クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

愛唄 -約束のナクヒト- 関連記事

  • 映画『愛唄‐約束のナクヒト‐』発売記念トークイベントに出席した横浜流星

    横浜流星、『愛唄』で泣き芝居に開眼 「感情を開放できるようになった」

    映画

     俳優の横浜流星が6日、都内で主演映画『愛唄‐約束のナクヒト‐』のブルーレイ&DVD発売記念トークイベントに登場。会場に詰めかけた約200名の女性ファンを前に、本作のエピソードなどを存分に語った。@@cutter 本作は、17年公開の映画『キセキ ‐あの日のソビト‐のスタッフが、人気音楽グループ「GReeeeN」の名曲「愛唄」を題材にした脚本をもとに製作した感動作。GReeeeNの映画プロジェクト第2弾として、脚本をGReeeeNと清水匡が担当し、今年1月25日に劇場公開された。  余命わずかの主人公・野宮透(トオル)を熱演した横浜は、本作に関して「GReeeeNさんの思いが詰まっている作品。その思いを受け止めて、一日一日大切に生きていかないといけないと、より思った。役者人生の中でもスゴく大切な作品になった」と熱弁した。  本作で共演をした4年前に亡くなったと思われていた若き天才詩人・伊藤凪役の清原果耶、元バンドマンの旧友・坂本龍也を演じた飯島寛騎ついて「果耶ちゃんも飯島も人柄が良かった。2人とも素直でピュアで…僕もピュアで(笑)。そのピュア3人が揃って、いい雰囲気ができた」と笑顔で印象を語った。  自身が涙するシーンでは、なかなか泣けなくて「1回目で泣けなかった。大事なシーンだったので気持ちをつくっていったけど、気持ちが追いつかなくて難しかったです。自分の力不足を思い知らされて・・・。反面、果耶ちゃんの集中力と演技力に度肝を抜かれた」と振り返った。  泣き芝居は「得意じゃない。普段泣かないんで、なかなか難しい」と告白。それでも、本作のクランクアップ当日の泣き芝居をきっかけに「涙が流せるようになった。『はじこい』(TBS系ドラマ『初めて恋をした日に読む話』)もそうだし…。少しずつ感情を開放できるようになったのかな。たぶん、それをさせてくれたのが『愛唄』」と話した。  横浜は、今年1月期ドラマ『初めて恋をした日に読む話』でブレイク。『愛唄‐約束のナクヒト‐』に続き、『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』『チア男子!!』と主演映画も公開。現在放送中の『あなたの番です-反撃編-』にも出演中。

