クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

DAIGO、祖父・竹下登元首相を“ブルー”にさせた理由を明かす

エンタメ

  • twitter
  • facebook
DAIGO(2018年撮影)
DAIGO(2018年撮影) クランクイン!

 タレントでミュージシャンのDAIGOが4日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系/毎週月曜〜金曜13時)に出演。祖父の竹下登元首相との思い出を振り返った。

【写真】DAIGO、“うぃっしゅの呼吸”『鬼滅の刃』炭治郎コスプレにファン歓喜「めっちゃ似合う」

 ロックミュージシャンとして、金髪や青に髪を染めていたというDAIGOは「(髪の色を)青にした時は本当に祖父が“ブルー”な気分になっちゃって」と回想。当時、竹下氏は総理大臣を退いても、国会議員として現役の政治家だったことから「こういう孫がいるっていうのが、必ずしもプラスではないかな。今、思うと。祖父が生きている頃は茶髪とか黒髪でもよかったかな」と話した。

 黒柳徹子から「(髪を染めていることに)おじい様は何もおっしゃらなかったの?」と聞かれると、DAIGOは「祖父は結構、ショックを受けていたみたいで、祖母とうちの母を介して言ってきました。『あの髪の色じゃないとロックっていうものはできないのか』と(確認された)」と説明。DAIGOは「歌舞伎みたいなもので、歌舞伎役者さんもメイクをするし。それと一緒です(と説明した)。たぶん、違うんですけど(伝えてもらった)」と振り返った。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv