クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

Red 関連記事

  • 映画『Red』場面写真

    妻夫木聡、40歳を前に『Red』で見せた覚悟 挑戦を続ける“役者・妻夫木聡”の魅力とは

    映画

     女優の夏帆が主演を務め、俳優の妻夫木聡が共演する映画『Red』が、2月21日より全国公開される。本作で注目されるのが、10年ぶりにかつての恋人に会いにいく、ある秘密を抱えた男・鞍田を演じる妻夫木だ。主演の夏帆とは初共演ながら大胆なラブシーンを演じるなど、40歳を目前にした妻夫木が新たな挑戦を見せている。@@cutter 妻夫木といえば、20代の頃に初主演作として出演した映画『ウォーターボーイズ』(01/矢口史靖監督)を鮮明に記憶している人も多いだろう。シンクロナイズドスイミングに挑戦する男子高校生をみずみずしく演じ、「男子学生のシンクロ」という一見マニアックな題材を、一般的な認知にまで広めて本作は大ヒット。自身も同作にて第25回日本アカデミー賞新人俳優賞と優秀主演男優賞のダブル受賞を果たし、一躍若手俳優陣のトップランナーとなった。  その後、池脇千鶴とともにダブル主演を務めた『ジョゼと虎と魚たち』(03/犬童一心監督)は、足に障害のある女の子ジョゼと、性欲と食欲に忠実な一般的な男子大学生のありふれた日常の恋愛模様を描き、青春恋愛映画の金字塔として今もなお愛され続けている。  20代で数多くの青春映画・ドラマに出演し、好青年のイメージが強かった妻夫木だが、30代に入ると、自身でも役者人生の大きなターニングポイントとなったと語る『悪人』(10/李相日監督)で、追われる殺人犯という役を通して人間の光と影を演じ切り、第34回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。続く『怒り』(16/李相日監督)では、愛する人を心から信じることができず苦悩するゲイ・セクシュアルの青年を演じ、リアリティーを追求した生々しくも繊細な芝居で人々を魅了。日本映画界を代表する実力派俳優としての地位を確立した。  その活躍は国境を越え、オール台湾ロケを敢行した日台合作映画『パラダイス・ネクスト』(19/半野喜弘監督)では企画段階から構想に携わり、主演を務めたほか、中国でメガヒットを記録した「唐人街探案(原題)」(日本語訳「僕はチャイナタウンの名探偵」)シリーズにも2作連続で出演するなど、役者としての活躍の場は、日本にとどまることなく勢いを増している。  20代、30代と歳を重ねるごとに、常に役者として新たな顔を見せてきた妻夫木が、40歳となる節目の年に選んだ最初の映画『Red』。ますます魅力を増し続ける役者・妻夫木聡の芝居への探究心と新たなる挑戦が感じられる作品となっている。  映画『Red』は2月21日より全国公開。

  • 映画『Red』場面写真

    夏帆×妻夫木聡、大雪の中で燃え上がる恋心…『Red』本編映像解禁

    映画

     女優の夏帆が主演を務め、俳優の妻夫木聡が共演する映画『Red』より、本編映像が初解禁された。極寒の大雪模様に反比例するように、燃え上がっていく二人の恋心を描いたエモーショナルな映像となっている。@@cutter 本作は、現代女性の恋愛心理を巧みに表現し、女性から圧倒的な支持を得る直木賞作家の島本理生が、初めて官能の世界に挑んだ同名小説の映画化。2017年に『幼な子われらに生まれ』で家族の心の機微と心理を鋭く描き出し、第41回モントリオール世界映画祭コンペティション部門審査員特別大賞など数々の賞を受賞した三島有紀子がメガホンをとる。  主人公の塔子を夏帆、塔子がかつて愛した男・鞍田を妻夫木が演じるほか、塔子に好意を抱く会社の同僚・小鷹に柄本佑、塔子の夫・真には間宮祥太朗が扮する。そのほか、片岡礼子、酒向芳、山本郁子、浅野和之、余貴美子らベテラン俳優陣が脇を固める。  誰もがうらやむ夫、かわいい娘。“何も問題のない生活”を過ごしていたはずだった村主塔子(夏帆)が、10年ぶりにかつて愛した男・鞍田秋彦(妻夫木)に再会する。鞍田は、ずっと行き場のなかった塔子の気持ちを、少しずつほどいていく。しかし、鞍田には“秘密”があった。現在と過去が交錯しながら向かう先の、誰も想像しなかった“決断”とは―。  解禁された本編映像は、本作が描く切なく美しい、大人のラブストーリーを象徴する一幕。出張に出かけた塔子(夏帆)は、大雪の影響で新幹線が止まってしまい、途方に暮れていた。妻として、母親として、どうにかして今日中に東京へ戻らねばと追い詰められた塔子は、無謀にも吹雪の中をとぼとぼと歩いていく。一面真っ白の世界の中、ふと顔をあげると見慣れた車が1台。運転席から降り立ったのは、大雪を心配して駆けつけた鞍田(妻夫木)だった。  “もう会ってはいけない”と心に決め、元恋人・鞍田を忘れようとしていた塔子だったが、目の前に突然現れた愛しい人の姿を確かめるように頬に手を伸ばす。その冷え切った手を取り、温めるように頬を摺り寄せる鞍田。「心配したよ」。いとおしそうに見つめ絞り出した言葉は、凍りついた塔子の心を温め、解かしていく。これ以上の言葉も、抱き締め合うことやキスさえも、この瞬間の二人には必要ないほどに互いを思うあふれ出る愛に、胸打たれる映像となっている。  映画『Red』は2月21日より全国公開。

