高橋メアリージュン 関連記事

  • 『人生が楽しくなる幸せの法則』第6話場面写真

    今夜『人生が楽しくなる幸せの法則』、夏菜は恋する和田琢磨の意外な姿を目撃

    エンタメ

     女優の夏菜が主演を務めるドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第6話が今夜放送される。第6話では、夏菜演じる中川彩香ら3人は、神様の助言に従い、積極的に行動するが…。@@cutter 本作は、お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイによる人気エッセイ『ちょうどいいブスのススメ』(主婦の友社)を原作に、オリジナルストーリーでドラマ化したラブコメディー。ジャストライト物産に勤務する彩香、木原里琴(高橋メアリージュン)、皆本佳恵(小林きな子)の3人の女性会社員が、「ちょうどいいブスの神様」のレクチャーを受けて成長していく姿を描く。原作者の山崎も「神様」役で出演している。  “ちょうどいいブスの神様”(相席スタート・山崎ケイ)から次に与えられたミッションは「幸せが勝手に舞い込んで来るなんて思ったら大間違い! 受け身にならず、今こそ動くの!」というもの。早速、彩香は、佐久間涼太(和田琢磨)が女性と言い争っているのを見て、里琴、佳恵と、後をつける。すると涼太の思わぬ一面が発覚。「目に見えているものが真実とは限らない」と3人は引き続き行動するが…。  『人生が楽しくなる幸せの法則』第6話は、読売テレビ・日本テレビ系にて今夜2月14日23時59分放送。

  • 『人生が楽しくなる幸せの法則』第5話場面写真

    今夜『人生が楽しくなる幸せの法則』、夏菜は苦手な合コンに参加するはめに…

    エンタメ

     女優の夏菜が主演を務めるドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第5話が今夜放送される。第5話では、失恋をひきずる夏菜演じる中川彩香は、ショック療法として苦手な合コンに参加することになってしまう。@@cutter 本作は、お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイによる人気エッセイ『ちょうどいいブスのススメ』(主婦の友社)を原作に、オリジナルストーリーでドラマ化したラブコメディー。ジャストライト物産に勤務する彩香、木原里琴(高橋メアリージュン)、皆本佳恵(小林きな子)の3人の女性会社員が、「ちょうどいいブスの神様」のレクチャーを受けて成長していく姿を描く。原作者の山崎も「神様」役で出演している。  失恋の痛手から立ち直れない中川彩香と皆本佳恵に、“ちょうどいいブスの神様”(相席スタート・山崎ケイ)は、“ショック療法”と称して合コンにチャレンジさせる。合コンが苦手で拒否反応を見せる彩香に、神様は「ちょうどいい距離を制する者が、全てを制す!」とアドバイス。そして、彩香と佳恵のために、木原里琴が合コンをセッティングするが…。  『人生が楽しくなる幸せの法則』第5話は、読売テレビ・日本テレビ系にて今夜2月7日23時59分放送。

  • 『人生が楽しくなる幸せの法則』に主演する夏菜

    夏菜、デートで緊張する姿がかわいい! 『人生が楽しくなる幸せの法則』第4話

    エンタメ

     女優の夏菜が主演を務めるドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第4話が放送され、夏菜演じるヒロインが憧れの同僚と2人きりになり緊張するシーンに視聴者から「かわいい」「見てるこっちが緊張」などの声がSNSに寄せられた。@@cutter 彩香(夏菜)は、涼太(和田琢磨)から誘われた日曜日のデートのことで頭がいっぱい。恋愛の必殺技など持たない彩香、里琴(高橋メアリージュン)、佳恵(小林きな子)たちに、“ちょうどいいブスの神様”(山﨑ケイ)は、「“ちょうどいいブスの恋はRPG”よ! 少しずつ経験値を積んで、ひとつひとつステージをクリアしていくの!」とアドバイス。彩香は「佐久間君と楽しく会話をすること」を目標に突き進むが…。  ついに迎えたデート当日。待ち合わせの店に出かけた彩香だったが、そこには涼太だけでなく、同僚の鴨志田萌(佐野ひなこ)らも同席。彩香同様に涼太が気になる萌が2人きりのデートを邪魔しにきたのだった。たどたどしい会話が続く中、萌たちが席を外すと、彩香と涼太は2人きりに。緊張が頂点に達した彩香は、会話を円滑に進めるために用意していた“ネタ帳”を落とし、それを涼太に発見されてしまう。彩香が「しゃべるのも苦手で退屈させないために準備してきました…」と話すと、涼太は笑顔で「もっと気楽に来てくれたら良かったのに」とフォロー。  男性との会話に緊張する初々しい彩香の姿に、ネット上には「ネタ帳だなんて…夏菜が可愛く見えてきた(当たり前)」「夏菜かわいい」「頑張れ!」「見てるこっちが緊張してドキドキ」などの声が寄せられた。  しかしその後、彩香は萌から「私たち付き合ってるんです」と涼太と交際していると聞かされ落胆。ショックを受けた彩香は、里琴(高橋)に「こういうオチになるんじゃないかなと思ってたんですけどねぇ」と開き直ると、それを聞いた里琴は真剣な表情で「慣れっ子なフリして心の中ボロボロなんでしょ!!」と怒りをぶつける。このシーンに視聴者からは「木原さんめちゃくちゃ良い女」「バリええやつやん」などのツイートも寄せられた。

