと楽曲名「Writing’s On The Wall」が正式に発表となった。  サムは今回の決定について「私のキャリアの中で最も輝かしい瞬間の1つです。歴史あるイギリスの象徴的作品に参加し、私の音楽に最も大きなインスピレーションを与えてくれた偉大なアーティストたちの中に加わることに、非常に興奮しています」と喜びの声。本作プロデューサーも「サムの信じられない歌声によって、間違いなくボンドの歴代主題歌の中でもベストの1曲に数えられるでしょう」と太鼓判を押している。  『007 スペクター』は12月4日よりTOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー。

  • ローラ、グラミー賞会場前でパシャリ

    ローラ、真っ白ドレスでグラミー賞へ! 漂うセレブオーラに憧れ の声

    エンタメ

     タレントのローラが、ロサンゼルスにて現地時間8日に行われたグラミー賞授賞式の会場前で撮影した写真を自身のインスタグラムで披露。白いドレス&ボリューミーな巻髪というゴージャスな出で立ちに絶賛の声が寄せられた。@@cutter この日ローラは、真っ青な空の下、授賞式が開かれたステイプルズ・センターの前で撮った写真を公開。海外セレブ顔負けのオーラをまとった姿に「ドレスとっても似合ってる」「可愛すぎる」とのコメントや「グラミー賞いいなぁー」と羨ましがる声が届いている。  今回開催された「第57回グラミー賞」授賞式にはマドンナ、ファレル・ウィリアムス、ビヨンセなど豪華アーティストが集結。イギリス人歌手のサム・スミスが、最優秀レコード賞を含む4部門を受賞した。

  • 第57回グラミー賞で最多4部門を制覇した、サム・スミス

    第57回グラミー賞発表! サム・スミスが最優秀レコード賞含む最多4部門受賞

    セレブ&ゴシップ

     現地時間2月8日、ロサンゼルスで第57回グラミー賞授賞式が開催され、ファレル・ウィリアムス、ビヨンセと並び、最多6部門にノミネートされていたサム・スミスが、最優秀レコード賞を含む最多4部門受賞に輝いた。@@cutter 昨年に続き、LL・クール・Jがホストを務めたグラミー賞。レッドカーペットでは、闘牛士の衣装に着想を得たミニスカート姿だったマドンナがヒップを露わにしたり、レディー・ガガが乳首をポロリしたりなどハプニングがあったようだが、メイン会場では主要4部門全てにノミネートされていたサム・スミスが、年間最優秀レコード賞、年間最優秀楽曲賞、最優秀新人賞、そして最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞の最多4部門を制覇した。  サムが逃した年間最優秀アルバム賞は『モーニング・フェイズ』のベックに渡り、ベックは最優秀ロック・アルバム賞と合わせて2部門の受賞となった。  サムと並び6部門にノミネートされていたビヨンセは夫ジェイ・Zとのコラボ曲『Drunk In Love』で最優秀R&Bパフォーマンス賞、最優秀R&B楽曲賞、最優秀サラウンド・サウンド・アルバム賞の3部門で受賞。ファレル・ウィリアムスは楽曲『ハッピー』で最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)賞と最優秀ミュージックビデオ賞、そして最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞の3部門を制覇した。  元外交官の阿曽沼和彦氏プロデュースし、AI、青山テルマ、Crystal Kayらの日本人アーティストが参加した『The Reggae Power』は、惜しくも最優秀レゲエ・アルバム賞の受賞を逃した。同賞はボブ・マーリーの息子ジギー・マーリーの『ラヴ・イズ・マイ・レリジョン』が受賞した。 第57回グラミー賞主要4部門の受賞アーティストは以下の通り(★印)。 <年間最優秀アルバム賞> ★『モーニング・フェイズ』ベック 『ビヨンセ』ビヨンセ 『x(マルティプライ)』エド・シーラン 『イン・ザ・ロンリー・アワー』サム・スミス 『GIRL/ガール』ファレル・ウィリアムス <年間最優秀レコード賞> 『ファンシー feat.チャーリーXCX』イギー・アゼリア 『シャンデリア』シーア ★『ステイ・ウィズ・ミー feat. メアリー・J.ブライジ (ダークチャイルド・ヴァージョン)』サム・スミス 『シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!』テイラー・スウィフト 『オール・アバウト・ザット・ベース』メーガン・トレイナー <年間最優秀楽曲賞> 『オール・アバウト・ザット・ベース』メーガン・トレイナー 『シャンデリア』シーア 『シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!』テイラー・スウィフト ★『ステイ・ウィズ・ミー feat. メアリー・J.ブライジ (ダークチャイルド・ヴァージョン)』サム・スミス 『Take Me To Church(原題)』Hozier <最優秀新人賞> イギー・アゼリア バスティル Brandy Clark ハイム ★サム・スミス

