マドンナ 関連記事

  • レディー・ガガに不満を抱いている様子のマドンナ

    マドンナが意味深ツイート、レディー・ガガの“コメントパクリ”に激怒か

    セレブ&ゴシップ

     過去に歌手レディー・ガガの楽曲『ボーン・ディス・ウェイ』が、自身の楽曲『エクスプレス・ユアセルフ』に似ていると指摘した歌手のマドンナが、再びガガに怒っているようだ。ガガが主演映画『アリー/スター誕生』のプロモーション中に発したコメントが、自身の過去の発言をマネているという。@@cutter Page Sixによると、ガガは10月ごろから始まっていた初主演映画『アリー/スター誕生』のPRプレスツアーで、何度も「部屋に100人の人がいて、そのうちの99人が自分のことを信じてくれないかもしれないけど、必要なのは1人だけ。その1人がいれば、人生が一変する」とコメントしていたという。  マドンナはインスタグラムのストーリーに、1980年代の自身のインタビューを投稿。その中で「部屋に100人の人がいて、そのうちの99人が(自分の曲を)気に入ったら、気に入らないと言った1人だけを覚えている」と発言していたとのことだ。マドンナは同じ日に、にらみを利かせているような表情を浮かべたアップの写真を投稿し、「私をナメるな、の月曜日…」とキャプションにつづった。    マドンナの一連の投稿は果たして、ガガへの当てつけか。ガガの反応が気になるところだ。 引用:https://www.instagram.com/madonna/    https://twitter.com/madonna

  • 13歳の頃のローデス、母マドンナと

    マドンナの娘ローデス・レオン、貝殻ブラでランウェイ・デビュー

    セレブ&ゴシップ

     ポップスの女王マドンナの娘で21歳になるローデス・レオンが現地時間11日、ニューヨーク・ファッションウィーク中に開催されたジプシー・スポーツのファッションショーで、ランウェイ・デビューを果たした。大胆にも貝殻ブラを身に着けての登場だった。PeopleやW Magazineなどが報じた。@@cutter ニューヨークブランドのジプシー・スポーツの2019年春コレクションのショーに登場したローデス。上半身には胸の部分が貝殻になっているボディチェーンのみを身に着け、ビキニの日焼け跡が大胆に露出されている。足元は白いスニーカー、髪の毛には緑の葉のヘッドドレスを着け、大胆なカットが入ったリップドジーンズからは、黒のハイウエストの下着と、すね毛の生えた脚がのぞいていた。  これまでも靴のコンバースのスペシャルコレクションや、アレキサンダーワンの2017年春のショーに登場したことがあるというローデス。どのような経緯で、ジプシー・スポーツをランウェイ・デビューの場に選んだかは不明だ。  あまりメディアに露出しないローデスは、マドンナの母校ミシガン大学でダンスや演劇、音楽を学んでいると報じられているが、今後はファッションモデルとしても注目を集めそうだ。

  • MET GALA2018

    リアーナ、ケイティ・ペリーら超個性的な“宗教”ファッションで登場

    セレブ&ゴシップ

     世界最大のファッションの祭典「MET GALA(メットガラ)」が現地時間7日、ニューヨークのメトロポリタン美術館で開幕。歌手のリアーナ、ケイティ・ペリー、そして日本の森星らスターたちの豪華絢爛、超個性的なファッションを紹介する。@@cutter 『プラダを着た悪魔』のモデルとなったVOGUEの名編集長アナ・ウィンターが主催する本イベント。今年は、『オーシャンズ』シリーズ最新作『オーシャンズ8』(8月10日公開)の女優アン・ハサウェイ、リアーナらが、映画本編で“盗み”の舞台となった本イベントに参加したことも話題だ。  並みいるセレブの中でまず注目したいのは、ローマ教皇のコスプレのようなドレスを見事に着こなすリアーナ。MET GALAの共同主催も務める彼女は、ジョン・ガリアーノのデザインのメゾン・マルジェラのドレスで今年のテーマ「ファッションと宗教(カトリック)」をこれでもかと体現した。  中世の皇帝を思わせるゴージャスなハットとコートにミニドレス、パールのアンクレットとビジューのネックレスを身にまとった彼女は「ドレスは重いけど」と前置きをしながらも「この場に来られて本当に幸せ。すべて手縫いなの。これを着ないと罪だと思ったわ!」とコメント。  ケイティも親友リアーナに負けていない。ヴェルサーチのミニドレスにハイヒールのロングブーツを合わせ、移動するのにも困難なほどのゴージャスな羽根を背負って会場に“降臨”。ショートヘアも含めて見事にゴールドでコーディネートされた姿が美しい。  ほか、歌姫アリアナ・グランデは天使の宗教画をゴールドのシフォンで覆ったドレス、マドンナは十字架の冠に教皇のような黒いロングドレス、ケンダル・ジェンナーは大きく肩を出した白いパンツドレス、『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーンは僧侶のような金の飾りがポイントの大きく胸の開いた紺のドレスで登場。  また、ヒュー・ジャックマンはラブラブの年上妻デボラ=リー・ファーネスと黒でそろえ、ジョージ・クルーニーはパンツ型のドレスを着こなした法廷弁護士の妻アマル・アラムディンを黒スーツでエスコートした。  アンは、バルーン型のシルエットと大きく開いた背中が印象的なヴァレンティノの赤いドレスを身にまとって登場。「アナ・ウィンター(VOUGE編集長)が、映画のセット、世界観をとても気に入ってくれてとてもうれしかった。その言葉をみんな待っていたの。だって、心の底ではみんな彼女にヒヤヒヤしていたから(笑)」と『プラダを着た悪魔』に主演した彼女だからこそ言えるジョークで会場を沸かせた。  その他にも、ベラ&ジジ・ハディッド姉妹やブレイク・ライヴリーら、豪華セレブがきらびやかな衣装でガラを彩った。

