クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

いのちスケッチ 関連記事

  • 『いのちスケッチ』公開記念舞台挨拶に登壇した佐藤寛太

    佐藤寛太、舞台挨拶で圧巻の2分間マシンガントーク!

    映画

     劇団EXILEの佐藤寛太が16日、都内で行われた映画『いのちスケッチ』の公開記念舞台挨拶に藤本泉、瀬木直貴監督と共に登壇。映画をアピールし、最後の挨拶では約2分にわたって噛まずにマシンガントークを展開して会場を盛り上げた。@@cutter 本作は、福岡県大牟田市に実在する動物園を舞台とするオリジナル脚本のヒューマンドラマ。漫画家になる夢を諦めて帰郷した青年・田中亮太(佐藤)が、動物園の飼育員の仕事を通して人々と向き合い、成長するさまを描く。  佐藤は、本作が先行公開された福岡での反応について「大きかった。いろんな年齢層の方が見てくださった。僕はそういう作品に出たことがなかったので新鮮だった」と話しつつ、客席からクシャミが飛ぶと「大丈夫ですか?」と気遣う場面も見せた。  「僕自身は、自分のことを口下手で不器用な男だと思っていて…」と始めると、ヒロインの獣医師・石井彩役の藤本が「めちゃくちゃしゃべりますよ…!」とツッコミ。監督からも、これまでの舞台挨拶では佐藤が8割しゃべっていたと指摘されて、佐藤は「気がついたら口が止まらなくなっているみたいです」と言った。  佐藤は、寡黙な青年を演じたことに関して「主役なのに、セリフがないのかというくらいしゃべっていない」と言い、表情の演技に注目してほしいとアピールしながらも「(撮影中は)我慢していました。しゃべりたかったですけど」とこぼす一幕も。  共演した武田鉄矢については、武田がCM出演し、ギネス記録を達成したインスタント食品「赤いきつね」を現場近くのコンビニで買っていたと明かして「お吸い物代わりにほぼ毎日食べるらしいです。武田鉄矢さんも人間なんだなと思って親近感が湧きました」と明かした。  本作にちなんで、今チャレンジしたいことを質問されると藤本は、一番下の階級のダイビングライセンスを取得していると明かして「上の段階のものを取りたい」と回答。佐藤は「来年、一人旅を1週間か2週間して、キャンプとかも自分でしてみたい。山とか川とか海が近いところで。まだキャンプの経験もないのに『何言ってるんだ』という話ですけど。道具も一切持っていない。知識もない」と笑った。  最後に佐藤は、約2分にわたってハイスピードで挨拶。本作にまつわる予備知識や大牟田動物園のキャンペーン情報などを噛まずにスラスラ話し続け、最後には報道陣に向かって「皆さん、これぜひ書いてくださいね。よろしくお願いします」と念押し。挨拶をイベントの予定終了時刻ピッタリに終える圧巻のマシンガントークを披露し、藤本らや観客を笑わせた。

