クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

デジモンアドベンチャー tri. 第4章「喪失」 関連記事

  • 『デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」』花江夏樹&浪川大輔インタビュー

    花江夏樹、デジモンキャストは“お母さん”!? 浪川大輔と語る『デジモン tri.』の現場

    アニメ・コミック

     ついにラストへ向けて物語が大きく動き始めた。アニメ『デジモンアドベンジャー』のTV放送開始15周年を記念して、全6章からなる新シリーズとして2015年にスタートした『デジモンアドベンチャー tri.』が、このたび第5章の劇場上映を迎える。シリーズの主人公であり“選ばれし子どもたち”のひとり八神太一役の花江夏樹と、太一ら子どもたちに優しく、ときに厳しく接しサポートする太一らの通う高校の非常勤講師である傍ら、選ばれし子どもの先輩として本職は現実世界に出現するデジモンらの対処を管轄する独立行政法人の一員・西島大吾役の浪川大輔に、第5章まで迎えた現在の気持ちや、まだキャスト陣にも明らかとなっていないラストについての思いなどを聞いた。@@cutter 物語の舞台は、選ばれし子どもたちが、異世界・デジタルワールドへ渡ったあの夏の冒険から6年後。高校生になった八神太一をはじめ、それぞれ成長した選ばれし子どもたちが繰り広げる、新たな冒険が描かれる。『デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」』では、9人目の選ばれし子どもである望月芽心がゲンナイの姿をした謎の男に傷つけられるのを見て、パートナーであるメイクーモンが再び暴走を開始。暴走するメイクーモンの出現により、現実世界崩壊へのカウントダウンがはじまる。選ばれし子どもたちは、変調をきたしたデジタルワールドから疎外され、現実世界に戻ってきてからも、パートナーデジモンと共にいるがゆえに人々に追われ、そして過酷な運命は、誰よりも真っすぐで繊細な魂を持つ八神ヒカリのもとにも迫っていた…。  第1章の開始当初と比べ、太一役としてどことなく顔つきや佇まいに自信が見える花江。自身も「(太一役は)今は自分の中でしっくりきています」と話し、気持ちの強さが表情に表れてきている様子。また、先日同シリーズでは初めてとなるキャラクターソングの発売イベントを、太一のパートナーデジモン・アグモン役の坂本千夏と行った際に、ファンから「『太一が花江さんでよかったです』と言ってもらえたんです」と笑みを浮かべた。    一方、浪川は西島役について「花江くんたち“選ばれし子どもたち”に、どうやって華を添えられるかなとか、どのようなアクセントをつけようかと考えながら演じています」と明かす。「大人の役なので、縁の下のちから持ち的な立場です」。@@separator 第5章までアフレコが終了した本作。本シリーズでキャストが一新された選ばれし子どもたちチームと、時を経ても変わらずオリジナルメンバーが顔を揃えるデジモンチーム。アフレコ現場では、なんとなくそれぞれのチームに分かれて座っているという噂が。そのことについて花江と浪川に聞いてみると、「(現場は)椅子がコの字なのですが、子どもたちはその両端に座ることが多いからだと思います」と花江。「デジモンチームはね…やっぱり迫力がすごい(笑)。いい意味でオーラがある」という浪川に「確かに!」と相槌を打つ花江だが「普通にお話もしますよ。先輩ですが、どちらかというと…お母さんのような立場に近い」とのこと。そんな花江のコメントに浪川は「櫻井(孝宏)さんを筆頭にね(笑)」と返し、デジモンチームでは唯一の男性キャストであるテントモン役・櫻井孝宏をイジり、2人共、声をあげて笑った。    第5章まで進み、次の第6章がついに最後となる『デジモンアドベンチャー tri.』シリーズ。花江と浪川にそれぞれの願望を込めたラスト予想を聞くと、浪川は「(太一は)ゴーグルに進化しちゃったからな~(笑)」と花江に顔を向けると、花江も「だとしたら人間に戻りたいですね(笑)」と応酬(※第5章の予告編第2弾のラストは、太一のゴーグルがアップになったシーンで終わっている)。2人の丁々発止のやりとり後、真剣な眼差しで「願望としては、デジモンの記憶を取り戻してから終わりたい」と花江。浪川は「子どもたちが一生懸命頑張る姿は、グッとくるものがありますが、第5章ではだいぶ根を詰めたので、平和な感じも戻ってきて欲しいですね」。(取材・文・写真:ほりかごさおり)    『デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」』は9月30日より3週間限定劇場上映。

