クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

スクリーム 関連記事

  • 「90年代のホラー映画ベスト10」に選出された『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(1999)

    「90年代のホラー映画ベスト10」発表、『IT』『キャンディマン』など

    映画

     ジャンル作品の中でも常に根強い人気のホラー。中でも1990年代は1980年代のホラー映画ブーム後、フィルムメーカーたちが観客たちを新たな恐怖に突き落とそうと、ホラーを刷新。様々な力作が誕生したとして、Comingsoon.netが「1990年代のホラー映画ベスト10」を選出したので紹介する。@@cutter 選ばれた作品の中には最近リブートされた作品のオリジナル版も含まれている。ジュリア・ロバーツやケヴィン・ベーコン、キーファー・サザーランドなど人気スターが顔を揃えた『フラットライナーズ』。「死後の世界」をテーマに、医学生たちが臨死体験を通じて味わう恐怖を描く。作品に対する評価は割れたが、興行的には成功。2017年にはエレン・ペイジやディエゴ・ルナら出演でリブートされたが、こちらは不発に終わった。  一方、2017年に大ヒットしたスティーヴン・キング原作『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』は、後編の製作も決定。さかのぼること27年前、同原作を基に映画化されたのが『IT/イット』だ。厳密にはテレビ映画だが、幼なじみの6人の仲間を恐怖のどん底に陥れる不気味なピエロ“IT”こと、ペニーワイズ(ティム・カリー)が話題をさらい、カルト・クラシックの仲間入りを果たした。  ホラーとアクションが融合したケヴィン・ベーコン主演の『トレマーズ』は、地中に潜んでいた謎の巨大生物グラボイズが突如出現し、田舎町の住民たちが壮絶なバトルを繰り広げるさまを描く。劇場では大ヒットとまでいかなかったものの、クチコミで評判が広がり、DVDスルーでシリーズ化された。同作は本家のケヴィンが主演に返り咲くテレビドラマ版が予定されている。  Comingsoon.net発表、「90年代のホラー映画ベスト10」は以下の通り(順不同)。 『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(1999) 『キャンディマン』(1992) 『フラットライナーズ』(1990) 『フロム・ダスク・ティル・ドーン』(1996) 『IT/イット』(1990) 『ジェイコブス・ラダー』(1990) 『ミザリー』(1990) 『スクリーム』(1996) 『羊たちの沈黙』(1990) 『トレマーズ』(1990)

  • クリスマスは“浮かれた奴ら”が酷い目に遭う映画を観て気分爽快になろう!

    クリスマス直前!「リア充爆発しろ」浮かれた奴らが酷い目に遭う映画特集

    映画

     私はクリスマスが嫌いだ。いや、クリスマスに恨みはない。正確には、何かとイベントに便乗して浮かれている、よろしくやってる人たちが嫌いなのです。いっそ「リア充爆発しろ」どころか「死んでしまえばいいのに」とも思ったりしますが、善良な市民で平和主義者の私はそんな思いを晴らす術を持ちません。今年も歯ぎしりして過ごすほかないのですが、そんな私の思いを代わりに晴らしてくれる映画が世の中には存在します。そんな“正義の執行人”というべき作品を一緒にみていきましょう。@@cutter まずはホラー界のカリスマ・ジェイソンさんが活躍する『13日の金曜日』シリーズ。死ぬまでに1度は行ってみたいクリスタルレイクが主な舞台となる本シリーズでは、“湖畔でキャンプ”という浮かれている以外何物でもない若者たちが次々ジェイソンさんの手に掛かって死んでいきます。戸外でよろしく始めようものならカウントダウン開始…あわれ、ジェイソンさんの餌食です。やはり人間、常に慎み深くあらねばならないことを本シリーズは教えてくれるかのようです。  湖畔同様、森や山の“別荘”なんてのも危険信号。浮かれた人たちにありがちなスポットで、クラシックとなった『死霊のはらわた』、最近でも『キャビン』といった作品がありますが、なぜか用意された地下室へ意味ありげに置かれた遺留品に手を付けようものなら生き残りゲームのゴングです。興味本位で無暗やたらと人様のものを見たり、手を出してはいけないことを習わなかったのでしょうか。よくて1人、もしくは2人の生き残りで全滅に近い末路となりますから、まさに驕れる者は久しからず。あまりハメを外しすぎると、人間バチが当たるようです。@@separator また、学生というのは社会的に守られた身分で至らない振る舞いだったりも大目に見られる訳ですが、それでもあまり度が過ぎるとやはり目に余ります。我が世の春を謳歌するのもほどほどにしなさい、と天誅が下されるのが『スクリーム』と『ファイナル・デッド』シリーズ(『スクリーム』の天誅は人為的ですが)。運動部で華やかに活躍したり、女子と楽しげに過ごす同級生を疎ましく思ったあの頃の思いを代弁してくれます。  そしてやはり浮かれた人というのは言わずとも不快な空気を発してしまうのか、ビーチやプールといった浮かれ人大量発生の場所を蘇った古代生物が襲うのが『ピラニア』シリーズ(『ピラニア3D』&『ピラニア リターンズ』)。裸で水遊びという肉食な楽しみに興じる人たちが、文字通り肉食の餌食となる因果応報な図が展開されます。合掌。  どうでしょう、こうした映画を観ることで人間図に乗ってもあまりいいことはない、リア充に待つのは残念な死に方ぐらい、というのがお分かり頂けるかと思います。かわいそうな人たちなのです。ですがリア充にも五分の魂、心の安寧を得たところで人は人、自分は自分でクリスマスを楽しみましょう。(文:しべ超二)

