ラストコップ THE MOVIE 関連記事

  • 佐々木希、メガネ姿に反響「余裕が出てきましたね。奥さん!」 ※「佐々木希」インスタグラム

    佐々木希、メガネ姿に反響 可愛過ぎて「もー、反則!」

    エンタメ

     映画『ラストコップ THE MOVIE』(公開中)に出演している女優の佐々木希が、自身のインスタグラムを更新。流し目気味のキュートなメガネ姿を披露しており、「可愛すぎます!もー、反則!」など多くの声が寄せられている。@@cutter 同写真は、女性誌「Oggi」の連載のための撮影で、人気スタイリストの金子彩がスタイリングしたもののようだ。ハッシュタグとして「#金子綾 さん#眼鏡#雑誌Oggi#連載#撮影」と付けられている。メガネをかけた佐々木は、左側を向き満面の笑みを見せる。  この写真には「のんちゃんは何しても可愛いね」「なんか余裕が出てきましたね。奥さん!」「可愛すぎます!もー、反則!」「さすが!メガネ似合いすぎる!」「本当に可愛すぎるのんさま」と、佐々木のキュートな表情に魅了されたファンの声で溢れている。 引用:https://www.instagram.com/nozomisasaki_official/

  • 武田玲奈、ミステリアスな魅力発揮で女優として開花!

    武田玲奈、ミステリアスな魅力発揮で女優として開花!「大人の役にも挑戦したい」

    映画

     武田玲奈が、女優として大躍進中だ。なんとこの5月には3本の出演映画が公開される。ファッション誌のモデルやグラビアで、19歳らしいキュートな笑顔を見せたかと思いきや、ハッとするような大人の表情で見る者を惹き付けている彼女。「女優さんのお仕事もとても楽しい。たくさん勉強して、たくさん吸収したい」と目を輝かせる。20歳を目前にした“今”の気持ちに迫った。@@cutter VR映画『交際記念日』(公開中)、『ラストコップ THE MOVIE』(公開中)、『ポエトリー・エンジェル』(5月20日公開)と1ヵ月に3本の映画が公開されるという、女優としても引っ張りだこの武田。撮影の続く忙しさもなんのその。それぞれの現場で、新たな挑戦を重ねている。  ドラマからスクリーンへと舞台を移した映画『ラストコップ THE MOVIE』の美人警官役も話題となっているが?「ドラマでもちょっとやったんですが、映画でも伊藤沙莉ちゃん、桜井日奈子ちゃんと一緒にアイドルユニットを組んで、歌って踊っています。歌とダンスを一緒にやるのは、難しくて!でも役でアイドルになれるのは、とても面白かったです」と大いにキャラクターを楽しでいる。  また主役を演じる唐沢寿明の存在も刺激となるそうで、「唐沢さんは、いつ台本を覚えているんだろうというくらい、現場では台本を開かないんです。本当に勉強になることが多いなと思っていて、たくさん吸収したいです」と先輩俳優との共演で活力も得た。  『ポエトリーエンジェル』では岡山天音とともにダブル主演を務める武田。心を閉ざした少女が“詩のボクシング”や仲間と出会い、成長していく姿を描く青春ストーリーだ。短編映画『チキンズダイナマイト』(14)のオーディションで飯塚俊光監督と出会い、「また飯塚監督に呼んでいただけたのが、何より嬉しい」と過去の頑張りが、未来へと繋がる喜びを噛みしめる。  「言葉を発しない役。一人で生きると決めていて、周りを突き放しているような女の子。ボクシングの練習もしました」と難役となったものの、「監督は目つきや顔つきを大事にされていて。憎んでいる目など、クランクイン前から監督と一緒に役を作っていきました。役を突き詰めていく経験をして、クランクアップの時はとても達成感や解放感がありました」と充実感もたっぷりだ。@@separator ツイッターから生まれた親子の感動物語を映画化する『パパのお弁当は世界一』(6月10日公開)でも主役の座を射止め、ドラマ『100万円の女たち』、『仮面ライダーアマゾンズSeason2』にも出演中の武田だが、もともとは「モデルさんになりたかった」のだとか。2013年に「第2のくみっきー!発掘オーディション」でグランプリを受賞して、芸能界入り。映画『暗殺教室』で女優デビューを果たし、「すごくお芝居って楽しいなと思った。共演者は同世代の方たちばかりでしたが、間近ですごいお芝居を見ることができて。ものすごく刺激を受けました」と明かす。  「作品ごとに、同じ役というのはまったくない。毎回、新鮮な気持ちになれるのが楽しいです!」と女優業への楽しさも膨らんでいる様子。「なぜかミステリアスな役が多くて」と苦笑いを見せるが、“もっと知ってみたい、のぞいてみたい”というミステリアスな雰囲気を持ち合わせているのは、女優として何よりの武器だろう。「ミステリアスとはまったく違った、コメディもやってみたい。今年はハタチになるので、大人の役にも挑戦したいです」と次の目標をしっかりと見据えていた。女優力を開花させた武田玲奈のこれからに、目が離せない。(取材・文・写真:成田おり枝)

