貞子vs伽椰子 関連記事

  • 波瑠、夏帆、前田敦子…輝きをみせる1991年生まれの女優たち

    波瑠、夏帆、前田敦子…輝きをみせる1991年生まれの女優たち

    エンタメ

     スポーツの世界などでは、よく○○世代という表現が使われ、世代間の比較をすることが多い。芸能界においては、スポーツのように数字で結果が出る世界ではないため、そこまで年代によって当たり外れを論じられることはないが、ふと年代別に生まれた面々をみていると、1991年生まれの女優に、個性的なメンバーがそろっていることに気づく。もちろん、1990年生まれ、1992年生まれにも素晴らしい女優はいるが、1991年生まれの女優たちは、今後のドラマ界や映画界を背負って立つ可能性のあるメンバーがそろっている。@@cutter まず挙げられるのは連続テレビ小説『あさが来た』でヒロインを演じた波瑠だ。女優活動自体は10年近いキャリアを持つが、朝ドラで大きく知名度を上げた。スタート当時は、姉役の宮崎あおいの圧倒的な演技力に対して、やや推され気味な印象があったが、あさという女性の成長と共に、波瑠自身の演技にも威風堂々とした佇まいが増し、安定感をもたらした。放送終了後にも、連続ドラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』で主演を務めると、2017年の年明け放送のNHKドラマ『お母さん、娘をやめていいですか?』でも主演を張るなど、順調にキャリアを積んでいる。  続いて注目されるのが夏帆。デビュー当時は、清潔感のあるルックスから、清純なイメージの役柄が多かったが、2013年に放送されたドラマ『みんな!エスパーだよ!』で主人公の幼馴染であるヤンキー少女を演じ、視聴者を驚かせると、その後も個性的な役柄を演じ、演技の幅を広げている。そして今年6月に公開された映画『ピンクとグレー』では、ヒロイン・サリー役を演じ、大胆な濡れ場を披露した。その表現力は、これまでの彼女のイメージを一蹴するような演技であり、女優としての可能性が大きく広がった。@@separator AKB48で一時代を築いた前田敦子も1991年生まれだ。2012年にAKB卒業後は、本格的に女優として活動を開始し、規模の大小を問わず、非常に質の良い作品への出演を続けている。『さよなら歌舞伎町』や『イニシエーション・ラブ』などの映画や、二股をかけ続けるヒロインを演じたドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』などで高評価を得ている。2017年も、鈴木亮平が主演を務めるドラマ『銭形警部』への出演も決まっており、さらなる活躍が期待される。  次期CMクイーンの呼び名が高い山本美月も有望株の一人だ。2016年はテレビドラマ4本、映画2本に出演。『貞子vs伽椰子』や『少女』では、これまでのイメージとは違う役柄を演じ、クリエイターの間でも注目を集めた。もともと8頭身といわれている抜群のスタイルや、同世代の女子から絶大な支持を集めているルックスは誰もが認める存在だけに、良作に巡り合えば、女優としてトップに上り詰めるだけの潜在能力は持っている。  その他にも、朝ドラ『とと姉ちゃん』で高い演技力を評価された真野恵里菜や、朝の情報番組『ZIP!』の総合司会を2年間に渡って務めていた北乃きい、最近はバラエティ番組での活躍が目立つが、『白鳥麗子でございます!』で連続ドラマ、映画の主演を務めた河北麻友子、SKE48を卒業し女優としての活動を宣言した松井玲奈なども1991年生まれの女優たちだ。  こうしてみると、非常にバラエティに富んだメンバーがそろっている。2017年は26歳になる彼女たちだが、どんな個性をスクリーン上で表現してくれるのか……とても楽しみだ。