  • 『デジモンアドベンチャー tri.』第5章、公開日決定! 特報映像も解禁

    『デジモンアドベンチャー tri.』第5章、公開日決定! 特報映像も解禁

    アニメ・コミック

     初代『デジモンアドベンチャー』シリーズの続編として、全6章で描く最新作『デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」』の上映日が決定し、特報映像が公開された。映像では本作での“選ばれし子どもたち”の葛藤が表現されている。「もう私はパートナーじゃないの?」と悲しげに問いかける望月芽心と、「仲間を犠牲にする希望なんてあってたまるか!太一!」と怒鳴る石田ヤマト。この言葉が意味するものは何だろうか。@@cutter 物語の舞台は、選ばれし子どもたちが、異世界・デジタルワールドへ渡ったあの夏の冒険から6年後。高校生になった主人公・八神太一(CV:花江夏樹)をはじめ、それぞれ成長した選ばれし子どもたちが繰り広げる、新たな冒険が描かれる。第5章では、パートナーである望月芽心(CV:荒川美穂)がゲンナイの姿をした謎の男に傷つけられるのを見て、メイクーモン(CV:森下由樹子)が再び暴走を開始し、現実世界崩壊への第一歩を踏み出してしまう。  さらに、劇場版『デジモンアドベンチャー』4作品が6月25日にニコ生で一挙放送されることも決定。また、7月30日開催のイベント『DIGIMON ADVENTURE FES. 2017』のチケットのプレオーダーが6月1日に受付を開始する。そして、ツイッターキャンペーンもスタート。フォロー&引用ツイートなどをした人から抽選で、花江夏樹、宇木敦哉(キャラクターデザイン)直筆サイン入りポスターなどがプレゼントされる。  映画『デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」』は9月30日より3週間限定劇場上映。

  • 『デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」』ポスタービジュアル

    『デジモン tri.』第5章、ストーリー公開! 現実世界崩壊カウントダウンが始まる…

    アニメ・コミック

     初代『デジモンアドベンチャー』シリーズの続編にして、全6章で描く『デジモンアドベンチャー tri.』の第5弾『デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」』から、あらすじが解禁。謎に包まれていた物語の全貌が明らかになった。@@cutter 物語の舞台は、選ばれし子どもたちが、異世界・デジタルワールドへ渡ったあの夏の冒険から6年後。劇中では、高校生になった主人公・八神太一をはじめ、それぞれ成長した選ばれし子どもたちが繰り広げる、新たな冒険が描かれる。  第5章では、パートナーである望月芽心がゲンナイの姿をした謎の男に傷つけられるのを見て、メイクーモンが再び暴走を開始。暴走するメイクーモンの出現により、現実世界崩壊へのカウントダウンがはじまる。  いたる所で次々と異変が発生する中、歪みを通して現れたデジモンたちは、その時が来るのを待ち受ける。一方、選ばれし子どもたちは、変調をきたしたデジタルワールドから疎外され、現実世界に戻ってきてからも、パートナーデジモンと共にいるがゆえに、人々に追われることになる。  孤立無援となりながらも、一同が必死に打開策を探る中、芽心はひとり思い悩む。あまりにも大きな荷を負い、打ちひしがれる彼女には、仲間やデジモンたちの声も届かない。そして過酷な運命は、誰よりも真っすぐで繊細な魂を持つ、八神ヒカリのもとにも迫っていた…。果たして太一らは世界を救うことができるのか?気になる結末は、ぜひ劇場で確かめてほしい。  『デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」』は2017年劇場上映開始。

