貞子3D2 関連記事

  • USJ期間限定ホラー・アトラクション「ストリート・ゾンビ」

    USJ史上最恐のハロウィーンイベント開催中! ゲストが絶叫で逃げ回る衝撃動画公開

    気になる

     大阪の人気テーマパーク・ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで、現在「ハロウィーン・ホラー・ナイト」(~11月9日)が毎週金・土・日・月曜日・祝日に開催中。パーク史上最恐の期間限定ホラー・アトラクションが、過去最多の7タイトル登場し、ハロウィーン当日を恐怖と絶叫と共に迎える。@@cutter 夕刻のパークに突如大量発生する「ストリート・ゾンビ」には、凶悪で残忍な「スーパー・ゾンビ」が初登場。オレンジ色の囚人服に身を包み、武器をもって無差別にゲストを追いまわすパーク史上最強・最悪のゾンビ軍団が、ゲストの大絶叫を呼び起こす。  また、今年は2つの新ホラーがパーク初登場。1988年の全米公開以来、世界中のホラーブームを牽引した『チャイルド・プレイ』をモチーフとした「チャッキーのホラー・ファクトリー」。そして、“日本国民が選ぶ最も怖い映画シリーズ”で堂々第1位の『呪怨』シリーズ最新作『呪怨 -終わりの始まり-』が他の人気アトラクションを乗っ取る「呪怨~呪われたアトラクション~」と、日米を代表するホラー作品が名を連ねた。  さらに和製ホラー『貞子』も負けじと、今年は人気の3アトラクションやレストランを呪い「貞子~呪われたアトラクション」「貞子~呪われたレストラン」を展開。なお、恐怖と食事を融合した新ホラー・アトラクションとして去年初登場し、チケット完売の盛況に沸いた「ダークレストラン~恐怖の晩餐会~」もパワーアップしている。  2012年の登場以来、多くのゲストをその恐怖で虜にした『13日の金曜日』をモチーフとしたアトラクションも「ジェイソンのブラッド・ダイナー3」として再登場。また、8月より好評開催中の「バイオハザード・ザ・リアル2」はイベント期間中、毎日終日開催される。イベント詳細は公式サイトまで。

  • 『貞子3D2』初日舞台挨拶に登場した瀬戸康史

    瀬戸康史「誰よりも貞子愛があります」 映画『貞子3D2』初日舞台で宣言

    映画

     映画『貞子3D2』初日舞台挨拶が30日に行われ、瀧本美織、瀬戸康史、平澤宏々路、山本裕典、田山涼成ら出演者と、英勉監督、原作者の鈴木光司、そして貞子が登壇した。@@cutter これまでも、ホラーが苦手で怖がりだと自ら明かしていた瀧本。「怖がりでどうしようもなかったんですけど、皆さんに支えられて完成しました」と挨拶したが、田山から「『台本の表紙が黒いから怖い〜』って、主役なんですけど怖がりは尋常じゃない」と暴露されるほど。現実世界で思う怖いことを聞かれると、「またホラー映画に出ること…」と話して会場を笑わせていた。  一方、瀬戸は「この共演者の中で誰よりも貞子愛があります」と宣言。今作では、父親役を演じたが、「父親らしいことは(映画で)してないんです。そこはあまり気にせず、前作とのギャップを演じた」と話す。「色々と抱え込んでいる役だったので、毛穴からオーラを滲み出せるように」と演じたという。そして、子役の平澤から「現場でなついてくれなかった」とプレミア試写会でこぼしていた瀬戸のコメントを聞いて手紙をもらったらしく、「『大大大大好きです』って(書かれていて)めちゃめちゃうれしかった」と満面の笑みを見せた。  今作での撮影はわずか1日、主演ドラマなどで多忙な山本は、「試写会でも観れてなくて、1番、貞子に対する気持ちが薄い役者かもしれませんけど、プライベートで(作品を)観れたらと思ってます」と苦笑。出演シーンは少ないものの人気の高さは相変わらずで、この日も観客から大きな歓声で迎え入れられたが、“怖いこと”を聞かれると、「プレミア試写会で、『キャ〜』って結構言われてたんで、『いい感じだな』って思ってたのに、(サプライズゲストの)東方神起が現れたら会場がとんでもない歓声で。それまで出してなかったのに、ウチワもパッと出してまして…ファンって怖いなと」と、本音も漏らし、場を盛り上げていた。  本作は、3Dアトラクションホラー・シリーズ第2弾。前作で、謎の大量死を引き起こした「呪いの動画」から5年後を舞台に、新たな恐怖を描く。