  • 映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』より

    『闇金ウシジマくん』、ウシジマ・柄崎・戌亥ら“今昔”俳優そっくり比較

    映画

     映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』から、ウシジマ(山田孝之)、柄崎(やべきょうすけ)、戌亥(綾野剛)、そしてウシジマ最大のライバル・犀原(高橋メアリージュン)の子供時代を演じる若手俳優たちにフィーチャーした場面写真が解禁となった。@@cutter 2010年にテレビドラマとしてスタートしたシリーズのフィナーレを飾る本作で描かれるのは、原作の中でも人気の「ヤミ金くん編」。劇中では、竹本(永山絢斗)という同級生が、カネを借りるためにウシジマの前に現れたことで、12年前の因縁を巡る最終決戦が幕を開け、決して語られることのなかったウシジマの過去が明かされることになる。  14歳のウシジマを演じるのは、『ホテルコパン』『くちびるに歌を』などに出演し、本作のオーディションでは山田からも「彼なら」と太鼓判を押された狩野見恭兵だ。ウシジマの幼馴染・柄崎の少年期を演じるのは、2011年ジュノンスーパーボーイコンテストのファイナリストで、山田孝之が初監督を務めたTEEのMV「恋のはじまり」にも出演していた江口祐貴。本作では、最初は敵対していた14歳のウシジマと柄崎が、なぜ現在の間柄になったのかという長年の謎も明かされている。  ウシジマの盟友・戌亥の14歳時を演じるのは、『コドモ警察』『イタズラなKiss~Love in TOKYO』ほか、ドラマ・映画・舞台など多方面で活躍中の相澤侑我。現在のウシジマと戌亥の駄菓子屋ツーショットを彷彿とさせるシーンからは、12年間変わることがない2人の友情が感じ取れる。一方、ウシジマ最大の敵となる犀原の少女時代を演じるのは、「ViVi」の専属モデルとして知られ、『貞子VS伽椰子』でも注目を集めた玉城ティナだ。本作では、犀原がウシジマの最大のライバルとなった背景も描かれている。    『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』は10月22日より全国公開。

  • 夏の映画界はVSホラー祭り!人気キャラたちがスクリーンで激突

    『貞子VS伽椰子』『花子VSヨースケ』…ホラー映画に対決モノが多いのはなぜ?

    映画

     エイプリルフールの企画が発端となって、実際に製作された山本美月主演のホラー映画『貞子vs伽椰子』が話題だ。とはいえ、以前から、『フレディVSジェイソン』『エイリアンVS. プレデター』『富江VS富江』など、ホラー映画では“バーサス(VS)モノ”が多く作られ、大ヒットとまではいかないものの、一定の評価を得てきた。なぜ、ホラーというジャンルで“VSモノ”が多いのだろうか。@@cutter VS系のホラー映画は、日本で最も有名な都市伝説、女子トイレに潜む少女の霊“花子さん”と、神奈川県川崎市を中心に広がる都市伝説、男性トイレに潜む少年の霊“ヨースケ”が激突する『トイレの花子さん新章 花子VSヨースケ』(7月2日公開)だ。これまで、“トイレの花子さん”は、『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン』の松岡錠司監督が手がけた松竹版、『TRICK』『SPEC』シリーズの堤幸彦監督による東映版など、何度か映画化されてきたが、“VSモノ”の花子さんは今回が初となる。  「今までの花子さんの映画がいじめを題材にしたものがほとんどだったので、今回はいじめ以外をテーマにしようと企画しました。大友克洋さんの漫画『童夢』の超能力対決シーンをイメージしながら、(本作の)鳥居康剛監督と打ち合わせていった感じです。というのも、花子さんやヨースケがただ怖いだけでなく、特殊能力を持っている設定なんです。そのため、対決によるアクション要素と、ホラーならではの怖さの両立が難しかったですね」。  そう話すのが、本作の配給元のチャンスイン担当者だ。そして、「ホラー映画にはキャラクターが立っている悪役が多いので、対決モノが作りやすい」とキッパリ。また、別の関係者は、「ホラー映画では、最恐や最強など、そういった類の言葉で、登場する悪役キャラクターがとにかく恐ろしいということをアピールします。それはどこも同じですから、様々なサイトや雑誌でホラー映画のランキングが発表されることは多く、だったら誰が一番強いのかハッキリさせようと、企画が生まれてくる。この企画が実現すれば、こちらの映画のファン、あちらの映画のファンと、単純に考えれば観客動員数は単純に2倍」とほくそ笑む。@@separator しかし、ことはそう簡単ではない。「正直、配給の壁を超えるのは大変で、だったら、と自社で主演をはれる人気キャラクターを2つ探し出すのも難しい。つまり、VSモノは有名なキャラクターを数多く有するメジャーの専売特許的なところがあるわけです。しかし、ホラー映画ファンは懐が深く、B級も許容範囲と楽しんでくれる方も多い。メジャー以外はB級と割り切って制作するか、ビデオスルーで勝負。そうやって、ホラーのVSモノは増加していっている」。  現在、『リング』シリーズの貞子と、『呪怨』シリーズの伽椰子が激突した『貞子vs伽椰子』は、6月20日発表の全国週末興行成績では初登場4位と好発進。それぞれのシリーズで比べると、『貞子3D2』の興収比123.6%、『呪怨 -ザ・ファイナル-』の興収比では254.3%と、大幅増の興収を記録している。今後、このヒットを受けて、どのようなVSモノが登場してくるのか、楽しみなところだ。