  • 5月13日~14日全国映画動員ランキング1位:『美女と野獣』

    『美女と野獣』V4!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』最新作は3位発進

    映画

     5月13~14日の全国動員ランキングが興行通信社より発表され、『美女と野獣』が週末土日動員41万9600人、興収5億7500万円をあげ、公開から4週連続ナンバー1に輝いた。5月14日終了時までの累計動員は564万9320人、興収79億3794万円と、いよいよ興収100億円も現実味を帯びてきた。@@cutter 2位も4週連続で『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』がランクイン。今週末土日も動員19万人、興収2億4300万円という高い数字をキープしており、累計興収は58億2000万円を突破。シリーズ最高興収をあげた『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』の63億3000万円を超えるのは時間の問題だろう。  3位は初登場の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』。初週土日動員16万3000人、興収2億4900万円という好スタートを切った。興収10億円を超えた前作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を超えることが第一目標となるだろう。  4位は、公開3週目の『ワイルド・スピード ICE BREAK』が、週末土日動員15万3000人、興収2億2600万円をあげランクインした。5位、6位は東宝配給の実写映画『追憶』、『帝一の國』ら前週からワンランクずつ落としたものの高水準をキープしている。その他、M・ナイト・シャマラン監督最新作『スプリット』が8位に初登場ランクイン。  上位7作品のうち、ディズニーが2本、東宝が4本と、ゴールデンウィーク興行も、洋邦の2大巨頭が圧倒的な強さをみせる結果となった。  5月13日~14日全国映画動員ランキングは、以下の通り。 第1位:美女と野獣 第2位:名探偵コナン から紅の恋歌 第3位:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス 第4位:ワイルド・スピード ICE BREAK 第5位:追憶 第6位:帝一の國 第7位:映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ 第8位:スプリット 第9位:ラストコップ THE MOVIE 第10位:無限の住人

