アガサ・クリスティ 関連記事

  • アガサ・クリスティ『予告殺人』に出演する(左から)大地真央、沢村一樹

    沢村一樹、アガサ・クリスティ『予告殺人』主演 共演に大地真央

    エンタメ

     俳優の沢村一樹が主演、女優の大地真央が共演を務めるドラマスペシャル アガサ・クリスティ『予告殺人』が、2019年春にテレビ朝日系にて放送されることが決まった。@@cutter クリスティによる原作ミステリー小説は、クリスティー・ファンクラブ選出の“人気作品ベストテン(1982年)”で『そして誰もいなくなった』『アクロイド殺し』『オリエント急行殺人事件』に次いで第4位を獲得、“マープルシリーズ”の中ではトップに輝いている作品。  テレビ朝日ではクリスティ作品のドラマ化として2017年3月に『そして誰もいなくなった』、2018年3月には『パディントン発4時50分』『大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて』を放送しており、本作は第4弾となる。  ある朝、新聞の広告欄に唐突に掲載された「殺人のお知らせ」。果たして、世にも恐ろしい殺人の予告は本物なのか…? 壮大な謎とともに幕を開けた物語は、その予告通りの日時と場所で殺人が起きるという衝撃の展開へと発展していく。  事件の謎に挑むのは、『そして誰もいなくなった』『大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて』にも登場した警視庁捜査一課・特別捜査係の相国寺竜也警部。沢村一樹が演じる、キレ者だけどちょっと変わったドラマオリジナルのキャラクター・相国寺が、みたびアガサ・クリスティの世界で活躍する。  今回は相国寺が恋をするという、これまでにない展開もあるとのこと。沢村は「相国寺はこのキャラクターですから、恋をしたらどんな風になるんだろうと考えたのですが、現場に入り、相手の女優さんにお会いしたら、意外とすんなり恋に落ちることができました」と話す。  一方、大地真央が演じるのは、殺人を予告される“小径の館”の美しき当主・黒岩怜里。「レーリィ」の愛称で呼ばれる彼女は、友人や居候、下宿人などを館に住まわせて面倒を見ている愛情深い女性で、館で殺人が起きるという恐ろしい広告にも動じることなく、予告の時間に客人を招いてパーティーを開催。すると予告通り、館で殺人が起こってしまう。相国寺らが捜査を進めていくうち、彼女の美しき笑顔の裏に隠された凄絶な人生の秘密も明らかになっていく。  クリスティ原作ドラマへの出演は『そして誰もいなくなった』以来2作目となる大地。レーリィという女性について「何かを“演じながら”生きている、少し切なさを感じさせる女性」と表現。「彼女が抱えた運命や悲しさをみなさんにも受け止めていただけたら」と話している。  ドラマスペシャル アガサ・クリスティ『予告殺人』は、テレビ朝日系にて2019年春放送。

  • 『ナイル殺人事件』リブート版に出演するというガル・ガドット

    ガル・ガドット、アガサ・クリスティの『ナイル殺人事件』リブートに出演

    映画

     映画『ワンダーウーマン』で人気女優となったガル・ガドッドが、俳優のケネス・ブラナーがメガホンを取る英ミステリー作家アガサ・クリスティ原作の『ナイル殺人事件』リブート版に出演するという。@@cutter 小説『ナイルに死す』をベースに、1978年に映画化された『ナイル殺人事件』。巨額の遺産を相続した女性リネットが、親友の婚約者と電撃結婚。エジプトに向かう豪華客船の中で殺害されたことから名探偵ポアロが推理を働かせる。1978年の映画版では、ポアロ役のピーター・ユスティノフを始め、ベティ・デイヴィスやマギー・スミス、ミア・ファロー、ジェーン・バーキンなど豪華スター陣の共演が実現した。  Deadlineによると、ガルは殺害される美女リネットを演じるとのこと。出演が決まった最初のキャストになるという。『オリエント急行殺人事件』に続き、マイケル・グリーンが再び脚色する。ケネスは監督を務めると共に、再びポアロを演じることを見込まれているが、正式には決定していないとのことだ。  『ナイル殺人事件』リブート版は現地時間2019年12月20日より全米公開予定。