  • 映画『Red』完成披露舞台あいさつに登壇した(左から)夏帆、妻夫木聡

    妻夫木聡、夏帆は「顔にすぐ出ちゃう子」絶賛にも本人は恥ずかしそうに謝罪

    映画

     女優の夏帆と俳優の妻夫木聡が、29日に都内の会場で行われた映画『Red』の完成披露プレミア上映会舞台あいさつに出席。妻夫木は共演した夏帆について「とてもうそのない方ですね」「顔にもすぐ出ちゃう子だし(笑)」と評し、夏帆本人が「すみません…」と恐縮する一幕があった。@@cutter 本作は、直木賞作家・島本理生による同名小説の映画化作品。平凡な結婚に可愛い娘、ごく普通の一般家庭を持ち過ごしていた塔子を夏帆、塔子がかつて愛した男・鞍田を妻夫木が演じる。イベントには2人のほか、柄本佑、間宮祥太朗、三島有紀子監督が登壇した。  妻夫木は共演の夏帆の印象を「とてもうそのない方ですね」と明かし「役に対して、どう接していいのか分からない、どうアプローチしたらいいか分からない、という気持ちを吐露していたし、顔にもすぐ出ちゃう子だし(笑)」と告白。続けて「最後までずっと闘っていた姿っていうのは、素晴らしい女優さんだなと思いました」と夏帆の役に向き合う姿勢を絶賛した。  妻夫木からの言葉を聞いた夏帆は「すみません…」と恥ずかしそうに謝罪。「言い訳ではないんですけど、決して」と切り出し「悩んでる、ってことをすべて妻夫木さんにぶつけてみようっていうのを思ったんですよね」と当時の心境を語った。その結果、すべて顔に出てしまったと笑い「妻夫木さんはすべて受け止めてくださって。自分がどんな状態でもすべて受け止めてお芝居で返してくださるという安心感がありました」と感謝していた。  会場には999本のバラで作られたパネルが用意されており、花言葉にちなみ「生まれ変わってもこれだけは愛し続けたいもの」というテーマでトークが繰り広げられた。妻夫木は「私事なんですけど、生まれたばかりの我が子。生まれ変わっても愛したいなってくらい愛してますね」と愛おしそうに答え「一生見てられる感じです」と笑みを浮かべた。撮影で離れてしまうときもあるのでは、と聞かれると「そうですね。それまではなるべく我が子と一緒にいたいなと思って、いっぱい子育てしてます」と子煩悩ぶりを発揮した。  映画『Red』は2月21日より全国公開。