  • 『プリティ・リーグ』が再ドラマ化(※1992年の『プリティ・リーグ』場面写真)

    マドンナが出演した女性スポ根映画『プリティ・リーグ』がドラマ化

    海外ドラマ

     ペニー・マーシャル監督で、オスカー俳優トム・ハンクスや歌手マドンナ、女優ジーナ・デイヴィスなどが出演した1992年のスポーツ映画『プリティ・リーグ』のドラマ企画が、米Amazonで進んでいるという。The Hollywood Reporterが伝えた。@@cutter 第二次世界大戦中に実在したアメリカの女性プロ野球チームの苦労と活躍を描く『プリティ・リーグ』。リブートではあるが、現代的なアレンジが加わる30分のコメディドラマになる予定とのことだ。アメリカで女性野球リーグが設立された1943年から始まり、巡業の旅に出たロックフォード・ピーチズのメンバーが試合を行いながら、ケガ、バーでのケンカ、恋愛などに悩み成長していく姿を描くという。当時のアメリカが抱えていた問題にも切り込むそうだ。  海外ドラマ『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』のウィル・グレアムと、アニメ映画『レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー』のアビ・ジェイコブソンが、脚本を共同執筆すると共に製作総指揮を務める。映画版の主要キャラクターだった姉妹ドティ(ジーナ・デイヴィス)とキット(ロリ・ペティ)は登場しないとのことだが、ドラマ版のキャラクターの詳細やキャスティングは不明。  『プリティ・リーグ』は1993年にも米CBS局でドラマ化され、トムやマーシャルが監督を務めたが、3話のみが放送されて打ち切りになった。情報筋の話では、グレアムとジェイコブソンはマーシャル監督とジーナに会って再ドラマ化を報告して祝福を受けたそうだが、二人がドラマ版に参加するとは伝えられていない。

  • シエラレオネ出身のバレリーナ、ミケーラ・デプリンスの伝記映画を監督するマドンナ

    マドンナが7年ぶり監督 戦争孤児だった黒人バレリーナの半生を映画化

    映 画

     歌手のマドンナが2011年の『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋』以来、7年ぶりにメガホンを取ることになった。シエラレオネの戦争孤児から世界的に有名なバレリーナになったミケーラ・デプリンスの半生を映画化するという。PeopleやDeadlineなどの海外メディアが伝えた。@@cutter マドンナの3度目の監督作となる『Taking Flight(原題)』。故郷シエラレオネの内戦で父を殺され、病気で母を失い戦争孤児になったミケーラが、アメリカ人家庭の養女になり、逆境や差別と闘いながら世界的バレリーナになるまでの軌跡を描く。  『Taking Flight(原題)』は、ミケーラが養母エレーン・デプリンスと共に執筆した回顧録『夢へ翔けて:戦争孤児から世界的バレリーナへ』の原題から取られている。この原作をベースに、海外ドラマ『フアン家のアメリカ開拓記』のカミラ・ブラケットが脚本を執筆する。  ミケーラを演じる女優は未定。マドンナは声明の中で「逆境を理解するアーティスト、そして活動家として、ミケーラの歩みに深く共鳴しました。ミケーラに、共に育った孤児の声になってもらう、またとない機会です。彼女の物語に命を吹き込むことができて光栄です」とコメントしている。