  • ホラー界の巨匠・ウェス・クレイヴン監督死去

    『エルム街の悪夢』『スクリーム』、ホラー界の巨匠ウェス・クレイヴン監督死去

    映画

     『エルム街の悪夢』や『スクリーム』シリーズなどを手掛けたホラー界の巨匠ウェス・クレイヴン監督が、現地時間30日、脳腫瘍との闘病の末、ロサンゼルスにある自宅で亡くなった。76歳だった。@@cutter Hollywood Reporterによれば、クレイヴン監督は長年マサチューセッツ州のマーサズ・ヴィニヤードに住んでいたが、近年は病気と仕事の理由からロサンゼルスに移り住んでいた。ディズニーの元ヴァイスプレジデントである妻イーヤ・ラブンカら家族が見守る中、息を引き取ったという。  もともと大学で哲学の教鞭をとっていたクレイヴン監督は、映画の製作に目覚め『13日の金曜日』の生みの親であるショーン・S・カニンガムと知り合ったことをきっかけにホラー映画にのめりこんでゆく。  1984年に『エルム街の悪夢』を発表、大ヒットを記録した。作品はシリーズ化したものの、それからしばらく低迷していたが、90年代のティーン・ホラー『スクリーム』が1億7000ドル超えの大ヒット。ホラー映画の巨匠の名を不動のものにした。  また、映画『ミュージック・オブ・ハート』(00)では、小学校の臨時教員と子供たちの音楽による暖かい実話を描き、主演のメリル・ストリープがアカデミー賞主演女優賞にノミネート。ホラー以外のジャンルにも挑戦していた。

  • ホラー映画界の鬼才ウェス・クレイヴン監督

    追悼企画:『エルム街の悪夢』『スクリーム』…ウェス・クレイヴン監督フォト特集

    映画

    ホラー映画『エルム街の悪夢』『スクリーム』などの大ヒットシリーズを生み出し、数々のホラー作品を創出してきたウェス・クレイヴンが8月30日(現地時間)、76歳で死去した。精力的にホラーを作り続ける一方で、感動作『ミュージック・オブ・ハート』やサスペンス『パニック・フライト』などの違うジャンルも手掛けてきたクレイヴン監督の関連作品を写真と共にお届けします。

  • ティーンホラー映画『スクリーム』のテレビドラマ化、新しいマスクはこれだ!

    人気映画のドラマ化『スクリーム』最新トレーラー公開、不気味な新マスクも披露

    海外ドラマ

     1990年代を代表するティーンホラー『スクリーム』のテレビドラマ化。MTVが手がける新シリーズの放送が今年6月より始まったが、サンディエゴで開催されたコミコンで新たなトレーラーが公開された@@cutter 映画で描かれた惨事から20年後を舞台にした『スクリーム』TVシリーズ。新たに公開されたトレーラーでは、映画でお馴染みだった“ゴーストフェイス”に代わる不気味な新マスクを着けた殺人鬼が、高校生たちを脅かし惨殺する姿が映し出される。中心キャラクターの1人エマ(ウィラ・フィッツジェラルド)は同級生の死に動揺し、「どの殺人者も誰かの友達だ」と、知り合いを疑っている様子だ。  町全体を揺るがす連続殺人事件の再発。遺体の姿もかなり無残だ。コミコンに出席した製作総指揮の1人ジェイミー・パリアは、「ここにいる誰もが生きているかは分からない」と、中心的なキャラクターでも殺人鬼の手にかかる可能性があるという。コミコンにはベラ・ソーンとウィラのほか、ノア役のジョン・カルナ(John Karna)、キーラン役のアマデウス・セラフィニ(Amadeus Serafini)、ウィル役のコナー・ウェイル(Connor Weil)が出席した。

