クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

劇場版 仮面ティーチャー 関連記事

  • 『仮面ティーチャー』特別ドラマ放送&映画公開記念“課外授業”イベント

    キスマイ藤ヶ谷の悩みはA.B.C‐Z塚田!? 「イベントを塚田がぶちこわしてる」

    映画

     『仮面ティーチャー』特別ドラマ放送&映画公開記念“課外授業”イベントが6日に行われ、藤ヶ谷太輔(Kis‐My‐Ft2)、菊池風磨(Sexy Zone)、ジェシー、塚田僚一(A.B.C‐Z)、京本大我、佐久間大介、阿部亮平、宮舘涼太、松村北斗、田中樹が登場した。@@cutter イベントでは、約1000人の現役高校生の男女が集まり、仮面ティーチャーこと藤ヶ谷太輔を中心に、現役高校生たちの学校や進路、そして恋の悩みにガチで答える“課外授業”を行った。  ステージ上に登壇者が集合後、舞台センターのセリから藤ヶ谷が登場すると、客席のボルテージは一気に上昇。その大きな黄色い声援を受けて、登壇者たちは藤ヶ谷を胴上げした。  高校生から「受験が近づいてきて不安です。本番で緊張しないコツやおまじないを教えてください」という質問が挙がると、塚田が「いっぱい練習することです。練習あるのみだと思います」と高いテンションながらもしどろもどろな回答。対して、藤ヶ谷は「緊張を楽しめればいいと思う。人と比べることなくやれればいいんじゃないかな」と冷静な意見を提案し、高校生たちをうならせた。  塚田は終始テンションが高く、司会者から「イベントを壊そうとしてるんじゃないですよね? 盛り上げようとしているんですよね?」と言われてしまう始末。高校生から「皆さんにも悩みあるんですか?」という質問にも、藤ヶ谷は「今日のイベントを塚田がぶちこわしてるのが悩みです。今後は来てもらいたくない」と返していた。  また、藤ヶ谷は高校生たちの熱いまなざしを受けながら「本作にはもちろん皆に悩みがあるように、先生や両親も一生懸命悩んでいるというメッセージが入っています。この気持ちを皆さんも一生懸命受け取ってください」と語り、イベントを締めた。  本作の原作は、『GTO』を生み出した藤沢とおる。主人公・荒木剛太は、学校の平和と秩序を守るため「力」による指導を許された“仮面ティーチャー”でありながら、ただ一人、生徒と「心」で向き合う。斬新な世界観の中に、信じることの大切さと人と人との絆を描いた、新世代エンタテインメントとなっている。  日本テレビ・金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画『仮面ティーチャー』は2月14日21時から放送。『劇場版 仮面ティーチャー』は、2月22日から全国公開。

  • 『劇場版「仮面ティーチャー」』完成披露プレミア上映会の模様

    キスマイ藤ヶ谷、初主演映画に手応え「新しい日本のヒーローになる」 

    映画

     『劇場版 仮面ティーチャー』(2月22日公開)の完成披露プレミア上映会が22日、都内劇場で行われ、主演の藤ヶ谷太輔(Kis‐My‐Ft2)をはじめ、斎藤工、遠藤憲一が登壇した。@@cutter 本作は、大ヒット漫画『GTO』の作者、藤沢とおるの同名漫画を藤ヶ谷を主演に迎えて映画化。無法地帯と化した学校と生徒たちを更生させるために政府から送り込まれた「仮面ティーチャー」の活躍が描かれる。  舞台挨拶の前に、劇場エントランスホール上のステージに登場し藤ヶ谷は仮面ティーチャーの仮面を装着しての登場。仮面を外すとホールが揺れるほどの大歓声が沸き起こり、これには藤ヶ谷も少し驚いた様子だったが「初めての映画で、僕にとって大切なものになりました。この映画は、心と心の繋がり、生徒たちの成長が見どころ。みんなにとっても大切な作品になるのでは」とファンに手を振りながら、映画初主演作への思い入れを語った。  このファンの熱狂を目の当たりにした遠藤は「やばいな、この声援! ここまで『キャー』は初めて。この映画の前半では藤ヶ谷君に憎まれる役だけど、後半は心が通じ合います。でも良かったなあ、最後まで憎まれる役だったら殺されるとこだった!(笑)」と話し、斎藤も「ものすごい黄色い声援を疑似体験させてもらってます。すごいですね、ジャニーズさん(笑)。すごく興奮しています!」と想像以上の声援に驚きを隠せない様子だった。  場所をスクリーンに移しての舞台挨拶では、藤ヶ谷は白、斎藤は紺、遠藤は黒の羽織袴に衣装チェンジして再登場。自身が演じる荒木剛太という役柄について藤ヶ谷は「僕が演じるのは一生懸命で熱い男。新しい日本のヒーローになるんじゃないかと思います」と説明し、教師役を演じるにあたって「高校の時、担任の先生がすごく荒木剛太の考えに似ていたので、先生に久しぶりに連絡をとって、生徒と向き合う上で何を大事にしているかとか色々と聞きました。僕にとって出会えて良かったと思える先生だったので、荒木剛太も皆さんにとってそういう存在になればと思います」と役作りについて明かした。  最後に藤ヶ谷は「ここにいるみんなは『仮面ティーチャー』の宣伝部だと思って、この映画を広めてください。しっかり仕事をこなすように!(笑)」とファンに何度も手を振りながらメッセージを送ると、遠藤も黄色い大声援に気を良くしてか「みんなヒットさせてくれるかな?」と呼びかけ、客席からの「いいとも!」の返しに登壇した3人は大笑いしていた。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access