  • BBCの『ABC殺人事件』ドラマ化で名探偵ポアロを演じるというジョン・マルコヴィッチ

    ジョン・マルコヴィッチ、『ABC殺人事件』ドラマ化で名探偵ポアロに

    海外ドラマ

     映画『マルコヴィッチの穴』や『RED/レッド』の俳優ジョン・マルコヴィッチが、イギリスの人気ミステリー作家アガサ・クリスティ原作『ABC殺人事件』のミニシリーズで探偵のエルキュール・ポアロを演じるという。@@cutter Varietyによると、同作はBBC/Amazonのもとで製作され、6月から撮影が予定されているとのことだ。3話構成になるという。  キャストには、映画『ハリー・ポッター』シリーズのロン役で知られる俳優ルパート・グリントも名を連ねる。ルパートはクローム警部を演じるとのことだ。ほかには、俳優のアンドリュー・バカン(海外ドラマ『ブロードチャーチ ~殺意の町~』)やエイモン・ファーレン(海外ドラマ『ツイン・ピークス The Return』)、女優のタラ・フィッツジェラルド(海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』)など。  『ABC殺人事件』はクリスティが1936年に発表。“ABC”という署名が入った殺人予告が届き、ポアロはアルファベット順の場所で、そのアルファベットの名前を持つ人物を殺害するという連続殺人事件の犯人を追う。  現在もテレビや映画で人気のクリスティ作品。最近では2017年の映画『オリエント急行殺人事件』でケネス・ブラナーがポアロを演じている。  これまでも映画やドラマで様々な俳優が演じてきた名探偵ポアロ。カメレオン俳優のジョンがどのように演じるのか、楽しみだ。

  • 映画『オリエント急行殺人事件』ポスタービジュアル

    ジョニデら名優が豪華競演『オリエント急行殺人事件』予告編&ポスタービジュアル解禁

    映画

     12月8日に日本公開を迎える映画『オリエント急行殺人事件』より、予告編映像とポスタービジュアルが解禁され、アガサ・クリスティの同名小説を基に、ケネス・ブラナー、ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、デイジー・リドリーら超豪華キャストが織りなすミステリーの内容が一部明らかになった。併せて、原作者・クリスティのひ孫と監督を務めたケネス・ブラナーからのコメントも公開された。@@cutter 映像の冒頭では、トルコ発フランス行きの寝台列車オリエント急行で、尊大な富豪ラチェット(デップ)と“正しき者の守護者”と世間から呼ばれる世界一の名探偵エルキュール・ポアロ(ブラナー)のやりとりが映し出される。やがてラチェットは刺殺されてしまい、「乗客全員が容疑者だ」と断言するポアロは、目的地のみが共通点で、境遇はさまざまな教授、執事、伯爵、伯爵夫人、秘書、家庭教師、宣教師、未亡人、セールスマン、メイド、医者、公爵夫人、車掌の13名の捜査を開始。列車の外へ逃げる影や、ポアロに詰め寄る者、拳銃を構える者、暴力を振るう者、泣き叫ぶ者の姿からは、物語が激しく展開していくことがうかがえる。  同時に解禁されたポスタービジュアルは、「この列車には、名優たちが必要だった。」というキャッチコピー通り、名優ぞろいの本作の豪華さや魅力が伝わる仕上がりとなっている。    本作に対して、クリスティを曾祖母にもつアガサ・クリスティ社(ACL)の会長兼CEOのジェームズ・プリチャード氏は「曾祖母は列車が大好きでしたし、実際に彼女はオリエント急行に乗車していろいろな旅に出てたくさんの経験をして、それら全てが彼女の描くストーリーにつながりました。『オリエント急行殺人事件』は、彼女にとって間違いなく“特別な作品”です」とコメントを寄せている。さらに「ケネスが演じるポアロは、今までのポアロよりもスタイリッシュで、よりアクティブになっている。そして、これまでのポアロとは違ったアプローチで列車の外でのシーンもある」とも語り、原作ファンに対してもサプライズがあることを仄めかした。  一方、全世界で大ヒットした『シンデレラ』でも監督を務め、本作ではポアロ役と監督を兼任したブラナーは、「アガサ・クリスティの作品を描くには、素晴らしい娯楽作というだけでなく、喪失感や、悲しみという心の奥深くに触れることになる。本作でも登場人物は、多くの感情的な秘密を抱えている」と解説。豪華キャストについては「深い感情を見事に体現できる名優たちとキャラクターを組み合わせることに興奮したし、彼ら全員を描くプロセスにもワクワクした。そして、皆で、積み重ねたストーリーの層をはがし、人間性の層もはがしていったんだ」と振り返っている。  映画『オリエント急行殺人事件』は12月8日全国ロードショー。

