手塚眞 関連記事

  • 映画『ばるぼら』製作発表に登壇した稲垣吾郎

    稲垣吾郎、異常性欲に悩む小説家役「愛がむき出しになった僕を楽しんで」

    映 画

     俳優の稲垣吾郎と女優の二階堂ふみが、手塚治虫のアダルト漫画を初映像化した映画『ばるぼら』に出演することが20日、都内で開催された「手塚治虫生誕90周年記念会」式典内にて発表された。式典後の囲み取材会に出席した稲垣は、「夢のようでした」と撮影を感慨深げに振り返った。@@cutter 禁断の愛とミステリー、芸術とエロスなど、さまざまなタブーに挑戦し、独特な世界感から映画化不可能と言われた本作。取材会には、監督を務めた手塚治虫の実子・手塚眞氏も出席した。  稲垣は今作の出演を「手塚先生の作品で育ってきたようなものなので光栄」と打ち明け、異常性欲に悩まされている売れっ子小説家を演じることについて「新しい挑戦。今のこのタイミングではないと演じられないような役で感慨深いです。愛がむき出しになった僕を楽しんでいただけると思う」と手応えを感じている様子。  自堕落な性格のフーテン女バルボラを演じる二階堂は、本作について「謎ができるような感覚。現場では『これは黒い部分の手塚先生だよね』と話してました」と見解を明かした。  今作は、日本、ドイツ、イギリスの製作者が集結し、撮影監督は鬼才クリストファー・ドイルが担当する。稲垣は「監督とドイルさんのコラボレーションによる世界観が本当に美しく、自分の好みにも合っていて。そこで演じていた時間が夢のようで、経験したことのない出来事でした。壊れゆくときにしか出せない色気や尊さを感じてもらえると思う」としみじみ。  二階堂も「刺激的でした。日本語のときもあれば英語のときもあって、言葉でつながるのではなく、アートは感覚で共有するものなんだと感じさせてくれる現場で楽しかったです」と笑顔を見せた。  初共演となる稲垣と二階堂。稲垣は「初めてスクリーンで見たときに衝撃が走って、いつか共演したい女優さんでした。演技で僕を引っ張ってくれたので感謝しています」とニッコリ。「光栄です」とお礼を述べた二階堂は「稲垣さんは文学を感じる方。難しい本を手にとったときのような感覚で、知りたいと思うけど自分の未熟さを感じさせられて。自分の中に眠ってるバルボラをおこされるような方でした」と語り、同じく「光栄です」とかぶされていた。  手塚監督も「2人とも魅力的な俳優で、いつか仕事したいと思っていましたし、今回の役はイメージにピッタリ。それだけでなく、期待以上のことをやっていただいた印象です」と絶賛していた。  映画『ばるぼら』は2019年全国公開。

  • カンヌ出品作品『BLACK ROOM』公開決定

    カンヌ出品『BLACK ROOM』公開決定! 拉致、監禁、拷問“異常性愛”を描く衝撃作

    映 画

     第67回カンヌ国際映画祭マルシェデュフィルム部門出品『BLACK ROOM』が、9月12日に公開されることが決定した。“異常性愛”、“倫理や道徳を超えた「愛」”といったテーマを扱った衝撃的な作品で、公開前から注目を集めている。@@cutter 報道会社で勤務しながら劣等感を抱いているディレクター・毬乙(辻岡正人)は、同僚の神堂(朝霧涼)に嫉妬し、その婚約者・清住(夕樹ゆう)に片思いしている。毬乙は清住を盗撮するだけでは物足りず、自宅の倉庫を鉄格子へ改造し、清住を監禁。清住は脱出することができず、毬乙に監視された奴隷のような生活を送ることに…。  屈折した恋心をきっかけに、拉致、監禁、拷問といった“異常性愛”を描いているが、そのなかに潜む「人を思う、純粋なまでの愛憎」を繊細にとらえた本作。やがて、倫理や道徳を超越した“究極の愛憎”というテーマに進んでいく。  本作で破滅的な主人公・毬乙を演じるのは、監督、俳優など、さまざまな面で才能を発揮する辻岡正人。監督作としては『老獄/OLD PRISON』『JUDGEMENT』などがある。本作ではプロデュース・企画・製作・撮影・照明・美術・編集・脚本・監督・主演と十役を兼務する。  監禁される女性・清住役にはオーディションで選ばれた夕樹ゆう。その恋人・神堂役は若手実力派俳優の朝霧涼が演じる。また報道局長役にはヴィジュアリストの手塚眞。ほか、愛染恭子、増田俊樹、小沼雄一、鈴木太一、松本准平らが出演する。  映画『BLACK ROOM』は9月12日より 新宿バルト9ほかで全国公開。

