バンブルビー 関連記事

  • (左から)志尊淳、土屋太鳳

    志尊淳&土屋太鳳、同い年ツーショットに「近くて羨ましい」の声

    エンタメ

     俳優の志尊淳が22日、自身のインスタグラムに女優の土屋太鳳との2ショット写真を投稿。3月22日公開の映画『バンブルビー』の日本語吹替え版で共演する、同い年の二人が笑顔で写真に収まる姿に、ファンからは「かわいいー!」「最高のコラボ」「近すぎる」などさまざまなコメントが寄せられた。@@cutter 投稿された写真は、スタジオのような場所で、二人が身を寄せてカメラに笑顔を向けている2ショット写真。21日に都内で映画『バンブルビー』の公開アフレコ会見が行われており、その際に撮影されたものと思われる。人気若手俳優の2ショットにファンからは「かわいいー!」「いいツーショットですね♪」「最高のコラボ」「美しいお二人」などのコメントや、「2人の声好きなのでたのしみです」「太鳳ちゃんと志尊くんの共演ずっと期待してました!!!」といった映画に期待する声が殺到。  一方で、仲良く写真に収まる二人の顔の距離に「たおちゃんになりたぁぁぁい」「近くて羨ましい」「距離感迷子すぎ〜!笑」と2人の仲の良さをうらやむ反応や、さらにデニムのショートパンツからのぞいている土屋の健康的な美脚を称賛する声も上がっていた。 引用:https://www.instagram.com/jun_shison0305/

  • (左から)映画『バンブルビー』日本語吹替版キャスト公開アフレコ会見イベントに登場した志尊淳、土屋太鳳

    土屋太鳳、吹き替え共演の志尊淳に「やっと会えた」と感激 一緒に誕生日祝う

    映画

     女優の土屋太鳳と俳優の志尊淳が21日、都内で行われた映画『トランスフォーマー』シリーズ最新作『バンブルビー』の公開アフレコ会見イベントに出席。この仕事で志尊と初めて同席した土屋は「やっと会えたなという気持ち。うれしい気持ちでいっぱいです」と声を弾ませると、志尊も「チャーリーの声と、土屋さんの声がリンクしていた。(土屋の)声を聞いて、ものすごく映画の世界に入りやすかった。リードしてくださった」と感謝の思いを語った。@@cutter 1980年代を舞台に、世界的な大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』のはじまりを描く本作。父親を亡くした哀しみから立ち直れない思春期の少女チャーリーが“地球外生命体”バンブルビーと出会い、友情を育んでいく姿を綴る。土屋が、心に傷を抱えたチャーリー役を、志尊がチャーリーに密かに恋心を抱く少年メモを演じた。  日本語吹き替え版キャストとして声の仕事で初共演を果たした2人だが、実際のアフレコは別々の収録だったとのこと。この日、一緒のアフレコに挑んだ土屋は「やっと会えたなという気持ち。うれしい気持ちでいっぱいです」と声を弾ませた。「特撮作品が好き」という土屋だが「ヒーローって、無条件に自分よりも年上だと思ってしまっている。(志尊は)戦隊モノに出られていたので、私より年上だと思っていた。そうしたら同い年で。しかも誕生日は、私よりもあと。ええ! って」と驚きを語ると、志尊は「そうなんです、人生の後輩です」とニッコリ。  この日は、土屋が2月3日生まれ、志尊が3月5日生まれと、それぞれの誕生日が近いことにちなみ、“巨大バンブルビーケーキ”がサプライズで登場する一幕もあり、土屋も志尊もかわいらしく飾られたケーキに「うれしい!」「かわいい!」と大感激していた。  またバンブルビーに惚れ込んだという土屋は、「女性の方は好きだなと思われるはず。弱くて、でも強くて、真面目なんだけど、お茶目。何より大切な人を守ろうとする姿が、すごく好き。危ないときに守ってくれるって、“ああ、ステキ!”って思いました」と告白。恋に不器用な男子を演じた志尊は「僕も、ものすごく不器用でした。気になっている人に話しかけづらかったり、自分の本当の気持ちを伝えられなかったり。メモに共感できた」とそれぞれに恋愛観を明かしていた。  映画『バンブルビー』は3月22日より全国公開。