  • 『貞子3D2』瀧本美織インタビュー

    瀧本美織、呪われても生きねば。苦手ホラー『貞子3D2』で進化した恐怖を直感で熱演

    映画

     ジャパニーズ・ホラー・ブームの象徴作だった鈴木光司原作“リング”シリーズを、あの“貞子”を軸に3Dで復活した『貞子3D』(12)の続編、『貞子3D2』が登場。昨夏公開した前作は興行収入約15億円を記録する大健闘で、かつて一大ブームを生み出した“貞子”の健在を証明! いまだジャパニーズ・ホラーのクィーンとして君臨中の“貞子”が、今夏最後の“最恐”ホラー映画として再度降臨する。  その国民的な注目作で絶叫演技を担当するヒロインが、あのスタジオジブリ最新作の『風立ちぬ』でもヒロインの里見菜穂子を演じた女優・瀧本美織。7月『風立ちぬ』、8月『貞子3D2』と連続して超大作に出演した注目の彼女に、話を聞いた。@@cutter 前作の5年後が惨劇の舞台となる本作は、前作ヒロイン、安藤茜(石原さとみ)と安藤孝則(瀬戸康史)の間に子どもが誕生。名前を凪(なぎ)と名付けるも、茜は凪の成長を見届けることなく死亡してしまう。愛する茜を失った孝則は人格が豹変してしまい、彼のことが心配な妹・楓子(瀧本)が面倒を見ている最中、楓子と4歳になる凪の周囲で不審な死が続発するというストーリーだ。  あの5年前の“呪いの動画”事件との関連も明らかになっていくが、最初に映画出演の話を受け取った時は、「あの貞子に!? ですか(笑)」とショックを感じたという。「本当に嫌で(笑)。ホラーが本当に苦手なので、自分には務まらないと思い、“無理です、無理です!”って言い続けていましたね」と初動時を回想。ちなみに“リング”シリーズは観たことがあったそうで、「小学生くらいだったと思うので友だち同士、怖いモノ見たさで目を覆いながら観て(笑)。ほぼ観ていないに等しいですが、テレビから貞子が出てくる場面はよく覚えています」とホラー免疫はゼロに近かったとか。  それゆえ完成した主演作を試写で観ることも一苦労で、「そうですね(笑)。自分が出ている映画にもかかわらず、観る前から鑑賞できる気が全然していなくて、怖い気持ちが先だってしまって大変でした(笑)」と素直な心境を告白。「怖いポイントがわかっているので、その場面になる前に何度か3Dメガネを外しました。怖いシーンが来るまでの“間”に全然耐えられなかったですね(笑)」と怖い気持ちにはなったものの、純粋に3D映画として楽しめたとも。「3D映像が、迫力満点ですごかったですね! まるで乗物に乗っているような感覚で、飛び出てくるシーンだけじゃなく、普通のシーンでも臨場感や奥行きがあって、目の前に人がいるような感覚になって。まさしくアトラクションのような映画だなって思いました!」。@@separator ところで7月に『風立ちぬ』が公開され、現在もメガヒット中。8月には『貞子3D2』が続いて、女優・瀧本美織として注目度はナンバーワンだ。この状況に本人も感激していると言い、「うれしいです。色んな方に菜穂子がとても素敵なヒロインだったという声をいただいて、よかったなあと思っています。でも、まだ女優と言われることにあまり慣れていなくて、不思議な感じですね(笑)」と世間の狂騒をよそに本人は自然体のままだ。  続く今回の『貞子3D2』では、スクリーム演技にチャレンジ。女優・瀧本美織の新たな一面を知ることになるが、機会があればアニメーション声優も再トライしたいという。「それはもう、お話をいただければ、挑戦してみたいです! 『風立ちぬ』では宮崎駿監督が、昔の人は潔い生き方を送っていたので、そういう覚悟が定まった、甘ったれていない雰囲気を菜穂子さんに出してほしいと言われていました。普段のお芝居でも思うのですが、直感を大事にして演じることの大切さを改めて感じました。」と想いを新たに。  本人が言う直感を大事に、それを恐怖演技に応用した渾身作が、『貞子3D2』だ。本作も相当な自信作になったに違いないが、“進化”を続ける貞子がポイントだと指摘する。「貞子って強烈なキャラクターですよね。時代とともに貞子も進化していて、もはや追いつけないほどですね(笑)。最初は今までの古典的なホラーのイメージから抜け出せなくて、なかなかついていけなかったですが、今回の新しい恐怖は楽しいと思いました」。特に、スマートフォンと連動した新しい試みが注目なのだ。「どんどん新しい貞子が増殖していくようで、本当に怖いです(笑)。貞子はもともとブラウン管から出て来ていたのに、スマフォのレベルにまで進化した。そこまで来たか! って、びっくりしてほしいですね(笑)」。(取材・文・写真:鴇田崇)  映画『貞子3D2』は8月30日より全国公開。  ■ヘアメイク:佐鳥麻子   ■スタイリスト:寄森久美子(株)SMOOCH