  • クリスティ原作『無実はさいなむ』を映画化した『ドーバー海峡殺人事件』(84)

    『ドーバー海峡殺人事件』がTVドラマ化

    海外ドラマ

     イギリスの人気ミステリー作家アガサ・クリスティ原作の『オリエント急行殺人事件』が、俳優ジョニー・デップやケネス・ブラナー、女優ペネロペ・クルスら出演でリメイク映画化され12月には日本公開される予定だが、ドラマでもクリスティの小説が人気のようだ。1957年に発表された『無実はさいなむ』がTVドラマ化されるという。@@cutter 1984年には俳優ドナルド・サザーランド、イアン・マクシェーン、女優フェイ・ダナウェイ共演で映画化され、邦題『ドーバー海峡殺人事件』として公開された『無実はさいなむ』。2年ぶりに外国から戻ってきた地理学者が、獄中で死亡した男の冤罪を証明しようと遺族のもとを訪れたことで新たな疑惑が生じるというストーリーだ。  Deadlineによると、英BBCのもと、アガサ・クリスティ・リミテッドとマンモス・スクリーンが共同製作するという。今月からスコットランドで撮影が始まるとのことで、映画『ラブ・アクチュアリー』の俳優ビル・ナイや映画『エレファント・ソング』の女優キャサリン・キーナー、海外ドラマ『ダウントン・アビー』の俳優マシュー・グードらがキャストに名を連ねる。3部作のミニシリーズになるとのことだ。  BBCではアガサ・クリスティの一連の推理小説がドラマ化される予定。既に2015年には『そして誰もいなくなった』、2016年には『検察側の証人』がドラマ化された。

  • ジョニー・デップら豪華キャスト集結!『オリエント急行殺人事件』12月日本公開決定

    ジョニー・デップら豪華キャスト集結!『オリエント急行殺人事件』12月日本公開決定

    映画

     ミステリー小説家のアガサ・クリスティーが生み出した『名探偵ポアロ』シリーズのベストセラー小説をベースとし、ジョニー・デップら豪華出演キャストが出演する映画『オリエント急行殺人事件』の日本公開が2017年12月に決定した。@@cutter 本作は、ヨーロッパ各地を網羅し進化する鉄道網を100年以上に渡り駆け巡っていたオリエント急行を舞台に、突然発生した殺人事件の謎を世界的な名探偵エルキュール・ポアロが追う姿を描いた推理ミステリー。物語はトルコ発フランス行きのオリエント急行が発車後すぐに、客室で男が刺殺されてしまうことから始まる。ポアロは殺人者が再び人を襲う前に、事件を解決しなければならない…。  ポアロは、シャーロック・ホームズなどと同様に 、時代を越え現在に至るまで支持を得ている名探偵の一人。クリスティー作品の最も有名な登場人物の一人で、「カーテン―ポアロ最後の事件」が出版された際、ニューヨーク・タイムズが、一面で彼の死亡記事を掲載するほど、愛されたキャラクターだ。またクリスティーの描いた原作は、現在までに多数の映画化やドラマ化が行われている。  本作でメガホンを取るのは、数々のシェイクスピア劇で名を馳せ『シンデレラ』や『マイティ・ソー』を手掛けたケネス・ブラナー。ブラナーは、監督だけでなく、ポアロも自身で演じる。さらに『エイリアン:コヴェナント』の公開も控える巨匠リドリー・スコットや『シャーロック・ホームズ』の脚本、『LOGAN/ローガン』をはじめ『X‐MEN』シリーズのプロデューサー兼脚本家のサイモン・キンバーグらが、ブラナーとともにプロデューサーを務める。  キャストには『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジョニー・デップ、『バットマン リターンズ』のミシェル・ファイファー、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のデイジー・リドリー、『恋におちたシェイクスピア』でアカデミー助演女優賞を受賞したジュディ・デンチ、『それでも恋するバルセロナ』でアカデミー助演女優賞を受賞したペネロペ・クルス他豪華キャストが名を連ねる。