  • 『デジモンアドベンチャー tri. 第4章「喪失」』三森すずこ&重松花鳥インタビュー

    三森すずこ&重松花鳥、『デジモン』パートナーは“運命”だった!? 2人の繋がりとは

    アニメ・コミック

     全6章からなる『デジモンアドベンチャー tri.』もついに後半へ…。最新作第4章「喪失」では舞台をデジタルワールドへと移し、これまでの記憶を無くしてしまったデジモンたちと選ばれし子どもたちは再び絆を築くために奮闘する。本作でメインとなるキャラクターは武之内空とパートナーデジモンのピヨモン。共に“6月28日生まれ”という演者同士も“運命”に似た繋がりを持つ三森すずこと重松花鳥に単独インタビューを行った。@@cutter 本作は、『デジモンアドベンチャー』15周年を記念して製作された、初代シリーズの全6章からなる続編『デジモンアドベンチャー tri.』の第4章「喪失」。物語はついに後半へと進み、前章でメイクーモンの暴走により起きてしまったリブート後の世界から始まる。リブートの影響により、記憶を無くしたデジモンたちに会うため、デジタルワールドへと向かった“選ばれし子どもたち”。再び絆を築いていこうとするが、ピヨモンだけが成長期に進化してもなお警戒心をあらわにする…。  「『デジモン』の一員として自分が存在しているということがすごくアメイジングな出来事」。三森は武之内空役として『デジモンアドベンチャー tri.』シリーズに出演する自身をこう捉える。「昔を思い出すと、当時は自分が声優になるなんて思っていなかったですし、『デジモン』の新しいシリーズに空として参加していることを噛み締めています」と顔をほころばせる。一方、初代シリーズに続きピヨモンとして出演する重松も「これは奇跡でしょう」と力を込める。「ド新人だった私が、オーディションを受けてピヨモンに決まったということがまず第1の奇跡。17年経ち、“デジモン復活”という話を聞いた時に『すごいな。どうなるんだろう』ぐらいにしか思っていなかった私に、『もう一度ピヨモンを演じてもらえませんか?』とオファーが来たときに“奇跡再び”と ビックリしました」と、目を丸くしたという。三森、重松ともに、置かれていた状況が違うとはいえ“現在の自分”に驚いていると口を揃える。  17年の月日が流れていたものの「空気感はすぐに戻りましたね。17年経っても同じでした」とニッコリと笑う重松。変わらない空気感を喜ぶデジモン組に対し、選ばれし子どもとして新キャストとなる三森は「第1章のときは、現場に行くのにドキドキしてました」と胸の内を明かす。だが「私と同じ気持ちの人はいたので、大丈夫だろう…と思っていました」と茶目っ気たっぷりに答える。それに「収録ブースに入ると、花鳥さんが積極的に話し掛けてくれたので、あっという間にホームな気持ちになってました」とも。@@separator 重松は、当初から「みもりんは特別!という気持ちはありました」と告白する。「収録が始まったら隣に座るんだ!とか、話しかけるんだ!とか、初対面なのに、すごく気持ちが溢れてしまっていたので、“やっと空に会えた”という気持ちでした」。その気持ちを一身に受けた三森は「すごく安心しました。一瞬で馴染めたと言いますか…。花鳥さんに『誕生日が一緒なんだよ』と話し掛けてもらったときは、私が空に決まったことは運命なんだと思いました」。  互いに運命のようなものを感じている重松と三森だが、本作の空とピヨモンは2人が考えていた以上に関係がギクシャクする。重松は「監督にもハッキリと空を拒絶して…と言われて。“どうしたらいいんだ”と思ったのですが、とりあえず『みもりんごめんね』って言いました」と苦笑い。三森も「(ピヨモンの)冷たさが胸に刺さって…リアルに実体験してました」と、空の気持ちに同調。重松も三森もキャラクターの心情とシンクロしながら演じていたと振り返った。  悲しみに暮れる空に対し、本作では絶妙なタイミングで太一とヤマトが寄り添う。「ここで来たか、この人たちは!って感じですよね」と大きく笑う重松に対し、「ワクワクというか、青春時代に戻る感じですよね!」と重松の顔をのぞきこむ三森。太一とヤマト、そして空の三角関係に「はっきりしない(笑)」と、女性同士きゃっきゃと笑う。キャラクター3人の関係性も気になるところだが、重松と三森の関係性も空とピヨモンのように、固い絆で結ばれているようだ。(取材・文・写真:ほりかごさおり)  『デジモンアドベンチャー tri. 第4章「喪失」』は2月25日より3週間限定劇場上映。

  • 『デジモン』20周年で初代の復刻版おもちゃが限定発売!