  • 5月6日~7日全国映画動員ランキング1位:『美女と野獣』

    『美女と野獣』V3達成! 岡田准一主演『追憶』は4位発進

    映画

     5月6~7日の全国動員ランキングが興行通信社より発表され、週末土日動員62万9000人、興収8億9300万円をあげた『美女と野獣』が公開から3週連続で1位を獲得した。累計動員473万1000人、興収は66億9600万円に達しており、公開から16日間での興収60億円突破は、最終興収116億円をあげた『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』と並ぶ記録。『美女と野獣』公開から3週間の週末動員は72万9000人→68万3500人→62万9000人。歴史的ヒットを記録した『アナと雪の女王』が60万2300人→68万800人→69万1300人と、徐々に数字を挙げていったように、来週以降どこまで数字をキープできるかがビッグヒットの鍵となりそうだ。@@cutter 『美女と野獣』にトップを奪われているものの『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』が3週連続で2位をキープ。こちらも累計53億円を突破しており、依然シリーズ最高興収63億3000万円超えも可能な数字だ。3位も先週同様『ワイルド・スピード ICE BREAK』がランクイン。こちらも公開2週目で累計興収25億円を超えており、大ヒットと言えるだろう。  4位には、降旗康男監督×木村大作カメラマンという日本映画のレジェンドがタッグを組んだ『追憶』が初登場でランクイン。初週土日動員18万人、興収2億2700万円をあげた。主演の岡田准一をはじめ、小栗旬や柄本祐、安藤サクラといった実力派俳優たちが顔をそろえ、重厚な人間物語が展開される本作。往年の映画ファンも興味を持つ組み合わせであり、平日の稼働も期待できるため、ゴールデンウィーク後も数字を伸ばす可能性は大いにある。  7位にも初登場の『ラストコップ THE MOVIE』がランクイン。週中の公開だったにも関わらず、初週土日動員8万1000人、興収9600万円という数字は好結果と言えるだろう。また、真島ヒロの人気コミックをアニメ化した『FAIRY TAIL』の劇場版第2弾『劇場版 FAIRY TAIL ‐DRAGON CRY‐』が10位に初登場。  その他、公開8週目の『SING/シング』は9位にランクイン。累計興収は49億2600万円を超えており、同スタジオ作品の『ミニオンズ』の持つ52億円を射程圏内に入れた。  5月6日~7日全国映画動員ランキングは、以下の通り。 1位:美女と野獣 2位:名探偵コナン から紅の恋歌 3位:ワイルド・スピード ICE BREAK 4位:追憶 5位:帝一の國 6位:映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ 7位:ラストコップ THE MOVIE 8位:無限の住人 9位:SING/シング 10位:劇場版 FAIRY TAIL ‐DRAGON CRY‐

  • 『ラストコップ THE MOVIE』佐々木希インタビュー

    佐々木希、「コメディへの思い強く」 唐沢寿明との共演で視野広がる

    映画

     唐沢寿明と窪田正孝の刑事コンビが、はちゃめちゃなことを繰り広げるテレビドラマ『THE LAST COP ラストコップ』が『ラストコップ THE MOVIE』として帰ってきた。ドラマ最終回では“伝説の生放送”として、その存在をテレビ界に刻銘に刻んだが、映画ではいったいどれだけスケールアップしているのだろうか。本作で唐沢演じる京極浩介の実の娘にして、窪田扮する望月亮太の恋人役・鈴木結衣を演じた佐々木希に、映画の見どころや、本作を経験したことによって得たことなどを語ってもらった。@@cutter 連続ドラマ最終回、一部が生放送になった『THE LAST COP ラストコップ』。その破天荒な展開は大きな話題になった。「本当にあの放送ははちゃめちゃでしたね。一応事前にリハーサルをしたのですが、あまりしっかりやりすぎると固まってしまうからって唐沢さんがおっしゃっていたので、そこまで厳密なリハーサルはやらなかったんです。結果、本番も全然リハーサル通りには進まなかったです(笑)。でもすごくハラハラして面白かったです」と放送当時を振り返った。  これまでも数多くのドラマや映画に出演している佐々木が「すごく独特」と語るように、『THE LAST COP ラストコップ』の現場は特別な空間だったようだ。「とにかくスタッフさんが生き生きしていて、みなさんが“どうやったら面白くなるか”を考えているんです。『ありえないでしょ』っていう場面に直面しても『ラストコップだからいいよね』となるです。面白いことを真剣に突き詰めている姿はすがすがしく、毎回現場に行くのが楽しみでした」。  そんな現場の良い雰囲気を中心となって作り上げているのが唐沢だ。窪田をはじめとする若手俳優からの信頼も厚い。佐々木にとっても、頼れる存在だったようで「『こうしたら面白いんじゃない?』と自分では想像もつかなかったようなアイデアを提案してくださったり、一つのセリフでも、奥深くまで考えていらして、いかに面白くなるかアドバイスしてくださったりしました」と多くのことを引き出されたという。@@separator こうした現場での経験が、佐々木にも大きな気持ちの変化を引き起こした。「もともとコメディへの憧れはあったのですが、この作品では、これまで経験のないような、例えば『コマネチ』などのギャグを取り入れたり、京極さんと結衣が入れ替わるシーンでは、京極さんが普段しているように脚を広げて座ったり……と様々なチャレンジをさせていただきました。最初は恥ずかしい気持ちもあったのですが、挑戦してみると面白くて、よりコメディへの思いが強くなったんです」。  観ている人が元気になったり笑顔になったりするような作品を作りたい――。そういう映画に携われるなら「色々な演技に挑戦したいと思うようになったんです」と目を輝かせて語った佐々木。今年が20代最後の年になるが「これまでに経験したことがないような役柄にも挑戦して、自分の殻を破ってみたい」と意欲をみせる。  「かなり崩されるような役柄でも大丈夫ですか?」という質問にも「全然大丈夫です!」と、本作の現場を経験したことで、いろいろな意味で視界が広がったという。  伝説の生放送を経ての劇場版の公開。亮太と結衣の恋の行方も気になるが「ドラマでもアクションシーンやすごい迫力の映像がありましたが、映画はもっとスケールアップしています。相変わらずおバカなことをやり倒しているのですが、その中で急にしんみりしたりホロっとさせられたりするところもあります。私は撮影しながらも本当にぐっときて自然と涙が出たシーンもありました」と見どころを語った佐々木。さらなる続編についても「映画のあとも気になる展開。続き(の台本)を書いてくださらないかなって思っているんです」とやる気満々だった。(取材・文・写真:磯部正和)  映画『ラストコップ THE MOVIE』は5月3日より公開中。

