クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ムーラン 関連記事

  • 映画『2分の1の魔法』ポスタービジュアル

    ディズニー、『2分の1の魔法』『ムーラン』の公開延期を発表

    映画

     ウォルト・ディズニー・ジャパンは、3月13日より公開予定だった映画『2分の1の魔法』と、4月17日より公開予定だった映画『ムーラン』の2作品について、新型コロナウイルス対策のため公開を延期すると発表した。@@cutter 同社は、「新型コロナウイルスの感染状況ならびに予防対策のため、来場されるお客様およびご家族の安全と健康を第一に考え、公開を延期することにいたしましたのでお知らせします」と発表。  変更後の公開予定日は、『ムーラン』が5月22日、『2分の1の魔法』については近日としており、日程が決まり次第発表する。前売り券は延期後もそのまま使用できる。  新型コロナウイルスをめぐっては、東宝も3月6日公開予定だった『映画ドラえもん のび太の新恐竜』の公開を延期。また、2月28日より公開予定だった『映画しまじろう しまじろうとそらとぶふね』も公開が延期された。

  • 『ムーラン』実写版の主演に決まったリウ・イーフェイ(※写真は2008年頃)

    『ムーラン』実写映画化、主演が中国出身のリウ・イーフェイに決定

    映画

     米ディズニーが進めている1998年のディズニーアニメ『ムーラン』の実写映画化。制作が伝えられるとともに、アジア人女優のキャスティングを求める署名運動が巻き起こっていたが、主人公のムーランを演じる女優が、中国出身のリウ・イーフェイに決まったと、VarietyやThe Hollywood Reporterなどの海外メディアが伝えた。@@cutter 映画『ザ・レジェント』や『第3の愛』などに出演するイーフェイは現在30歳。主演女優をキャスティングするにあたり、製作側は若い中国系の女優にすると決めていたという。武術を体得し、英語が話せてスター性を兼ね揃えた女優として、1000人近い候補者の中からリウに白羽の矢が立ったとのことだ。  中国の漢詩集『木蘭辞』をベースに、年老いた父親に代わり、男子に扮して兵士になる女性ムーランの活躍を描く本作。映画『クジラの島の少女』や、12月15日に日本公開される映画『ユダヤ人を救った動物園 ~アントニーナが愛した命~』の女性監督ニキ・カーロがメガホンを取る。脚本は映画『ジュラシック・ワールド』のリック・ジャッファやアマンダ・シルヴァーらが執筆する。  当初、2018年11月2日に全米公開が予定されていたが、現在は2019年公開を目指しているとのこと。他のキャストは不明。主演女優が決まったことで、急ピッチで制作が進むことが予想される。

  • 『ムーラン』実写版は『クジラの島の少女』ニキ・カーロ監督がメガホン

    『ムーラン』実写映画化、『クジラの島の少女』監督がメガホンか

    映画

     2002年の話題のニュージーランド映画『クジラの島の少女』を監督したニキ・カーロが、米ディズニーの進める1998年のアニメ『ムーラン』の実写版でメガホンを取ることが決まったという。The Hollywood Reporterが伝えた。@@cutter 女性の進出が目覚ましいハリウッドでも男女格差が度々取り沙汰されており、監督業においても例外ではないとされる中、米ディズニーが製作費1億ドル(約114億円)以上の大作で女性監督を起用するのは2018年4月に全米公開が予定されている『A Wrinkle in Time(原題)』のエヴァ・デュヴァネイ監督以来、2度目だという。  『ムーラン』実写版の監督には、8月に日本公開予定の映画『ワンダーウーマン』のパティ・ジェンキンス、海外ドラマ『ウォーキング・デッド』のミシェル・マクラーレンといった他の女性監督以外にも、映画『ブロークバック・マウンテン』(05)のアン・リーや映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(16)のチアン・ウェンなどアジア系監督の名前が挙がっていた。  年老いた父親に代わり、男子に扮して兵士になる中国の女性ムーランの活躍を描く『ムーラン』。映画『ジュラシック・ワールド』(15)のリック・ジャッファやアマンダ・シルヴァーなどが脚本を執筆し、2018年11月2日に世界公開が予定されているとのことだが、ムーランを演じる女優を含むキャスティングについて、詳細は伝えられていない。

  • 『ムーラン』実写版は2018年11月に全米公開(※アニメ『ムーラン』より)

    『ムーラン』実写版、2018年11月に全米公開へ

    映画

     制作が伝えられる共に、アジア人女優のキャスティングを求める署名運動が巻き起こり話題になったディズニーアニメ映画『ムーラン』の実写版。米ディズニーが急ピッチで制作を進める模様だ。『ムーラン』実写版の全米公開予定日が2018年11月2日(現地時間)に決まったという。The WrapやDeadlineなどが伝えた。@@cutter 年老いた父親に代わり、男子に扮して兵士になる中国の女性ムーランの活躍を描く『ムーラン』実写版。2015年の大ヒット映画『ジュラシック・ワールド』のリック・ジャッファと、アマンダ・シルヴァーのコンビが脚本を執筆する。映画『ミュータント・タートルズ』(15)のジェイソン・T・リードや映画『ハングオーバー』シリーズのクリス・ベンダーらが製作に名を連ねるが、監督やキャストなどは発表されていない。  ディズニーは人気アニメ・キャラクター達の実写映画化に力を入れており、これまで女優アンジェリーナ・ジョリー主演『マレフィセント』(14)や女優リリー・ジェームズ主演『シンデレラ』などがヒットしている。映画『ハリー・ポッター』シリーズの女優エマ・ワトソンがベルを演じる『美女と野獣』や、続編の制作が決まっている『ジャングル・ブック』(16)の実写版などに対する期待値も高く、『ムーラン』実写版においても興行的成功が見込まれている。