  • 『愛唄 -約束のナクヒト-』に出演する清原果耶

    清原果耶、芝居への心構え「日常生活もお仕事も一つ一つを丁寧に」

    映画

     人気音楽グループGReeeeNが脚本を手掛けた、同グループの『愛唄』のもう一つの物語、映画『愛唄 -約束のナクヒト-』が公開となる。突然、人生のタイムリミットを告げられた主人公のトオル(横浜流星)に生きる勇気を与えた“詩”の作者で、運命の少女となるヒロインの凪を、躍進著しい清原果耶が演じて、きらめく一瞬を伝えている。脚本を読みながら何度も泣いたという清原に、作品の魅力や、大切に持ち続けている、ある監督からの“言葉”を聞いた。@@cutter 「どこで泣いたのか、たどったらキリがないくらいです。もちろん凪の詩に感動しましたし、すごくピュアな脚本で、たくさん感動するポイントがありました」と話し始めた清原。演じた凪については「とにかく心が強い女の子です」と明言する。  そして「小さいころからずっと病院暮らしで学校にも行けていない。私なら詩を書いて誰かを励ましたり、誰かに影響を与えるような作品を生み出せるほどの精神力を持てないと思います。子どもらしさもちゃんとありながら、心がすごく強くてまっすぐな、とてもステキな女の子です」と続けた。  トオルと出会った凪は、あるとき、一緒に病院を抜け出し、一度も見たことのなかった朝日を見に行く。このシーンは、本物の朝日を狙って撮影された。 @@insert1  「とても大事な場面です。そこに嘘がないほうが、役者の芝居にも嘘が出ないと感じました。当日は雲がかかったりしてドキドキだったのですが、無事に撮影することができて、流星くんとも良かったねと話したのを覚えています」。  トオル役の横浜、そしてトオルの旧友であり元バンドマンの龍也を演じた飯島寛騎とは、役柄として接していた印象が強いという。  「撮影中に、一人一人スマートフォンを渡されていたんです。それぞれ演じているキャラクターとして日常を写真で切り取ってください、と。その関係もあって、現場にいる間は凪としての目線でトオルや龍也を見ていました。一緒にわいわい遊んでいるときも、役として接していたと思います。私には流星くんも寛騎くんもトオルと龍也にしか見えない。今でも役としてのフィルターをかけていると思います」。@@separator そこまで入り込めた作品。出来上がりについても「客観的には見られない」そうだが、「トオルという青年が、いろんな人と出会って、勇気をもらって、前を向く過程がしっかりと描かれている作品だと思います。あとはトオルと龍也の屋上でのシーンにすごく感動しました。寛騎くんが休憩時間もずっとギターを練習している姿を見ていたので、そこにも注目してほしいです」。  トオルにとって、凪の詩はとても大きな力になった。清原自身に、何か大切にしている言葉はあるのか尋ねると、「『3月のライオン』という映画でお仕事させていただいた大友(啓史)監督から、打ち上げのときにいただいた言葉です」と答えが返ってきた。 @@insert2  「『日々を充実させて生きてください。そうしたら全部芝居につながってきますから』と。正直、当時は『分かりました』としか言えませんでした。でも思い返すたびに、深く響くようになっています」と明かして未来を見つめた。  「自分自身の人生が充実していないと演じるときの引き出しも少なくなる。役者というのは、自分がベースになっている仕事でもあるので、いろんな経験をたくさんしたほうがいいんだなと感じています。ただ、では今の私から何が出てくるんだというのは、自分が聞きたいくらいで、今は目の前のことにいっぱいいっぱい。とにかく、日常生活もお仕事も一つ一つを丁寧にやっていけたらと思っています」。(取材・文:望月ふみ 写真:松林満美)  映画『愛唄 -約束のナクヒト-』は1月25日より全国公開。

