ユエン・ウーピン 関連記事

  • 映画『イップ・マン外伝 マスターZ』場面写真

    殺人的パワー! D・バウティスタとの激熱バトル収録『イップ・マン外伝』メイキング

    映画

     香港アクション俳優のマックス・チャンが主演する映画『イップ・マン外伝 マスターZ』より、米プロレス団体WWE出身のアクションスター、デイヴ・バウティスタとマックスの激しい格闘シーンを捉えたメイキング映像が公開された。@@cutter 本作は、中国語圏をはじめ世界中でヒットした香港アクション映画『イップ・マン』シリーズから誕生した新ヒーロー、チョン・ティンチの物語。イップ・マンに敗れ、一度は詠春拳を捨てながらも、愛する家族と仲間たちを守るため、再び苛烈な闘いへ身を投じるティンチの姿を描く。映画『イップ・マン 継承』に出演し、『パシフィック・リム:アップライジング』でハリウッド進出も果たしたマックスが主演を務め、『マトリックス』でカンフーコレオグラファーを務めたユエン・ウーピン監督がメガホンを取る。  解禁されたメイキング映像は、警察幹部さえ自由に動かす外国人犯罪組織の黒幕デヴィッドソン役を演じたバウティスタのアクションシーンを収録。バウティスタ扮するデヴィッドソンが「中国人は身の程を知らず英雄になりたがる。英雄は短命だと教わらなかったか」と語りかけるや、マックス扮するティンチも「英雄になるためでなくお前を倒しに来た」と応酬。直後、バウティスタに素早く拳の連打を叩き込むマックス、マックスを軽々と持ち上げ、ガラス戸棚に思い切り放り投げるバウティスタの姿などがドラマティックな動きとともに捉えられている。  バウティスタは「私とマックスの戦いが(本作の)クライマックスだ」と、自身が本作に果たした役割の重さを語る。ウーピン監督も「デイヴの力を強調したかった。彼は一発で敵を倒せる」とコメントしたほか、マックスも手合わせしたバウティスタについて、「ガラスや机に叩きつけられても彼の力なら当然だと思える。簡単には勝てない相手だ」と吐露している。  映像内では、圧倒的な体格差とパワーを前に、全く攻撃が通じず潰されかけたティンチが、最大の危機のなか詠春拳の基本に立ち返り、“奥義”に目覚め秘技を繰り出して行くさまが収められている。  映画『イップ・マン外伝 マスターZ』は3月9日より全国公開。

  • 映画『イップ・マン外伝 マスターZ』場面写真

    ミシェル・ヨーが華麗に闘う『イップ・マン外伝』メイキング映像到着

    映画

     香港アクション俳優のマックス・チャンが主演する映画『イップ・マン外伝 マスターZ』より、女優のミシェル・ヨーとマックスの格闘シーンを捉えたメイキング映像が公開された。@@cutter 本作は、中国語圏をはじめ世界中でヒットした香港アクション映画『イップ・マン』シリーズから誕生した新ヒーロー、チョン・ティンチの物語。『イップ・マン 継承』に出演し、『パシフィック・リム:アップライジング』でハリウッド進出も果たしたマックスが主演を務める。メガホンを取ったジャッキー・チェン主演の『ドランクモンキー/酔拳』や、『マトリックス』でカンフーコレオグラファーを務めたユエン・ウーピン監督がメガホンを取っている。  詠春拳の正統争いでイップ・マンに敗れたティンチは武術界を去り、小さな食料店を営みつつ息子フォンと暮らしていた。そんなある日、ティンチは街を仕切る長楽グループの反逆児キットらに追われていたジュリアとナナの窮地を救ったため、店に放火されてしまう。さらにキットたちの策略により、ナナたちは命を落としてしまう。ティンチは封印していた武術を正義のために使うべく、悪の巣窟へ独り乗り込む。  解禁されたメイキング映像は、長楽グループの女ボス・クワン役を演じたミシェル・ヨーのアクションシーンを収録。マックスの放った拳の一撃を受け止め、カウンターをお見舞いするミシェル、長剣を激しく振りかざしつつ、マックスと激しい応酬を繰り広げるミシェルの姿が優雅な身のこなしとスピーディーな展開とともに捉えられている。ミシェルは「出来栄えには満足してるし価値のある作品だわ」と語り、ウーピン監督の「ミシェルの動きは美しく力強い」というコメントも収められている。  主演のマックスは、ミシェルの代表作の一つ『グリーン・デスティニー』(2000)に、当時ウーピン監督のアクション・チームの一員として武術指導アシスタントやスタントマンとして参加していた経歴を持つ。本作では堂々の主演俳優として大女優ミシェルと共演し、ウーピン監督の元、“華麗なる殺気”に満ちた芸術的とも言えるアクション・シーンを創り上げている。  映画『イップ・マン外伝 マスターZ』は3月9日より全国公開。