  • グラミー賞でファレル・ウィリアムス、ビヨンセ、サム・スミスが最多6部門ノミネート

    グラミー賞ノミネート発表、ビヨンセら最多6部門!AI、青山テルマら参加アルバムも

    セレブ&ゴシップ

     現地時間2015年2月8日にロサンゼルスで開催される第57回グラミー賞授賞式(日本では、WOWOWにて生中継)。このアメリカ音楽界最大の祭典の一つと言われるグラミー賞のノミネートが発表され、ファレル・ウィリアムス、ビヨンセ、サム・スミスが並んで最多6部門にノミネートされた。@@cutter 最多6部門ノミネートの3人の中、デビューアルバム『イン・ザ・ロンリー・アワー』が世界中でヒットしたサム・スミスは唯一、主要4部門全てにノミネートされている。弱冠22歳の若手とあり、主要部門を制することになるのか、かなりの話題を集めるのは必至だ。  ビヨンセはアルバム賞ほか、最優秀R&B楽曲賞や最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞などのノミニーとなった。ファレルはビヨンセ同様、最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞や最優秀ミュージックビデオ賞などに名を連ねている。  ほか、最多6部門に続いて多い4部門ノミネートとなったアーティストには、イギー・アゼリアやベック、ドレイク、ジェイ・Z、アッシャー、シーアなどがいる。 また、最優秀レゲエ・アルバムでは、元外交官である阿曽沼和彦氏プロデュースし、AI、青山テルマ、Crystal Kayらの日本人アーティストが参加した『The Reggae Power』もノミネートされている。 第57回グラミー賞主要4部門のノミネートアーティストは以下の通り。 <年間最優秀アルバム賞> 『モーニング・フェイズ』ベック 『ビヨンセ』ビヨンセ 『x(マルティプライ)』エド・シーラン 『イン・ザ・ロンリー・アワー』サム・スミス 『GIRL/ガール』ファレル・ウィリアムス <年間最優秀レコード賞> 『ファンシー feat.チャーリーXCX』イギー・アゼリア 『シャンデリア』シーア 『ステイ・ウィズ・ミー feat. メアリー・J.ブライジ (ダークチャイルド・ヴァージョン)』サム・スミス 『シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!』テイラー・スウィフト 『オール・アバウト・ザット・ベース』メーガン・トレイナー <年間最優秀楽曲賞> 『オール・アバウト・ザット・ベース』メーガン・トレイナー 『シャンデリア』シーア 『シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!』テイラー・スウィフト 『ステイ・ウィズ・ミー feat. メアリー・J.ブライジ (ダークチャイルド・ヴァージョン)』サム・スミス 『Take Me To Church(原題)』Hozier <最優秀新人賞> イギー・アゼリア バスティル Brandy Clark ハイム サム・スミス

  • 母親がHIV感染者であることを告白した、「マックルモア&ライアン・ルイス」のライアン(右)