  • 貞子乱入で東方神起が困惑!?

    貞子大暴れ サプライズゲスト・東方神起への想いは届かず?

    映画

     20日、都内で行われた『貞子3D2』(8月30日公開)のプレミア試写会に、主題歌を担当する東方神起がサプライズで登場した。@@cutter 3Dアトラクションホラーの人気シリーズ最新作『貞子3D2』。新生シリーズの第2弾で、スマホ連動での上映も行われる。“呪いのプレミア 大夏祭り”と題する本作の試写会の舞台挨拶に登壇したのは、MC助手の貞子。続けて、出演者の瀧本美織、瀬戸康史、山本裕典、子役の平澤宏々路、英勉監督が舞台に上がった。  ホラー映画初主演の瀧本は、「怖いものが嫌いなので、出来れば他の人に代わってほしいと頼みましたが、腹をくくって参加しました。皆さんの胸をお借りして撮影することが出来、感謝しています」と嬉しそう。「試写も見ましたが、どこで貞子が出て来るのか知っているので、怖いシーンでは3Dメガネを外しました」と、ホラー嫌いの克服は半ばの表情だ。  前作に続き出演した瀬戸は、今回は(平澤が演じる)凪の父親役。小声で「楽しかった」と撮影を振り返る平澤に、「薄い声だねぇ…」と残念そうながら、「今回はジャパニーズホラー感が強まっています」と本作の魅力を語った。  その平澤は、「撮影はお化け屋敷みたいで怖かったけれど、監督やスタッフさんが優しかったので、怖くなかったです」と、早くも女優の風格。貞子について聞かれると、「ちょっぴり怖いけれど、嫌いじゃないです」と回答。喜んだ貞子に抱きつかれ、困った表情を見せた。  現在放送中の主演ドラマ『山田くんと7人の魔女』撮影で多忙な山本は、本作は未見のようで「DVDを渡されて見ようと思ったんだけど、今、ちょっと違うのやっていて」と苦笑する。出番が少ないこともあり撮影は1日で終了。「皆の現場の話に全くついていけなくて、ちょっとイラっとしていますが、今回は黒い服を着て、バッチリ髪の毛もセットして、めちゃカッコイイので要チェック!」とPRした。  皆の挨拶が終わると、井戸から顔を出した“子貞子”たちが舞台の袖から登場し、井戸から取り出した「貞子の井戸のおいしい水」を、暑さの中、舞台挨拶に精を出す登壇者たちに配布する姿も。  更に場内が盛り上がったところで、本作の主題歌「SCREAM」を担当した東方神起がサプライズで登場すると、場内は歓声と悲鳴の嵐に。早速、ユンホとチャンミンが瀧本と英監督に花束を渡すが、嫉妬した(?)貞子が2人から花束を奪い取る事態に。擦り寄ってくる貞子を目の前に引き気味のユンホは、「とても怖い映画ですが、その怖さに良く合う曲だと思います」とひとこと。同じく少し困った表情のチャンミンも、「貞子の振付もあるので、PVを見てもらいたいですね」と新曲をPRした。

