長いお別れ 関連記事

  • (左から)『長いお別れ』キャスト舞台挨拶付きプレミア試写会に登場した竹内結子、蒼井優

    蒼井優、“家族のルール”を明かすも「あれ?なんか変な空気」と照れ笑い

    映画

     女優の蒼井優、竹内結子、松原智恵子、北村有起哉、中野量太監督が15日、都内で開催された映画『長いお別れ』プレミア試写会に出席。蒼井や竹内は本作への思い、そして家族の中のルールについて語った。なお、この日は山崎努も出席予定だったが、体調不良により欠席となった。@@cutter 直木賞作家・中島京子の同名小説を映画化した本作は、『湯を沸かすほどの熱い愛』で知られる中野監督がメガホンを取った新たな愛の感動作。認知症を患った元中学校校長の東昇平(山崎)、献身的な妻・曜子(松原)、そして人生の岐路に立たされている2人の娘・芙美(蒼井)と麻里(竹内)の姿と共に、ゆっくり記憶を失っていく父との、お別れまでの7年間を描く。  竹内は「山崎さんのお父さんがいて、松原さんのお母さんがいて、蒼井優ちゃんがいて、北村さんの旦那様がいて。この作品の中で、そうやって同じ場所に立てるということが、嬉しいので、この作品に出演できたこと自体が幸せです。この作品を観て、家族って温かいなって、そういう時間を過ごしてもらえたら有難いなと思います」と心境を告白。  一方の蒼井は「出来上がった作品が、編集のお力もあって、もう一個上に上がった状態で、皆様にお届けできるっていうのが、映画作りって本当にたくさんの方が携わってできるんだなということを、改めて感じました」としみじみ。会場を見渡し「ここにいらっしゃる数だけ、家族観があると思うんです。そういうお話をするきっかけに、この作品がなったらいいなと思いますし、できれば家族というものに対して、ポジティブな感情を皆さんが受け取ってくださったら嬉しいです」と笑顔を見せた。  当日は、それぞれが家族のルールを発表する一幕も。蒼井は「うちの家族、やたらハグをするんです」と言い「ついこないだも、父親に会ったときに、『おお』って。普通にハグして。バイバイの時もハグして別れましたけど」と振り返るも、「あれ?なんか変な空気」と照れ笑いを浮かべた蒼井だが「父と母がいつも手を繋いで歩いている」と家族仲の良さを明かした。  これを受けて「素敵じゃないですか」と白い歯を見せた竹内は「竹内家は小さい頃から、どんな食事でも、お味噌汁が付いていました。カレーの日でも、シチューの日でもお味噌汁」と答えていた。  映画『長いお別れ』は5月31日より全国公開。

  • 映画『長いお別れ』より

    “問題はここから始まる”『長いお別れ』父の誕生日を祝う食卓シーン本編公開

    映画

     女優の蒼井優、竹内結子、松原智恵子、俳優の山崎努が家族を演じる中野量太監督の最新作『長いお別れ』より、本編映像が解禁。美味しそうな手料理が並ぶ食卓で、父・昇平の誕生日を祝う場面が収められている。@@cutter 本作は、直木賞作家・中島京子の同名小説を、日本アカデミー賞ほか国内映画賞34部門を受賞した『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野監督が、自身のオリジナル脚本により実写化。認知症を患った元中学校校長の東昇平(山崎)、献身的な妻の曜子(松原)、人生の岐路に立たされている2人の娘・芙美(蒼井)と麻里(竹内)の物語が描かれる。  今回解禁された本編映像は、父・昇平の70歳を祝う誕生日会のシーン。食卓には、カフェを開く夢を持つ次女・芙美が作った手料理が並び、母の曜子が久しぶりに実家にそろった娘2人の近況を聞き出す和やかなやりとりが流れる。  しかし、娘2人の視線は父の姿に釘付け。読書好きで厳格だった父がなぜか、ポテトサラダのアクセントとして入れていたレーズンをひたすら抜き出したり、芙美と麻里を間違えたり、自分の誕生日であるのを忘れてしまったりと、奇妙な行動を取り続ける。この日を堺に、昇平の記憶は少しずつ失われていく。  どこの家庭にもある平凡な食卓風景から物語をはじめることについて、中野監督は「問題はここから始まるぞ」というズレみたいなものを上手く演出したかったんです」と明かす。続けて「食べるという行為は、人が“生きる”行為ですよね。あと、“食卓を囲む”ということを、僕はこれまでの作品でもやってきたんです。誕生日に家族が昇平を囲みますよね、あれが基本なんですけれど、その基本が崩れるところから物語は始まるんです」ともコメント。映画の中で丁寧に“食”を描くという、中野監督作品の特徴のひとつがよく表れているシーンとなっている。  原作では三女がフードコーディネーターという設定だが、映画では芙美がカフェを開く夢を追いかけながら、フードトラックで移動販売をしているという設定に変更されている。撮影現場には、実際にフードコーディネーターの小森真梨子が立ち会い、家庭で作られる料理に対しても「美味しく見せたい」と細やかな演出が施されている。専門は卵料理の研究という経歴を持つ小森が作り出した、劇中前半に登場するアイテム“出し巻き玉子”にも注目だ。  映画『長いお別れ』は5月31日より全国公開。