  • 『スクリーム』テレビ版の予告編が解禁

    『スクリーム』テレビドラマ版、予告編が初公開

    海外ドラマ

     昨年10月に10話構成のシーズン1の製作が正式決定したMTV製作の『スクリーム』リブート・ドラマ版。現地時間12日に開催されたMTVムービーアワードで、パイロット版に出演したベラ・ソーンの紹介により初予告編が解禁になった。@@cutter 基になる映画版『スクリーム』は、謎の不気味な電話を受けた高校生らが次々に殺害されていくホラー。1996年に公開された第1弾が大ヒットとなり、映画版は『スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション』(11)の第4弾までが製作された。  テレビドラマ版はその後の現代を舞台に、ネットいじめが原因で殺人が起きたのをきっかけに、過去の忌々しい連続殺人事件の模倣犯らしき人物による恐怖が若者たちを襲うというストーリー。映画版でネーヴ・キャンベルが演じたシドニーにあたる設定の中心人物エマ役を、海外ドラマ『救命医ハンク セレブ診療ファイル』などのウィラ・フィッツジェラルドが務める。ほか、ベックス・テイラー=クラウスやカールソン・ヤング、コナー・ウェイルなどの若手が多数出演する。  初予告編では、映画版でドリュー・バリモアが演じたケイシーをモデルにしたというニナ(ベラ・ソーン)が水着に着替え、自宅のジャグジーに入ると、タイラーという男子から「上を向いて」というテキストメッセージが携帯に届く。するとタイラーの切断された頭がお湯の中に落ちてきて…。それが新たな殺人事件の始まりとなり、怪しい影が次々に若者たちを狙い始めるという流れになっているようだ。  オリジナル版の世界観を引き継いだテレビドラマ版。「みんな、秘密がある」「みんな、嘘をつく。そしてみんな、格好の的だ」という言葉の先に、どんな展開が待っているのか? ドラマ版でも若者たちの叫び声が聞こえるのは必至だが、映画版の象徴となるスクリームマスクは使われないとのことだ。  『スクリーム』テレビドラマ版は、本国アメリカで現地時間6月30日に初放送を迎える予定だ。

  • ゴーストフェイスの餌食に!?『スクリーム』テレビドラマ化の主要登場人物が判明

    人気ホラー映画『スクリーム』テレビ・リブート版、登場人物が明らかに

    海外ドラマ

     米MTVが手掛ける人気ホラー映画シリーズ『スクリーム』のテレビ・リブート版。2012年6月にTVシリーズ化の企画が明らかになって以来、ようやくパイロット版の製作に向けて準備が加速し始めたようだ。テレビドラマでの主要登場人物の構成が明らかになった。@@cutter TV Lineによると、今回、4人の主要登場人物の背景が判明したという。ドラマの中心人物も、映画と同じく高校生のようだ。まずハーパー・デュヴァル。華やかな社交家タイプではないが、仲間内では人気者の16歳の女子高生。親友だったオードリーと疎遠になってしまったことに罪悪感を覚えているという。  そのハーパーの元親友オードリー・ジェセンは、ルター派教会の牧師を親に持つ、バイっ気のある女子高生。芸術家肌で将来は映画製作者になりたいとのこと。ノアという男子高生と仲がいい。そのノア・フォスターは未来の“スティーブ・ジョブズ”になり得る、テクノロジー系に強い男子。ユーモアがあり、歩く百科事典のように本や映画やアプリなどの知識が豊富らしい。  そしてハーパーの母親マーガレット・“マギー”・デュバル。40歳半ばのシングルマザーで町の検察医という設定。夫は彼女とハーパーを置いて去ってしまったようだ。マギーの過去には秘密があるそうで、彼女の過去が、やがて登場人物たちを取り巻くであろう事件につながる予感…。  映画版『スクリーム』第1弾では、謎の人物から電話を受けた高校生らがマスクを被った“ゴーストフェイス”に次々に襲われるが、ドラマ版ではどのようなきっかけがあるのかは不明。パイロット版の放送前にYouTubeに関連映像を流す予定とのことで、その中で、その町のつらい過去を呼び覚ますような殺人事件の引き金となる何かが起きるらしい。  パイロット版の脚本は、先に『リベンジ』や『クリミナル・マインド』シリーズの脚本家ジェイ・ビーティとダン・ドウォーキンが担当する予定と伝えられていたが、海外ドラマ『Ravenswood(原題)』のジル・ブローテフォーゲルが執筆したそうだ。