  • サダヲと貞子が奇跡のコラボ!笑劇の劇場マナーCM完成

    サダヲとサダコが奇跡のコラボ! 劇場マナーCMで最強と最恐の土下座を披露

    映画

     阿部サダヲ主演『謝罪の王様』(9月28日公開)と日本中を震撼させ続けているJホラー界の女王“貞子”の最新作『貞子3D2』(8月30日公開)が、劇場マナーCMでコラボレ―ションしていることがわかった。@@cutter 脚本:宮藤官九郎×主演:阿部サダヲ×監督:水田伸生というゴールデントリオの最新作『謝罪の王様』。阿部演じる「謝罪師」を生業とする東京謝罪センター所長・黒島譲が、謝り倒して何でも解決するという、前代未聞の“謝罪エンターテインメントムービー”。  今回の「東宝×角川書店」という、映画会社の垣根を越えたコラボレーションの発端は、『謝罪の王様』と『貞子』…、『阿部サダヲ』と『貞子』…、『サダヲ』と『サダコ』…、というダジャレから。さらに、貞子が這い出てくる姿が「土下座」に似てなくもない…、という思いつきから、この共演企画が持ち上がったとのこと。断られることを内心予想しながらも、『謝罪の王様』主演の阿部にオファーをしたところ、まさかの快諾。スタッフ一同、阿部サダヲの懐の深さを改めて感じ、心の中で総土下座。こうしてまさかの共演が実現することになった。  そんな2人がコラボレーションを果たした劇場マナーCMは、「携帯電話の切り忘れ」というマナー違反を引き起こしてしまった貞子を黒島(阿部)が注意するという内容のもの。貞子は、黒島と一緒に謝罪させられるも、上手に土下座ができない。それを見かねた黒島が、謝罪の王たる貫禄の土下座を実演してみせるという笑撃のマナーCMとなっている。  貞子と初共演を果たした阿部は「日本映画の人気キャラクター・貞子と共演させていただいて本当に光栄です。すごく面白いマナーCMができましたので、ぜひ劇場でご覧ください。お楽しみに! 」と自信満々のコメントを寄せている。マナーCMは、8月3日より全国224劇場にて上映予定。