  • 仲間由紀恵、初の殺され役に「嫌な夢を見るようになった」

    仲間由紀恵、初の殺され役に「嫌な夢を見るようになった」

    エンタメ

     テレビ朝日の二夜連続ドラマスペシャル『そして誰もいなくなった』の制作発表記者会見が2日に都内で行われ、キャストの仲間由紀恵、向井理、柳葉敏郎、荒川良々、余貴美子、沢村一樹、大地真央、藤真利子、橋爪功、津川雅彦、そして和泉聖治監督が登壇。ドラマで初めて殺される役に挑んだ仲間は「嫌な夢を見るようになりました」と明かした。@@cutter アガサ・クリスティによる世界的に著名な同名小説を、日本で初めて映像化した本作。劇中では、とある孤島のホテルに集められた招待客8人とホテルの執事夫婦が、それぞれが過去に犯した罪を告発されながら、一人、また一人と殺されていく模様が描かれる。  元水泳選手の白峰涼を演じた仲間は、テレビで殺される役は本作が初めて。「気持ちのいいものではないなと思いますし、そのあたりに嫌な夢を見るようになりました(笑)。撮影の時期は、嫌な気持ちになりながら起きてたなという風に思います」と明かした仲間は、「きっと皆さんも殺される役は初めての方ばかりなんだと思いますが、悪夢は見ませんでした?」とキャストに質問。これを受けた津川は「仲間ちゃん、僕なんかもう、出る度に死んでるよ」と明かして笑いを誘った。  一方、元アマチュアボクサーの人気ミステリー作家・五明卓にふんした向井は、和泉監督のスピーディな撮影が印象的だった様子。「たまに、テストもしていないのに本番に行って。津川さんはその日喋るセリフが初めての本番だったりするんですけど(笑)。それも完璧にクリアしている津川さんもいれば、大地さんは『今本番だったの?』ってキョトンとしていたり(笑)」と驚きの撮影秘話を明かす。「緊張感もありつつ、チャーミングな面もあるし、すごく引き締まる部分もあるし、本当にいろいろな感情を経験させていただいたので、一言でいうと、すごく楽しい毎日でした」と振り返った。  二夜連続ドラマスペシャル『そして誰もいなくなった』は3月25日、26日二夜連続で21時より放送。

  • 仲間由紀恵主演、二夜連続ドラマ『そして誰もいなくなった』今春、放送決定

    仲間由紀恵主演、アガサ・クリスティ名作『そして誰もいなくなった』を日本初映像化!