  • 映画『ミスト』、『シン・シティ』、テレビ・ドラマ化なるか?(※『ミスト』場面写真より)

    S・キング原作『ミスト』、『シン・シティ』のテレビドラマ化企画が浮上

    海外ドラマ

     スティーヴン・キング原作のホラー・ミステリー『ミスト』(08)や、モノクロの斬新な映像が話題になったクライム・アクション映画『シン・シティ』が、テレビドラマシリーズになってお目見えするかもしれない。@@cutter 両作品の製作を担当したプロデューサーのボブ・ワインスタインがNew York Times紙との電話インタビューで明かしているそうだ。ボブは兄のハーヴェイと共に、映画賞レースの候補入りが有力視されている『大統領の執事の涙』(14)などを配給する映画会社ザ・ワインスタイン・カンパニーを経営。同会社で計画を進めているという。  まず、キング原作の『ミスト』のドラマ化は10話構成を想定。同作の監督を務め、最近では人気海外ドラマシリーズ『ウォーキング・デッド』に携わっているフランク・ダラボンと共に企画を進めているとのこと。そして『シン・シティ』の続編『Sin City:A Dame to Kill For(原題)』の2014年8月全米公開の後に、同作品のテレビ・ドラマを放送したいと考えているようだ。両作品ともに企画段階のようだが、ボブやハーヴェイがプロデュースしてきた作品に携わった脚本家や監督が参画する可能性はあるようだ。  同会社では他にも現在、MTV向けにヒット・ホラー『スクリーム』シリーズのテレビドラマ用パイロットの製作を進めている。また、古代エジプトを舞台にした探偵ドラマや、聖書の十戒をテーマにしたドラマなどの企画があり、共に10話構成のシリーズを計画しているという。十戒の物語『10 Commandments(原題)』に関しては、リー・ダニエルズやマドンナ、ウェス・クレイヴンなどが各エピソードを監督する可能性がなきにしもあらずと話しているようだ。

  • 突如現れたアニマルマスクの集団が巻き起こす“サプライズ”とは…?

    アメリカで話題沸騰のスリラー映画 『サプライズ』公開決定!『ソウ』を超える衝撃作

    映画

     『スクリーム』『ソウ』シリーズなど、日本に新しいスリラー映画を届けてきたアスミック・エースが、この秋、満を持して送る映画『サプライズ』。完成直後から大きな話題となり、全米で拡大公開が決定した注目作が11月14日より全国公開される。@@cutter 監督を務めるのは、新世代ホラー監督としての呼び声も高いアダム・ウィンガード。現在公開中のオムニバス・ホラー映画『V/H/S シンドローム』内の『TAPE56』では、ビデオテープをめぐって不良グループたちが恐怖のどん底に突き落とされていく様子を描き、ホラーファンの話題を独占している。  本作では、「素晴らしいテンポとカメラワークで演出された、近年で一番手に汗握る映画」「最高にお勧め! もう一度見たい」など、絶賛レビューが止まらない。アメリカの「Rotten Tomatoes」(映画評論家による映画レビューを1ヵ所にまとめたサイト)でも91%が支持するという高い評価を得ている。  両親の結婚35周年を祝うために集まった10人の家族。そこに突如現れるキツネ、ヒツジ、トラといったアニマルマスクの集団。逃げ場のない密室を舞台に、予想を裏切る“サプライズ”が次々と訪れる…。  タイトルが意味する“サプライズ”とは!? 予測不可能な爽快感あふれるスリラー『サプライズ』は、11月14日より全国ロードショー。

  • 「呪怨 パンデミック」

    夏といえばホラー!人気ホラー映画キャラ特集

    映画

    今年も暑い夏の季節到来! 夏といえばホラー映画を観て背筋も凍る思いをするのも暑気払いのひとつ。 今週は、世にも怖い人気(?)ホラーキャラを集めてみました。

  • 「96時間」(09)

    「え?こんな作品まで!?」TVシリーズ化の企画が持ち上がった(&TVシリーズ化された)ヒット映画を一挙ご紹介

    映画

    「え?こんな作品まで!?」TVシリーズ化の企画が持ち上がった(&TVシリーズ化された)ヒット映画をご紹介

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access