  • マドンナ、ブリトニーの誕生日をヒット曲『トキシック』のアコースティックカバーで祝福

    マドンナ、ブリトニーの誕生日をヒット曲で祝福 ブリちゃんもお返しでプレスリー熱唱

    セレブ&ゴシップ

     歌手マドンナが、12月1日の世界エイズデーと歌手ブリトニー・スピアーズの2日の誕生日を祝福し、ブリトニーの2004年のヒット曲『トキシック』をアコースティックで披露した。ブリトニーはマドンナに触発されて、アカペラでエルヴィス・プレスリーの名曲『好きにならずにいられない』を歌った。@@cutter 2003年のMTVビデオミュージックアワードのパフォーマンスでキスを交わし、大きな話題を呼んだマドンナとブリトニー。マドンナが自身のインスタグラムにアコースティックギターを弾きながら、『トキシック』を歌う動画を投稿。「沈黙=死! 世界エイズデーの一曲! ブリトニー、ハッピーバースデー!!」とキャプションに綴った。  マドンナは『トキシック』を歌う動画を投稿する前、SNS上に書かれたブリトニーの『トキシック』を揶揄するコメントに対し、「あなたは間違っている」と、ブリトニーを擁護するコメントをしていた経緯がある。いずれにせよ、ブリトニーがマドンナの行動に感銘を受けたのは確かだ。  ブリトニーは自身のインスタグラムに、「昨日のマドンナの投稿には本当に触発された。彼女は正しい…。沈黙=死よ! 私の心に深く突き刺さった言葉だわ。だってその通りだもの」とコメントし、黒のミニドレスでプレスリーの『好きにならずにいられない』をアカペラで歌う姿を360度撮影した動画を投稿した。ずっとやりたかったパフォーマンスとのことで、12時をまわり誕生日を迎えると同時に実行したそうだ。ブリトニーは、誕生日のお祝いの言葉を贈ってくれたマドンナやファンに感謝を伝えている。

  • マドンナ、愛娘ローデス21歳の誕生日を祝福 ※「マドンナ」インスタグラム

    マドンナ、愛娘ローデス21歳の誕生日を祝福「いつでもあなたを思っているわ」

    セレブ&ゴシップ

     去る9月にポルトガル移住を発表した人気歌手マドンナが、現地間14日に21歳の誕生日を迎えた長女ローデス・レオンを祝福。自身のインスタグラムに、幼かったローデスとのツーショット写真や、キューバやケニアで地元の人々と交流するローデスの写真を公開した。@@cutter ローデスは、マドンナと交際していたパーソナルトレーナーのカルロス・レオンとの間に生まれた。母親のマドンナといっしょにファッションブランドを立ち上げたり、モデルとしてもデビューしている。  マドンナはそのローデスの誕生日に、キューバの子供達と言葉を交わしているローデス、ケニアの部族に囲まれている笑顔のローデス、そして草むらに横たわるマドンナの上に寝そべる幼いローデスの写真3枚を公開。「あなたがキューバにいようと…」「ケニアにいようと…」「うちの裏庭にいようと、いつでもあなたを思っているわ。お誕生日おめでとう、ローラ」と、ローデスを愛称で呼び、娘の成長を誇りに思うと共に21歳の誕生日を祝福した。  ローデスは現在、マドンナの母校であるミシガン州立大学で、ミュージカルシアターとダンスの勉強をしている。インスタグラムのメッセージから察するに、マドンナはローデスの誕生日を一緒に過ごせなかった様子だが、どこにいようと2人がなかよし親子であることに変わりはないようだ。

  • マドンナ、ポルトガル移住をインスタで発表

    マドンナ、ポルトガル移住をインスタで発表

    セレブ&ゴシップ

     8月16日に59歳の誕生日を迎えた人気歌手マドンナが、これまで居を構えていた米ニューヨークや英ロンドンから荷物をまとめ、ポルトガルのリスボンに移り住んだことを自身のインスタグラムで明かした。@@cutter マドンナは海に浮かぶ二つの岩をまたいで立っている人物を描いた絵画のような写真を投稿。「ポルトガルのエネルギーにすごい刺激を受けている。ここにいると創造力がみなぎって生きてる実感が湧く。映画の新作『LOVED』の制作と作曲活動を楽しみにしているわ」とキャプションに綴った。マドンナいわく、ポルトガルでの生活は「私の本の次なる章になる。違う視点から世界を征服する時が来たわ!」と、新天地での生活にエキサイティングしている様子だ。  また別の写真には、天井からたくさんのバスケットがぶら下がった新居のキッチンと思える様子を投稿。「以前の私はバスケットケース(ポンコツ)だったけど、今はリスボン住まいよ!」と綴っている。The Guardianによると、11歳になる養子のデヴィッドがポルトガルのサッカーチーム、ベネフィカのユースアカデミーに参加したため、移住を決めたとのこと。しばらくホテル住まいだったが、リスボンから北東へ27キロ行った美しい街シントラに家を購入したとのことだ。

  • 私物22点のオークション差し止めを勝ち取ったマドンナ

    マドンナ、2パックからの手紙を含む私物22点のオークションを差し止め

    セレブ&ゴシップ

     人気歌手マドンナが、1993~1994年頃に交際していた元恋人でラッパーの2パックから送られたという手紙などを含む私物22点のオークション差し止めを裁判所に要請し、認められたという。E!NewsやPage Sixなどの海外メディアが伝えた。@@cutter オークションはニューヨークを拠点にするオンラインオークションサイト「Gotta Have It! Collectibles」で、現地時間19日より始まる予定だったとのこと。マドンナがマイアミに所有していた家の片付けを手伝ったという元友人により提供された120点以上のアイテムのうち、マドンナがオークション差し止めを請求したのは22点。2パックが性的暴行で刑務所入りする1ヵ月前に、マドンナに宛てて彼女への愛と別れることにした理由を書き留めたという手紙のほか、使用済みの下着やマドンナのDNA(髪の毛)がついたクシなどが含まれるという。  マドンナは裁判所の緊急禁止命令を要請する書類の中で、「私の髪1本から私のDNAが抽出される可能性があることを理解しています。自分のDNAが一般に向けてオークションにかけられることに途方もない不快感を覚えます」と発言。2パックからの手紙が自分のもとにないこともオークションのことを耳にして初めて知ったと説明している。  オークションサイト側は今回の裁判所の決定に不服を申し立て、9月初旬に審理が行われるとのことだ。

