グリンチ 関連記事

  • 映画『グリンチ』初日舞台挨拶に登場した(左から)杏、大泉洋、横溝菜帆、宮野真守

    大泉洋、杏の願い事にダメ出し「絡めなさいよ! グリンチに!」

    アニメ・コミック

     俳優の大泉洋、杏、横溝菜帆、宮野真守が、14日に都内で開催された映画『グリンチ』の公開初日舞台挨拶に登壇した。大泉はクリスマスの願い事を聞かれると「グリンチ2を作ってください」と言い、英語版でグリンチの声優を務めたベネディクト・カンバーバッチについて「今度こそもうちょっとカンバーバッチとお話したい」と語った。@@cutter 絵本作家ドクター・スースの『グリンチ』を、「ミニオン」を生み出したイルミネーション・エンターテインメントがアニメ化した本作。劇中では、洞窟の中で暮らすひねくれ者のグリンチ(声:大泉洋)が、村中のみんなが楽しみにしている“クリスマス”を盗もうと企む姿を描く。  物語がクリスマスを描くことにちなみ、舞台挨拶では登壇者が願い事を発表。横溝とニューヨークで行われたワールドプレミアに参加していた大泉は「グリンチ2を作ってください」という願いを見せ、「単純にもう一回、横溝ちゃんとニューヨークに行きたい」と発言。「もう一回ニューヨークプレミアに行って、今度こそもうちょっとカンバーバッチとお話したい」とも話していた。  一方の杏は「たくさん入るリュックサックがほしい!」と回答。大泉は「え~! グリンチも何も(関係ない)!」とツッコミ。「あまりきれいすぎることを言っちゃうのもな~って思って。家を出る前に、ちょっと今日、鞄で迷った(笑)」と弁解する杏だったが、大泉からは「買いなさいよ! 旦那さん持ってるでしょ! あんな大きな旦那さんなんだから! たくさん入るリュックサック? 絡めなさいよ! グリンチに! 何か!」とダメ出しされていた。  続いて横溝は「家族で旅行!!」という答えを見せ、大泉は「思いっきり自分のことじゃねえかよ! 関係ねえよ、おめえんちの家族のことなんかよ」と、グリンチに絡めない回答に厳しい表情。それでも「家族のことを考えているんだからいいよね。この年で一人旅とか言ったら嫌だもんね」とジョークを飛ばし、「家族が大事なお話だから、いいと思います。なんでも入るリュックサックよりずっといいですよ」と、杏をいじって会場を沸かせていた。

  • 映画『グリンチ』ジャパンプレミア 東京ミッドタウン日比谷「プレミア点灯式」にて

    大泉洋、寒空のイルミネーション点灯式で“ひねくれ”ギャグ連発の大暴走

    アニメ・コミック

     俳優の大泉洋が26日、映画『グリンチ』ジャパンプレミアの東京ミッドタウン日比谷「プレミア点灯式」に登場。ハイテンションの大泉は、自身が演じたグリンチさながらの“ひねくれ者”っぷりを見せつつ暴走し、共演キャスト陣から一斉にツッコミの集中砲火を受けていた。@@cutter 本作は、映画『ミニオン』シリーズや『ペット』で知られるイルミネーション・エンターテインメントの最新作。クリスマスを盗もうとするひねくれ者のグリンチの姿を描き出す。イベントにはほかに、杏、ロバート秋山竜次、横溝菜帆、宮野真守、及びイメージソングを歌うPerfumeが来場した。  大泉は先日、訪れたニューヨークプレミアの感想を聞かれると「楽しかったかと言われると、現地の仕切りが悪くて…」といきなり現地スタッフへの愚痴を。さらにPerfumeが3人そろっておなじみの自己紹介を披露すると「初めて見た! テンション上がるね」と興奮しつつ「持ちネタがあるっていいですね」と口走り、宮野、秋山らから「“持ちネタ”って言うんじゃないよ!」と突っ込まれる。  また、「グリンチが日比谷のイルミネーションを盗む」という設定で行われるはずの今回の点灯式だが「何を盗むんですか?」と司会者に振られると「みなさんのハートを」となぜかアドリブで寒いギャグを口にし「ダサい!」「段取りわかってます?」など再び周囲から集中砲火を浴びるハメに。  それでも懲りずに、大泉はイルミネーション点灯の流れを共演陣や観客に説明する際「私が『メリー』と言ったら、みなさんは『ジェーン』と…(笑)」となぜか突然、つのだ☆ひろの代表曲「メリー・ジェーン」を歌い始め、会場は失笑に包まれる。  そんなドタバタの末、「メリー“グリンチマス”」という掛け声とともに日比谷の街が、無事にグリンチカラーの緑色に染まったが、それもつかの間、「クリスマスの思い出は?」という基本中の基本の質問に対し、大泉は「時間あったけどひとつも考えてこなかったので…」といきなり回答をパス。  挙句に「大学時代の彼女にクリスマスに会って、サンタの服を着せようとしたら『なんでそんなもん着せたがるの?』って怒られました…」と語り、ここでも会場を微妙な笑いに包んでいた。  映画『グリンチ』は12月14日より全国公開。

