クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~ 関連記事

  • 映画『いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~』完成披露記者会見に登場した文音

    長渕剛の娘・文音、コメディー初挑戦「奥が深くて難しかった」

    映画

     女優の文音が29日、都内で行われた主演映画『いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~』の完成披露記者会見に、共演の石田ニコル、真魚と永田琴監督とともに出席。初挑戦となるコメディーで「女子が隠したいだろうなということを全面的に出したのは初めて」と撮影を振り返った。@@cutter 『白鳥麗子でございます!』(講談社)などで知られる漫画家・鈴木由美子による同名漫画が原作の本作。主人公・杉山結子と女友達の友情を描いた、鈴木の自伝的作品で、映画化に際し、原作のバブル時代を現代に設定を変え、恋愛・仕事・友情と山積みの問題を抱える現代アラサー女子たちのリアルを描く。  シンガーソングライター・長渕剛の娘でもある文音は、今作がコメディー初挑戦。「コメディーは奥が深くて、難しかったです」と振り返ったうえ、永田監督について「パワフルな方なので、熱量と気合を意識しながら精いっぱい演じました」とコメントした。  さらに「ニコルちゃんもなんですけど、ものすごく変顔をしてるんですね。たぶん女優さんは変顔をスクリーンの中でしたがらないと思う(笑)。こんなにあからさまに女子が隠したいだろうなということを全面的に出したのは初めてだし、新しい発見でした」と、劇中で振り切った演技をしていることを告白。一方の石田は「変顔ではないんですよね。しようと思って変にした顔じゃなくて、すごく真面目に『うおぉー』っていう顔が変顔になっているというのを、撮影しおわった後はちょっとだけ悩みながら帰りました(笑)」と打ち明け、笑いを誘った。  恋愛体質の絵美を演じた真魚は、絵美について「友達にいたら嫌だなと思いました(笑)」と苦笑。続けて自身と絵美を比較して「思ったことをすぐ口に出したり言うところは似てる」と話すと、文音は真魚について「変な意味じゃなくて、撮影中とかでもわからないところはわからないって堂々と言う。かっこいい女優さんだなって思った」と説明。続けて「心がオープンなんです。最初からなんの壁もなくて、2人のシーンを演じているときは楽しかったです」と絶賛すると、真魚は「うれしいです!ぜひ書いて下さい」と報道陣に呼びかけた。  また文音は、主人公・結子に対して共感できる点はあったと話す一方、「演じやすくはなかったですね。気持ちの面では理解はできたんですけど、結子のキャラクターって特急列車みたいなもので、日々全力でギアをトップに入れて走り抜いたっていう印象が強いですね」としみじみと語った。  映画『いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~』は、7月31日全国公開。

  • 映画『いけいけ!バカオンナ ~我が道を行け~』ポスタービジュアル

    文音×石田ニコル×真魚が女子の共感をわしづかみ! 『いけいけ!バカオンナ』ポスター解禁

    映画

     女優の文音が主演し、石田ニコル、真魚と共演するコメディ映画『いけいけ!バカオンナ ~我が道を行け~』が今夏公開されることが決定。“チョベリグ”など懐かしい流行語が満載のポップなポスタービジュアルが解禁された。@@cutter 『白鳥麗子でございます!』(講談社)などで知られる漫画家・鈴木由美子による同名漫画が原作の本作。主人公・杉山ユウコと女友達の友情を描いた、鈴木の自伝的作品で、映画化に際し、原作のバブル時代を現代に設定を変え、恋愛・仕事・友情と山積みの問題を抱える現代アラサー女子たちのリアルを描く。  主人公・ユウコを演じる文音は、初の本格コメディエンヌに挑戦。体当たりの演技と、コミカルな変顔の連発で初ジャンルに挑戦する中、切ない心情の部分では、アラサー女子のリアルな機微を演じる。そして、ユウコの友人・セツコを、モデル・タレント・女優として活躍する石田が、同じく友人のエミを、映画『カメラを止めるな!』で注目された真魚が演じる。メガホンをとるのは、映画『渋谷区円山町』や『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』の永田琴。  アラサー女子・杉山ユウコ(文音)は、外では自由奔放なイケイケな女を気取っているが、私生活では地味で質素な生活を送る“超”のつく見栄っ張りな性格で、現在は友人の中川エミ(真魚)と一緒に彼氏獲得に励む日々。ある日、ハーフで美人の澤野セツコ(石田)と出会い、お互いの存在に火花を飛ばすが、セツコの真の姿を見てしまったユウコは、急に彼女に親近感を持ち始め、友情が芽生え出す。  そしてユウコは、やっと彼氏らしき男と巡り会ったが、彼は友達に自慢するにはほど遠い男。仕事と恋愛を頑張る日々の中、理想と現実のギャップに思わずため息をもらす。そんな矢先、セツコが突如結婚すると言い出した。しかし、訳もなくセツコの結婚にダメ出しするユウコ。果たして「女の友情」ははかないものなのか…それとも…。  今回解禁されたポスタービジュアルは、文音を中心に、バラエティーに富んだ表情やファッションを見せる女性キャストたちをにぎやかに配置したもの。その背景には、「チョベリグ」「チョベリバ」「おやじギャル」「アッシー」など、過去に流行語となったガールズ言葉が散りばめられている。現役のアラサー女子、そして過去にアラサーだった女子の“わかる!!”が詰まった本作の世界観が伝わるようなビジュアルとなっている。  映画『いけいけ!バカオンナ ~我が道を行け~』は今夏全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access