  • 菅田将暉主演 『帝一の國』もGW映画にラインナップ

    GW映画はタイプ別で楽しむ! 充実のラインナップをご紹介

    映画

     さぁ、待ちに待ったゴールデンウィーク(以下、GW)到来!今年は最長9連休、旅行や帰省など長期バカンスもいいけれど、「自宅でのんびり、ちょっぴりお出かけ」という方には映画館での新作鑑賞が超オススメ。多少の混雑もご愛嬌、最近は予めネット予約もできるし、シネコンのおかげで劇場数も増え、今から間に合うプチイベントとして最適だ。今年は、定番の人気アニメから胸キュン青春ドラマ、心揺さぶるラブストーリー、さらにはあの手この手のアクションものまで、ジャンルごとに傑作が勢ぞろいした。@@cutter まずは「アニメ」部門だが、これはもう言うまでもなく、GWの顔であるコナンくんとしんちゃん。最新劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』と『映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ』が現在公開中だが、2作とも説明不要、文句なしの面白さ。  一方、「青春映画」部門は、人気コミックを実写化した良作が揃った。漫画アプリ「comico」で連載された夜宵草の原作を中川大志&平祐奈主演で映画化した『ReLIFE リライフ』は、27歳のニート青年が社会復帰するため、17歳の高校生となって恋と青春を謳歌する胸キュンドラマ。甘~い青春映画はもういらない、熱い涙と笑いと感動が欲しい!という方には、古屋兎丸の原作を菅田将暉主演で実写化した『帝一の國』と、羽海野チカの原作を神木隆之介主演で贈る『3月のライオン 後編』がオススメ。前者は総理大臣になって自分の国を作る夢を持つ壮大な夢を持つ高校生を、後者は過酷な闘いと愛に苦悶する高校生天才棋士を描き、お一人様でも十分堪能できるホットな内容になっている。@@separator 「恋愛映画」部門は、なんといっても王道中の王道『美女と野獣』。24日に発表された週末2日間の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)では、興収約10億6500万円を記録し、初登場で首位を獲得。最終興収255億円を記録した『アナと雪の女王』のオープニング興収を遥かに上回る好スタートを切り、GW中も話題を独占すること間違いなし。トレンドに乗り遅れたくない方は早めの予約をオススメする。もっと大人のロマンスを味わいたい方は、華やかな上流階級社会での三角関係を描いたウディ・アレン監督最新作『カフェ・ソサエティ』で軽妙洒脱な会話劇を楽しんでみてはいかがだろう。  最後は、待ってました!男子御用達の「アクション」部門。このジャンルはとにかくバラエティに富んでいて、しかもどれも超オモシロイ。主人公ドミニクが遂に仲間を裏切る?シリーズ第8弾『ワイルド・スピード ICE BREAK』、不死身の木村拓哉が300人をぶった斬る『無限の住人』、ドニー・イェンの詠春拳にますます磨きがかかる『イップ・マン 継承』、実際に起きたメキシコ湾沖油田爆発事故を描く『バーニング・オーシャン』、さらにはテレビで人気を博したバディドラマの劇場版『ラストコップ THE MOVIE』と、もはや何を選べばいいのか、迷うくらいに粒ぞろい。  家でDVDを観るのもいいけれど、映画館の盛り上がりを感じながら、大スクリーンで鑑賞するのもまた最高。アニメ、青春、ラブにアクション、花のGWにふさわしい新作映画で気分をリフレッシュしてみてはいかがだろう。