  • Jホラー特有のじっとりとした雰囲気を再現した貞子人形

    貞子のホラー人形発売! 足には泥、指先には血、あの“眼”を忠実に再現

    映画

     米メズコトイズ「リビングデッドドールズ」と豆魚雷による企画・デザインのコラボレーションが実現し、日本を代表するホラーキャラクターの貞子を題材にした「MEZCO X MAMEGYORAI リビングデッドドールズ/ 貞子3D:貞子」が発売されることが決定した。@@cutter 「リビングデッドドールズ」とは、アメリカのメズコトイズ社が販売する、26センチサイズの人形シリーズ。『13日の金曜日』『エルム街の悪夢』『ソウ』など、数々の有名なホラー映画とのコラボレーション作品がリリースされている。  フレディやジェイソンなど、ありとあらゆるホラーキャラクターを商品化をしてきたメズコトイズの看板シリーズ「リビングデッドドールズ」に遂に参戦することになったのが、究極のホラー・クイーン貞子だ。見事、「リビングデッドドールズ」化された貞子は、バサリと長い髪、白いワンピース、そして髪の奥に隠れるあの眼! ジャパニーズホラーのテイストを可愛いドールのボディに叩き込み、じっとりとした雰囲気を再現。足には泥、指先には血がこびりついている、むやみに恐ろしい仕上がりになった。  最新映画『貞子3D2』(8月30日公開)での暴れっぷりに期待が高まる貞子がホラー人形になった「MEZCO X MAMEGYORAI リビングデッドドールズ/ 貞子3D:貞子」は9~10月予定。全高約26cm、価格は5800円(税込)、棺桶型ウインドウパッケージでの発売。

  • キティちゃん、また貞子になる!そして増える!!

    キティちゃん、また貞子になる!最新技術3Dプリンターを使用で自ら増える

    映画

     8月30日に公開される3Dアトラクションホラー・シリーズ第2弾『貞子3D2』。前作に引き続き、サンリオの世界的キャラクター“ハローキティ”とのコラボレーションが決定した。前回のデザインをリニューアルし、キティちゃんがまた貞子となるようだ。@@cutter 今回は、本作で増殖した貞子が街じゅうに出現し日本中を再び大パニックに陥れるストーリーにちなみ、<大増殖した、一番怖い>キャラクターと<大増殖した、一番かわいい>キャラクターのコラボレーション第2弾。  第2弾に至った経緯は、前回のコラボが大反響だったあまり、次の貞子ネタを探して日々ネットを検索していたキティちゃん。そんな中、今回の『貞子3D2』では、増殖した貞子が街じゅうに出現し日本中を再び大パニックに陥れるストーリーであることを知る。そして、「去年以上のインパクトを出すには、私も増えるしかない!」と思い付いたという。  さっそく、貞子コスプレ衣装をたんすから出し、1年ぶりに着用。しかし、どうやって増えていいのか、途方にくれるキティちゃん。そんな時、テレビのニュースから目に飛び込んできたのは、なんと3Dプリンター。  「これだ!」  さっそく最新式3Dプリンターを購入したキティちゃんはコスプレした写真を取り込み、見事大増殖に成功した。 【今回のコスプレ】 ・怖さをアップするために、前髪を増やして、鼻と口だけ出した状態にして、両目を隠してみた ・3Dプリンターでたくさん作って、自分もまぎれてみた。 ・3Dプリンターで作る一つに、始球式で倒れたバージョンもやってみた。 ・影を恐くしようと、床をペンキで塗ってみた。(一応リボンだけは影にも付けた)  『貞子3D2』は8月30日より全国公開。