  • 顔を赤らめながらマドンナについて語ったザック・エフロン

    ザック・エフロン、マドンナと火遊び?「否定も肯定もしない」とコメント

    セレブ&ゴシップ

     人気俳優ザック・エフロンが新作『ベイウォッチ』映画版のプロモーションで人気トーク番組『Jimmy Kimmel Live』に出演し、2016年に話題になったマドンナとの噂について、「否定も肯定もしない」と意味深発言したという。E!Newsが伝えた。@@cutter ザックは2016年11月、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われた格闘技イベント「UFC 205」を観戦。多くのセレブがリング前の特等席に陣取る中、マドンナの隣に座って一緒にセルフィーを撮り、肩を寄せ合って観戦する姿を目撃された。  座席は決められており、椅子にはセレブの名前を記した紙が貼られていたため、偶然隣り合わせたと説明するザックだが、マドンナについて「彼女、闘いを真剣に観てたよ。すごく楽しんでいた」と語ったという。  司会のジミー・キンメルが「マドンナは君とセックスしようと狙っていた可能性は?マドンナの魅力には逆らえない。彼女が狙いを定めたら、もう逃げられないでしょ」と、ザックに直球の質問を投げると、ザックは「彼女はほんとにそういう意味で魅力的だよね。僕は否定も肯定もできない」と、顔を赤らめながら思わせぶりな回答に留めたそうだ。  「マドンナは愛らしい。素晴らしい人だよ」とザックは続け、観戦中、興奮したマドンナに「叩かれた。彼女がこれをタップした」と自分の腕を叩きながらコメント。原音のタップ(tap)にはスラングで性的意味もあり、ますます意味深な発言となった。

  • 「勝手に私の映画を作らないで」とお怒りのマドンナ

    マドンナ、未承認の伝記映画ニュースに猛反発 作るやつは「ペテン師とバカ」

    セレブ&ゴシップ

     1980年代から第一線で活躍を続ける人気歌手マドンナ。米ユニバーサルが彼女の承認を得ていないという伝記映画『Blonde Ambition(原題)』の映画化権を獲得したと報じられると、映画化を喜んでいない心情を露わにした。@@cutter 直訳すると「ブロンドの野望」となるタイトルの脚本は、The Wrapによると「ブラックリスト」(優秀だが未製作になっている脚本のリスト)にあった作品でエリース・ホランダーが執筆。同リストで1位になったことのある注目の脚本だという。タイトルが示す通り、1980年代を舞台に、スターダムにのし上がるポップスターを描くという。現時点で映画『キャプテン・フィリップス』のマイケル・デ・ルカや映画『レヴェナント:蘇えりし者』のブレット・ラトナーらが製作に名を連ねている。  マドンナは自身のインスタグラムに1980年代当時の自身の写真を投稿し、「私が知り、見てきたことを知っている人間は誰一人いない。私だけが私の物語を語れるのよ。それを試そうとする他の人間はペテン師でバカよ。楽して満足感を得ようとしているだけ。この社会の病気と言っても過言ではない」と、強い語気で映画化に反対している。  情報筋はマドンナが映画化を止めるのは無理とみているという。マドンナは初期の楽曲を自分であまり作詞作曲していない。ストーリーの時期がデビュー前からデビュー初期とのことで、マドンナ自身が手がけたデビュー曲の『エヴリバディ』や『ラッキー・スター』などは映画に使えない可能性があっても、『ホリデー』や『ライク・ア・ヴァージン』など他の大ヒット曲のクリエイター達は莫大な使用料と引き換えに喜んでサウンドドラックへの収録を許可すると見られているという。