  • 佐々木希、『ラストコップ』プロジェクト・ファイナル祭りに登場

    新婚・佐々木希、『ラストコップ』窪田正孝からキス迫られ黄色い悲鳴浴びる

    映画

     アンジャッシュ・渡部建と、先日結婚を発表した佐々木希が24日、映画『ラストコップ』のプロジェクト・ファイナル祭りに出席。イベント内に上演された“生ドラマ”では、窪田正孝に顎クイからキスを迫られるシーンを展開し、会場に詰めかけた観客から黄色い悲鳴を浴びた。@@cutter 本作は、草食系の平成刑事・望月亮太と30年の昏睡状態から復活した熱血刑事・京極浩介の凸凹コンビがハチャメチャな捜査で事件解決に挑むアクションコメディ。2015年にHuluオリジナルドラマとして配信され、2016年には日本テレビ系列で連続ドラマを放送。そして今年5月、劇場版『ラストコップ THE MOVIE』が全国公開される。  今回のイベントには佐々木や窪田、唐沢寿明、和久井映見、竹内涼真、松尾諭、桜井日奈子、武田玲奈、マギー(※俳優、脚本家のマギー)、宮川一朗太、田山涼成、加藤雅也、吉沢亮の総勢13名が登場。映画の完成を記念し、ステージで本番さながらの“生ドラマ”を披露した。  上演中に佐々木は、窪田に顎クイからキスを迫られるセクシーシーンを展開した他、マギーから「なんか、おめでとう」と祝福される一幕も。観客から事あるごとに黄色い悲鳴を浴びた他、「結婚おめでとう!」と祝福の言葉を受けていた。  京極浩介役の唐沢は、劇中で肝心のタイトル名「ラストコップ」を噛む大失態。「ヒドい目に遭いましたね。私は、けっして噛んでおりません」と知らんぷり。  劇場版に関して「冒頭は『またこいつらやってるな』というくだらないことの連続。でもずっと見ていると、不覚にもシリアスな展開にはまり込んで、最後は号泣してしまう。ハチャメチャなお笑いはもっとハチャメチャに、シリアスな部分はさらにシリアスになって号泣できる作品になっている」とアピールした。  京極のバディである望月亮太役の窪田は、生ドラマを演じて「最終回の生放送を思い出した。なんか『ラストコップ』、舞台化みたいな感じの雰囲気」と感想をコメント。劇場版の涙ながらのクライマックスは、先に収録した唐沢の声を聞きながらの演技だったと明かし、「その声聞いているだけでもう…ちょっとダメでしたね。止まらないというか、“(シリーズが)終わっちゃうのかな~”という気持ちにさせられた。唐沢さんの声ってスゴいなと思いました」と振り返った。  映画『ラストコップ THE MOVIE』は、5月3日より全国ロードショー。