  • 映画『長いお別れ』メイキングカット

    『長いお別れ』メイキング写真公開 “東家”のこだわりも明らかに

    映画

     女優の蒼井優、竹内結子、松原智恵子、俳優の山崎努が出演する中野量太監督の最新作『長いお別れ』より、撮影風景や、キャストたちが監督と和やかに談笑する様子を収めたメイキング写真が解禁された。@@cutter 本作は、直木賞作家・中島京子の同名小説を、日本アカデミー賞ほか国内映画賞34部門を受賞した『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野監督が、自身のオリジナル脚本により実写化。認知症を患った元中学校校長の東昇平(山崎)、献身的な妻の曜子(松原)、人生の岐路に立たされている2人の娘・芙美(蒼井)と麻里(竹内)の物語が描かれる。  父の70歳の誕生日。久しぶりに帰省した娘たちに母から告げられたのは、厳格な父が認知症になったという事実だった。それぞれの人生の岐路に立たされている姉妹は、思いもよらない出来事の連続に驚きながらも、変わらない父の愛情に気付き、前に進んでいく。ゆっくり記憶を失っていく父との7年間の末に、家族が選んだ新しい未来とは…。  映画化のオファーをもらう前から原作を読んでいたという山崎は「これが映画化されるとしたら、昇平役は自分のところにオファーが来るのではないか」との不思議な予感を感じていたという。  解禁された写真は、中野監督と山崎が台本を見ながら真剣な表情で打ち合わせをしている様子や、蒼井、竹内、松原の女優陣3人と監督がスマートフォンの画面を見ながら和やかに談笑しているもの、施設の食堂で昇平と娘・芙美が対話している場面の撮影風景など、メイキング画像5点と、誰もいない東家のダイニングキッチンを写し出した写真の計6点。  過去の中野監督作品では、『チチを撮りに』や『湯を沸かすほどの熱い愛』、短編『琥珀色のキラキラ』でも、“家”がもうひとつの主人公といえる重要な役割を担ってきた。今回、東家の撮影場所に選ばれたのは千葉県郊外にある一軒家。つい最近まで実際に人が住んでいた家屋で「まだ人の気配がある」という点が、美術による作り込みだけでは生まれない“生きた家”の空気感を感じさせている。「居間からキッチンが見える」という間取りも、中野監督の過去作から散見される共通点だが、「母親のいる場所」=「キッチン」だとすれば、そこから「家族のいる場所」=「居間」が見えるという位置関係は、本作においても欠かせない要素だったという。  映画『長いお別れ』は5月31日より全国公開。

  • 『長いお別れ』メインカット

    『長いお別れ』予告解禁 追加キャストに中村倫也&北村有起哉ら

    映画

     女優の蒼井優、竹内結子、松原智恵子、俳優の山崎努が出演する、映画『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督の最新作『長いお別れ』より、予告編が解禁。併せて、中村倫也、北村有起哉らの出演も発表された。@@cutter 本作は、直木賞作家・中島京子の同名小説を映画化。認知症を患った元・中学校校長の東昇平(山崎)、献身的な妻の曜子(松原)、人生の岐路に立たされている二人の娘・芙美(蒼井)と麻里(竹内)の物語が描かれる。  父の70歳の誕生日に、久しぶりに帰省した娘たちに母は、厳格な父が認知症になったと告げる。姉妹は、思いもよらない出来事の連続に驚きながらも、変わらない父の愛情に気付き前に進んでいく。ゆっくり記憶を失っていく父との7年間の末に、家族が選んだ新しい未来とは…。  今回発表された追加キャストとして、芙美の彼氏・道彦を中村倫也、麻里の夫・新(しん)を北村有起哉が演じる。成長した麻里の息子・崇役はオーディションで抜擢された杉田雷麟。さらに、松澤匠、清水くるみ、倉野章子、不破万作、おかやまはじめ、池谷のぶえ、藤原季節、小市慢太郎らが脇を固める。  予告編は、昇平が前に座る娘たちに対して「あんた誰だ?」と聞いてしまう場面からスタート。「(認知症は)縮んじゃうんですって。脳みそが」と娘たちに語る曜子。亡くなった同級生の葬式に参列して「ナニ、中村死んじゃったのか!」と叫んで周囲を呆然とさせたり、自宅にいるのに「そろそろ帰るとするかな」と言い出したりする昇平。そんな父に振り回されて困惑する家族の姿が描かれる。  その後「この頃ね、いろんな事が遠いんだよ」と昇平が語るシーンから、家族それぞれが父と向き合うことで、自分自身の人生とも向き合っていく場面が展開。「お父さん、つながらないって、切ないんだよ」と泣きながら語る芙美。昇平から「僕の両親に正式に紹介したい」と言われ、戸惑いながらも手を握り合う曜子。「お父さんと、お母さんみたいになりたかった」と涙ながらに語る麻里。次いで、さまざまな登場人物たち、家族が遊園地で楽しそうに過ごす姿が映し出された後、「東京オリンピック、また一緒に見られたらいいですね」と曜子から言われて、昇平が「はいっ!」と元気よく答える場面で映像は幕を閉じる。  また、予告編の中盤から流れている本作の主題歌は、シンガーソングライターの優河が本作のために書き下ろした楽曲『めぐる』。穏やかでありながらも力強く、深い余韻を残す楽曲となっている。  映画『長いお別れ』は5月31日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access