クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

中国 関連記事

  • 高度1万メートル、操縦室から副操縦士の体が外へ!『フライト・キャプテン』公開決定

    映画

     2018年に中国で起きた飛行機事故を映画化した『The Captain(英題)』が、邦題を『フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話』として6月26日より公開されることが決定した。

  • 中国史の闇を描いた8時間越えのドキュメンタリー『死霊魂』予告完成

    映画

     第71回カンヌ国際映画祭特別招待作品で、山形国際ドキュメンタリー映画祭2019では大賞と観客賞をダブル受賞した中国のワン・ビン監督による8時間26分のドキュメンタリー映画『死霊魂』。中国史の闇を描いて世界を震撼させた本作の予告編が完成した。

  • 男装の麗人、正統派美形… 『花不棄』アリエル・リンを溺愛する“新世代の王子様”に注目!

    海外ドラマ

     “高視聴率女王”アリエル・リンとチャン・ビンビンの共演が話題となり大ヒットを収めた中国時代劇ドラマ『花不棄<カフキ>‐運命の姫と仮面の王子‐』。2大スターに注目が集まっている本作だが、実は他にも注目すべき人気キャストたちが登場している。侍女から名家の養女、大商家の女主人へとサクセスストーリーを歩むヒロインの花不棄が出会うイケメン王子様たちとは? 美男美女ばかりの中国時代劇の中で今ひときわ脚光を浴びている新世代スターたちを紹介しよう。

  • 『花不棄』チャン・ビンビン、“ツン”と“デレ”2つの顔に胸キュン必至!

    海外ドラマ

     “アジアNo.1女優”アリエル・リンが主演を務め、大ヒットを記録した『花不棄<カフキ>‐運命の姫と仮面の王子‐』。遂に明日(2月4日)からDVDがリリースされる。そこで、今回は、本作でアリエルの相手役に見事抜擢されたイケメン俳優、チャン・ビンビン演じる“2つの顔を持つヒーロー”にスポットをあて、彼の魅力を紹介していきたい。

  • 視聴ランキング1位! 『となりのツンデレ王子』熱狂的に支持された“初恋成就ロマンス”とは?

    海外ドラマ

     若き日の初恋相手に時を経て再会し止まっていた恋が動き出す──いつの時代もそんなロマンチックなラブコメディはオトメ心をつかむ人気のジャンルだ。中でも、2019年に中国で視聴ランキング1位に輝いた『となりのツンデレ王子』は、実話をベースにしたピュアでハートウォーミングな“初恋成就ロマンス”を描いて、多くの熱狂的なファンを生んだ。世に“初恋成就ロマンス”は数あれど、このドラマがこれほどまでに女性たちの支持を得た理由とは? 鉄板というべき胸キュンポイントに視聴者の共感を呼ぶ新しさが加わった本作の見どころを紹介しよう。

  • 岩井俊二監督が描く“もうひとつのラストレター” 中国映画『チィファの手紙』日本公開決定

    映画

     映画『Love Letter』『スワロウテイル』『リリイ・シュシュのすべて』『花とアリス』など、数々の名作を世に送りだしてきた岩井俊二監督が、初めて中国でメガホンをとった映画『チィファの手紙』が秋に日本公開されることが決定した。

  • イケメン貴公子からモテモテ! 『花不棄』のヒロインから学ぶ“愛され女子”の秘訣

    海外ドラマ

     中国で視聴率ランキング1位、インターネット総再生数100億超の大ヒットを記録したドラマ『花不棄<カフキ> ‐運命の姫と仮面の王子‐』。本作で台湾の視聴率女王、アリエル・リンが演じるヒロイン・花不棄はイケメン貴公子たちを夢中にさせる“愛され女子”だ。出生の秘密、許されぬ恋、天下とヒロインをめぐる三角関係など、時代劇らしい壮大な舞台設定ながら、描かれるのは現代女子の恋愛にもたくさんのヒントをくれる共感度大のラブストーリー。イイ男たちが次々と好きになってしまう花不棄はどんな女性なのか? 彼女のキャラクターから“愛され女子”の秘訣を探ってみたい。

  • “高視聴率女王”アリエル・リン、新たな愛されカップルを熱演! 『花不棄<カフキ>』がヒットした理由とは?