  • 映画『いのちスケッチ』佐藤寛太インタビューカット

    佐藤寛太「お利口さんにはできないけれど」 “座長”としての意識の変化

    映画

     2015年に劇団EXILEに加入し、『HiGH&LOW』シリーズ、主演映画『イタズラなKiss THE MOVIE』(美沙玲奈とのダブル主演)、ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』(テレビ朝日系)など、順調にキャリアを築いている佐藤寛太。初の単独主演映画『いのちスケッチ』では、夢に破れて地元・福岡に戻り、動物福祉を目指す“延命動物園”でアルバイトをはじめたことから、多くの出来事を経験していく主人公を演じている。そんな佐藤が、動物と触れ合う本作で感じたことや、今回あらためて背負った主演という役割への意識の変化を語った。@@cutter 「僕自身、福岡で育ったので、地元で主演映画を撮れるのは、とてもうれしかったですし、親孝行にもなると思いました」と今回のオファーの喜びを語る佐藤だが、劇中で「延命動物園」として登場する大牟田市動物園のことは知らなかったという。 @@insert1  「行ったことはありませんでしたし、動物福祉と聞いても、ピンとこなかったのが正直なところです。でもこの作品を通じて、なるべく動物にストレスをかけないで生活してほしい、麻酔や薬品に頼らずに、動物の力を借りながら協力しながら、採血したり体重を量ったりして健康をチェックしようといった取り組みを知って、本当に素晴らしいと感じました」。  そんな動物園での撮影だからこそ、特別な準備も必要だった。  「なによりも、撮影で動物たちにストレスを与えないようにすることが大切でした。なので、クランクインする2~3週間前から通って、僕たちに慣れてもらう作業から始めました。掃除をしたり、とにかく動物園にいるようにしたり。実際に撮影が始まってからも、ずっと動物園にいました」。  撮影中にも、実際に命と向き合う出来事があったという。  「イヌワシが亡くなったんです。寿命でした。そのときの飼育員さんたちの姿が印象に残っています。ある意味さらっとしているというか、強さみたいなものを見ましたし、生と死の両方をずっと肌で感じている職業だからこその受け入れ方だと感じました」。 @@insert2  演じた亮太に関しては「甘えん坊」と感想をもらす。「挫折して帰郷するのですが、焦燥感に駆られているわけでもなければ、普通に親を頼っていったりする。社会に対する危機感がまだない。どこか楽観的で、だけど普通にいそうな青年だと感じました。彼は不器用なままだし、まだまだ甘えん坊だけれど、でもなにかひとつ成長したかなと感じます」。  そんな、決して強いわけではない、どこにでもいそうな青年だからこそ、彼の経験する出来事が、観る側の心にもすっと入ってくる。@@separator ついつい助けてあげたくなる空気を放つ亮太。一方、目の前の佐藤は、とてもハキハキと、明確に自分の考えを話すしっかりとした青年だ。単独主演は初だが、ダブル主演を務めた、まだデビューしたてだった『イタキス』の頃とは、自分の中に“違い”を感じたと振り返る。 @@insert3  「ここ数年では、『走れ!T校バスケット部』(2018)で、同世代だけど座長としてみんなを引っ張っていく志尊淳くんの姿を見たり、ドラマ『駐在刑事』(テレビ東京系)で寺島進さんならではの座長としての立ち振る舞いを見させていただいたりして、作品の中での座長の在り方を感じてきました」という佐藤。「戦国武将じゃないけれど、現場の士気を上げる存在だし、座長の言動ひとつで作品の良し悪しが変わることもある」と、主演の役割の重要性を痛感したことを明かす。 @@insert4  「僕はお利口さんにはできないけれど、でも作品への熱意は一番持っていることがみんなに伝わるようにと、挑ませていただきました」と述懐した佐藤。「今しか出せない自分の色が、この映画に出ていたらいいなと思っています。常に全力で向かっていますが、これからも、もっとできる自分になりたい、もっとできるはずだと思っています」と目を輝かせていた。(取材・文:望月ふみ 写真:高野広美)  映画『いのちスケッチ』は本日11月8日より福岡県先行公開、11月15日より全国公開。

