松野太紀 関連記事

  • 映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』追加発表された出演陣

    『男はつらいよ お帰り 寅さん』松野太紀&富田望生ら新キャスト発表

    映画

     故・渥美清主演の人気シリーズ『男はつらいよ』の22年ぶり、50作目となる最新作『男はつらいよ お帰り 寅さん』に、新たに松野太紀、富田望生、倉島颯良、中澤準、田中壮太郎の5名が出演することが発表された。いずれもシリーズ初参加となる。@@cutter 1997年公開の第49作『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』以来となる本作では、寅さんこと車寅次郎(渥美)の甥・満男(吉岡秀隆)と、満男がかつて思いを寄せたイズミ(後藤久美子)のその後の物語が描かれる。  物語は満男の妻の七回忌の法要から始まる。柴又の帝釈天の参道に昔あった「くるまや」の店舗は新しくカフェに生まれ変わり、その裏手には、昔のままの住居が残っている。満男は長いサラリーマン生活の合間に書いた小説が認められ小説家になっていた。ある日、満男は、自身のサイン会場で、一度は結婚の約束までした初恋の女性、イズミと再会。ヨーロッパで生活している彼女は仕事で来日し、偶然サイン会に参加したのだった。満男はイズミを小さなJAZZ喫茶に連れて行き、20年以上前に奄美大島で会った寅の恋人・リリーと会わせ、みんなで寅さんのことを思い返す。その夜イズミは「くるまや」を訪れることになるのだが…。  松野と田中は近年、山田洋次監督の映画や舞台に出演している山田組の常連。松野はアニメ『金田一少年の事件簿』の金田一一役や、『スポンジボブ』のスポンジボブ役などの声優としても知られ、田中は俳優だけでなく、舞台の演出家として多方面で活躍している。  また、ドラマ『3年A組』(日本テレビ系)で存在感のある演技を見せた富田や、アイドルグループ・さくら学院を卒業し女優として活動をスタートさせた倉島、子役出身の中澤はオーディションを経ての出演となった。  別々の人生を生きてきた満男とイズミの2人を軸に、さくら(倍賞千恵子)や博(前田吟)など、くるまやを囲む人々が登場する本作で、シリーズ初参加組がどのように登場し、お馴染みのキャストたちと絡んでいくのか注目だ。  映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』は12月27日より全国公開。

  • 『金田一少年の事件簿R』 取材会の様子

    『金田一少年の事件簿R』ゲスト声優にE‐girls・鷲尾伶菜 お馴染みキャストも太鼓判

    アニメ・コミック

     TVアニメ『金田一少年の事件簿R(リターンズ)』の囲み取材が都内スタジオで行われ、金田一一(はじめ)役の松野太紀、七瀬美雪役の中川亜紀子、剣持勇の小杉十郎太、ゲスト声優の鷲尾伶菜(E‐girls/Flower)らが出席。新シリーズの見所や意気込みを語った。@@cutter 2014年、人気アニメ『金田一少年の事件簿』が、『金田一少年の事件簿R』のタイトルで14年ぶりに復活、今回はそれから約1年ぶりの新シリーズとなる。  アニメ放送スタートから主人公・一を演じている松野は「今回は1年ぶりという事で、早いスパンで新しい作品、過去の原作を皆さんにお届けできるのが楽しみ。チーム一丸となって良い作品をお届けできたらと思っております」と意気込みをコメント。  中川が「“またやるからね”と聞いていたんですけど、こんなに早く復活するとは思っていなかったので…」と話すと、小杉も「正直嬉しい驚きでしたね。体の中から熱いものがこみ上げてきました」と、それぞれシリーズを通して長年演じてきたからこその、喜びを噛みしめていた。  ゲスト声優の鷲尾は、“血溜之間殺人事件”の前篇・後編(10月31日・11月7日放送)で、一が通う不動高校の囲碁部と対戦する相手校のエース・天元花織として登場。アニメが好きという鷲尾は、今回の出演について「小さい頃から家族でよく見ていたので、このお話を頂いた時は信じられない気持ちでした」と驚きの声。  また、アフレコ初挑戦で、自身と対照的にクールな役柄を演じたが、「初めての経験だったのですが、皆さんが声をかけて下さったりアドバイスして下さったので、リラックスしてできました。やっぱり皆さんは声量がすごくて、自分はまだまだだなと思いました」と収録を振り返った。  その一方で松野からは「いっぱい大きなステージに立っているだけあってメチャメチャ堂々としていました(笑)。最初は尺が合わなかったりしたんですけど、テンポの掴み方やリズム感が良くて、次にはピタっと合うんですよ」と、“声優”鷲尾を絶賛していた。  『金田一少年の事件簿R』は読売テレビ・日本テレビ系にて10月3日17時30分スタート。

  • 『金田一少年の事件簿R(リターンズ)』新シリーズスタート

    『金田一少年の事件簿R』1年ぶりに新シリーズで復活! 一ちゃんとコナンで再びタッグ

    アニメ・コミック

     1997年4月から2000年9月まで放送されて高視聴率を記録し、2014年には14年ぶりに復活した人気アニメ『金田一少年の事件簿R(リターンズ)』の新シリーズが、10月3日より放送されることがわかった。@@cutter 本作は、普段は冴えない高校生だが、事件が起きると名探偵だった祖父譲りの推理力を発揮する金田一一(はじめ)を主人公に、難事件を解決していくミステリーアニメ。原作は推理漫画の先駆けとして1992年から2001年まで、「週刊少年マガジン」(講談社)で連載された『金田一少年の事件簿』。  2014年に放送された『金田一少年の事件簿R(リターンズ)』は、『金田一少年の事件簿』の良い部分を引き継いだ形で放送され、主人公・金田一一役を松野太紀、七瀬美雪役を中川亜紀子、剣持勇役を小杉十郎太、明智健悟役を森川智之が演じた。  10月からスタートする新シリーズも、昨年放送の同作から大きな変更点はなく、キャストも引き続き同じメンバーが担当する。これは、作品の魅力をよく知るキャストとスタッフが再集結し、前回の良き所を続けていこうという思いを込めてのことで、その思いからタイトルも変更しなかったという。  今回の放送は、秋冬シーズンの放送のため、作品の舞台も季節に合わせた事件が取り上げられる。また、犯人を操る地獄の傀儡師、高遠遥一の綿密に練られた犯罪トリックとその難解な謎に挑む金田一一のぶつかり合いはファンに人気のエピソードのひとつだが、今シリーズでも高遠が登場し、金田一との熱いバトルが繰り広げられる予定だ。  本シリーズの特徴の一つでもあり、丁寧に事件を描く本格的な推理ものとして好まれている4~5話かけたエピソードから、1、2話の気軽に見られるエピソードまで、バリエーション豊富な構成で展開される今シリーズ。続いて放送される『名探偵コナン』とともに、土曜の夕方は、2人の名探偵の活躍を楽しみにしたい。  『金田一少年の事件簿R(リターンズ)』は10月3日17時30分より、読売テレビ・日本テレビ系で放送開始。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access