  • 『森の伝説 第二章』完成記念トークイベントに出席した手塚眞

    手塚治虫の未完アニメ、息子・手塚眞が完成「父の作品でもあり、自分の作品でもある」

    アニメ・コミック

     5日、手塚治虫氏の構想によるアートアニメーション『森の伝説 第二章』完成記念トークイベントが横浜みなとみらい・ブリリア ショートショート シアターで行われ、父の遺志を受け継ぎ本作の製作に携わったヴィジュアリストの手塚眞が登壇。父が遺した壮大なアニメの世界への挑戦を熱く語った。@@cutter 『森の伝説』は、手塚治虫氏がチャイコフスキー交響曲第四番の調べに乗せ、全四楽章それぞれのエピソードを完成させるべく構想を温めていたアートアニメーション作品。第一楽章・第四楽章を完成させながらも、同氏の死によって未完のまま封印されていたが、今回、息子の手塚眞の手によって「第二楽章」を完成させた。  六年の歳月をかけて、ようやくこの日を迎えた手塚眞は、「父の作品でもあり、自分の作品でもあり、複雑な心境ではありますが、今日こうして一般公開の日を迎えることができてうれしい」と喜びの表情を浮かべた。  難航を極めた製作については、「この作品は、漫画の原作ありきではなく、父の頭の中だけに組み込まれていたものなので、第一楽章から第四楽章まで、物語はつながっておらず、それぞれが別物。本当に作りたかったものは予測でしかないのですが、今回は、物語を生かしながらも、手塚治虫でもなく、父の敬愛していたウォルト・ディズニーでもない、私のオリジナルで作り上げました」と強調した。    なお、本作は、第15回広島国際アニメーションフェスティバルのワールドプレミアで一度上映されたが、一般劇場公開としては今回が初日。また、同シアターでは、今月14日まで「手塚治虫 アートアニメーション特集上映」と題して、完成したばかりの『森の伝説 第二章』をはじめ、第一章、第四章、さらには秘蔵のアニメ全10作品が上映されている。

  • 「手塚治虫アートアニメーション特集」 Aプログラム『森の伝説』第二楽章(2014)

    手塚治虫の未完アートアニメ、息子・手塚眞が受け継ぎ完成! 記念特集上映も開催決定

    アニメ・コミック

     巨匠・手塚治虫が、チャイコフスキー交響曲第四番の調べにのせ、全四楽章それぞれのエピソードを完成させるべく構想していたアートアニメーション『森の伝説』。手塚氏の死により、未完のまま封印されていた本作だが、息子であるヴィジュアリスト・手塚眞が、父の遺志を継ぎ、新たに“第二楽章”を生み出した。その完成記念として「手塚治虫アートアニメーション特集」が上映される。@@cutter 本作は、チャイコフスキー交響曲第四番の調べにのせ、全四楽章それぞれに4つのエピソードを完成させるべく、手塚氏が十数年に渡って構想をあたためていたアートアニメーション作品。生前の手塚が完成させられたのは第一楽章の部分と第四楽章の2つだけであった。  幸い創作メモは全楽章分残されており、息子であり自身も映像作家であるヴィジュアリストの手塚眞が父・手塚治虫の遺志を継ぎ、新たに“第二楽章”が誕生。27年の歳月を経てその封印が解かれた。完成まで残る最後のピース、第三楽章の完成が待たれる。  そして『森の伝説 第二楽章』の完成記念として、「手塚治虫アートアニメーション特集」が上映決定。『森の伝説』第一楽章・第四楽章と新たに完成した第二楽章に加え、1962年から手塚氏が亡くなるまでの間に製作された秘蔵のアニメーション全10作品が上映されるほか、9月5日は手塚眞監督をゲストに迎えてのトークイベント実施される。  「手塚治虫アートアニメーション特集」は横浜みなとみらい・ブリリア ショートショートシアターにて、9月5日~14日の期間で公開。上映プログラムは『森の伝説』第一・第二・第四楽章を流すAプログラムと、秘蔵のアニメーション全10作を流すBプログラムで構成。詳細は特設ページまで。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access