  • 『イップ・マン外伝 マスターZ』ティザービジュアル

    『イップ・マン外伝 マスターZ』ディザービジュアル解禁&公開日決定

    映画

     香港アクション俳優のマックス・チャンが主演する『イップ・マン外伝 マスターZ』が、3月9日より全国公開されることが決定し、ディザービジュアルも解禁となった。ビジュアルには、凛々しい表情で前を向き、武術の構えをとるマックスの姿が描かれている。@@cutter 本作は、中国語圏をはじめ世界中でヒットした『イップ・マン』シリーズから誕生した新ヒーロー、チョン・ティンチの物語。主演を務めるマックスは、『イップ・マン 継承』で強烈な印象を残し、『パシフィック・リム:アップライジング』などでハリウッド進出も果たしており、「香港アクションの最終兵器」ともいわれる存在だ。共演にミシェル・ヨ―、トニー・ジャー、デイヴ・バウティスタを迎える。  監督は、ジャッキー・チェンの『ドランクモンキー/酔拳』から『マトリックス』などのハリウッド大作まで手がけるアクション界の巨匠、ユエン・ウーピン。愛弟子であるマックスのために直々にメガホンを取り、「自らのベストの1本」と語る作品に仕上げた。  詠春拳の正統争いでイップ・マンに敗れたティンチは武術界を去り、小さな食料店を営みながら息子フォンと暮らしていた。ある日、ティンチは街を仕切る長楽グループの反逆児キットに追われていたジュリアとナナの窮地を救う。だが、そのことでティンチはキットの恨みを買い、住居兼食料品店に放火され、店も住む場所も失ってしまう。ジュリアは、バーを経営している兄フーにティンチを紹介し、仕事と住居の世話をする。一方、長楽グループの女ボス・クワンに対して反旗を翻す弟のキットは、組織を乗っ取ろうと画策していた。そんな中、キットたちの卑劣な策略によって、ナナやフーが命を落としてしまう…。ティンチは封印していた武術を正義の為につかうべく、単身、悪の巣窟へと乗り込んで行く。  解禁されたビジュアルは、武術の構えをとるティンチが中心に大きく描かれたもの。決意に満ちた表情で前を見据えるティンチの下には、「男は、もう一度立ち上がる」とのチャッチコピーが添えられている。一度は捨てた武術を使い、悪に立ち向かうティンチの覚悟が感じられるビジュアルとなっている。  映画『イップ・マン外伝 マスターZ』は3月9日より全国公開。

  • 映画『グリーン・デスティニー』の続編に出演が決まったというハリー・シャム・Jr

    『グリーン・デスティニー』続編、『glee/グリー』ハリー・シャム・Jrが出演

    映画

     アン・リー監督の2000年の世界的ヒット作品『グリーン・デスティニー』の続編に、人気海外ドラマ『glee/グリー』のマイク役で知られるハリー・シャム・Jrが出演することが決まったと、The Wrapが伝えた。@@cutter 『グリーン・デスティニー』は秘剣「グリーン・デスティニー」を巡る4人の男女の闘いや愛を描くアクション大作。第73回アカデミー賞では英語以外の言語にもかかわらず作品賞にノミネートされ、最終的に外国語映画賞を含む4部門を受賞した。チョウ・ユンファが剣の名士リー・ムーバイ、ミシェル・ヨーがリーの弟子ユー・シューリン、チャン・ツィイーが剣に魅せられた貴族の娘イェンを演じるなど、豪華スターの共演でも話題になった。  続編でメガホンを取るのは、リー監督に代わりユエン・ウーピン。ウーピンは前作でアクション監督を務め、映画『マトリックス』シリーズや『キル・ビル』シリーズなで武術指導を担当したことでも知られる。  The Wrapによると、続編のストーリーは1作目から20年後が舞台。名剣「グリーン・デスティニー」が悪の手に落ちるのを防ぐために奔走する、ユー・シューリンを含む4人のヒーローたちを描くという。  ミシェルが前作に引き続き、ユー・シューリンを演じるほか、映画『イップ・マン』シリーズのドニー・イェンがヒーローの1人サイレント・ウルフ役に決まっていた。ハリーは3人目のヒーロー、ティエファン(Tie-Fang)を演じるとのこと。4人目のヒーローを誰が演じるのかは現在、不明。撮影は今週から始まっているとのことだ。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access