  • 映画『ラストコップ THE MOVIE』メインビジュアル

    映画『ラストコップ』予告編公開! 佐々木希の“辛口”に窪田正孝も撃沈

    映画

     人気ドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』(日本テレビ系)の映画化作品『ラストコップ THE MOVIE』(5月3日公開)にて、本予告編映像が解禁となった。またドラマ版から引き続き、主題歌をロックバンド・BLUE ENCOUNTが担当、本作のために書き下ろした楽曲「さよなら」が収録されている。@@cutter 『THE LAST COP/ラストコップ』は、30年の昏睡状態から突如目覚めた、現代の常識も世間の空気も全て無視した時代錯誤な熱血昭和デカ:京極浩介(唐沢寿明)と、京極とバディを組むことになった草食系の平成刑事:望月亮太(窪田正孝)の凸凹コンビが、豪快かつ破天荒な捜査で事件を解決する様を描くアクションコメディ。  解禁された映像では、横浜中央署に導入された最新鋭の人工知能が引き起こす<人類滅亡の危機>という未だかつてない大事件に、京極と亮太の命知らずな“最凶”凸凹コンビがまたしても果敢に挑む様子が。  しかし一方で、ドラマでは実現することの無かったキスを迫る亮太に「黙ってろ!この前髪直毛野郎!」と突如罵る、京極の娘で亮太の恋人・結衣(佐々木希)の姿に続き、劇中の亮太のキメ台詞「はやく帰りてぇ~なぁ!」が本作でも披露され、ハチャメチャなギャグシーンの連続を予感させる。  後半では突然路上で胸を押さえ吐血する京極の姿も垣間見え、「さらば、京極―」という不穏なテロップ。自らの死を覚悟しながら「最後まで目に焼き付けてほしい」と語る京極の生きざまに、亮太は、これまで京極に教わった全てを持って答えようと奔走するが…。最後に、亮太が静かに流す、一筋の涙の意味とは―。  本作では唐沢と窪田のコンビに加えて佐々木、さらに藤木直人、小日向文世、和久井映見、黒川智花、竹内涼真、桜井日奈子、武田玲奈、伊藤沙莉ら、存在感抜群のお馴染みキャストと、加藤雅也、吉沢亮ら映画版オリジナル新キャストも登場、豪華な面子が名を連ねている。

  • 佐々木希、“女優陣”集合ショット公開に反響 ※「佐々木希」インスタグラム

    佐々木希、“女優陣”集合ショット公開に反響「美女ばかりで困っちゃう」

    エンタメ

     モデル・女優の佐々木希が18日、自身のインスタグラムアカウントを更新。ドラマ『ラストコップ』(日本テレビ系)で共演した女優陣との、仲睦まじい集合ショットを披露している。@@cutter 『ラストコップ』は、30年間の昏睡状態から突如復活した破天荒な刑事・京極浩介(唐沢寿明)と、ゆとり世代の相棒・望月亮太(窪田正孝)の凸凹コンビが様々な事件に立ち向かう姿を描いたアクションコメディ。  今年5月には『LAST COP THE MOVIE』として映画が公開される事が決定しており、佐々木は15日のインスタグラムでその撮影がクランクアップしたことを報告している。今回公開した写真では、そのドラマ内で共演した和久井映見、黒川智花、桜井日奈子、武田玲奈、伊藤沙莉との集合ショットを披露している。  この写真には「可愛い~映画楽しみ!」「美女ばかりで困っちゃうな」「美人ずらーっ!ってなってる!男チームも見たいな。映画早く見たーい!」「美女だらけ…入りたい」と絶賛しながら映画に期待する声が多く寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/nozomisasaki_official/

  • 佐々木希、お団子ヘア&ピースサインで『ラストコップ』オールアップを報告! ※「佐々木希」インスタグラム

    佐々木希、お団子ヘア&ピースサインで『ラストコップ』オールアップを報告!

    エンタメ

     女優の佐々木希が15日、自身のインスタグラムを更新し、出演してきたテレビ&映画シリーズ『THE LAST COP/ラストコップ』のオールアップを報告。写真を見たファンからは、「あ、天使だ、、」などの反響があった。@@cutter 『THE LAST COP/ラストコップ』は、唐沢寿明と窪田正孝のW主演で描く刑事アクションコメディ。30年間の昏睡状態から突如復活した京極浩介(唐沢)と、望月亮太(窪田)の凸凹コンビが様々な事件を解決する姿を描く。佐々木は劇中で、婦人警官の鈴木結衣を演じた。  佐々木はお団子ヘアでピースサインをしながら微笑む自身の写真を添えて、「ラストコップ 先ほどオールアップしました!!」と報告し、「約半年間ラストコップのドラマと映画の撮影が続き こんなにも長期の撮影もなかったですし 何よりも毎回撮影が楽しくて 明日から撮影がないのは流石に寂しい」と複雑な心境も吐露。  続けて「でも今回の作品でコメディが更に好きになりました ラストコップHulu配信、そしてその次は遂に映画公開です!! ハチャメチャコメディお楽しみに 沢山の笑顔が溢れますように」とも綴っている。写真を見たファンからは、「おつかれさまーー」「あ、天使だ、、」「めっちゃ可愛いです」「楽しみすぎます」「美しさまぢで分けてください」といったコメントが寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/nozomisasaki_official/