    「グラミー賞」アーティストのライアン・ルイス、母親がHIV感染者であることを告白

    セレブ&ゴシップ

     今年の1月に開催された、第56回グラミー賞にて主要部門の最優秀新人賞を含む計4部門を受賞した、マックルモア&ライアン・ルイスのライアンが、自身の母親がHIV感染者であることを明かした。@@cutter 世界中で低価格な治療を提供することを目的とした非営利団体30/30プロジェクトの設立にあたり、自身の母ジュリー・ルイスが1984年に緊急輸血を受けた際、感染者の血液を輸血されたことでHIVに感染したという事実を初めて語った。  同団体の募金ページIndiegogo.comで、ライアンは「もし僕があなたの数分をいただけるなら、僕が知っている中で最も強い女性、母のジュリー・ルイスについてお話ししたいと思います」と話し、「1984年に母は姉のテレサを出産しました。出産時の困難さにより、輸血が必要となりました。その時に母はHIV陽性の血液を体内に注入されたのです。母がHIVだと診断された時には、もうあと数年しか生きられないと言われました」と経緯を説明。  続けて、「それから30年間生き続けているその母を称え、僕ら家族は少なくとも30年間は健在する治療施設を世界中に建設するため、寄付金を募っています。我々はそれを30/30プロジェクトと呼んでいます」とコメント。  同団体の最初の目的は、10人に1人がHIV感染者であるアフリカのマラウイのネノ地域に治療施設を建設するため10万ドル(約1000万円)を募ることとなっている。

  • 第56回グラミー賞 レッドカーペット

    「第56回グラミー賞」レッドカーペットフォト集

    セレブ&ゴシップ

    米現地時間、2014年1月26日に開催された「第56回グラミー賞」。レッドカーペットに登場した、アーティストたちをご紹介します!

  • 第56回グラミー賞で年間最優秀アルバム賞を含む5部門を受賞したダフト・パンク

    第56回グラミー賞発表、ダフト・パンクが主要2部門を制覇

    セレブ&ゴシップ

     アメリカ音楽界の最大の祭典=第56回グラミー賞授賞式が現地時間1月26日に開催。主要2部門を含む計5部門にノミネートされたダフト・パンクが、5部門全てを制覇するという快挙を遂げた。@@cutter ステージでもスティービー・ワンダーらと圧巻のパフォーマンスを見せたダフト・パンク。ファレル・ウィリアムスとコラボした楽曲『ゲット・ラッキー/Get Lucky』で年間最優秀レコード賞と最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞。アルバム『ランダム・アクセス・メモリーズ』で、年間最優秀アルバム賞、最優秀ダンス/エレクトロニカ・アルバムと、最優秀エンジニア・アルバム賞に輝いた。  ニュージーランド出身の17歳のシンガーソングライター=ロードは、ブルーノ・マーズやケイティ・ペリーなどの実力派を抑え、年間最優秀楽曲賞を受賞。7部門にノミネートされていたマックルモア&ライアン・ルイスは、最優秀新人賞、最優秀ラップ・パフォーマンス賞、最優秀ラップ楽曲賞、最優秀ラップ・アルバム賞を獲得した。最多9部門でノミネートされていたJAY‐Zは、最優秀ラップ/サング・コラボレーション賞のみの受賞となった。  日本からはバイオリニストの五嶋みどりが参加したアルバム『ヒンデミット:ヴァイオリン協奏曲、ウェーバーの主題による交響的変容、弦楽と金管のための協奏音楽』が、最優秀クラシカル・コンペンディアム賞を受賞。シンセサイザー奏者の喜多郎がアルバム『FINAL CALL』で最優秀ニューエイジ・アルバム賞、元外交官の阿曽沼和彦がプロデュースしたレゲエ・アルバム『Reggae Connection』(スライ&ロビー・アンド・ザ・ジャム・マスターズ)が最優秀レゲエ・アルバム賞にノミネートされていたが、惜しくも受賞を逃した。  グラミー賞の目玉であるパフォーマンスでは、JAY‐Zとビヨンセが『ドランク・イン・ラヴ』の夫婦共演。生涯業績賞を受賞した「ザ・ビートルズ」から、ポール・マッカートニーとリンゴ・スターがステージを共にすると、会場のボルテージが上がった。また、マドンナとマックルモア&ライアン・ルイスがパフォーマンスする中、女優クイーン・ラティファが司宰を務め、会場で34組のカップルが結婚し、会場は一気に感激ムードに包まれた。 第56回グラミー賞主要4部門の受賞結果は以下の通り。 (★マークが受賞) <年間最優秀レコード賞> ★「ゲット・ラッキー/Get Lucky」(ダフト・パンク&ファレル・ウィリアムス) 「レディオアクティヴ/Radioactive」(イマジン・ドラゴンズ) 「ロイヤルズ/Royals」(ロード) 「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」(ブルーノ・マーズ) 「ブラード・ラインズ~今夜はヘイ・ヘイ・ヘイ」(ロビン・シック feat. T.I.&ファレル) <年間最優秀楽曲賞> 「ジャスト・ギヴ・ミー・ア・リーズン」(ピンク feat. ネイト・ルイス) 「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」(ブルーノ・マーズ) 「ロアー ~最強ガール宣言! 」(ケイティ・ペリー) ★「ロイヤルズ/Royals」(ロード) 「セイム・ラブ/Same Love」(マックルモア&ライアン・ルイス feat. メアリー・ランバート) <年間最優秀アルバム賞> 「ザ・ブレスド・アンレスト」(サラ・バレリス) ★「ランダム・アクセス・メモリーズ」(ダフト・パンク) 「グッド・キッド、マッド・シティー」(ケンドリック・ラマー) 「ザ・ハイスト/THE HEIST」(マックルモア&ライアン・ルイス) 「レッド」(テイラー・スウィフト) <最優秀新人賞> ジェイムス・ブレイク ケンドリック・ラマー ★マックルモア&ライアン・ルイス ケイシー・マスグレイヴス エド・シーラン