  • マドンナ、オフ感たっぷりの寝起きノーメイク・セルフィーを披露 ※「マドンナ」インスタグラム

    マドンナ、オフ感たっぷりの寝起きノーメイク・セルフィーを披露

    セレブ&ゴシップ

     2月にアフリカのマラウイ共和国から4歳半の双子の女の子を養子に迎えた人気歌手マドンナ。子供が増えて喜びも増えた反面、遊び盛りの子供達を相手にしてお疲れの時もあるのだろうか。ベッドからなかなか出たくない気持ちをノーメイクのセルフィーで表現した。@@cutter マドンナはブロンドの髪を三つ編みにして、寝起きのような若干お疲れ気味のアップのセルフィーを自身のインスタグラムに投稿。「ドラゴンの母がパジャマをなかなか脱げない時! ダラダラした日曜日!」とキャプションに綴った。  “ドラゴンの母”とはジョージ・R・R・マーティンのファンタジー冒険小説で、ドラマ版の『ゲーム・オブ・スローンズ』では女優エミリア・クラークが演じるデナーリス・ターガリエンのことだ。ドスラクの王妃で、ドラゴンの卵を孵してドラゴンの母となった。マドンナにとってドラゴンはもちろん子供達だろう。58歳の現在も現役バリバリのスーパースターであり、20歳の娘ローデスと16歳の息子ロッコ、11歳のデヴィッドとマーシー、そして4歳半のエスターとステラの6人の母親であるマドンナ。ダラダラしたい日曜日があっても当然だ。  写真を見たファンからは「とても魅力的だ」、「またそんな魅惑的な瞳をして。忘れられない」といった賛美の声や、「ダラダラした日曜日を過ごしてもいい人がいるとしたら、それはあなたよ!」「ダラダラした日曜日はいい効果がある。楽しめるといいわね」といった応援の声が届いている。

  • 2015年のコーチェラ・キス以前に“できていた”時期があるというマドンナ&ドレイク

    マドンナ、ステージ上のキスで話題になったドレイクと実は以前から関係が…

    セレブ&ゴシップ

     2015年にセレブにも大人気の音楽の祭典「コーチェラ・フェスティバル」でパフォーマンスしたマドンナ。ステージの上でカナダ人ラッパー、ドレイクに長いディープキスをして物議を醸したが、The Sunが2人はそれ以前に“関係を持っていた”と伝えた。@@cutter 現在30歳のドレイクは17歳年上のラテン系歌手ジェニファー・ロペスと交際中だが、マドンナはその年の差を上回る28歳年上の58歳。ドレイクはリアーナとの交際も有名だが、年上好みで過去の交際相手にも年上が多いという。  マドンナとドレイクのステージ上のキスは、ドレイクがキスされた後に嫌がった素振りを見せたことがメディアや動画・写真を見たファンの間で大きく取り上げられたが、マドンナに近い情報筋の話では2人はそれ以前にできていたとのことだ。「マドンナの取り巻きは皆、2015年にマドンナとドレイクが一瞬くっついたことに気づいていました」という。  「彼らは2人の関係が続かないことを知っていましたが、当時2人とも特定の恋人がいませんでした」と情報筋。「2人の間には確かにお互いに惹かれるものがありました」とのことだ。  それゆえ、マドンナはステージの上でドレイクの反応にショックを受けたという。ドレイクは騒ぎになると「俺がショックを受けているように見えるからと言って誤解しないでくれ」と言い訳したが、後の祭り。マドンナはその出来事から数ヵ月後のインタビューで、若かりし頃の自分へ忠告したいことを訊かれると、「ドレイクには、どんなにせがまれてもキスするな」と答えたそうだ。

  • マドンナ、スカヨハ、エマ・ワトソン…、反トランプ派の女性の行進にスター達が参加

    マドンナ、スカヨハ、エマ・ワトソン…、反トランプ派行進にハリウッドスターらが参加

    セレブ&ゴシップ

     現地時間1月20日にアメリカの大統領就任式が行われ、ドナルド・トランプ新大統領が誕生した翌日21日(現地時間)、首都ワシントンDCで反トランプ派の女性達が集結。大行進を行った中に、歌手マドンナや女優スカーレット・ヨハンソン、エマ・ワトソンら多くのスターの姿があったという。Us WeeklyやJustJaredなどが伝えた。@@cutter 時に女性や移民を蔑視する発言やマイノリティの権利を軽視する発言をしてきたトランプ新大統領に、女性達は自分達のパワーと意思を見せつけるため集結。ステージに上がったスカーレットは、非営利団体「全米家族計画連盟」を15歳の時に検診のため通い始めたという個人的な体験を語り、その存在の意義を訴えた。全米家族計画連盟はトランプ政権のもと、助成金を打ち切られる可能性がある。  この大行進には女性だけでなく男性や子供、あらゆる年齢層やジェンダーの人々が参加したとのこと。エマは交通整理のためのバリケードを警備担当者に動かしてもらい、母親と共に加わったという。  また、マドンナは「私は怒っている。激怒している。ホワイトハウスを爆破することをよく考えていたけど、それでは何も変わらない。私達は絶望に陥ってはいけないのだ」と、より過激な発言で物議を醸した。  女性達の行進はワシントンDCのほか、ロサンゼルスやニューヨーク、シカゴなどの米主要都市やイギリス、スコットランドなどの海外でも開催され、マギー&ジェイク・ギレンホール姉弟、ビヨンセ、オリヴィア・ワイルド、ジェイソン・サダイキス、アリアナ・グランデ、ジュリアン・ムーア、カーラ・グギーノ、アメリカ・フェレーラ、ケイティ・ペリー、マイリー・サイラス、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、イアン・マッケランなど、多くのスター達が参加したり、支持を表明した。