  • 映画『グリンチ』本ポスタービジュアル

    『グリンチ』日本語吹替え版本予告&ポスター到着

    アニメ・コミック

     12月に公開されるアニメーション映画『グリンチ』から日本語吹替え版本予告と、ポスタービジュアルが解禁。公開された予告編では、グリンチの悪だくみの全貌が明らかになっている。@@cutter 絵本作家ドクター・スースの名作『グリンチ』を、人気キャラクター「ミニオン」を生み出したイルミネーション・エンターテインメントがアニメ化する本作。劇中では、洞窟の中で暮らし、愛犬マックスの献身的な愛にもぶっきらぼうに対応するひねくれ者のグリンチ(声・大泉洋)が、村中のみんなが楽しみにしている“クリスマス”を盗むという、とんでもない計画を立てる姿を描く。  このたび公開された映像は、大泉や秋山竜次(ロバート)、横溝菜帆らが出演する日本語吹替え版の予告編。予告編の冒頭で、グリンチがクリスマスを憎むようになった経緯が描かれると、見事にサンタクロースに変装したグリンチが自ら開発したハイテクな道具を駆使して、村からクリスマスを大胆かつコミカルに盗んでいくシーンが登場。さらに盗んだクリスマスのプレゼントやツリーを積み込むためにさまざまな仕掛けが施された最新型の超高性能ソリと、それを引っ張るグリンチの愛犬マックスの姿も確認することができる。  また予告編と併せて公開されたポスタービジュアルは、巨大なツリーをはじめとするクリスマスの飾り付けや暖かな灯りで彩られた村を見下ろすグリンチの後ろ姿が描かれている。  映画 『グリンチ』は12月14日より全国公開。

  • 短編映画『ミニオンのミニミニ脱走』

    『ミニオンのミニミニ脱走』、『グリンチ』と同時上映決定! 本編ミニ解禁

    アニメ・コミック

     2010年に『怪盗グルーの月泥棒 3D』で始まり、日本列島に“ミニオン旋風”を巻き起こしてきた「ミニオン」が、新作短編映画『ミニオンのミニミニ脱走』としてスクリーンに帰ってくることが明らかになった。また、新作短編映画の本編映像も特別に解禁となった。@@cutter 大泉洋が日本語吹き替え版で主人公を演じる『グリンチ』とともに上映される本作は、昨年夏に公開された『怪盗グルーのミニオン大脱走』で登場した、囚人服のミニオンたちが刑務所からの脱走を試みる姿を描く物語となるようだ。  特別に本国からの許諾を得て、数秒だけ“ミニ”解禁された本編映像では、せわしく動き回るミニオンたちが、あきれた表情の囚人仲間を気にすることなく、無邪気に奔走する姿が映し出されている。果たして、ミニオンたちは無事に刑務所から脱走することができるのだろうか?  そんな「ミニオン」を生み出し、『ペット』や『SING/シング』も大ヒットさせたイルミネーション・エンターテインメントが手掛ける『グリンチ』は、絵本作家ドクター・スースの名作『グリンチ』のアニメ化作品だ。  劇中では、洞窟の中で暮らし、愛犬マックスの献身的な愛にもぶっきらぼうに対応するひねくれ者のグリンチ(声:大泉洋)が、村中のみんなが大好きな“クリスマス”を盗むという、とんでもない計画を立てる。  短編映画『ミニオンのミニミニ脱走』は、映画『グリンチ』と12月14日より同時上映。

