麿赤兒 関連記事

  • 『後妻業』第5話場面写真

    今夜『後妻業』第2章開幕 木村佳乃と木村多江それぞれに新局面が

    エンタメ

     女優の木村佳乃が主演を務めるドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第5話が今夜放送される。今回は、小夜子(木村佳乃)が新たなターゲットとして元開業医・笹島(麿赤兒)に狙いを定める。一方、笹島から仕事を依頼された朋美(木村多江)は、高齢者の一人暮らしを心配するが…。@@cutter 本作は、黒川博行の同名小説を連続ドラマ化した痛快サスペンス。大阪を舞台に、独身の資産家を狙って遺産相続目当てで結婚詐欺を行う“後妻業”の女を主人公に、ひとクセもふたクセもある登場人物たちの欲望や思惑、恋模様が複雑に交錯していく。  私立探偵・本多(伊原剛志)の動きを警戒する柏木(高橋克典)は、小夜子(木村佳乃)の弟・博司(葉山奨之)を東京へ送り込み、本多の過去を探って弱みを握ろうと画策。しかし本多の居所はつかんでいないため、朋美(木村多江)を尾行するよう命じる。小夜子は「天敵女の尻尾をつかめ」と弟にはっぱをかける。一方で、認知症の幹夫(佐藤蛾次郎)に苦戦する小夜子には、元開業医の資産家・笹島雅樹(麿赤兒)との見合いをセッティングする。  その頃、夫・司郎(長谷川朝晴)と事務所スタッフの絵美里(田中道子)の浮気を目撃した朋美は、いまわしい記憶を拭い去るかのように、情事の現場となった事務所のソファを処分。しかし、その胸中を知ってか知らずか、自分に対して何かと挑戦的な態度をとる絵美里と、何食わぬ顔でいつも通り仕事をする司郎に、朋美の怒りは収まるどころか膨れ上がる。  小夜子は早速、新しいターゲットである笹島と見合いをし、かなりの資産家であることに目を輝かせ、後妻業としてのやる気をみなぎらせる。  そんな中、姉の尚子(濱田マリ)の頼みで大阪での仕事を手掛けることになった朋美は、リフォームを希望する依頼主の自宅へ。豪邸で朋美を出迎えたのは、小夜子が狙いを定めている笹島だった。そうとは知らない朋美は、高齢者の一人暮らしを心配するが、笹島は「お金さえあれば、人を雇って自由に暮らせる」とあくまで一人身が楽だと語り、さらに、最近できたというガールフレンドからの電話にうれしそうな表情を見せる。そんな笹島に、朋美は亡くなった父の面影を感じる。朋美が笹島邸を立ち去ると、入れ違いで小夜子が。二人はまさか同じ老人と向き合っているとはつゆ知らず…。  一方、探偵を命じられた博司は、偵察をさぼってパチンコにいそしんでいるところを柏木に叱られ、本気で朋美と本多の偵察に動き始める。  ドラマ『後妻業』第5話は、カンテレ・フジテレビ系にて今夜2月19日21時放送。

  • 映画『地獄少女』キャスト写真

    玉城ティナ主演×白石晃士監督、報復代行ホラー『地獄少女』実写映画化

    映画

     女優の玉城ティナが、オリジナルテレビアニメとして2005年より放映された『地獄少女』の実写映画版に主演することが発表された。映画『貞子 vs 伽椰子』の白石晃士監督がメガホンを取る。@@cutter 本作は、アニメ放映以降、コミカライズ(「なかよし」で連載)をはじめ、テレビドラマ、ライトノベル、ゲーム、2.5次元舞台、そして「地獄少女」シリーズとしてパチンコ台・パチスロ台化を展開するなど、幅広く人気を博してきた「地獄少女」の実写映画化。午前0時に開く秘密のサイト「地獄通信」にアクセスすると地獄少女が現れ、恨みを晴らしてくれるという都市伝説に巻き込まれる女子高生たちと、報復を代行する地獄少女の姿を描く。  「地獄少女」と呼ばれる主人公の閻魔あいを演じるのは映画『貞子 vs 伽椰子』『私に××しなさい』の玉城。使い魔の“三藁”として、骨女役に橋本マナミ、一目連役にオーディションで抜てきされた楽駆(らいく)、輪入道役に舞踏家・演出家・俳優の麿赤兒が扮する。そして、噂のサイトにアクセスする女子高生・市川美保を森七菜、美保の親友・南條遥を仁村紗和が演じるほか、AKB48の大場美奈、波岡一喜、藤田富が脇を固める。メガホンを取るのは、オリジナルビデオ『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!』シリーズや、映画『ノロイ』『ある優しき殺人者の記録』『貞子 vs 伽椰子』などでホラーの手法を更新させ続けている白石監督。  主演を務める玉城は、「白石監督とはご一緒させてもらうのが2回目なのですが、1作目は怯えてばっかりだったので(笑) 地獄少女ではより、演技指導していただく際に白石節が炸裂するんじゃないかなあと今から楽しみにしています」とコメント。  白石監督は、「原作の持つエネルギーに負けず、生まれようとしている映画が健やかに暴れまくって世に放たれるように、しっかりと産婆の役目を果たしたいと思います」と気合十分。「ホラーの要素もありますが、美しさと悲しさと凶暴さが同居する『青春映画』、いわば私なりのキラキラ映画です」とメッセージを寄せている。  映画『地獄少女』は2019年秋全国公開。

  • シリーズ最新作『まほろ駅前狂騒曲』は10月18日公開

    新井浩文のツイートで話題になっていた映画『まほろ駅前狂騒曲』特報&全キャスト発表

    映画

     売上累計120万部突破の人気小説『まほろ駅前』シリーズの映画最新作『まほろ駅前狂騒曲』(10月18日公開)の初映像となる特報と第1弾ポスター、そして全キャストが発表となった。@@cutter 曲者たちの厄介な依頼に巻き込まれる便利屋・多田便利軒の多田(瑛太)と行天(松田)が、遂にスクリーンに帰ってくる。公開となった特報は、これまでのイメージを打ち破る超大作のような冒頭から一変、後半は“まほろ”らしい賑やかな作りとなっており、瑛太と松田による脱力系のコンビネーションが垣間見え、ファンのみならず注目の映像だ。  同時に発表された第1弾ポスターは、東京郊外の便利屋とはとても思えない、迷彩服の2人が立っており、ただならぬ雰囲気と共に「俺たちただの便利屋ですから!」というアンバランスなコピーが目を引く。  キャストは主演の瑛太と松田、他にも高良健吾、真木よう子、本上まなみ、麿赤兒、松尾スズキ、大森南朋、岸部一徳ら、シリーズお馴染みのキャストが勢揃い。さらに気になる新キャストは先日発表された永瀬正敏に加え、新井浩文、奈良岡朋子、岩崎未来が抜擢。新旧ともに充実の顔ぶれとなっている。  ちなみにこの情報解禁前の4月22日、新井浩文は自身のツイッターで「映画まほろ駅前狂騒曲に出演します」とフライングで告知。ユーザーから心配されると「今の所、怒られてない」「んなもんで干されたら、それまでの俳優だってこった」と発言し、斬新な宣伝方法がネット上でちょっとした話題を呼んでいた。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access