  • シャネルの広告でモデルを務めるパリス・ジャクソン ※「パリス・ジャクソン」のインスタグラム

    パリス・ジャクソン、シャネル広告でマドンナに激似ショット公開

    セレブ&ゴシップ

     2009年に急死した伝説的歌手マイケル・ジャクソンの愛娘パリス・ジャクソンがフランスのパリで、モデルを務める人気高級ブランド、シャネルの広告撮影に挑み、マイケルとも親しかったマドンナを彷彿とさせる姿を披露したという。@@cutter Page Sixによると、撮影は現地時間18日にエッフェル塔付近で行われたとのこと。白のブラウスとタイトスカートに黒のアクセントを置いたシックなコーディネートのパリスは、両手に小さなフランス国旗とアメリカ国旗を持ち、兵士達をバックに笑顔を見せている写真を自身のインスタグラムに投稿している。  最近はブロンドヘアがトレードマークになっているパリスだが、上にかき上げたようなスタイルでまとめられたブロンドヘア、赤い口紅、太くて濃い眉毛が、1980年代から1990年代にポップ界を席巻した当時のマドンナを彷彿とさせている。  シャネルでモデルデビューを果たしたパリス。公私ともに充実している様子で、パリには交際8ヵ月になる恋人マイケル・スヌーディも同行していたようだ。1日前からパリへ向かう機内の窓から見える光景や凱旋門などの写真をインスタグラムに投稿し、エッフェル搭の下でマイケルがパリスの頬にキスしておどけている写真も披露している。 引用:https://www.instagram.com/parisjackson/

  • 『ラ・ラ・ランド』、エマ・ストーンの歌声に酔いしれる特別映像解禁

    『ラ・ラ・ランド』、エマ・ストーンの歌声に酔いしれる特別映像解禁

    映 画

     アカデミー賞の最有力候補と目される映画『ラ・ラ・ランド』から、「AUDITION」バージョンの日本版特別映像が解禁。ヒロインを演じたエマ・ストーンの美声は必聴だ。@@cutter 『ラ・ラ・ランド』は 映画スタジオのカフェで働く女優志望のミア(エマ)と、ピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)が織りなすロマンスを描くミュージカル映画。『セッション』のデイミアン・チャゼル監督がメガホンを取った本作では、エマとライアンが披露する美声が見どころになっている。  解禁された映像では、何度失敗しても夢を叶えるため懸命に立ち上がるミアのたくましさを表現した歌詞と、これを歌い上げるエマの透明感溢れる伸びやかな美声が見事に調和。ロマンティックで儚さを感じさせる映像の数々にも目を奪われる。  一度聞いたら耳から離れないメロディアスな楽曲を手掛けたのは、デイミアン監督の大学時代の同級生で『セッション』の楽曲も手掛けたジャスティン・ハーウィッツ。音楽プロデューサーは、マドンナ、ビョークなど一流アーティストのアルバムや『ムーラン・ルージュ』を手掛けたマリウス・ヴリーズが務めた。  映画『ラ・ラ・ランド』は、2017年2月24日より全国公開。

  • 仲が良かった頃のマドンナ&ロッコ。16歳になったロッコは反抗期真っ只中!?

    マドンナの息子ロッコ、母の動画に一言「あそこに住んでなくて良かった」

    セレブ&ゴシップ

     先頃、マリファナの不法所持で逮捕されたことを伝えられたマドンナの息子ロッコ・リッチーが、「マネキン・チャレンジ」をしている母・マドンナの動画を見て「もうあそこに住んでなくて超よかった」とコメントしたという。@@cutter マネキンのように動かずに一定のポーズで一定期間静止するという「マネキン・チャレンジ」。セレブの間でも流行っており、Mail Onlineによるとマドンナは息子デヴィッドと娘マーシーと共に食事の席で「マネキン・チャレンジ」に興じ、口から食べ物が出た状態で静止している動画を自身のインスタグラムに投稿したという。  ロッコのコメントに気づいたファンはインスタグラムを介して、ロッコに思いやりのないコメントをした理由を尋ね、マドンナ達が「楽しそう」だと伝えると、ロッコは笑っている絵文字を返したそうだ。  その後、ロッコはブロック機能を使い、ファンをシャットアウトした後、自分のコメントも削除したという。現在はマドンナもその動画を削除しているため、一連のやり取りは確認できない。  ロッコは2015年12月に父親でマドンナと離婚したガイ・リッチー監督とロンドンで過ごした後、マドンナの住むニューヨークに戻ることを拒否。以来、リッチー監督とマドンナの間でロッコの親権を巡る争いが勃発したが、2人は9月に親権について合意に至ったと伝えられており、ロッコはロンドンに滞在する状態が続いている。