  • 佐々木希、“同郷”柳葉敏郎との対面に感激「秋田弁で話せた」 ※「佐々木希」インスタグラム

    佐々木希、“同郷”柳葉敏郎との対面に感激「秋田弁で話せた」

    エンタメ

     映画『LAST COP THE MOVIE』(5月3日公開)に出演する女優の佐々木希が、15日に自身のインスタグラムを更新。同郷の俳優・柳葉敏郎とのツーショットを披露。「同じ秋田県民として一番お会いしたかったので本当に嬉しいです」とコメントしている。@@cutter 柳葉と佐々木は共に秋田県出身。この日の投稿では、『LAST COP THE MOVIE』のスタジオ撮影の際、隣のスタジオに居たという柳葉は、『『LAST COP』の撮影現場に足を運んだようだ。「少しでしたが秋田弁で話せました」と伝え、「秋田の星、柳葉敏郎さん!同じ秋田県民として一番お会いしたかったので本当に嬉しいです」と喜びを綴っている。  2人の姿に「チーム秋田、いいですね」「同じ秋田県民として嬉しい2shot!秋田大好き」「同じ秋田民として凄く好きなお二人のツーショット。見れてとても嬉しいです」「おお!しかも元ゴチメンバー同士じゃないですか。素晴らしいですね」「秋田のヒーローとヒロインが!なんて豪華なツーショット︎」と秋田出身の2人の姿を喜ぶ声が多く寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/nozomisasaki_official/

  • まるで平野ノラ風な佐々木希のバブリー姿と共演者の田山涼成

    佐々木希、バブル芸人・平野ノラ風姿に「意外と似合っている」と反響

    エンタメ

     連続ドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』に出演している女優の佐々木希が、10日に自身のインスタグラムアカウントにて80年代バブル風の衣装を披露、多くの反響を呼んでいる。@@cutter 同日に最終回を迎える本ドラマだが、この日は「Hulu」オリジナルストーリーの撮影を実施。佐々木は、ソバージュ&ボディコンのバブリーな80年代スタイルで共演者の田山涼成とのツーショット写真を公開した。  この写真には、今バブル芸人・平野ノラが話題なことから「平野ノラかと思った」「平野ノゾミもOK!バブリー」とコメントが多く寄せられた。さらに、「似合ってる。いいよ、それ」「ソバージュしても綺麗」「ゲロマブ。ナウいねぇ」「バブリーなのも似合うとかほんと美人すぎ」「バブリーなのも似合うとかほんと美人すぎ」とファンから絶賛されている。

  • 佐々木希、『ラストコップ』のオフショットを公開

    佐々木希、『ラストコップ』の“京極役”に苦戦!?「見た目は結衣、中身は京極」

    エンタメ

     現在放送中の土曜ドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』(日本テレビ系)に出演中の佐々木希が、6日に自身のインスタグラムを更新。撮影の合間に写したと思われるオフショットを披露した。この写真にコメント欄では「かわいいー!」「女神様」と佐々木を絶賛するコメントとともに「毎週、兄弟みんなで楽しみにしてます」とドラマに対する期待の声も多数寄せられている。@@cutter 『THE LAST COP/ラストコップ』は、唐沢寿明と窪田正孝が主演の刑事ドラマ。捜査中の事故で昏睡状態になった唐沢演じる京極浩介が、30年後に奇跡的に目覚め、窪田演じる“今どきの刑事”望月亮太とコンビを組んで事件を解決していく。  本作で、女性警察官・鈴木結衣役として出演している佐々木。この日の投稿では「見た目は結衣、中身は京極」として、京極に扮していたことを報告。「破天荒です」としながら、「京極さん風に話すのは難しい…」と普段とは異なる役柄での難しを伝えつつも、最後には「でも楽しい…笑」と締めくくっていた。  この投稿に対して、コメント欄では「面白いシチュエーションですね」「破天荒、結衣、楽しみ」「希ちゃんの時々でるリトル京極がものすごい好きです」と作品についての感想が寄せられているほか、おでにガーゼらしきものを当て、口を開いた佐々木のオフショットにも「なにをしても、かわいい」「天使すぎます」と反響がよせられていた。