  • 『人生が楽しくなる幸せの法則』第4話場面写真

    『人生が楽しくなる幸せの法則』、夏菜は和田琢磨にデートに誘われ…

    エンタメ

     女優の夏菜が主演を務めるドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第4話が今夜放送される。第4話では、和田琢磨扮する男性社員からデートに誘われた中川彩香(夏菜)が“ある目標”を掲げて突き進む姿が描かれる。@@cutter 本作は、お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイによる人気エッセイ『ちょうどいいブスのススメ』(主婦の友社)を原作に、オリジナルストーリーでドラマ化したラブコメディー。ジャストライト物産に勤務する彩香、木原里琴(高橋メアリージュン)、皆本佳恵(小林きな子)の3人の女性会社員が、「ちょうどいいブスの神様」のレクチャーを受けて成長していく姿を描く。原作者の山崎も「神様」役で出演している。  中川彩香は、佐久間涼太(和田琢磨)から誘われた日曜日のデートのことで頭がいっぱい。恋愛の必殺技など持たない彩香、木原里琴、皆本佳恵たちに、“ちょうどいいブスの神様”(相席スタート・山崎ケイ)は、「“ちょうどいいブスの恋はRPG”よ! 少しずつ経験値を積んで、ひとつひとつステージをクリアしていくの!」とアドバイス。彩香は「佐久間君と楽しく会話をすること」を目標に突き進むが…。  『人生が楽しくなる幸せの法則』第4話は、読売テレビ・日本テレビ系にて今夜1月31日23時59分放送。

  • 高橋メアリージュン

    高橋メアリージュンの爆走を視聴者が絶賛! 『人生が楽しくなる幸せの法則』第3話

    エンタメ

     女優の夏菜が主演を務めるドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第3話が放送され、クライマックスで高橋メアリージュン演じる総務部社員が全力疾走を見せると、視聴者から「ハイヒールなのにこの速度」「いかつい」などの声がSNSに寄せられた。@@cutter 本作はお笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイの人気エッセイを原作にしたラブコメディ。夏菜、高橋、小林きな子の3人が演じるイケてない女性たちが仕事も恋愛もスマートにこなす生き方上手な女性を目指す姿が描かれる。  今回、中川彩香(夏菜)、木原里琴(高橋)、皆本佳恵(小林)は、“ちょうどいいブスの神様”(山崎)から、自己評価と他人から受ける評価とが違いすぎる、と指摘される。神様から「あなたたちは自分が見えてないということ。それではただのブス。ブスだって自分で認めた以上は人並み以上の努力をしなきゃダメ!」と発破をかけられ、彩香、里琴、佳恵はそれぞれに挑戦し始めるのだが…。  得意先への荷物の誤配が発覚したジャストライト物産。若手社員のミスに責任を感じた里琴(高橋)は、配送中のトラックに追いつこうと「も~!!」と叫びながらm脱兎のごとくオフィスを飛び出す。里琴の「追いかけるんですよ!!」の一言に彩香もつられて、2人でトラックを追いかけることに。  トラックに追いつこうと必死の里琴。演じる高橋は制服姿にハイヒールという出で立ちにも関わらず、豪快なフォームで住宅街を全力疾走する。このシーンに視聴者からは「速いwww」「ハイヒールなのにこの速度」「高橋メアリージュンの走り方いかついなー!ハマリ役」などのツイートが寄せられた。