  • 16歳の息子ロッコがマリファナ所持で逮捕されていたマドンナ

    マドンナ、愛息子がマリファナ所持で逮捕 声明を発表

    セレブ&ゴシップ

     人気歌手マドンナと映画『スナッチ』などの監督ガイ・リッチーの長男ロッコ・リッチーが、去る9月に英ロンドンでマリファナ所持のため逮捕されていたことが明らかになった。逮捕の一件は2ヵ月近く明るみに出なかったが、マドンナはマスコミに報道されると、「息子をとても愛している」と声明を発表したという。@@cutter TMZによると、現在16歳のロッコがマリファナ所持で逮捕されたのは現地時間9月28日。マドンナと離婚している父親リッチー監督と同居中のロッコは、高級住宅街の一角でマリファナを吸っていたと思われ、その近辺に住む隣人が警察に通報したという。当局の話ではロッコは複数の友人と壁の上に座っており、警察官が現れると何かを投げ捨てたそうだ。  ロッコのバックパックの中には少量のマリファナが入っており、衣類にも付着していたとのこと。ロッコには既に判決が下っており、薬物関連の講習を受けているという。  ABC Newsによると、マドンナはAP通信に声明を送り、その中で「息子をとても愛しています。彼が必要とするサポートを与えために全力を尽くす所存です。どうか、私達のプライバシーを尊重してください」とコメントしたという。  元夫リッチー監督とロッコの親権を巡り、バトルを繰り広げたマドンナ。最近はロッコとマドンナの関係が改善されたという話だったが、マドンナの苦労はまだまだ続きそうだ。

  • UFCイベントでおどけるヒュー・ジャックマン&ザック・エフロン

    ザック・エフロン&ヒュー・ジャックマン、総合格闘技イベントで大興奮!

    セレブ&ゴシップ

     新作のミュージカル映画『The Greatest Showman(原題)』で共演する俳優ヒュー・ジャックマンとザック・エフロンの“ブロマンス”が花盛りだ。米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで現地時間12日に開催された総合格闘技イベント「UFC 205」で、仲睦まじくおどけている様子が写真に収められた。@@cutter 新作での共演で意気投合したヒューとザック。これまでも一緒にブロードウェイ・ミュージカル『Waitress(原題)』を観劇し、アメフトを観戦するなど、撮影以外でも行動を共にする姿が目撃された。  ヒューとザックが一緒に会場へ足を運んだかは不明だが、2人とも総合格闘技ファンであることに変わりはない。ヒューは吠えているような大きな口を開けた自分と、その顔を指差すひょうきん顔のザックを写したセルフィーを自身のインスタグラムに投稿し、「UFCにザック・エフロンと。歴史の授業だ!」とキャプションに綴っている。  Mirrorによると、セレブに人気だった同イベントには、海外ドラマ『ウォーキング・デッド』の俳優ジョン・バーンサルや歌手デミ・ロヴァートと新恋人と噂の総合格闘家のルーク・ロックホールド、マドンナなどの姿もあったという。ヒューはマドンナとのツーショットもカメラに収めている。

  • ビルボード誌の「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」に選出されたマドンナ

    マドンナ、ビルボード誌「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2016」に

    セレブ&ゴシップ

     1984年のシングル『ライク・ア・ヴァージン』の世界的ヒットでスターダムに登り詰めたポップの女帝マドンナが、アメリカの有名音楽誌「ビルボード」の「2016年ウーマン・オブ・ザ・イヤー」に選出された。@@cutter 「ビルボード」誌を発行するザ・ハリウッド・レポーター/ビルボード・メディア・グループのチーフ・クリエイティヴ・オフィサー、ジャニス・ミン氏は、「マドンナは音楽を超越する影響力とキャリアを持つ数少ないスーパースターの1人です」とコメント。  「クリエイティブな視点があり、絶え間なくイノベーションを追求し、慈善活動に身を捧げるマドンナは、あらゆる記録を打ち破る中で、世界中の人々にインスピレーションを与えてきました。彼女はその上、重要なフェミニストであり、女性やセクシュアリティ、平等に対する世論を変えるほどの影響を与えてきた比類なきアーティストです」とマドンナを称えた。  マドンナは現地時間12月9日にニューヨークで開催される第11回ウーメン・イン・ミュージックで表彰されるという。  昨年はレディー・ガガが受賞した「ビルボード」誌の「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」。過去にはテイラー・スウィフト(2011&2014)、ケイティ・ペリー(2012)、ビヨンセ(2009)などが栄誉に浴した。

  • 慰謝料はお幾ら? 離婚したセレブたちのマネー事情<フォト集>

    慰謝料はお幾ら? 離婚したセレブたちのマネー事情<フォト集>

    セレブ&ゴシップ

    アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットの離婚がニュースを賑わせていますが、セレブの離婚で気になるのはやはり慰謝料。なんせ半端ない額ですからね!?