  • 『グリンチ』日本版イメージソングを歌うPerfume

    『グリンチ』、Perfumeが日本版イメージソングに大抜てき

    アニメ・コミック

     ひねくれ者のグリンチが、みんなの楽しみにしている「クリスマス」を盗んでやろうと奮闘するアニメ映画『グリンチ』の日本版イメージソングに、Perfumeの『Tiny Baby』が起用されることが決まった。@@cutter Perfumeは、あ~ちゃん、かしゆか、のっちから成る3人組テクノポップユニット。イメージソングに決まった『Tiny Baby』は、今年8月に発売されたアルバム『Future Pop』に収録されている。  配給の東宝東和は、「本国(米ハリウッド本社)からの『日本版イメージソングに日本を代表するアーティストを提案して欲しい』という意向に応え、世界中で活躍して欧米でもファンが多いPerfumeを提案したところ、本国も絶賛。Perfumeからも快く承諾いただき、『グリンチ』のキュートでポップな世界観と曲のイメージがマッチした『Tiny Baby』をご提供いただけることとなりました」とコメント。  Perfumeの3人は「グリンチの日本版イメージソングに選んでいただけてとても嬉しいです! ありがとうございます!! グリンチの意地悪なんだけどどこかに優しさが見え隠れする憎めない可愛さにキュンキュンしながら、最後に私たちの音楽を楽しんでもらえたらなと思います」とのコメントを寄せている。  本作は、米国の絵本作家ドクター・スースの名作『いじわるグリンチのクリスマス』のアニメ化作品。洞窟の中で暮らすひねくれ者グリンチが、村中のみんなが大好きな“クリスマス”を盗むという、とんでもない企みを実行に移そうと奮闘する姿を描く。アメリカではサンタクロースと並ぶ“クリスマスの代名詞”ともなっている国民的キャラクターを、大ヒット映画『ミニオンズ』を生んだイルミネーション・エンターテインメントが映像化した。日本版の吹き替えでは、グリンチの声を俳優の大泉洋が務める。  映画『グリンチ』は12月14日より全国公開。

  • 映画『グリンチ』吹替え版製作発表会見にて

    大泉洋、周りからひねくれ者“グリンチ”はピッタリと言われ「複雑」

    アニメ・コミック

     俳優の大泉洋が13日、『ミニオン』を生んだイルミネーション・エンターテインメントの最新作『グリンチ』の吹替え版制作発表会見に出席。主人公のグリンチの声を担当した大泉が、同役について複雑な心境を吐露する一幕があった。@@cutter 会見に出席したのは、グリンチ役の大泉をはじめ、杏、ロバートの秋山竜次、横溝菜帆、宮野真守の5名。それぞれキャラクターの服をイメージした衣装で登場すると、大泉は「僕だけ全身グリンチ色の緑で浮かないかなと思いながら、みんなと会ってみたらこんなに寄せている人たちが…」と秋山をチラリ。自身が演じるブリクルバウムと全く同じ柄・色のニットというコーディネートで登場した秋山は「これもうただの実写化ですよね」と語り共演者を笑わせた。  アフレコに挑戦した大泉は「グリンチは結構なひねくれ者のキャラクターなんですが、周りからピッタリの役だといわれて若干複雑な思いがあります(笑)」と心境を告白。さらに「アフレコ収録はもう6日ほど行っているのですが、とんでもなく難しいと感じます」と一言。「本国ですでに吹替えを済ませているカンバーバッチのお芝居に合わせないといけないみたいなのですが、そのこだわりがすごい」と語ると、続けて「グリンチが”シー!シー!”っていいながら、こっそり階段を上っていて、足もとを映しているシーンなんですが…、”シーシーシー!”ってやっていたら“シー!”が一個足りないと言われました!」と収録中のエピソードを披露した。そして「彼は本国の方なので、好き勝手できますけどもね、合わせる僕は必死ですよ!(笑)」とボヤき、集まった記者の笑いを誘った。  また、現在放映中のドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系/毎週火曜22時)に出演し、一躍話題の子役となった横溝は、今回の映画でグリンチと心を通わせるお母さん想いの優しい少女シンディ・ルーの声を担当。横溝は「わたしが大好きなイルミネーション作品に出られてとっても嬉しいです」とコメントした。  映画『グリンチ』は12月14日より全国公開。

  • 『グリンチ』吹き替えキャスト決定!(左から)宮野真守、杏、ロバート・秋山竜次、横溝菜帆

    大泉洋『グリンチ』吹き替えに杏、ロバート秋山、横溝菜帆、宮野真守ら

    アニメ・コミック

     12月に公開されるアニメーション映画『グリンチ』の吹き替えキャストに、女優の杏、ロバートの秋山竜次、横溝菜帆、宮野真守の出演が決定。杏は「家族の温かさ、人と人とのつながりの大事さという、普段思っていることを再確認できるような映画。ぜひこのシーズンにみんなで共有したい作品です」と語っている。@@cutter 絵本作家ドクター・スースの名作『グリンチ』を、人気キャラクター「ミニオン」を生み出したイルミネーション・エンターテインメントがアニメ化する本作。劇中では、洞窟の中で暮らし、愛犬マックスの献身的な愛にもぶっきらぼうに対応するひねくれ者のグリンチ(声・大泉洋)が、村中のみんなが楽しみにしている“クリスマス”を盗むという、とんでもない計画を立てる姿を描く。  本作で杏が演じるのは、グリンチが孤独に暮らす村の住人で、働きながら女の子と双子の赤ちゃんを育てるドナというキャラクター。自身も双子を子育て中のお母さんということで白羽の矢が立った杏は「いろんなテイクの中でほぼ一発OKだったのが、双子がお皿をひっくり返してしまうシーン。『はあ』とため息が一回でOKが出たので、そんなにリアルだったのかと感じました(笑)」と収録の裏話を披露した。  グリンチのことを親友だと思っている陽気な隣人ブリクルバウムを演じるのは、ハリウッド映画の吹替えが初となる秋山。彼は自身の役柄について「とにかく笑うキャラです。セリフの隙間に全部笑い声を挟みました」と語り、「独特すぎるキャラで楽しんで役作りを致しました」と達成感をあらわにした。  また、TBSドラマ『義母と娘のブルース』のみゆき役で一躍注目を集めた横溝は、クリスマスを心待ちにする少女シンディ・ルーを演じ、声優の宮野は本作のナレーションを担当する。  映画 『グリンチ』は12月14日より全国公開。