  • (左から)夏菜、高橋メアリージュン

    夏菜、高橋メアリージュンらの“ダサかわいい”ジャージ姿に反響

    エンタメ

     女優の高橋メアリージュンが25日、自身のインスタグラムにドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)で共演する夏菜、小林きな子らとのおそろいの“芋ジャージ”姿を公開。ファンからは「素敵」といった称賛の声が集まっている。@@cutter 本作はお笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイの人気エッセイを原作にしたラブコメディ。夏菜、高橋、小林きな子の3人が演じるイケてない女性たちが、「ちょうどいいブスの神様」(山崎)の指南を受けて仕事も恋愛もスマートにこなす生き方上手な女性を目指す姿が描かれる。  「来週もお楽しみに!とても良いセリフがあるんです」という言葉とともに高橋が投稿しているのは、いわゆる“芋ジャージ”姿の自身、夏菜、小林、そして山崎の4ショット。芋ジャージとは、学校指定の野暮ったいジャージの意味だ。  第3話では冒頭から、夏菜ら3人がダサいジャージで登場し、「神様」からお叱りを受けていた。1枚目はキリッとした表情の4人だが、2枚目へ行くと笑顔をのぞかせている。特に高橋は「#芸人さんポーズ 意識」「#関西人」というハッシュタグからも見て取れるように、ひょうきんな姿を見せている。  ファンからは「メアリーさんのジャージ姿 も素敵ですよ」「ジャージに着替えてもめっちゃ似合っていて綺麗で素敵ですね」といったジャージ姿への称賛の声も集まっている。 引用:https://www.instagram.com/maryjuntakahashi/

  • 『人生が楽しくなる幸せの法則』第3話

    『人生が楽しくなる幸せの法則』、夏菜には自己評価と周囲からの声に差が…

    エンタメ

     女優の夏菜が主演を務めるドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第3話が今夜放送。第3話では、中川彩香(夏菜)ら3人の自己評価と周囲からの声との差を「ちょうどいいブスの神様」(相席スタート・山崎ケイ)が指摘する姿が描かれる。@@cutter 本作は、お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイによる人気エッセイ『ちょうどいいブスのススメ』(主婦の友社)を原作に、オリジナルストーリーでドラマ化したラブコメディー。ジャストライト物産に勤務する彩香、木原里琴(高橋メアリージュン)、皆本佳恵(小林きな子)の3人の女性会社員が、「ちょうどいいブスの神様」のレクチャーを受けて成長していく姿を描く。原作者の山崎も「神様」役で出演している。  中川彩香、木原里琴、皆本佳恵は自己評価と他人から受ける評価とが違いすぎる。そのため、“ちょうどいいブスの神様”から「つまり、あなたたちは自分が見えてないということ。それではただのブス。ブスだって自分で認めた以上は人並み以上の努力をしなきゃダメ!」と発破をかけられる。  彩香、里琴、佳恵はそれぞれに挑戦し始めるのだが…。  『人生が楽しくなる幸せの法則』第3話は、読売テレビ・日本テレビ系にて今夜1月24日23時59分放送。

  • 高橋メアリージュン

    高橋メアリージュンの態度をめぐって賛否両論『人生が楽しくなる幸せの法則』第2話

    エンタメ

     女優の夏菜が主演を務めるドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第2話が放送され、高橋メアリージュン演じる里琴の態度に、視聴者から「超イライラ」「まったく悪くないと思う」などの賛否がSNSに寄せられた。@@cutter 本作はお笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイの人気エッセイを原作にしたラブコメディ。夏菜、高橋メアリージュン、小林きな子の3人のイケてない女性たちが仕事も恋愛もスマートにこなす生き方上手な女性を目指す姿が描かれる。  大型契約の締結を控えた得意先、ゴールデンモバイル社のアイザック・ベネット社長がジャストライト物産を来訪。突然の来社に“抜き打ち視察だ!”と社内は大慌て。しかし彩香(夏菜)、里琴(高橋メアリージュン)、佳恵(小林きな子)は的外れの対応ばかり。それを“ちょうどいいブスの神様”(山崎ケイ)は「あなた達に足りないもの!それはコミュニケーション能力!」と指摘し…。  キレイ好きで知られるベネット社長の突然の来訪で、大急ぎで社内を整理することになったジャストライト物産の面々。社内が大騒ぎする中、サーバーダウンで販売予測データも消失してしまう。なんとかデータを復元するため営業班の森(忍成修吾)は、社内で一番タイピングの早い総務部の里琴にデータの復元を依頼する。  急ぎたい森は、作業中の里琴に「なんとかあと10分で無理?」とたずねると、彼女は怒りをあらわにしながら「ダメになったらそれはそこまでってことじゃないんですか?」と反論。すると森は諦めた様子で「必死に頑張っている人間に対して、よくそんなこと言えるな」と言い放つ。  里琴のそっけない対応について、SNS上に「超イライラするなぁ」というツイートが寄せられる一方、森を演じる忍成のこのセリフに対して「高橋メアリージュンはまったく悪くないと思うんですが」「融通きかないかもしれんが、必死に他部署の尻拭いしている人に向かって『あと10分で何とかしてよ』って出来もしない追い込みかける人が、なんでそんな捨て台詞吐けちゃうのか」などの投稿が寄せられた。