    エンタメ

     “ミステリーの女王”として名高いイギリスの女流作家、アガサ・クリスティの傑作推理小説『そして誰もいなくなった』が、主演に仲間由紀恵を迎え、二夜連続ドラマとして日本“初”映像化されることが発表された。@@cutter ミステリーの女王、アガサ・クリスティの傑作で、1939年に刊行され、全世界で累計1億部以上を売り上げている長編推理小説『そして誰もいなくなった』。絶海の孤島にあるホテルに招待された10人の客がひとり、またひとりと殺されていき、ついには全員が殺され、後日10体の死体が発見される…という『クローズド・サークルミステリー』の代表的作品として知られる同作は、何度も舞台や映画・テレビドラマとして上演、上映されてきた。  これまで日本でたくさんのオマージュ作品が作られてきたが、今作が日本初の映像化作品となる。脚本を執筆するのは江戸川乱歩賞作家・長坂秀佳氏、そして監督を務めるのはテレビ朝日『相棒シリーズ』で知られる和泉聖治氏。    今作の主演を務める仲間は、孤島のホテルに招待され、不可解な連続殺人事件に巻き込まれていく元水泳選手の女性・白峰涼を担当する。また涼とともに孤島のホテルに招待される客に渡瀬恒彦、津川雅彦、余貴美子、柳葉敏郎、大地真央、向井理、國村隼、そして孤島のホテルの執事とその妻を橋爪功と藤真利子と、豪華キャストが名を連ねる。  仲間は今回の出演について「アガサ・クリスティというとても偉大で有名な作家の作品を日本で初めて映像化されるということで、とても楽しみに撮影に入りました」と意気込んでいる様子を明かしながら「大変豪華なキャスト陣で挑む今作ですので、大先輩方からたくさんの助言をいただきながら、記念すべき『そして誰もいなくなった』の日本初映像化作品を作り上げていきたいと思います」と作品への思いを語る。  また向井も「キャストの中では僕が最年少なのですが、みなさんから撮影中にいろいろなお話を聞けること、お芝居を目の当たりにできることがとても楽しみです」と撮影に大いに期待を寄せる様子を見せている。  二夜連続ドラマスペシャル『アガサ・クリスティ そして誰もいなくなった』は、テレビ朝日系24局ネットにて今春放送予定。

  • ウィレム・デフォー、『オリエント急行殺人事件』リメイク版に出演

    ウィレム・デフォー、『オリエント急行殺人事件』リメイク版に出演 ジョニデらと共演

    映画

     映画『ハンター』(12)や『ジョン・ウィック』(15)の俳優のウィレム・デフォーが、米20世紀FOXが製作している映画『オリエント急行殺人事件』のリメイク版に出演することが明らかになった。海外メディアDeadlineが報じている。@@cutter 1974年に公開した『オリエント急行殺人事件』は、1934年に発表されたアガサ・クリスティの同名小説を基に、著名な列車の中で起こった殺人事件を描くミステリー。シドニー・ルメット監督がメガホンを取り、アルバート・フィニーが主人公の探偵エルキュール・ポアロを演じた。  同サイトによれば、リメイク版でウィレムが演じるのは、潜入捜査を行う刑事のゲルハルト・ハードマン。リメイク版ではケネス・ブラナー監督がメガホンを取ると同時に、ポアロ役も務める。  同作にはウィレムやブラナー監督のほかに、ジョニー・デップ、デイジー・リドリー、ミシェル・ファイファー、ペネロペ・クルス、ジョシュ・ギャッド、ジュディ・デンチ、マイケル・ペーニャ、レスリー・オドム・Jr、ルーシー・ボーイントンが出演する。

  • 『シンデレラ』監督ケネス・ブラナーが『オリエント急行殺人事件』リメイクで監督&主演に

    『オリエント急行殺人事件』再映画化 名探偵ポワロ役は『シンデレラ』監督

    映画

     1974年にシドニー・ルメット監督で映画化された英ミステリー作家アガサ・クリスティの名作『オリエント急行殺人事件』。20世紀フォックスが進めているリメイクでケネス・ブラナーが監督として契約交渉に入っていると伝えられたが、監督を務めると共に主役の探偵エルキュール・ポワロを演じることが決まったという。@@cutter クリスティが1934年に発表した原作は、私立探偵ポワロがイスタンブール発カレー行きのオリエント急行内で起きた殺人事件を解決するさまを描く。1974年版の映画ではアルバート・フィニーがポワロを演じ、イングリッド・バーグマンやショーン・コネリー、ローレン・バコールやアンソニー・パーキンスといった蒼々たるキャスト陣が集結した。  The WrapやVarietyなど海外メディアによると、リメイク版の脚本は映画『グリーン・ランタン』(11)のほか、『プロメテウス』や『ウルヴァリン』、『ブレードランナー』といった話題作の続編の脚本を手がけるマイケル・グリーンが担当。リドリー・スコットや『シンデレラ』のサイモン・キンバーグ、海外ドラマ『クリミナル・マインド』シリーズのマーク・ゴードンが製作を務める。  私立探偵ポワロと言えば、アガサ・クリスティ作品の中でもアイコニックな存在で、世界中で愛されているキャラクター。これまでに映画・ドラマでフィニーほか、ピーター・ユスティノフやデヴィット・スーシェなどが演じ、各人がハマリ役と称された。ブラナーも名門の英王立演劇学校を卒業した実力派で俳優として高い評価を得ているが、どのようなポワロを演じてくれるのか。残りのキャストも含めて続報が楽しみである。