  • (左から)『バンブルビー』日本語版吹替キャストの志尊淳、土屋太鳳

    土屋太鳳&志尊淳、『バンブルビー』日本語版吹き替えキャスト決定

    映画

     女優の土屋太鳳と俳優の志尊淳が、3月に公開される映画『トランスフォーマー』シリーズ最新作『バンブルビー』の日本語吹き替え版声優を務めることが発表された。@@cutter 本作は、世界的大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』の最新作で、シリーズきっての人気キャラクター・バンブルビーが主人公。バンブルビーがサムと出会う以前の1980年代が舞台となる。  父親を亡くした悲しみから立ち直れない思春期の少女チャーリーは、18歳の誕生日に海沿いの小さな町の廃品置き場で廃車寸前の黄色い車を見つける。自宅に乗って帰ったところ、この車が突如変形≪トランスフォーム≫してしまう。驚くチャーリーを前に、逃げ惑う黄色い生命体。お互いに危害を加えないことを理解した瞬間、似た者同士のふたりは急速に距離を縮める…。  土屋が演じるのは、“地球外生命体”バンブルビーが地球に来て最初に出会い、最高の相棒となる、心に傷を抱えた少女・チャーリー(ヘイリー・スタインフェルド)。吹き替えを担当するのはアニメ映画『フェリシーと夢のトウシューズ』(2017年)以来、ハリウッド実写映画では初挑戦となる。  収録を終えた土屋は、自ら演じたチャーリーについて、「かわいくて、正直に気持ちを出すので、表情や声にも色があって、それを表現するために丁寧に時間をかけてディレクションしていただきました。バンブルビーもすごく可愛くて、愛情がとても湧きました」。バンブルビーについても「かわいいです。本当に愛おしい。女の子からすると、すごく理想的な男性像なんじゃないかなと思います。守ってくれるときは全力で守ってくれて、あとはちょっと可愛らしくて、少年っぽい感じがすごくいいなと思いました」と語る。  一方、志尊が演じるのは、チャーリーにひそかに思いを寄せる心優しい隣人の少年・メモ(ジョージ・レンデボーグJr.)。昔から大好きで全作品を見たという『トランスフォーマー』シリーズの最新作で、念願の吹き替え初挑戦に臨んだ。メモと自身の共通点については「はっちゃけてるときはすごくはっちゃけてるんですけど、女の子との関わり合いとかになるとちょっと不器用さが出てくるとことか、すごく、僕の中学生のときに似てるなと思いました。等身大の青年だったので、可愛らしいなって思う一面がたくさんありました」と話している。  映画『バンブルビー』は3月22日より全国公開。

  • バンブルビー役の声優を務める木村良平

    『バンブルビー』、アニメ版の声優・木村良平が吹き替え版に参戦決定

    映画

     声優の木村良平が、3月22日に公開される『トランスフォーマー』シリーズ最新作『バンブルビー』の吹替え版で、バンブルビー役を務めることが明らかになった。@@cutter 本作は、世界的大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』の最新作で、シリーズきっての人気キャラクター・バンブルビーが主人公。作品の舞台は、バンブルビーがサムと出会う以前の1980年代にさかのぼり、これまで語られることの無かったエピソードが初めて明かされる。  先ごろ解禁された予告編では、“ドジだけど優しい”可愛さ全開のバンブルビーの魅力に注目が集まり、バンブルビーとチャーリーとの間に芽生える友情と、これまでのシリーズとは異なった新しい展開や、米国の映画批評サイト「Rotten Tomatoes」で93%フレッシュというハイスコアを得るなど、“シリーズ最高傑作”の呼び声も高い。  バンブルビーは記憶を失った地球外生命体で、のどを損傷しているため、コミュニケーションは取れるが話すことのできないキャラクター。本作において、彼が声を失った秘密がついに明かされるとされ、その“声”を誰が演じるのか大いに注目が集まっていた。日本語吹替え版については、レジェンド声優・玄田哲章がオプティマス・プライム役への続投を発表してから、熱狂的ファンの間でバンブルビー声優の予想合戦が加熱。そして、この度、2015年から「トランスフォーマーアドベンチャー」シリーズなどで同役を務め、新世代のトランスフォーマーファンに絶大な人気を誇る木村が演じることが決定した。  木村は「これまで数年に渡ってバンブルビーを演じる機会がありましたが、キャラクターと一つの作品を越えて縁ができると、役という以上に、不思議な親近感を感じてくるものですね。彼の新たな作品に参加できてとても嬉しかったです」と喜びを語っている。  映画『バンブルビー』は3月22日より全国公開。