  • 『グリンチ』で声優を務める大泉洋

    大泉洋が世界一愛される超ひねくれ者に 『グリンチ』日本版予告解禁

    アニメ・コミック

     俳優の大泉洋が、映画『グリンチ』でハリウッド映画の吹替えに初挑戦することが分かり、主人公であるグリンチのひねくれ者ぶりが収められた日本版予告映像が解禁となった。また、本作の日本公開日が12月14日に決定したことも発表された。@@cutter 人気キャラクター「ミニオン」を生み出し、『ペット』や『SING/シング』も大ヒットを記録したイルミネーション・エンターテインメントが手掛ける本作は、絵本作家ドクター・スースの名作『グリンチ』のアニメ化作品。劇中では、洞窟の中で暮らし、愛犬マックスの献身的な愛にもぶっきらぼうに対応するひねくれ者のグリンチが、村中のみんなが大好きな“クリスマス”を盗むという、とんでもない計画を立てる姿を描く。  解禁となった日本版予告映像では、グリンチが孤独ゆえにひねくれ者になってしまったことが明かされているほか、大人になったグリンチが、愛犬とのチェスでズルをしたり、クリスマスを盗む計画を実行に移そうと奮闘する様子が収められている。小さい頃は純粋で可愛かったのに、オトナになったら超いじわるなヤツになってしまったグリンチは、少しぽっちゃり気味。全身緑の身体に、トレードマークである赤いマフラーを巻き、ふてぶてしく歩く姿がどこか愛らしく憎めないキャラクターだ。  大泉は本作への出演について、「今回僕が演じるグリンチは、人の幸せが大嫌いで、いじわるばかりしている“超ひねくれ者”です。そんなグリンチのキャラクターにぴったりということで、オファーを頂いたそうなのですが、“正直でピュアな大泉洋”としましては、『なぜだろう?』と不思議に感じております!」とコメント。「でもこれがまた憎めない部分もある本当にユニークなキャラクターなので楽しんで演じ切りたいと思います!」と意気込みを明かしている。  映画 『グリンチ』は12月14日公開。

  • 『グリンチ』ティザービジュアル(ベイビーグリンチ)

    『グリンチ』特別映像&ティザービジュアルが到着

    アニメ・コミック

     「ミニオン」を生み出したイルミネーション・エンターテインメントの最新作である映画『グリンチ』が、2018年12月に日本公開となることが決定し、特別映像およびティザービジュアルが到着した。特別映像では、ミニオンとグリンチが共演を果たしている。@@cutter 「ミニオン」を生み出し、『ペット』、『SING/シング』も大ヒットを飛ばしたイルミネーションが手掛ける本作は、絵本作家ドクター・スースの名作『グリンチ』のアニメ化作品。劇中では、世界中で愛される超ひねくれもの“グリンチ”が巻き起こす大騒動を描く。  解禁された特別映像では、つぶらな瞳が愛らしい超キュートな幼少期のグリンチ(ベイビーグリンチ)が、「ボクが主人公だよ」と書かれたボードを持って登場。そこへミニオンのボブが乱入して、最新作の告知に協力するどころか邪魔をしてしまう。これに耐えかねたベイビーグリンチは、ボブの口に指を突っ込み、ボードを裏返し「コイツは出ません」と宣言している。  一方のティザービジュアルには、やはりかわいいベイビーグリンチの姿があるものの、「このあと、どんどんひねくれる。」という気になるコピーが添えられている。また、「超ひねくれ者!」の文字とともに、大人になったグリンチの姿も確認できるが、こちらはしかめ面で睨みを利かせており、すっかりひねくれてしまった様子。  洞窟の中で暮らし、愛犬マックスの献身的な愛にもぶっきらぼうに対応するグリンチは、山麓の村人達にいじわるをして楽しんでいる。とにかく不機嫌で孤独なグリンチは、やがて村中のみんなが大好きな“クリスマス”を盗むという、とんでもない計画を立ててしまう。かわいいベイビーグリンチが、ひねくれたオトナグリンチになるまでに、いったい何が起こったのか、気になるところだ。  映画『グリンチ』は、12月全国ロードショー。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access