クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

人数の町 関連記事

  • 映画『人数の町』場面写真

    中村倫也『人数の町』怪しすぎる“お仕事事情” 謎の薬を飲む場面写真公開

    映画

     俳優の中村倫也が主演を務める映画『人数の町』より、舞台となる“町”の新たな謎“お仕事事情”の手がかりとなりそうな場面写真が解禁された。@@cutter 本作は、衣食住が保証され、セックスで快楽をむさぼる毎日を送ることができ、出入りも自由だが、決して離れることはできない、という謎の“町”を舞台に、借金で首の回らなくなった蒼山(中村)が、その“町”の住人となり、そこで出会う人々との交流を経て“町”の謎に迫っていく新感覚のディストピア・ミステリー。  キャストには中村のほか、令和版『東京ラブストーリー』での赤名リカ役が話題の石橋静河、本作で映画初出演となる『ニッポンノワール‐刑事Yの反乱‐』の立花恵理、『映像研には手を出すな!』に出演の山中聡などフレッシュな面々が顔をそろえる。監督・脚本は、松本人志出演の「バイトするならタウンワーク」のCMやMVなどを手掛ける荒木伸二で、本作が長編映画デビュー作となる。  解禁された2点の場面写真は、病院のような施設にいる住民4人の姿を写し出したもの。ここから町のお仕事事情を想像することもできそうだが、1枚目では病院着を着て体温計を口にくわえ、2枚目ではそろって錠剤を飲んでいる。  和やかな雰囲気からして病気ではなさそうだが、彼らは何を調べられているのだろうか? もしかすると治験? いや、そもそもそこが病院なのかどうかはもちろん、「町」の中なのか外なのかも分からない。  治験といえば合法であるかのようだが、住民たちはその薬が一体どのようなものなのかも知らされずに飲んでいるのかもしれない。そう、実験体のモルモットのように…。薬である以上、予想外の副作用が起きる可能性もあるが、これもまた“町”の仕事のひとつなのだろうか…。  映画『人数の町』は9月4日より全国公開。

  • 映画『人数の町』に出演する立花恵理の場面写真

    中村倫也『人数の町』、“謎の美女”立花恵理がプールで人間もぐらたたき

    映画

     俳優の中村倫也が主演を務める映画『人数の町』より、本日7月23日の<海の日>にちなみ、謎の美女・緑を演じる立花恵理の美しい水着画像が解禁された。@@cutter 本作は、衣食住が保証され、セックスで快楽をむさぼる毎日を送ることができ、出入りも自由だが、決して離れることはできない、という謎の“町”を舞台に、借金で首の回らなくなった蒼山(中村)が、その“町”の住人となり、そこで出会う人々との交流を経て“町”の謎に迫っていく新感覚のディストピア・ミステリー。  ファッション誌「ViVi(ヴィヴィ)」(講談社)の専属モデルを務め、ドラマ『ニッポンノワール―刑事Yの反乱―』(日本テレビ)への出演など女優としても活躍する立花は、本作が映画初出演。蒼山に町のルールをいろいろ教えてくれる謎の美女・緑役を演じており、堂々たる存在感で作品を盛り上げている。  解禁された画像は、謎に包まれている“町”の社交場である「プール」のシーン。プールは健康のために運動をしたり、町の住人たちと出会い、交流し、気になる相手にアピールする場となっているらしい。立花演じる緑は、この町の女王様的存在なのか、数人の男性を集め、ピコピコハンマーで人間もぐらたたきに興じている。そこで町へ来たばかりの中村演じる蒼山と出会うのだった。  今回解禁された情報も“町”を構成するさまざまな謎のほんの一部。さらなるヒントは後日解禁される。  映画『人数の町』は9月4日より全国公開。