  • 1974年に映画化されたアガサ・クリスティの名作ミステリー『オリエント急行殺人事件』

    A・クリスティ『オリエント急行殺人事件』リメイク 『シンデレラ』監督を起用か

    映画

     ミステリーの女王アガサ・クリスティの名作を基に、1974年に映画化された『オリエント急行殺人事件』。20世紀フォックスがリメイクを進めており、映画『シンデレラ』(15)のケネス・ブラナー監督がメガホンを取るべく契約交渉に入っていると、The Wrapが伝えた。@@cutter 2013年に『エイリアン』シリーズのリドリー・スコットが製作すると伝えられたリメイク企画。しばらく進展がなかったが、今年に入り映画『グリーン・ランタン』(11)の脚本家マイケル・グリーンが脚本を執筆すると伝えられた。グリーンはスコット監督の『プロメテウス』第2弾の脚本も手がける売れっ子だ。製作にはスコットのほか、『シンデレラ』のサイモン・キンバーグや人気海外ドラマ『クリミナル・マインド』シリーズのマーク・ゴードンが名を連ねる。  クリスティが1934年に発表した原作ミステリーは、クリスティ作品でお馴染みの名探偵エルキュール・ポワロが、イスタンブール発カレー行きのオリエント急行内でアメリカ人富豪ラチェットの死亡事件を捜査し、事件の真相に迫る姿を描く。  1974年の映画化ではシドニー・ルメットが監督。アルバート・フィニーがポワロを演じ、グレタ・オルソン役のイングリッド・バーグマンがアカデミー賞助演女優賞を獲得している。ほか、ローレン・バコールやアンソニー・パーキンス、ショーン・コネリーなど豪華キャストが集結した。  海外ドラマ『名探偵ポワロ』シリーズでは、英俳優デヴィッド・スーシェが25年もの長きにわたりポワロを演じたが、リメイクでは誰が潔癖症の名探偵を演じるのか。監督の正式決定やキャストなどの続報を待ちたいところだ。

  • アガサ・クリスティの名作ミステリー再び映画化

    『オリエント急行殺人事件』リメイクへ リドリー・スコットがプロデュース

    映画

     『プロメテウス』のリドリー・スコットが映画『オリエント急行殺人事件』のリメイク版を手掛けるようだ。@@cutter アガサ・クリスティの名作ミステリー小説を映画化する権利を手にした20世紀フォックス社は、この製作に向けて3人のトッププロデューサーを起用。リドリーのほか、『X‐MEN』シリーズ最新作『X‐MEN:フューチャー&パスト』の脚本兼製作を手掛けたサイモン・キンバーグと『プライベート・ライアン』でプロデューサーを務めたマーク・ゴードンが共にこの新作を手掛けることになる。  1934年発刊の原作本では、クリスティ作品でおなじみの探偵、エルキュール・ポアロが、イスタンブール発の列車内で1人の乗客が死亡した事件の捜査をする姿が描かれている。  この名作は過去にも映画化だけでなくテレビ化もされており、1974年発表の映画版はアカデミー賞にもノミネートされ、イングリッド・バーグマンがアカデミー賞助演女優賞を獲得している。イギリス人俳優のデヴィッド・スーシェもまた、イギリスの長寿ドラマでポワロを演じていることで良く知られている。  そんな名作の映画化を手掛けるリドリーは現在、モーゼを題材にしたクリスチャン・ベール、シガニー・ウィーバー出演の『Exodus(原題)』を撮影している。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access