ダン・ブラウン 関連記事

  • 『ダ・ヴィンチ・コード』のロバート・ラングドン教授の若き日の活躍を描くドラマ企画が進行中(※映画『ダ・ヴィンチ・コード』場面写真)

    『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ、若きラングドン教授を描く前日譚ドラマ制作

    海外ドラマ

     2006年の映画『ダ・ヴィンチ・コード』を含む3作で俳優のトム・ハンクスが演じるロバート・ラングドン教授が、テレビドラマで活躍することになりそうだ。米NBC局が若きラングドン教授を主人公にしたドラマ企画を進めているという。@@cutter 米作家ダン・ブラウンのベストセラー小説に登場するラングドン教授。これまでに『天使と悪魔』、『ダ・ヴィンチ・コード』、『インフェルノ』が映画化された。いずれも宗教象徴学を専門にするハーバード大学の教授ロバート・ラングドンが、世界で起きる事件に潜む謎に迫る姿を描く。  Deadlineによると、NBC局のドラマ企画のタイトルは教授の姓となる『Langdon(原題)』。ダン・ブラウンの小説シリーズの3作目となる『ロスト・シンボル』に基づくドラマになるという。海外ドラマ『ブラックリスト』や『メンタリスト』のダニエル・セローンが、脚本を執筆すると共に製作総指揮を務めるという。映画シリーズでメガホンを取るロン・ハワード監督や、ブラウン氏が製作に名を連ねる。  テレビドラマ版は若き日のラングドン教授の冒険を描くという。恩師が誘拐される事件が起き、ラングドン教授が一連の危険な謎に引き込まれていくとのこと。半ば強制的にCIAとチームを組むことになり、恐ろしい陰謀を突き止めていく姿を描くという。  キャストやバイロット版の撮影時期などは不明。続報を楽しみにしたい。

  • 「ロバート・ラングドン」シリーズ最新作『インフェルノ』ついに製作決定

    “ラングドン”シリーズ最新作『インフェルノ』撮影開始 国際的なキャスト陣も発表

    映画

     『ダ・ヴィンチ・コード』や『天使と悪魔』のダン・ブラウン原作による“ロバート・ラングドン”シリーズ第3弾『インフェルノ』の製作開始が決定。主演のトム・ハンクスと監督のロン・ハワードが続投することも発表され、既に世界中から熱い期待が集まっている。@@cutter 本作は、前2作で全世界12億ドルを稼ぎ出した大ヒットシリーズの第3弾。ラングドン教授(トム・ハンクス)が今回対峙するのは、ダンテの長編叙事詩「神曲」<地獄篇>をめぐる世界滅亡へのカウントダウン。記憶喪失となってフィレンツェの病院で目を覚ましたラングドン教授は、女医のシエナとともに美術史や宗教図解解釈学の知識を武器に、伝染病を世界に広めようとする陰謀を阻止すべく奔走する。  女医シエナを、『博士と彼女のセオリー』で本年度アカデミー賞主演女優賞にノミネートされているフェリシティ・ジョーンズが務めることが発表されたほか、『最強の二人』のオマール・シー、『ライフ・オブ・パイ』のイルファン・カーン、デンマークのテレビドラマ『コペンハーゲン 首相の決断』のシセ・バベット・クヌッセンという国際色豊かな共演陣も公表された。  ロン・ハワード監督は、キャスト陣に対し「 この作品では、ロバート・ラングドンの絶対絶命の危機や、彼の前に立ちふさがる世界規模の脅威を際立たせるために、インターナショナルなキャストにしたかった」と説明。「フェリシティ、イルファン、オマール、シセは全員が自国においても、そしてアメリカでもすばらしい俳優として認められている。撮影開始が待ち遠しいよ」と、豪華なメンバーに期待を寄せた。  全米公開は、2016年10月14日、日本では2016年秋公開予定。

  • トム・ハンクス主演の人気シリーズ最新作、フェリシティ・ジョーンズ出演か

    ラングドン教授シリーズ最新作『インフェルノ』、ヒロイン候補に注目女優が浮上

    映画

     映画化が伝えられていたダン・ブラウン原作のロバート・ラングドン教授シリーズ『インフェルノ』。8月にシリーズ映画化の前2作で監督を務めたロン・ハワードとラングドン教授を演じたトム・ハンクスの続投決定が伝えられたが、本作に映画『あなたとのキスまでの距離』(未・15)のフェリシティ・ジョーンズが出演する可能性が出てきたという。@@cutter 本作は、『ダ・ヴィンチ・コード』(06)、『天使と悪魔』(09)に続くダン・ブラウン原作小説ラングドン教授シリーズ映画化の第3弾。小説では本作の前に『ロスト・シンボル』が発表されており、同作の映画化も決定しているが、『インフェルノ』が先に製作される。  Deadlineによると、フェリシティは『インフェルノ』でのヒロイン役となる女性医師シエナ・ブルックス候補になっており、出演に向けて契約交渉を始めたとのことだ。フェリシティは現在、理論物理学者スティーヴン・ホーキングと最初の妻ジェーンの関係を描いた『The Theory of Everything(原題)』での好演で注目を浴びているイギリス出身の女優。本作への出演が決まれば、キャリアのさらなる躍進になるだろう。  イタリアのフィレンツェを舞台にする原作『インフェルノ』は、ハーバード大学で教鞭を執る宗教象徴学者のラングドンが、ダンテの『神曲』<地獄編>にからんだ謎を追うというミステリー。何者かに襲撃され病院で目覚めたラングドンが、再び襲撃された時に彼を助け出すのがシエナだ。  本作の映画化では、『天使と悪魔』に引き続き、デヴィッド・コープが脚本を担当した。昨年7月に製作が伝えられた時には、全米公開予定日が2015年12月8日になるとのことだったが、撮影が来年4月からイタリアで始まるらしく、映画の公開は2016年に持ち越される模様だ。

  • ロバート・ラングドン教授シリーズ第4弾が始動!(写真は『天使と悪魔』)

    『天使と悪魔』のトム・ハンクス、ロバート・ラングドン教授シリーズ4作目で主演

    映画

     トム・ハンクスが、宗教象徴学を専門とするロバート・ラングドン教授の活躍を描く人気シリーズ小説の最新映画化作品『Inferno(原題)』で主演を務めるらしい。@@cutter ダン・ブラウン原作の小説『Inferno(原題)』は、ロバート・ラングドン教授を主人公とした『ダ・ヴィンチ・コード』『天使と悪魔』に続く4作目。映画版で主人公ラングドン教授を演じてきたトムは当初、原作3作目の映画版『The Lost Symbol(原題)』に出演する予定だったものの、予定が変更となり、シリーズ4作目の映画化に出演することになったようだ。  Deadline.comによると、『The Lost Symbol(原題)』ではなく『Inferno(原題)』を映画化することを決めたのはロン・ハワード監督だという。また、『天使と悪魔』の脚本を手掛けたデヴィッド・コープも、『Inferno(原題)』に脚本家として参加することになっている。  昨年3月にはダニー・ストロングが『The Lost Symbol(原題)』の映画化の脚本を執筆していて、ハワード監督に代わって『わたしを離さないで』のマーク・ロマネクが監督の座に収まったと報じられていたが、それ以来3作目の映画化が進んでいない状態が続いていた経緯がある。  『Inferno(原題)』は全米で2015年12月18日に公開予定。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access