  • 映画『人数の町』中村倫也が食事する場面写真

    中村倫也『人数の町』、謎だらけの町の“お食事事情”が伺える場面写真到着

    映画

     俳優の中村倫也が主演を務めるディストピア・ミステリー映画『人数の町』より、中村が謎だらけの町で食事をするシーンの場面写真が解禁された。@@cutter 本作は、衣食住が保証され、セックスで快楽を貪る毎日を送ることができ、出入りも自由だが、決して離れることはできない、という謎の“町”を舞台に、借金で首の回らなくなった蒼山(中村)が、その“町”の住人となり、そこで出会う人々との交流を経て“町”の謎に迫っていく新感覚のディストピア・ミステリー。  中村のほか、令和版『東京ラブストーリー』での赤名リカ役が話題の石橋静河、本作で映画初出演となる『ニッポンノワール‐刑事Yの反乱‐』の立花恵理、『映像研には手を出すな!』に出演する山中聡らが出演する。監督・脚本は、松本人志出演の「バイトするならタウンワーク」のCMやMVなどを手掛ける荒木伸二が務め、本作で長編映画デビューを飾る。  借金取りに追われ暴行を受けていた蒼山は、黄色いツナギを着たヒゲ面の男に助けられる。その男は蒼山に「居場所」を用意してやるという。蒼山のことを“デュード”と呼ぶその男に誘われ、たどり着いた先は、ある奇妙な「町」だった―。  解禁された2点の場面写真は、中村演じる蒼山が謎だらけの町で食事をするシーンを切り取ったもの。舞台となる町にはさまざまな謎があり、今回明かされた食事事情はそのほんの一部。どうやらこの“町”には、少しの労働=ステマで食事が支給されるシステムがある模様で、1枚目の写真は、新規オープンのハンバーガーショップへ“町”のバスで出向き、写真撮影をしてSNSに投稿している様子を写したもの。2枚目の写真は、“町”の食堂のようで、電光掲示板が謎のメッセージを放つ空間には、透明のケースが埋め込まれたテーブルが設置されている。蒼山はそこで真空パックされたタマゴサンドのようなものを手にしている。  町にはほかにも、バイブル、パーカー、細かく設定されたルールとシステムがあるという。さらなる町のヒントは後日解禁される。  映画『人数の町』は9月4日より全国公開。

  • 映画『人数の町』場面写真

    中村倫也主演『人数の町』、決して離れることはできない町…謎が深まる予告解禁

    映画

     俳優の中村倫也が主演を務める映画『人数の町』より、初映像となる予告編と追加画像が解禁された。予告編では、主人公の蒼山(中村)のキャラクターと、謎めいた“町”のヒントが断片的な映像として描かれている。@@cutter 本作は、衣食住が保証され、セックスで快楽を貪る毎日を送ることができ、出入りも自由だが、決して離れることはできない、という謎の“町”を舞台に、借金で首の回らなくなった蒼山(中村)が、その“町”の住人となり、そこで出会う人々との交流を経て“町”の謎に迫っていく新感覚のディストピア・ミステリー。  中村のほか、令和版『東京ラブストーリー』での赤名リカ役が話題の石橋静河、本作で映画初出演となる『ニッポンノワール‐刑事Yの反乱‐』の立花恵理、『映像研には手を出すな!』に出演する山中聡らが出演する。監督・脚本は、松本人志出演の「バイトするならタウンワーク」のCMやMVなどを手掛ける荒木伸二が務め、本作で長編映画デビューを飾る。  借金取りに追われ暴行を受けていた蒼山は、黄色いツナギを着たヒゲ面の男に助けられる。その男は蒼山に「居場所」を用意してやるという。蒼山のことを“デュード”と呼ぶその男に誘われ、たどり着いた先は、ある奇妙な「町」だった―。  予告編は、最高でも最低でも特別でもなんでもない男・蒼山(中村)が、“町”へ連れてこられるところから始まる。意思が弱く世の中に居場所がないものたちが集められる「町」。そこは「出るのも入るのも自由だが、離れられない」という謎に満ちた場所だった。そこへ、妹を探しに自らの意志でこの町へ紅子(石橋)がやってくる。紅子と蒼山の出会いからその“町”の異常性が徐々に明らかになるのだが…。予測不能な物語に期待が高まる映像となっている。  同時に解禁された画像は、物憂げな表情でバスに乗る蒼山と紅子、そしておそらく選挙の投票所にいる2人の姿を捉えている。果たしてこれらはそれぞれ何を意味するのか、続報に期待したい。  なお、本作のムビチケカードが7月10日より全国の上映劇場にて販売されることも決まった。  映画『人数の町』は9月4日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access