    『デジモン』20周年記念! 手の平サイズの“復刻版”おもちゃが限定発売

    アニメ・コミック

     1997年6月の発売後に累計800万個以上を売り上げ、その後、メディアミックス作品なども人気を博した携帯型育成ゲーム『デジタルモンスター』の復刻版『デジタルモンスター ver.20th』が発売される。通称“デジモン”シリーズ20周年を記念した商品のカラーは「オリジナルブラウン」と「オリジナルグレー」の2種類。手の平でデジモンを育成、対戦できる楽しさが帰ってくる。@@cutter 同商品には、『デジタルモンスター』のver.1からver.5までの全デジモンはもちろん、10周年記念の「ドラコモン」や15周年記念の「ハックモン」に、20周年を記念した“新デジモン”を加えた総勢154体(育成可能キャラ134体)にもおよぶキャラが登場。  さらに、デジモン育成の第一歩であるデジモンの卵“デジタマ”には、ある条件下でのみ入手できる「特殊デジタマ」が追加され、「オリジナルブラウン」限定の「アグモン」と「オリジナルグレー」限定の「ガブモン」を合体させると入手できる「オメガモン」も収録される。  ゲームシステムでは、同シリーズで初めてとなる2体のデジモンの同時育成が可能に。液晶の中で、たがいに仲よくエサを食べる姿や睡眠を取る姿を見ることもできる。他のユーザーやCPUとの対戦時にも、2体のタッグ戦を実現。異なるユーザーが育成したデジモンをコピーして受け取ったタッグ戦も可能なほか、Web上へ登録したデジモン同士の対戦も楽しめる。  『デジタルモンスター ver.20th』は、バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で予約受け付け中。各カラー「オリジナルブラウン」「オリジナルグレー」ともに3780円(税込)で、送料・手数料は別途。

  • 『デジモンアドベンチャー tri. 第4章「喪失」』PV公開&エンディングテーマ決定

    『デジモンアドベンチャーtri.』第4章、PV解禁! 主題歌も決定

    アニメ・コミック

     全6章で描かれる『デジモンアドベンチャーtri.』の第4章「喪失」のPVが公開された。さらに、エンディングテーマがAiMの歌う「keep on~tri.Version~」に決定した。@@cutter 本作は、『デジモンアドベンチャー』15周年を記念して製作された、初代『デジモンアドベンチャー』の続編に当たる作品。第3章までが公開され、大ヒットを記録し続けている。  今回、公開された映像では、リブートが起きたことで記憶をなくしたデジモンたちに会うため、デジタルワールドへと向かった“選ばれし子どもたち”が再び絆を築いていこうとするシーンや、謎の男とメタルシードラモンの戦闘シーンが映し出されている。はたして、“選ばれし子どもたち”は、パートナーデジモンとの絆を取り戻すことができるのか。本作の展開に期待が高まる。  また、エンディングテーマ曲に決定した「keep on~tri.Version~」を歌うAiMは、「今回のアレンジはクールでスタイリッシュな感じなので『デジモンアドベンチャーtri.』の世界観に合っているんじゃないかと思います」とtri.Versionのアレンジについて説明。そして、「『デジモンアドベンチャー tri.』がどんどんシリアスな展開になっているので、第4章『喪失』のエンディング曲として内容に合うのか心配な部分はありますが、この曲が持っている<励ます力>や<勇気づける力>、そして絆を取り戻していく希望を感じてもらえたらと思っています」とコメントを寄せた。  『デジモンアドベンチャーtri.第4章「喪失」』は、2017年2月25日より3週間限定劇場上映、劇場限定版ブルーレイ先行発売、先行有料配信スタート。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access