  • 喜多郎の「Final Call」が最優秀ニューエイジ・アルバムにノミネート!(写真は、2006年のグラミー賞時)

    元外交官・阿曽沼氏プロデュースのレゲエ・アルバムがグラミー賞候補に!喜多郎の名も

    エンタメ

     日本時間2014年1月27日に開催される、世界最高峰の音楽の祭典「第56回 グラミー賞授賞式」。その栄えあるグラミー賞を受賞する候補者たちがロサンゼルスのノキア・シアターにて発表され、日本人の名前も挙げられた。@@cutter 今回は、元外交官の阿曽沼和彦氏がプロデュースし、元ちとせやlecca、EXILE「愛すべき未来へ」、AAA「CALL」の作曲を手掛けた宅見将典氏が参加したレゲエ・アルバム「Reggae Connection」が最優秀レゲエ・アルバムにノミネートされた。また、今年9月にリリースされた喜多郎の「Final Call」が最優秀ニューエイジ・アルバムにノミネート。そして、JAY‐Zが最多となる9ノミネート。続いて、ジャスティン・ティンバーレイク、マックルモア&ライアン・ルイスを含む5人が7ノミネートされた。  発表を受けて、阿曽沼氏は「とても嬉しいです。今回のアルバムは、元ちとせさん(作曲:山崎まさよし)、leccaさん、COMA-CHIさん、夏木アルバさんといった日本人アーティストや、KM MUSICの下田等エクゼクティヴ・プロデューサー、The Jam Mastersメンバーとしてもノミネートされている宅見将典さんが参加しているほか、東北大震災復興の願いを込めた曲『PRAY』、『ワダツミの木』の英語カヴァーなど、日本を最もフォーカスしています。それだけに、過去のノミネーションと比べても一層の喜びです」とコメント。  喜多郎マネージメントは「喜多郎はこれからも良い作品を作っていきます。各国のクラシックオーケストラとコンサートをするプランを立てていて、来年2月19日のロシアを皮切りに長いツアーが始まります」と今後の活躍を約束した。 主要4部門のノミネーションは以下の通り。 <年間最優秀レコード候補> 「Get Lucky」(ダフト・パンク&ファレル・ウィリアムス) 「Radioactive」(イマジン・ドラゴンズ) 「Royals」(ロード) 「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」(ブルーノ・マーズ) 「ブラード・ラインズ~今夜はヘイ・ヘイ・ヘイ」(ロビン・シック feat. T.I.&ファレル) <年間最優秀楽曲候補> 「ジャスト・ギヴ・ミー・ア・リーズン」(P! nk ft. Nate Ruess) 「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」(ブルーノ・マーズ) 「ロアー ~最強ガール宣言! 」(ケイティ・ペリー) 「Royals」(ロード) 「Same Love」(マックルモア&ライアン・ルイス Featuring Mary Lambert) <年間最優秀アルバム候補> 「ザ・ブレスド・アンレスト」(サラ・バレリス) 「ランダム・アクセス・メモリーズ」(ダフト・パンク) 「グッド・キッド、マッド・シティー」(ケンドリック・ラマー) 「The Heist」(マックルモア&ライアン・ルイス) 「レッド」(テイラー・スウィフト) <最優秀新人賞候補> ジェイムス・ブレイク ケンドリック・ラマー マックルモア&ライアン・ルイス Kacey Musgraves エド・シーラン  日本人の受賞に期待がかかる第56回グラミー賞授賞式の模様は、2014年1月27日9時より、WOWOWプライムにて生中継。