  • 「貞子vs伽椰子」なりきりフェイスパック発売

    「貞子vs伽椰子」なりきりフェイスパック発売!ホラークイーンの気分を自宅体験

    映画

     ジャパニーズホラーの2大巨頭、『リング』シリーズの貞子と『呪怨』シリーズの伽椰子が共演・対決する最恐映画『貞子vs伽椰子』の全国公開を記念して、「貞子vs伽椰子」なりきりフェイスパックが株式会社あすなろから6月18日より発売される。@@cutter 顔を覆うほどの紙の毛を表現した貞子フェイスパック、額から流れ出る血がポイントの伽椰子フェイスパック。普通のフェイスパックでは味わえない“恐怖”を自宅で体験でき、またパック装着時に自分の髪をセットして撮影しSNSに投稿すれば注目されること間違いない。  貞子は「ラベンダーの香り」、伽椰子は「ローズの香り」で、シートにはヒアルロン酸やコラーゲン、アロエベラ葉エキスなどの美容成分が含まれた美容液がたっぷり含まれており、肌に潤いとハリを与える。潤いと癒しの香りに満たされながら、ホラークイーンの気分を味わってみては。  「貞子vs伽椰子」なりきりフェイスパック、価格は800円(税抜)。映画『貞子vs伽椰子』は6月18日全国ロードショー。

  • 映画『貞子vs伽椰子』ポスタービジュアル

    『貞子vs伽椰子』予告編、ついに解禁! 睨み合う2大ホラーキャラの最恐対決

    映画

     『リング』シリーズの貞子と『呪怨』シリーズの伽椰子が激突する映画『貞子vs伽椰子』の予告編とポスタービジュアルが完成した。予告編では、聖飢魔IIによる主題歌「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」も披露された。また、ポスタービジュアルは「呪い勝つのは、どっちだ!?」のキャッチコピーとともに、貞子と伽椰子が対峙し、より一層の恐怖を誘う。@@cutter Jホラーを代表する2大キャラクターが共演する本作。主人公の有里(山本美月)は、映像を観た者は必ず死ぬという「呪いのビデオ」を観てしまった。一方、女子高生の鈴花(玉城ティナ)は、訪れた者は必ず死ぬという「呪われた家」に足を踏み入れてしまった。それぞれ逃れられない呪いにかかった2人は、霊媒師の経蔵(安藤政信)に助けを求める。    予告編では、遂に禁断の対決を迎える貞子と伽椰子の姿、そしてこの戦いを華々しく盛り上げる聖飢魔IIによる主題歌「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」が披露されている。テレビ画面から這い出てくる貞子、階段を這い下りてくる伽椰子など、次々と映し出される“これぞ!”という過激でおぞましい光景の数々に、恐怖と期待が高まる。    キャストは山本、玉城、安藤のほかに、佐津川愛美、田中美里、甲本雅裕といった多彩なキャラクターが脇を固める。監督、脚本には『ノロイ』『オカルト』や『戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ!』シリーズなどで奇抜なまでに斬新な心霊シーン、超常現象シーンを描いてきた白石晃士が務める。  また、4DX、MX4Dでの上映が決定している本作だが、今回、ドルビーアトモスでの上映も決定した。邦画では『THE NEXT GENERATION パトレイバー』長編劇場版、『リップヴァンウィンクルの花嫁』に続く三作目となり、ホラー映画では初の試みとなる。  映画『貞子vs伽椰子』は6月18日より全国ロードショー。