  • 映画『バンブルビー』 謹賀新年

    謹賀新年! 『バンブルビー』物語の始まりを告げる特別映像到着

    映画

     映画『トランスフォーマー』シリーズの最新作『バンブルビー』より、バンブルビーの名前の秘密が明かされる、チャーリーとバンブルビーの出会いを捉えた本編映像と、バンブルビーがお正月を祝うかわいすぎる謹賀新年特別映像が公開された。@@cutter 本作は、シリーズ一作目となる『トランスフォーマー』(2007)でバンブルビーがサムと出会う以前の1980年代を舞台に、傷ついたバンブルビーと、自分の居場所を見つけられない少女チャーリーの心の交流を描く。映画『スウィート17 モンスター』で等身大のティーンを演じ、同世代の圧倒的な支持を集めるヘイリー・スタインフェルドがチャーリー役を担当。第89回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされた『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』のトラヴィス・ナイトが本作で実写映画監督デビューを果たす。  本編映像では、バンブルビーとチャーリーが初めて出会うシーンにフォーカス。薄暗いガレージ内で、黄色いビートルから突然変形した巨大な生命体に緊張をのぞかせつつ、笑顔で自己紹介するチャーリー。名前を尋ねられ、うなだれる相手が発した機械音を聞くや、チャーリーは「かわいい蜂(バンブルビー)みたいな音。これからそう呼ぶ」と宣言し、「バンブルビー」と名付けることに。  トラヴィス監督はこのシーンについて、「最も心配だったシーンで、最も入念に準備したシーンでもあり、最も誇りに思っているシーン。ヘイリーがこのシーンで見せた美しく信ぴょう性のある演技をカメラで捉えられた時点で、美しくてマジカルな作品になる、この映画には何か特別なものがあると確信しました」と力強いコメントを寄せている。  また、“平成最後の元日”に併せて届いた特別映像では、美しい和楽器の音色が響く中、バンブルビーが富士山と初日の出の映像をバックに、「謹賀新年」と書かれた紙を手にして登場。金の紙吹雪も舞い、おめでたくもかわいい新年のあいさつとなった。  映画『バンブルビー』は3月22日より全国公開。

  • 『バンブルビー』日本版ポスタービジュアル

    『バンブルビー』海外から使用希望殺到の日本版ポスター&新予告公開

    映画

     映画『トランスフォーマー』シリーズの最新作『バンブルビー』より、日本版のポスターと新予告が解禁された。ポスターには「何があっても あなたを守る。」のコピーとともに、迫り来る危機に身構えるかのようなチャーリーと、大きな体を投げ出して彼女を守り抜こうとするバンブルビーの姿が描かれている。@@cutter 映画『トランスフォーマー』シリーズ最新作となる本作は、1980年代を舞台に、傷ついたバンブルビーと、自分の居場所を見つけられない少女チャーリーの心の交流を描く。チャーリーを演じるのは映画『スウィート17 モンスター』で等身大のティーンを演じ、同世代の圧倒的な支持を集めるヘイリー・スタインフェルド。監督は、第89回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされた『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』で知られるトラヴィス・ナイトで、本作が実写映画監督デビューとなる。  1987年、海辺の田舎町。父親を亡くした悲しみから立ち直れないチャーリーは、18歳の誕生日に廃品置き場で廃車寸前の黄色い車を見つける。自宅に乗って帰ったところ、車が突如、変形(トランスフォーム)してしまう。驚くチャーリーを前に、逃げ惑う黄色の生命体。チャーリーは何かにおびえる黄色い生命体に「バンブルビー(黄色い蜂)」と名付け、かくまうことを決める。  ナイト監督は2つのキャラクターについて、「少女の複雑な心情を、時にはコミカルに、時には感情的に捉えようと思っていた。一方、バンブルビーは今作で男性的な部分を描き、主人公の少女チャーリーとバンブルビーで、1枚のコインの裏表の役割を果たしているんだ」と語る。ポスターにも、そうした”最高の相棒”としての2人の関係性が鮮やかに写し出されており、当初は日本オリジナルで制作されたものの、海外からも使用希望が殺到。ヘイリーもインスタグラムに「あなたの街で、このバンブルビーのポスターを見つけたら私をタグ付けして投稿してね!」と投稿するほど気に入っている様子だ。  併せて公開された新予告では、数奇な出会いから2人が心を通わせていく様子や、決死の覚悟でチャーリーを守り抜くバンブルビーの姿が描かれ、チャーリーがバンブルビーを抱きしめ「ずっと一緒にいる」とつぶやく場面など、強い絆で結ばれた2人の物語への期待が膨らむ仕上がりとなっている。  映画『バンブルビー』は2019年3月22日より全国公開。