  • 『人生が楽しくなる幸せの法則』第2話場面写真

    『人生が楽しくなる幸せの法則』、仕事で失敗続きの夏菜に神様の助言が…

    エンタメ

     女優の夏菜が主演を務めるドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第2話が今夜放送。第2話では、的外れな行動をする中川彩香(夏菜)らに、「ちょうどいいブスの神様」(相席スタート・山崎ケイ)が、コミュニケーション能力不足を指摘する姿が描かれる。@@cutter 本作は、お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイによる人気エッセイ『ちょうどいいブスのススメ』(主婦の友社)を原作に、オリジナルストーリーでドラマ化したラブコメディー。ジャストライト物産に勤務する彩香、木原里琴(高橋メアリージュン)、皆本佳恵(小林きな子)の3人の女性会社員が、「ちょうどいいブスの神様」のレクチャーを受けて成長していく姿を描く。原作者の山崎も「神様」役で出演している。    大型契約の締結を控えた得意先、ゴールデンモバイル社のアイザック・ベネット社長が突然、ジャストライト物産を訪れてきた。これまで直前に契約破棄をされた会社もあったという同社の訪問に、「抜き打ち視察だ! 機嫌を損ねて契約破棄されると困る!」とジャストライト社内は大慌て。一同総出で対応にあたるが、彩香、里琴、佳恵は的外れの対応ばかり。それを「ちょうどいいブスの神様」は「あなた達に足りないもの! それはコミュニケーション能力!」と指摘するのだが…。  『人生が楽しくなる幸せの法則』第2話は、読売テレビ・日本テレビ系にて今夜1月17日23時59分放送。

  • 夏菜

    夏菜の“生きづらさ”にファンから共感の嵐『人生が楽しくなる幸せの法則』

    エンタメ

     女優の夏菜が主演を務めるドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の初回が11日に放送され、ヒロインが抱える“生きづらさ”に、視聴者から「痛いくらいわかる」「全ての言葉が自分に刺さる」「耳が痛いよw」などの共感がSNSに寄せられた。@@cutter 本作はお笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイの人気エッセイを原作にしたラブコメディ。夏菜、高橋メアリージュン、小林きな子の3人のイケてない女性たちが仕事も恋愛もスマートにこなす生き方上手な女性を目指す姿が描かれる。  ジャストライト物産に勤務する中川彩香(夏菜)、木原里琴(高橋メアリージュン)、皆本佳恵(小林きな子)は、ある晩、流れ星の光に飲まれ“ちょうどいいブスの神様”(山﨑ケイ)と出会う。神様は彩香、里琴、佳恵の3人に「あなた達は、私に選ばれました。私についてくれば、あなた達は必ず幸せになれます!」と語りかけるが…。  会社の飲み会が終わり、なぜか二次会に誘われず店の前に取り残された彩香と里琴、佳恵の3人。なんとなく一緒に帰路につく3人は歩道橋の上で流れ星を発見。星に願掛けをする3人だったが、流れ星は軌道を変えて、3人の急接近。驚きの事態に顔を歪めて絶叫する3人は、まばゆい光に包まれると宮殿風のある部屋へ。そこには“ちょうどいいブスの神様”を自称する女性の姿が。ネット上には神様を自称する原作者・山崎ケイの登場に対して「え?原作者が出てくるんだ?ww」「ケイちゃんだ!」「この人が原作者なの?笑」などの反響が。  “3人の生きづらそうな姿を見て、いたたまれなくなった”という神様は「今の自分を変えないと!」と一言。自己主張が下手で存在感が薄いものの、内心では同僚への憧れや、さまざまな感情が渦巻いている彩香に対して、神様は「存在感はないのに、中身はフル回転。まるでエアコンの室外機みたいな人ね!」と言い放つ。神様が言い当てたヒロインの“生きづらさ”に、視聴者から「痛いくらいわかる」「全ての言葉が自分に刺さる」「耳が痛いよw」などの共感の声がネット上に寄せられた。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access