  • 新ドラマ『初めて恋をした日に読む話』で深田恭子の相手役を演じる横浜流星

    横浜流星、深キョン相手役にプレッシャーも「ドキドキしてもらえるように」

    エンタメ

     主演作が続き飛躍の年となった昨年、舞台挨拶などのイベントでもひときわ大きな歓声を集めるようになった俳優・横浜流星。今年は1月から連続ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)で主演・深田恭子の相手役、さらに1月25日公開の映画『愛唄 ー約束のナクヒトー』で主演を務める。充実一途の印象を受ける横浜が、2018年に得たこと、そして2019年につなげていきたいことを語った。@@cutter 「縁を感じた1年でした」と2018年を振り返る横浜。それもそのはず、GReeeeNをモデルにした2017年公開の映画『キセキーあの日のソビトー』で出会った製作陣との縁で『愛唄 ー約束のナクヒトー』の主演が決まり、GReeeeNのプロデューサー・JINプロデュースでアーティストデビューも果たした。また、昨年公開の主演映画『兄友』のプロデューサーが、今年3月公開の映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」が ふたつ。』でも横浜を起用したのだ。  「環境に恵まれた」と話すが、横浜が人を惹きつけるのは、魅力的な人間力を持っているからではないだろうか。横浜と共演した人々は、口をそろえて「全力投球」と評する。  「僕は先頭に立ってリーダーシップをとれるタイプではないので、とにかく現場では一生懸命頑張ること。その姿を見て、感じてもらえればいいなと思ってやっていました」と語る。そんな真摯な姿が、一緒に仕事をした人たちを魅了するのだろう。 @@insert1  そして、同じく昨年公開の映画『青の帰り道』では、藤井道人監督と共にドイツで行われた映画祭にも参加。「海外での舞台挨拶をしたのは初めて。目の前でドイツの方々が一生懸命拍手をしてくれているのを見て、ものすごく感動しました。自分たちが携わった作品が、海外の人に観てもらえて、しかも称賛していただけてうれしかったです」。  こうした経験も、横浜の心を動かした。中学時代、極真空手の大会で世界一になった横浜だけに「『流星はアクションがいいから、海外でも活躍できる。絶対英語を覚えていた方がいい』とおっしゃってくれる方がいたので、自分でも意識しています。でも、英語がまだまだなので少しずつでもマスターしたい」と思いを馳せる。海外の映画祭を経験したからこそ、夢は明確な形として横浜の心に宿り、目標として定まった。  そして2019年。数々の話題作を世に送り出してきたTBS火曜22時枠の連続ドラマに、メインキャラクターの由利匡平として出演する。「匡平は、原作ではとても格好いい役。これまで出演した映画の中では、僕は特にキュンキュンさせる役ではなかったので、プレッシャーはあります」と率直に語りつつ、「見ている方にしっかりドキドキしてもらえるよう、見え方も意識して臨んでいます」と意欲を見せる。 @@insert2  ドラマ開始と同時期に主演映画『愛唄 ー約束のナクヒトー』の公開も迎える。前述したように、多くの縁を感じた作品だけに、横浜にとっても非常に思い入れが強い映画となっているようだ。「『愛唄』の撮影を通して、一日一日を後悔しないように生きようと素直に思えました。とにかくたくさんの人に観てもらいたいと思っているので、宣伝をしっかり頑張りたい」と主演として強い意気込みを見せる。  自身を「完璧主義なところがある」と話す横浜は、現状について「まだまだ思い描いているところには到達していない」と分析する。足りない部分を問うと「コミュニケーション能力」と即答。「10代では大人との接し方がわからなかったのですが、最近はお仕事をしていく中で、だいぶコミュニケーションは取れるようになってきました。でもやっぱり『真面目すぎる』と言われるので、そのあたりは課題ですね(笑)」。  真面目過ぎるほど全力投球。それでいながら人を惹きつけるこだわりと不思議な落ち着きもある。ブレイク間違いなしの2019年を、横浜がどう過ごし、何を得て、いかように変化していくのか注目したい。

  • 『愛唄 -約束のナクヒト-』完成披露試写会にて

    横浜流星、“縁”に恵まれた2018年を振り返る「出会いを大切に」

    映画

     GReeeeNの名曲を実写化した映画『愛唄 -約束のナクヒト-』の完成披露試写会が10日、都内で行われ、主演の横浜流星をはじめ、清原果耶、飯島寛騎、成海璃子、財前直見、川村泰祐監督が出席した。@@cutter GReeeeN×映画プロジェクトの第2弾で、2017年に公開された、楽曲「キセキ」誕生の物語を描く『キセキ -あの日のソビト-』のスタッフが再集結して贈る青春ストーリー。残りの人生のタイムリミットを告げられたトオル(横浜)が、限られた時間を全力で生き抜いていく姿を紡ぐ。  横浜は、映画『キセキ~』に続いての出演。冒頭「主演という立場で、GReeeeNさんが伝えたいことを伝えないといけないのはプレッシャーを感じていた。トオルを演じるのは辛かった部分もあるけど、撮影は楽しく過ごすことができました」とあいさつ。「トオルを演じるうえでトーンを落ちすぎないことを意識した。感情移入ができる役なので、言われたことを素直に受け止めて素直に返すよう意識した」と振り返った。  トオルの旧友で元バンドマン・龍也を演じた飯島は、劇中でギターの弾き語りを披露している。これまでギターに触れたことがなく「撮影に入る前の1ヵ月半から2ヵ月の期間でギターを覚えなくてはならず、なおかつ歌もしっかりとできないとだめだった。指が痛くて、そこからコードを覚えて…それをやるのは正直、めちゃくちゃ大変だった」と苦労を吐露。大変だった役作りを経て「龍也を演じることができた。全力でぶつけられたのかな」と充実の表情だった。  まもなく2018年も終わるとあって、年末恒例の「今年を漢字一文字に表すと?」という質問が飛んだ。横浜は“縁”と記したフリップを見せ、「『キセキ』のスタッフさんとまたご一緒できること、違う作品でお世話になった監督も今回一緒。今年はアーティストデビューもさせてもらって、本当たくさんの縁を感じた。その縁に感謝したい」と総括しつつ、「来年もより人との出会いを大切にしていきたい」と抱負を語った。  映画『愛唄 -約束のナクヒト-』は2019年1月25日公開。

