ジェフリー・ライト 関連記事

  • 映画『BOND 25(仮題)』撮影現場で談笑する(左から)チャールズ皇太子とダニエル・クレイグ

    『BOND 25』メイキング映像解禁! チャールズ皇太子も撮影現場に

    映画

     俳優のダニエル・クレイグが主演する『007』シリーズの最新作『BOND 25(仮題)』より、メイキング映像が解禁された。ジャマイカでのロケの様子が垣間見れる映像となっている。@@cutter シリーズ25作目となる『BOND 25(仮題)』は、舞台をジャマイカからスタート。前作で現役を退いたボンドは、ジャマイカで穏やかな日々を過ごしていた。しかし、それは長くは続かない。ある日、旧友でもあり、CIAエージェントのフェリックス・ライターが、誘拐された科学者を救い出してほしいとボンドのもとを訪ねる。その想像を超える過酷なミッションよって、ボンドは危険な最新技術を操る正体不明の敵へと導かれていく…。  解禁されたメイキング映像では、キャリー・フクナガ監督と親し気に談笑するダニエルの姿や、前作で現役を退きジャマイカで穏やかな日々を過ごしていたはずのボンドが諜報員として復活することを連想させるような銃を片手に持つ姿、シリーズ続投となるCIAエージェントのフェリックス・ライター役のジェフリー・ライトや新キャストであるノミ役のラッシャーナ・リンチの姿が収められている。  また、現地時間6月20日には、イギリス王室のチャールズ皇太子が撮影現場のパインウッド・スタジオを訪れるという話題も。皇太子は、プロデューサー陣と撮影所のツアーを楽しみ、ダニエルや、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ラッシャーナといったキャスト陣や、キャリー監督と面会。“ボンドカー”の前でダニエルと談笑したり、皇太子がスタッフ陣と握手をする様子などが写真に収められている。  映画『BOND 25(仮題)』は2020年全国公開。

  • “グロ”と“エロス”の共存、過激すぎる禁断の『ウエストワールド』に迫る

    『ウエストワールド』“エロス”と“グロ”との共存、過激すぎる内容

    海外ドラマ

     世界的大ヒット海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の製作で知られる米ケーブル局HBO(R)が製作費5400万ドルをかけ、総力を挙げて放つ新作の大型ドラマ『ウエストワールド』。これまで同局は『セックス・アンド・ザ・シティ』『バンド・オブ・ブラザーズ』『ROME[ローマ]』など、過激な作品を発表してきた。それだけに、次の作品ではどのような描写が見られるのか。もちろん、その期待を裏切らぎることなく“グロ”と“エロス”が共存する禁断の超大作となっている。@@cutter 物語の舞台となるのは、近未来の体験型テーマパーク“ウエストワールド”。ここには、西部開拓時代の街並みとそこに暮らす人々――娼婦、ガンマン、保安官、悪党などが存在している。“人々”は、人間そっくりに造られた人工知能(AI)を備えたロボットで、シナリオ通りに行動するようプログラミングされていたが、やがて何人かのロボットたちがシナリオを外れ、異常な行動を起こし始めてしまう―。  本作は、1973年の映画『ウエストワールド』を原案に、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムスと、『ダークナイト』のジョナサン・ノーランがタッグを組み、アンソニー・ホプキンス、エド・ハリス、ジェームズ・マースデン、エヴァン・レイチェル・ウッド、ジェフリー・ライトら演技派を揃えた、まさに映画顔負けの海外TVドラマシリーズ。謎が謎を呼ぶミステリー尽くしの展開はまったく先が読めず、“グロ”さも“エロス”も頭ひとつ飛び抜けている。  気になる禁断の過激描写は、第1話からたっぷりと登場する。そもそも、ウエストワールドに暮らすロボットたちは、来園する人々を喜ばせるのが仕事。それゆえ、来園者の気分を盛り上げるために、悪役に扮して銃に撃たれたり、酒場での喧嘩を始めて殴られたり等、傷が絶えない。となると、必要なのは修理。しかも、リアルさがパークのウリのひとつだけに、洋服を脱いだら金属なんて野暮なことはしない。皮膚があって筋肉があり、血液も流れと、修理はオペのような様相を呈す。さらに、頭皮をはぎとるシーンまで…思わず目を背けたくなる“グロ”さは言うまでもない。  一方、“エロス”のほうでもロボットが大活躍する。娼婦としてドレスを脱いで人間の相手をする時、“体”の修理や検査の時は全裸。男女のロボットが格納されるシーンでもちろん全裸。見えるか見えないかギリギリのラインで攻めるのではなく、ここまでやっていいのかと、驚きのシーンが連続する。  禁断の超大作海外ドラマ『ウエストワールド』は、10月13日より毎週木曜23時ほかスターチャンネルにて独占日本初放送(10月13日&29日は第1話無料放送)。

  • 『ハンガーゲーム2』キャラクター画像一挙公開!

    『ハンガー・ゲーム2』公開まであと100日!個性あふれる新キャラクター一挙公開!

    映画

     12月27日より公開される『ハンガー・ゲーム2』。日本公開100日前の本日、ムビチケ発売が決定した、そして公式サイトでは本日9月18日0時より映画公開日までカウントダウンがスタート。さらに前作出演キャラクターをはじめ、本作の新キャラクターあわせて20名の画像が一挙公開された。@@cutter ムビチケとは、インターネットで座席指定を行い、当日は各劇場の発券機でスムーズに発券できるサービスのこと。本作のチケットは10月5日からの発売で、キャラクターポストカード(6枚)付特製メモパッドが特典としてついてくる。  そして、今回解禁された画像は全20キャラクター。第74回ハンガー・ゲームの勝者で主人公のカットニス(ジェニファー・ローレンス)、もう1人の勝者ピータ(ジョシュ・ハッチャーソン)や、カットニスの親友ゲイル(リアム・ヘムズワース)はもちろんのこと、記念大会となる第75回ハンガー・ゲームで戦う歴代勝者の画像が含まれている。  『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』『スノーホワイト』などで、そのイケメンぶりを発揮したサム・クラフリン演じる、第65回ハンガー・ゲームで若干14歳にして勝者となったフィニック。『007』でお馴染みのジェフリー・ライト演じる、かつてのハンガー・ゲーム勝者で今回キーパーソンの一人となるビーティー。そのほか、ウディ・ハレルソン演じるカットニスとピータの教育係ヘイミッチ、エリザベス・バンクス演じるカットニスの付添人兼PRを担当するエフィー、レニー・クラヴィッツ演じるカットニスのスタイリスト、スタンリー・トゥッチ演じるハンガーゲームの公式テレビインタビュアーのシーザー、ドナルド・サザーランド演じる独裁者スノー大統領などの画像が解禁された。  全世界が熱狂するサバイバル・アクション『ハンガー・ゲーム2』は12月27日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access