  • 映画『貞子vs伽椰子』で主題歌を担当する聖飢魔II

    『貞子vs伽椰子』主題歌に聖飢魔IIが決定!デーモン閣下、恐怖の警告でアピール

    映画

     ジャパニーズ・ホラーにおける2大巨頭、『リング』シリーズの貞子と『呪怨』シリーズの伽椰子が対決する最恐プロジェクト映画『貞子vs伽椰子』にて、その主題歌をヘヴィメタルバンド聖飢魔IIが担当することが発表となり、合わせてバンド構成員であるデーモン閣下からのメッセージ映像が届いた。@@cutter 2015年に“地球デビュー30周年”を記念し、1999年の解散から4度目の再集結をするツアーを発表。そして地球デビュー以降5度目の解散を発表後、今年2月に行われた日本武道館公演を最後に活動を休止した聖飢魔II。  今回のコラボレーションは、貞子と伽椰子の対決を聞きつけたデーモン閣下が構成員を特別に再集結し、完全書き下ろしとなる新曲をテーマ曲として歌い演奏することになったという。主題歌タイトルは「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」に決定。6月15日にシングルとして発売される事も決定している。  メッセージ映像ではデーモン閣下が聖飢魔IIをホストとして6月に行おうとしている「魔界サミット」を目前に、貞子と伽椰子の仲が険悪になっており、その仲裁役として間に立ちながらも、決着を付ける戦いの場が必要ということで、今回はその場(映画化)が実現、合わせて聖飢魔IIの楽曲提供が実現したと話す。  そしてデーモン閣下は「人間どもに不吉なことが次々に起こる魔界・霊界サミットに参加しないという人間どもは、我々から特別ひどい呪いをかけることになっているので十分に注意するように。そして、戦いの場に参加するように。これは最後の警告だ」と、恐怖のメッセージで映画をアピールしている。  映画『貞子vs伽椰子』は6月18日全国公開。シングル「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」は6月15日発売。

  • 『貞子vs伽椰子』貞子、伽椰子、俊雄が“フチ子”に!

    貞子と伽椰子が呪いの“フチ子”に参戦! 存在感発揮の俊雄とコップのフチから這い出る

    映画

     映画『貞子vs伽椰子』が6月18日に全国公開されるにあたり、本作のキャラクターである、貞子、伽椰子、俊雄が、PUTITTO series(プティットシリーズ)になり、4月2日から劇場前売り特典として登場。本作の“ムビチケカード”を購入した人に、呪いのフチから這い上がった“呪いのフチの貞子”もしくは、呪いのフチから這い下りた“呪いのフチの伽椰子with俊雄”がプレゼントされる。@@cutter ジャパニーズ・ホラー(通称:Jホラー)を確立・牽引してきた『リング』シリーズと『呪怨』シリーズ。各シリーズに登場し、今や日本を代表するホラーキャラクターとなった二人が共演・対決する“最恐”プロジェクト『貞子vs伽椰子』。ホラーの名手・白石晃士監督がメガホンをとり、山本美月、玉城ティナ、佐津川愛美らフレッシュなキャストが出演する。  本作の公開にあたり製作されたPUTITTO series(プティットシリーズ)は、貞子の髪の毛やワンピース、伽椰子の血のり具合、俊雄の小さくもツボになる存在感など、職人技が光っている。  前売り特典2種に加え、全国の映画館、ホビーショップ、書店、コンビニエンスストア、ネットショップ等で購入できる一般商品PUTITTO『貞子vs伽椰子』も発売が決定。商品のラインナップは、“ぶら下がり貞子”“ひっかかり貞子”“よじ登り貞子”“ぶら下がり伽椰子”“伽椰子with俊雄”の全5種。なんと俊雄は、お馴染みの白いブリーフVer.に加え、レアバージョンとして少数混入される金色ブリーフVer、と超レアバージョンとして全身金色Ver.もも用意されている。  映画『貞子vs伽椰子』は、6月18日全国ロードショー(4DX/MX4D上映)。

  • 『貞子vs伽椰子』 新ビジュアル解禁!