  • 緊張している竹内涼真

    竹内涼真、『ラストコップ』最終回生放送を前に今から緊張!? ツリーに癒やしを…

    エンタメ

     現在放送中の土曜ドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』の公式ツイッターにて4日、本作に出演しており、生放送の最終回を前に緊張している竹内涼真の姿を公開。ファンからは「かわいすぎる」などの反響があった。@@cutter 『THE LAST COP/ラストコップ』は、唐沢寿明と窪田正孝がバディを組む刑事ドラマ。捜査中の事故で昏睡状態になった唐沢演じる京極浩介が、30年後に奇跡的に目覚め、窪田扮する今どきの刑事・望月亮太とコンビを組んで事件を解決していく。竹内はそんな本作で、自分をイケてる刑事だと思い込む空回り系男子・若山省吾役を務めている。  写真には、スタジオの前室に置かれたクリスマスツリーに顔を近づける竹内の姿が収められている。竹内は「最終回が生放送なので今から緊張している」そう。最終回では、竹内扮する省吾が思いを寄せる、桜井日奈子演じる交通課の新人婦警・菜々子とのシーンもあるかもしれないとのこと。  写真を見たファンからは、「涼真くんほんとにかわいすぎるよ」「菜々子ちゃんと無事にゴールインして欲しいです」「涼真くんのことが見れなくなるのが悲しいです」「可愛くて震えてますっ!」などのコメントが寄せられている。

  • “悩ましげなポーズ”をとる竹内涼真

    竹内涼真、胸に手を当て悩ましげなポーズ「右と左どっちにします」

    エンタメ

     土曜ドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』(日本テレビ系)に出演中の俳優・竹内涼真が26日、自身のツイッターを更新。ドラマのロケ中に撮影された、“悩ましげなポーズ”を披露した。これを見たファンからは、「見た瞬間笑った」「真ん中にします!」など多くの反響が寄せられている。@@cutter 『THE LAST COP/ラストコップ』は、唐沢寿明と窪田正孝が主演の刑事ドラマ。捜査中の事故で昏睡状態になった唐沢演じる京極浩介が、30年後に奇跡的に目覚め、窪田演じる“今どきの刑事”望月亮太とコンビを組んで事件を解決していく。竹内はそんな本作で、自分をイケてる刑事だと思い込む空回り系男子・若山省吾役を務めている。  「今日もラストコップ撮影中なんだ!!『右と左どっちにします!?』」と言葉が添えられた投稿写真には、「みるく」と「さとう」と記されたボトルを胸に当てる竹内の姿が収められている。どうやら、コーヒーにどちらを入れるかで悩んでいるようだ。  写真を見たファンからは、「みるく・さとうになりたい」「涼真くん真面目な顔して何やってんの」「涼真くんにおっぱいが…」「真ん中の涼真くんで」などの声が多数寄せられている。

  • 佐々木希&本田翼、密着2ショット

    佐々木希&本田翼、“可愛すぎる”密着2ショットに「最強のコンビ」と絶賛の声

    エンタメ

     女優の佐々木希が24日、自身のインスタグラムを更新。同じく女優の本田翼との“可愛すぎる”密着2ショットを公開し、「最強のコンビ」「可愛いの先がみえました」と絶賛されている。@@cutter 佐々木は投稿の中で、「ばっさー スタジオがお隣さん」と言葉を添えて、本田との2ショットを公開。ファンからは「国宝すぎ」「最強のコンビ」「可愛いの先がみえました」「二人とも可愛すぎる」といった反響があった。  佐々木が出演しているのは、日本テレビ系にて放送中の、唐沢寿明と窪田正孝のW主演で描く刑事ドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』。佐々木は婦人警官の鈴木結衣を演じており、劇中で見せるコスプレがたびたび話題を呼んでいる。  一方の本田は、同局で放送中の、石原さとみ主演のドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』に出演中。劇中では石原が演じる出版社の校閲担当・河野悦子の後輩で、ファッション誌の編集者として働く森尾登代子を演じている。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access