クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

海辺の映画館-キネマの玉手箱 関連記事

  • 映画『海辺の映画館―キネマの玉手箱』ポスタービジュアル(公開日:7月31日)

    大林宣彦監督の遺作『海辺の映画館』7.31公開 最期のメッセージ収録のパンフレット完成

    映画

     今年4月に肺がんのため死去した映画監督の大林宣彦さんが、闘病を続けながら完成させた最新作『海辺の映画館―キネマの玉手箱』。このたび、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により公開を延期していた本作が、7月31日に公開されることが決定。併せて、大林監督の最期のメッセージが込められた劇場パンフレットも完成した。@@cutter 大林監督が20年ぶりに故郷・尾道で撮影した本作。尾道にある海辺の映画館を舞台に、戦争の歴史を辿りながら、無声映画、トーキー、アクション、ミュージカルと、物語がさまざまな映画表現で展開していく。メインキャストとして、銀幕の世界へタイムリープする3人の若い男を、厚木拓郎、細山田隆人、細田善彦が演じ、3人の男たちそれぞれの運命のヒロインを、本作が映画初出演となる吉田玲、大林組初参加の成海璃子、前作に続く出演となる山崎紘菜が演じている。  尾道の海辺にある唯一の映画館「瀬戸内キネマ」が閉館を迎えた。最終日は、「日本の戦争映画大特集」のオールナイト興行。そこで映画を観ていた若者3人は、突然劇場を襲った稲妻の閃光に包まれ、スクリーンの世界にタイムリープし、戊辰戦争、日中戦争、沖縄戦、そして原爆投下前夜の広島へ。そこで移動劇団「桜隊」と出会った3人の男たちは、「桜隊」を救うため、運命を変えようと奔走するのだが…。  “ねぇ、映画で僕らの未来変えて見ようよ――”大林監督の直筆による最期のメッセージが掲載された劇場パンフレットは、大林監督の娘である大林千茱萸が編集したもの。本作に出演した俳優陣から寄せられた大林監督へのラブレター45篇や、女優の富田靖子と石田ひかりが初対面した尾道ヒロイン夢の対談、大林宣彦の撮影ノート、映画評論家の佐藤忠男氏による寄稿、大林番記者のコメント寄稿など、ファン必見の豪華な内容となっている。  娯楽作でありながら、「戦争」に対する辛辣なメッセージを込め、それに打ち勝てるのは「映画」であると力強く伝える本作。ぜひスクリーンで、大林監督からの最期のメッセージを受け止めたい。  映画『海辺の映画館―キネマの玉手箱』は7月31日より全国公開。

  • 映画監督・大林宣彦さん

    映画監督・大林宣彦さん、肺がんで死去 82歳 新作の公開予定日に

    映画

     『時をかける少女』『転校生』などで知られる映画監督の大林宣彦さんが、10日肺がんのため都内の自宅で死去した。82歳。闘病を続けながら完成させた最新作『海辺の映画館-キネマの玉手箱』は、10日に公開予定だったが新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期されていた。@@cutter 大林さんは1938年広島県尾道市生まれ。テレビCM草創期にはCMディレクターとして、チャールズ・ブロンソンの「マンダム」をはじめ、カトリーヌ・ドヌーヴなど多くの外国人スターを起用し、3000本を超えるCMを担当。1977年に『HOUSE/ハウス』で商業映画に進出。自身の故郷・尾道を舞台にした『転校生』(1982)、『時をかける少女』(1983)、『さびしんぼう』(1985)は“尾道三部作”と称され、長年にわたり世代を超えて親しまれている。  近年は“大林的戦争三部作”となる『この空の花-長岡花火物語』(2011)、『野のなななのか』(2014)、『花筐/HANAGATAMI』(2017)を発表。『花筐/HANAGATAMI』は、第72回毎日映画コンクール日本映画大賞、第33回高崎映画祭特別大賞などさまざまな賞を受賞し、第91回キネマ旬報ベスト・テンでは日本映画ベスト・テン第2位に選ばれ、監督賞を受賞した。大林さん個人では、2004年春の紫綬褒章受章、2009年秋の旭日小綬章受章。2019年には、令和初の文化功労者に選ばれている。  2016年8月に肺がんと診断され、余命宣告を受けていた。転移を繰り返すがんと闘いながら、最新作『海辺の映画館-キネマの玉手箱』を完成させ、10日の公開を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、公開が延期されていた。同作は近日公開予定。