  • 『ハンガー・ゲーム2』場面写真

    世界的ロックバンド・Coldplayが映画『ハンガー・ゲーム2』に楽曲提供! 

    映画

     超大物ロックバンドのColdplayが12月27日公開の映画『ハンガー・ゲーム2』に楽曲を書き下ろすことが決定した。@@cutter Coldplayは世界で6000万枚のセールスを誇り、グラミー賞7回、MTVビデオアワードを5回受賞しているイギリスのロックバンド。彼らが映画のために楽曲を書き下ろすのは今回が初となる。  楽曲タイトルは『ATLAS(アトラス)』。ColdplayのSNSでは、クリス・マーティン(Vo.)による『ATLAS』直筆歌詞の画像もアップされた。  本作のフランシス・ローレンス監督は「Coldplayに多大なる尊敬と称賛をしており、映画のテーマ、世界観と彼らの曲がいかに合致するかを思うと興奮する。彼らの計り知れない情熱とプロジェクトへの熱意がこの企画を後押した。楽曲を世界中の人に聞いてもらうのが待ち遠しい」とコメント。また、ライオンズゲート社の音楽部門代表は「現代を代表するバンドの1つであるColdplayが主題歌を歌うなんてとても光栄。クリス・マーティンが映画の原作のファンであることも運命深い」と語った。  前作『ハンガー・ゲーム』のサントラは、2012年全米で最も売れたサントラとなったが、その中でテイラー・スウィフトが書き下ろした「Safe and Sound」は、ゴールデン・グローブ賞ノミネートとグラミー賞3部門にノミネートされ、さらに2013年グラミー賞のBest song written for visual mediaを受賞している。前作に引き続き、本作も豪華なアーティストたちが参加することから早くもサントラに注目が集まっている。また、近日中に他の参加アーティストの発表も随時されていく予定。  Coldplayが書き下ろす『ATLAS』はiTunes他デジタル・メディアにて8月26日発売開始。サントラCDは11月22日の全米公開に先立って発売することが決定している。※日本での発売は調整中

  • ロペス様、おみあし丸見え 

    ドレスコード完全無視!ジェニロペ、リアーナetc、グラミー賞で物議をかもしたセレブファッション

    セレブ&ゴシップ

     アメリカ最大の音楽の祭典「グラミー賞」が現地時間10日に行われ、ロックバンド史上初の、主要4部門を含む6部門にノミネートされ、その受賞に注目が集まっていたFUN.が、年間最優秀楽曲、最優秀新人賞の主要2部門を獲得したが、来場したセレブたちの華やかなドレスにも注目が集まるこのイベント。主催者側から事前に言われていたドレスコードを完全無視するセレブ達も大勢現れ、そちらのほうも話題となっている。@@cutter 今回グラミー賞主催者側は、来場予定だった女性セレブたちに「胸や胸の谷間を過度に見せないこと。シースルーのドレスは着用しないこと。太ももなど肌の露出は避けること」と厳密なドレスコードを指示したメールを出していたという。  しかしこれを完全に無視したのがジェニファー・ロぺスやケイティ・ペリーといった超Aリストの人気セレブたち。  ジェニファーは昨年のアカデミー賞のときのアンジェリーナ・ジョリーも顔負けの、右脚の付け根からがっつりスリットの入ったヴェルサーチの黒のドレスで登場。もちろん右脚は丸見え。  クリームグリーンのグッチのドレスで来場したケイティ・ペリーは、ご自慢の胸の谷間がモロ見え。恋人クリス・ブラウンと会場内でイチャつきまくりだった歌姫リアーナは、上半身が透けて見える真っ赤なドレスを着ていた。  他にもドレスコードを気にせず来場していた美女セレブは大勢いたとか。主催者側も唖然といったところだろうか。  2013年グラミー賞、主な受賞結果は以下のとおり。  年間最優秀レコード:「サムバディ・ザット・アイ・ユースト・トゥ・ノウ ~失恋サムバディ(feat.キンブラ)」ゴティエ  年間最優秀アルバム:「バベル」マムフォード&サンズ  年間最優秀楽曲:「伝説のヤングマン ~ウィー・アー・ヤング~(feat.ジャネール・モネイ)」FUN.  最優秀新人賞:FUN.  最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス:「スカイフォール」アデル