  • アジア人女優のキャスティングを求める署名嘆願運動が起きた、ディズニーアニメ『ムーラン』の実写映画化(※アニメ『ムーラン』(98)のビジュアル)

    『ムーラン』実写映画化、アジアン人女優のキャスティングを求める署名運動が達成間近

    映画

     米ディズニーが、年老いた父親に代わり、男子に扮して兵士になる中国の女性ムーランを描いた1998年のアニメ『ムーラン』を実写映画化することが2015年に伝えられたが、キャラクターが非白人であっても白人キャストを起用する傾向にあるハリウッドを警戒して、実写版『ムーラン』でアジア人女優のキャスティングを求める9万5000人の署名嘆願運動が続いている。@@cutter 日本のアニメ『攻殻機動隊』のハリウッド実写版では草薙素子役にスカーレット・ヨハンソン、ピータパンの実写映画『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』ではアメリカ先住民のタイガー・リリー役にルーニー・マーラがキャスティングされるなどして、批判されたハリウッド。こうした傾向を受けて、ナタリー・モルナー(Natalie Molnar)という女性は“Whitewashing”という表現を使い、白人の男優・女優を有色人種のキャラクター役で起用することに警笛を鳴らした。  この女性はオンライン署名運動サイト「Care2Petitions」で、ウォルト・ディズニー・スタジオズに対し、ムーラン役にアジア人女優を起用するよう要請している。目標の署名数9万5000人を掲げているが、9月16日現在、9万4000人以上の署名が集まり、目標達成まであと一歩というところだ。  ディズニーが手掛けた実写映画では、2016年の『ジャングル・ブック』でインド系アメリカ人の子役ニール・セティがオーディションで選ばれた。南太平洋の島を舞台にした新アニメ『モアナと伝説の海』では、主人公のプリンセス役にハワイのネイティブである14歳の少女が、サモア系と黒人系のドウェイン・ジョンソンと共に声の出演を果たす。  『ムーラン』実写版ではキャスティングが発表されていないが、誰がムーランを演じることになるのか。キャスティングを楽しみに待ちたい。

  • ディズニーが『ムーラン』を実写映画化(※アニメ『ムーラン』(98)のビジュアル)

    『ムーラン』、米ディズニーが実写映画化企画を進行

    映画

     映画『マレフィセント』(14)や『イントゥ・ザ・ウッズ』(15)、『シンデレラ』(4月25日日本公開)など、アニメでもお馴染みのキャラクターを主人公にした実写映画化を盛んに進めてきた米ディズニーが、中国の漢詩「木蘭辞」をベースにした1998年ディズニー・アニメ『ムーラン』の実写映画化に着手したという。@@cutter The Hollywood Reporterによると、映画『なんちゃって家族』(14)のクリス・ベンダーとJ・C・スピンクが製作を務めるとのこと。ディズニーは、エリザベス・マーティン(Elizabeth Martin)とローレン・ハイネック(Lauren Hynek)の脚本家チームが書き上げた脚本を買い上げたという。  アニメ『ムーラン』は、フン族の攻め入りから国を守るため、名家ファ家の一人娘ムーランが年老いた父に代わり、髪を切り男装して従軍する雄姿を描く。アニメ版は約3億430万ドル(約365億円)の世界興行収入となるヒットとなり、2004年にはOVAの続編『ムーラン2』が製作された。  実写版については、アニメ同様にファ・ムーランを中心にしたストーリー展開になることが予想されるが、製作の初期段階とのことであらすじやキャストなどの詳細は不明。  ディズニーは本作以外に、ビル・コンドンが監督、エマ・ワトソンがベルを演じる『美女と野獣』の実写化を決定。また、ティム・バートン監督の2010年作品『アリス・イン・ワンダーランド』の続編で、ジェームズ・ボビン監督がメガホンを握る『Alice in Wonderland:Through the Looking Glass(原題)』、ティム・バートンが監督する『ダンボ』、スカーレット・ヨハンソンやイドリス・エルバなど豪華俳優陣がボイスキャストを務める『ジャングル・ブック』の実写映画化を進めている。

  • ディズニーアニメーションのヒロインたち<フォト特集>

    ディズニーアニメーションのヒロインたち<フォト特集>

    アニメ・コミック

    『アナと雪の女王』が世界中で大ヒットとなっているディズニーアニメーション映画。エルサとアナのWヒロインということも話題となっている本作。しかし、ディズニー映画には、この2人以外にも魅力的なヒロインがいっぱい!ということで今回はディズニーヒロイン達(ディズニー/ピクサー作品含む)をフォト特集としてご紹介します。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access