  • (左から)映画『いのちスケッチ』完成披露試写会に登場した佐藤寛太、藤本泉

    佐藤寛太、武田鉄矢の行動にビックリ「心の中でツッコみました」

    映画

     劇団EXILEの佐藤寛太が31日、都内で行われた映画『いのちスケッチ』完成披露試写会に藤本泉、瀬木直貴監督とともに出席。トークで会場を盛り上げ、共演者である武田鉄矢のある行動にビックリしたことを明かした。@@cutter 本作は、福岡県大牟田市に実在する動物園が舞台のオリジナルのヒューマンストーリー。漫画家になる夢に限界を感じて帰郷した青年・田中亮太(佐藤)が、動物園の飼育員の仕事を通して人々や動物と向き合う姿を描く。  漫画や絵を描くシーンは、吹き替えなしで挑んだという佐藤。今回の役作りについて「漫画家(志望)の役でもあったので、絵を描くことはすごく勉強した。実際に動物園で飼育実習もしたりして、どういうふうに飼育員さんたちが動物と向き合っているかも近くで見せてもらった。でも一番は絵に集中していた。劇中にも自分で描いたものがいくつかある」と解説。また、動物園のことを調べて学んだりしたと言い、「動物の骨格とか、どういう風に筋肉がついているのか知っていないと立体的な絵が描けない。(漫画も動物園のことも)どっちも学びながらやっていくと、共通点が見つかって、やりながら楽しかったです」と話した。  獣医師・石井彩役の藤本は「動物が大好きなので、この役を頂けてうれしかったです」とニッコリ。「獣医師は特殊な職業。専門的な動きもある。実際の獣医師さんに教えて頂いたことが多かった。動物園の皆さんも助けてくださって、いろいろ教えてくださったのが大きかった」と述懐。佐藤の印象を問われて「すごく明るい。にぎやかな方なので、現場が大変なときでも場を盛り上げてくれた。助かりました」とほほ笑んだ。  二人は今回、武田鉄矢らベテラン俳優と共演。佐藤は「バラエティー豊かだった」と振り返り、武田にまつわるエピソードを披露。「ご自身がCMされているギネスのカップ麺(編注:今年8月、カップ麺「赤いきつね」は武田をテレビCMで41年間起用し続けたとして、ギネス世界記録に認定された)を本当にコンビニ袋を下げて持ってきてくれた。(自身も)召し上がっていた。心の中で『食べるんかい』とツッコみましたね」と笑った。  映画『いのちスケッチ』は、11月15日より全国公開(11月8日より福岡県先行公開)。

  • 映画『いのちスケッチ』場面写真

    佐藤寛太主演『いのちスケッチ』 今田美桜らの姿を写した場面写真&予告解禁

    映画

     俳優の佐藤寛太が主演を務める映画『いのちスケッチ』より、予告映像と場面写真が解禁された。佐藤扮する青年が、戸惑いながらも前向きに飼育員に取り組む姿が映し出される。@@cutter 本作は、福岡県大牟田市に実在する動物福祉に特化した世界的にも珍しい動物園を舞台にしたヒューマンドラマ。主人公を佐藤、ヒロインの獣医役を藤本泉が演じるほか、動物園園長役に武田鉄矢、主人公の祖母役には渡辺美佐子、両親には浅田美代子、高杢禎彦、飼育員役には芹澤興人、大牟田市出身の林田麻里らが脇を固める。監督は、『恋のしずく』『カラアゲ★USA』『ラーメン侍』など地域をモチーフにした作品に定評がある瀬木直貴。  東京で漫画家を目指し奮闘していた青年・田中亮太(佐藤)は、自身の夢に限界を感じ故郷の福岡に帰ってきた。実家に頼れず旧友の部屋に居候する亮太が紹介されたのは、地元の延命動物園でのアルバイト。園長の野田(武田)や獣医師の石井彩(藤本)らと働いていくうちに、亮太はここが動物の健康と幸せを第一に考える“動物福祉”に力を入れる、世界でも珍しい動物園であることを知り理解していく。しかし、予算縮小で園の運営は危機的状況にあった。亮太はこの取り組みを自らの絵で伝えるために、もう一度漫画を描くことを決意する…。  予告映像は、漫画を目指す主人公・亮太が、後輩にデビューを抜かされ、漫画家を諦め地元・福岡県大牟田市に帰るところからスタート。あることをきっかけに、世界も注目する動物の福祉に特化した動物園で働くことになるシーンが描かれる。後半は、現役医師2人によるユニット・Insheart(インスハート)が歌う主題歌「瞳の中のあなた」をBGMに、戸惑いながらも、周りのスタッフとの交流により、亮太がもう一度絵と向き合う様子が映し出されている。  場面写真は、主人公・亮太が悩みながらも懸命に仕事に取り組むカットや、人との交流を通して命の大切さに気付いていく姿をとらえたカット、さらに園長を演じる武田や、獣医師を演じる藤本らの温かみ溢れるカットが含まれ、動物の心に寄りそう本作の優しさが表れたものとなった。  映画『いのちスケッチ』は11月8日より福岡県先行公開、11月15日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access