  • 映画『愛唄 ‐約束のナクヒト‐』本ポスター

    『愛唄』横浜流星のナレーション×GReeeeNの主題歌が流れる本予告到着

    映画

     俳優の横浜流星主演の映画『愛唄 ‐約束のナクヒト‐』より、横浜が初ナレーションを務め、脚本を担当したGReeeeNの書き下ろしによる主題歌『約束 × No title』が流れる予告映像が公開された。映像には、限りある命の中で真っすぐに恋に突き進む主人公・トオル(横浜)の姿が生き生きと映し出されている。@@cutter 本作は、2017年に公開された『キセキ ‐あの日のソビト‐』のキャストとスタッフが再集結し、GReeeeNの楽曲『愛唄』をモチーフに作り上げた作品。恋する勇気を持てないまま大人になった主人公のトオルが、“友”と“詩”との出会いによって、恋に全力投球していく姿を描く。主人公を演じる横浜のほか、ヒロインに清原果耶を迎え、飯島寛騎、成海璃子らが共演する。  このたび公開となった予告映像は「ねぇ、大好きな君へ」という『愛唄』の歌い出しから始まる。恋も友情も知らないまま自分の人生のタイムリミットを知ったトオルは、ある日、一冊の詩集を書いた少女・伊藤凪(清原果耶)と出会う。「トオル君はしたいことないの?」と問いかける凪の言葉に顔を上げるトオル。“今しか、ない”という力強いメッセージの通り、満開の桜並木の中、凪を自転車の後ろに乗せさっそうと走り抜けたり、手をつなごうと試みたりと、全力で恋に突き進むトオルの姿が描かれる。ラストは「その唄は僕らの運命からあふれ出た」という横浜のナレーションで優しく締めくくられる。  主題歌『約束 × No title』をGReeeeNと共に担当するのは、2017年にLINE社主催のオーディションでグランプリに輝いた青森県の現役高校生バンドNo title。同曲は2019年1月にCDリリース予定。音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」にて、12月上旬に先行配信される。  映画『愛唄 ‐約束のナクヒト‐』は2019年1月25日より全国公開。