    海外ドラマ

     “高視聴率女王”のアリエル・リンが『蘭陵王』以来、5年ぶりに時代劇ドラマに主演した『花不棄<カフキ>‐運命の姫と仮面の王子‐』のDVDが2020年2月4日にリリースされる。今度の相手役は『永遠の桃花~三生三世~』『麗姫と始皇帝 ~月下の誓い~』などで人気を集めるチャン・ビンビン。この注目の2大スター共演で、同時間帯視聴率ランキング1位、インターネット総再生数100億超の大ヒットを記録した本作。そのヒットの秘密に迫る。

  • ジャッキー・チェンが美声を披露『ナイト・オブ・シャドー』劇中歌映像公開

    映画

     ジャッキー・チェンの主演映画最新作『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』より、ジャッキーが歌って踊る劇中歌のシーンを切り取った本編特別映像が公開された。

  • ジャッキー・チェン最新作、吹き替え版声優に石丸博也&早見沙織&水樹奈々ら豪華集結

    映画

     ジャッキー・チェンの主演映画最新作『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』の日本語吹き替え版に、石丸博也や早見沙織、水樹奈々ら、豪華声優陣が集結することが発表された。

  • 『如懿伝』VS.『瓔珞』、ヒロインが悪女へ!? “同じ歴史人物”でもここまで違う!

    海外ドラマ

     2018年中国のインターネットドラマランキングで1位、2位となった宮廷ドラマ『瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』と『如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~』。宮廷や衣装のビジュアルの美しさに加え、史実をベースにして波乱万丈の愛憎劇が繰り広げられるストーリーが日本でも話題となっている人気作だが、実は、この2作は同じ歴史人物をモデルにしながら、それぞれ違う個性的なキャラクターを作り上げている。そこで、今回は物語の中心となる4人のキャラクターについて深堀りしていきたい。

  • 主演コンビのギャラだけで25億円!? 中国ドラマ『如懿伝』に出演する美男美女スター

    海外ドラマ

     2018年に中国で記録的な大ヒットとなった宮廷時代劇『如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~』。「総製作費96億円、インターネット再生数165億回超え」という“規格外の数字”が話題になっているが、主演キャストのギャラも規格外! 驚くべきことに「25億円以上」といわれている。その天文学的な数字ゆえに、中国当局がドラマ界で高騰するスターのギャラ制限に動くきっかけにもなったというからさらに驚きだ。今回は、そんなビッグすぎる主演キャストから、脇を固める名優・若手俳優まで、本作で華やかな競演を見せている美男美女スターたちを紹介したい。

  • ジャッキー・チェンが妖怪たちと奇想天外バトル『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』予告

    映画

     ジャッキー・チェンの主演映画最新作『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』より、本予告映像が解禁された。ジャッキーと派手なビジュアルの妖怪たちとの奇想天外なバトルの模様が描かれている。

  • 『三国志 Secret of Three Kingdoms』司馬懿役、エルビス・ハンのインタビュー動画公開!

    海外ドラマ

     『三国志 Secret of Three Kingdoms』のブルーレイ BOX 第3弾の発売にあわせて、主人公・劉平(りゅうへい/マー・ティエンユー)の幼馴染で良き理解者である司馬懿(しばい)役を演じたエルビス・ハンによるインタビュー動画の一部が公開された。インタビューの中で、自身の演じた役柄や、最も印象深いシーン、共演者との“相性の良さ”などを語っている。

  • 愛の行方をめぐって大論争! 宮廷ドラマ『如懿伝』が描いた“リアル”なラブストーリーとは?

    海外ドラマ

     2018年に、異例のヒットを記録した中国宮廷ドラマ『瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』と、『如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~』。2作品とも、中国の乾隆(けんりゅう)帝時代を描いており、再び清代が注目されるきっかけとなった話題の宮廷ドラマだが、ラブストーリーという視点から観ると全く違うテイストで描かれている。『如懿伝』は、これまで見慣れた宮廷ドラマとは一線を画す内容になっており、ヒロインと乾隆帝の愛の行方をめぐって大論争が巻き起こった。いったい何がそんなに視聴者の心を熱くしたのか? そのラブストーリーの見どころに迫ってみよう。

  • チョウ・ユンファの2丁拳銃アクションも!『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』予告

    映画

     映画『男たちの挽歌』などで知られる俳優のチョウ・ユンファと、映画『風雲 ストームライダーズ』などの俳優アーロン・クォックという、香港を代表する二大スターがダブル主演する映画『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』より、予告映像が解禁。併せてメインポスタービジュアルも公開された。

  • ジャッキー・チェン主演最新作『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』公開決定

    映画

     世界的に活躍する“レジェンド”、ジャッキー・チェンの主演最新作『The Knight of Shadows:Between Yin and Yang(英題)』が、邦題を『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』として、2020年1月より全国公開されることが決定。併せて本ポスタービジュアルも解禁された。

  • 総製作費96億円! 宮廷時代劇『如懿伝(にょいでん)』が大ヒットした4つのポイント

    海外ドラマ

     近年、日本でファンが急増中の中国時代劇ドラマ。中でも、壮大な皇宮や美しい衣装、波乱万丈のロマンスや陰謀を描く「宮廷ドラマ」は最も人気が高いジャンルだ。その宮廷ドラマの“最高峰”というべき話題作『如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~』のDVDが11月2日より、遂に日本でもリリースされる。中国国内で異例の大ヒットとなった本作がこれまでの作品を超え“最高峰”といえる4つのポイントを紹介しよう。

  • 今、中国のファンタジー・アドベンチャーが熱い! “王道の物語”は日本アニメの影響!?