  • バンブルビーの声に抜擢されたディラン・オブライエン

    『トランスフォーマー』新作、主役バンブルビーの声はディラン・オブライエン

    映画

     マイケル・ベイ監督の人気SFアクション『トランスフォーマー』シリーズ。初めてのスピンオフで日本では来年3月22日公開予定の『バンブルビー』に、映画『メイズ・ランナー』シリーズの俳優ディラン・オブライエンがバンブルビー役で声の出演を果たすことが判明した。@@cutter バンブルビーは本家シリーズの中では言葉が話せず、これまでは車のラジオを操って人間とコミュニケーションを取っていたが、前日譚となるスピンオフ『バンブルビー』では言葉を話すという。プロデューサーのロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ氏が、IGNとのインタビューで明かしたという。  同作はバンブルビーのオリジンストーリーになるゆえ、「彼の声を聞けるのが妥当だと感じた」とコメント。「採用したのはシンプルなロジックで、長期的には異なってくる。短期的なことで言えば、基本的にはバンブルビーが何者なのかというミソロジーをリセットしているので、彼がどんな声をしているのか、聞けるのは理にかなっている」と説明している。  ディランの声で話すバンブルビーの姿を一部の限られた人々に試写で見せたとのことだが、バンブルビーにふさわしい声と好評だったという。  『バンブルビー』は1980年代を地球を舞台に、古びた1967年式ビートル(フォルクスワーゲン)に変形していたバンブルビーがジャンクヤードでチャーリーという少女に出会い、親交を深めながら地球の危機を救うために立ち上がるというストーリー。チャーリー役は、映画『スウィート17モンスター』の女優ヘイリー・スタインフェルドが演じる。監督はアニメ『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』のトラヴィス・ナイトが務める。

  • 映画『バンブルビー』場面写真

    『バンブルビー』少女との出会い、変形シーン描く日本版予告&場面写真

    映画

     映画『トランスフォーマー』シリーズの最新作『バンブルビー』より、日本版予告と場面写真が解禁された。予告には少女チャーリーと地球外生命体バンブルビーの出会いと友情、そして迫力満点のトランスフォームシーンなどが映し出されている。@@cutter 本作は、過去5作の世界累計興行収入が43億7700万ドル(約5000億円)を突破した『トランスフォーマー』シリーズ初のスピンオフ作品。シリーズ1作目の『トランスフォーマー』でバンブルビーがサムと出会う以前の1980年代を舞台に、傷ついたバンブルビーと、自分の居場所を見つけられない少女チャーリーの心の交流を描く。  解禁となった予告は、思春期の少女チャーリー(ヘイリー・スタインフェルド)が廃車置き場で偶然にポンコツの黄色いフォルクスワーゲン・ビートルを見つける場面から始まる。彼女がただで手に入れたこの車は、車庫の中で突然、“バンブルビー”にトランスフォーム(変形)する。本当の姿は2人以外には内緒。秘密を共有する2人には、次第に家族のような友情が芽生え始める。  シリーズ屈指の人気キャラであるバンブルビーの「ドジだけど優しい」というまるで子どものようなかわいさ全開の魅力に加え、シリーズの真骨頂“トランスフォームシーン”や、バンブルビーを追って地球に現れた悪のトランスフォーマー、ディセプティコンとの躍動感あふれる戦闘シーンも描かれている。    併せて到着した場面写真では、バンブルビーがチャーリーと握手する場面など2人の絆の強さを感じさせるショットや、トンネル内をパトカーを踏みつぶしながら疾走する場面が収められているほか、初めて目にする犬に興味津々な様子だったり、部屋でソファーに窮屈そうに座り込んだりと、おちゃめでかわいいバンブルビーの一面も垣間見ることができる。  映画『バンブルビー』は2019年3月22日より全国公開。

  • 『バンブルビー』 “バンブルピー”特別映像より

    『トランスフォーマー』最新作『バンブルビー』がキューピーとコラボ

    映画

     映画『トランスフォーマー』シリーズの最新作『バンブルビー』より、キューピーとコラボした特別映像が到着。映像にはキューピーに興味津々なバンブルビーの姿が描かれている。@@cutter 本作は、過去5作の世界累計興行収入が43億7700万ドル(約5000億円)を突破した『トランスフォーマー』シリーズ初のスピンオフ作品。シリーズ1作目の『トランスフォーマー』で、バンブルビーがサムと出会う以前の1980年代を舞台に、傷ついたバンブルビーと、自分の居場所を見つけられない少女チャーリー(ヘイリー・スタインフェルド)の心の交流を描く。  このたび公開されたのは、本作の前売り特典として付く、バンブルビーとキューピーがコラボした“バンプルピー”キーホルダーの告知映像。金属生命体のゴツゴツとしたフォルムが特徴のトランスフォーマーと、くりくりとした目つきのキューピッドをモチーフとした愛らしいキューピー人形が融合した“バンプルピー”キーホルダー。映像の中では、キーホルダーに興味津々なバンブルビーのキュートな姿を確認することができる。  前売り特典“バンプルピー”キーホルダーが付いた本作のムビチケカードは11月23日より全国の上映予定劇場で販売される。価格は一般券1400円(税込)。  映画『バンブルビー』は、2019年3月22日公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access