  • 映画『愛唄 -約束のナクヒト-』場面写真

    青く澄み切った歌声が響く『愛唄』第2弾特報&場面写真解禁

    映画

     GReeeeNの名曲を映画化するプロジェクトの第2弾で、横浜流星、清原果耶、飯島寛騎が出演する映画『愛唄 -約束のナクヒト-』より、第2弾特報と場面写真が解禁となった。今回の特報では、女性ボーカルの青く澄み切った歌声に載せて、主人公のトオル(横浜)が、ある秘密を持つヒロインの凪(清原)との出会いや元バンドマンの旧友・龍也(飯島)との再会で変わっていく姿が細やかに描かれている。@@cutter 本作は、2017年に公開された『キセキ -あの日のソビト-』のキャストとスタッフが再集結し、GReeeeNの楽曲『愛唄』をモチーフに作り上げた作品。恋する勇気を持てないまま大人になった主人公のトオルが、“友”と“詩”との出会いによって、恋に全力投球していく姿を描く。  このたび公開された特報映像では、トオルが詩集を読む場面を皮切りに、医師から余命わずかであることを告げられ呆然としたり、街頭ビジョンの前で立ち尽くしたりする姿を捉えている。やがて、旧友の龍也との再会や、凪と病院で出会う場面になってからは、トオルが二人とのやりとりで明るく変わっていくさまが生き生きと描かれている。そのほか、凪が数式を前に話す姿、ギターを弾く龍也、友人の比呂乃役を演じる成海璃子が曲を聴いて涙を流す姿も映し出され、最後には凪が飛行機雲を追いかけるかのように、病院の屋上を駆け抜ける姿で締めくくられる。  今回、特報と共に解禁された場面写真は5点。目に涙をためて光に照らされるトオルと凪の姿、スマートフォンを手にしたトオルを説得する龍也の姿、トオルの実家の定食屋で凪の秘密を聞いた龍也が驚いている姿、数式を黒板に書いてトオルに説明する凪の姿、比呂乃へ拾った詩集を返すトオルの姿が収められている。  映画『愛唄 -約束のナクヒト-』は2019年1月25日より全国公開。

  • 映画『愛唄 ー約束のナクヒトー』ティザーポスター

    横浜流星×清原果耶×飯島寛騎の想いが交差する『愛唄』特報解禁

    映画

     横浜流星、清原果耶、飯島寛騎が出演する映画『愛唄 ー約束のナクヒトー』より、特報とティザーポスターが解禁となった。特報には、主人公のトオル(横浜)がヒロインの凪(清原)と織りなす恋模様や、龍也(飯島)の後押しを受けてトオルが恋する喜びを実感していく姿などが収められている。@@cutter 本作は、2017年に公開された『キセキ ーあの日のソビトー』に続く、GReeeeNの名曲を映画化するプロジェクトの第2弾。同グループがブレイクするきっかけとなった楽曲『愛唄』をモチーフに、主人公のトオル、トオルの“運命の少女”となる伊藤凪、トオルの生涯の友で元バンドマンの坂本龍也らが織りなすドラマを描く。  解禁された特報映像は、トオルと凪が満開の桜並木を二人乗り自転車でさっそうと駆け抜け、屈託ない笑顔を見せるシーンからスタート。これに続くのは、トオルが凪を泣き叫びながら抱きかかえる姿。凪に隠された秘密を暗示するシーンとなっている。  場面が変わり、医師からの思わぬ言葉に呆然とするトオル。旧友の龍也は「お前がやり残したこと、一個ずつやってやろうぜ」と励ますも、トオルは「別に俺、そうゆうの一つもないから」と無気力な様子だ。そんなとき、トオルは一冊の詩集と出会う。それは、4年前に亡くなった伊藤凪という少女の作品だという。  うつむくトオルに「生きるって、夢中になるってことだと思う」と声を掛ける少女は、なんともういないはずの凪だった。凪の言葉に生きる意味を教えられたトオルは、龍也の後押しもあり、恋する喜びを実感していく。「トオル君はやりたいことないの?」と尋ねる凪、泣きながらギターを弾く龍也、曲を聴いて涙を流す友人の比呂乃(成海璃子)の姿が映し出され、ラストには再びトオルが泣き叫びながら凪を抱きかかえる様が映し出される。  特報と共に、ティザーポスターも解禁となった。ポスターには、満開の桜並木を笑顔で駆け抜けるトオル、凪、龍也の姿が収められており、『駆けろ、想い「今しか、ない」』というキャッチコピーが添えられている。  映画『愛唄 ー約束のナクヒトー』は2019年1月25日より全国公開。