  • 映画『海辺の映画館―キネマの玉手箱』場面写真(左から)大久保利通役の稲垣吾郎、坂本龍馬役の武田鉄矢、西郷隆盛役の村田雄浩

    稲垣吾郎が大久保利通&武田鉄矢が“最後の龍馬” 『海辺の映画館』薩長連合カット公開

    映画

     俳優の稲垣吾郎が大久保利通役、武田鉄矢が坂本龍馬役で出演する、大林宣彦監督最新作『海辺の映画館―キネマの玉手箱』より、薩長連合の志士たちが集結する場面カットが到着した。@@cutter 大林監督が20年ぶりに故郷・尾道で撮影した本作。尾道にある海辺の映画館を舞台に、戦争の歴史を辿りながら、無声映画、トーキー、アクション、ミュージカルと、物語がさまざまな映画表現で展開していく。メインキャストとして、銀幕の世界へタイムリープする3人の若い男を、厚木拓郎、細山田隆人、細田善彦が演じ、3人の男たちそれぞれの運命のヒロインを、本作が映画初出演となる吉田玲、大林組初参加の成海璃子、前作に続く出演となる山崎紘菜が演じている。  尾道の海辺にある唯一の映画館「瀬戸内キネマ」が閉館を迎えた。最終日は、「日本の戦争映画大特集」のオールナイト興行。そこで映画を観ていた若者3人は、突然劇場を襲った稲妻の閃光に包まれ、スクリーンの世界にタイムリープし、戊辰戦争、日中戦争、沖縄戦、そして原爆投下前夜の広島へと時代を駆け巡っていく。  今回到着した場面カットは、幕末維新に倒幕に奮闘した大久保利通(稲垣)、坂本龍馬(武田)、西郷隆盛(村田雄浩)が一堂に会して、日本の行末について談笑するシーン。  大久保利通役の稲垣は、大林監督が自身の番組『ゴロウ・デラックス』に出演した際、「次の僕の映画にでてよ」と言われたことが今回の出演につながった。稲垣は本作について「時空を超え、思想を超え、宇宙をも一気にとび超えていく世界観。大林監督でなければ1本の作品に納めることは不可能だったと思います。みずみずしく自由に広がる想像力には驚かされるばかりです。大切なメッセージを届けてくださり、ありがとうございます」とコメントを寄せている。  一方、これまで幾度も坂本龍馬役を演じてきた武田は「本作品では、何と驚く勿れ『坂本龍馬』役での出演です。勿論、人生最後の『龍馬』役です」と断言。続けて「大林監督はどうやら後生の我らに映画の見方を懸命に教えておられるようで、この作品、映画に対する監督のラブレターのような作品ですよ」と語っている。なお武田は、出演のほかエノケンこと榎本健一&三木鶏郎で有名な楽曲『武器ウギ<無茶房弁慶>』をカバーし、本作のためにレコーディング。同楽曲は、映画のエンディング曲となっている。  映画『海辺の映画館―キネマの玉手箱』は4月10日より全国公開。

  • 映画『海辺の映画館―キネマの玉手箱』ポスタービジュアル

    大林宣彦監督、祝! 82歳 最新作『海辺の映画館』の世界が詰まったポスター解禁

    映画

     大林宣彦監督が本日1月9日に82歳の誕生日を迎えたことを記念して、最新作『海辺の映画館―キネマの玉手箱』より、日本を代表するアートディレクター・森本千絵氏が手掛けたポスタービジュアルが解禁された。@@cutter 大林監督が20年ぶりに故郷・尾道で撮影した本作。尾道にある海辺の映画館を舞台に、戦争の歴史を辿りながら、無声映画、トーキー、アクション、ミュージカルと、物語がさまざまな映画表現で展開していく。メインキャストとして、銀幕の世界へタイムリープする3人の若い男を、厚木拓郎、細山田隆人、細田善彦が演じ、3人の男たちそれぞれの運命のヒロインを、本作が映画初出演となる吉田玲、大林組初参加の成海璃子、前作に続く出演となる山崎紘菜が演じている。また、物語の軸となる移動劇団「桜隊」の看板女優を、近年の大林作品を支える常盤貴子が務める。  公開されたポスタービジュアルは、大林作品のファンと公言するアートディレクターの森本氏が手掛けたもの。最新作を鑑賞しパワーをもらったという森本氏が、大林監督から受け取った沢山のメッセージを表現したいと、いくつものコラージュ作品を作成。その中から大林監督が一目で「これがいい!」と選んだのが本ビジュアルだ。ポスターには、可能な限りたくさんの出演者、シーンを載せてほしいという監督からのリクエストも反映。どの出演者がどのシーンに隠れているかを探すのも楽しいデザインとなっている。  森本氏は「大林宣彦監督の作品で心をかき乱されて大人になった私にとって、監督の作品のポスターに関わらせていただけたのは、大変光栄なことです」とコメント。手作業のみで描いたというポスタービジュアルは「いくつか描いたものの、いちばん無心で1枚の紙に感じたすべてを込めたものを選んでいただきました。ポスターを通して監督と初めて会話が出来たことを誇りに思います。ずっと生きてほしい。ずっと作り続けてほしい。そして、ひとりでも多くの人にこの作品の世界に来て欲しい、そんな願いを込めて作ったポスター。ぜひ、みて触って絡まってください」と語っている。  また、本作にはメインキャストのほか、豪華出演者が集結。小林稔侍、高橋幸宏、白石加代子、尾美としのり、武田鉄矢、南原清隆、片岡鶴太郎、柄本時生、村田雄浩、稲垣吾郎、蛭子能収、浅野忠信、伊藤歩、品川徹、入江若葉、渡辺裕之、手塚眞、犬童一心、根岸季衣、中江有里、笹野高史、本郷壮二郎、川上麻衣子、満島真之介、大森嘉之、渡辺えり、窪塚俊介、長塚圭史、寺島咲、犬塚弘など、大林組常連から初出演のキャストまで、大林監督の“映画への情熱”と“平和への想い”を受け止めた幅広い分野からの出演者が、奇跡のコラボレーションを果たす。  映画『海辺の映画館―キネマの玉手箱』は4月全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access