    『貞子vs伽椰子』“2つの呪い”が絡み合う禁断の映像解禁 安藤政信ら追加キャスト発表

    映画

     日本を代表する2大ホラーキャラクターが共演・対決する“最恐”プロジェクトとして話題となっている『貞子vs伽椰子』。その特報映像とティザーポスタービジュアルが完成。貞子、伽椰子、俊雄…ヴェールにつつまれていた“最恐キャラクター”の姿がついに明らかになった。また佐津川愛美、田中美里、甲本雅裕、安藤政信が追加キャストとして発表された。@@cutter ジャパニーズ・ホラーにおける2大巨頭としてそのジャンルを確立・牽引してきた『リング』シリーズと『呪怨』シリーズ。1998年の『リング』公開以降、数々のシリーズ作品が公開され、国内の両シリーズ累計興収は120億円超え、いずれもハリウッドでリメイク版も製作され、全世界で記録的大ヒットを記録している。  『貞子vs伽椰子』のキャストでは、主演・山本美月、玉城ティナがすでに発表済みだったが、今回追加キャストが発表。山本演じる有里の親友で、偶然“呪いのビデオ”を観てしまう夏美役には佐津川愛美。玉城演じる鈴花の母親・高木史子役に田中美里。“呪いのビデオ”を研究する大学教授・森繁新一役に甲本雅裕。二つの呪いを解くべく現れる霊媒師の経蔵役に安藤政信といった個性的な実力派俳優たちが顔を揃えた。  解禁となった特報映像には、貞子の呪いのビデオを偶然手にしてしまった有里(山本)と夏美(佐津川)、偶然家族とともに呪いの家の隣に引っ越してきた鈴花(玉城)、そして霊媒師の経蔵(安藤)が登場。絡みつく長い髪、蔦の絡む不気味な家、真夜中の井戸、伽椰子の奇声、迫り来る貞子、そして伽椰子が呪いのビデオテープを握り壊すという衝撃のシーン…“呪いのビデオ”と“呪いの家”、二つの呪いが激突する先には何が待ち受けるのか…。  映画『貞子vs伽椰子』は6月18日全国ロードショー(4DX/MX4D上映決定)。

  • 『貞子vs伽椰子』まさかの映画化実現

    『貞子vs伽椰子』山本美月主演で映画化 2大最恐キャラがスクリーンで対決

    映画

     『リング』シリーズの貞子と『呪怨』シリーズの伽椰子というジャパニーズホラーの2大最恐キャラクターが共演・対決する映画『貞子vs伽椰子』が、山本美月を主演に迎えて公開決定。2015年4月1日に、1日限りのエイプリルフールネタとして世間を騒がせた同企画が、『コワすぎ!シリーズ』『ある優しき殺人者の記録』の白石晃士監督によって映画化が実現する。@@cutter 映画『貞子vs伽椰子』は『リング』シリーズのKADOKAWAと、『呪怨』シリーズのNBCユニバーサル・エンターテイメントが映画会社の枠を超えて強力タッグを組んだJホラーの歴史に残る超大プロジェクト。今最も旬な実力派若手女優の一人・山本美月が、貞子と伽椰子に挟まれる主人公の倉橋有里役に扮する。  ホラー好きを公言している山本は、「歴史ある2作品に両方出られるなんて、なんてお得でラッキーなんだろうと嬉しかったです。ホラー映画はもともと好きで、高校生の時にハマって白石監督の『ノロイ』も拝見したことがありました」とホラー映画初主演の喜びを明かし、「私が演じる倉橋有里は、正義心の強い存在感のある子。はっきりと人間性を出して演じていきたいと思います。また今回はアクション性もある作品に仕上がっているので、お楽しみにしてください!」と気合十分だ。  『パラノーマル・アクティビティ』に通じるモキュメンタリー・ホラーの第一人者として国内外に多くのファンを持つ白石監督も「Jホラーを代表する貞子と伽椰子が対決するという、間違いなくJホラーの歴史に名を残すことになる本作のメガホンを取ることができ光栄です」とコメントを寄せ、「本作のテーマは『衝突』。最恐のキャラクター同士が衝突したら果たしてどうなるのか―、そしてそこに蠢く人間ドラマ。乞うご期待下さい」と作品の見どころを語っている。  絶叫・スリル・興奮全てを体感できる進化型ジャパニーズ・ホラーとして4DXでの上映も決定している『貞子vs伽椰子』は2016年6月公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access