  • 映画『愛唄 ー約束のナクヒトー』キャストビジュアル

    横浜流星主演『愛唄』、清原果耶がヒロイン役&成海璃子&中山美穂ら出演

    映画

     横浜流星が主演を務める映画『愛唄 ー約束のナクヒトー』に清原果那、成海璃子、中山美穂らの出演が決定。ヒロインを演じる清原は、本作について「皆さんがこれから紡いでいく人生の中で本当に大切したいものは何か。を考えるきっかけになると嬉しいです」と語っている。@@cutter 本作は、2017年に公開された『キセキ ーあの日のソビトー』に続く、GReeeeNの名曲を映画化するプロジェクトの第2弾。今回は、同グループがブレイクするきっかけとなった楽曲『愛唄』をモチーフにした青春物語が展開。監督は『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』の川村泰祐が務め、脚本にはGReeeeNも参加する。音楽は『キセキ ーあの日のソビトー』で日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞したJINが続投する。  主人公・野宮透(横浜)の“運命の少女”となる伊藤凪を演じるのは、現在放送中のNHKドラマ『透明なゆりかご』でドラマ初主演を果たした清原。清原は「『愛唄』の真っ直ぐな歌詞が凪として生きる心を照らし導いてくれた気がします」と話し、続けて「トオルや凪たちの“今を懸命に生きる姿”に私自身とても影響を受けました」と語っている。  成海は透の初恋相手で、元子役の相川比呂乃を演じる。成海は自身の役柄について「小さな頃から女優をやっているという部分で、私自身と境遇は同じではあるけど、全く違うタイプの人間なので演じる上で面白いキャラクターだと思いました」とコメント。さらに「一筋縄ではいかないようなキャラクターを、丁寧に表現しようと思って演じていました」と振り返った。  さらに、比呂乃を見出す大女優・橋野冴子役に中山、透の生涯の友で元バンドマンの坂本龍也役に、『仮面ライダーエグゼイド』の主演で脚光を浴びた飯島寛騎をキャスティング。また透の母・美智子を財前直見、凪の母・佐和を富田靖子が演じるほか、中村ゆり、西銘駿、野間口徹、奥野瑛太も出演する。  映画『愛唄 ー約束のナクヒトー』は2019年1月25日より全国公開。

  • 横浜流星主演、GReeeeNの名曲を映画化『愛唄』製作決定

    横浜流星主演、GReeeeNの名曲を映画化『愛唄』製作決定

    映画

     若手俳優の横浜流星が主演を務め、音楽グループのGReeeeNが脚本を手掛ける映画『愛唄』の製作が発表された。@@cutter 本作は、2017年1月に公開されて大ヒットを記録した『キセキ ーあの日のソビトー』に続く、GReeeeNの名曲を映画化するプロジェクトの第2弾。今回は、同グループがブレイクするきっかけとなった楽曲『愛唄』をモチーフにした作品が製作される。プロデューサーは『キセキ ーあの日のソビトー』の小池賢太郎、監督は『のだめカンタービレ最終楽章 後編』の川村泰祐、脚本はGReeeeNと新進気鋭の清水匡、音楽は『キセキ ーあの日のソビトー』で日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞したJINが続投する。  主演を務める横浜は、『キセキ ーあの日のソビトー』ではGReeeeNメンバーのナビ役を演じ、自他共に認めるGReeeeNの大ファン。横浜は「とてつもなくプレッシャーや責任を感じていますが、それ以上に幸せな気持ちでいっぱいです」と、主演の喜びをコメント。脚本を読んで涙したと明かし、「僕にとって、生きていく上で、とても大切な作品になりますし、みなさんにとっても心温まる、心に残る作品になったら嬉しいです」と想いを語った。  また今回脚本を担当するGReeeeNは、「なぜ我々GReeeeNが脚本にチャレンジする事にしたか。それは皆さんに伝えたいことが『いま』あるからです」と語り、「僕たちにとっての新しい挑戦が、皆さんの何かのキッカケになれたらと願っています」とメッセージを寄せている。  映画『愛唄』は2019年全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access