  • スポットライトを一緒に浴びていたマイケル・ジャクソンとマドンナ 

    マドンナ、懐かしの写真で亡きマイケル・ジャクソンの誕生日を祝福

    セレブ&ゴシップ

     ポップの女王マドンナが自身のインスタグラムに、2009年に急逝したポップの帝王マイケル・ジャクソンとの懐かしい写真を投稿。生きていれば同じ58歳になるマイケルの誕生日を祝福した。2人は共に1958年の8月生まれ。マドンナは16日、マイケルは29日にそれぞれ誕生日を迎えた。@@cutter 1980年代と1990年代に、音楽界に旋風を巻き起こしたマドンナとマイケル。マドンナは当時の若かりし頃の2人が肩を並べている写真を組み合わせた一枚の写真をインスタグラムに投稿すると、「この素晴らしくて輝かしい人にハッピーバースデイ!! キング!あまりにも早く逝ってしまった」とキャプションに綴り、マイケルの誕生日を祝うと共に彼を追悼した。  マイケルの死後、マドンナはインタビューなどでマイケルとの思い出を語り、音楽でコラボする機会は逃してしまったが、短い期間でもプライベートでマイケルと交流する機会に恵まれ、楽しい時を過ごしたことなどを明かしていた。  マイケルの誕生日にはまた、マイケルの長男プリンスが自身のインスタグラムにメッセージを投稿。「伝説だけではなかった人にお誕生日おめでとう。愛しているよ」とマイケルに語りかけ、マイケルのために書かれたというソネットを共有している。

  • 2014年に結婚したジョージ・クルーニーと妻のアマル

    クルーニー、マドンナらセレブの別荘地に難民数百人が滞留

    気になる

     ジョージ・クルーニーやマドンナをはじめ、セレブの別荘地として知られるイタリアのコモ湖付近に、現在数百もの難民が滞在している。海外メディアMail Onlineによると、スイス政府当局が検問を閉鎖したため、ミラノからヨーロッパ北部へと移動する列車が通る同地で難民が足止めを食った形だ。ミラノからの列車が到着し目的地への移動が叶わなかった人々が降り立つたび、コモ湖近くの駅周辺にはテントが次々と設置されていく。立ち並ぶ豪邸と対照的だ。@@cutter 駅に降り立ったエチオピア人のサミール君16歳は「まずスイスに行ってからイギリスに行きたくて来ました。でも国境が閉鎖されてしまったので、他の方法を探さなくてはなりません。これまで4ヵ月かけて移動してきました」と語る。「イギリスには家族はいませんが知り合いがいます。難民にはイギリスが一番いいと聞いています」と続けた。またギニアからやってきた18歳のアルファ君は「ドイツで難民申請をしたいと思っています。ドイツが難民には一番いい国だと聞いています」と語る。そして「これまで2年間移動してきました。長く厳しい旅です」と続けた。  2週間前まで、スイス政府当局は2週間ごとに約100人の難民を通過させていた。国境が閉鎖されてからは、アルプスを通り密入国を図る者が増えているという。一方で、他国への難民申請の却下を受けて、イタリアへの居住を試みる人々もいる。  パキスタン人のアリさん34歳によると、コモで生活しようとする人は大勢いて、空き家や公園、教会から提供された家や駅などに滞在しているという。「みんな外で働いています。花を売るとか、できる仕事はなんでも」とアリさん。現地の警察は難民に付近への居住をやめるよう促している。  国境を閉鎖したスイスに加え、現在オーストリアはイタリアとの国境にフェンスを建設。イタリアとドイツは、そんなスイスとオーストリア両国を非難している。

  • マドンナ、手のシワ取りに成功?

    マドンナ、“ある注射”で手のシワ取りに成功か

    セレブ&ゴシップ

     現在57歳の米人気歌手マドンナが、手のシワを取るために“ある注射”受けたようだ。その注射とは、1回45分間のメソセラピーとも呼ばれる脂肪溶解注射で、1回あたり250ポンド(約3万5000円)かかるという。@@cutter これまで、たびたび手袋をしている姿を目撃されていたマドンナ。だが、この注射を3回受けたことで手の状態が改善されたことから、久しぶりに何も手を覆うことなく外出しているようだ。  ある関係者はThe Daily Mirror紙に「メソセラピーは痛くありませんが、やさしいものでもありません。施術後はアミノ酸とヒアルロン酸の影響で見苦しい状態になるので、36時間は手袋をはめなければなりません。たった3回の施術で、手の状態はかなり改善されましたから、マドンナはこの結果を喜んでいますよ」と説明すると、マドンナが久しぶりに手袋やミトンをつけることなく出歩いていることも明かした。  ロシアで人気のメソセラピーは、80から100本の小さな注射でビタミンと調剤を肌に注入し、施術後にたくさんの丘疹がでることから「バブルセラピー」との呼び名もついている。ロンドンで10年以上メソセラピーの施術をしてきたイリーナ・スチュワート氏は、「1回の施術だけでも、高価なクリームを1瓶全部使ったようなほどの即効性があります」とその効果を主張している。 

あわせて読みたい

ビデオ人気ランキング

コミック人気ランキング

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access