  • 今年もダメだった…

    第55回グラミー賞ノミネート発表!無冠ジャスティン・ビーバーのマネージャーが激怒?

    セレブ&ゴシップ

     全米最大の音楽賞「第55回グラミー賞」の候補者が5日発表され、ヒップホップの帝王Jay-Zや、シングル曲「We Are Young」が世界中を席巻したインディーロックバンドFun.など最多6部門ノミネートが続出した。@@cutter 最多6部門にノミネートされているのは、前述のJay-Z、Fun.をはじめ、ヒップホップ界からカニエ・ウェストとフランク・オーシャン。次いで2人組ロックバンドThe Black Keysが5部門にリスト入りした。  グラミーの常連とも言えるカントリー歌姫テイラー・スウィフトや、2012年世界中でブレイクを果たしたカーリー・レイ・ジェプセンもノミネートを果たしている。ところがこの発表に納得していない人物がいるようだ。それは、ティーンのアイドル=ジャスティン・ビーバーのマネージャーであるスクーター・ブラウン。  発表後スクーターは、自身のツイッターにて「まず初めに、おめでとうカーリー。最優秀新人賞にはもちろんノミネートされると思っていたよ。2部門もノミネートされるなんて、君のことを誇りに思う」と、ジャスティンの“申し子”とも言われるカーリーを賞賛。ところが…  「そして次に…賢明な言葉が見つからないな。とにかく不満だ。ジャスティンはノミネートに値する子だ。グラミーはとんだ間違いを犯したよ」。  「アルバムは大ヒットしたし、ツアーは満員御礼。彼はグラミーを獲るべきアーティストだよ。とにかく君たちの決断には納得できない。もちろん候補者は全員、ノミネートにふさわしいアーティストたちだ。みんな懸命に働き、自らの手で掴んだんだ。ジャスティンも同じさ」。  ジャスティンは2011年、最優秀新人賞ほか2部門にノミネートされたものの、いまだ無冠のままだ。  第55回グラミー賞は、現地時間2013年2月10日に開催される。

  • 元サヤの可能性も?

    やっぱり悪い男が好み?あのセクシー歌姫リアーナがDV元カレと急接近!

    セレブ&ゴシップ

      今月20日に24歳の誕生日を迎えるセクシーR&B歌姫リアーナが、現地時間13日、内輪だけのホームパーティを開催。驚いたことにそこには、3年前に彼女をボコボコに暴行したDV元カレ=クリス・ブラウンも招待されていたというのだ。 @@cutter   プライベートハウスで開かれたカリビアンリゾートをテーマにしたパーティには、ケイティ・ペリーやブルーノ・マーズらリアーナと親交のある友人らが招待されたというが、そこにはクリスの姿もあったそうだ。   招待客の1人は米ゴシップサイトCelebuzzに対し、「二人はとてもフレンドリーに接していた」と明かしている。   前日12日に開催された第54回グラミー賞授賞式では、自身初となる「最優秀R&Bアルバム賞」を受賞したクリス。ステージでも圧巻のパフォーマンスを見せていた。   しかし3年前の奇しくもグラミー賞終了後、当時交際中だったリアーナと帰宅途中の車内で口論となり彼女を暴行。人気のない公園に車ごと彼女を置き去りにした事件は、当然ながらクリスを“嫌われ者”に位置づける出来事となっており、今回のグラミー賞獲得にも多くの批判が集まっていたとか。   元サヤに戻る可能性も囁かれているリアーナとクリス。今後の動向が気になるところだ。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access