    海外ドラマ

     近年、中国アニメの急成長が日本でも大きな注目を浴びている。今夏には中国の国産アニメ映画『ナタ之魔童降世(なたのまどうこうせい)※』が興行収入“約600億円”を突破するメガヒットとなり、2015年に国産アニメ映画歴代1位の興行収入約192億円を記録した『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』をはるかに超える成功を収めた。この2作に共通するのはいずれも日本人にもなじみのある中国の古典(「西遊記」「封神演義」)を取り入れたファンタジー・アドベンチャーであること。今、中国ではこうしたファンタジー・アドベンチャーの人気が高まっており、アニメにとどまらず実写ドラマにも及んでいる。その好例といえるが、2018年中国で大ヒットを記録したドラマ『神龍<シェンロン>‐Martial Universe‐』(以下『神龍』)だ。 ※「ナ」は口へんに「那」、「タ」は口へんに「屯」。

  • 20代で年収37億円! ジャッキーを超える“中国トップスター”ヤン・ヤンとは?

    海外ドラマ

     『シンデレラはオンライン中!』で日本でもブレイクし、最新ドラマ『神龍(シェンロン)‐Martial Universe‐』が話題を呼んでいる中国俳優ヤン・ヤン(楊洋)。1991年9月9日上海生まれの27歳、身長180cm、少女漫画から抜け出てきたような完璧イケメンの彼は、日本では中村蒼、有岡大貴(Hey! Say! JUMP)、坂口健太郎、工藤阿須加と同い年だ。2017年に経済誌「フォーブス」が発表した「中国で最も稼ぐセレブ100人」によると、総合順位でジャッキー・チェンを上回る第5位にランクインしており、推定年収は驚愕の約37億円!! 中国芸能界で若手ながらトップクラスに位置するヤン・ヤンとはどんな人物なのか? その人気の凄さとこれまでの経歴を紹介しよう。

  • 『三国志 Secret of Three Kingdoms』“イケメン”皇帝、マー・ティエンユーのインタビュー公開!

    海外ドラマ

     中国ドラマ『三国志 Secret of Three Kingdoms』のブルーレイ 第1弾が9月4日より発売(DVD同時レンタル)となった。それにあわせて主人公劉平役を演じたマー・ティエンユーによるインタビュー動画の一部が公開。イケメン揃いの今までにない「三国志」であることをアピールしている。

  • 西太后だけじゃない! 『瓔珞』が描く“清朝のシンデレラ・ガール”に注目

    海外ドラマ

     中国時代劇ドラマといえば「三国志」「水滸伝」などの英雄伝だけでなく、『宮廷の諍い女』『宮廷女官 若曦』など、清朝宮廷ドラマのヒット作も多い。昨年、中国でインターネット再生数180億のNo.1ヒットとなったドラマ『瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』もその一つ。本作のヒロイン・瓔珞のモデルとなった孝儀純(こうぎじゅん)皇后は、乾隆(けんりゅう)帝の後宮で宮女から妃にのし上がり、ついには皇后の称号を得る成功を遂げた人物だ。果たしてこの孝儀純皇后とはどんな女性だったのか? これまで日本ではあまり知られていなかった清朝のシンデレラ・ガールについて紹介しよう。

  • 「三国志」「水滸伝」を超えた中国時代劇の新境地! 『神龍(シェンロン)』が日本上陸

    海外ドラマ

     製作費約100億円、撮影期間258日、スタッフ1000人以上という中国史上最大級スケールで中国時代劇ドラマに革命を起こしたファンタジースペクタクル時代劇『神龍(シェンロン)‐Martial Universe‐』がついに日本上陸! 平凡な青年が世界を救う使命を帯びてヒーローへと成長していく冒険譚を描き、「三国志」「水滸伝」を超える中国時代劇の新境地を切り拓いた本作。視聴者をあっと言わせたこのドラマの前代未聞、ケタ違いのすごさとは?

  • 奇策“アンブレラ・ソード”さく裂! チャン・イーモウ渾身の武侠アクションシーン映像

    映画

     中国映画界の巨匠チャン・イーモウ監督の最新作『SHADOW/影武者』より、兵士たちが傘布を剣盾に換えた新兵器“アンブレラ・ソード”を、駒(こま)のように高速回転させながら縦横無尽に敵陣を突破する迫力の武侠アクションシーン映像が公開された。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access