  • 映画『Red』ポスタービジュアル

    夏帆×妻夫木聡の濃密すぎる恋愛模様…『Red』予告&ポスター解禁

    映画

     女優の夏帆が主演を務め、俳優の妻夫木聡が共演する映画『Red』より、予告とポスタービジュアルが解禁。予告は、夏帆と妻夫木が、不器用な男と女の恋愛模様を濃密に織りなす姿を収めている。@@cutter 本作は、現代女性の恋愛心理描写を巧みに表現し、女性から圧倒的な支持を得る直木賞作家の島本理生が、初めて官能の世界に挑んだ同名小説の映画化。2017年に『幼な子われらに生まれ』で家族の心の機微と心理を鋭く描き出し、第41回モントリオール世界映画祭コンペティション部門審査員特別大賞など数々の賞を受賞した三島有紀子がメガホンをとる。  主人公の塔子を夏帆、塔子がかつて愛した男・鞍田を妻夫木が演じるほか、塔子に好意を抱く会社の同僚・小鷹に柄本佑、塔子の夫・真には間宮祥太朗が扮する。そのほか、片岡礼子、酒向芳、山本郁子、浅野和之、余貴美子らベテラン俳優陣が脇を固める。  誰もがうらやむ夫、かわいい娘。“何も問題のない生活”を過ごしていたはずだった村主塔子(夏帆)が、10年ぶりにかつて愛した男・鞍田秋彦(妻夫木)に再会する。鞍田は、ずっと行き場のなかった塔子の気持ちを、少しずつほどいていく。しかし、鞍田には“秘密”があった。現在と過去が交錯しながら向かう先の、誰も想像しなかった“決断”とは―。  今回解禁された予告は、塔子と鞍田の激しい恋愛、そして塔子と彼女をとりまく3人の男たちが描かれているもの。10年ぶりの再会を果たし、塔子の心にそっと寄り添い入ってくる「かつて激しく愛した男」鞍田、彼女の本心を「見透かしてくる同僚」小鷹、塔子をまっすぐ愛するが故に「理想を押しつける夫」真。それぞれの男性が、塔子へさまざまな愛の眼差しを向ける。そして、車中で鞍田へ「もう会わないから」と告げながらも、離れることができない塔子。そんな彼らの前に突きつけられる、あまりにも残酷な“秘密”。予想外の展開へと進んでいく、大人のラブストーリーの一端を垣間見られる予告となっている。  ポスタービジュアルは、「愛することが、生きることだった。」のコピーと共に、本当に愛する人・鞍田に再会してしまった塔子が、その運命に抗いながらも、惹かれ、堕ちていく瞬間を切りとったもの。塔子は、鞍田を愛することにより、自分も気づいてなかった「本当の自分」に出会い、運命は思いもよらなかった方へ動き出してしまう。夏帆と妻夫木が憂いを帯びた表情で見つめ合い、今まで演じてきた役柄では見せなかったような“大人の恋愛”を繰り広げることを彷彿とさせるようなビジュアルとなっている。  映画『Red』は2020年2月21日より全国公開。

  • 映画『Red』キャスト陣(上段左から)夏帆、妻夫木聡、(下段左から)柄本佑、間宮祥太朗

    柄本佑&間宮祥太郎、夏帆を取り巻く男たちに 『Red』出演決定

    映画

     女優の夏帆が主演を務め、俳優の妻夫木聡が共演する映画『Red』より、第2弾キャストとして俳優の柄本佑と間宮祥太朗の出演が発表された。柄本は夏帆ふんする主人公・塔子に好意を抱く会社の同僚・小鷹を、間宮は塔子の夫・真を演じる。@@cutter 本作は、現代女性の恋愛心理描写を巧みに表現し、女性から圧倒的な支持を得る直木賞作家の島本理生が、初めて官能の世界に挑んだ同名小説の映画化。刊行当初、あまりにも衝撃的な内容のため賛否両論となった。主演を夏帆が、共演には、今まで見せたことのない“悪い男”を妻夫木が演じる。  平凡な結婚、かわいい娘、“何も問題のない生活”を過ごしていた…はずだった村主塔子(夏帆)。10年ぶりに、かつて愛した男・鞍田秋彦(妻夫木)に再会する。鞍田は、ずっと行き場のなかった塔子の気持ちを、少しずつ、少しずつほどいていく。しかし、鞍田には“秘密”があった。現在と過去が交錯しながら向かう先の、誰も想像しなかった結末とは―。  今回出演が明らかになったのは、柄本と間宮という実力派の2人。塔子に惹かれながらも塔子と鞍田の関係に唯一気づく重要な人物・小鷹を柄本が、家族思いで悪気はないものの“価値観のずれ”ゆえに無自覚に塔子を追い詰めてしまう夫・真を間宮がふんする。  柄本は「とても刺激的な恋愛映画であり、実際に起こったら大変な事になりますが…なぜこういう映画が生まれるか。どこかでみんなちょっとだけ憧れてしまうところがあるのか。だけど、それを現実ではやってはいけない。そんな映画を2時間、疑似体験して、その恋愛を楽しんで頂きたいな」と語り、間宮は「どうなろうとも女性が女性であるという事を忘れるべからず。私はまだ結婚した事も子供を持った事もありませんが、いつかのその時の為にその事を覚えていなければと思いました。思ったと言うよりも痛感したと言った方が近いかもしれません。自分が演じた真と同じ轍(わだち)を踏まない様に」とコメントした。  監督を務める三島有紀子は、3人の男性キャストについて「それぞれベクトルは違うものの自分の尺度がはっきりしていて、全員に絶対的な色気と圧倒的な芝居力で夏帆さんの魅力を多面的に引き出してもらう必要がありました。3人のみなさまには、いままで観たことのない芝居をしていただけたと思うし、夏帆さん含む4人の芝居は素晴らしかった、の一言に尽きます」と語っている。  映画『Red』は2020年2月21日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access