  • 貞子の子の正体とは…『貞子3D2』予告編解禁

    『貞子3D2』予告編&ポスター解禁、貞子の子供が登場!? 主題歌は東方神起

    映画

     8月30日より公開される邦画最恐の3Dアトラクション・ホラー『貞子3D2』の予告編とポスタービジュアルが解禁になった。@@cutter 本作は、『貞子3D』で描かれた謎の大量死を引き起こした「呪いの動画」事件から5年後が舞台。安藤孝則(瀬戸康史)と鮎川茜(石原さとみ)の間には一人娘・凪(なぎ)が生まれていた。出産後に茜は死亡し、孝則は妹の楓子(瀧本美織)に凪をあずけ、身を隠す。その頃、「呪いの動画」による死亡事件が再び頻発する。楓子はその死は必ず凪の周りで起こっていると気付いた。自ら5年前の事件を探り、当時の首謀者で死刑囚の柏田清司(山本裕典)に面会した楓子は、「貞子」そして「貞子の子」について聞かされる。  公開されたポスタービジュアルでは、今回から参戦となる安藤楓子役・瀧本美織の恐怖に引きつる顔とは裏腹に、なぜか影のある表情の楓子の兄・安藤孝則役の瀬戸康史が大きく描かれる。また、真ん中には幼い女児をつかもうとリング状の空間から飛び出す髪の長い女の存在。この子が貞子の子と呼ばれる禁断の存在なのか…?  また、予告編ではポスタービジュアル以上のさらなる恐怖が盛り込まれている。謎の死のまわりに必ず佇む女児。楓子はそれが姪の凪であり、凪が一連の死を引き起こしていると思い込む。凪の父である孝則はそれを一蹴するものの、死刑囚・柏田は“貞子の子”というヒントを与える。そして、楓子や孝則の腕には謎の死を遂げた死体と同じく、らせん状の奇妙なあざが浮かび上がってくるなど、恐怖シーン満載の予告編に仕上がっている。  そして、本作の主題歌が、世界的人気と実力を兼ね備えた東方神起が担当することも発表。『貞子3D2』予告編の恐怖を最大限に増幅させている。

  • 「夏フェス プライスレスキャンペーン」PRイベントに登場した人気キャラクター

    仮面ライダー・貞子・忍たま、そして要潤! 映画の人気キャラ(!?)が有楽町に集結

    映画

     今夏、映画を盛り上げるため映画各社が一致団結する「夏フェス プライスレスキャンペーン」PRのため、28日、東京都・有楽町の映画館に、仮面ライダーウィザードや忍たま三人衆、貞子など映画会社公認キャラクターたちが集結! また、映画『劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日』に出演する要潤も、役柄の沢嶋雄一として劇中の衣装を着て登場した。@@cutter このキャンペーンは、映画各社が一致団結し、映画を盛り上げるために行われたもので、ハガキに映画の半券3枚を貼って応募すると、“お金では買えない”映画にまつわる素敵な体験やプレゼントが当たるというもの。  要は、人気キャラクターが居並ぶ様子を見て、「(自分もここに入れたことを)光栄です」とあいさつ。『仮面ライダーアギト』でデビューしただけに「僕はココ出身なんで、すごく親近感がありますね」と仮面ライダーウィザードに笑顔を浮かべた。今回のキャンペーンについても「凄まじい商品が掲載されています。みなさん、ぜひ楽しんでください」とアピールした。  要が「凄まじい商品」と言ったように、「2014年公開の『アメイジング・スパイダーマン2』の来日記者会見にご招待」、「ハリウッドスターとお近づきになる権利」、「仮面ライダーからプレゼントがもらえる権利」、「『オールナイトニッポン』スタジオ見学&リポート出演権」など、決して買うことができないプレゼントが用意されているだけあって、映画ファンにとっては見逃せないチャンスとなりそうだ。  また、この日のイベントでは、各社の人気キャラクターが並び、夏休み映画を特集した「夏フェス」公式パンフレットの配布も行った。  「夏フェス プライスレスキャンペーン」は6月28日から10月10日まで開催。  <イベントに登場したキャラクター> ●忍たま三人衆(『忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段』7月6日公開) ●ロビー(『サイレントヒル:リベレーション3D』7月12日公開) ●トント&ローンレンジャー(『ローン・レンジャー』8月2日公開) ●仮面ライダーウィザード(『劇場版 仮面ライダーウィザード』8月3日公開) ●キョウリュウレッド(『劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー』8月3日公開) ●ウォーキング貞子(『貞子3D2』8月30日公開) ●ミニオン(『怪盗グルーのミニオン危機一発』9月21日公開) ●沢嶋雄一(『劇場版タイムスクープハンター安土城 最後の1日』8月31日公開)

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access